FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「買われた人妻」第1話 身体検査

登場人物
 
      桜井孝夫:鉄工所経営        内海文夫:金融業
      〃 好恵:孝夫の妻         〃 道代:文夫の母親
      伊藤香奈:桜井孝夫の愛人      加藤康代:文夫の妹

第1話 身体検査

 「イヤよ。あなた以外の男に抱かれるなんてイヤ!」
「そんな事言うな。俺だってこんな事したくはないよ」
「だったら、私にそんな事させないで」
「好恵、お願いだからわかってくれ。こうする道しか残されていないんだぞ!」

 「私の身にもなって。世間に知られたら、恥さらしよ」
「大丈夫だよ。お互いの秘密は守ると言っているから」
「信用していいの?」
「ああ、信用していいよ。だから暫く我慢してくれ」

 「わかったわ。その変わり、今夜はいつもの倍して」
「わかっているよ」男は女の股間に顔を埋め、口と指を使って淫裂を撫でていく。
「いいわ、そこよ。そこがいい~!」背中を浮かせ、腰を動かしだした。

 やがて、男は指に変わり肉竿を淫裂に押し込み、腰を振り始めると「あ、あ、あ~!」と悦びの声が上がり出す。
「好恵、俺も気持ちいいよ。2ヶ月間だから我慢してくれ!」男はピストンを速めた。
「あなたのためなら、我慢する…だから、もっとオ○ンコ突いて…」

 「これくらいか?」肉竿の動きが更に速まった。
「もっと、もっとよ…」悶える女は淫裂から、濁った淫汁を流している。
暫くして「でる、でる~!」動きが停まり、肉竿から放出が始まった。
「気持ちいい。とろけそうよ…」精液を漏らしたまま、2人は抱き合った。

 抱きあっているのは桜井夫婦で、夫の名は孝夫といい、小さな鉄工所を経営している。
妻は好恵といって、女盛りの35才だが子供はいない。
桜井の経営する鉄工所は大手に押され、経営は楽ではなく、苦労の連続だが、金融業の内海から援助の申し出があった。

 ただ、条件が妻の好恵を2ヶ月間だけ預けることだ。
条件を聞いた孝夫は初めは断ったが、5千万を提供すると言われ、考え直した。
しかし、好恵はなかなか応じず、今夜も説得し、今までの苦労が奏したのか、好恵も渋々承知し、孝夫とまた抱き合った。

 翌日、孝夫は内海の事務所を訪ねた。
「内海さん。あの件ですが、まだ大丈夫でしょうか?」
「あれですか。あれでしたら、まだ有効ですよ。ぜひ、お願いしたいものですね」
「それは良かった。家内も承知しましたし…」

 「そうですか、それは良かった。早速契約書を作りましょう。何時、お支払いしますか?」
「明日にでも、お願いできませんか」
「わかりました。確か、この口座でしたよね?」
「はい、そこにお願いします」好恵が承知した事で、笑顔の内海だが「秘密は必ず守ってくださいよ」不安もある孝夫だ。

 「それは当然です。奥さんの体に、傷を付けないのも約束します。もし、傷があったら補償しますよ」
「信用します」孝夫もモヤモヤが晴れた感じがした。

 それから数日後、バックを持った好恵が内海の事務所を訪ねた。
「お待ちしてました。ここでは何ですから、屋敷ほうで…」好恵は内海の車に乗せられて屋敷に連れて行かれた。
内海は金融業が順調なので屋敷も広く、防犯にも力を入れているのか、高い塀で囲まれ、まるで、刑務所のようだ。

 「奥さん、驚いたでしょう。こうしないと、物騒でね」車を降り、玄関に向かうと、好恵も後を追って玄関に向かった。
2人が玄関から入ると初老の婦人が立っている。

 「母さん、今日から一緒に暮らす好恵さんだ」
「ああ、例の人ですね。私は文夫の母親で道代と言います。こんな美人だなんて文夫も見る目があるわね」
「そんな事より、奥さんに説明しないとね」

 「そうだね。とりあえず、体を調べてからにしましょう」道代の言葉に「体を調べるって、どういう事ですか?」好恵が尋ねた。
「肌に傷がないか調べるのよ。もしあったら、その分を補償から引かないとね」

 「それじゃ、裸になれと?」
「当然よ。この屋敷に来たからには服は必要ないでしょう、ほら脱ぐのよ」
「裸なんてイヤです。そんな事聞いていません!」

「聞いていようがいまいが、ここでは服は要らない。脱がないなら契約違反で、利息も払ってもらうぞ」
「そんな無茶な…」好恵の顔が顔が震えている。

 好恵が躊躇していると「脱ぐの、脱がないの、どっちなの?」道代が怒鳴る。
「脱ぎます…でも、ここではイヤです…」小さな声で返事する。
「勿論、ここじゃないわよ。こっちに来て」道代に案内されて、部屋に入るなり「そんな~!」声が途切れた。

 その部屋には、撮影器材が置かれてあった。
「ここならいいわよね。証拠も撮っておけるし」
「まさか、ヌードを撮るとでも?」
「そうよ、証拠に撮っておくの。後でのいざこざはイヤだからね」

 「孝夫さんはそんな事しません。ですから、写真は許して下さい」
「そんな事は信用できないな。脱がないと言うなら、利息と合わせて6千2百万だぞ」内海も脅した。

 「そんなの無理です。返せるわけありません…」
「それなら、夫のために脱ぐべきよ。どうせ、文夫と素っ裸で楽しむんでしょうから」笑い顔の道代だ。
「わかりました…。脱ぎます…」泣き顔になった好恵は服に手を掛け、脱ぎだした。

 それを見て、文夫は照明を灯して部屋の中を明るくする。
その照明に照らされ、好恵の姿が浮き上がっている。
(なんで、ヌードを撮るの。セックスだけのはずよ…)唇を噛み、次々と脱いで下着姿になった。

sitagi_201910041740359a7.jpg


 下着姿になり、背中に手を掛けホックを外すと、白い乳房が現れ勢いよく揺れている。
「いいね。早くヘアを見せてよ」内海はカメラのスイッチを押しまくっている。
(お願いだから、ヘアだけは撮らないで下さい!)今にも泣き出しそうな顔をしながらブラジャーを放るとパンティを引き下げた。

 「あら、手入れしてないのね。後で私がしてあげるわ」乱雑に生い茂った絨毛に道代が申し出る。
「このままで良いです…」
「そうは行かないわ。これからは素っ裸で暮らすんだから、綺麗に手入れしないとね」どうしても、好恵の絨毛を手入れする気だ。

 それには(勝手にしなさいよ)黙ったままなおも引き下げ、背中を丸めると、絨毛の中から淫裂が覗いた。
それを内海が見逃すわけがなく、スイッチを押した。
(何も、性器まで撮らなくてもいいのに!)堪えて足を上げ、生まれたままの裸になった。

スポンサーサイト
[PR]

「買われた人妻」第2話 メイドの制服

第2話 メイドの制服

 「奥さん、手を退けてください」
「お願いだから、ヘアは撮らないで」
「そうは行かないな。全部撮っておかないとね」無理矢理に股間から手を退けさせ、スイッチを押していく。

 「おや、ここに傷があるぞ!」淫裂の脇に引っかいた跡があり、内海はそれを撮ろうとした。
「やめて、それは私が付けた傷です…」
「ダメだ。全部撮るんだ」嫌がっても淫裂をアップで撮り、好恵の隅々まで調べた。

 「他にはないようだな」傷がないとわかるとポーズを取らせた。
「モデルの約束はしていません!」
「これくらいサービスしろ。誰にも見せないから」また、スイッチを押し続けた。

 全裸の撮影は30分程行われ、今度は道代による絨毛の手入れが始まった。
「全部はイヤです。見えちゃいますから」
「見えた方が良いと思う。ヘアがあると返って卑猥よ」
「でも、丸見えはイヤです…」
「わかったわよ。少し残すから」道代は淫裂の周りは全て取り払い、恥丘にわずかだけ残した。

 「ほら、綺麗になったでしょう」鏡を向けられたが(こんなの、見たくもないわよ)すかさず顔を背ける。
「あら、気に入らないんだ。今回だけは許してあげるけど、次はお仕置きだからね」意味ありげに言って後かたづけをした。

 その後、3人はリビングでこれからの事を話し合うが、好恵だけは服を着せて貰えず全裸だ。
「分かっていると思うけど、言われた事は何でもするの…」道代は細々と説明し、それを聞く好恵は頷くだけだ。

 「母さん。そんな、一度に言っても無駄だよ。それより、屋敷の中を案内しないと」
「わかったわ。好恵さん、行きましょう」好恵は道代に連れられ、説明を受けながら屋敷の中を案内された。

 そして「ここはお仕置き部屋なの」中には拘束具や、ムチなどが置かれている。
「お仕置きだなんて…」怯える好恵に「昔、使用人にしていたの。今は使ってないわ。でも、好恵さん次第では使うかもよ」意味ありげな事をいい、リビングに戻った。

「あら、文夫がいないわ。もしかして、お風呂かしら。好恵さん、着替えを運んで」
「わかりました」
「違うでしょう。メイドだから『かしこまりました』よ」「申し訳ありませんでした、次から注意します」
「わかればいいわ、ほら急いで!」

 道代に言われ、着替えを持って浴室に入った。
「旦那様、着替えを持って参りました」
「好恵か。丁度いい、背中を洗え」
「かしこまりました」好恵は全裸だから、服の濡れる心配がない。

 言われるまま、タオルに石鹸を擦りつけ、背中を擦り出す。
「そんなやり方ではダメだ、自分の体で洗え!」
「体で洗えと、おっしゃられても…」
「わからないのか。ここに石鹸を塗って擦るんだ!」乳房を撫でながら怒鳴った。

 「オッパイで洗うんですか?」
「そうだ。言われた通りにやれ!」好恵は暫く間を置いてから「かしこまりました…」石鹸を泡立て乳房に塗った。
そして「お洗いします」文夫の背中に抱きつき、体を上下に動かすと、乳房が背中を擦っていく。
「そうだ、それでいい。もっとやれ!」言われるまま、体を動かし続けた。

paizuri.jpg


 背中を擦り終わると、お湯をかけ、石鹸を洗い流す。
「これで、よろしいでしょうか?」
「ああ、帰ってもいいぞ」文夫の許しをもらうと道代の元へと向かう。

 「好恵さん、遅かったわよ」
「申し訳ありません。背中も流したものですから」
「背中ね、それだけなの?」
「それだけと申しますと?」
「鈍いわね。ここで、前を洗わなかったのかと聞いてるの」道代の手が淫裂を撫でだす。

 「そ、そんな性器で洗うだなんて…」恥ずかしさに下を向いた。
「やってないんだ。次からはここで洗うのよ。あなたのオ○ンコも綺麗になるしね」指先が割れ目の中に入った。
「お、奥様、指が…。抜いて下さい…」

 「これくらいで騒がないの。今夜からは、もっと太いのでやるんだから」道代の指が抜かれた。
(それはわかっています…)下を向いたまま黙ったままだ。
「それより、夕食の準備をしないと。好恵さんも手伝って」2人は夕食の準備を始めた。

 そして、夕食が済むと「好恵さん、わかっているわよね?」道代から言われる。
「はい、準備はできています…」
「それならいいわ。今から始めるわよ。行きましょう」
「行きましょうって、まさか、奥様も?」

 「当然よ、証拠写真を撮っておかないと、後で困るし」
「写真はやめて下さい、何でもしませんから」
「そうは行かないわ。あなたの夫にも説明しないとね」それには好恵も泣き出した。
「何も、泣く事ないでしょう。承知の上でこの屋敷に来させたんだから」
(それはそうですが、何も、セックス写真まで撮らなくてもいいのに…)涙が停まらない。

 「泣いてばかりいないで、準備して。文夫はこれが好きなんだから」好恵の事など関係ないと言った様子で袋を手渡す。
好恵は袋から取り出すと「これを着けるんですか?」声を上げた。
「そうよ、ほら急いで着けて」
(イヤよ、こんな風俗みたいなのは…)放り投げたいが、孝夫の事を考え手に持った。

 袋の中に入っていたのは、黒いレースのストッキングとガーターベルト、それに、乳房を下から持ち上げる、カップ無しブラジャーだ。
好恵は涙を手で拭くと、ストッキングに足を通していく。
黒いレースは好恵の太股をエロチックにし、ピンクの淫裂も引き立っている。

 (こんなの、商売人が着るものよ)唇を噛み、もう片足にも着けると腰にガーターベルトを巻き付け、ストッキングを吊り、役目をしないブラジャーを着けた。
「いいわね、黒が一番に合うわ」好恵の姿に満足な道代は項垂れたままの好恵と一緒に文夫の所へ向かう。

 文夫は好恵を見るなり「いいよ。凄くいい!」好恵の正面に膝を落とし、乳房を揉みながら淫裂を舌でなめだす。
「ダメ。そんなの、ダメ!」急所を攻められ腰が動いていく。
「文夫、そんな事より、早くしないと…」

 「わかっているよ、母さん。今からやる」ベッドに仰向けになり「俺はこれが好きなんだ。やり方わかるよね?」騎乗位を要求する。
(イヤだけどやらないと…)文夫を跨いで肉竿を掴み、そこに淫裂を押し当てた。
「あ、あ、あ~!」まだ、準備ができていないので痛みがある。

 それでも、ゆっくり腰を落として肉竿の全てを迎え入れ腰を動かし始める。
「いいよ、凄くいいよ!」
文夫は満足そうに飛び出した乳房を揉んでいるが(お願いです。言われた通りにセックスしましたから、撮るのはやめて下さい…)道代の構えたカメラが気になっている。

「買われた人妻」第3話 中だし

第3話 中だし

 好恵は腰を振るに連れ、淫裂の中が濡れて快感を感じている。
「俺のチンポが、亭主よりもいいのか?」乳房を揉みながら尋ねた。
「そんな事言えません…」
「言うんだ、言わないと痛い思いだぞ!」揉んでいた手に力が入り、握りしめた。

 すかさず「うっ~!」痛みに呻き声を上げる。
「言え、言うんだ!」なおも力が入り、指先が膨らみに食い込んでいく。
「内海さんのがいいです…」
「亭主よりも俺のがいいのか?」

 「はい、そうです…」それはお世辞でもなく本心からだ。
(だって、子宮の奥まで入ってくるし…)孝夫の肉竿は文夫のように、奥までは突き刺ささず、快感が違っている。

 「そうか、それなら安心だ。もっと早くやれ!」言われるまま、腰の動きを速め「クチャ、クチャ!」音と共に淫汁が流れていく。
(恥ずかしいけど、漏れている…)顔を背けながら腰を振っていくと、文夫の両手が乳房から腰に変わった。

 (射精だわ、もうすぐ射精が始まる!)慌てて降りようとするが文夫は放さない。
「中に出すのは許して下さい…」言い終わらない内に、膣の中が暖かくなっていく。
「そんな…お腹に出すなんて…」信じられないと言った顔をしていると、白い液体が漏れだした。

 「気持ちよかったか?」また、乳房を揉みながら聞く。
「はい、よかったです。でも、お腹に出されるのはイヤです…」
「我慢しろ。その分上積みするから。それより、もう1回やるから口でやれ!」好恵は文夫から降り肉竿を掴むが、淫裂からは液体が漏れたままだ。

 (性器は撮らないで下さい…)撮られているのがわかる。
かといって、手で隠すわけにも行かず、尻を持ち上げたまま肉竿を口に入れ「ウグ、ウグ!」と唇で擦っていくと次第に堅くなってきた。
「もう平気だな、次は後ろからだ!」好恵は四つん這いにされ腰を押さえられた。

 「許して。これでするのは、イヤです!」
「お前が嫌いでも、俺は好きなんだよ!」肉竿を押し込むと、両手を掴み、好恵は突き出す姿で淫裂を突かれ出す。

四つん這い2

 「ダメ…許して…きつい…」今までになく、肉竿が入ってくる。
(このままでは、声が出ちゃう…)堪えるが、ピストンが速まると「あ、あ、あ~!」悦びの声を上げだす。
それに満足した文夫は手を更に引き、より深い結合を始めた。

 「やめて。それ以上されたら、変になっちゃいます…」
「そんなに、俺とのオ○ンコがいいのか?」
「はい、最高にいいです…」
「そうか、最高にいいか…」ニヤリと笑うと動きを速めた。

 「ダメ…行きます…行きます…」口をパクパクさせ、全身を硬直させた。
それと同時に文夫は二度目の放出をしていく。
「ハア、ハア、ハア!」手を放され、仰向けになって荒い呼吸をしていく。
淫裂からはドロドロした液体が流れていくが、拭く気にもなれなかった。

 好恵は暫く休むと起きあがり「奥様、お風呂を使いたいのですが」と頼み込む。
「風呂ねえ、文夫と一緒に入ったはずよ」
「それはそうですが、膣の中に射精されましたし…」
「それは見てたからわかるわ。だからどうなの?」

 「できちゃいます。出来たら困ります!」いらだった声に「出来てもいいぞ。俺が面倒見るから」
「そんな~。孝夫さんとはどうなるんですか?」好恵は泣き顔になってしまった。
「わかったわよ、今日だけは洗っていいわ。でも、明日からは出されてもそのままだからね」

 「奥様、そんな事したら間違いなくできます」
「だから、産んでもいいと言っているだろう!」文夫もいらだっている。
(言っても無駄だわ。出来たら、病院で…)無駄だと悟り、浴室へと向かう。

 好恵がいなくなると「母さん、これで苦労は掛けずに済むね」事もあろうか、道代の胸を広げ出す。
「そうね、これで、母さんも楽になるわ。今回が最後だからね」露わになった乳房を文夫に吸わせる。

 「いいわ、文夫。気持ちいいわ。たまにはお母さんとも、オ○ンコしてね」
「勿論だよ。好恵だけでなく、母さんともオ○ンコするよ」乳房を吸いながら股間に手を入れた。
「濡れているでしょう。あんなの見せられたから。今夜は指でやるわ」気持ちよさそうにされるがままにしていた。

 そんな事とは知らず、浴室で淫裂を洗い終え、戻ると道代はいない。
「好恵、一緒に寝るんだぞ!」
「わかっています」言われるまま、文夫と隣に寝ると乳房に顔を埋めて揉みだす。
(そんな強くしないで。オッパイは敏感なのよ)目を閉じてされるがままにしていると乳首を噛まれ「うっ!」と呻き声を上げた。

 「痛いのか?」
「はい、噛まれると痛いです」
「これくらいなら、いいか?」今度は軽く歯を立てている。
「はい、それなら平気です」返事すると揉みながら別な乳首も噛まれ「あっ!」背中が浮いた。

 「気持ちいいのか、俺とのオ○ンコが?」
「そんな事聞かないで下さい。恥ずかしくて言えません…」
「言え、どっちがいいんだ?」乳首を強く噛まれた。

 「内海さんです。内海さんとのオ○ンコがいいです…」泣きながら返事すると文夫は満足そうに揉み出した。
(あなた、許して下さい。こうしないと、痛い目に遭う事になりますから)孝夫との事を思い浮かべながら涙を流していた。

 翌朝、好恵は家事をしているが、昨日と同じく乳房と淫裂を露わにした姿でいる。
「好恵、いつ見てもいい体つきだな」起きてきた文夫は後ろから乳房を掴んだ。
すかさず「文夫、危ないですから、後にしなさい」道代から言われる。
「わかったよ、夜まで我慢する」諦めた様子で新聞を読み出す。
(助かった。朝からセックスはイヤだし…)この時ばかりは道代が神様に見えた。

「買われた人妻」第4話 仕置き

第4話 仕置き

 文夫は食事を済ますと事務所に出かけ、広い屋敷に2人だけが残されている。
「好恵さん。まずは部屋掃除からね」2人で広い屋敷内を掃除し、昼過ぎには終わった。
「買い物までは時間があるわね。暇だから見ましょうよ」道代は昨夜のカメラをテレビに繋いで再生しだした。

 「良く撮れているわよ、好恵さんも見ないと」見たくもないが、言われるままに画面を見つると自分の姿が映し出された。
(恥ずかしい。まるで売春婦みたいで…)黒いストッキングとガーターベルト、それに役目をしないブラジャー姿は確かに娼婦と同じだ。

 下を向いている好恵を後目に、道代は次々と映し出して「見て、入っているわよ」結合した画像を指さす。
(そんなの、見たくもないわよ!)唇を噛み、黙ったままだが、好恵の淫裂には文夫の肉竿がしっかり食い込んでいる。

 「これは絵になるわ。もっといいのがないかしら?」次々と再生し肉竿を咥えた姿が映し出される。
「これもいいわね。好恵さんはフェラが上手みたいね。本当は好きなんでしょう?」
(バカ言わないで、好きでやったんじゃないわ)相変わらず黙ったままだ。

 そんな好恵に「バッチりだ。これは傑作だわ!」大きな声に目を開けると淫裂から精液が漏れているシーンが見える。
「見ないで。恥ずかしいから見ないで下さい!」
「何も恥ずかしがる事はないわよ。見せるのはあなたの亭主だけだから」

 「そんな~。孝夫さんに、これを見せるなんて酷いです…」好子の目からは涙が落ちていく。
「仕方ないでしょう。これで上積み額が決まるんだから。それにしても、あなたのオ○ンコはいい形してるわね」白い液体も漏れている画面を見つめる道代だが「うっ、う!」好恵は嗚咽を上げだした。

 「何も泣く事はないでしょう。それより、こんな写真を見たら興奮してきから手伝ってよ!」
「手伝うって、何をですか?」
「鈍いわね。この写真を見ながら私も行くのよ」
「行くって、まさかオナニー…」

 「そうよ。そのまさかよ」驚く好恵を後目に、道代は箱を開けバイブを取り出すと下半身を剥き出しにした。
露わになった股間には、絨毛が短く生い茂り淫裂が覗いている。

 「これでやって!」バイブを渡すと足を開いて好きな画像を選んだ。
「これがいいわ。これを見ながら行くわ」好恵が馬乗りになって、腰を振る画面だ。
(1人ですればいいのに…)泣き顔のまま、道代の隣に座り淫裂にバイブを押し当てた。

 「スイッチも入れてして…」言われた通りにすると振動する。
「いいわ。凄くいい。この写真で行きそうよ」目を輝かせながら見つめる中、好恵はバイブでピストンを始めた。

 (その年でオナニーだなんて、変態よ!)黙ったまま動かし続けると、バイブが濡れだし「あ、あ、あ~。もっと早く、奥まで入れて…」道代は気持ちよさそうに声を上げている。
(変態だけではないわ。淫乱の毛もあるわよ!)言われるまま、動きを速め、奥まで入れると「行くわ、行く~!」背中を反らせ、動きを停めた。
(私の手で行くなんて…)肉竿を抜くと淫汁がベットリ付いていた。

 道代は暫く余韻に浸ってから「好恵さん。私の事変態と思ってるでしょう?」思わぬ事を言う。
「そんな、変態だなんて思ってません…」
「あら、そうかしら。淫乱女とも思ったでしょう?」
「そ、そんな事思いません…」見透かしたように言われ好恵は動揺している。

 「今夜はお仕置きよ。覚悟してね」ニヤリと笑うと剥き出しの下半身を隠し、部屋から出ていく。
「どうしてわかったのかしら。それにしても、お仕置きだなんて時代錯誤もいいとこよ」愚痴りながらも不安になっている。

 そして、6時近くになって文夫が帰宅した。
「好恵、母さんを侮辱したんだってな。今夜はお仕置きだぞ!」好恵を見るなり言う。
「そんな、侮辱なんてしていません!」
「嘘おっしゃい。私を変態と思ってるくせに」
「そんな事、絶対にありません!」

 「好恵、言っておくが、母さんは読心術の師範なんだ」
「そんな、読心術だなんて…」噂には聞いていたが、実在するとは信じていなかったからブルブル震えている。

 「あら、怖がらなくてもいいわよ。ちょっと痛い思いをするだけだから」
「そうだ、傷付けない程度にお仕置きするだけだ」文夫は怯える好恵の腕を掴んで仕置き部屋へと向かった。

 仕置き部屋に入ると、好恵の両手が後ろ手に縛られていく。

titisibari_20191004181959c76.jpg

「許して下さい、悪気があった訳じゃありません!」
「だめだ。体で反省してもらう」縛り上げると小さなテーブルに仰向けに寝かせ、足を開いたまま縛った。
「いい眺めだな。オ○ンコが丸見えだし」無毛の淫裂を撫でだす。
「許して下さい。悪気はありませんでした…」

 「言い訳してもダメだ。まずはこれで」虎鋏のようなのを乳房に付けると「ぎゃ~!」大きな悲鳴と共に体を動かし出した。
「痛いだろう。、オッパイに食い込んでいるしな」薄笑いを浮かべ、別な乳房にも付けると「ギャ~!」悲鳴がまた上がっていく。

 そこに、犬を連れた道代が現れた。
「あら、痛いのでしてるんだ。気持ちいいのでしようかと思ったのに…」
「それは後でだよ。まずは…」文夫はズボンを脱ぎ、膨らみきった肉竿を淫裂に押し込むと「ヒ~!」前戯無しの挿入に顔が歪む。

 「痛いか。こっちとどっちが痛い?」虎鋏を揺すった。
「ギャ~。オッパイが痛いです…」
「そうだよな。これくらいは我慢できるよな?」
「はい、我慢します」目を閉じ、裂かれる淫裂の痛みに耐えた。

 文夫は腰の動きを速めて登り切ったのか「出る、出る~!」叫ぶと動きを停める。
「お腹には許して下さい…」
「安心しろ。腹には出さない。出すのはオ○ンコだ!」それと同時に白い液体が淫裂から漏れだした。
「そんな、膣で射精だなんて…」レ○プ同然に涙が流れていく。

 「あら、泣いているんだ。だったら気持ちよくやって上げるね」道代は連れてきた犬を仰向けになった好恵の上に乗せた。
それには「許して、何でもします。ですから、犬とだけは許して下さい~!」叫んでいる。

 道代は暫く間をおいて「本当に何でもするの?」念を押す。
「はい、何でもします。ですから、犬とだけは許して下さい」
「それなら、お前の亭主の前でオ○ンコできるか?」
「イヤ、それはイヤです!」

 「それなら仕方ないわね」道代は俯せになった好恵の上に犬を乗せると、淫裂に腰を導いた。
「します、孝夫さんの見ている前でします。ですから早く退けて下さい!」股間に暖かみが伝わりパニックになっている。

 「約束するわよね。破ったら素っ裸で買い物をしてもらうからね」
「約束します。ですから早く退けて下さい」
「信用するわ」やっと犬が降ろされたが(孝夫さんの前でセックスするなんて)気が重かった。

「買われた人妻」第5話 夫の前

第5話 夫の前

 文夫は好恵との約束を実行する計画を練った。
「母さん。この日にしようよ!」カレンダーを見ながら道代と話すが(孝夫さんに、セックスを見られるなんて…)好恵は逃げ出したい気分になっている。

 「決まりだね。僕から言っておくよ」
「こっちのほうは、私がやるから」こうして、2人で決めると、孝夫を自宅に招待した。
何も知らない孝夫は屋敷に入るなり「いらっしゃいませ」ガーターベルトとストッキングだけを身につけた好恵に出迎られた。

 「好恵が素っ裸になってる…」驚いたのか目を丸くして、乳房や無毛の淫裂を見つめた。
(そんなに見ないで下さい。これには訳があって)言い訳したいが「旦那様がお待ちです」孝夫の顔を見ようともせず、下を向いたまま案内していく。

 後ろを歩く孝夫には、時折、太股の割れ目が見え(戻ったら、四つん這いでオ○ンコしてやるぞ)想像したのか、股間が膨らんでいく。
そんな事とは知らず(ヘアのない性器を見られている…)恥ずかしさに体を赤く染めて文夫の元へと案内した。

 「お待ちしていましたよ。桜井さん」
「家内が、お世話になっておりまして」
「そんな挨拶は抜きにしましょう、今夜は遠慮なくやって下さい」用意されたコップにビールを注いだ。

 文夫はそれを飲むと「お待たせしました」道代と好恵が料理を運んでくる。
「何も、こんなにしなくても…」
「そうは行きませんよ。今夜はお客さんですから」機嫌良く話す文夫だった。

 2人がビールを飲んでいくと「桜井さん、奥さんの写真ですが…」道代が撮った写真を並べた。
何気なく覗いたが「そんな、セックスを撮るなんて!」驚きの声を上げた。

 「何も驚かなくていいでしょう。男と女がする事ですから」平然としながら、好恵を隣に座らせ乳房を揉み出した。
それを孝夫は黙って見ているが「オッパイって、柔らかいんですね」見せつけるように乳首を吸う。

 それには好恵が「あっ!」と小さな声を上げた。
「どうしたんだ好恵。オ○ンコしたいのか?」
「はい、オ○ンコしたくなりました…」
「亭主の前だぞ。それでもやりたいのか?」
「はい。好恵のオ○ンコが疼いて、治まりが効きません…」

 「そんなにやりたいなら、やってやるからな!」文夫がズボンを引き下げ、下半身を露わにすると「旦那様、私にやらせて下さい。私がオ○ンコしますから」文夫を仰向けに寝かせ、馬乗りになると、淫裂を肉竿目がけて押しつけ腰を沈めていく。

 「あ、あ、あ…。チンポがオ○ンコに入った…」体を揺すりながら肉竿の全てを吸い込んだ。
肉竿が根本まで入ると好恵は腰を動かし出す。
「気持ちいいぞ、もっとやってくれ」文夫は満足そうに乳房を揉んでいく。

 「気持ちいいですか、私とのオ○ンコは?」
「ああ、最高だよ。一杯出したくなった」
「悦んで貰えて嬉しいです。旦那様のエキスでしたらオ○ンコで受け止めます…」心にもない事を言うが(孝夫さん、仕方がないのよ。こう言わないとお仕置きがされるから)作り笑いをしたまま腰を振るが「う、う、う!」と孝夫は嗚咽を上げだした。

 それは好恵にも聞こえる。
(あなた、許して下さい。これもあなたのためですから…)詫びながら腰を振っていくと文夫が登り切った。
「気持ちいいです。オ○ンコの中が感じます!」それと同時に白い液体が淫裂から漏れ出た。

 「出したぞ。見せてやれ!」
「あなた。オ○ンコに射精されました…」さすがに泣き声になっている。
「好恵さん、それじゃわかりませんわよ。立って見せないと」
それには顔を強ばらせたまま「奥様、これでいいのですか?」文夫から降りて立った。

 「ダメよ、オ○ンコの中が見えないでしょう。足を開いて手で広げないと」
(そんなのイヤよ。セックスだって、嫌々したのに…)好恵は言われた通りに足を開き、指で淫裂を広げた。
すると、白い液体が垂れ出し「あなた、見て。こんなにオ○ンコに出されたの…」途切れ途切れに言う。

 「もういい。見たくもない!」孝夫も泣き出した。
「好恵さん、やり方が悪いから機嫌が悪くなったわよ。お詫びに、お口でしてあげて」
「わかりました…」

 返事をすると孝夫の前に膝を降ろして「失礼しました。お詫びに私のお口で…」チャックを引き下げた。
「な、なにもそんな事など…」動揺するが、好恵は肉竿を掴み口に含んだ。
「やめろ、人前だぞ…」そう言うが、刺激を受けた肉竿は使用可能なまでに膨らんだ。

 それでも好恵は「ウグ、ウグ!」口を動かすと「あ、あ、あ~。やめるんだ…」上擦った声になっている。
「桜井さん、そんな遠慮はなさらずに。なんなら、ご一緒しましょう」放出したばかりの文夫も、使用可能なまでに膨らんでいる。

 「好恵、四つん這いになるんだ!」言われた通り、肉竿を口に入れたまま四つん這いになった。
「行くぞ!」文夫の肉竿がヌルヌルした淫裂に押し込まれる。
(今日だけは入れないで下さい…)これ以上、恥ずかしい姿を見せたくなかったが、肉竿で突かれると「うっ、うっ!」呻き声を漏らしていく。

3p_4530-045s.jpg

 「好恵さん、自分ばかり気持ちいい思いはダメよ、お客様にも気持ちいい思いをしてもらわないと」そう言われれば「ウグ、ウグ!」淫裂を突かれながら口を動かし続けた。
やがて「出る、出る~」2つの肉竿が放出し、淫裂から流れ出た液体はストッキングを濡らし、口からこぼれた液体は、糸を引き涎のようになっている。

 「好恵。下がっていいぞ!」淫裂から液体を垂らしながら出ていくが「桜井さん、なにか、ご不満でもおありで?」文夫が尋ねた。
「そんな、不満だなんて…」口が濁っている。
その後も2人はビールを飲み、孝夫は10時に帰った。

 孝夫が帰ると好恵は声を上げて泣き続けた。
「好恵、いくら泣いたって無駄だ。お前はもう戻れないだろうな」
「戻れます。孝夫さんはきっと、わかってくれます!」
「そうだといいんだがな。とにかく、約束は守ってもらうからな」

 「今日は許して。膣が痛いんです」
「まだ2回しかやってないぞ」
「それはそうですが…」痛みに顔を歪めるが容赦なく、肉竿で突かれていく。
(痛いだけなのに…)堪えていると、暖かい液体が流れ(また射精だ。これでは間違いなく出来ちゃう…)好恵は不安だ。

 | HOME |  次の記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん