赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「悲劇の女子アナ」第1話 辞意  



「部長、お話があります」

「何の用だ、ルミ君!」若い女生と中年の男生2人が向かい合っている。

「実はこの3月限りで退社させて下さい」

「何をいうんだ。君が辞めたらTVCの視聴率が下がってしまうし、スポンサーも逃げてしまっ

て経営が成り立たたなくなってしまうよ」

「それとこれとは関係ありません」顔を赤らめていう女性だ。

「噂の通りのプロダクションに入るのか?」

「まだ決めてません」

「しばらく、考えさせてくれ、社長と相談してみる」

「わかりました。でも決心は変わりませんよ」女性は部屋から出ていった。

 

 部屋から出ていったのは白石ルミでこの局の人気アナウンサーだ。

人気のあるルミは、他局がプロダクションを使ってスカウトを計り、条件も今までの給料の倍を

提示している。

一方、一人部屋に残った男性は服部伸也で、ルミを監督する部長でもある。

「困ったな、ルミに辞められたらここの経営もつまずくぞ」一人頭を抱えていた。

「とにかく、社長に報告しないと!」部屋を出てエレベーターに入っていく。

TVCは15階のビルだ。最上階の15階は一般の人に開放されているが14階だけは誰でも入

れるわけではない。

TVCの上層部だけが入れる階で、服部はエレベーターにカードを差し込み、14を押した。

エレベーターは上昇し、ランプが数字を照らしていく。

そして14のところを指したところで動きが止まってドアが開いた。

服部は誰もいない廊下を歩いていく。

「コツ、コツ」靴音が響いていいき「社長室」と書かれた部屋の前で止まった。

「コン、コン!」ドアをノックしてからドアを開けた。

「失礼します」服部は部屋の中に入ると同時に「キャー!」と女性の悲鳴が上がった。

 

 社長室には全裸の女性が頭に手をやって乳房と股間を社長の後藤に晒していた。

服部が入ると慌てて乳房と股間を隠していく。

「マコ君、隠さなくてもいいよ。君のヌードは写真で見ているから」

「そ、そんなこと言わないで!」真っ赤な顔になっていく。

「マコ君、服部君にも君のすばらしいオッパイとオ○ンコを見せてやってくれ」

「は、はい!」恥ずかしそうに両手を頭にやって乳房と股間を晒していく。

女性は菊池マコと言って、TVCのアナウンサーだ。

顔は美人ではないがスタイルは抜群だ。

乳房もツンと上を向き、股間も絨毛が程良く手入れしてある。

淫裂が見えるか、見えないか、ギリギリまで手入れされている。

 

 その乳房を後藤が揉んでいく。

「み、見られてます」恥ずかしそうにマコがいうが「かまわんよ。服部君もオ○ンコを撫でて見

ろよ」

「そ、そんな!」唖然とするマコを後目に「喜んでさせて貰います」服部も新たに加わり、絨毛

の生えている股間を撫でだした。

服部は割れ目に沿って指を動かしていくと(だ、だめよ。そこはだめ!)指が淫裂の上にある突

起で止まり撫でだした。

「気持ち良さそうだね、マコ君」

「そんなこと言わないで!」うわずった声になっていくマコだ。

後藤も両乳首を指で転がすようにしていくと「あ、あん、あん!」立っているマコの太股がブル

ブルと振るえている。

「マコ君、お汁が流れてきたよ。オ○ンコが濡れているよ」

「い、言わないで恥ずかしいのよ」顔ばかりでなく全身が赤く染まっている。

 

 「マコ君、いつものようにやっていいかね?」

「は、恥ずかしいわ。見られながらするなんて!」

「僕だったら気にしないで下さい」服部は指の動きは止めなかった。

後藤はズボンを脱いでいき、下着も脱いで下半身が丸出しだ。

「いくよ」「は、はい。社長!」うわずった声のマコは上気している。

後藤は背後から両手でマコの腰を押さえながら肉竿を押し込んでいく。

「あ、あぅ、あうー!」喘ぎ声が社長室に響いている。

マコの淫裂は、肉竿を迎える準備ができていたから、後藤の肉竿はすんなりと根本まで入った。

「気持ちいいわ、社長!」潤んだ目で天井を見上げている。

「出してもいいんだね」

「ええ、飲んでますから!」その言葉で後藤の肉竿が一気に動いていく。

「あん、あん、あん!」マコの悶え声が響いて、肉竿が動く度に「クシャ、クシャ!」と淫裂か

ら音が出ていた。

 

 「僕はオッパイを担当します」服部もマコの乳房を揉んでいく。

「あん、あん、あん!」2人に攻撃されたマコの悶え声が大きくなり、淫裂からは淫汁が太股ま

で流れていた。

「もう、限界だ。出すよ!」「は、はい」後藤は肉竿を根本まで淫裂に挿入して「うー!」身震

いを始めた。

「熱いわ、膣の奥が熱い!」ポタポタと淫裂から白い液体が垂れていく。

「楽しかったよ。マコ君」放出を終えると後藤は萎縮している肉竿を抜き、ハンカチでベトベト

した液体を拭いていく。

マコも股間にハンカチを押し当てている。

「社長、出演の約束は守って下さいよ」

「わかっているよ。マコ君とオ○ンコしたんだから当然さ」

「それを聞いて安心しました」マコは精液が流れた出たのを見計らい、生理用のナプキンを淫裂

に当ててパンティを履いていく。

そのあと、ブラジャーも着けた。

後藤も脱いだ下着を履いてからズボンを履き、マコも次々と着ていく。

全てを着終えるとマコは社長室から出ていった。

 

 「社長、実は白石ルミのことで話があります」

「辞めると言っているのか?」

「はい、どうも他局が手を伸ばしているようなんです」

「給料を倍にして説得できないか?」

「今の状況では無理です。白石だけを上げると不満が出て、まとまらなくなります」

「そうか、仕方ないな。乱暴だが、やめれないようにするしかないか」

「その時期が来たようです」

「服部君、早速緊急会議を召集したまえ」

「わかりました」服部は社長室の電話を使って担当者を召集した。

 

 その数分後、14階の役員室で緊急会議が開催された。

「やっぱり辞めるのか」「噂は本当だったんだな」ため息が聞こえる。

「ここで、白石を辞めさせたらTVCの顔を失うことだ。絶対に辞めさせないようにする」社長

の言葉に皆が唖然とした。

「そんなことできるんですか?」

「乱暴だが白石君には恥ずかしい思いをして貰う」

「警察沙汰になったら大変ですよ」

「それをやるんだ。気付かれないようにな」社長の後藤が計画を話していくと、役員達は皆が真

剣に聞いている。

 

 計画の話が終わると「社長、ルミ君をお色気番組に出したいんですが?」

「お色気か、それも良いだろう。オッパイ丸出しなら視聴率も稼げるな」

「それは名案だ。早速、計画したまえ。服部君は部屋の改装を急いでしてくれ」始まった時は血

色のない顔だったが、会議が終わる頃には笑顔になっていた。

人気のある白石ルミのヌード姿を見れるとあっては無理もなかった。

 

 会議が終わるとすぐに役員達が動いていた。

服部は14階に秘密の部屋を作っていく。

無論、防音室で大きなベッドも置かれている。

服部は次々と業者を入れて改装していく。

「撮影で使うんだ。他局には秘密にしてくれ」

「わかってますよ。次の仕事もお願いしますよ、不景気なんですから」

「保証するよ、黙っていたらだがな」

「任せて下さい」業者達は次の仕事を貰いたくて秘密を守っている。

そして、部屋はパイプによる藤棚や十字架が作られてた。

「後はルミを落とすだけだな」部屋を見回しながら呟く服部だった。

 



 
スポンサーサイト

「悲劇の女子アナ」第2話 罠  



ルミが辞意を服部に伝えてから数日が経った。

「白石君、今夜は空いているかい?」

「は、はい。何かようでも?」不安な顔のルミだ。

「社長が話したいそうだ。ぜひ、合って欲しい」

「わかりました。でも、決心は変わりませんよ」

「それは君の勝手だからどうでもいい」機嫌悪そうな服部は(後で泣くなよ。お前を素っ裸にし

てやるからな)ルミのヌード姿を頭に描きながら怒りを堪えている。

そんな事とは知らないルミは部屋から一人出ていく。

 

 その夜、ルミは服部に言われたホテルのレストランで社長の後藤と食事をしていた。

「どうしても、辞めるんだね」

「はい、長い間お世話になりました」

「君がそういうなら止めないが、内にも出演して欲しいな」

「それは当然です。義理もありますから」ルミはグラスに注がれたワインを飲み込んだ。

(飲んだな、それには薬が入っているんだ)後藤はニヤリと笑っていた。

話はその後、世間話になったが睡魔がルミを襲っていく。

「す、すみませんが酔ってしまいました」

「酔ったんじゃしかたないな」2人は立ち上がるが、ルミはフラフラだ。

そこに、待ってましたと服部も現れ、しっかりとルミを抱き止めている。

「仕方ないな。部屋に運ぶのを手伝ってくれ」2人は用意したホテルの部屋に運んでいくが誰も

が酔っているように見ている。

(うまくいきましたね)

(簡単にいくとは思わなかったよ)ルミを部屋の中に入れるとベッドに寝かせてる。

「服部君、カメラを持ってないじゃないか!」

「任せて下さい」服部は一旦部屋から出て、向かいの部屋をノックした。

「長いな、こんなに待たせて!」

「文句をいうなら来なくてもいいよ」

「いくよ。ルミのヌードを見ないと収まらないよ」中山と小谷はカメラと機材をもってルミの部

屋に入っ来た。

「全員そろったな。脱がせるからばっちり撮れよ」

「わかってます」

 

 後藤と服部はベッドでいびきをかいて寝ているルミの衣服を脱がせていく。

ツーピースのボタンを外して脱がせ、そんな様子を小谷がカメラで、中山がビデオで撮っていた。

服部と後藤はスカートを脱がしていく。

「黒のスリップか。だったらパンツも黒だぞ」上着も脱がし、ニットシャツも脱がせていく。

ルミは黒いスリップ姿で仰向けになっている。

「思った通りにオッパイが大きいぞ」スリップの紐がずらされ下げられていく。

服部が体を持ち上げ、後藤が脱がしていく。

「やっぱり黒だ。しかもスケスケだぞ」ルミは黒いレースのパンティとブラジャーをしていた。 

ブラジャーはルミの乳房を透かせ、乳首や乳輪までもが見えている。

パンティも役目をせずに、股間の絨毛が透けて見えている。

「たまらん!」服部はブラジャーの上から乳房を揉みだす。

「ヌードが先だ、ヌードが!」

「申し訳ありませんでした」後藤の一喝でブラジャーを剥ぎ取っていく。

Cサイズはある、豊満な乳房が露になって「ゴクン!」小谷と中山は生唾を飲んだ。

しかもピンクの乳首で「パンツも脱がせろ!」「わかっているよ」服部の手がルミの腰に掛かか

りゴムを掴むとゆっくりと下げていく。

ルミの股間が露になると、股間を短い絨毛が覆っている。

「これがルミのオ○ンコか!」興奮しながら小谷と中山が撮っている。

 

 「これだと、ヘアが邪魔でオ○ンコが隠れて見えないな」

「剃ってしまえ服部君!」

「わかりました」服部は浴室へ行って石鹸を泡立てている。

そして、戻るとルミの絨毛に塗っていく。

ぼうぼうとしていた絨毛が肌に密着していき「どこまで剃りましょうか?」

「全部、剃った方がおもしろいよ。目が覚めたらどんな顔になるか楽しみだ」後藤がニヤニヤし

ながら言う。

「わかりました。全部剃ります」服部がルミの恥丘にカミソリが当てて動かすと、絨毛は少しず

つ消えていく。

変わって褐色の地肌が見えてきた。

カミソリは「ジョリ、ジョリ!」と音を立ててルミの絨毛を消していく。

「これがルミのオ○ンコか!」

「思ったよりピンクだ。あまりセックスしてないな」絨毛が消されてルミの淫裂が4人の目の前

に露になっている。

 

 ルミは足も開かされた。

パックリと割れた淫裂から肉襞が飛び出している。

「しっかり撮れよ」

「わかっています」小谷と中山が淫裂と乳房を晒しているルミを撮っていく。

服部は指で淫裂を広げ「そうだ。それがいい、オ○ンコの中まで撮ってやれ。顔も入れろよ」

「任せて下さい」ルミの淫裂が広げられ膣の中まで撮られている。

「オ○ンコしたくなったよ」服部の肉竿が膨らんでいる。

「それはだめだ。後で本人の了解を得てからオ○ンコするんだ」

「わかりました」しっかりとルミの股間を見ている。

「俺はオッパイを戴くか!」後藤は乳房を揉まれている。

(ちぇ、俺だってルミのオッパイを揉んで見たいのに!)小谷と中山は不満だったが辱められて

いるルミを撮っている。

後藤はたっぷり楽しんだのか「たっぷりと撮ったろうからルミのオッパイとオ○ンコで楽しんで

もいいぞ」

「はい、楽しみます」後藤と服部に変わって小谷と中山がルミの乳房と淫裂を辱めていく。

「これがルミのオッパイか!」「オ○ンコも綺麗だぞ!」

薬を飲まされたルミは何も知らず、ぐっすりと眠っていた。

ルミが部屋に連れ込まれてからかなりの時間が経ち、時計は1時を指していた。

「もう良いだろう。片づけだ」

「わかりました。4人は剥ぎ取った服を丁寧にクローゼットにしまい込んでいく。

「目が覚めたらオ○ンコのを見ておどろくだろうな」

「当然さ。今まであったヘアが消えて、ツルツルマンコに驚かないのがおかしいよ」部屋の中を

片づけながら話していた。

「社長、終わりました」

「ご苦労だった」4人はぐっる理寝ているルミを残してホテルから出ていった。

 

 それから、どれくらい時間が経ったろうか。

うっすらと空が白みを帯び、ルミの顔を弱い日差しが照らしていく。

「う、うー!」薬の効果も消え、目覚めていく。

「ここはどこかしら?」ルミは目を覚ましている。

「あら、5時だわ。確か夕食をごちそうになったはずだけど」ルミは自分が全裸なのに気が付い

た。

「素っ裸だわ。どうして?」ルミはいつも下着を着けて寝ていた。

「とにかく、シャワーを浴びないと!」フラフラしながら浴室に入っていく。

バルブを開きお湯の温度を調節していく。

「これくらいがいいわ」お湯を浴びながら石鹸で体を洗いだすと「きゃー!」悲鳴を上げた。

「ヘアが、ヘアが生えてない!」股間の絨毛が綺麗に剃られて、割れ目から肉襞が飛び出ていた。

「ど、どうしてなの?」顔色が見る間に青くなっていく。

鏡に写る股間にも絨毛がなくピンクの割れ目から肉襞が飛び出ているのが写っている。

「そ、そんな、ばかな!」信じられないといった顔になっていた。

「と、とにかく、知られないようにしないと!」急いで体を洗うと濡れた体を拭き、急いで下

着を着込んだ。
 

「悲劇の女子アナ」第3話 契約書  


  ルミは下着を着込むとクローゼットを開けた。

「わからない。なぜなの?」昨日の記憶は夕食を一緒に食べたまでしかない。

その後はいっさい記憶が消えていた。

「とにかく、急がないと!」着替えを終えるとホテルを出て自分のマンションに向かっていく。

ルミのマンションはTVCの近くにあり、まだ早朝なので人通りが少ない。

急いでマンションにはいるとしっかりと鍵を掛け、衣服を脱いでいく。

「きっと、夢よ、これは夢よ!」無毛の股間を鏡に写して確認した。

「そ、そんな」明らかにルミの絨毛が消えている。

「どうしよう。他人に知られないようにしないと」再び下着を着込んでくがお揃いのブルーだ。

ルミはスケスケが好みで乳房が透けている。

「性器まで見えている」淡いブルーのパンティからはピンクの淫裂が透けている。

「まだ、時間があるわ」ルミはベッドで横になっているが眠れない。

ウトウトしながら8時になった。

「時間だわ。着替えないと!」ベッドから起きあがりスリップを着込むとツーピースを着てTV

Cへと歩いて行った。

 

 「おはようございます」挨拶をしながらスタジオに入ると「白石君、決心は変わらないかね」

「はい、変わりません」服部はそれを聞くとスタジオから出ていった。

それと入れ替わって小谷が入り。「やめるんだってね」「はい、フリーになって働きたいんです」

「それも自由だからな」あっさりと答えた。

しかし(そうはいかないぞ。俺と一生オ○ンコをするんだ)ニヤニヤしながら出て行く。

そして、収録が始まり、収録が終わったのはは5時近くだった。

 

 収録が終わるのを待っていたかのように服部が現れ「役員会が話したいそうだ。つき合って貰

えるね」

「は、はい。でも決心は変わりません」

(そんなのはどうでもいいんだ。お前のヌードを見たいだけだ)2人は連れ添ってエレベーター

に乗った。

服部はカードを差し込み14を押す。

ルミは14階に入るのは初めで「そうやって禁断の14階に入るんですか?」

「ルミ君は初めてかね」

「はい、長年勤務しましたが足を踏み入れるのは今日が初めてです」

「よく、覚えていた方がいいよ、やり方を!」

「はあ?」(私はもうすぐ辞めるから必要ないのに!)ルミは怪訝な顔をしている。

エレベーターは14のところで止まってドアが開いた。

2人は誰もいない廊下を歩いていくと「コツ、コツ!」2人の靴音が響いている。

服部は「社長室」と書かれた部屋で足を止めドアをノックし、ドアを開いて中に入った。

「失礼します」一礼してから中に入ると、中には後藤、小谷、中山の3人がいる。

「決心は変わらないかね?」

「はい。変わりません」

「仕方ないな。これに記入してくれ!」後藤は紙袋をルミに渡した。

それを受け取るとルミは開いて中身を取り出し「これで自由になるのね」中から取った書類には

写真がはさまっていた。

「!」それを見たルミの顔が一瞬にして青ざめた。

 

 「どうかしたかね?」後藤が声を掛けた。

(自分のヌード写真に驚いているな)小谷や中山も顔にこそ出さないが微笑んでいる。

「ど、どうしてこれが?」ルミには信じられなかった。

写真はルミの絨毛の剃られたヌード写真だった。

「あ、それは関係ないよ。先ほど売り込みがあったんだ」

「だ、誰ですか?」震えながらルミが尋ねた。

「たぶん、裏に通じたやつだ。とにかくおもしろいんで買ったんだ。君のそっくりさんだよ」

(違うわ、これは私だわ。でもどうして?)乳房と淫裂を晒している写真を眺めているルミだ。

写真は1枚だけではなく、淫裂を晒した写真もある。

それを見たルミはガチガチと奥歯が鳴っていた。

 

 「もしかして、それは白石君のヌード写真かね?」

「い、いいえ、違います」それだけ答えると目からは涙が流れていく。

「やっぱりな。これは白石君だね」泣きながら頷くルミだった。

「そうか。やっぱり白石君か」後藤はニヤリと笑い「どうかね、これを秘密にして置くからここ

で引き続き働いてくれんかね」

「一応、白石君の言い分を聞いて退社して自立を認めよう。その代わり、優先的にここで働いて

欲しい」服部が付け加えた。

「わかりました。感謝します」泣きながら答えるルミだ。

「早速だが契約書にサインして欲しい!」「わかりました」ルミは契約書を読みだした。

 

 暫くして「そ、そんなのできません!」ルミは声を上げて拒んだ。

「契約しなくてもいいよ。でも、この写真は雑誌社に売り込ませて貰うよ」後藤が言う。

「白石君、オ○ンコ丸出しの写真を流されたら終わりだよ」そんな事はルミにもわかっている。

「でも、ヌードでテレビには出たくないです!」再び泣き出すルミだ。

「ヘアヌードじゃないんだ。オッパイだけのスケスケでいいんだ。それがイヤなら契約しないよ」

「わ、わかりました。契約します…」そう言うしか道はない。

「それから、収録が終わったらここに来て欲しい。ここで素っ裸になるんだ」

顔が引き吊って「そんな!」それだけ言うとルミの声がでない。

「この階は役員だけしか入れないんだ。僕たちの処理をしてほしい」ガチガチと奥歯が鳴ってい

るルミだ。

「その代わりに給料は、はずむよ。独立のプロダクションならいくらでも払えるからな」人事の

服部が付け加えた。

だが、ルミはただ泣くだけだ。

負い目を持ったルミは契約書にサインをするしか道がなく、泣きながら契約書にサインをするル

ミだった。

 

 「早速、今日からここで素っ裸になってくれ!」後藤は勝ち誇ったようにルミに命令をする。

ルミは両手で顔を押さえながら泣くだけだった。

「脱がないなら契約なしと考えていいんだね」中山も口出しする。

「脱ぎます。ヌードになります…」泣きながらルミは着ていたツーピースのボタンを外していく。

(そうだ、それでいい。早く素っ裸になるんだ!)4人の役員は衣服を脱いでいくルミを黙って

見ている。

ルミは上着を脱ぎ終えるとニットシャツを脱ぐと、上半身はブルーのスリップ姿になっている。

(どうしてこんな事に…)震える両手でスカートを脱いでいく。

(早く、オ○ンコとオッパイを出すんだ!)衣服を脱いでいくルミの様子を黙って見ている4人

だった。

「悲劇の女子アナ」第4話 陵辱   

 

スリップ姿になったルミは肩紐をずらしていく。
支えを失ったスリップは音もなく足下に落ちて、ブルーのパンティとブラジャーが現れた。
「だめだ。背中を向けるな!」
「ゆ、許して下さい。脱ぎ終えたらヌードをお見せしますから」
「そうはいかない。脱いでいく姿がいいんだ」後藤は背中を向けるのを許さなかった。
ルミは4人と顔を合わせながら背中に手をやる。
(恥ずかしい、脱ぐところを見られる何て!)ルミの目が真っ赤になっている。
それでも恥ずかしさを堪えて震える指でホックを外した。
「プチン!」カップの押さえが緩み「ほう、大きなオッパイだね」豊満な乳房が窮屈なカップか
ら飛び出した。
「み、見ないで下さい、後で見て下さい…」顔を背けながら肩紐を手首までずらしていく。
上半身を隠すのは何もなく、ツンと上を向いた乳首が大きく勃起している。
 
 「パンツも脱いで!」
「わ、わかってます」ブラジャーを脱ぎ終えるとルミは両手を腰にやりパンティを掴んだ。
(見られてしまうわ、ヘアのない性器を!)体を震わせながらパンティを下げていくと恥丘が見
えてきた。
「白石君、ヘアを剃ったのかね?」服部はわざと尋ねると「う、うっうー!」泣き出すルミだ。
(俺がお前のオ○ンコを剃ったっんだ!)泣いているルミをニヤニヤしながら見ている服部だ。
それでもルミは膝までパンティを下げた。
股間には絨毛が生えてなく、ピンクの割れ目が丸見えになっている。
(見られている、私の性器を!)震えながら足をあげてパンティから抜いていく。
「ほう、ヒラヒラもピンクか、あまりセックスはしてないんだね」足をあげた時に淫裂の中まで
見えていた。
「い、言わないで!」恥ずかしさを堪えてもう片足もパンティから抜き、両手には小さく縮んだ
パンティが残されている。
「いいね、ツルツルのオ○ンコも」
「白石君のヌード姿はいいね」言葉でルミをいたぶる4人だがルミは俯いたままだ。
乳房と淫裂を晒して大粒の涙を流している。
「契約もすんだことだし、君の部屋へ案内するよ」
「こ、このままでいくんですか?」全裸のルミは引き吊った顔になっていた。
「当然だ。ここで素っ裸になって専用の部屋にいくんだ」
「み、見られます、ヌードを!」再び泣き出すルミだ。
「イヤなら、この写真で儲けさせて貰うよ」後藤が言うと「行きます、ヌード姿で!」ルミは
そう言うしかない。
 
 5人は社長室から廊下に出た。
(だ、誰にも見られませんように!)祈りながら歩くルミの乳房は左右に揺れ動き、淫裂も左右
に向きをかえている。
(たまらん。オ○ンコがやりたい!)後ろから揺れるルミの尻肉を見ている小谷の股間が膨らん
でいる。
それは小谷ばかりでなく服部や中山も大きく膨らんでいた。
(いや、恥ずかしいから見ないで!)乳房を揺らせながら俯いて歩くルミだ。
「ここが君専用の部屋だ」服部がドアを開けて中に入り(よかった、誰にも見られなかったわ!)
安堵して中に入ると、ルミは再び叫び声をあげた。
「いや、いやー!」首を左右に激しく振っていく。
「なあに、すぐに慣れるよ。君にピッタリの部屋を用意したんだから」
「そ、そんな!」ヘナヘナと床に崩れていくルミだった。
 
 「さっそく、使わせて貰おうか!」
「いや、いやー!」悲鳴を上げるルミだが、両手首を縛られクレーンのフックに掛けられた。
「ウィーン!」モーターが回って弛んだロープが張っていく。
「た、助けて!」悲鳴を上げるルミは万歳をする格好で吊されてしまった。
さらに両足首にも紐が巻き付けられて引かれていく。
「み、見ないで!」ルミは開脚させられ、パックリと割れた淫裂が露になってしまった。
「これがクリトリスか!」後藤はピンクの突起の包皮を捲っていく。
「さ、触らないで下さい!」敏感なクリトリスを触られたルミは全身を衝撃が走っている。
「今まで何回オ○ンコを楽しんだんだ?」服部も乳房を揉みながら尋ねた。
「そんなの言えません…」
「言わないらこうだ」背後から小谷が尻穴に指を押し込んでいく。
「ヒー!」体をくねらせていくルミだった。
「もう一度聞く、何回オ○ンコを楽しんだ?」
「5、5回ほどしかしてません!」声を震わせながら答えている。
「そうか、体験してるのか。だったら安心して楽しめるな」後藤は黒い樹脂製の棒をルミの淫裂
に押し込んでいく。
「入れないで!」ルミにもそれはわかっていて、後藤はスイッチを入れた。
「ブーン!」振動しながら樹脂棒が膣の奥へ、奥へと入って「あ、あん、あん!」心地よい振動
がルミの淫裂の中を駆けめぐり、 自然にルミの淫裂が湿って淫汁が溢れていく。
「そろそろ、いくか!」後藤は樹脂棒を抜いて代わりに白い山芋を押し込み、出したり、入れた
りを繰り返していく。
それに合わせて「あん、あん、あん!」ルミも腰を動かしている。
だが(痒い…。膣の中が痒い…)山芋の効果が直ぐに現れてきた。
後藤は淫裂から山芋を抜くと、ネバネバした液体がビッシリと付いている。
 
 やがて「か、痒い、膣の中が痒い!」猛烈なかゆみがルミを襲っていく。
「掻いて下さい、膣の中を!」あまりの痒みにルミが叫ぶが「それはかまわないが、チンポでや
らせてくれ」
「それはいや、指で掻いて下さい!」
「チンポでないと、やらないよ」押し問答の末、しばらく沈黙が続いた。
腰を振ってルミは耐えているが限界に達して「ち、チンポでもいいですから膣の中を掻いて下さ
い…」
「そうか、白石君はチンポが欲しいのか。よし、入れてやるぞ!」その言葉を待っていた後藤は
ズボンを脱いでいく。
さらに、下着も脱いで下半身が丸出しになった。
「危ないから付けるからな」大きく膨らんだ肉竿にコンドームを取り付け、背後から淫裂に押し
込んでいくと「あん、あん、あん!」気持ちよさそうな悶え声をあげるルミだ。
「いくよ」根本まで肉竿を押し込むとルミの腰を両手で押さえてピストンをしていく。
「き、気持ちいいわ。凄くいいわ!」痒みを肉竿で掻かれて悶え声をあげるルミだ。
「オッパイも揉んでやるよ」小谷も加わって乳房を揉んでいくと開脚したルミは淫裂から淫汁を
太股まで流している。
ピストンのピッチも速まって「出る、出る!」後藤は動きを止め、肉竿を抜いた。
コンドームの先端には白い液体が溜まっている。
「今度は僕が掻いてやるよ」後藤に変わって服部も肉竿にコンドームを取り付けてピストンして
いく。
「あん、あん!」自由の効かないルミは悶え声をあげ、やがて、服部も爆発した。
変わって小谷、中山と肉竿で突いていき、ルミは4人の役員とセックスさせられてしまった。
 

「悲劇の女子アナ」第5話 引継  

4人が放出を終えるとルミはやっと自由にされた。
「これからはコンドームなしでやらせてもらうよ」
「許して、セックスはしたくないです…」
「そうはいかない。お前は俺達の相手をするんだ。その代わり、金と仕事は面倒見てやるぞ」グ
ッタリしているルミの乳房を足で踏み「ヒー!」痛みで体を反らせた。
「ここもだ!」淫裂も踏まれ「ギャ~!」悲鳴を上げるルミだ。
「わかったな。拒んだら写真を公開するからな」その言葉にどうすることもできず、泣きながら
頷くしかない。
「そうだ、いい子だ」足が退けられルミも立ち上がった。
「明日から収録がすんだら14階に来るんだ。これを渡しておく」IDカードを差し出した。
それを受け取ると皆が社長室に戻ってきた。
「服を着させて下さい」恥ずかしそうに両手を後ろ手組んで言うルミだ。
「そうだな。今日はこれくらいにしておくか」名残惜しそうに中山が乳房を揉んでいく。
「乳首が痛いです。もう、許して下さい」顔を歪めながらルミが答えた。
「わかった。服を着ろ。それから、今から下着は不要だ。直に着るんだ」
「そんな!」唖然とするルミに「いやなら素っ裸でテレビに出させるぞ」
「着ません、下着を着ません!」慌ててスカートを履いていく。
(そうだ。ノーパンが一番に合うよ、お前はな!)服を着込んでいるルミを見守っている4人だ。
 
 その後、ルミは自分のマンションに戻ってきた。
「お風呂で洗わないと」山芋の痒みは消えていたがコンドーム越しに犯されたのがいやだった。
「あれは、レイプと同じよ…」独り言を言いながらシャワーのバルブを開き、体を洗っていく。
「ここは丁寧にしないと」汚された淫裂を丁寧に洗っていく。
心地よく淫裂の中にお湯が飛び込んで「暖かい、気持ちいい…」指でさらに広げ、クリトリスに
シャワーを当てた。
勢いよくクリトリスをお湯が叩いていき「あん、あん、あん!」悶え声をあげるルミだ。
ルミの手もクリトリスを撫でだし、オナニーをしていく。
「いいわ、もっとして!」妄想をしながらクリトリスを刺激している。
 
 翌朝、いつものようにルミが出社して収録を行っていると服部が声を掛けてきた。
「ご苦労さんだったね。5時から引継をやるから社長室に来てくれ」
「わかりました」顔をこわばらせながら返事をするルミだ。
(また、レイプをする気ね…)そんな不安が脳裏を走っている。
「それから、今後は君に変わって菊池マコが担当することになった」服部が言う。
そこに中山も割り込んできて「白石君は新番組のレギュラーを用意してあるから」説明する中山
だった。
ルミは不安になりながらも収録を行い、収録が終わったのは5時前だ。
「あら、もう5時だ!」ルミはエレベーターにIDカードを差し込んで14を押した。
エレベーターは14階で止まりドアが開いていく。
誰もいない廊下を歩いて社長室に向かっていく。
(ここからはヌードなんだ!)社長室のドアをノックして入り「失礼します」礼をして顔を上げ
ると「!」唖然とした。
 
 「社長!」社長の後藤はアナウンサーの菊池マコの乳房を揉んでいる。
「あら、ルミさん!」マコは上半身裸になっていて、悪びれる様子もなく乳房を後藤に揉まれて
いた。
「噛んで、乳首を!」後藤は乳首を吸いながら軽く歯を立てた。
「あん。いいわ、いいわ!」悶え声をあげるマコだ。
そこに服部と小谷、中山と入ってきて「白石君、約束を忘れたのか?」
「で、でも菊池さんが…」同僚に全裸を見られたくなかった。
しかも股間のヘアがないからよけいだ。
「イヤなら、契約違反と見なすぞ」
「ぬ、脱ぎます」震えながらルミはスーツを脱いでいく。
淡いピンクのシャツは乳房で盛り上がり(上から脱ぐわ…)恥ずかしそうにシャツの裾を持ち上
げ脱いでいく。
「あら、ルミさんはノーブラなの?」乳房が覗いているが、顔を赤らめながらシャツを首から脱
いだ。
上半身を隠す物は何もなく、乳房が揺れている。
(どうしよう、スカートを脱いだらアソコをマコに見られてしまう!)震えながら腰のホックを
外していく。
「あら、スッポンポンになるの?」からかうようにマコが声を掛ける。
(言わないで。そんなこと!)今にも泣きそうな顔でファスナーを下げた。
スカートが足もとに落ちてルミは生まれたままの姿になってしまった。
「あら、ヘアがないわ!」わざとマコがからかっている。
「言わないで!」遂にルミが泣き出した。
「菊池君もスッポンポンになって欲しいな」
「わかりました。レギュラーを戴いたから当然よね」マコもスカートを脱ぐと黒いパンティを履
いている。
それも一気に脱いで全裸になると、股間はルミと違って真っ黒な絨毛がビッシリと生えている。
 
 「よし、座ってくれ。引継をおこなう」後藤の指示で引き継ぎ事項が報告される。
そして、来週から深夜の新番組をルミが司会をするのも報告された。
「来週からは頼むからね、生放送だから手抜きはできないからな」後藤の言葉に頷くルミだ。
「菊池君も後を頼むよ。あの番組は当局の目玉だからぜひ、頑張ってくれよ」引継は1時間ほど
で終わった。
「菊池君、白石君と楽しむ気はないか?」
「レズですか?」
「そうだ。やってくれないかね。本番もさせて欲しい」
「白石さんがよろしければ…」
「白石君なら喜んで菊池君に抱かれるそうだよ」
(言ってないわ。そんなこと一言も!)乳房と淫裂を晒したルミは顔色が青ざめていく。
「わかりました。社長さんの頼みだったらレズも、本番もお受けします」
「よし、行こう。特別室が用意されている」6人はルミのために作らせた部屋に向かう。
 
 初めて入ったマコは「あら、SMみたいだわ」人事みたいに言う。
「みたいじゃいよ。SMだよ」
「いやー!」それと同時にマコの両手首が縛られて、ルミも同様に縛られ2人は向かい合って天
井から吊されていしまった。
「本番もいいと言っていたよね」
「いや、こんなのいや。普通でやってよ!」拒むマコだが足が開かされていく。
「ヘアも剃っておけ!」後藤は服を脱いで全裸になっていた。
「いや、ルミさん見ないで!」マコは乳房を揉まれながら肉竿を押し込まれていく。
(見られてしまった。セックスしているところを!)恥ずかしさに顔が真っ赤になっている。
「俺はルミだ!」「いやー!」ルミも乱暴に乳房を掴まれ肉竿を挿入されていく。
「いや、抜いて!」2人の悲鳴が部屋に響いている。
(ルミの膣におチンチンがはいっていく!)マコはルミの様子がよく見えている。
肉竿の動きも速まって「あ、あっ、あー!」喘ぎ声に変わっている。
こうしてルミとマコは4人に代わる代わる犯されてしまった。

▲Page top