fc2ブログ

「仲違いの婦警」第3話 フェラ

第3話 フェラ

 いくら美紀が叫んでも俊之は飽きることなくカメラに全裸を収め続け「大分撮ったからこれくらいでいいかな」カメラを置くと「オッパイって、こんななんだ!」初めて生で見る乳房に興奮したのか触りだした。

 「やめて、お願いです…」首を振って拒むと「イヤならオ○ンコしちゃうよ。オ○ンコってわかるよね?」乳首も摘んで言うと「オッパイだけよ。性器はイヤです…」泣きながら答えた。
「わかっているよ。見るのはいいよね?」それには「…」黙ったまま頷いた。

 「それでは、遠慮無く!」俊之が両乳房を揉みだすとすと「ずるいぞ、俺だって我慢してるのに!」銃を構えた孝弘は不満顔だ。
「仕方ないわ、あなたもやりなさい。私が監視するから!」香織が銃を受け取ると孝弘は真梨の乳房を掴んで揉みだした。

 「やめて。そんなにされたら痛いのよ。オッパイは敏感なの…」顔を歪めて言うと「それくらい我慢して。イヤならオ○ンコしちゃうからね」言い返され黙るしかない。
俊之は乳房を揉むだけだったが、乳首も吸うと「ダメ…。乳首はダメ…」真梨の声が震え口もパクパク動いていく。

 「あら、婦警さんったら、気持ちいいんだ。感じてる見たいよ」香織が言うと「そんなんじゃないわ。痛いだけよ…」真梨も言い訳をする。
「痛いだけなら我慢して」俊之は両乳首を交互に吸い出すと「あ、あ、あ~!」遂に喘ぐような声をあげだした。
それに倣い、孝弘も美紀の両乳首を交互に吸い出すと「あ、あ、あ~!」と声をあげだす。

 俊之と孝弘はそれでも乳首を吸っていたが「いつまでそんな事やっているのよ。子供みたいな事してないでさっさと抜いちゃえばいいのに!」香織が怒鳴る。
「そうだったな。オ○ンコを見ても良い約束だったし…」俊之がチャックを引き下げて肉竿を取り出すと「イヤ、レイプはイヤ!」美紀は股間を両手で押さえ蹲った。

 「抜くだけだよ。それよりも見せてくれないなら本当にやっちゃうからね」そう言われれば逆らえず、立ち上がって股間から両手を退けた。
「それじゃ見えないよ。ここに立って!」美紀をプラスチックの箱に乗せて足を開かせた。

 「見えるよ。これがオ○ンコか…」両手で淫裂を広げて覗き込むと肉竿が一気に膨らんで反り返っていく。
「あら、立ってきたわよ。どうぜならもう1人にやって貰いなさいよ」
「やって貰えって、手でか?」
「それでもいいけど、どうせなら口でよ。できるわよね?」銃口が真梨を捕らえた。

 「やるわ。口でやるから、それを退けて!」
「やったら退けるわよ。ほらやるのよ」香織が催促すると真梨は正座し、カチカチに膨らんだ肉竿を手で掴むと口を押し付けていく。

一方、肉竿をフェラされている俊之は「気持ちいいや。オ○ンコ見ながら婦警さんにこんな事して貰えるなんて最高だ!」息を荒立てながら淫裂を覗き込んでいる。

 美紀は(やめて。見たって何にもならないから…)太股を震わせながらも両手を後ろで組んで淫裂を触られているが、指が膣腔の入り靴を触り出すと「ダメ、入れないで!」声を荒立てて言う。
「指くらい我慢して。何ならチンポを入れさせてもいいのよ」銃口が美紀に向けられ「銃を退けて。指で我慢する…」泣き顔でそう言うしかない。

 「さすがに物分かりがいいわね。指を入れても良いそうよ。但し、チンポはダメよ」
「嬉しいね。ここにチンポが入るんだ!」指が狭い膣腔を押し広げながら入り込むと「あっ、あっ!」目を閉じて声をあげだした。

 その間も真梨は唇で肉竿を擦り続けているが、次第に俊之も登り詰めて絶頂を迎えている。
「出そうだ…」そう言って真梨の頭を押さえ、指を美紀の淫裂深く押し込んだ。
(イヤ、そんなに入れないで!)美紀の膣奥まで入り込むと同時に(何よこれ。もしかしたら…)真梨の口の中に不快な液体が漂いだす。

 「うっ、う~!」逃れようと真梨は首を振るが、俊之の手が頭をしっかり押さえて放さず、全てを出し切ってから手を放した。
すかさず真梨は頭を起こしたが、口からは白い液体が糸を引いて流れている。

 「飲め、飲むんだ。吐いたらオ○ンコだぞ!」
仕方なしに「ゴクン!」と飲み込んだが生臭さが喉奥に残っている。

 「気持ちよかったよ。オナニーなんて目じゃないや」肉竿を仕舞い込みながら満足顔の俊之に「俺もやりたいな。俺のもやってくれよ」孝弘もチャックを引き下げ、肉竿を取り出すと美紀の淫裂を広げて覗き込む。

 「許して。もうできない…」
「やらないなら、あなたもヘアを出して貰うわよ」
「やるわ、やればいいのね」真梨は再び肉竿を口で擦りだし「気持ちいいや。これなら毎日やって欲しいな」孝幸は美紀の淫裂を弄りながら肉竿から放出した。

 口の中に放出が済むと真梨は「オェ~!」不快な液体を一気に吐きだしたがまだ生臭さが残っている。
「役目は終わったわね。もう服を着てもいいわよ」香織の言葉に、2人は急いで服を着だす。

 「婦警さん。わかっていると思うけど、喋ったらこの事が表に出るからね」カメラを見せる。
「誰にも言わない。だからそれは消して!」
「それは婦警さん次第だね。とにかく暫く様子を見てからだな」
「わかったわ。約束するから誰にも見せないでよ」2人は急いで下着を着終えると制服を着込んで元の姿になった。

 「やっぱり、本物は違うよな。制服の上から触るのも最高だな」俊之と孝弘は制服の上から乳房を触りだしたが、2人は拒む言葉も出せず黙ったままだ。
そんな2人に「いつまでやっているのよ。ほら行きなさいよ!」香織が怒鳴ると美紀と真梨は急いで建物から出て行く。

 「香織、面白かったな。明日もやれないかな?」
「また口でやらせるの?」
「できたら、オ○ンコしたいな」
「そんなの無理よ、ヌードで我慢しなさい。写真もあるでしょう?」
「そうだよな、これを保存しておかない手はないよな」3人は笑顔で話していた。

 

スポンサーサイト
[PR]

「仲違いの婦警」第2話 ヌード

第2話 ヌード

 「これで許して。もうできない…」真梨の目からは涙がこぼれている。
「そうは行かないわ。やらないと言うなら、本当にヘア丸出しにしちゃうかねら」そう言われれば仕方なしに両手が背中に回ってホックを外した。

 それと同時にカップに収められていた乳房が飛びだし揺れている。
「あら、以外に小さいのね。サイズはいくらなの?」真梨は黙ったまま肩から紐を外して両手を下げた。
「聞いているのよ。いくらなのよ!」香織はイラだったのか白い真梨の乳房を握りしめた。

 「Bです…。Bカップです…」苦しいのか、途切れ途切れに答える。
「なんだ、私のより小さいんだ。大人なのに発育悪いんだね」
侮辱の言葉に真梨は「う、う、う!」両手で乳房を押さえて泣き出した。

 「何も泣く事ないだろう。それよりも、折角にヌードなんだから笑顔にならないと」孝弘の持った銃がまた胸に押し当てられる。
「やめて、危ないからやめて…」
「だったら、笑顔でオッパイ撮らせるんだよ!」

 「やるわ。笑顔になる…」乳房から手を退けて作り笑顔になった。
「そうよ、それでいいの。うまく撮りなさいよ」
「わかっているよ」俊之はスイッチを押し続けるが(ヌードを撮られてしまった…)強ばった笑顔の真梨だ。

 そこに「真梨、何やっているのよ!」突然、美紀の声が響いた。
「美紀に見られてしまった…」折り合いの悪い美紀に乳房を晒した姿を見られて動揺して。
「なんて事してるのよ。ヌードを撮らせるなんて。それでも婦警なの?」強い口調の美紀は男が猟銃を持っているのを知らない。

 「そう怒らなくていいよ。たかが、裸じゃないか。何ならあんたも撮ってやるけど」
「バカ言わないで。真梨、いつまで裸でいる気なの。急いで着なさいよ!」脱いだ服を拾い出したら「そんな事されたら困るんだよな。それに、あんたも裸になってくれないと」孝弘は銃口を美紀に押し付けた。

 「な、なんで、あんたがこれを…」美紀も体が震えている。
「そんな事どうでもいい。とにかく脱ぐんだ!」
「イヤよ。ヌードなんて、イヤ!」
「イヤでも脱ぐのよ。今ならオッパイだけで許してあげる!」

 「オッパイだってイヤ。絶対脱がないからね!」
「そうか、仕方ない。力ずくでも脱がせてやる!」俊之はカメラを置くと美紀に襲いかかったが「何する気よ。やめなさい!」美紀は俊之を殴り飛ばした。

 「女だと思って手加減したのに…。こうなったら力ずくでやってやる!」投げ飛ばされた悔しさに、本気で襲いかかった。
さすがの美紀も男の力に負けて「イヤ、やめて~!」両手を羽交い締めにされた。

 「香織。俺が抑えているから、裸にしちゃえ!」
「私じゃ、面白くないわよ。この婦警さんにやらせましょうよ」真梨を指さす。
「それは面白いや。おい、やるんだ!」孝弘の持った銃口がまた真梨に向けられた。

 「やるわ。やるからそれを退けて…」仕方なしに美紀のボタンを外しだすと「やめて。お願いだからやめて!」首を振って叫んだ。
(ごめんね美紀。こうしなと私が危ないの…)下を向き黙ったままボタンを外し、上着を脱がせる。

 「やめて、それ以上はイヤ!」前にも増して声が大きくなったが、真梨の指はワイシャツのボタンを外し胸元が開いて白いブラジャーが覗いてきた。
「何だ。色気無いわね。大人のくせにこんなの着て!」香織は薄笑いを浮かべたが「やめて、それ以上しないで!」叫ぶ美紀だ。

 (仕方ないのよ。自分でしないからこうなったのよ…)真梨は自分に言い聞かせ、全てのボタンを外すと脱がしだす。
「わかっているよな、これも自分が悪いんだからな。次はオッパイだぞ!」孝幸の銃口がまた真梨に向けられた。

 「わかっている。だからそれを…」真梨は美紀に抱きつくようにして両手を背中に回し、ホックを外した。
「イヤ、イヤ~!」前に増して、叫び声が大きくなったが、白い布地から乳房が飛び出し揺れている。
「あら、あなたのは大きいわね。サイズはいくらなの?」香織が聞いても「う、う、う!」と嗚咽を上げるだけだ。

 「オッパイ見られただけで泣くなんてだらしないわね。ヘアをだしたらどうする気よ」
「そうだよ、早く見せてよ。早くしないとあんたもヘアを出す事になるよ」
「急いでやってます…」真梨はブラジャーを脱がすとスカートに手を掛けたが「やめて、それだけはやめて!」美紀の抵抗が激しくなっていく。

 「まだわかってないのね。私も手伝うしかないわね」香織はそう言うと両乳房を握りしめて爪を食い込ませた。
「ギャ~!」すかさず悲鳴が上がるが、香織は力を抜こうとはせずに更に力を入れた。
「やめて…。痛いからやめて…」顔を歪め途切れ途切れに言う。

 「痛いんだったら、素直にならないと。ところでサイズは何なの?」再び聞くと「Dです…。Dカップです…」美紀が返事する。
「やっと素直になったわね。次はヘアを見せて貰うわよ」

 「許して…。オッパイだけで許して…」
「そうは行かないわ。逆らった罰を受けて貰わないと」香織は美紀の両乳房を握りしめたまま力を抜こうとはしない。

 当然、美紀は抵抗をやめ、大人しくしているからスカートはすんなり脱がされ、パンスト越しにパンティが露わになっている。
真梨がそれを一緒に掴んで引き下げていくと下腹部が露わになってきた。

 「やめて。それ以上イヤ~!」美紀も脱がされまいと抵抗するが、香織の指が乳房を食い込み、更に羽交い締めにした俊之に抑えられてどうする事もできない。

 真梨は両手を引き下げ美紀の股間が露わになった。
「凄いや。生で婦警さんのマン毛を見るなんて信じられないや!」食い入るように見つめる先には黒々と生い茂る絨毛がある。

 (ごめんね。こうしないと私だってやられちゃうし…)申し訳ないと思いながらも更に引き下げて、足首から抜いて美紀は生まれたままの姿を晒している。

 「せっかくのヘアヌードよ。記念に残さない手はないわね」
「わかっているよ。俺が撮るよ」俊之はカメラを構えて全裸を晒す美紀を撮り出した。
「イヤ、写真はイヤ。撮らないで~!」美紀の叫び声が響き渡っていく。


「仲違いの婦警」第1話 口止め

登場人物
  小森美紀:婦警          石黒健一:課長
  榊原真梨:〃           後藤香織:女子高生
                   安西孝弘:香織の友達 
                   鈴木俊之: 〃
第1話 口止め

 「お前達、仕事をなんだと思っているんだ!」 大きな声が響き「申し訳ありませんでした」若い2人の婦警が頭を下げた。
「やってしまった事は仕方がない。どういう訳でこうなったんだ?」「それが…」言いにくいのか言葉が出てこない。

 「またか。お前達はまだガキだな…」呆れたのか事が途切れた。
暫く静寂が続き「もういい。反省文を明日まで書いて持ってこい!」「わかりました」2人の婦警は自分の部署へと向かった。

 怒られた婦警は小森美紀と榊原真梨で普段から折り合いが悪く仲はよくない。
その為に出動時間に遅れてしまい課長の石黒から大目玉を食らった。

 「美紀、あんたのせいよ。ちゃんと教えないから」
「何言っているのよ。真梨が聞いてなかったからよ」部署に戻る途中でも言い合っていた。

 2人が言い合いながら歩いていると「またかよ。程々にしろ」すれ違う先輩が声を掛けても2人は返事もせずに歩いて行く。
「困った奴らだ。後で苦労するぞ」うんざりと言った顔で後ろ姿を見つめる先輩だが、そんな心配をよそに2人は街をパトロールをするために署から出た。

 街の中をパトロールしていると高校生と思われる女性がタバコを吹かしながら歩いていた。
「見て、タバコよ!」「ホントだ、生意気にタバコだなんて」その高校生に向かって歩いて行くと相手も気づいたのかタバコを投げ捨て走り出した。

 「待ちなさい。逃げてもダメだから!」追いかけると女性は一目散に建物の中に入り込んでしまった。
「バカね。出口はここだけなのに。美紀、あなたが掴まえて!」
「真梨こそ行きなさいよ。私が見張るから」
「仕方ない。行くけど逃がさないようにするのよ」渋々真梨は建物の中に入った。

 建物は倉庫のようで2階建てになっており1階は何もなくガランとしている。
「逃げたって無駄よ。出てきなさい!」真梨は声を上げゆっくりと中を調べ出すと「ゴトン!」2階から音がした。

 「2階か、頭悪い子ね、懲らしめてやらないと…」課長から怒鳴られた腹いせに憂さ晴らしをする気だ。
真梨は階段を昇り2階に上がると人の気配がない。
「隠れたってダメよ。出てきなさい!」見回すとロッカーの隙間から布地が覗いている。

 「そんな所に隠れたってダメよ!」ロッカーを開くと「もうしないから見逃して。お願い!」女性が出てきた。
「それより、どこの学校よ?」
「それは言えない、何せ内申書に関わるから。それよりもこれで見逃して!」財布から1万札を取り真梨に握らせた。

 「あんた、こんな事で許して貰えると思ったら大間違いよ。お金じゃ解決できない事なの!」
「そう、残念ね。仕方ないから口封じしてあげるか。出てきて!」女の声に隠れていた2人の男が現れた。
「あんた達、何なのよ!」相手を睨むようにして言うが声は震えている。

 「香織の友達だよ。口封じされる前に許してあげなよ」
「そうはいかないわ。悪い事をしたからには償って貰わないと」
「タバコ吸ったぐらいで大袈裟だな」
「何が大袈裟よ、人間なら当然でしょう!」

 「そこまで言うなら仕方ない。口封じをするしかないか」1人がロッカーを開けて何やら取りだすと「あ、あんたがどうしてそれを…」真梨が震えだした。
「兄貴のを黙って借りているんだ。弾も入っているぞ!」そう言うと猟銃を向けた。

 「危ないわ。それは玩具じゃないのよ!」
「わかっている。これは2連発になっているのもね」銃を構えて撃とうとした。
「わかったわ。何もなかった事にするから銃を降ろして!」

 「そうは行かないな。今更遅い!」
「そうよ。偉そうな事言っていたのにそのざまは何よ!」女子高生は真梨の頬を叩いた。
「香織、そんな事よりもっといい事しないか?」
「いい事って、何かあるの?」

 「あるよ。この婦警さんを裸にしちゃうんだ。そして写真を撮るのはどうかな?」
「孝弘、面白いよ。俺も婦警の裸が見たいし」
「2人がそう言うならいいわよ。聞いたでしょう、早く脱いで!」
「イヤよ。どうしてヌードにならないとダメなのよ!」真梨の震えが激しくなり声まで震えている。

 「わかんないやつだな。口封じといっているんだぞ!」銃口を胸元に押し当てた。
「やめて、撃たないで!」
「ヌードになるなら許してあげる。何も全部とは言わないわよ。胸だけでいいから」真梨のボタンを外しだした。

 「やめて、そんな事しないで。ヌードになんてなれない!」手を振り払いたいが、銃が押し当てられているから何もできずボタンが外されてしまった。
「香織、お前がやるのは面白くないよ。自分で脱がせろよ」
「そうね、ストリップもいいかも。自分で脱ぐのよ」

 「できない。私は婦警よ。そんなのできない!」首を振って拒んだ。
「今ならオッパイだけで許すけど、やらないと言うなら無理矢理ヘアまでだすからね!」
「そうだ。5つ数える内に始めるんだ。1,2,3…」男が数えだすと「やるわ、やるから待って!」真梨は泣き顔になりながらネクタイを外しだした。

 「そうよ、それでいいの。オッパイだけなら我慢できるしね」香織は食い入るように見つめているが(イヤよ、ヌードなんてイヤ。でも、2人掛かりでされたらレイプだってあり得るし…)ネクタイを外すとワイシャツのボタンを外しだす。

 「俊之、あんたは撮らないとダメよ」
「わかった。撮るよ」俊之と呼ばれた男はふて腐れぎみにカメラを構えて撮りだした。
「写真はイヤ。お願いだから撮らないで!」
「そうは行かないよ。口封じにならないし…」
「そうよ。急いで脱がないとヘアヌードにしちゃうわよ!」

 真梨は仕方なくボタンを外していくが、胸元が開いて水玉模様のブラジャーが覗きだした。
「婦警さんって子供っぽいのね。もっと色っぽいのを着ているかと思ったのに…」香織の言葉に唇を噛みしめる真梨だが、それでもボタンを外してワイシャツを脱ぎ上半身がブラジャーだけの姿になった。


「全裸のコンサート」第10話(最終話)全裸のコンサート

第10話 全裸のコンサート

 それから1ヶ月が過ぎて3人のヘアヌード写真集とビデオが販売された。
テレビに出演し、名前も売れていたから飛ぶように売れて事務所には1億を越す金が入っている。

「ほら、売り上げだよ」3人に2千万ずつ渡すと(お金じゃないのに…)そう思うが受け取った。
「それから、この前のコンサートだけど評判良かったからまたやるよ」
「またフルヌードですか?」
「そうだ、素っ裸だ」それには黙り込んでしまったが、それでも花山は話を続け「ピンキーズ」とグループ名を付けた。

 こうして、全裸でのコンサートが度々行われていたが「ピンキーズ」の名前が知れ渡るに連れて会場の使用を断られるようになっている。
それでも花山は諦めず、会場捜しに飛び回ってどうにかコンサートを続けている。

 そんな花山にストリップ劇場でショートをして欲しいとの依頼があり「ストリップ劇場ではいやです!」それには音楽家としてのプライドが許さず当然断った。

 しかし、花山は承知してしまい「いいか、ショートして…」と演出まで決めた。
(いくら何でも、人前ではしたくない…)そう思うがショーの日が来てしまい、3人はいつものように全裸で舞台に立ち、乳房を揺らせながらトークを始める。

 やがて、理沙がピアノを弾き、瑞穂と美香は抱き合い乳房と淫裂を触り「いいわ、気持ちいい…」声を上げ手を動かしていく。
そして、理沙の演奏が終わると瑞穂が演奏をし、理沙と美香が抱き合い「あ、あ、あ~」声を上げ乳房を吸い合い、これを繰り返して1時間ほどのショーを終えた。

 このショーは客に大受けで追加が決まったが、それが裏目に出て音楽協会は3人を除名処分にした。
音楽協会の会員でない以上、コンサートやバックバンドは出来ないから事実上の追放になる。

 それを聞いて泣き出す3人だが花山は気にする様子はない。
「返って、やりやすくなったぞ」といった顔で「この際だ。オ○ンコも丸出しにしてやってくれ!」ヘアを剃って淫裂を晒すよう言う。

 「それは絶対にイヤ。性器は見せられません!」
「イヤでもやるんだ。やらないなら俺がやる!」嫌がる3人を縛り上げ絨毛を剃りだす。

 「全部はイヤ。少しは残して下さい!」
「わかっている。まずはオ○ンコ丸出しだ!」淫裂の周りを全て剃ってから恥丘を剃っていく。
「これだけは残さないとな」縦にわずかな幅で残した。

 「次はお前だ!」理沙や美香も剃られ「これからはパイパンコンサートでいくからな」得意げに言うが(どうしてよ、どうして性器を見せないといけないのよ…)3人の涙が停まらない。
絨毛を剃られた3人はそれでも舞台に立ち「オ○ンコ丸出しだ!」大歓声の中、いつものように演奏をしていく。

 しかし、性器丸出しは返って演奏機会を減らした。
「オ○ンコ丸出しは警察が…」興行主が敬遠しだし3人は一安心だが花山は諦めず、温泉街を当たっていく。

 「決まったぞ、1ヶ月のツアーだ!」はしゃぐ花山は「いいか、今度はこれをオ○ンコに入れろ」バイブを渡し(そんな事をしたら本物のストリッパーになってしまう…)もう3人は声も出ない。

 こうして、3人は全国の温泉街を周り、コンサートと称するレズもしており「あ、あ、あ~」演奏の合間に悶え声を上げている。
それにツアーが終わると声が掛かったキャバレーでもショーをしている。

 それから数年が経ち、3人の名前を誰もが忘れている。
また、存在すら知らない者もいるが、3人はバーを共同経営していた。
客に乳房を掴まれ、淫裂を触られても拒まず、ショーとしてスケスケ衣装で演奏もしている。
勿論パンティは履き、乳房だけ晒しているが評判で客足が途切れることはなかった。

~完~

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター