FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「奥様はエッチがお好き」第1話 満足度調査

登場人物
 
      宮下淳子:主婦        大鳥啓介:医学研究員
      〃 雄一:会社員       桜井百恵:主婦

第1話 満足度調査

 「あなた、いいでしょう?」まだ若い女性が、男性の布団の中に潜り込んだ。
女性の名は宮下淳子と言い、結婚して3年になるが、まだ子供はいない。
夫は雄一と言って会社員をしており、疲れ切った顔で「今夜もか…。昨日もやったぞ」うんざりと言った顔をしている。

 「だって、あなたに愛されたいの。お願いだから、私を抱いて欲しいの」女性は潜り込むなり、着ていたネグリジェを脱いで、全裸になっていく。
「仕方いないな。淳子はわがままなんだから」男性も不自由な姿勢で脱いでいく。

 そして、全裸になった2人は布団の中で抱き合った。
「入れて。これが欲しいの…」萎縮した肉竿を擦っていくが、なかなか膨らみはしない。
「淳子、無理だよ。指でしてあげるから…」男性は勃起しないとわかり、指を淫裂に入れて、動かし出した。

 「いいわ、凄くいい…。オッパイにも…」喘ぎながら催促していく。
それに従うかのように、乳房を吸われながら、淫裂の中を指が動き出した。
「して…。っと欲しい…」淫汁を流しながら、譫言のように言うが(指じゃイヤよ。オチンチンでされたい…)満たされない欲求に、憤りを感じていた。

 そんな淳子も、翌朝にはいつものように食事を作り、雄一を会社に送り出すと、家事をしていく。
そこに「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
ドアの覗き穴から見ると(いけ面だわ。可愛い顔してる!)浮き浮きしながら「どちらですか?」と声を掛けた。

 「医師の卵です。アンケートをお願いに、参りました」
(医師の卵だなんて。話だけでも聞いてやろうかしら)顔を見て判断したのか、ドアを開けた。

 「お忙しい所、申し訳ありません。家庭の性愛について、調査しております」
「性愛ですか?」
「はい。最近、性がないがしろにされておりますので、正しく理解して貰おうと思いまして…」

 「それで、どのようなアンケートですか?」
「満足度です。ご夫婦の関係の満足度を、測らせていただきたくて参りました」
「セックスの満足度を、器械で調べられるの?」
「はい、調べられます。ですから、是非、ご協力を…」
「わかった、調べてもいいわよ」淳子は若い男を中に入れた。

 「奥さん。早速ですが、横になって貰えませんか?」男の言われるまま、淳子はマットに仰向けになった。
すると、アルミケースを開けて、リード線を額や腕に取り付けていく。

 「申し訳ありませんが、太股にも付けたいのですが…」
「スカートを脱げと言うの?」
「はい。できればの話です…」若い男は言いにくそうだ。
(どうしよう。エッチなパンティを履いているし。でも、可愛い子だから…)

 「わかった、脱ぐわよ」腰を浮かせて、スカートを引き下げていくと、超ビキニのパンティが露わになったが、生地も薄いから黒い絨毛が透けて見えた。
(イヤだ、オチンチンを膨らませて。噂通りで、男はこれに弱いんだ…)膨らんだ股間を見つめていると、恥ずかしいのか手で押さえながら、リード線を太股に取り付けた。

 (何も、隠す事無いわよ。男だったら当然だから。でも、可愛いわ。私のパンティ見て、オチンチンを膨らませるなんて…)満足げに見ていると「奥さん、始めますので、
リラックスして下さい!」測定が始まった。

 スイッチが入れられると「カチャ、カチャ!」断続音が響いていく。
「奥さん、まずは感度を調べます」パンティ越しだが、淫裂部分に丸い振動器を乗せた。
(なによ、これ。振動が膣に響いてくる!)心地よい振動に、淫裂も熱くなって濡れていく。

518f538f.jpg

 (どうしよう。濡れたのを見られたら、恥ずかしいし…)目を閉じたままジッとしていると、男は記録紙に記入してから、振動を大きくした。
(ダメ、そんな事されたら…)声を出すまいと堪えるが、腰が勝手に浮き上がって、動いていく。
だが、男はジッと、計器を見つめて記録した。

 「次は、直にやります…」
「直にやるって、まさか性器に入れるの?」
「はい。医学のためですから、是非ご協力を!」
「そんな事言っても、性器を見せるなんて、恥ずかしいし…」

 「そこを、何とかお願いします。私も出しますから!」
「出すって、オチンチンをですか?」
「はい、奥様だけに恥ずかしい思いはさせません。ですからご協力を…」そう言ってズボンを下げ、下半身を剥き出しにした。
淳子はそれを見るなり(凄い。カチカチになってる!)声も出せない。

 「奥様、ご協力を…」
「いいわ、協力する。でも、レ○プはしないで。それに、あなたが、脱がして!」
「ありがとうございます」礼を言ってパンティを引き下げ、足から抜いた。
(膨らんだ。また、膨らんだ!)露わになった淫裂に、肉竿が更に膨らんで、反り返っている。

 (あれでされたら、気持ちいいだろうな…)恨めしく思いながら、測定を待っていると、淫裂の中に冷たい異物が押し込められ「始めます!」スイッチが入れられた。
スイッチが入れられると、膣の中で振動が始まり「あ、あ、あ~!」堪えきれず声を上げ、腰が動き出した。

 異物はバイブだった。
「奥様、凄く反応してますよ。かなり、欲求が溜まってるようですね」
「そ、そうなの。夫が相手してくれなくて…」淫裂からは、淫汁が流れている。

 それを見たのか、バイブをゆっくりと動かし始め、淳子の腰が合わせて動いていく。
(気持ちいいわ。もう、どうなってもいい…)手を伸ばして、バイブを動かす男の肉竿を掴んだ。

 「でます。そんな事されたら、でちゃいます…」
「出してもいいわよ。お口でしてあげるから」
「それじゃ、あまりにも失礼です」
「そんな事ないわ、遠慮しなくていいわよ」手の動きを速めた。

 やがて「でます、でます!」登り切ったのか、肉竿を淳子の顔に押しつけてきた。
「頂戴!」それを口に入れて唇で擦っていくと「あ、あ、あ~!」雄叫びを上げ、喉奥に噴射した。
「でちゃいました…」申し訳なさそうに言うが「いいの、男はそれが普通よ。気にしなくていいからね」口の周りを拭いていく淳子だ。

 男はその後、乳房にも振動器を当てて計測し始めた。
「服の上からでいいの?」
「直にやりたいのですが、奥様にこれ以上、迷惑は掛けられませんし…」
「遠慮しなくていいわよ、オ○ンコまで見られたんだから、オッパイだって平気よ」自分から脱いで全裸になっていく。

 「これでして!」
「わかりました」乳首に振動器が乗せられ、計られていく。
(気持ちいいわ。どうせなら、抱かれてされたい…)放出をすませ、萎縮している肉竿を恨めしそうに見つめている。

 こうして、淳子の測定は1時間程で終え、2人は元通りの姿でコーヒーを飲んでいる。
「名乗るのが遅れましたが…」名刺を差し出した。
「性愛研究所…研究委員…大鳥啓介さんですか…」
「はい、そうです。ご夫婦の不満を解消しようと、研究しております」

 「他には、どんな研究をしてますの?」
「夫婦が、同時に登り切るのを研究してます」
「で、どのようにしてますか?」
「研究中なんですが、何せ、実験したくとも相手がいなくて…」

 「面白い事を、なさっているんですね」
「それでしたら、一度おいでになりませんか。もっと、調べたい事もありますから」
「わかりました。明日にでも、伺います」淳子は約束した。
スポンサーサイト
[PR]

「奥様はエッチがお好き」第2話 人体実験

第2話 人体実験

 翌日、淳子は大鳥から教わった場所へと向かった。
「ここだわ、看板があるし」建物の前には「性愛研究所」の看板がある。
「こんにちわ!」ドアを開けて、中に入ると白衣を着た男性が3人おり、全裸の女性もいる。

 「全裸だなんて…」驚いて見ていると「来てくれましたか。これから実験を始めますから見ててください」椅子に座らせる。
(何の実験かしら?)不思議そうに見ていると、白衣を着た1人が脱ぎだした。
「もしかして…」期待含めてみていると、思った通りに全裸になった。

 (凄いわ、あんなに太くて…)女性だから当然肉竿が気になっている。
淳子が見ていると、男女の2人に、計器からでているリード線が付けられた。
「準備が出来ました!」合図が送られると全裸の男女は唇を重ね合いながら、お互いのシンボルを撫で合う。

 (セックスだわ。セックスするんだ!)興奮で鼓動も高まっている。
唇を重ね合った2人は、ベッドの上に倒れて、男が胸に顔を埋め、乳房を揉み出した。
それに、腰を押しつけて、ゆっくりと動いていく。
(始まったわ。これを見ない手はないし…)見逃すまいと、結合部を見ている。

 やがて、男は腰の動きを速めると「あ、あ、あ~!」気持ちよさそうに声を上げ背中を反らせていくが「奥さんが上になって下さい」体を入れ替えさせられ、女が上になって腰を振り出した。
「いいわ。凄くいい!」乳房を揉まれながら腰を振っているが、淫裂からは淫汁が流れている。

 それでも、腰を振っていたが「ダメ、限界!」叫ぶなり、倒れて男に抱きついた。
それを見て「休憩!」声があがり、実験が中断された。
実験が中断すると「驚いたでしょう」大鳥が淳子に話しかけてきた。
「はい。まさか、セックスするなんて、考えていませんでしたから…」横目で、まだ抱き合っている2人を見つめて言う。

 「これも役にたつんですよ。お互いに満足する為に…」
「そうですよね。片方だけ満足したって、仕方ありませんしね」自分の事をさておいて言う。
2人が暫く話していると「実験を始めます!」声が掛かってまた男女が抱き合いだした。

 そして、色々な体位で結合していくが「もうダメ、限界。もうダメ!」女性が行ってしまった。
「困ったな。後ろからの実験が残っていたのに…」大鳥は困った顔をしている。

 それを聞いて「後ろからって、四つん這いですか?」尋ねた。
「はい、四つん這いです。あれがメインだったんです…。どうしてもやりたいんです、もし出来たら、奥さんに…」
「私に、セックスしろとでも?」

 「はい、迷惑は一切掛けません。それに避妊にも責任もってします!」
「でも、セックスだなんて…」
「医学のためです。この実験で幸せな家庭にしたいんです。ですから、是非、お願いします」大鳥が頭を下げた。

 (どうしよう。セックスしてもいいけど、淫乱と思われるし…)迷ったが「わかりました、医学のためならやってみます。でも、相手は大鳥さんでお願いします」
「ありがとうございます。早速準備します」淳子が承知すると、準備が始まった。

 「淳子さん。こっちで準備して下さい」カーテンで区切られたスペースに案内された。
「大鳥さん。恥ずかしいから、あなたも一緒にここで脱いで下さい」
「わかりました。そうしましょう」2人は狭い空間で脱ぎだした。

 淳子はスカート、シャツと脱いで下着だけになったが、大鳥はもう全裸になっている。
「大鳥さ、背中のホックを外して貰えませんか?」背中を向けると「おやすいご用で!」ホックが外され乳房が揺れていく。
「ついでに、パンティもお願いします」
「わかりました」大鳥は淳子に言われるままの事をして、パンティを引き下げた。

datui_20200106075541479.jpg

 「これで、いいですよね?」向き合うと肉竿が膨らみきり、反り返っている。
(あれでされるんだわ、早くされたい…)はやる気持ちを抑えて「ええ、これでいいです」手で胸と股間を隠した。
「それじゃ、始めましょう!」2人はカーテンを開けて出た。

 2人が出ると「準備します」手首や足首、額と、リード線が取り付けられていく。
それが済むと「奥さん、いいですか?」大鳥が唇を重ねてきた。
(いいわ、この感じがいい。雄一さんとは全然違っている…)新鮮な感じに気がはやっている。

 唇を重ねた後は、ベッドに寝かせて乳房から愛撫を始めた。
「あ、あ、あ~!」敏感な部分を丁寧に扱われ淳子も満足だ。
(気持ちいいわ、早く入れて欲しい…)その願いが通じたか、上に乗った大鳥が腰を押しつけてきた。

 (膣にオチンチンが入った…)肉竿が小刻みに、ピストンしながら入り込んできた。
(上手だわ、こんなセックスなら、いつしていい…)淳子も腰を密着させて、催促していく。
やがて、根本まで入り込むとピストンが始まった。

 「あ、あ、あ~!」声を上げ、淫裂からは淫汁を流している。
大鳥はピストンしながら乳房を揉むのを、忘れてはいない。
時折、指と指の間に乳首を挟んで潰していき、それには「うっ!」呻き声も上げ痙攣させている。

 「奥さん。もういいですよね、後ろからで!」
「いいわよ、四つん這いでしょう?」淳子が四つん這いになると、腰を押さえられて肉竿を押し込まれた。
「あ、あ、あ~!」前にもまして、声が大きくなっている。

 それに髪の毛も振り乱し、乳房を揺らせている。
(いいわ、凄くいい。もっと奥まで入れていいのよ…)腰を後ろにずらして深い結合を求めていくと、腰を突きだして、それに応えている。
淳子は恥ずかしさなど消え失せ「いいわ、いいわ!」声を上げていた。

 しかし「奥さん、もうダメ、限界です…」大鳥が登り切ってしまった。
「そんな。まだ、行っていないのにしたいのに…」不満を言うが肉竿が抜かれて背中に放出された。

 「奥さん、交代します。いいですか?」
「いいわよ、これも医学のためですから」
「そうです、医学のためです」別な男が腰を押さえて肉竿で突きだした。
「あ、あ、あ~!」声を上げ、髪の毛を振り乱しながら、淫汁を流している。

「奥様はエッチがお好き」第3話 目隠し

第3話 目隠し

 こうして、淳子は3人の研究員と抱き合った。
騎上位、横臥位、駅弁、正常位と色々な体位で結合してデータが取られた。
実験が終わった時には、淫裂が尿を漏らしたかのようにビッショリに濡れている。

 「奥さん、ご協力ありがとうございました。せめて、シャワーで体を洗わせて下さい」淳子は大鳥と一緒にシャワー室に入り、シャワーを浴びていく。
「体も洗わせて下さい」大鳥の手が淳子の体の隅々まで撫でていく。
特に、乳房と淫裂は丁寧に撫でて(ダメ、また欲しくなっちゃうから…)口をパクパクさせ、声を出すまいと堪えている。
そんな淳子の気持ちを知ってか知らずか、洗い続けた。

 そして、シャワーを浴びた後、服を着て皆の元に戻ると「粗茶ですが…」お茶が出される。
「ありがとう」礼を言って飲見ながら見渡すと、女性も服を着ていた。
淳子は気になって「あの、どうしてこのような実験に?」尋ねた。

 「医学の為よ。あなたもそうでしょう?」
「はい、そうです。決して不純な考えからではありません…」
「わかっていますよ。ここに来る人は、医学の進歩を願ってきていますから」女性は自分がしている事を正当化し、淫乱ではないと言いたそうだ。
(私だってそうよ、でも、気持ちよかったわ。3人とのセックスなんて楽しいわ)言いたいが黙っていた。

 暫く女性と話していると「淳子さん、また協力して貰えないでしょうか?」大鳥から言われる。
「何時ですか?」
「奥さんの都合のいい時で結構です。今度は変わった志向でデータを取るつもりです」

 「変わった志向ですか…」
「はい、今は言えませんが、後で連絡します」
「わかった、出来るだけ、協力するわ」
「ありがとうございます」大鳥達が頭を下げた。
「私も協力するわよ」女性も承知し、大鳥達はまた頭を下げた。

 その夜、淳子はいつものように雄一と一緒に寝たが、欲求が満たされており、行為を求めてはいない。
雄一もその気がないのか、抱こうとはせず、何もなく夜を明かした。

 翌朝「淳子、明日から出張なんだ!」突然言い出した。
「そんな、突然言われても困るわよ」
「昨日、言い忘れて。とにかく頼んだよ」

 「どれくらい、掛かるの?」
「3日だよ。日曜日に帰ってくる!」
「わかった、準備しておく」雄一を見送ると、バックに着替えなどを準備していく。

 「3日も留守だなんて…」溜息をつくと、大鳥の事を思いだした。
「そうだわ、この際だから…」期待を込めて電話を掛け「そうです、明日なら…」実験の協力を申し出た。
電話がすむと「これで、寂しくなく過ごせるわ」笑顔になって家事をしていく。

 そして、雄一が出張で出ていき、見送った淳子は準備をしていく。
「見られても、いいようにしないと…」丁寧に体を洗い、下着も選んでいく。
「これがいいわ。エッチだし」派手なパンティとブラジャーを身につけて家を出て研究所へと向かった。

 淳子が研究所に着くと、いつもより研究員が多くいて戸惑った。
(こんな大勢に見られるなんて、恥ずかしいわ)躊躇していると「準備をお願いします」大鳥から催促される。
「わかりました」覚悟を決めるとカーテンの中に入り脱いでいく。

 「せっかく、これを着たのに…」愚痴りながらブラジャー、パンティと脱いで、全裸になってカーテンから飛び出すと「イヤだ、こんな事するの?」声を上げた。
「はい、今回は趣向を変えまして。早速始めます」大鳥は淳子に目隠しする。

 更に、両手を鉄棒に縛って自由を奪い、それが済むと計器からのリード線を体に取り付けた。
「奥さん、行きますよ」唇を重ねて来た。
(いよいよ、セックスできるんだわ)期待が膨らんでいくと、それに応えるかのように乳房が撫でられていく。

mekakusi.jpg

 (そこだけじゃイヤよ。乳首や、あそこにも…)その思い通りに両乳首も吸われる。
(2人だわ、2人でしている!)口をパクパク動かしていると「あ、あ!」喘ぎ声を上げた。
(性器にもされている…)淫裂も舌でなめられだした。

 それだけでは治まらず、尻も撫でられていく。
(何人でしているのよ!)快感と不安が交錯するが、膣の中だけは快感で濡れていく。
(してよ。オチンチンでしてよ!)腰が動き始めた。

 それを待っていたのか、肉竿が後ろから淫裂を突き刺し始め「あ、あ、あ~!」声を上げ、背中を反らせた。
肉竿がピストンしていくと、新たな指でクリトリスが撫でられる。
「ダメ。そんな事されたら…行っちゃう…」淳子の腰が動き出す。

 それでも、乳房とクリトリスから指は離れない。
(行っちゃう。このままでは行っちゃう…)楽しみで来たのに、こんな簡単に行きたくはなかった。

 それが通じたのか、肉竿の動きが停まった。
「ダメ。外よ、外に出して!」慌てて肉竿が抜かれ、その瞬間に背中に暖かいのを感じた。
(よかった。背中への射精なら安心だし…)安心していると、また肉竿が押し込まれた。

 (同じやり方はイヤよ、どうせなら別なのでしてよ)不満に思うが肉竿が動き出すと「あ、あ、あ~!」声を上げていく。
それには、肉竿もピストンを速めて「クチャ、クチャ!」淫裂からは音もだけでなく、淫汁も流れている。

 (気持ちいいわ。このまま行きたい…)そんな淳子の気分を害するかのように、突然肉竿が抜かれた。
(抜かないで。もっと続けてよ…)と叫ぶ寸前に「奥さん、ちょっと痛いかも知れません」両足が持ち上げられ広げられた。
(何するのよ。そんな事したら、あそこが見えちゃうわよ!)

 その通りで、ぶら下がったまま、限界まで足を広げられているから、絨毛の中にある淫裂が開ききっている。
(見られている…。性器の奥まで…)恥ずかしさが込み上げ、膣の濡れが増していく。

 そんな膣に、肉竿が押し込まれた。
(そうよ。それでいいの…)また快感で満たされ出した。
「クチャ、クチャ!」ピストンが始まると、肉竿は奥深く入っていく。
(凄い、子宮の奥まで入ってくる…)結合の深い体位だから、胎内の奥まで突き刺している。

 「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げて堪えていると、肉竿が抜かれた。
「抜かないで。もっと入れて!」抑えが効かず叫んだ。
「交代します。出ちゃいましたから…」言い終わらない内に、また肉竿が入ってきた。
こうして、実験が終わるまで「あ、あ、あ~!」と淳子の喘ぎ声が停まる事はなかった。

「奥様はエッチがお好き」第4話 言葉の辱め

第4話 言葉の辱め

 実験が終わった。
淳子の淫裂は、淫汁でドロドロになっている。
鉄棒に縛られた両手が解かれ、シャワーを浴びてから戻ると女性がいた。

 「私も医学発展のためにの来ましたの」言い訳じみた事を言いながらカーテンの中に入っていく。
淳子は気になるのか「見学させて欲しのです…」頼み込んだ。

 「かまいませんよ。協力いただいたし」
「ありがとう、邪魔はしないわ」その言葉通りに、片隅で椅子に座って待つと、カーテンから女性が出てきた。

 「今回は、言葉で辱める実験です」そう言うと、淳子の時と同じく両手を鉄棒に縛り、正面に大きな鏡を置いた。
(鏡でどうする気かしら?)考えていると実験が始まった。

 「奥さん、見てください。オッパイを揉んでいますよ」2人が両乳房を揉んでいる。
「見て下さい。見ないとダメです!」
「見たくない…。見るのは許して…」
「ダメです、最後まで見ないと。オ○ンコも触りますからね」

 「イヤ、やめて。触らないで!」鏡に映る姿に声を上げている。
しかし、興奮しているのか乳首も膨らみ、淫裂が汁で濡れているが、それでも言葉による辱めが続けられていく。

 「入りましたよ。奥さんのオ○ンコに」
「ヌルヌルですよ。好きなんでしょう、オ○ンコするのが」
「正直に言わないと。『オ○ンコして下さい』って」次々と辱めの言葉が投げられたが、満足そうな顔をし、流れた淫汁が太股を濡らしていた。

 「もっと下さい…オ○ンコにチンポを…」鏡をうつろな目で見つめながら言われた事を言う。
(言葉で辱められても、感じるのなんて…)淳子も知らぬ間に膣の中が濡れていた。
「欲しい…もっと…私はスケベです…」肉竿のピストンを受けながら言っている。

 こうして、女性は辱めの言葉を受けながら登り切り、実験が終わった。
実験が済むと女性はシャワーを浴びに向かう。
「言葉でも感じるなんて…」興奮が冷めない淳子に「誰でもその毛があります。ただ、理性が働いて…」大鳥が解説した。

 そして「奥さんもやってみませんか?」協力を求めた。
「かまいませんが、我慢できるかしら…」
「大丈夫ですよ。悪いようにはしませんから」
「わかったわ。明日も来るから、していいわよ」
「ありがとうございます」協力する淳子に礼を言う大鳥だ。

 翌日、約束した通りに研究所に向かった。
研究所に入ると「準備するわね」カーテンの中に入ろうとしたが「奥さん、今日は違います。ここで脱いで下さい」と言われる

 「人前で脱ぐの?」
「そうです。恥ずかしい事を体験して貰いますから」
「わかった、ここで脱ぐ…」白衣を着た男達の前で淳子は脱ぎだした。

 スカート、シャツと脱いでいくとカメラが向けられていた。
「撮らないで、写真はイヤ!」
「イヤ、撮ります、奥さんのオ○ンコ丸出しを!」
「脱がないわ。そんな事するなら、絶対に脱がない!」

 「これも実験です。悪いようにはしません。信用して下さい!」大鳥が説得する。
「わかった、脱げばいいのね」カメラを向けられながら淳子はパンティを引き下げた。

nugu.jpg

(撮られた。性器を撮られた…)体の震えが停まらない。
(今まで、こんな事なかったのに…)確かに、裸を晒して震えたのは今回が初めてだ。

 「手を退けて!」
「こ、ここも撮るの?」
「はい、指で広げて下さい」
(イヤよ、性器の中まで撮るなんて…)やりたくないが、言われた通りに指で淫裂を広げた。

 「いいですよ。チンポの入る穴まで撮れて!」シャッターが押された。
(性器の中まで撮られた…)興奮が高まり、淫裂の中が濡れだし、それは淳子も感じている。
(ヌードを撮られても感じるんだ。私って変態かしら?)カメラを見つめながら考えている。

 そんな淳子に「奥さん、チンポをなめて下さい」フェラを求めた。
(なめるだけなの、入れて欲しいのに…)言われるまま肉竿をなめると撮られた。
その後、横に寝かされて乳房を揉まれていく。
(そうよ、それでいいの。もう、入れていいわよ…)足を開いて迎え入れた。

 それに応えるかのように、淫裂に肉竿が入るとシャッターが押される。
(撮らないで。撮らなくていいわよ)
「奥さん、オ○ンコしているのも撮らせて貰うからね」わざと言葉で辱めながらシャッターを押している。

 (恥ずかしいわ。セックスを撮られるなんて…)淳子の膣が更に燃えだし「入れて、もっと奥まで!」腰を押しつけて深い結合を求めた。
「四つん這いでやろうよ。そのほうが深いし」言われるまま四つん這いにると、肉竿が押し込まれて「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げていく。

 (撮られているわ、もう撮らなくていいのに)カメラに不満だったが体は燃え上がってしまった。
(感じるわ…。写真を撮られているのに、感じるなんて…)淫裂から流れる淫汁が停まらない。

 写真はなおも撮られた。
「イヤ、もう撮らないで!」駅弁で抱かれていると撮られた。
その後も、相手を変えて淫裂に肉竿を入れられていくと、シャッターが押された。

 「奥さん終わりました!」実験の終わりを告げられたが、淫裂の興奮はまだ治まっていない。
「これで終わりなの?」
「はい、そうです」

 「イヤよ、こんな実験。もっと別なので…」
「わかっています。その前に!」カメラを開けた。
「フィルムが入ってない!」
「そうです、あくまでも実験ですから」大鳥はそう言うと淳子を寝かせて抱きついていく。

 「行かせて。行きたいの…」淳子も大鳥を迎え入れた。
大鳥は肉竿のピストンを速め、登り詰めると相手が変わり、実験した男の皆が淳子を抱いた。
(気持ちいいわ、行きそう…)淳子は、また淫汁を流しだした。

 そして、日曜日に雄一が出張から戻ってきた。
「淳子、いいだろう?」珍しく雄一が淳子を求める。
(仕方ないわ。雄一さんとしないと怪しまれるし…)淳子は雄一に身を任せてされるがままにしている。

 しかし、雄一の愛撫にも体が反応しない。
(つまんないわ。あそこでは凄くよかったのに…)満たされず不満が募っている。
やがて、雄一だけが登り詰めて胎内で噴射した。

 「凄くよかったわよ。あなた!」
「俺もだよ。凄く感じた!」雄一は満足そうに言うが(明日も行ってみようかな?)研究所が頭に浮かんでいる。

「奥様はエッチがお好き」第5話 アドバイス

第5話 アドバイス

 淳子は思い立つと、翌日も研究所を訪ねた。
「こんにちわ、今日は実験しないの?」
「したいのですが、協力者が見つからなくて…」

 「いないなら、して上げようか?」
「是非、お願いします。今日は淫汁の採集を予定してまして…」
「淫汁ですか…」
「はい、セックス中に流れるお汁です」

 「それを取るの?」
「はい、これで!」肉竿に似た樹脂を見せた。
それを見て「これを入れても、大丈夫なの?」心配顔だ。
「ゆっくりします。ですから是非、ご協力を!」

 「わかった。協力するわよ」スカート、パンティと脱いで下半身を剥き出しにして仰向けに寝た。
「足を開いてください」言われた通りに足を開くと、淫裂が撫でられていく。
(オチンチンでされたいのに…)期待が外れだが、指は優しく撫でていく。

 そして、樹脂がゆっくり押し込まれた。
「あ、あ、あ~!」すかさず、声を上げ腰が動いていく。
「動かないでください!」腰が押さえられ、なおも押し込まれていく。

 (む、無理よ、声も出ちゃう…)樹脂は振動もしていた。
(膣の中が濡れて行く…)目を閉じて声を出すまいとしている。
 そんな事などお構いなしに、樹脂はピストンを始めて行く。
すると、淫裂が反応して淫裂から汁が流れ出し、その汁を吸引機で吸い取っていく。
(いいわ、凄くいい。オチンチンもいいけど、これも凄くいい…)吸引機が淫裂を刺激している。

 「奥さん、速めますよ」淫裂の濡れ具合を見たのか、樹脂の動きが速まり「あ、あ、あ~!」腰も動いてしまう。
すると、研究員が2人掛かりで太股を押さえつけた。
「動かないで下さい!」また注意されたが(無理よ、我慢しろと言う方が無理なのよ…)淫汁を流しながら、手で乳房を揉みだした。

 それを見て「気が付きませんでした!」謝りながらシャツを広げ、乳房を露わにすると揉み出す。
(そうよ、それでいいの。乳首にも忘れないで)意志が通じたのか乳首も吸い出す。

 それには当然「あ、あ、あ~!」腰が動いて力で抑えられた。
(気持ちいい。これなら癖になりそうよ)満足な顔をしている。
やがて、流れる淫汁の量も多くなってきた。

 「行かせて、お願い行かせて!」背中も浮いてきた。
「もう少しです、もう少し取ってから…」淳子を押さえつけるが、容易ではなくなって来た。

 「奥さん、わかりました。ご協力いただいたお礼に私が…」大鳥がズボンを脱いで覆い被さる。
「行かせて。このままではイヤよ!」
「わかっています。行くまで交代でしますから」肉竿を押し込んできた。

 (そうよ、もっと深く、それに早く…)淳子は無意識に大鳥を抱きしめた。
それに、応えるように肉竿がピストンしていく。
「あ、あ、あ~!」声を上げ、腰を動かすが、誰も停めない。

 やがて「交代、限界…」大鳥と入れ替わって別な肉竿が入り込む。
「いいわよ、いいわ!」淳子は声を上げ抱きしめた。
こうして、研究員の皆に淫裂を突き刺された。

 お礼が済むと、淳子は服を着ながら「大鳥さん、私が一番感じたのは何なの?」気になるのか尋ねた。
「奥さんの場合は、四つん這いで後ろからするのと辱めですね」

 「辱めですか?」
「そうです。ビデオや写真がいいですね。それに、ひょっとしたら…」
「ひょっとしたら何ですの?」
「言いにくいのですが、ヘアです。旦那さんにヘアを剃って貰うのもいいかも知れませんよ」

 「ヘアを剃るんですか?」
「はい。きっと、旦那さんが興奮して凄いと思いますよ。奥さんも剃られると興奮するタイプですから」
「そうなんですか、私はヘアを剃ると感じるタイプですか…」信じられないといった顔をした。

 確かに四つん這いで後ろからされると凄く燃えるのはわかっていたが、辱めを受けて感じるとは思ってもいなかった。
淳子が呆然としていると「今夜にでも、試してはいかがでしょうか」大鳥からヘアを剃るよう勧められた。

 それには「やってみようかしら。今夜あたりに」その気になっている。
研究所から戻るとすぐに準備を始めた。
「カメラだったわね、確かあったはずよ」雄一が持っていたカメラを捜していく。

 「あったわ、うまく撮れるのかしら?」試し撮りをして行く。
「電池がないわね、買って置いた方がいいわ。後はカミソリだけど…」大鳥から受けたアドバイス通りの準備を始めた。

 そして、夕食を済ませると淳子は行動を起こした。
テレビを見ている雄一の前に立ち「お願い、私のヌードを撮って欲しいの…」カメラを渡した。

 それには「本気か、裸を取るんだぞ!」驚き顔をしている。
「本気よ。どうしても、あなたにヌードを撮って欲しいの」それだけ言うと脱ぎだした。
「いいんだな、撮るよ!」カメラを構える雄一も興奮している。

 (本当だわ、雄一さんも興奮してる。膣も熱くなってきたし…)淳子も脱ぐに連れ興奮が高まっている。
その興奮を味わいながら、パンティ、ブラジャーを脱ぎ全裸になると雄一の前に立った。

e14020603s_20200106081413dcd.jpg

「綺麗だよ。凄くいい!」興奮しながら淳子の全裸をカメラに収め続けた。

 雄一はポーズを取らせ、淫裂を広げさせる。
(恥ずかしい。性器の中を撮っている…)意志とは反対に膣の中が濡れている。
(本当だわ、濡れている。早くヘアを剃らせないと…)意を決め「あなた、これを剃ってもいいわよ」絨毛を摘んだ。

 「淳子、いいんだね。やっても!」
「いいわよ、すぐ生えるから」
「わかった、今夜はタップリするからね」カメラを置くと淳子が準備したスプレーを絨毛に吹きかけ、手で伸ばしていく。

 時折、指が淫裂に入り「あっ!」と声を上げている。
「淳子、気持ちいいよ、こんな事出来て」
「これからもしていいわよ。したかったらだけど…」
「勿論だ。これからもやるよ」雄一は笑顔で手で伸ばし、カミソリを持った。

 そして、絨毛に押し当てて剃っていく。
「ジョリ、ジョリ!」半分程剃ると淫裂が見えてきた。
「淳子、撮るよ」また、カメラで撮りだした。
(写真はいいわよ。早くエッチしましょうよ)我慢してカメラに収まった。

 「淳子、お前がやれ!」
「え、私が剃るの?」
「そうだ。俺が撮るから」
「わかった。私がやるわ」カミソリを持って剃りだした。
(変な感じだわ、ヘアを剃るのが撮られるなんて…)自分でも不思議だったがカミソリを動かし続けて淫裂を剥き出しにした。

 「いいよ、凄くいい!」無毛になった淫裂を撮っていく。
「あなた、我慢できない、早くしましょうよ」
「わかった、やろうよ」雄一は服を脱いで抱きついた。
「して、いっぱいして!」淳子も抱きつきた。

 「入れるよ。我慢できない!」
「入れて。私も欲しいの」2人の結合が始まり「あ、あ、あ~!」と淳子は深夜まで声を上げ続けた。

 | HOME |  次の記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん