赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

仮面の女医 第5話 辱め  

 (終わった!)道代は黒川の射精で全てが終わったと思い込んでいた。
しかし、これは序章にすぎなかった。
「院長、綺麗に洗わないと」
「そうよね」起きあがって衣服を拾うと「だめだ。そのままで病院を歩くんだ!」原田が言
い放つ。
「いや、そんなのできない!」泣き出したが「泣くなら泣け。でも服は許さないからな」原田は
道代が脱いだ下着はおろか衣服まで手に持った。
「お願いです返して下さい!」泣き叫ぶ道代を後目に「内科医の診察室に置いておくから早く来
るんだ!」原田は階段を降りていく。
その言葉に(み、見られるわ。こんな姿を!)震えが激しくなっている。
「おもしろいな。素っ裸の女医が病院を歩き回るのか」黒川は受け取ったビデオで撮っていく。
(とにかく診察室まで行かないと)道代は屋上から階段を降りていくが、9時近くだから消灯の
時間だ。
しかし、いつ患者や看護婦が来るかもしれない。
(見られたらおしまいだ…)道代は常夜灯の点いた薄暗い廊下を生まれたままの姿で歩いていく。
もう、恥ずかしさなど消えて、乳房や股間を晒しながら歩いていくが(おもしろいな。こんな姿
もたまにはいいかも)ビデオを撮りながら後を追っていく黒川だ。
屋上を降りると入院患者の病室で「ゴホン、ゴホン!」患者の咳する。
(起きてる!)とっさにうずくまった。
(オ○ンコが丸見えだ)血で汚れた淫裂が丸見えになっていた。
 
 道代は体をかがめて入院病室の廊下を素足で歩いている。
「コツ、コツ!」靴音が向かってきた。
(いや、見られてしまう!)道代はあせって、一気に走ってドアを押し開け中に入った。
(よかった、見られなかった!)道代はトイレに飛び込んでいた。
「あら、黒川先生!」それは聞き覚えのある声だ。
(靖子さんだ!)全裸の道代は震えているが、黒川は靖子と雑談しているが道代にとっては長い
時間に感じている。
再び「コツ、コツ!」足音がして遠ざかっていくと「よかったわ!」トイレからでてきた。
(今度は看護婦の詰め所だ!)再び緊張している。
薄暗い廊下から煌々と照らされた部屋が見えている。
「あそこを通らないと行けないぞ!」黒川に言われるまでもない。
「行くしかない!」爪先で歩き、壁に体を密着させ屈んでいく。
(オ○ンコが丸見えだ、オッパイも!)おもしろそうに黒川がビデオで撮っている。
「黒川先生、私を撮ってるの!」看護婦が気付いた。
(いや、来ないでよ!)頭のガラス窓には看護婦がいる。
(行くしかないわ)道代はカニのように背中を壁に押しつけて歩いている。
(いいぞ、オ○ンコがしっかり撮れてるぞ!)開脚の度に鮮血で汚れた淫裂が覗いている。
(撮らないで、お願いですから)必死に歩いて、看護婦詰め所を無事に通り抜けた。
(よかった、気付かれないで)後は診察室まで人がいないから安心して歩いている。
廊下から内科の看板が見えてきた。
「待ってましたよ」ドアが開けられ原田が顔を出している。
「入れて、中に!」道代は原田を退けて中に入った。
 
 道代は隣の処置室で淫裂の中を洗浄していく。
「ほう、そうやって洗うんですか」
「見ないで下さい!」淫裂にゴムチューブが押し込まれ洗浄液が送り込まれた。
そしてパレットに精液と洗浄液が流されていく。
「ほう、黒川君は若いからいっぱい出したんだね」
「ええ、溜まってましたから。でも、これからは毎日できますから安心です」揺れ動く乳房を掴
んで言うが「痛い。やめて下さい」両手を使っている道代はされるがままだ。
淫裂の中を洗浄し終えると鮮血も丁寧に拭いていく。
(これで、安心だわ)置かれていたパンティを手に持つと「ちょっと待った。これからは下着な
しだ。これにするんだ」原田は用意して置いた袋を渡すと「いや、こんなのいや!」泣き出した。
「見える訳じゃないんだ。イヤならそれでもいいんだぞ。そのかわり、わかってるだろうな」
(断れないのね!)泣きながらも道代はそれを手に持ち、診察用ベッドに腰をおろして右足に履
いていく。
(恥ずかしいわ、こんなの!)看護婦と同じ真っ白なストッキングで太股まである。
左足にも履いてから腰にベルトを巻き付けていく。
                  ストッキング3

「ほー、ガーターベルトですか!」ニヤニヤしながら黒川も見ている。
さらに、乳房が下からカップのないブラジャーで持ち上げられている。
(恥ずかしいわ。こんなの娼婦よ!)確かに淫裂がよけいに卑猥に見えていて乳房も大きく見え
ている。
 「ヘアを剃った方がいいな。そうだ、看護婦の斉藤に剃ってもらってこい」
「そんなのできない!」再び泣きだした。
「いやでも、剃ってもらうんだ。いいな!」その言葉に泣きなら道代は白衣を着込んでいくと厚
手の白衣は道代の恥ずかしい姿を隠している。
「いくんだ、早く!」押し出されるように診察室から出た。

(どう言おうかしら?)悩む道代は看護婦の詰め所に入っていくと「あら、院長先生!」靖子が
声を掛けた。
「お願いがあるの、靖子さん!」道代は怪訝な顔の靖子を詰め所から離れた処置室に連れ込んだ。
「どうしたの?院長先生」
「笑わないでね。剃って欲しいの、靖子さんに!」
「剃るって、どこを?」
真っ赤な顔になった道代は「へ、ヘアよ、あそこの!」俯いてしまった。
「アンダーのヘアですか?」唖然とする靖子だ。
「ええ、そうなの。どうしても靖子さんに剃ってもらいたいの」
「わかりました。院長先生!」靖子は剃毛の準備をしていく。
「院長先生、準備ができました」
(見られるのね。恥ずかしい姿を!)白衣のボタンを外していくと白衣の前が開いて、裸身
が覗いてきた。
「せ、先生!」靖子は驚きの声を上げた。
「笑わないで、靖子さん。これが私の姿なの」白衣を脱いだ。
乳房が揺れ、ピンクの乳首が勃起し、白い太股までのストッキングが真っ黒な絨毛を引き立たせ
ていた。
 

スポンサーサイト

仮面の女医 第4話 ヌードとセックス  

 道代は医師と引き継ぐと自宅に戻りベッドに潜り込んでいる。
(黒川とセックスをするのね。痛くないかしら)道代はパンティの中に手を入れ、淫裂を撫でて
いく。
(オッパイも揉まれるわ)もう片手がブラジャーを捲って乳房を揉んでいる。
(黒川もこうするのね)乳首も摘み、指も淫裂の中に入ってきた。
「ハア、ハア!」呼吸が荒くなっていく。
(でも、怖いわ。膣が裂けるかも)指が乳房と淫裂を撫でてる。
昨夜は一睡もしてないために、いつしか寝込んでしまった。
 
 「道代、起きなさいよ。もう5時よ!」
「え、もう5時なの?」
「そうよ。病院に行くんでしょう」
「ええ、お風呂を先にいただくわ」抱かれる前に体を洗うのが女性のエチケットだ。
道代も膣の中を綺麗に洗い、綺麗な下着を着込んでいく。
(これなら平気ね)体を洗い真新しい下着を着て道代は病院に向かうと「待ってたよ」黒川が話
しかけてくる。
「お嬢さん、いや、院長。私も立ち会いますから」原田もいた。
それには(そんなのいや!)震える道代の顔色が真っ青になっている。
「記念に立ち会ってもらわないと」黒川の言葉にニヤニヤする原田だ。
早く脱ぐんだ。オッパイとオ○ンコを見せろ!)原田は内心からそう思っていた。
「ここではなんですから、屋上で話しましょう」
「そうですね。それがいいですね」3人が病院の中を歩いていくと「お疲れさまでした」勤務を
終えた看護婦と事務員が挨拶していく。
「お嬢さん、お先に失礼します」婦長も帰って病院が急に静かになっている。
「コツ、コツ!」廊下を歩く靴音が響いている。
(この上は入院室だわ。見られないかしら?)階段を上がっていくと正面に鉄製のドアがある。
それを黒川が押すと「ギー!」きしみ音をあげながら開いていく。
3人が屋上に出るとまだ周りが明るい。
「こ、これじゃあ、丸見えよ。できない!」怯えている。
 
 「ヌードになる約束ですよ。早く脱いで下さい」黒川が準備をしていく。
(脱ぐしかないわ。もう逃げれない!)震える指でシャツのボタンを外すと胸元が開いて真っ白
なブラジャーが覗いている。
「ほう、大きい胸ですね」黒川はカメラを持っている。
(は、恥ずかしいわ!)真っ赤な顔の道代はシャツを脱ぎ、両手を背中に回した。
(そうだ。早く脱ぐんだ!)原田も見ている。
指がホックを外すと背中の紐がダラリと下がってカップから乳房が飛び出ていく。
「ほう、綺麗な形だ。それにピンクの乳首ですか!」黒川も声を掛けた。
(そんなに言わないで!)震える手を下げると手首に布が絡まって上半身を隠すのがなくなった。
乳房が露になったが、小刻みに振るえ、乳首も恥ずかしさで大きく膨らんでいる。
(これも脱ぐのね!)ブラジャーを脱ぐと今度はスカートのホックを外した。
スカートが一気に足下まで落ちて、真っ白なパンティが現れた。
白い生地なので股間の部分がうっすらと黒ずんでいる。
「今度はヘアを出して下さいよ」
「わ、わかってるわよ!」緊張している道代は震える手で両脇のゴムを下げていく。
股間の真っ黒な絨毛が見えてきた。
(いよいよだな。オ○ンコが!)(生意気な娘のオ○ンコが見れるか。これでおとなしくなるだ
ろう)原田と黒川は脱いでいく様子を見ている。
(見られてしまったわ!)奥歯がガチガチなっている道代は更に膝まで下げた。
小さな布が裏返しになって股間が丸見えだ。
 
 道代は背中を丸めて右足を布から抜いたが(きっと、性器を見られた)顔が更に赤くなってい
く。
「綺麗ですね。ピンク色してますよ」原田がからかって言うと(言わないで、恥ずかしいのよ)
右足を抜くと、今度は左足を抜いた。
道代は夕暮れの病院の屋上で生まれたままの姿になってしまった。
「こ、これでいいでしょう!」恥ずかしさで脱いだパンティで股間を隠している。
「ヘアヌードですよ。ヘアを見せないとだめでしょう」
「そこを、許して下さい」今にも泣き出しそうな声で言う道代だった。
「約束はヘアヌードとセックスの相手ですよ。違反してますね」
「わかったわ。やるわ!」うわずった声で叫ぶと股間を覆っていた両手をだらりと下げた。
                 屋上
(み、見ないでお願いだから)道代の全裸に黒川の股間が膨らんでいる。
(やりたいが、その前に撮らないとな)黒川は道代の裸身をカメラに収めていく。
「はい、足をあげて!」「オッパイを持って!」道代はいろいろなポーズを撮られている。
撮影が始まってからもう1時間近くたっている。
(そろそろやるか!)黒川はカメラを置いて服を脱ぎだした。
(犯されるのね。黒川に!)黒川も生まれたままの姿になったが、股間が大きく勃起していた。
(ふ、太いわ。裂けてしまう!)怯える道代だ。
「原田さん。頼みましたよ」
「ああ、わかってます」今度は原田がビデオを構える。
「いや、撮らないで!」うずくまると「記念ですから。撮っておきましょう」
「いや、二人だけでして、お願いです」
「そうはいかないよ。原田さんが証人なんだ。セックスした証人なんだ」
「そんなのいやです」
「イヤならいいんですよ。どうなってもいいんですね」黒川に言われ「わ、わかったわ」覚悟を
決めた。
道代は屋上にしかれた毛布の上に仰向けになった。
「いきますよ!」黒川が覆い被さってきた。
(いや、そんなのいや!)乳房が揉まれ乳首が吸われていく。
淫裂には勃起した肉竿が押し当てられと、原田は逃すまいとビデオを撮っていく。
(そろそろいいかな)黒川が腹部に力を入れた。
「ヒー!」悲鳴を上げて顔をしかめる道代だ。
(入ってくる、チンポが!)熱い肉竿が淫裂に押し広げゆっくりと侵入してきた。
(若い子はいいな。俺はもう立たないし!)恨めしそうにビデオを撮っている原田だ。
  
 肉竿が道代の封印に当たっている。
「一気にいった方が痛くないかも」
「そ、そうよね」一旦腰を持ち上げてから、一気に押し込んだ。
「ギャ~!」悲鳴と共に真っ赤な鮮血が流れ出た。
(処女を奪われた…)道代の目からは涙が流れていく。
そんな事などお構いなしに黒川はピストンを始める。
(痛い。膣が裂けそう)顔を歪めながら痛みに耐えているが(ざまあみろ。生意気娘め!)原田
は陵辱された姿を喜んでビデオに撮っていた。
黒川の肉竿も血で汚れているがピストンが続いている。
「もう、許して。もうだめ!」道代は必死にしがみついていると「でる、でる!」腰を密着させ
「ふー!」ため息を付くが、膣奥には精液が送り込まれて、淫裂から流れ出ている。

仮面の女医 第3話 脅迫  

 両手を解かれた道代は太股や首を縛ってあるロープを解いて、急いで浴室に戻っていく。
「ビデオとカメラを捜さないと!」急いで下着を着込み、パジャマも着込んでいく。
「お父さんを捜さないと」道代は急いで家の中を捜していがなかなか見つけられない。
「あら、カメラとビデオが!」居間には先ほどのカメラとビデオカメラがあった。
「入ってない、フィルムが。それに、テープも!」ホッと安心の道代だ。
(空で撮っていたんだ!)思いこむがそうではなかった。
「とにかく、お父さんを捜さないと」道代は2階の書斎にあがると「父さん!」そこで倒れた鉄
也を見つけておぶった。
「軽い。もう、老人なんだ!」階段をゆっくり降りて寝室に運び寝かせる。
「これで安心だわ」父親を寝かせると再び浴室に向かう。

 浴室で体を洗うがあちこちにあざができていて、真っ白な乳房にも赤い筋ができている。
「よかったわ。軽くて!」石鹸で淫裂や乳房を洗ってく。
「ここをされたんだわ」ピンクの突起を捲った。
「あ、あん、あん!」(き、気持ちいい。こんなの初めてだ!)顔が上気していく。
「ここじゃできない。ベッドでしないと」急いで体を洗うとバスタオルを巻き付け自分の部屋に
入り、ベッドに潜り込んだ。
 
 道代はバスタオルを解いて「こうするのね」薄暗い部屋をカーテンから漏れた月明かりが差し
込んでいる中「いいわ、いいわ!」ピンクのクリトリスを撫でながら乳房を揉んでいる。
両足が開いていて、いつでも男性を迎える用意ができていた。
(す、すげえ。撮れるか?)(ああ、特別な赤外線カメラだ。撮れるさ!)窓からそっと道代の
行為を撮っている人影があった。
そんな事など夢にも思わず悶えていく道代の指が淫裂を掻いていく。
「あん、あん!」腰を浮かせて悶えていた。
                オナニー
「いく、いく!」そしてバッタリと動きが止まり「ハア、ハア!」荒い息が部屋に響いている。
(終わったぞ、もういいだろう)(ああ、これだけ撮れれば充分だ)人影も消えた。

翌朝、何もなかったように道代が起きた。

 「そうだ、お父さんが」急いで鉄也の部屋に向かっていく。
「道代か。昨日は変な夢を見たんだ」
「どんな夢なの?」
「事もあろうに、道代を縛ってヌードを撮っている夢だ」
「そんなの見たの?」
「ああ、オッパイも揉んでいたし、もっと恥ずかしいこともしたんだ」
「でも、夢だから仕方ないわよ。お父さんも男なんだね」
(ホントはその通りなの。恥ずかしかったわ)作り笑いでごまかす道代だった。
(言わない方がいいわ、お母さんにも)道代は自分の心に封印を決意した。
夕方近くになると実家に行っていた道子が戻ってきた。
「疲れたわ。道代、お茶を入れて!」
「はい、お母さん!」再び、屋敷では3人の生活に戻った。
 
 それから数日後、原田と黒川が話し合っていた。
「ほう、黒川君は器用なんだね」
「まあね。大学では写真部員でしたからね。あの院長から借りた現像設備がこんなに役に立つと
は思わなかったよ」あの人影は原田と黒川だった。
「ほう、オ○ンコが写っている。惚けてもこんなによく撮ったんだ」
「そうですね。感心しますよ。あの惚けでも腕は落ちてないだから」机には道代の乳房と淫裂を
晒した写真が置かれている。
「これは赤外線写真か?」道代がオナニーをしている様子がはっきり写っている。
顔も淫裂も写っている。
「これで、俺達のいううがままだな」
「でも、道代は僕だけのもんですから手を掛けないで下さいよ。約束を破ったら黙っていません
からね」黒川は写真を持ちながら言う。
「わかってるよ。道代はそっちだが病院は俺のものだぞ」
「わかってますよ」二人は笑っていた。
「ビデオの方はどうだ?」
「これも撮れてますよ。実の父親に辱められているのがわかりますよ」
「顔も写っているのか?」
「勿論ですよ。明日は道代が宿直だからやりますか」
「そうだな。明日やるか」黒川と原田は道代を脅迫する気だ。
 
 翌日、そんなこととは知らない道代は何もなかったように夜間用の診察室にいた。
「暇ですか、小柳先生」
「あら。お帰りじゃなかったんですか?」
「一旦、帰ったんですが気になって」黒川が紙袋を開けてビデオを取り出した。
「見て欲しいんです」テープが回って、砂嵐が暫く続いてから画像が写っている。
「あっ!」道代は叫び声をあげながら体が震えてる。
(と、撮られていたんだわ。恥ずかしい姿を!)道代の全裸がテレビに映っている。
「オッパイがいいですね。ヘアも真っ黒だし、オ○ンコもピンクだ」わざといやらしく言う黒川
だが、その言葉に黙っている道代だ。
「ほら、オッパイを揉んでいる」道代は今にも泣き出しそうな顔だ。
(かわいいな。その顔が気に入った!)黒川は「こんなのもあるんですよ」道代の奥歯がガチガ
チと鳴っている。
「こ、これって!」
「そうなんですよ。フィルムが落ちてたんで現像したんですよ。塀の側でした。ビデオも一緒だ
ったんです」
(こ、こんなにはっきり写っていたんだ!)道代の全裸がはっきりと映っていた。
ピンクの淫裂も綺麗に写っている。
 
 「こ、これをどうする気ですか?」道代は写真を持ったまま震えていた。
「お願いがあります。僕にも撮らせて下さい、ヌードを。それにセックスもさせて下さい。黙っ
てますから」
「そ、そんな!」唖然とする道代だ。
「もし、いやといったらこの写真とビデオを雑誌社に売り込みますが」
「や、やめて下さい。一晩だけ考えさせて下さい」泣きそうな声で言う。
「そうですよね。いいでしょう、一晩だけ待ちます。明日の朝日に返事を下さい」黒川はビデオ
と写真をしまい込み、診察室から出ていく。
道代は迷っている。(黒川は嫌いじゃないけどこんな事でバージンを失いたくない。でも、あれ
が公開されたら生きていけないし!)誰もいない宿直室で考えていた。
その日は急患がなくじっくり考えることができた。
(仕方ないわ。ヌードになって、黒川のセックスの相手をするしかない…)道代は決心した。

 翌朝、黒川が宿直室に来た。
「決まりましたか?」
「は、はい。私でよかったらヌードになります。セックスのお相手もします…」
「そうですか。安心しました。今夜ヌードを撮りましょう。それからセックスもさせて下さい」
「待って。どこでするの、セックスを?」
「そうですね。屋上でしましょう。誰もいないし、スリルもあっていいんじゃないですか」
「見られてしまいます。きっと!」
「大丈夫です。鍵も掛かりますから」確かに屋上には鍵が掛かるようになっていた。
「わかりました。今夜ですね」
  

仮面の女医 第2話 撮影  

 翌日も道代は病院に向かった。
「お嬢さん!」髪の毛の少ない事務員が声を掛けた。
「あら、原田さん。事務長だったわね」
「ええそうですよ」
「「原田さん、お嬢さんはやめて。私はここの院長代理なのよ、ここのオーナーなんですから」
「わかりました院長」(相変わらず生意気な娘だ。今に見ていろ!)原田は書類を渡した。
「あら、何かしら?」
「ここの経営内容です」
「後で見る」受け取ると道代は診察室に入り、診察の合間に原田が渡した書類を見ている。
「変ね、合わないわ」帳簿に記入された数字が合わない。それは数千万だった。
「聞いてみないとだめだわ」道代は原田の部屋に入って「ここを説明して欲しいの」「そこは政
界工作です。裏が残せないですよ」
「おかしいわ。法改正で裏もとれるはずよ。後援会なら」
「そ、そうなんですが、昔からのお付き合いですから」苦し紛れに言う原田だ。
「済んだことは仕方ないわね。今後は注意してよ」
 
 道代が部屋から出ていくと「くそ。急がないともっとやばいぞ」叱責を受けた原田は策を練っ
ていく。
「確か、今度の土、日は院長の奥さんの実家が法要のはずだ。チャンスは土、日か!」原田は黒
川を呼び寄せた。
「危ないですね。急いでやりますか」
「そうだ。計画変更で急いでやるんだ」
「そのかわり。道代は僕の物ですよ。一生抱いて暮らしますからね」
「惚れたな、道代に。まあ、若い君だから似合いかもな」二人は罠を仕掛けようとしていた。
そんなことなどとは夢にも思わない道代達だ。
「頼んだわよ。薬も忘れないのよ」
「わかってるわよ、お母さん」道子は実家の法事でタクシーに乗り込んだ。
「後は私の出番ね」道代は久しぶりの父親だけとの生活を楽しむつもりだが、それが地獄絵図に
なるとは夢にも思わなかった。

 道代は夕食を終えると「お父さんに薬を飲ませないと」それが自分を辱めることになるとは知
らず「はい、お父さん薬よ」「悪いな道代」起きあがって飲む鉄也だ。
「もう、寝た方がいいわよ」「そうだな。寝るか」再び横になる鉄也だ。
道代は布団をかぶせ、自分の部屋に戻った。
「明かりがついたぞ。今がチャンスだ」影が侵入して鉄也の部屋に入っていく。
「君か、何のようかね」
「はい、院長。実は…」黒川が催眠を掛けると鉄也の目がギラギラと輝きだしていく。
一方「お風呂に入らないと」何も知らない道代は下着を持って浴室に入った。
開放感が道代を大胆にさせて「誰もいないし」ドアを開けたまま脱ぎだした。
シャツを脱ぐと紫のブラジャーが現れ、カップから乳房がこぼれそうだ。
両手を背中にやり、ホックを外すと支えを失ったカップから真っ白な乳房が飛び出し、ピンクの
乳首が膨らんでいる。
両手を下げブラジャーを脱ぐと乳房が揺れ動いていく。
その後、ズボンを下げると紫色のパンティをはいていた。
ビキニなのでお尻が半分飛び出ており、それも脱ぐと、真っ黒な絨毛が股間を覆っている。
全裸になると浴槽に向かい「いい、湯かげんだわ」お尻を突き出して両手でかき回していた。
 
 そのときに、鉄也が襲いかかった。
「い、いやー!」襲われた道代は悲鳴を上げたが両手が抑えられ、後ろ手に紐で縛られていく。
「やめて下さい!」何が起こったか道代にはわからない。
しかし「お、お父さん!」それが鉄也だとわかると驚きの声を上げた。
「来い、来るんだ!」
「や、やめて!」道代は実の父親によって生まれたままの姿で奥の座敷に連れて行かれた。
「いや、いや。やめて!」座敷の鴨居にはロープが垂らされている。
(狂っているわ、お父さん!)道代は一旦、両手を解かれたが再び万歳する格好で縛られた。
「やめて。正気に戻ってよ、お父さん!」しかし、鉄也は聞き入れる様子など全くなかった。
両手を縛られた後は、太股にロープが巻き付けられた。
「いや、こんなのいや!」ロープが引かれて道代の股間が丸見えになった。
真っ黒な絨毛の中にピンクの割れ目がある。
             kinbaku.jpg
「やめて。お父さん!」「うるさい。モデルのくせに黙っていろ!」
(モデル。何のつもりかしら?)鉄也はロープを固定し終えるとカメラを持った。
「いや、いや!」道代は顔を背けた。
(こんなの撮られたくない!)必死に体を隠そうとすると「顔を出すんだ」いらだった鉄也はロ
ープを首に掛けた。
顔を背けると食い込んみ「く、苦しいわ!」道代は正面を向くしかない。
 
 「そうだ。それでいいんだ!」カメラを向け、閃光を走らせていく。
「やめて、撮らないで!」道代の真っ白な乳房と絨毛の中から恥ずかしそうに顔を出すピンクの
淫裂が撮られていく。
(く、狂っている。完全に!)道代は涙を流している。
「そうだ。それでいい!」娘とモデルの区別が付かない鉄也は道代の裸身を撮りまくった。
「さて、今度は競演だ!」鉄也が衣服を脱いでいき、三脚を用意して今度はビデオをセットした。
「照明もいいぞ!」鉄也はカメラマニアだったからプロ並みの器財を持っている。
「オッパイを揉みながら撮るぞ!」「いや、そんなのいや!」ビデオカメラが回っていく。
鉄也の皺の手が乳房を掴むと揉んでいく。
「やめて、お父さん!」叫ぶが無駄だった。
「ほれ、ここも広げないと!」「いや、いや!」道代の淫裂が鉄也の指で開かれていく。
「ほう、まだ使ったことがないんだな。もったいない!」ピンクの膣腔が覗いている。
(と、撮られている。恥ずかしい部分を!)道代は腰をずらして避けようとするが太股を縛られ
て身動きができない。
それをいいことに鉄也に弄られていく。
「どれ、これがクリトリスだな!」ピンクの突起の包皮が捲られ、全身を電気の走る衝撃が走り
抜けた。
「あ、あっ!」思わず喘ぎ声をあげてしまった。
(き、気持ちいいわ。こんな事されているのに!)道代の膣の中が潤っている。
その後も道代はカメラに裸身を撮られて2時間後に縛られた手が解かれ、それと同時に鉄也は座
敷からどこかに消えてしまった。
 

仮面の女医 第1話 帰郷  


 「はい、薬をだしておくからね。体を大切にするのよ」
「先生、ありがとうございました」狭い診察室から初老の男性が出ていく。
「先生、今日はこれで終わりです」看護婦が話しかけると「これで終わりね!」ホッとして体を
伸ばす道代だ。
「先生、本当にここを辞めるんですか?」
「本当よ、お父さんが年だから後を継ぐの」
「もったいないわ。先生だったら内科医長にもなれるのに」
「そんなに言わないで、未練が残るわ」道代は診察室から出ていった。
「今月一杯で終わりか!」呟くように言いながら廊下を歩いてると「小柳先生、聞きましたよ。
今月で辞めるんですってね」話しかけたのは同僚の医師だ。
「ええ、そうなの。後はあなた達が守ってよ」
「分かりました。でも寂しいですね。名物の美人女医が消えるなんて」
「あら、美人かしら。一度もデートに誘われたことも無かったし」
「皆が遠慮してたんですよ。断られるのが怖くて」言い訳ををしている同僚だ。
そして、冬の終わりを告げる4月の東京駅の新幹線ホームに道代がいた。
「列車が参ります。白線までお下がり下さい」放送が繰り返される。
「これで、お別れね」小さなバッグを手に持ち、列車がホームに入ってきた。
「キー!」ブレーキが掛かり停止し、それと同時にドアが開いていく。
道代は他の乗客に押されるようにして乗り込んでいく。
「この席ね」バックを網棚に乗せてから座った。
「プルプルプル!」ホームのベルが鳴り、それに合わせてホームから列車が滑るように走ってい
く。
列車は徐々にスピードが上がって、時速が250キロを越えている。
「お父さんとは久しぶりだわ」期待を膨らませる道代だった。

 道代は2時間後、新幹線を降りてタクシーを拾っていた。
「城南町の小柳病院よ。わかる?」
「私は20年やってますよ。この町の事なら知ってますから」
「そう、安心したわ」タクシーは町中を走り、住宅街が並ぶ道を走っていった。
「もうすぐですよ、お客さん!」
(わかってるわよ。そんなこと)正面に病院が見えている。
「そっちじゃないの。左の家よ!」
「あそこは院長さんの自宅ですよ。もしや、お嬢さんの道代さんでは?」
「そうよ、院長の娘よ」
「失礼しました」タクシーが玄関に横付けされた。
「ありがとう。これでいいかしら?」
「はい、結構です」道代は現金でなくタクシー券を渡した。

 それは空白になっていて運転手が好きな数字が書ける。
小柳病院が接待用に業者と契約したタクシー券だった。
タクシーを降りた道代は玄関を開けて家の中に入り「ただいま、道代よ!」その声に奥から足
音が聞こえてきた。
「道代!」「母さん、元気?」「私は元気だけど、お父さんがね」力無く応える母親の道子だ。
「私が戻ったから安心してよ」
「そうよね、道代が戻ったから安心だわ」二人が奥に入ると「道代か!」布団に横になっていた
老人が起きあがっった。
「お父さん、ただいま。戻ってきました」
「そうか、戻ってきたか」涙ぐむ父親の鉄也で、道代は久しぶりに両親と話しあった。
 
 翌朝、道代は白衣を着込んでいた。
「お母さん、行って来るわね」
「頼んだよ、道代!」笑顔の道代を心配そうに見送る道子だ。
「おはようございます!」元気よく挨拶したが「あんた、だあれ?」看護婦が聞き返してくる。
「小柳道代です。ここの医師で勤務する事になりました」
「あ、あー。院長の娘さんなの?」
「はい、内科医です。外科免許も持ってますが得意は内科です」その言葉に看護婦達が集まって
きた。
            ナース3

「新しい先生ですか、美人なんですね」
「綺麗だわ、うらやましい。オッパイはCですか、Dですか?」
「彼氏、いますか?」質問が矢のように飛んできた。
「ハイ。そこまでよ。仕事があるでしょう」その言葉にクモの巣を散らすように散っていく。
「お嬢さん、私わかる?」中年の看護婦が話し掛けてくる。
「知ってるわよ、トメさんでしょう?」
「そうよ、トメよ」
「懐かしいわ。トメさん!」
「それよりも仕事よ、お嬢さん」道代はトメの案内で病院を回り、内科医として働いていた。
 
 患者も最初は戸惑っていた。
「はい、おばあちゃん。しっかり休むのよ。無理しちゃだめだからね」
「わかったわ、お嬢さん!」鉄也の娘と知ると患者は皆が素直に言うことを聞いていた。
病院の看護婦や医師達は道代を暖か迎えたが、温かい目ですべてが見てはいなかった。
「やりにくくなったな」
「そうですよ、計画を練り直さないとだめですね」二人は小さな声でヒソヒソと話し合っていた。
「あの、惚けた親父に、娘へ悪さをさせればなんとかなるでしょうね」
「できるかな。そんなこと」
「幻覚剤と催眠を掛ければやるかも知れませんよ」
「そうだな、君の専門だよな。それに失敗しても証拠が残らないしな」二人は笑い出した。

 そんな企みがあるとは知らない道代は初日に診療を無事に終えていた。
「先生、コーヒーをどうぞ」
「ありがとう」
「先生、恋人いるんでしょう?」
「それがいないのよ」
「嘘でしょう。その体のスタイルと顔でしょう、男が放っておかないはずよ」
「本当にいないの、いい人いたら紹介してよ」看護婦と世間話をしていた。
「先生、急患です。救急車で運ばれてきます。外科の先生が急用で帰り、先生しかいません!」
婦長のトメが道代に告げた。
「わかった。私は外科もできるし、やるわ!」再び気合いを入れる道代だ。
遠くから「ピーポー、ピイーポ!」と救急車の音が聞こえてくる。
「いくわよ!」看護婦達と救急用窓口に向かった。
 
 窓口で暫く待つと赤色灯を点滅した救急車が入ってきた。
隊員が手際よく、ストレッチャーを下ろした。
「CT室よ、脈と呼吸がしっかりしてる。脳が心配だわ」道代は赤らんだ顔に気がかりだった。
青ざめた顔なら脳の心配はないが、赤いという事は脳内出血の恐れがあるからだ。
患者を看護婦がCT室に運んでいく。
「頭がこっちよ!」指示していく道代だ。
そして、爆射音がして脳のCT画像がモニターに出た。
「内出血よ。右側頭部が出血している。手術の用意よ!」看護婦に指示した。
「家族の方はいないの?」救急隊員に尋ねた。
「こちらです」まだ若い男性が呼ばれた。
「脳内出血なの、急がないとだめなの。手術に同意して欲しいの」
「はい。同意します。かならず、お母さんを助けて下さい」若い男性は体を震わせている。
「任せて、必ずたすけるから!」青年は看護婦に連れられていった。
「準備できました。血液も用意できました。それに、センターにも非常用を待機させてます」
「よし、やるわよ。オペ開始!」

 道代は無影灯が煌々と照らされた手術室で叫んだ。
「メス!」看護婦が手渡し、メスは剃毛された頭を切っていく。
血が吹き出し、手術服を真っ赤な血が汚していく。
「かなり出血してる。脈と呼吸は?」
「脈は55、呼吸は15です。正常です」メスは更に切っていく。
(ここだわ、血管が切れてる!)道代は「鉗子!」血管を押さえ、接合していく。
(凄い腕前だわ、外科医長よりも勝っているかも)看護婦達はそんな目で見ている。
血管が繋がった。
「脳の血が引いていきます」
(終わった!)切った皮膚を縫いだした。
「オペ終了!」道代の服には血がべっとりと着いていた。
患者は頭に包帯が巻かれて病室に運ばれていく。
「先生、見直したわ。すごい腕前のうえ、美人なんだもん!」若い看護婦が話しかけてきた。
「ありがとう、ほめてくれて」看護婦達を尻目に道代は親の待つ自宅に向かった。

 

▲Page top