fc2ブログ

「願望日記」第1話 ビデオ

登場人物
 
     酒井伸行:城東大学教授         谷山高次:会社経営
     〃 瑞穂:酒井の妻            〃 明美:谷山の妻

第1話 ビデオ
 
 高級住宅が並ぶ町並みで、どこにでもあるような光景が見うけられた。
「行ってくるよ」
「行ってらっしゃい」玄関から夫を妻が見送っている。
夫は高級車に乗り、自宅から勤務している大学へと向かっていく。

 夫の名前は酒井伸行と言い、城東大学の教授をしており、見送っていたのは、妻の瑞穂だ。
2人にはまだ子供がおらず、穂は夫を見送ると、家に入って家事をしていく。
食事の後かたづけを済ませると部屋の掃除を始めた。

 「ここは書斎だけど汚れているし…」普段入らない夫の書斎に入った。
「こんなに散らかして」愚痴を言いながら掃除をしていくと「あら、何かしら?」机の下に黒い袋があった。
瑞穂はそれを拾い、中身を取りだすと「ビデオだわ。どうしてここにあるのかしら」不審に思いよく見るとテープにはラベルが貼ってない。

 「伸行さんには悪いけど…」見つけたビデオを持って、リビングに向かった。
リビングに入ると、直ぐにテレビのスイッチを入れて、ビデオを再生すると、スーツを着込んだ女性が映し出される。

 女性は30代と思われ、応接用の椅子に座り、何やら呟くががハッキリ聞こえない。
暫くして、男性が2人現れ、女性を押さえてテーブルの上に仰向けに寝かせていく。
『イヤ、何をするのよ!』悲鳴が上がっている。

 叫ぶが、女性の両手がテーブルの足に縛られ、足をバタバタしていく。
男達は自由が効かないのをいい事に、スーツのボタンを外し始めた。
「アダルトビデオだわ。どうして伸行さんが持っているのかしら?」疑問を感じながらも見続けると、ブラジャーが脱がされ、乳房が露わになった。

 『やめて、お願いです!』泣き叫ぶ声が聞こえる。
『この際だか、らやらせろよ』男達はスカート、パンティと剥ぎ取り、下半身を丸出しにした。
『やめて、いや、いや!』テレビには足を押さえられ、淫裂が映し出され、その淫裂を指が触っていく。
 
 「まさか、セックスをする気では?」興奮が高まっている。
画面は瑞穂の期待に応え、2人の男も服を脱いで全裸になった。
『やめて、レ○プしないで!』泣きながら首を振るが、足を押さえ、膨らんだ肉竿を淫裂に押し当て、もう1人が乳房を掴み揉んでいる。

 『ヒー!』悲鳴が上がり、淫裂に肉竿が入って『う、う、う!』涙を流しながら泣く女性だ。
「本当にレ○プしたのかしら?」瑞穂の呼吸が速まり、鼓動も速まり胸が波打っている。
「私もレ○プされてみたい…」自然とスカートの裾を持ち上げ、パンティの中に指を入れていく。

 『あ、あ、あ!』テレビでは、腰の動きに合わせて呻き声が上がり、瑞穂もそれに合わせて指を動かしていく。
「クチャ、クチャ!」湿った音がしている。
「欲しい、ここに入れて欲しい!」指の動きが早まっている。
 
 やがてテレビからは『イヤ~!』悲鳴が上がり、それと同時に肉竿が抜かれ、白い液体が流れ出る、淫裂が映し出された。
「射精されたんだ。私も伸行さんに子宮の中で射精されたい…」妄想しながら指を動かし続け、淫裂からは、指の刺激で白い淫汁が流れだし、パンティを濡らしていく。

 『今度は、俺とだぞ!』相手が代わった。
女は両手を後ろ手に縛られ、立ったまま犯されていく。
『許して、もう許して!』苦痛で顔が歪んでいるが、肉竿のピストンが停まらない。

 そして、淫裂からまた白い液体が流れていく。
「オチンチンが凄いわ。私も、ああされたい…」もう片手が乳房を揉み、虚ろな目で画面を見つめていると、突然画面が変わった。

 どこかのパーティ会場らしく、そこにあの女性が現れた。
女性は泣きながら、着ている服を脱いでいく。
その様子を会場の男性達がニヤニヤしながら眺めている。

 「脅迫されているんだわ、レ○プビデオで…」瑞穂も食い入るように見つめている。
女性はやがて、生まれたままの姿になり乳房と股間を露わにしていく。
『ヘアを剃ります』泣きながら用意された道具で股間の絨毛を剃っていく。
「ヘアを剃ったら、性器が丸見えよ」慌てる瑞穂だが、女性は絨毛を消していく。

 そして、ピンクの割れ目が露わにされた。
『剃りました、これが私の生まれたままの姿です』泣きな声で言いながら、男性達に晒していく。
「性器を男に見せるなんて…」信じられないと言った顔になっている。

 その後、女性は男性の間に入り、グラスにビールを注いでいくが、勿論男性は乳房や無毛の淫裂を触りまくり、それにも堪えて注いでいる。
 
 そこで、また画面が変わった。
今度は、全裸になった女性が両手を縛られ、天井から吊された。
その周りをムチを持った男が取り囲んでいる。

 『やめて。お願いですから打たないで!』恐怖で顔が強ばっている。
『誓え。誓わないならこうだ!』白い尻がムチで打たれていく。
それに、乳房も打たれて『ギャー!』体を震わせ悲鳴を上げていく。
「そんな、むち打ちだなんて!」見ている瑞穂も体が強ばった。

 『誓え、誓うんだ!』なおも、ムチで打たれて『誓います。真理は皆様の奴隷になる事を誓います』
『本当だな?』
『はい、誓います』大粒の涙が流れている。
真理と名乗った女性は、縛ってある両手が解かれたが、乳房と尻には、赤い筋ができており、自由になると、その赤い筋を撫でていく。

 『パーティの開始だ!』リーダーらしい男が叫んだ。
すると、ドアが開いて女性達が入って来たが、皆が生まれたままの姿で、乳房と淫裂を剥き出しにしている。
しかも、全員が股間の絨毛を綺麗に剃り上げ、首にはペット用の皮の首輪が取り付けられており『お前も、今日から着けるんだぞ』真理にも、首輪が取り付けられた。
 
 その後、女性達は男性に抱き付き、チャックを引き下げ肉竿を口に含んでいく。
「あんな、汚いのをなめるなんて、信じられない!」瑞穂は叫んだが、事実、瑞穂は伸行のフェラも、した事がない。
セックスはしても、フェラはしない主義だったからだ。

 顔を曇らせながら画面を見てると、女性の口から、白い液体がこぼれてくる。
「そんな、口に射精だなんて!」フェラした事のない瑞穂だが、射精されたのはわかる。
女性達は、それを躊躇うことなく飲み干し『エキスを頂きありがとうございました』礼を言う。
「そんなバカな…」瑞穂には信じられず、手の動きが止まり、呆然としている。

 やがて冷静さを取り戻して「とにかく、戻しておかないと…」テープを取りだし、書斎の机の下に戻していく。
「でも、伸行さんがどうしてどうして、あれを持っていたのかしら?」新たな疑問が生まれた。
 
スポンサーサイト
[PR]

「願望日記」第2話 下着

第2話 下着
 
 瑞穂は書斎を掃除し終えると、何事もなかったように家事をして、夫の帰宅を待っていると「ただいま」声と共に伸行が入ってきた。
「お帰りなさい」いつものように出迎えた。

 その夜、瑞穂は「あなた。久しぶりに欲しいの…」と誘う。
「ごめん、今夜は学会のまとめをしないとダメなんだ。遅くなるから、先に寝ていていいよ」
「今夜もダメなの?」
「これが終わったら、今までの分頑張るから。発表が済むまで、我慢してくれ」伸行の口癖だった。

 夫婦間のセックスは、ここしばらく行われておらず、伸行は食事を済ますと書斎に入っていく。
「私に魅力がないのかしら?」満たされない気持ちを堪え、今日の出来事を日記に書いていく。
「私もレ○プされたい。膣の中にオチンチンを入れて、散々射精されてみたい…」昼間のビデオを思い出して日記に書いた。
 
 それから数日後の日曜日、瑞穂は夫を残して町に買い物に出かけた。
「そうだわ。エッチな下着で誘惑したらどうかしら?」急に思い付いたのか、下着店に入った。

 店内には所狭しと色々な下着が置かれてあり、黒い下着を捜していくと、店員もそれに気づいたのか「奥様、このようなのはいかがでしょう?」差し出したのは黒いブラジャーだ。

 「これじゃ、普通よ。もっと、夫が驚くのが欲しいの」瑞穂に恥ずかしさは消えており、店員の前で言う自分が信じられなかった。
それは自分も必死だったからだ。

 「それでしたら、こちらでは?」今度、うっすら黒味を帯びた下着だ。
「いいわね、これなら夫も驚くわ」カップに手をやり、透けているのを確認して、笑顔になった。

 「ありがとうございます。どうせなら、セットになさっては?」パンティとガーターベルトを差し出す。
「あら、これもあるんだ!」(これならヘアも丸見えのはずだわ。伸行さんも、私を求めてくるに違いないわ)目を潤ませながらパンティを見つめている。

 「この際だから、ストッキングも頂戴。セットでしょう?」
「わかりました、お買いあげ頂きありがとうございます」店員は瑞穂のサイズを聞いてから袋に詰め込んでいく。
(これを着たら、伸行さんも驚くわ)笑顔になり、代金を払い自宅へと向かった。
 
 その夜、瑞穂は風呂から上がると、買い込んだ下着を着込んでいく。
黒い下着からは乳房と絨毛が丸見えになっている。
それに、黒いストッキングとガーターベルトは瑞穂をよけいに卑猥に見せている。

 「恥ずかしいけど、これなら今夜は…」淡い気持ちを込めて、夫の元へと向かった。
「あなた、これを買ってきたの」顔を赤らめ下着姿になっていく。
「似合うよ。綺麗な体じゃないか!」伸行は瑞穂の体を見つめ、立ち上がると唇を重ね、胸を触ってから「ごめんな。学会が終わるまでは我慢してくれ」いつもの言葉だ。

 (今夜こそ、して欲しいのに…)
「わかった。学会が終わる迄よね」泣きたい気持ちを堪えて、寝室に入っていく。
そして、日記に向かった。

 「欲しい。誰でもいいから、私とセックスして!」泣きながら書いた。
それが済むとベッドに入り込み、パンティとブラジャーをずらして、指で触っていく。
「入れて。思い切り、私をレ○プして!」妄想しながら指で淫裂と乳房を触った。
 
 翌日、瑞穂はいつものように家事をしていると「水道工事に伺いました!」玄関から声がする。
「今開けます」ドアを開けると2人立っていた。
「酒井さんのお宅ですよね。旦那様から蛇口を交換してくれと言われまして」
「あら、そうなんだ。それだったら、あがって!」2人を家の中に入れドアを閉めた。

 その時「う!」瑞穂は口を塞がれ、体を押し倒されて、両手を後ろ手に縛られてしまった。
それに、口にもハンカチが押し込まれて「ウグ、ウグ!」叫んでも声にもならない。

 2人は瑞穂の自由を奪うとリビングに連れて行き、照明を付けてビデオをセットし始め(私を犯す気だ!)首を振って拒むが、2人はお構いなしだ。
ビデオのセットが済むと「奥さん、楽しませて貰うぜ!」服を脱がしに掛かる。
(イヤ、やめて。レ○プなんてイヤよ!)拒んでも、手が効かないから、足をバタバタするだけだ。

 「静かにしろ、死にたいのか?」暴れる瑞穂の顔に、ナイフが押し当てられ(抵抗したら、殺される…)一瞬にして、動きが止まった。
「そうだ、それでいい」男は服を脱がせていく。
 
 シャツを脱がせると「凄いぜ、見ろよ!」昨日の下着のままだから、乳房が透けて丸見えになっている。
「これは面白い。奥さん、オ○ンコしたかったんだね。思い切りやってやるぜ!」今度はスカートを、脱がせていく。

 (イヤ。そこはイヤよ!)足をバタバタしても、スカートが引き下げられていく。
「凄いや。オ○ンコのヘアまで出しているぜ」パンティからは、絨毛が透けており(ヘアを見られた…)目を閉じたが、その目からは涙が流れていく。
男はそんな事で容赦はせずに、スカートを引きはがすとパンティも掴み、下半身を剥き出しにしていく。

 (あなた、助けて!)夫に助けを頼むのは無理で、パンティが引き下げられ、足首から抜かれた。
「ほう、まだピンク色じゃないか。楽しみだぜ!」足を開かせ、淫裂をビデオに撮り、指で触わりだした。
「ウグ、ウグ!」首を振るが、指は敏感なクリトリスを撫でていく。
 
 「オッパイにもしてやるぜ!」ブラジャーも脱がされ、乳房が掴まれた。
「可愛いね、旦那が羨ましいよ」乳房を揉んでいく。
(イヤ、そんな事しないで!)伸行とは、2ヶ月セックスしてなかったから、久しぶりの行為に、呼吸も荒くなっている。

 「乳首が膨らんでいるよ。吸って欲しいだろう?」ニヤニヤしながら指先で乳首を転がしていく。
(やめて。やるんだったら、一気に犯しなさいよ!)呼吸が荒くなっていく自分が怖かった。
それを見抜いたのか、乳首を吸い始め、指がクリトリスから膣へと入り「ん、ん、ん!」瑞穂の背中が反応して浮き上がった。
 

「願望日記」第3話 暴行

第3話 暴行
 
 膣に入った指が、ゆっくりと動き回りだした。
(やめて、そんな事されたら声が出ちゃう!)呼吸も速まり、乳房も波打っていく。
「面白い。奥さんがオ○ンコしたがっているぜ!」ビデオを撮っている男が瑞穂の動きに気づいた。

 「わかっている。オ○ンコの中が、ベトベトになっているし」膣から指を抜いて瑞穂に見せる。
(イヤ、見たくもない!)目を閉じて顔を背けると「見るんだ。お前のオ○ンコ汁だよ」乳首が潰された。

 「ウー!」呻き声を上げ、目を開けると指先が液体で濡れている。
「わかったか。これがオ○ンコ汁だ!」勝ち誇ったように言うと、ズボンを脱いでいく。
それには「う、う、う~!」首を振った。

 「こんなにオ○ンコ汁が流れているんだ。痛くはないぞ。気持ちよくやってやるよ」ズボンとパンツを脱ぐと、股間の肉竿がそそり立っている。
(イヤ、レ○プなんてイヤ。あなた、助けて!)昨日まで、レ○プ願望だったが、今は拒んでいる。
 
 ズボンを脱ぎ終えると、瑞穂に覆い被さり、体を押しつけてきた。
肉竿も膣を押し広げ、先端が入り込み、ゆっくりと膣肉を広げながら奥を目指す。
(オチンチンが、入ってしまった!)夫以外の肉竿が体内に入り込み「う、う、う!」と嗚咽を上げていく。

 「泣くなよ。もっと、いい事してやるから」肉竿が根本まで入ると、ピストンが始まった。
乳房を揉まれながらのピストンに「ん、ん、ん!」喘ぎ声を上げ、体を弓のように反らせ、それに「クチャ、クチャ!」淫裂から満足そうな音が上がっている。

 (やめて。これ以上されたら、変になっちゃう!)レ○プされているのに、快感を表す訳には行かず、必死に堪えたが、悲しいかな、勝手に体が反応してしまい、淫裂から淫汁が流れ始めた。
(漏れている。膣から漏れている。見られたら恥ずかしい…)
 
 無理もなかった。
夫の伸行は2ヶ月も相手にしておらず、肉竿のピストンに、瑞穂も徐々に登りつめた。
「奥さん、気持ちいいよ、出したくなった…」
(イヤ、お腹の中はイヤ。外に出して!)首を振っている。

 「なんか、言いたいのか?」口が解かれた。
「出さないで。お腹の中はイヤ!」
「そうは行くか。せっかく出すとこまで来たんだ。出さない手はないよ!」
「く、口に出して。それならいいでしょう?」とっさに言った。

 「口ね。ホントにいいのかね?」
「いいわよ。その代わり、絶対に、お腹に出さないと誓って!」
「それなら誓うよ。やって貰う」瑞穂は体を起こされ、口に肉竿を押し込まれた。
「ウグ、ウグ!」始めてのフェラだ。
(オチンチンを、なめているんだ…)咽の奥まで肉竿が入り込んできた。

 男は瑞穂の頭を押さえて、ゆっくりと腰を振り、それをビデオが撮っている。
「気持ちいいぜ、奥さん!」やがて男は登りつめた。
「うー!」頭を押さえ、動きが停まると咽の奥に、暖かい異物が漂いだした。
(射精だわ、射精されたんだ!)液体が咽の中に広がり、不快感も漂いだす。

 「出したよ」肉竿が抜かれると、口から涎のように白い液体が流れ、それをビデオが撮っている。
「今度は俺とやろうぜ!」相手が代わり、瑞穂は立ったまま、後ろから犯されていく。
「あ、あ、あ!」背中を反らせ声を上げている。

 「気持ちいいだろう。言えよ!」乳房も掴まれ、揉まれていく。
「良くない、レ○プなんてイヤ!」そう叫ぶが、体が正直に反応している。
「もっと、オ○ンコして欲しがっている癖に。強がりは体に良くないよ」ピストンが早まり「あ、あ、あ!」自然に体が反って声を上げた。
(ダメ、このままでは変になっちゃう!)必死に堪えていた。
 
 「全く、強がりな奥さんだな。仕方ない、こっちが先に行くよ!」
「イヤ。お願い、出さないで!」
「わかったよ。やってくれるよな?」
「はい、やります」男の前に膝を降ろし、肉竿を口に含むと、頭を前後に振っていく。

 「いいよ。最高にいい!」乳房を掴みながら、登り詰めていく。
(また、口の中に射精されるんだ…)我慢して口を動かしていると「う~!」動きが停まった。
(射精だわ。また射精された!)再び不快な液体が漂い出す。
「気持ちよかったよ、奥さん!」射精すると、満足げに肉竿を仕舞い込み(やっと終わった…)不快な液体を飲み込に、安堵の顔になった。

 その安堵をうち破るかのように「奥さん、ここを手入れしような!」絨毛を掴んだ。
「やめて。そんな事したら、夫にレ○プされたのを知られてしまいます!」顔が引き吊った。
「ヘアは剃りたくないのか。だったら、これでオ○ンコを弄くるんだ!」黒く光るバイブだ。
 
 「そんな、はしたない事はできません!」首を振っている。
「やらないなら、オ○ンコを坊主だ。どっちがいいか選べ!」
「オナニーします…」力無く答える。
「それなら、解いてやるぞ。変な事をしたら、これで刺すからな!」ナイフを乳房に押しつけた。

 「変な事はしません。誓いますから、ナイフを退けて下さい」震え声だ。
「それなら解いてやる!」両手のロープが解かれ、自由が戻ると、その手にバイブが渡される。
(こんなのでオナニーするなんて…)ソファに座り、目を閉じて淫裂にバイブを押し込んでいく。

 「あ、あ、あ!」振動に声を上げた。
「もっと足を広げろ。撮れないぞ!」言われるまま、足を開いてバイブを押し込んでいくが(撮らないで。こんな恥ずかしいのは撮らないで!)手を休める訳にも行かず、バイブを膣の奥まで押し込み、動かしていく。

 「ん、ん、ん!」心地よい振動で、再び淫裂から淫汁が流れていく。
(気持ちいいわ、こんなに感じるなんて、久しぶりよ…)バイブの動きに合わせて、淫裂も形を変えている。
「奥さん、オッパイを揉んでやるぜ!」1人が無防備の乳房を揉み、乳首も吸われ、更に「あ、あ、あ!」声を出していく。

 瑞穂はこの後も2回犯されてしまい、男達が帰ったのは3時近かった。
「射精されなかったけど、万が一があるし…」浴室に入り、犯された淫裂を丁寧に洗っていく。
「もう安心だわ」洗い終えると、何事もなかったかのように家事をして、夫の帰宅を待った。
 

「願望日記」第4話 夫の暴行

第4話 夫の暴行
 
 その夜、伸行はどういう風の吹き回しか、久しぶりに瑞穂を求めた。
「今日はイヤなの。お願いやめて!」拒む瑞穂のネグリジェを脱がしていく。
瑞穂はブラジャーを着けておらず、胸が開いて白い乳房が揺れている。

 「瑞穂!」その乳房を鷲づかみし、揉んでいく。
「いや。乱暴にしないで!」苦痛で顔が歪んでいるが、伸行はそれでも乳房を揉み続け乳首を吸う。
「ん、ん、ん!」さすがに、瑞穂も喘ぎ声を上げるが、伸行は乳首を噛んで「ヒー!」悲鳴に代わった。

 「痛~い。やめて、噛まないで!」頼み込むが聞き入れず、別な乳首も噛み「ヒー!」体が浮き上がった。
「やめて、お願い!」伸行の頭を押さえて、やめさせようとするが「やりたいんだ、やらせろよ!」今度はパンティを掴み、引き下げていく。

 「イヤ、こんなのイヤ!」夫から乱暴にされるのは初めてだった。
パンティを脱がされまいと手で押さえるが薄い生地は引き裂かれ、股間が覗いている。
 
 「イヤ、イヤ。今夜のあなたは変よ!」手で股間を押さえた。
「やらせてくれ、やりたいんだ!」その手を押さえ、下半身を剥き出しにすると、真っ黒な絨毛に覆われた淫裂が覗いている。

 「いや、いや!」伸行は嫌がる瑞穂の両手を自分のベルトで縛り自由を奪った。
「やめて、お願いだからやめて!」昼間、犯された事が思い出される。
(レ○プよ、夫にレ○プされるんだ…)予想が的中した。

 伸行は全裸になると、いきなり淫裂に肉竿を押し込み「ヒー!」また悲鳴が上がる。
「やらせろ、思い通りに…」乳房を握りしめて、なおも腰を密着させ、肉竿が根本まで押し込むと、ピストンを始め「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げ「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響いていく。
 
 暫くして、伸行がクライマックスを迎えたのを瑞穂は感じた。
「ダメ、お腹にしないで。口で受け止める!」思わぬ言葉に、伸行の動きが停まった。
「フェラをしてくれるのか?」
「するわ。だから、お腹に出さないで…」

 「わかった。やってくれ!」縛った両手を解いていく。
両手が効くようになった瑞穂は、仰向けになった伸行の脇に膝を付けて座り、肉竿を口に迎え唇で擦りだし「あ、あ~!」気持ちよさそうな声を上げている。

 (初めてだわ。伸行さんのオチンチンをなめるのが…)肉竿の根本まで口に含むと頭を上下に振っていく。
「気持ちいい。瑞穂にやって貰えるとは思わなかった。必ず出すから飲むんだぞ」虚ろな顔になり乳房を撫でていく。
(飲むけど、私、2人にレ○プされたの…)夫に告げようか迷っている。

 やがて、乳房を掴んでいた手が頭を押さえた。
(射精だわ、射精が始まるんだ!)息苦しさを感じるなか、不快な液体が咽の奥に漂いだした。
「出したよ。飲むんだ!」肉竿が抜かれ「ゴクン!」ためらう事もなく飲み込む。

 「瑞穂、良かった。まるでレ○プしているみたいだった。またやらせてくれよ」
「たまにならいいけど、毎回はイヤよ、乱暴にされると痛いのよ」
「わかった。たまにでもいいよ」伸行はやる事を済ますと、服を着込んで書斎に向かう。
「伸行さんからも、レ○プされるなんて…」夫がいなくなると、今日の出来事を日記に綴った。
 
 それから数日が経ち、書斎を掃除していると本棚の上に本が置かれていた。
「こんな所において…」それを取り見てみると夫の日記だ。
「悪いけど、気になるし…」興味本位で開いた。
 
  ○月○日  瑞穂をレ○プしたくてどうしようもなかった。嫌がる瑞穂の手を
        縛り犯した。
        膣の中に射精したかったが、フェ ラしてくれるというので射精
        は取りやめた。だが、瑞穂がフェラしてくれたのは初めてだ。
        今度は人前で裸にしてみたい。それに、ヘアも剃って写真を撮っ
        てみたい。瑞穂はきっと嫌がるだろうが、恥ずかしがる瑞穂を撮
        りたい。
 
  △月△日   友人に誘われて秘密クラブに行った。女を奴隷のように扱い、
        ムチで打ったりした。妙にすがすがしい気分だ。
        もし出来るなら瑞穂を縛り上げ、奴隷のように扱いたい。
 
 それを読んでいる内に、瑞穂は伸行の考えが怖くなり、日記を閉じて置かれた所に置いた。
「伸行さんが私を奴隷のようにしたいだなんて、信じられない…」急いで掃除を済ませて書斎から出た。
  
 そして、昼過ぎに夕食の買い物を終え、自宅に戻ると郵便受けに何かが入っている。
「あら、何かしら?」郵便受けには紙袋が入っており、それを郵便受けから引き出して家に入ってから開けた。

 「テープだわ。まさか…」顔色が一気に青ざめ、他にないか調べると、封筒が入っていた。
震える手でそれを開け読んでいく。
「そんな~!」泣き声に近い声だ。

 読み終えるとテープをデッキに入れ再生を始めた。
暫くして、瑞穂の姿が画面に映し出され「私だわ、間違いない!」動揺しながらなおも見続けると、服を脱がされていくのが映し出された。
スケスケの下着からは乳房が見える。

 さらに、スカートも脱がされ、スケスケのパンティから絨毛が覗いている。
「う、う、う!」瑞穂は嗚咽を上げながらなおも見続けると、画面にはパンティが引き下げられ淫裂がアップになった。
黒い絨毛に覆われた淫裂に指が入っていく。
指は膣の中を動き回り、白い淫汁が流れているのもわかる。

 「イヤ、イヤよ。どうしてこんな事に…」手で涙を拭きながら見た。
テープは30分程で再生が終わったが、瑞穂の涙が止まらない。
「何て言い訳すればいいのよ、ヘアを剃ったら伸行さんに怪しまれるし…」手紙を握りしめ泣いていた。
 
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
326位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻 連載中
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
ブログ内検索
記事数メーター