FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「お隣さん」第1話 引っ越し

登場人物

      鈴木一雄:会社員          小川義雄:運送会社勤務
      〃 ルミ:一雄の妻         〃 直美:義雄の妻

第1話 引っ越し

 日曜の昼下がりにトラックが横付けされた。
「あなた、お隣に越してきたわよ」
「ホントだ、また楽しめそうだね」
「そのようね、早く始めないかしら」荷物を運び入れるのを後目に夫婦話し合っていた。

 見つめているのは鈴木一雄とその妻、ルミだ。
2人は一緒になってから4年経つがまだ子供がいない。
一雄は通常では興奮せず、性交渉ができない病気に掛かっており、ルミが娼婦役に徹して抱き合っていた。
また、レ○プビデオを見ながら興奮させての結合もしていた。

 やがて、荷物を運び入れるとトラックが立ち去り、まだ若い夫婦が挨拶に訪れた。
「今度、お世話になります小川です」
「ご丁寧にご苦労様です。こちらこそよろしくお願いします」一雄も挨拶に出た。

 そして、夜になると一雄はルミと一緒に、盗聴器のスイッチを入れる。
『あなた、そんな事したら恥ずかしいわ』
『いいじゃないか、誰にもわからないし』
『でも、ヌード写真を撮られるなんて』

 『これで抜くんだよ、浮気しないからいいだろう?』
『約束よ、誰ともしないでね』
『勿論さ。俺のも撮ってくれ。お前はそれでやるんだぞ』
『わかっています、あなたのチンポを見ながらします』聞こえてくる言葉に(ヌードを撮りっこしている!)2人は顔を見合わせた。

 『ダメ、ゆっくりして。乳首はイヤ…』聞こえる声に、一雄の股間が膨らみだした。
「あなた、したいのね。私がして上げるわよ」チャックを引き下げ肉竿を掴んで口に入れる。
「気持ちいい。まるで、ビデオみたいだ」一雄はルミの頭を押さえている。
(どうせなら、音ばかりでなく、絵もあったら面白いぞ!)小川夫婦の声を聞きながら考えた。

 翌日、一雄は会社の仕事を終えると、電気街で隠しカメラを捜していた。
「これならいいな。結構安そうだし」2台買い込んで帰宅した。
帰ると「すみません、屋根裏のネズミ退治をしますから」直美に断りを入れて、屋根裏に登った。

o1080081014163398913.jpg

 「さてと、どの辺かな?」裏板かを少し退かせると隣の部屋が覗いている。
「ここだな。ここならいいだろう」寝室と浴室の天井にカメラをセットした。
セットが済むと、直ぐにスイッチを入れる。
「ルミ、よく撮れているだろう。お隣が見えるよ」
「ホントだわ、それにしてもよく撮れるわね」2人は感心して眺めている。

 やがて、夫の義雄も帰って来て、風呂に入っているらしく水音がしている。
「あなた、お風呂が気になるの?」ルミは義雄が気になるのか、浴室のスイッチを入れた。
「凄いわ、もうカチカチよ」いきなり、勃起した肉竿が映し出された。

 「そんなの、どうでもいい。それより奥さんだよ」スイッチを切り替えた。
「見ろよ、着替えているぞ」妻の直美は服を脱いでいる。
「イヤねえ、スケスケよ。オッパイだって小さいわ」
「そう言うな、あれはあれで、いいんだよ」食い入るように見ている。

 「あら、ヘアがないわよ!」映った股間には絨毛が全くなく、淫裂が剥き出しになっている。
「パイパンだよ。ほら、無毛症というやつだ!」一雄が解説し、それを聞きながら画面を見ていると全裸の義雄が入ってきた。

 『ダメ。まだ早いわ』
『早くないよ。やらせてよ』スケスケの下着を脱がし全裸にしていく。
『直美。綺麗だよ』乳房を揉みながら肉竿を押しつけていく。
『あ、あ、あ~!』声が上がりだした。

 「凄いわ。人のセックスを見ると興奮しちゃう!」ルミは股間を撫でだす。
「ルミ、やりたいのか。だったら、正座して頼め!」
「お願いです。私とセックスして下さい」ルミは言われるままにしている。
「その言い方は何だ。バツとして素っ裸にしてやる!」

 「やめて。あなた、やめて!」2人は画面を見ながら妄想の世界に入っていく。
「やめて、レ○プはイヤ!」
「イヤでも、こうだ!」ルミを四つん這いにさせ、後ろからの挿入を始めた。
「ダメ。許して、お願いです!」首を振り振り言う。

 「そうは行くか。お前もああやるんだ!」画面では直美が馬乗りになった。
それを見て、ルミも馬乗りになり腰を振っていく。
『あ、あ、あ~』画面の悶える直美に合わせルミも「あ、あ、あ~」と声を上げた。
「そうだ、それでいい!」一雄は次第に登り詰めて噴射すると、同じように『でる、でる!』義雄も噴射した。

 噴射が済むと、一雄とルミは静まりかえって画面を見ている。
「あら、また始めるわよ、元気があっていいわね」
「違うよ、写真だよ、また撮るんだよ」一雄が言う通りに射精した淫裂を撮っている。

 『あなた、撮らないで。これだけはイヤ』
『そう言うなよ。顔は撮らないから撮らせろよ』そう言い聞かせ、手を退かさせ撮っていく。

 「イヤだわ。性器まで撮るなんて…」ドロドロ流れ出た淫裂を撮っている。
「俺も撮りたい。ルミいいだろう?」
「イヤよ。写真は絶対にイヤ!」
「だったら、ここを剃らせて欲しいな」

 「それもイヤ。ヘアがなかったら、丸見えになってしまう!」ルミは一雄の頼みを断った。
「仕方ないな。諦めるか」画面を見ながら呟くように言うと「その変わり、エッチなのを着てあげるから」機嫌を取るルミだ。

 翌朝、一雄が外に出ると「おはようございます」と直美が挨拶した。
「おはようございます、お早いですね」一雄も返すが(そこのヘアがないなんてな。生で見てみたいよ)股間をキラリと眺めて会社に向かった。

 一雄は仕事中も(どうしたら、あのパイパンを生で見られるかな?)と考え廻らせている。
「まずはビデオにとって、その後は…。待てよ、ルミの手も借りないと無理だな…」よからぬ事を思案している。

 やがて、仕事が終わると、一雄はアダルトグッズを求めて店に入った。
中に入るとじっくり見渡し「これがいいな。これならこっちの思い通りだし…。おい、これをくれ!」早速買い込むと急いで自宅に向かう。

 「まずは、ルミで試してからだな」大事そうに抱えて家に戻った。
「今帰ったぞ!」家に入ると買い込んだ袋を仕舞い込んで浴室に入り、体を洗いながら「まずは手を押さえて、次が足かな…」手順を考えていく。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

「お隣さん」第2話 拘束具

第2話 拘束具

 食事を済ませ、くつろいでいるとルミが風呂に入り「今の内に…」買い込んだ袋を開けて準備していく。
それが済むと、何食わぬ顔で暫く待つとルミが風呂から上がってきた。

 「ルミ、こんなのがあるよ」口枷で声を出せないようにし、両手を後ろ手にベルトで留めた。
「う、う~」ルミは事態が飲み込めず、首を振っている。
「今日は俺の思う通りにさせて貰うからな!」そう言うと、ルミのパジャマを脱がしていく。

 「ほう、エロ下着じゃないか。たまにはいいよ」ズボンを脱がすと、黒いレースのパンティを履いている。
更に、上着のボタンも外すと、お揃いのブラジャーだ。
「こんな機会は滅多にないし…」何を思ったか、ルミの下着姿をカメラで撮り始めた。

 「ルミ、今度は素っ裸を撮るぞ!」カメラを置いてパンティに手を掛けた。
それにはルミも首を振り、足をバタバタさせた。
「おとなしく撮らせろ。悪いことに使うんじゃないから!」掴んだパンティを膝まで下げると黒い絨毛が露わになっている。

 一雄はなおも引き下げ、下半身を露わにして撮っていく。
ルミは撮られまいと体を反らせるが、足を開いたままベルトで留められた。
「う~!」(撮らないで。性器は撮らないで!)首を振るが淫裂を撮っていく。

 「今度はオッパイだ!」ホックを外し、乳房をはみ出させる。
「いいね。ブラからはみ出した乳も…」また撮った。
それが済むと、一旦手を解いて肩に絡まった、パジャマやブラジャーを脱がすと、また縛った。

「今度は素っ裸だぞ」ルミの全裸姿を撮りまくっている。
「撮るのはこれくらいにして、次はお楽しみだな」一旦部屋から出て、全裸で覆面を被って現れ「う、う~!」ルミは夫とはわかっているが、不安に首を振っている。

 「そうだ。お前をレ○プするんだよ」乳房を掴み、淫裂を撫でていく。
(やめて。お願い、こんなのイヤ!)叫ぶが声にはならない。
一雄はそんな事などお構いなしに、乳房と淫裂を撫で続けた。

 「そろそろいいかな。これでやってやるからな!」乳房を掴んだまま覆い被さり、淫裂に肉竿を押し当てた。
(やめて。入れないで!)腰をずらして逃れようとするが、肉竿はすんなり入り込んでしまった。

 「お前はレ○プされているんだぞ。感想はどうかな?」ゆっくり肉竿のピストンを始めた。
(レ○プよ。レ○プ同然なんてイヤよ!)そう思うが、淫裂の中が濡れだし「ヌチャ、ヌチャ!」肉竿がピストンする度に音がしていく。

 「気持ちいいだろう、レ○プされて?」乳房も揉まれていく。
(よくない、こんなの変態のすることよ…)ルミは首を横に振った。
「正直に言えよ。言わないとオ○ンコしないぞ!」抜いた肉竿を入れようとはしない。
(入れて。もっとレ○プして…)腰を浮かして、淫裂を押しつけた。

 「やって欲しかったら正直に言え。気持ちいいんだろう?」それには頷いた。
「そうか、気持ちいいか、だったら別なやり方でだ!」一雄は両手のベルトを外し、手首と足首を繋いだ。
「どうだ、オ○ンコが丸見えだぞ!」ルミは前のめりになり、腰を突き出している。

181225-305.jpg

 (こんな格好イヤよ。性器が丸見えになっているし…)足を閉じたくも閉じられず、濡れた淫裂を晒している。
一雄はそんなルミの腰を押さえて、またピストンを始めていく。
(きつい。オチンチンがお腹の中まで入ってくる…)今まで味わった事のない感触に淫裂は汁で溢れかえっている。

 「何だ、こんなに濡らして。そんなにオ○ンコしたかったのか?」いたぶるように言いながらピストンを早めた。
(いいわ、凄くいい。膣が濡れていく…)淫裂からは淫汁が流れ出し、一雄はなおも動きを早めて絶頂に達した。

 「う~!」呻き声を上げ動きを停めた。
(射精だわ。子宮がとろけそう…)暖かい液体が噴射され恍惚とした顔だ。
一雄は放出を済ますと肉竿を抜いて淫裂を撮りだす。
「う、う~!」さすがに、射精された淫裂を撮られる訳には行かないから、首を振っている。

 「もう遅いよ。中出しも撮ったぞ!」淫裂から流れ出た様子も撮った。
(そんな、射精まで撮るなんて…。でも、こんなの初めてだわ…)ルミは満足そうな顔をしている。

 一雄はルミを撮り終えると、ベルトを解いて自由にしていく。
「どうだった、気持ちよかっただろう?」
「よくないわ、レ○プ同然だなんて。それにヌードまで撮って!」
「そう言うな。ほら、撮れているぞ!」撮った画像を見せた。

 「消して。お願いだから、こんなの消して!」
「消してもいいよ。その変わり、パイパンオ○ンコを撮らせるなら…」
「恥ずかしいわよ。ヘアを剃るなんて」
「お隣さんは生えていないよ。お前は直ぐに生えるじゃないか」それには暫く考え「わかったわ、剃るから性器は全部消してよ」と承知する。

 「わかっている。約束するよ」その言葉にルミは淫裂を押さえて部屋を出た。
「苦労してオ○ンコを撮ったんだ。簡単に消せるかよ!」パソコンを立ち上げ、画像を吸い上ていく。
「これでいいぞ。後は消しても関係ないや」気づかれないようにスイッチを切り、ルミを待つと暫くして全裸で現れた。

 「ルミ、撮ってからだぞ。そうでないと消さないからな!」
「わかったわよ。早くして!」ルミは淫裂を押さえた手を退けた。
「何だ、全部じゃないのか?」淫裂の周りは剃ってあったが、恥丘にわずかに残されている。

 「これくらいは、いいでしょう?」
「そうだな、これくらいならいいか…」ルミの淫裂を撮った。
「ついでだから、ヌードも撮ろうよ」
「そんな、約束が違うわ。剃った性器だけのはずよ!」

 「お願いだから撮らせてよ。隣も撮っているんだぞ」
「わかったわよ、早くして!」手を退け撮らせていく。
「いいよ、凄くいい!」恥ずかしそうな顔をするルミを撮りまくった。
「もういいでしょう、20枚は撮ったわよ」

 「そうだな、これくらいにするか。消すから見ていろ!」一雄はルミの見ている前で射精された淫裂を消していく。
「これで、いいだろう?」
「ダメ。これも消して、顔が写っているわ」
「仕方ないな」残念そうな顔で消していくが(馬鹿だな。パソコンに画像があるのに…)知られまいと演技している。

「お隣さん」第3話 直美への陵辱

第3話 直美への陵辱 

 画像を消し終えると、2人は隠しカメラのスイッチを入れて小川夫婦を覗いた。
画面はいきなり妻の直美が全裸になっている。
『直美、両手をこういう風にして』
『これでいいのね』直美は言われた通りのポーズを取っている。

 「ヌードだ、ヌードを撮っている!」一雄は画面を見ながらルミの乳房を揉みだした。
「下から撮ったら、性器の中まで撮れてしまうのに…」ルミも画面を見ながら肉竿を擦っている。

 『直美、してくれ!』
『いいわよ』直美が馬乗りになって腰を振りだす。
「ルミ、俺もお前にやって欲しいな…」
「今度ね。でも、女が上になるなんて抵抗あるわ…」声を上げながら腰を振る直美を食い入るように見ていた。
「仕方ないな。次はやってくれよ」そう言いながら、直美を犯す妄想をしている。

 一雄は、ずっとその機会を待っていたが、そのチャンスが訪れた。
妻のルミは実家の用事で1週間帰ってこない。
「このチャンスを逃す手はないな」隠しカメラを見つめていると『直美、暫く我慢してくれ、4日後には戻るから』と義雄の声が聞こえる。

 「そうか。だったら、こっちもだ!」早速、準備を始めた。
翌日、会社に電話で休暇を願い出て、ジッと画像を見つめていた。
すると、直美は買い物に外に出て行く。
「今だ。まずはビデオをセットしてと…」セットがすむと、袋を持って外に出て、隣の郵便受けを覗き込む。

 「あったぞ。これで決まりだな」鍵があった。
その鍵でドアを開け、気づかれないように戻して中に入り、内側から鍵を掛け覆面を被って直見の帰りを待った。

 そして、1時間が過ぎようとする頃、足音が聞こえる。
(来た!)一雄は身構え「ガチャ!」鍵が外されドアが開き「疲れたわ」呟くように直美が入って来た。
(今だ!)ドアを閉めると一雄は口を押さえ、ナイフを顔に当てた。

 すると直美は「うっ!」一瞬に凍り付いたように動きを停める。
それを見て、口枷を入れ、声を封じるとその後は両手を後ろ手にバンドで固定していくが、直美は顔を震わせている。

(安心しな。殺しはしないよ、オ○ンコして素っ裸の写真を撮るだけだから)一雄は直美を寝かせ、スカートに手を掛けた。
「う、う~!」それには足をバタバタさせて首を振っている。
(静かにしろ。暴れるとケガをするからな)ナイフを顔に押しつけると、直美は泣き顔のまま動きを停める。

 (そうだ。それでいい!)抵抗が収まると、スカートを足から抜いて行くと、ピンク色したレースのパンティを履いていた。
直美は恥ずかしいのか「う、うっ!」声も出せず、顔を背けている。

 (まずは、オ○ンコからだな)興奮を抑え、パンティを掴むと直美の震えが伝わってくる。
(いいね。この興奮は何とも言えないな)掴んだパンティを、引き下げていくと「う、う、う!」口枷をした直美が嗚咽を上げだした。

 それでも膝まで下げると、淫裂が露わになり、白髪のような絨毛が生えている。
(剃っているんじゃないぞ。根っからのパイパンだ…)始めてみる無毛症だ。
足首からパンティを脱ぐと、真っ先に淫裂を撫でて「う、う~!」直美は涙を流しながら首を横に振っている。

 (悪いが、そうは行かないよ。俺もパイパンとやりたいし…)絨毛を撫でた手が今度はシャツのボタンを外していく。
ボタンが外されると上から胸が開いて、パンティとお揃いのブラジャーが見えてきた。

 なおもボタンを外して広げると、膨らみがカップからはみ出している。
(でかいな、思ったよりでかいぞ!)満足そうに背中のホックを外して乳房を掴んだ。
それには「う~!」何か言いたそうに首を振る直美だ。

07_20190409105538cdb.jpg

 一雄は一旦、両手を外して上半身も裸にすると、ルミにしたように手首と足首をベルトで留めて自由を奪った。
(これでいいぞ。後は素っ裸を撮って、オ○ンコだ)デジカメで全裸を撮りだす。
「う、う、う!」直美は辱めに涙を流すが、声は上げられない。

 (ここは念入りに…)無毛症の淫裂を撮り続けたが、我慢できないのか服を脱いで全裸になった。
直美は勃起した肉竿に怯え、後ずさりしていくが、一雄は覆い被さって乳房を掴み、腰を密着させる。

 「う~!」いきなり、淫裂に肉竿が入み体を反らせ呻き声を上げた。
(きついぞ。オ○ンコの締まりがきつい…)それでも、押し込み、ゆっくりピストンを始めると「ピシャ、ピシャ!」肉のぶつかる音と「う、う、う!」嗚咽が部屋に響いていく。

 一雄は乳房を揉みながらピストンを早め(気落ちいい。オ○ンコに出したいけど、万が一があるしな…)さすがに人妻の膣に射精する気にはなれず、放出寸前の肉竿を抜いて淫裂に吹き掛けた。
「う、う、う!」直美もそれがわかったのか、体を揺らせ嗚咽を上げだす。

 (安心しな。オ○ンコの中に出した訳じゃないし)悪びれることなく、今度は白い液体が付いた淫裂を撮り始めるが(そうだ、ビデオに向かってオ○ンコしないと…)何を思ったか、足首から両手首を解いて後ろ手にしていく。

 (立て、立つんだよ!)無理に抱え上げ、隠しカメラの方を向かせ後ろから乳房を揉んで行く。
(こうすれば、顔も撮れるし)カメラの位置を確認して淫裂に肉竿を押し込んでピストンを始め「ピシャ、ピシャ!」また音が響いていく。

 (よし、今度は後ろからだ!)俯せにして腰を持ち上げ、ピストンすると「う~!」直美は苦しそうに呻き声を上げていく。
その後も、いろいろな体位で直美を犯して2回放出した。
(気持ちよかったぜ、奥さんよ)犯し終えると服を着て後かたづけをしていく。

 最後に、縛ったベルトや口枷を外して外にでたが「う、う、う!」直美の泣き声が聞こえる。
(泣くのは、まだまだ早いよ。もっと楽しんでから泣いて欲しいな)満足そうにアパートから町に出て、暇を潰してから夕方に戻ってきた。

 直美とすれ違ったが「こんばんわ!」挨拶しても直美からは返事がない。
それでも一雄は部屋に入ると早速、ビデオを再生を始める。
「いいね。うまく撮れているぞ!」テレビには全裸にされた直美が映っていた。
「写真はどうかな?」今度パソコンで吸い上げた。
「いいぞ。パイパンオ○ンコがバッチリだ!」満足そうに撮った画像を見ている。

「お隣さん」第4話 全裸の強要

第4話 全裸の強要

 その夜、一雄はパソコンに向かって何やら書いていた。
「これでいいぞ、この写真を貼り付けて…」直美の全裸も印刷し、深夜に郵便受けに投げ込む。
「後は、奥さんがどうでるかが問題だな…」笑顔になって隠しカメラを覗いていた。

 翌朝、新聞と一緒に入っていた封筒を開けた直美は顔が強ばっていた。
「そんな、ヌードになれだなんて…」泣き出してしまった。
それを隠しカメラで見た一雄は「泣いているな、面白い事になるぞ」笑顔で会社に向かった。

 そして、夜になってチャイムが押された。
「どなたですか?」と尋ねると「隣の小川です、開けてください」泣き声だ。
「わかりました」ドアを開けると一糸まとわぬ直美が立っている。
「訳は後でします…」開けられたドアから勢いよく飛び込んできた。

 「素っ裸だ…」ジッと直美の乳房と淫裂を見ている。
それに気づいたのか「私、ヘアが生えないんです。ですから秘密にしてください…」淫裂を隠そうとはせず、下を向いたままだ。
「わかりました。でもいいスタイルですね、羨ましいですよ」そっと手を伸ばして乳房を撫でると「そんな、立派だなんて恥ずかしいです」声を震わせて言う。

 「そうだ。これからお風呂なんですが一緒に入りませんか。家内もいませんし」
「一緒だなんて…」
「素っ裸になっているんですから、いいでしょう?」強引に浴室に連れ込み、服を脱いでいく。

 「お願い、レ○プだけはしないで。何でもしますから…」泣き声だ。
「そんな、レ○プなんてしませんよ。奥さんのヌードを見るだけで幸せですから」真っ赤な嘘を言い、直美の体に石鹸を塗っていくと「約束ですよ」直美も一雄の体に石鹸を塗りだした。

 一雄は乳房から淫裂と塗っていき、指が淫裂の割れ目を触り出すと、直美の腰が動いていく。
「奥さん、敏感なんですね」
「そんな事ないです、普通です…」項垂れてしまった。

 それでも一雄は淫裂を撫でて石鹸を洗い落とした。
「これでいいですね、一緒に入りましょう」石鹸を洗い落とすと、狭い浴槽で重なり合うようにしていく。

 「奥さん、狭いですから僕の膝に乗ってください」腰を押さえて引いた。
「あ、あ~!」勃起した肉竿が淫裂に入り込んでいく。
「ダメ。レ○プしない約束でしょう?」

nyuyoku.jpeg

 「レ○プじゃありませんよ。こうしないとお互いに体を温められませんよ」腰を付きだし、根本まで押し込む。
「抜いて。お願い、抜いて下さい!」
「ダメです。体を温めたら上がりますから、それまではこのままです」腰を押さえて肉竿を抜かれまいとしている。


 「わかりました、このままにします…」逃れられないと悟った直美は、おとなしくお湯に浸かった。
(それでいいんだ。お前は俺の女になるんだからな)腰から乳房に手を伸ばして、乳首を転がすように摘むが、直美はそれを拒むことなく、されるがままにしている。

 やがて、2人とも体が熱くなってきた。
「奥さん上がりましょう!」淫裂に肉竿を入れたまま立ち上がった。
「ダメ、動かないで…」肉竿が膣の中を擦っていく。
「でも、こうしないと」わざと腰を揺する。

 「抜いて。お願いです…」
「そうですよね、これじゃあ、拭けませんよね」素直に肉竿を抜いて濡れた体を拭いていく。
「はい、奥さんもです」直美の体も拭いていく。

 「奥さんはコンプレックスを持っていますが、僕はこのほうが好きですね」産毛のような絨毛を撫でていく。
「言わないで、死ぬほど辛いんです…」泣きそうな声だ。
「でも、僕は奥さんみたいなの好きですよ」淫裂を丁寧に拭いていく。

 体を拭くと、2人とも生まれたままの姿になって浴室から出ていく。
「奥さん。ところで、どうして素っ裸になってきたんですか?」
「実は、私のヌードを撮って欲しくてお願いに…」それだけ言うと下を向いてしまった。

 「ヌードですか…。わかりました、撮りましょう。僕のカメラでいいですか?」
「かまいません。でも、誰にも見せないで下さい、奥さんにもですよ」
「わかっています。どうせ、家内は当分帰りませんから」泣き顔の直美を後目にカメラを構えてた。

 「はい。そこに座って!」直美にポーズを作らせ撮っていくが、直美は言われるままにしている。
そこで調子に乗ったか「はい、足を開いて!」足を押さえ、M字開脚させると「性器は撮らないで。お願いします…」涙を流している。

 「大丈夫ですよ。奥さんしか見ないんでしょう?」それには答えようがないから黙ったままだ。
(当然だ、俺のオ○ンコ相手になるんだからな)スイッチを押していく。

 一雄はなおも屈辱的ポーズを作らせた。
足を手で押さえさせ、マングリ返しを撮っていく。
また、自分の指で淫裂を広げさせたのも撮った。

 「奥さん、これくらいでいいでしょう?」
「はい、もう結構です」屈辱的なポーズから解放されホッとした顔だが、直ぐに顔色が変わる。
「奥さん、お礼にしてください」肉竿を口に押しつけた。

 「やめて、そんなのイヤ!」
「旦那といつもやっているでしょう。イヤならオ○ンコですよ」直美を押し倒すと、腰を押しつけ、淫裂に肉竿の半分ほど入り込ませた。
「入れないで。お願い、入れないで!」首を振って拒む。

 「だったら口です。それともケツかな?」
「お尻はイヤ、お口でします…」渋々承知し、肉竿を口で擦っていく。
「シュル、シュル!」肉竿は次第に濡れていく。
(気持ちいい、オ○ンコもしたいが、今日はこれくらいで我慢だ。明日もあるしな)直美の乳房を撫でながら登り詰めた。

「う、う~!」それを悟った直美は頭を上げようとするが、一雄に押さえられ、肉竿を咥えたまま動けない。
「気持ちいい。出させて貰えるんだから…」絞り込むように放出をしてから抜いた。
息苦しさから解放された直美の口からは、精液を垂らしている。

 「奥さん、今夜は泊まっていきませんか。僕1人で寂しくて」淫裂を触っていく。
「許して。それはダメです…」
「そうですか。それでしたら、明日は屋外でヌードですよ」
「イヤ。もうヌードはイヤです!」

 「あれ、ヌードを撮って欲しいんでしょう。でしたら、屋外も撮らないと…」
逃げ道を塞ぐと(どうしたらいいの。ヌードはイヤだし、セックスはもっとイヤだし…)黙り込んでしまった。
「奥さん選んで下さい。どっちにします?」
「ぬ、ヌードを撮って下さい…」泣きながら答えた。

「お隣さん」第5話 屋外ヌード

第5話 屋外ヌード 

 一雄は直美が承知すると、翌日に会社の帰り待ち合わせることにした。
翌日、2人待ち合わせて夕方の公園に入ったが、いくら夕方とはいっても人がいる。
「奥さん、ここで撮りましょう」物陰に連れ込み、裸になるよう言う。
「できない。ヌードはできない…」さすがに人前でのヌードは嫌がった。

 「それでしたら、ホテルですが、いいですか?」その言葉に顔を引き吊らせ「わかりました。ヌードになります…」体を汚されるよりはマシと考え服を脱ぎだした。
当然、不思議な行動に人が注目され、シャツを脱ごうとするが、なかなか脱げない。
「脱げない。これ以上できない…」涙をこぼしている。

 「それでしたら、いいですよね?」それには黙って頷いた。
(うまくいったぞ。まずはオ○ンコしてからだ…)2人は公園を出ると、ラブホテルに入った。

 ラブホテルに入ると2人は服を脱いで全裸になる。
「奥さん、いいですよね?」ベッドに押し倒して、肉竿を押し込んだ。
「うっ!」淫裂が無理に広げられ呻き声を上げる。
「お願い、誰にも言わないで。お願いです!」
「わかっていますよ。僕だって家内がいますから!」ゆっくりピストンしながら奥を目指した。

 やがて、根本まで入ると動きが早まり、それには「あ、あ、あ~」直美も腰を動かし、淫裂も濡れていく。
「奥さん。上になってして下さい」体を入れ替え、直美が上になって腰を振っている。
一雄は乳房を揉みながら徐々に登り詰めていく。

 「出さないで。お願いだから、出さないで…」うわごとのように言うが一雄には通じなかった。
「イヤ~!」降りようとするが、腰が押さえられ膣の中に噴射されてしまった。

 「撮らせて下さい。射精されたオ○ンコを!」
「イヤ。絶対にイヤです!」
「それなら仕方ありませんね。素っ裸の事を言ってもいいんですね?」
「やめて、それだけは…」

 「それでしたら、撮らして下さいよ。ほら手を退けて!」直美は泣きながら淫裂から手を退けた。
ピンクの割れ目から、白い液体が流れ出ている。
「いいですよ。パイパンオ○ンコの中出しは…」それを満足そうに撮った。

 「もういいでしょう。洗わさせて下さい…」
「いいですよ、妊娠は僕も困りますから」それを聞いて、急いで膣にシャワーを浴びせた。
すると、勢いよく水と一緒に、白く濁った液がでてくる。
直美はそれでも名残を消そうと丁寧に洗い続けた。

 ラブホテルで交わった2人は、また公園に戻ったが、今度は夜中と言う事で誰もいない。
「わかっていますよね、ヌードですよ」
「約束が違うわ。セックスしたから脱がないわよ!」
「そんな事言って。脱がなかったら、どうなっても知りませんよ」半ば脅迫だ。

 「脱ぎます、ですから…」直美は服を脱ぎだす。
パンティ、ブラジャーと全て脱いで全裸を晒した。
「奥さん、そんなに怖い顔をしないで…」強ばった顔をする直美に注意するが、いつ人が現れるかわからない公園で、全裸を晒すのだから無理だ。
体も震わせながらカメラに収まっている。
そんな直美にいろいろ注文を付けて、50枚も撮り、一緒にアパートに戻った。

 アパートに戻ると早速パソコンで画像を吸い上げていく。
「いいね、中出しは最高だな」淫裂から流れる精液に興奮している。
「屋外もいいもんだな。今度は昼間に撮りたいな」また、よからぬ事を考えた。

 そして、翌日、一雄は電話で直美を会社に呼びだした。
「奥さん。屋上へ行きましょう!」2人は屋上に登った。
「見て下さい、こんなにいい天気ですよ。ここで撮りましょう」
「そんな、昼間からヌードだなんて…」顔が強ばった。

 「急いで。早くしないと人が来ますよ」すでにカメラを構えている。
「今回限りにしたいんです。ヌードは一杯撮って貰ったし…」泣きながら服を脱いで、直美は白い下着姿になり、ブラジャーから脱ぐと白い乳房が揺れている。
更に、パンティを引き下げ、足を上げると淫裂の肉襞が飛び出してる。

 「ヌードになりました…」パンティを脱ぎ両手を後ろで組むと白髪のような絨毛が陽射しを浴びてキラキラ輝いている。
「奥さん、ヘアが光っていいですね。それにオ○ンコも綺麗ですよ」撮る一雄はお世辞ではなく本心からそう思った。

 「そんな、綺麗だなんて…」顔を背けるが、正面を向かされ直美は青空の下で全裸を撮られた。
隣では、直美が全裸になっているのに気が付かず仕事をしている。
(見ないで、お願いだから見ないで…)泣き顔のままポーズを作りカメラに収まっていく。

yagai067015.jpg

 そして30分ほど過ぎて「もういいでしょ、一杯撮れたし」と言い出す。
「そうですね、写真はこれくらいにしてやりましょう」カメラを置いて直美の後ろから抱き付いた。

 「やめて、人が来ます!」
「来る前に終わればいいでしょう」チャックを引き下げ、強引に肉竿を押し込んだ。
「ヒ~!」淫裂の痛みに悲鳴を上げるが、腰を振っていく。
「抜いて、お願い、抜いて!」痛みに悲鳴を上げているが「直ぐ終わりますよ」乳房を握りしめたまま腰を振り続けた。

 直美は「あ、あ、あ~」立っていられず、四つん這いになった。
それでも一雄は抱き付き、背中に胸を合わせ乳房を掴んだまま腰を振り続けた。
(出さないで、お願い、お腹に出さないで~!)願いが通じず、淫裂の中で噴射された。

 「そんな、そんな…」うずくまる直美をよそに肉竿を仕舞い込む一雄だ。
「奥さん、早く洗った方がいいですよ、ウォッシャーなら内にありますから」その言葉に直美は急いで服を着だした。

 パンティ、ブラジャーは着けず、急いで肌を隠すと「行きましょう、こちらです」屋上から降りてトイレに飛び込みビデで淫裂を洗いだす。
(また射精された…。妊娠しないといいけど…)丁寧に淫裂を洗っている。

 | HOME |  次の記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん