fc2ブログ

「背徳の家族」第1話 モデルの依頼

登場人物

    榊原信吾:大学生        緒方次郎:会社員
    榊原郁恵:信吾の母      緒方歩美:次郎の妻、榊原信吾の姉 
                   緒方純子:次郎の妹、
    鈴木直美:女性画家

第1話 モデルの依頼
 
 都会のどこにでもあるような家で朝食を摂りながら4人が話していた。
「信吾、本当に進学出来るの?」40を過ぎた女性が若い男性話している。
「母さん、大丈夫だよ、何とか単位が取れそうだし」
「母さん、信吾を信頼した方がいいわよ。できの悪い弟だけどそれなりの事はやるから」
「そうだよ、歩美の言う通りだよ。僕は信吾君を信頼するからね」
「兄さんありがとう。それじゃ、行ってくるね」信吾と呼ばれた男性は家を出ていく。

 「それじゃ、僕も、そろそろ出かけないと」次郎も立ち上がり玄関の方に向かう。
その後を追って歩美が歩き「あなた、今夜も遅いの?」心配顔だ。
「ゴメン、仕事なんだからな。休みにはタップリしような」意味ありげに言い、抱きしめながら尻を撫でた。
「約束よ、暫くしてないから変な夢ばかり見て困ってるのよ」
「わかった、約束する。じゃ、行ってくるね」次郎も出て行き、歩美と母の郁恵2人だけが残された。

 2人は食事の後かたづけを済ますと掃除、洗濯と家事をし、10時近くになると「行って来ます」歩美も家を出た。
歩美はアルバイトとして近くに住む女性画家の世話を引き受けていた。
歳は50近く歩美の母よりも少し年上だ。

 歩美がいつものように家の中を掃除していると「歩美さん、ちょっと座って」言われるまま椅子に座ると画家はキャンバスを用意して描き出した。
「直美さん、私がモデルなの?」
「そう、気になっていたから描いてるの。そのまま動かないで」歩美はジッと動かないようにしているが不慣れだから「ダメ、そのままよ」注意が飛ぶ。
(モデルじゃないのに…)不満だが口に出さずにポーズを作り続けた。

 直美が書き始めてから1時間が過ぎた頃「出来た、もういいわ」やっと描くのをやめた。
「直美さん、見せてください」キャンバスを覗くと「直美さん、私こんなに綺麗じゃないわよ」見ながら言う。
「歩美さんは綺麗よ、前からそう思っていたし」目を潤ませて見つめた。
「そんな、綺麗だなんて…」顔を赤らめ目を逸らすと「綺麗よ、私の彼女にしたい」抱きしめてきた。

 「直美さん、冗談はやめて下さい」
「冗談じゃないわ、本気よ。歩美さんが好きなの」唇を重ね強く抱いてくる。
(困ったわ、そんな趣味ないんだけど悪い人ではないし…)拒まず、されるがままにしてると「歩美さんのヌードを描きたいの、いいでしょう?」甘えるように胸を撫で出す。
「私のヌードなんて、貧弱ですから」
「貧弱じゃないわ、歩美さんが気付かないだけよ。ほらオッパイだって大きいし」服の上から乳房を掴んだ。

 「困ります。ヌードになったら、夫に怒られます」
「女同士よ、お願いだからやって欲しいの。お礼は並より出すから」今度は股間を撫で出す。
「考えさせて下さい、今は返事出来ません…」その場しのぎで言ったつもりだが「期待してる」また唇を重ねると手を退けた。
歩美は何事もなかったように家の中を掃除、洗濯と家事を済ませると3時には自宅に戻った。
家には母の郁恵がいるだけで、何もする事がないから部屋に入った。

 ベッドの上で横になると「ヌードモデルか…。謝礼は50万は下らないと言うけど恥ずかしいし」直美から言われた事が気に掛かる。
それに、最近見る夢も気になっていて「しばらく、次郎さんとやってないし」自然に手が股間に伸びて撫で出す。
「見られている、私のヌードが…」夢を思い出し、妄想しながら手を動かして行くとスカートを脱ぎ、パンティも引き下げていく。

 「見ていいわ、私のオ○ンコよ」夢では大勢の前で足を開いて淫裂を弄くっていく。
「ほら、ここにチンポが入るの…」指が絨毛を掻き分けて膣穴に入っていく。
「したいでしょう、私とのオ○ンコが…」指が動くに連れ淫裂の中が濡れて淫汁が流れてきた。
「次郎さん、やって。速く入れて…」肉竿の挿入を妄想しながら指を動かしている。
歩美はシャツも捲り上げ、乳房も揉みながら1人の世界に入り「いいわ、凄くいい…」楽しんでいる。

 その時、弟の信吾が大学から戻り、自分の部屋に向かうと「あ、あ、あ~!」喘ぐ声が聞こえてきた。
「姉さんの部屋からだけど…」不審に思った信吾は、つま先で歩いて歩美のいる部屋に来た。
(悪い事だけど…)気付かれないようにドアを開けて覗くと(姉さんのオ○ンコだ!)声を上げそうになった。
そんな事とは知らない歩美は「後ろからして、次郎さん…」乳房を揉みながら、指で淫裂の中を擦っていた。

 (姉さんがオナニーしてる…)信吾には信じられない光景だ。
(見なかった事にしよう…)そっとドアを閉めて自分の部屋に入った。
自分の部屋の戻った信吾は「姉さんのオ○ンコ見てしまった…」罪悪感と衝撃でまだ興奮が収まっていない。
「それに、オナニーしてたなんて…」信吾もズボンを引き下げ肉竿を擦りだした。
「姉さん、もっと見せて…」妄想しながら擦り続けると「出た!」先端から白い液体が噴射した。
「まずい、シーツに着いた!」慌ててティッシュで拭き取るが「気付かないと思うけど」肉竿にも着いた液体も拭き取った。
 
スポンサーサイト
[PR]

「背徳の家族」第2話 初めてのレズ

第2話 初めてのレズ

 翌朝、いつものように信吾と次郎は家から出ていき、郁恵と歩美が家事をしている。
歩美は信吾の部屋に入り、シーツを交換しようと剥がすと「変な臭いがする。これって、精液だわ」シミの臭いを嗅いだ。
「信吾も男なんだから仕方ないか」自分の性器を見られて、オナニーしていたとは気付いていない。
「速く、彼女が出来ればいいのに…」自分事をさておいて、信吾が気になっていた。

 家事を済ませ、くつろいでいると郵便が届けられた。
「そうか、もうすぐ支払いなんだ」口座引き落としの案内が届いている。
「もし、ヌードになったら、1年分は払えるんだ…」直美から言われた事が思い出される。
「恥ずかしいけど、家計が助かるなら、やってもいいかも」次第に傾いていく。

 そして、10時になると直美の所へ出かけた。
いつものように家事をしていると「渥美さん、ヌード引き受けて貰えるわよね?」声を掛けられる。
「恥ずかしいけど、やってみます…」
「ありがとう。恥ずかしいなら、私もヌードになるわよ」
「直美さんもヌードで?」
「そうよ、歩美さんだけに恥ずかしい思いはさせたくないし」直美は歩美と一緒にアトリエに入ると「歩美さん、ヌードの間は誰も入れないからね」鍵を掛けた。
「そうして下さい」歩美は服を脱ぎだした。

 シャツ、スカートと脱いでいくとピンクのパンティとブラジャーになっている。
「大人しい下着ね。私はエロが好きだから、過激よ」直美も服を脱いだが、黒いパンティとブラジャーをしている。
「直美さん、オッパイが透けてます…。それに、ヘアも…」薄い生地だから乳輪、乳首が透けて見え絨毛も見えていた。
「これがいいのよ、スリルがあって。歩美さんも着てみたらどうかしら。旦那さん喜ぶわよ」そう言いながらパンティ、ブラジャーと脱いで産まれたままの姿になった。
「さあ、どうかしら。次郎さん、その気がなさそうだし」歩美もパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。

 2人は全裸になると、直美はキャンバスを構え、歩美は立ったまま両手を後ろで組む。
「右足を少し前に、そう、それでいいわ。背筋も伸ばして!」言われた通りにすると、乳房がつんと上を向き、絨毛の際までわかる。
「そのまま我慢して」直美はデッサンを始めた。

 歩美はジッとしているが、向き合った直美のヌードに目が行っている。
(乳首もピンクだし、オッパイもまだ張りがある。それに、性器も崩れてないし)直美にはセックスをした形跡が見受けられない。
(ずっと、1人でいたんだ…)ジッと見てると、次第に体が痛くなってきて、少しずらすと「そのまま我慢して」注意される。
(思ったよりも、キツい仕事ね。でも、これで家計が助かるし)我慢していると、1時間半が過ぎて「続きは明日にしましょう」描くのをやめた。
 
 「キツかった!」ジッとしていたから、体を動かし出すと「歩美さん、楽しみましょうよ」直美に抱きつかれた。
「何を楽しむんですか?」
「わかっているはずよ。女2人が裸でやるのは、決まっているのよ」乳房を撫でながら乳首を吸う。
思いも寄らぬショックが走り「あ、あ、あ~!」声を上げて顔を上に向けた。
「お礼はするわ、だからやりましょう」歩美の股間に顔を埋めて舌と指で淫裂を撫でていく。
「ダメ、そんな事されたら欲しくなっちゃいます…」そう言いながら、拒まず直美の頭を抑えている。

 やがて2人は敷かれたマットの上で横になり、お互いの乳房、淫裂と撫で合い、指を膣穴に入れた。
「あ、あ、あ~!」「いいわ、凄くいい!」2人の淫裂からは淫汁が流れ、膣に入れた指もベットリ濡れている。
それでも2人は指の動きをやめず、1時間程過ぎてやっとやめた。

 「歩美さん、今日は凄く楽しめた」直美は満足そうに脱いだ下着を着ていく。
「私もよかったわ。女同士でもこんなに気持ちいいなんて」下着を着ながら言うと「旦那さんとはやってないでしょう?」聞かれた。
「はい、ここ暫くやってませんから変な夢ばかり見て」下着を着終えてシャツを着ていく。
「だから、たまにはこうやって発散しましょう」また唇を押しつけた。

 「毎日は無理です、たまになら構いませんが」歩美も唇を押しつける。
「たまにの方がいいのよ。毎日だと飽きちゃうし」直美は上機嫌で服を着て元の姿になった。
歩美も服を着終えると2人はアトリエを出て家に向かう。
「あら、こんな時間なんだ。急がないと」急いで部屋の掃除をすると「洗濯は私がするから」珍しく直美が手伝う。
(レズの相手をしたから、機嫌がいいのね)歩美は黙って掃除を続けた。

 そして、3時になり「直美さん、失礼します」帰ろうとすると「待って、私も用事があるの」直美も家から出てきて「一緒に行きましょう」歩美と一緒に歩いていく。
2人が話しながら歩いていると「あら、信吾じゃないのよ」こちらに信吾が向かってくる。
「何だ、姉さんじゃないか。珍しいね」2人の会話に「誰なの?」直美が割って入る。

 「直美さん、弟の信吾です。まだ学生です」
「榊原信吾です。姉がお世話になってます」
「あら、丁寧に挨拶だなんて。私は鈴木直美とです」
「信吾、直美さんは絵描きさんなのよ」
「絵描きでも、まだ知られてない部類かな。それにしても、信吾さん、いい体つきしてるわね」
「大学でラグビーやってますから」
「そのお陰で信吾の進学が怪しいんですよ」3人は身の上話に華を咲かせているが(もしかして、信吾をモデルにする気では?)そんな思いが歩美の脳裏をかすめた。

「背徳の家族」第3話 性行為

第3話 性行為

 その夜、歩美は次郎に「今日から、モデルもする事になったの」打ち明けた。
「モデルか、お前がモデルとは驚きだな。裸にもなるのか?」
「そうなの、ヌードモデルなの。でも、絵描きさんは女だから安心して」
「素っ裸になるんだろう?」
「勿論よ。直美さんもヌードになって描くのよ」

 「俺、見てみたいよ。お前の素っ裸と絵描きの素っ裸を」
「イヤよ、芸術だから見せられないわよ」
「だったら、俺のモデルにもなってくれよ。ヌードを撮りたいんだ」
「撮ってどうするのよ。知られたら困るのよ」
「誰にも見せないよ、だからヌードを撮らせてよ」甘えるようにいいながら歩美の服を脱がしていく。

 「一回だけならいいわ。約束出来る?」
「約束する、そうとなったら、今夜は張り切るぞ」歩美を裸にすると自分も脱いでいく。
「次郎さん、今日の次郎さんは凄いわよ」
「そうなんだ。歩美のヌードを撮れると思うとカチカチになってるよ」肉竿が膨らみきって水平になっている。

「いきなり入ったら痛いから、お口でさせて」肉竿を掴んで口の中に入れると「フグ、フグ!」唇で擦っていく。
「気持ちいい。ますます歩美とオ○ンコしたくなってきた」乳房をも見ながら感情を高ぶらせていくと「入れてもいいわよ」歩美はベッドに寝た。

 「それじゃ、行くよ」次郎は太股を抱えて淫裂に肉竿を押しつけ、ゆっくり挿入した。
「あ、あ、あ~!」心地よい快感に声をあげ乳房を握らせた。
「オッパイにもして欲しいのか…」肉竿を動かしながら乳房を掴み、乳首を摘んだ。
「吸って、指じゃイヤ…」
「わかった、吸うよ」ピストンしながら乳房を揉み乳首を吸った。
「いいわ、凄くいい!」前にも増して大きな声を上げて淫汁を流していく。

 次郎は腰を振り続けたが「やってくれ」歩美を起こして馬乗りにさせた。
「わかった、これでやるのね」次郎の両肩を押さえて腰を上下に振っていく。
「歩美のオ○ンコ凄いよ、グッショリ濡れてるし」
「言わないで、恥ずかしいから言わないで」次郎の言葉に羞恥心が高まり、腰の振りも激しくなっている。

 「気持ちいい。毎晩やれたらいいんだけど仕事が遅いしな」揺れる乳房を握り締め、乳首も摘んだ。
「休みの日だけでもいいわよ。毎晩でなくてもいいから、セックスして…」喘ぎながら言う。
「わかってる、今夜は出すからな」その言葉通りに程なく「う~!」肉竿から膣奥に液体が噴射した。
「暖かい、射精したのね」歩美は動きを停め「ハア、ハア!」荒い息づかいをしながら次郎に抱きついた。

 「出したよ、もう一回やりたいな」
「私も、もっとしたい」次郎から降りると肉竿を撫でながら「次郎さん、ヌードモデル怒ってない?」聞いた。
「怒ってないよ、相手が女だし」
「怒ってなくてよかった。ヌードだと結構なお金になるの」
「そうか、俺の稼ぎが悪いしな」
「そんなつもりで言ったんじゃないの。ローンや信吾で使いたいし」
「わかっているよ、歩美は俺の嫁だから信用してる。それより、後ろからやらせて」次郎の肉竿は膨らみきって使える状態になっている。

 「いいわよ、私も後ろからやって欲しかったし」四つん這いになって尻を向けると次郎に腰を押さえられて淫裂を突かれた。
「あ、あ、あ~!」髪を振り乱し、乳房を前後に揺らせている。
「深いわ、次郎さんが膣の奥まで入ってくる…」喘ぎながら言うと「まだまだだ。もっとやるだから」腰の動きを速めると「あ、あ、あ~!」歩美の悶え声が響いていく。

 2人は楽しんでいるが(凄いや、姉さんがオ○ンコがあんなになってるなんて)信吾が覗き見していた。
初めて見る姉の性行為に、興奮しながら肉竿を擦っていたが、指と指の隙間から白い液体が漏れ出ている。
(まずい、戻らないと)液体をこぼさないように、両手で押さえながら部屋に戻った。

 「姉さんがヌードモデルやっているって言ってたな。それにヌードを撮らせるって」肉竿と手に着いた液体を拭きながら呟いた。
「俺も、姉さんのヌードが撮りたいな」思案したがいい策など見あたらない。
「諦めるしかないな」信吾はそのまま眠りに付いた。

 翌日、歩美は直美のアトリエで服を脱いで全裸になっている。
その全裸を見ながら直美は描いているが「昨日は激しくやったみたいね」ニンマリして言う。
「セックスしたのが、わかりますか?」
「わかるわよ、ほらここに証拠が!」直美の指が、淫裂の周りに付いた白い粉を指さした。
「イヤだ、洗うの忘れちゃった!」恥ずかしそうに言うが「激しかったみたいね。膣穴がまだ開いているわよ」淫裂を広げて覗いている。
「直美さん、そんな事されたら恥ずかしいわ。それより始めましょうよ」

 「そうね、遊びはこれくらいにする」やっと直美は書き出した。
キャンバスも、デッサンか完成間近になっていて「大部出来たけど、何か物足りないわね」キャンバスを見ながら呟いている。
「そうだ、男がいないんだ。手と手を合わせるように立ったのが…」構想が出来たようだが「歩美さんは素人だから無理かもね」呟きながら描いて、3時になると描き終えて歩美は帰った。

 その夜遅く、歩美は次郎の持ったカメラの前で全裸になっている。
「もっと、笑顔にならないと」
「そんなの無理よ、性器まで見せるのよ。恥ずかしいのに…」
「我慢して、綺麗なオ○ンコだし」

 「誰にも見せないでよ、次郎さんだから撮らせてるんだから」
「わかっているよ、今度は頭に手をやって!」言われるまま、足を広げたままに両手を頭に乗せた。
「いいね、オッパイがつんとして。脇からも撮るよ」次郎は飽きることなく歩美のヌードを撮っていくが(俺も姉さんのヌードを撮りたい…)信吾が肉竿を擦りながら覗いていた。

「背徳の家族」第4話 姉弟でモデル

第4話 姉弟でモデル

 その翌日、会社から戻った次郎は3週間程海外へ行く事になったと歩美に告げた。
「次郎さんがいないなんて、寂しいわ」
「そう言うなよ、俺だって辛いんだから。慰めに、あの写真を持っていこうかと思ってるんだ」
「あれはイヤ、性器が写ってるのよ!」

 「それなら、普通のヌードを撮らせて。それならいいよね?」
「仕方ないわね。でも、オナニー以外には使わないでよ」
「わかってる、早速撮ろう」次郎に言われて、歩美は服を脱ぎ、乳房と絨毛を露わにしていく。
「性器は見せないからね」淫裂が見えないように足を閉じている。
「それでもいいよ、オッパイとヘアが見えるから」次郎は歩美の全裸姿を撮り続けた。

 (またヌードを撮ってるのか。俺も撮りたいな。待てよ、撮ったカメラからデータをコピーすればいいんだ!)信吾は覗きながら思いついた。
(丁度いいや、明日は講義が空いてるし…)ニンマリしながら部屋に戻った。

 そんな、信吾の悪企みなど知るよしもない歩美は、10時になると出かけて、郁恵と信吾だけが残されている。
その郁恵も、昼過ぎには家を出て信吾1人になっている。
「このチャンスは逃さないぞ」歩美夫婦の部屋に忍び込んでカメラを捜す。

 「確か、ここに…」引き出しの中に、昨日撮ったカメラがあった。
「急がないと」自分の部屋に戻って、パソコンと繋いで確認していく。
「いいね、姉さんのオ○ンコがばっちりだ!」早速コピーしていく。
「これもコピーしよう」歩美が写った画像を全てコピーし、終わるとカメラを戻した。

 「これで、安心して見られるぞ」また、再生しながら、肉竿を取りだし擦りだす。
「凄いや、チンポ入れる穴まで撮れてる!」笑顔で膣穴を晒す歩美が映し出された。
「俺も、姉さんのオ○ンコに出したい…」手の動きが早まって噴射した。
「出ちゃった…」肉竿を押さえてティッシュで拭き取るが「写真だけじゃつまんないしな」欲望が満たされると、次の欲望が出てくる。
「何とか生でヌードが見たい…」また思案していた。

 いくら思案しても良い考えは浮かばず、3時過ぎに家を出てコンビニに向かうと「あら、信吾さんよね?」直美と出会った。
「はい、信吾ですが…」直美はジッと見てから「話があるの。一緒に来てくれない?」腕を掴むと強引に自分に家に連れ込んだ。

 「実は信吾さんにモデルをやって欲しいのよ」
「僕、やった事がないから自信ないな」
「そんな事関係ないわよ、姉さんだってやってるんだから。見てみる?」
「うん、見たいな」
「じゃ、こっちに来て」信吾をアトリエに入れて描いている歩美の絵を見せた。

 「これが姉さんのヌードか…」
「そうよ、まだ完成してないの。でも、オッパイはいい形してるわよ」
「そんなに綺麗なら、見たいな」
「それなら、モデルやってくれないかしら。歩美さんと一緒にヌードになって!」
「姉さんにヌードを見せるなんて、恥ずかしいな」
「やってくれたら、いい事してあげるわよ」信吾の手を胸に導く。

 「それなら、直美さんとセックスさせて。僕やった事ないから教えて欲しいんだ」信吾の言葉に直美は暫く沈黙して「セックスした事ないんだ?」聞き返す。
「そうなんだ。恥ずかしいけど、彼女もいないし…」
「わかった、いいわよ。私とセックスしよう。それならいいわよね?」

 「勿論さ、学校だって、休講だし」
「だったら、明日からお願いする。11時になったらここをノックするのよ」
「わかった、ここをノックだよね」
「そうよ、家に鍵は掛けないからね」直美は信吾に注意するとアトリエを出た。

 翌朝、次郎は出張なので、早く家を出て成田空港へと向かい、10時近くには、歩美も家を出た。
いつものように、直美の家に向かい、アトリエで服を脱いでいく。
直美も同じように、服を脱いで全裸になると、キャンバスに向かい歩美もポーズを作っていく。
「いいわね。このオッパイが好きだわ」乳房を褒めながら描いていくと11時になったのか「トントン!」ドアがノックされた。
 
 直美は歩美が不安にならないようにしながら、ドアを開けて信吾を中に入れた。
「いや、見ないで!」歩美は驚いて、胸と股間を押さえた。
「歩美さん、驚かなくて良いのよ、信吾さんもヌードモデルなの」
「信吾もヌードになるの?」

 「そうさ、頼まれちゃった。僕自信ないけどやってみるんだ」信吾も服を脱いでいくが、股間が膨らんでいるから歩美は(信吾のオチンチンが膨らんでいる…)気になっている。
そんな事など気にも留めず、パンツも脱いで全裸になると「これでいいんでしょう?」直美と歩美に見せる。

「凄いわ、あんた立派なチンポしてるわよ」
直美は驚いているが「直美さんのヌードが綺麗でいいよ。オッパイだけ触らせて」断りを入れてから乳房を撫でた。
「遊びはそこ迄よ。ここに立って。歩美さんはここに」直美は2人を向き合うように立たせて、手のひらをタッチさせる。

 (恥ずかしい、信吾にオッパイとヘアを見られるなんて…)歩美は恥ずかしさに体を震わすが(これが姉さんのヌードなんだ…。オッパイもヘアも綺麗だ…)自然と肉竿が揺れている。
「いいポーズね。これが描きたかった」直美はじっくり眺めると新しいキャンバスに描き出した。
信吾と歩美は顔を見合わせているが(お願いだから、次郎さんや母さんには言わないでよ)歩美は気が気ではなかった。
(姉さん、何時かは僕とオ○ンコやろうよ)歩美の淫裂が気になり肉竿が揺れていく。

 そんな2人だが、直美は気にも留めずに描き続け、1時間後にやめた。
歩美は信吾に裸をこれ以上見られないから、急いでパンティ、ブラジャーと着ていくが「信吾さん、お礼に何かほしくない?」尋ねた。
「欲しいよ、直美さんのオ○ンコの中を見たい!」
「信吾、何言ってるのよ、そんな無理言わないのよ」当然、歩美が怒った。

 「歩美さん、怒らなくていいわよ。私が頼んだんだから言う通りにする」直美は椅子に腰を降ろして淫裂を手で広げた。
「見て、これがオ○ンコよ。チンポが入る穴も見えるでしょう?」
「見える…。これがオ○ンコか。姉さんの、もこうなってるんだ…」
「そうよ、女はみんなこうよ!」直美は平然と言うが、それを見ている歩美の方が顔が赤らんでいる。

 モデルを終えた信吾は先に帰り、歩美は家事を済ませてから帰ってきた。
歩美は信吾の顔を見ようとはせずに、夕食の準備をしている。
そして、夕食を摂っていると、電話が鳴って郁恵の兄が入院したと伝えた。

 「困ったわね、明日実家に行かないと」
「それじゃ、3日は泊まる事になるわね」
「仕方ないわ、兄さんだし…」
歩美と郁恵の話を聞いていた信吾は(ますますよくなってきたぞ。これで、姉さんとのオ○ンコは確実にやれるぞ)笑顔になっていた。
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
326位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻 連載中
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
ブログ内検索
記事数メーター