fc2ブログ

「隔離された学園」第1話 離婚

登場人物

    川口泰子:英語教師          岩瀬浩志:岩瀬学園理事長 
    田中典子:数学教師          大倉秋子:岩瀬学園校長  
    武田桂子:物理教師          伊藤直美:寮のまかない婦 
    野上志保:体育教師 

第1話 離婚

  窓から明るい日差しが照りつける中で、女教師が授業をしているが、女教師は一糸まとわぬ全裸だった。
ハイヒールだけを履き、教卓も退けられて、生徒達に全裸を晒している。
恥ずかしそうに体を震わせ、目を真っ赤にしており、肌まで桜色に染まっていた。

 女教師はそれでも乳房を揺らせ、股間の絨毛をたなびかせながら授業をしていく。
生徒達は、全裸で授業をしている教師の、揺れ動く乳房と股間をニヤニヤしながら見つめていた。
全裸の教師は恥ずかしさに耐えきれず、目尻から涙を流していくが、授業は進めている。
(どうして、こんな事に…)乳房を揺らせて、過去の事を思い出していく。

 それは、昨年の事だった。
「何度言ったら分かるんだ。そんなバカな事はできない!」
「何が、バカな事ですか。これは生徒の人権を尊重しただけです!」
「人権尊重…。笑わせるな。ガツンとやってこそ、奴らはおとなしくなるんだよ」
「そんな事をしたら、返って反発されます。彼らだって、分かってくれます」2人の教師が言い争っていた。

 女性の名前は川口泰子といい、教師を始めてから5年になる。
結婚しているが、家庭崩壊で離婚は時間の問題だった。

 泰子は生徒の指導方法を巡って、学年主任と対立している。
「わからんやつだな。これ以上言っても無理だ、辞表でも書け!」
「イヤです。何故、そんな事までしないといけないのですか。理解出来ません!」
「書かないならそれでもいい。そのうちに、転勤したくなるからな。そうなっても知らないぞ!」脅しと思われる言葉を投げかけると、男性は出て行った。

 「女だと思って、バカにしないでよ!」泰子もドアを開けて、職員室に戻ると同僚は誰もいない。
「帰ったのね、その前に部室を見てこないと」泰子は顧問をしている英会話部の部室に入った。

 「あら、まだいたの。遅いから返らないと両親が心配するわよ」
「わかっています」部員に注意を与え、職員室に戻って帰り支度をしていると、英会話部の部長が入ってきた。
「先生、今度の研修旅行の代金です」
「ご苦労さん。20人分でしたよね?」
「はい、20万あります」泰子は渡された代金を数えていく。

 「間違いないわ。預かっておく!」封筒に入れてからバックに仕舞い込んだ。
「もう遅いから、帰るのよ」
「わかっています。それよりも、先生が離婚するって本当ですか?」
「そんな事はどうでもいいのよ。あなたとは、関係ないから…」

 「ありますよ。僕は先生が好きですから!」いきなり、部長が泰子に抱きついた。
「やめなさい。声を出すわよ!」
「出してもいいです。でも、先生の立場がどうなりますか考えて下さい」

 スーツのボタンが外されて、シャツの上から乳房を撫でられていく。
「やめないなら、ホントに声を出すわよ!」
「出しても、かまいません…」乳房を撫でていた手が、シャツのボタンを外しだし、それに唇を吸われて声も出せない。

 (やめて。見つかったら、大変な事になるわ!)手を押さえるが、男の力にはかなわず胸元が開いていく。
「先生!」ブラジャーが上げられて、露わになった乳房を揉まれだす。
「ダメ、やめなさい!」だが「ん、んー!」力が抜けていく。
(ダメ。乳首を吸わないで!)泰子は乳首が弱点だった。

 女性の本能と言うか、乳首を吸われると本能が目覚め、自然に泰子の両手が部長の頭を抱えている。
(いいわ、いいわよ。もっと吸って!)「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げている。
部長は相変わらず乳房だけを愛撫していた。

 「もういいでしょう。帰らないと…」泰子は乳房を押さえた手を掴んだ。
「そうですね。帰らないといけませんよね」
「この事は、誰にも言わないでね」乳房をブラジャーの中に押し込み、ボタンを掛けていく。
「当然です。僕は口が堅いですから」また唇を重ね「う!」目を閉じた。

 「先生。また、明日しましょうね」
「だめ、もうだめよ」後ろ姿の部長に言うが、聞こえたのか知らないが、職員室から出て行く。
「困ったわ。付きまとわれると困るし…」服の乱れを直すと、職員室を出て自宅に向かった。

 自宅に戻ると「遅いな。誰かと不倫をしてきたのか?」夫が怒鳴って言う。
「そんな事しないわ。あなたとは違うからね」
「嘘付くな。調べればわかるぞ!」「やめて、やめてー!」泰子は夫に押し倒された。

 「脱ぐんだ。素っ裸になれ!」
「やめて。裸なんてイヤよ!」抵抗する泰子だ。
「オ○ンコでも、してきたんだろう。だから裸を見せられないんだな?」
「違うわ。そんな事してないわよ!」叫んでも無駄で、スーツが脱がされていく。

 「やめて。お願いです!」スカートも脱がされ、下着だけの姿にされた。
「どれ、オッパイを調べるか!」
「いやー!」ブラジャーが乱暴に引き下げられ、教え子に触られた乳房が露わになっている。

 「オ○ンコも調べるぞ!」「いや、いやー!」パンティが掴まれた。
泰子も必死にゴムを掴み、脱がされまいとしている。
お互いが引き合うと、薄い生地が引き裂かれ、股間を露わになっていく。
「どれ、オ○ンコを調べるか!」
「お願い、やめて。もうやめて!」両手で股間を覆った。

 「手が邪魔だ。隠すならこうだ!」両手を押さえられて、後ろ手に縛られてしまった。
その後、太股にまとわりついたボロ切れも取り除かれ、全裸を夫の前に晒している。
「レイプよ。夫婦間でも、レイプは犯罪だからね!」
「そんな法律聞いた事ない。とにかくお前の体を調べないと…」

 「触らないで。いやよ!」淫裂の中に指を入れられ、開かれた。
「オ○ンコしたいのか。こんなに、タダレているぞ!」指が動き出し「ん、ん、ん!」声を上げまいと、堪えている。
「そうか、オ○ンコしたいのか。だったら俺のを入れてやるからな!」夫も服を脱ぎだす。

 「嫌いよ。あんたなんか、嫌いよ!」
「嫌うなよ。夫婦じゃないか」
「いや、いやー!」全裸になった夫は、肉竿を泰子の口の中に押し込んでいく。

 (こんな人とは、もう暮らしたくない…)両手を縛られているので、どうする事もできず「うぐ、うぐ!」肉竿が口に収まると腰を振りだす。
(やめて、いやー!)首を横に振ると「何だ。口よりオ○ンコの方がいいのか。よし、やってやるぞ!」肉竿が抜かれる。

 その後、泰子は俯せにされ「やめて、お願いやめて!」叫ぶが、腰を持ち上げられて「ヒー!」淫裂に肉竿が入り込む。
「抜いて。お願い、抜いて!」叫ぶが、肉竿が抜ける事はなく「あ、あ、あ!」腰が動いて、喘ぎ声を上げていく。
「オ○ンコが、気持ちいいだろう?」ピストンが早まった。

 「こんなのイヤ。やめて!」
「妻なら我慢しろ、俺はこうやって、オ○ンコしたいんだ!」ピストンを続けていく。
(これはレイプだわ。もう終わりだね。私達は…)泣きながら淫裂を突かれて「うー!」夫は腰を密着させてきた。
「イヤ。出さないで。お願い出さないで!」しかし、淫裂から白い液体が流れ出ている。

 「出したぞ。気持ちいいだろう?」肉竿を抜くと、カメラを取り出した。
「撮らないで。いやー!」足を開かされ、性器が丸見えになって、精液が流れ出ている。
「ピ!」「ピ!」電子音がして(撮られている、性器を晒したヌードを!)夫の仕打ちに涙が止まらない。

 「俺から逃げたら、この写真をばらまくからな。それに、浮気できないようにしてやるからな!」カメラを置いてカミソリを持ってきた。
「やめて。そんな事、やめてー!」叫ぶが無駄で、絨毛がカミソリで消され、代わって赤黒い地肌が見えてきた。
(もうイヤ。こんな人とは、暮らせない!)泰子の涙が止まらない。

 それでもカミソリが動いて、絨毛は消し去られ、淫裂が全貌を現した。
「記念の写真も撮るぞ。ヘアを剃った記念のオ○ンコだ!」また電子音がして「う、う、うー!」悔しさで泣いたままの泰子だ。

「こんなオ○ンコを見たら、興奮してきた!」淫裂を触りながら、指を膣の中に入れて行く。
「欲しがっているのか。俺のこれが?」指に変わって、肉竿を入れて「いや。もうやめて!」両手を縛られた泰子は、また夫に辱めを受けた。

 翌日、泰子は学校を休んで、家庭裁判所に離婚の調停を申請した。
それに、アパートを借り受け、別居生活を始めた。
しかし、それは泰子にとって、つかの間の憩いにしかならならかった。

 「俺から逃げる気か。そんなのは許さないからな!」夫がアパートに押し掛けてきた。
「裁判所から届いたでしょう。離婚の事で!」
「来たよ、俺は絶対にイヤだ。離婚はしないぞ!」
「私は絶対に離婚するからね。あんな、酷い仕打ちをされたんだから」

 「あれくらい、どこでもやっているぞ。SMプレイというんだ!」
「でも、へアを剃ったり、写真を撮ったりは異常よ」
「いいじゃないか。お前も気持ちよさそうに、悶えていたじゃないか!」
「そんな事、していなかったわよ」お互いに言い合い、まとまらない。

 「俺と別れたかったら、300万出せ!」遂に夫が言った。
「わかったわ。払ってやるわよ」
「それから、浮気をしないように、オ○ンコを剃らせろ!」
「イヤよ。そんなの変態がすることよ」

 「だったら、離婚は認めない!」
「わかったわ。私が剃るから、見て確認して」
「それでも、いい!」話がまとまった。

 泰子は銀行から借り受けて、夫と正式に離婚が成立したが、女教師一人での返済は大変だ。
給料の大半がアパート代とローンの返済に取られて、苦しい生活を強いられている。
それに、2週間に1回の割合で、別れた夫が訪れてくる。

 「脱げ。オ○ンコを見せろ!」
「わかったわよ」前の夫の見ている前で、スカートを脱いでいく。
「早く脱げよ。出し惜しみするな!」
(勝手な事言わないで!)悔しさを滲ませながら、パンティを引き下げていく。

 泰子の股間は、絨毛が綺麗に剃られて、ピンクの割れ目が露わになった。
「見たわね、もういいでしょう?」
「もう少しだ。もっと足を開け!」渋々と足を開いていくと「お前のオ○ンコは、締め付けがよかったよな。またやりたいな…」じっと見ている。
「そんな事しないわよ。やったら、訴えてやるからね!」急いでパンティを引き上げ、股間を隠していく。

 「訴えるか。それもそうだよな、もう他人だし…」
「そうよ。もう他人だからね」スカートも履いていく。
「だったら、これを売ってもいいよな。エロ写真だけど」それは、泰子が縛られて淫裂を晒している写真だ。

 「ダメ、売らないで。それを売らないで!」奪い取ろうと手を伸ばしたが、届かない。
「オ○ンコやらせろ。それに20万出せ。それなら、くれてやる!」
「わかったわ。セックスをしたいのね」泰子は承知し、泣き顔で服を脱いでいく。

 「そうじゃないんだよ。俺のやり方でだ!」泰子の両手が押さえられ、縛られていく。
「いや。こんなのいや!」
「俺はレイプ主義なんだ。お前をレイプして、燃えるんだ!」スカートが引き下げられた。

 「乱暴はイヤ。優しくよ、新婚の時のようにして!」だが、パンティも乱暴に引き下げられると、口を開いた淫裂に肉竿が押し込まれていく。
「いや、いやー!」悲鳴を上げて(膣が痛い。準備ができてないのに挿入だなんて…)顔を歪めて耐えている。

 それでも、前夫は容赦なく腰を振っていく。
「ここにもやらせろ!」ニットシャツの裾が持ち上げれれて、ブラジャーが露わになった。
「いいな。これが!」腰を振りながら、両手でブラジャーを外して乳房を掴んでいく。

 「お前は、乳首が敏感だったよな?」
「やめて。そこはだめ!」乳首が吸われ「ん、んー!」声を出すまいと耐えている。
(絶対に声を出さないわ。こんなやつに、感じるもんですか!)必死に堪えていく。

 やがて、絶頂を超えて膣の中で爆発し「いやー!」悲鳴を上げたが遅かった。
「すっきりした。またやらせろよな」脱いだズボンを履きながら言う。
「今度こんな事をしたら、レイプ罪で訴えるわ。それに、写真で脅したら脅迫罪でもよ!」

 「わかったよ。とにかく、早く金をくれ!」
「今は、持ち合わせがないのよ」
「そんな事はないだろう?」バックの中を調べて「あったぞ、20万が!」見つけた。

 「ダメ、それはダメです。部員から預かったお金です!」
「金なら、何でもいい。とにかく貰ったぞ!」金をポケットに入れると、泰子の腕を解いて出ていった。
「困ったわ。どうしたらいいのよ」淫裂を押さえて、浴室に入っていく泰子だ。
「今すぐには借りられないし…」困惑しながら、シャワーで淫裂を洗っていく。

スポンサーサイト
[PR]

「隔離された学園」第2話 愛人

第2話 愛人

 翌日、何事もなかったように授業をし、職員室でくつろいでいると学年主任が声を掛けてきた。
「ちょっと、お話が…」
「何でしょうか?」
「ここでは何ですから…」
「わかりました」(どうせ、指導方法が間違っているというのでしょう)不機嫌な顔になって、進路指導室に入っていく。

 「実は、旅行業者からまだ入金されてないと、催促の連絡がありまして」
「申し訳ありません。すぐに入金します…」
「どうして、入金なさらないのです。集金は済んでいると英語部の部長は言ってますが?」
「前の夫がお金を持って行ってしまって…」泰子は、昨日の事情を説明していく。

 「そんな事は信じられませんね。妻のヌード写真で脅迫なんて!」
「本当なんです。それに性器のヘアまで剃らされているんです…」恥ずかしそうに項垂れて言う。
(おもしろくなってきたぞ。こいつの素っ裸を見れるかもな、イヤ、オ○ンコもできるかも…)主任の目が輝いた。

 「そんな嘘は、通用しません。横領ですよ、これは犯罪です!」
「必ず払い込みます。明日中にでも」
「ダメです。校長先生に知らせて、処罰をして貰いますよ」
「許してください。本当の話ですから…」泣き崩れる泰子だ。

 「泣かれると困るな。その証拠を見せてください。そうしたら、考えます」
「せ、性器を見せろと、おっしゃるのですか?」泰子は思わず声を上げた。
「そうです。ヘアのない性器を見たら、本当と信じて考え直しますよ」ギラギラ目が輝いている。
「わかりました。お見せします…」声がうわずっていた。

 泰子は立ち上がり、スカートのホックを外し、ファスナーを引き下げた。
スカートは足下に落ちて(恥ずかしいわ。こんな事をしなければいけないなんて…)両手でパンティを掴み、引き下げた。
ピンクのパンティが膝まで下がったが、シャツの裾が股間を隠している。
「こ、これで信じて貰えますよね?」泰子は目を閉じてシャツの裾を持ち上げた。

 「ほう。これが川口先生のオ○ンコですね?」じっと見つめている。
(見られている…。性器を見られている…)膝がガクガクと震えている。
「もういいでしょう。信じて貰えましたね?」
「確かにヘアを剃ったのは、確認しましたよ」無毛の股間を撫でていく。

 「綺麗だ。川口先生!」淫裂に指が入ってた。
「やめて下さい。そんな事はやめて!」手を押さえた。
「いいんですか。横領の罪で、首になるかも知れないのですよ?」
「そ、そんな~!」悲鳴に近い声を上げる泰子だ。

 「わかっていますよね。子供じゃないから」淫裂を触っていた手が、スーツのボタンを外しだす。
さらに、シャツの小さなボタンも外してブラジャーを捲り上げた。
「許して下さい。願いですから…」泰子の乳房も撫でられ「ん、んー!」急所の乳首が吸われた。
(だめ。やめて、だめー!)力が一気に抜けていく。

 「敏感なんですね。オッパイは!」撫でていた手が、揉み出した。
「もう許して。変になっちゃいますから…」
「そうですよね。ここは学校ですからね」やっと手が退けられた。

 (やっと終わったわ)急いでパンティを引く上げ、スカートも履き直した。
「とり合えず、報告は見合わせます。でも入金の予定は?」
「今のところ、ありません…」力無く言う泰子だ。

 「でしたら、僕が立て替えてあげますよ。その代わり条件があります」
「どのような条件ですか?」ワラにもすがる思いだ。
「まず、この学園から消える事です。早い話が退職して下さい」
「許して下さい。ここを出たら行くところがないんです。それにローンもありますから…」服の乱れを直すなり、土下座していく。

 「困りましたね。それでしたら、僕が先生にピッタリの学園を紹介します。心当たりがありますから」
「わかりました。紹介して貰えたら、退職します」
「それから、退職するまでは僕の愛人になって下さい。生活費も援助しますよ」

 「それはイヤです。そこまでは、落ちたくありません!」
「でしたら、横領の事も報告します。勿論立て替えも無しですが…」
「愛人になります。ですから、報告だけは、なさらないで下さい」泣きながら言う泰子だ。

 「それでいいんです。早速、お伺いしますよ」
「でも、前の夫が何て言うか…」
「そんな事はさせません。離婚した以上は、あなたは自由です。ヘアなんか剃らなくてもいいんですから」

 「ホントに、いいのですか?」
「当然です。もう他人ですから。それより、今日はヌードで出迎えて欲しいですね」
「わかりました。ヌードになればいいんですね?」項垂れて返事をする泰子だ。
「そうです。帰りに僕が振り込んでおきますから、約束を守って下さい。担保にヌード写真を私に下さい」

 「あ、あれは、捨ててしまいました…」
「残念だな。でしたら、撮り直しましょう。今度の日曜日にでも」
「わかりました。撮って下さい」弱みを握られてしまった以上は、逆らえず従うしかない。
「もう戻りましょう。変に思われますし」2人は職員室に戻った。

 戻った泰子は落ち着きがない。
(ヌードになって、待っているなんて…)自分のヌード姿を想像して不安になっていく。
それでも、どうにか無事に授業を終えると、まっすぐにアパートに戻った。

 「洗わないと。汚れた体を見られたくないし…」女性のたしなみか、シャワーで体を洗う。
「恥ずかしいわ、ヌードだなんて」考えながら乳房、淫裂を丁寧に荒い、バスタオルを巻き付けて「もう4時だわ。もうすぐ来るのね」タオルを巻いたまま待っている。

 「ピンポーン!」(来たわ)覗き窓から誰かを確かめて(間違いないわ、主任独りだ!)バスタオルを解き、全裸になってドアを開けた。
「お入り下さい…」恥ずかしそうに腕をクロスさせ、乳房と股間を隠している。
「隠す事はないだろう。僕の愛人なんだから」ドアの鍵を閉めると、抱きついてきた。

 「待って。まだ早いです!」泰子は畳の上に押し倒された。
「ほら、手伝ってくれないと…」(イヤよ、そんな事は!)嫌々ながら服を脱がせ、学年主任は全裸になるといきなり抱きついてきた。
(オチンチンが、膣に入ってきたわ。それにオッパイを揉まれている…)肉竿がゆっくりと動き出している。

 「あ、あ、あー!」急所の乳首も吸われて、声を出してしまった。
「敏感なんですね。いい事です」乳房を握りながらピストンを早めていく。
「お願いです。お腹に中には出さないで。妊娠したくありませんから…」
「僕だって、妊娠されたら困るから、中にはだしませんよ」ピストンのピッチを早めていく。

 (気持ちいいわ、膣の中が濡れていく…)淫裂から淫汁が流れ、白色の液体が尻を濡らしていく。
(ダメ。もう我慢できない!)「あん、あん、あん!」声を上げながら、深い結合を求めて、腰が浮き上がっている。
「気持ちいいんですね、僕のオチンチンが?」
「はい、気持ちいいです…」

 「オ○ンコが好きなんですね。正直に言って下さい」
「イヤ、オ○ンコだなんて!」
「言わないと、しませんよ」肉竿を抜いた。
「お、オ○ンコが大好きです。ですからオチンチンをオ○ンコに入れて下さい…」
「そうですか、オ○ンコしたのですね」勝ち誇ったように、肉竿で淫裂を突きまくる主任だ。

 学年主任は、幸いな事に膣の中では射精せず、乳房の上に噴き出させた。
だが「それをオッパイに塗るんだよ」言われた通りに、精液を手のひらで伸ばし乳房に塗っていく。
(イヤ、こんなのいやよ。でも、膣内射精よりはましだし…)諦めて言われる通りにしていく。

 その後に口の中に肉竿を入れられ、舌でなめさせられ、それが済むと主任は帰った。
「これからも、こんな事をさせられるのね。早く転勤が決まればいいのに…」また浴室に入って体を洗った。

 そして、日曜日が来た。
「行かないと。学校でヌードを撮られ事になっているし…」泰子はいつものように学園に向かうと、校舎の中に生徒はいないが、同僚がいた。

 「おや、音無先生も部活ですか?」
「いいえ、用事がありまして…」同僚に嘘を言って、主任に言われた場所に向かう。
「ここだわ、ここで撮るのね」そこは写真部の部室で、ドアを開けて中に入ると「待っていたよ。早く脱いでくれ」部室の中では、主任がカメラの準備をしている。

 「ここで、フルヌードになるのですねね?」泰子はドアを閉めてから、シャツを捲り上げると、まっ白なブラジャーが乳房を隠している。
シャツを首から脱ぐと、スカートも脱いでいくが、やはりまっ白なパンティだ。

 「恥ずかしいです。フルヌードを撮られるなんて!」泰子はパンティを膝まで引き下げて、体を丸めていく。
(恥ずかしい。性器を見られているなんて!)足を交互に上げて、パンティから足を抜いて、小さく縮こまった布が、両手に残こり、ゴマ塩の用に点々とした絨毛に覆われた股間が露わになっている。

 温もりの残ったパンティを、スカートの中に仕舞い込むと、ブラジャーに手を掛けた。
(これで、素っ裸だ。早く脱げ!)目を輝かせて泰子を見ている。
(これを、脱いだら素っ裸だわ…)両手を背中に回してホックを外すと、狭いカップから、乳房が飛び出していく。

 さらに、肩の紐を外して両手を下げると、豊満な乳房が揺れている。
(フルヌードだわ、こんな姿を撮られるなんて!)顔が真っ赤になっている。
目の下も充血していて、足がブルブル震えていた。
(いいんだよな、その恥じらいが…)カメラのシャッターが押されていく。

 「カシャ!」「カシャ!」金属音が鳴り続けた。
(もう、やめて。一杯撮ったでしょう。恥ずかしいからやめて!)手首に絡まったブラジャーも脱ぎ、カメラの正面で後ろ手にしていく。
(見ないで。恥ずかしいから見ないで!)恥ずかしさで、体が相変わらずブルブル震えている。

 学年主任は「カシャ、カシャ!」シャッターを押し続けて行く。
「場所を変えましょう。ここだけでなく、別なところで!」泰子が脱いだ服を、部室のロッカーに仕舞い込み鍵を掛けた。
「でも、服を着ないと、見られます!」
「大丈夫ですよ。日曜日ですから」そう言うが(裸のままだわ。隠す物がないし…)震えが止まらない。

 「急いで行きましょう。時間がもったいないですから」
「は、はい!」泰子は学年主任と一緒に部室から出たが(いいね、そのオ○ンコが。今日もオ○ンコしてやるぞ)股間が膨らんでいる。
(見られている…。オッパイと性器を…)泰子は乳房を揺らせ、淫裂を晒したまま歩いている。

 「ここで撮りましょう。川口先生!」
「は、はい。お願いします」2人は誰もいない図書室に入った。
「撮りますよ。カメラには絶対の自信あります。なんてたって、顧問ですからね」カメラを構えて、全裸の泰子を撮っていく。

 本棚の前に立ち、ポーズをとる泰子だが、今にも泣き出しそうな顔になっていた。
(そうだ、それでいい。もっとオ○ンコも見せるんだよ)カメラは下のアングルから撮っていく。
(性器の中も撮られてしまった…)目尻から遂に涙が流れていく。
(もっと泣け。そうしないと治まらないからな)泰子に色々なポーズを取らせ(いや。もういやです!)涙が頬を伝わっている。

 「川口君、場所を変えよう。今度は和室で撮りましょう」
「わかりました」素直に従い、2人は図書室からでて階段を昇っていく。
「いいね、その姿が!」全裸で歩いている姿を撮られていく。
(撮らないで。お願いですから、撮らないで下さい)涙は頬まで伝わっているが、今更やめるわけには行かず、乳房、尻を揺らせながら階段を昇って和室に入った。

 (よかった。誰もいなくて…)ホッとする泰子だ。
「はい、今度は過激に行きますよ。横になって足を上げて!」畳の上に仰向けになり足を上げた。
(いや、こんな姿はイヤです!)パックリと淫裂が覗いている。
(そうだ、もっとオ○ンコも見せるんだよ)言われるまま、ポーズを取っていく泰子だ。

 こうして、撮影は30分ほどで終えた。
「どうでしょう。僕もヌードになりますから一緒に撮りましょうよ」
(ここでセックスする気だわ。学校でセックスを…)もう声も出せず、体がブルブル震えたままだ。
 

「隔離された学園」第3話 脅迫

第3話 脅迫

 「やめて。脱がなくていいです。脱がないで!」泰子は股間を押さえて、蹲った。
しかし、学年主任は服を脱ぎ、全裸になって(こんなところで、セックスだなんて…)大きくそそり立った肉竿が目に入った。

 だが、泰子にはどうする事もできず「いや、いやです!」叫ぶが、畳の上に仰向けに押し倒され、乳房を揉まれていく。
「横領を黙っていて欲しいんだろう。それに、愛人なんだからオ○ンコをやらせろよ!」
(そうだわ。使い込みを告げられたら、首どころか刑務所行きになってしまう…)抵抗する力が抜けた。

 (そうだ、それでいい。お前は、乳首が敏感だからな)「あ、あ、あ!」乳首を吸われ、声を上げだす。
それに、肉竿が準備ができてない淫裂に押し込まれて「ヒー!」悲鳴を上げた。
それでも、肉竿は淫裂の奥まで入り込んみ、肉竿の根本まで押し込む。
(オチンチンが、膣の奥まで突き刺していく!)その後に、乳房を揉みながら肉竿のピストンを初める主任だ。
(もう戻れない。早く転勤した方がいい…)肉竿で淫裂を突かれた泰子はそう直感した。

 誰もいない和室で、2人は体を入れ替えてた。
「いや。これはいやです!」泰子は馬乗りにされ、腰を振らされている。
「あ、あ、あー!」乳房を掴まれながら腰を振り(恥ずかしい。性器をまともに見られている!)顔を背けて、腰を振っている。
「好きなんだろう。オ○ンコが?」
「はい、オ○ンコが大好きです…」屈辱的な言葉も言わされている。

 やがて「でそうだ。でる!」
「イヤ、お腹の中はイヤです」必死に体を離して(抜けたわ。オチンチンが…)その瞬間に、肉竿から液体が泰子の股間に噴射され「あ、あ、あー!」気持ちよさそうに喘ぎ声を上げる学年主任だ。

 (よかった。妊娠の恐れもないし…)ホッとする泰子は、股間の精液を吹き取っていく。
「ほら、ここもするんだよ!」
「う、うぐ!」口に、放出を終えた肉竿が押し込まれ(オチンチンなんか、いやです!)嫌々ながら、肉竿を口で綺麗にしていく。

 放出を終えると2人は写真部の部室に戻ってきた。
「もういいでしょう、一杯撮ったし。早く、服を返してください」乳房と股間を押さえたままの泰子だ。
「わかっているよ」鍵を開け「ほら、服だ。でも、これでは色気ないよな。もっと色っぽいのにしろよ」まっ白なパンティを手で広げたまま見つめている。

 (そんなの、見ないでよ!)「返して下さい!」パンティを奪い取ると、真っ先に足を通して、股間を白いパンティが包んでいく。
「このヌード撮影がばれたら、間違いなく君は首だな」服を着ながら主任が言い「わかっています。ですから、秘密にお願いします」泣き声で言う泰子だ。
「それは、君次第だよ。約束の愛人を守って貰わないと…」揺れる乳房を掴んだ。

 「許して下さい。オッパイが痛いんです…」泣き顔になっている。
「これからは、指導方法を守って貰えるよね?」
「それと、これは別です。それだけは…」泣き声で、言葉にならない。
「イヤか、仕方がないな。転勤を探して早く消えて貰うか!」

 「その間だけでも、自分の主張だけは変えたくありません…」泣きながら言う。
「ま、いいか。消えるのが確実だからな」学年主任は服を着込むと部室から出て行き「もういや、愛人だなんて。セックスが目当てじゃにのよ」そう言いながら、シャツを着込んで行く泰子だ。

 服を着込むと、真っ先にアパートに戻ってきた。
「体を洗わないと…」アパートに戻るなり、服を脱いで浴室に入ると「ここを汚されたんだわ」ノズルを淫裂に当て、丁寧に洗っていく。
「でも、本当に転勤があるのかしら。もしかして、このままだったりして…」また不安になっている。

 数日後、泰子はまた学年主任に呼び出された。
「ほら、できたよ。君のヌード写真だ。オ○ンコ丸出しの写真だよ」いきなり泰子に見せる。
「な、何が望みですか?」
「決まっているだろう。君の体さ」
「今は授業中です。アパートでしてください…」

 「今やりたいんだ。脱ぐんだ、素っ裸になれ!」
「許して。ここではイヤです!」泣き崩れる泰子だが、スカートが巻き上げられた。
「やらせろ。愛人だろう」パンティも引き下げられ、無毛の淫裂が露わにされる。

 泰子は小さな机に仰向けに押し倒され「う、うー!」淫裂に肉竿が入り込んでいく。
「出さないで…。子宮の中には出さないで下さい…」やっと言えた。
「オ○ンコがダメなら、どこに出せばいいんだ。ケツか?」肛門に指が押し当てられる。
「口に下さい。口で受け止めますから…」

 「そうか。口に出していいんだな?」学年主任は腰を振り出した。
(イヤよ。動かさないで!)顔を歪めて耐えている。
「出せ。オッパイも出すんだよ!」
(そんなのイヤよ)逆らえない弱みがあり、自分からボタンを外して、乳房を露わにしていく。

 「ここが敏感なんだよな?」乳首が舌で転がされたり、指で摘まれたりしている。
「ん、ん、ん!」声を上げまいと堪えていると(ダメ、吸うのはやめて。乳首はダメ!)今度は乳首を吸い出し「あ、あ、あ!」泰子は喘ぎ声を上げてしまった。
(気持ちいい。こんないい女とオ○ンコができるんだから、20万は安いもんだな)腰をなおも振っている。

 やがて「ダメだ。出すぞ、飲むんだ!」肉竿が抜かれ、その肉竿を口に含んでいく。
(ベトベトだわ。私の蜜で濡れたのね)根本まで含み、頭を振っていく。
「いいよ、凄くいいよ」目を閉じ、乳房を撫でていると「あ、あ、あー!」遂に噴射が始まり(イヤだけど、膣の中に出されるよりはましだし…)口の中に不快な液体が漂っている。

 「すっきりしたぜ!」肉竿が抜かれ「ゴクン!」それを飲み込む泰子だ。
噴射を終えた学年主任はズボンを直し、泰子もパンティを引き上げ、服の乱れを直して行く。
服の乱れを直すと、2人は何食わぬ顔で職員室に戻った。

 そして、放課後になって部活が始まると、泰子も顧問として加わっている。
「あら、今日はどうしたの。部長独りね」
「先生と話がありますから、帰ってもらいました」
「あら、話ってどんな事なの?」

 「僕、見てしまったんです。学年主任と先生がセックスしているのを!」
「う、嘘よ。そんなの嘘よ!」動揺している泰子は(セックスを見られていたなんて!)顔色が真っ青になり、体が震えている。

 「僕は校長先生にチクル気はありません。でも、僕も先生とやりたいんです」部長は泰子にスカートを脱がせていく。
「やめて。自分のやっている事がわかっているの?」スカートを押さえて言う。
「わかっています。わかっていないのは、先生でしょう?」
(脅迫している。この私を…)スカートを押さえていた手の力が抜けていく。

 「わかったようですね。先生の置かれた状況を!」ホックが外され、ファスナーも引き下げられた。
(教え子に、ヌードにされるなんて…)スカートが足下に下げられた。
「今度はここですよ」上着のボタンも外され、シャツの小さなボタンも外されて、胸元が開いている。

 「やめて。お願いだからやめて!」泣き声になっている。
「ダメです。素っ裸になってもらわないと」腕から上着とシャツが脱がされて、下着だけの姿だ。
「興奮してきました。先生を裸にするなんて…」ブラジャーのホックを外すと「やめて。もうやめて!」両腕で胸を押さえている。

 「チクっても、いいんですか?」
「やめて。お願いだからやめて」泣き声にかわり、胸を隠していた手を退けていく。
「それでいいんです」ブラジャーの紐を肩から外すと、泰子の白い乳房が揺れている。

 「先生、これでパンツだけですね?」手首に絡まったブラジャーを脱がした。
(そうよ、パンティだけだわ)泰子は小さな布を身につけるだけだ。
(ダメ、パンティを脱がさないで)そのパンティに手が掛かった。

 「ヘアがない。オ○ンコが丸見えだ!」膝まで下げられ、無毛の淫裂が露わになると「見ないで。性器を見ないで!」太股がブルブル震えている。
「そうですよね。ここはやる場所ですよね」パンティがなおも引き下げら、足から抜かれて全裸にされた。

 「いいですね。これが川口先生の素っ裸ですか?」乳房を撫でていく。
「お願い、見るだけにして。セックスは許して!」
「この場に及んでみっともないですよ。とにかくやらせて下さい」部長はズボンを下げていく。
(このままでは、間違いなくレ○プされてしまう。でも、どうしたらいいの…)考えなどおぼつかない。

 「先生、立ったまま後ろからですよ」足を開かされ、腰が押さえられると「あ、あー!」いきなり肉竿が入り込んできた。
「お願い、乱暴にしないで。ゆっくりして!」
「わかりました。オッパイを触りながらで、いいでしょう?」両乳房が撫でられて(ダメ、乳首はだめよー!)急所の両乳首が指で摘まれていく。

 「あ、あ、あー!」堪えきれず、喘ぎ声を上げてしまった。
「先生。気持ちいいでしょう?」乳首を摘みながら肉竿のピストンをして行き「よくないわ。こんなのよくない!」だが淫裂の中が潤い、淫汁を流していく。
(感じるわ。教え子にレ○プされているのに感じる…)泰子は乳房も揉まれ「ピシャ、ピシャ!」肉のぶつかる音が、部室に響いている。

 やがて、上り詰めたのか「口やってください。でないと、オ○ンコの中に出しますよ」
「わかった。口でする!」学年部長としたように、口に教え子の肉竿を含み、頭を振っていく。
「気持ちいい。出しますよ」また口の中に不快な液体が噴射された。

 「先生。最高でした」萎縮していく肉竿が抜かれ「ゴクン!」(イヤだけど、仕方ない…)一気に飲み込んだ。
「先生。またオ○ンコしてくれますか?」
「ダメ。もう絶対にダメよ!」泰子は下着を着けながら言う。

 「でも、ヌードならなってくれますよね。触るだけですから」
「絶対にセックスは無しよ、それに、誰にも言わないと誓って!」
「誓います。誰にも言わないと」話がまとまり、2人は服を着込み終えると部室から出ていく。
こうして、泰子は新たに英会話部長の辱めを受ける羽目になってしまった。

 泰子が学年部長と、教え子との関係を持つようになってから2ヶ月後、泰子の元に支払いの催促状が届いて「こまったわ。給料日はまだだし…」思案気な顔になっている。
やはり、離婚した時のローンに無理があって、支払いも滞りがちになっていた。

 「もう少し、待って貰えないでしょうか?」
「それは無理ですよ。それに期限を守ってもらわないと、利率を上げる契約でしたよ」
「ですから、そこを何とか…」泰子は必死に頼み込んだが無理で、途方に暮れて銀行から出た。

 支払いが遅れたので、当然に学校へも催促の電話が入り「はい、必ずお支払いしますから」学年部長の前で電話の応対をしていく。
(そろそろ仕上げに掛かるか。もう泰子の愛人は飽きたしな。それに女房も感づき始めたから潮時だな…)学年部長は電話を掛けた。

 それから暫く経って「川口先生、お話が…」また泰子は学年部長に呼び出された。
「失礼します」いつものように進路指導室に入ると、見た事のない男性がいる。

 「紹介するよ。岩瀬浩志さんだ。岩瀬学園の理事長をなさっておられる」
「始めてお目に掛かります。岩瀬浩志と申します」
「川口泰子と申します。こちらこそよろしくお願いします」泰子も挨拶をしていく。

 「君を呼んだのは他でもない。転勤したいと言っていたよね、岩瀬さんがそれで来てくださったんだ」
「と、おっしゃいますと?」
「あなたに、私の学園に来て欲しいのですよ。あなたみたいな人が必要なんです」岩瀬が言うと「待遇もいいよ。ただ田舎の全寮制が欠点かな」学年部長が口を出した。
「そこがいいんですよ。生徒と一緒の生活ですから指導しやすいんです」岩瀬がなおも言う。

 「でも、私には…」泰子は口を濁している。
「ああ、ローンですね。それでしたら契約金として、500万ほどご用意しますが」
「ほ、ほんとですか。でしたら、是非私を採用してください!」
「こちらこそ、お願いします」早速契約を交わすが、泰子が転落するきっかけだったとも知らずに…。

「隔離された学園」第4話 浴室

第4話 浴室

 泰子は契約を済ますと500万を受け取り支払いに充てた。
それに、学園の方もすんなり退職を認めて円満に転勤ができた。
「これで、やっかい払いができましたよ。教頭先生!」
「そうだな。あんな生意気なやつは、必要ないしな」教頭と学年主任は泰子が目障りだったから、喜んで認めた。
それに、もうすぐ終業だから、理事達からも異論は出なかった。

 泰子は早速、荷物をまとめて引っ越しをしたが「ふー。ホントに田舎ね。周りには何もないわ」駅からタクシーで学園に向かうが、すれ違う車もない。

 「まだですか?」
「もうすぐですよ。すぐ着きますから」タクシーに乗って、もう30分も走っている。
(さっきも、もうすぐと言ったわ。ホントはどうなのかしら?)不安な顔で外を見ている。

 「ほら、見えてきましたよ」運転手に言われ、前を見ると白い建物が見えてきた。
「あそこですか、岩瀬学園は?」
「はい、あそこです」タクシーは学園の校門に向かっていく。

 タクシーは校門の前で止まった。
「ありがとう」料金を払い、校門をくぐっていくと、まだ春休みなので授業はしておらず、生徒達がトレーナーを着込んで、サッカーや野球を楽しんでいる。

 「元気がいいわね。ここでなら、やりがいがあるわね」期待を膨らませて校舎の中に入った。
「ここね、ここが職員室だわ」職員室と看板が下がっている。
「失礼します!」ドアを開けて中に入って行くと「待っていましたよ、川口さん!」笑顔で岩瀬が駆け寄ってきた。

 「これからは、お世話になります」お辞儀をする泰子だ。
「校長先生、川口先生がお見えになりましたよ」
「それは、それは。遠いところからご苦労様です。私は校長の大倉秋子と申します」
「川口泰子です、お世話になります」泰子は居並ぶ教師達と挨拶をして行く。

 その後、泰子は秋子の案内で校舎の中を歩いて行く。
学園そのものは、あまり大きいものではない。
各学年も2クラスしかなく、生徒数も200人程度だが、設備は山奥にもかかわらず、整っている。

 「ここが実習室です。生徒達がコンピューターを使って実習します」パソコンがずらりと並んでいた。
「ここが図書室です」そこも専門書が並んでいる。
(凄い。よくこんなに揃えられたわ!)驚きながら秋子に校舎の中を案内されて行く。

 一通り案内されると、職員室に戻ってきた。
「寮を用意してあります。ここは教師も全員が寮生活ですから」
「そうですよね、こんな山奥じゃアパートはないですよね」
「その通りですよ。田中先生、川口先生を案内してあげて!」

 「わかりました。私が案内します」
(ミニだわ。ここはミニでもいいんだ!)泰子はミニを着た女性の後を歩いていく。
「典子と呼んで。数学を教えているのよ」
「それだったら、私を泰子と呼んでください」
「わかった、泰子さんね」典子は校舎から出て、寮に向かう。

 「いい、右側が生徒達の寮よ。左が職員用の寮で、真ん中が共同の場所なの」生徒達の寮は5階建てだが、職員用は2階建てで、真ん中の共同建屋は平屋だ。

 典子が職員用の寮を泰子を案内していると「あら、新しい先生ね。2階の205を用意しておいたわ」まだ若い女性が声を掛けてきた。
「すみません。お世話になります」礼を言い、中を案内されていく。

 「今度は食堂ね。生徒達と一緒なの」共同の建物も案内されていく。
「それからお風呂はここよ。時間が決まっているから忘れないで!」確かに入浴時間と書かれた看板があり、一通り寮を案内されるとまた職員室に戻ってきた。

 「気に入って貰えましたか?」
「はい、気に入りました」笑顔で答えていた。
それを聞いて安心したのか「早速打ち合わせをしますからね。川口先生の席はそこですよ」
「わかりました」机が真新しく(ここが私の席ね)椅子に座ると「それでは、今年の計画を説明します」秋子が学園の指導方針の説明を行った。

 説明を受けると、職員達は一斉に寮に戻っていく。
泰子も一緒に割り当てられた部屋に入って、送っておいた荷物を整理していく。
「早く慣れないと。でも職員は皆女性ばかりだわ。男は理事長だけだなんて…」今になって気づいた。

 確かに職員は皆女性達で、しかも皆が若い。
一番年上が校長の秋子だが、まだ35才と思われる。
「とにかく頑張るしかない…」泰子は開梱した箱から衣服を取り出していると「泰子さん、お風呂に行かない?」典子が入ってきた。

 「そうね。汚れたから入ろうかしら?」泰子も着替えを持って典子の後を付いて歩いていく。
「あら、一番風呂だわ!」浴室には誰もいない。
「広いわね。贅沢だわ」脱衣場は温泉ホテル並みの広さで、泰子は服を脱ぎ、脱衣かごに入れると、典子はもう下着姿になってる。

 (大胆だわ。シースルーだなんて!)典子が来ていた下着はスケスケで乳房が丸見えだ。
それに、股間の絨毛も丸見えになっている。
「おら、驚いたの。ここではこの下着が決まりよ。泰子さんのも明日あたり届くわ」
「す、スケスケの下着に決められているのですか?」
「そうなの。決まっているのよ」何のためらいもなく、下着を脱いで全裸になっていく典子だ。

 (私も脱がないと…)慌てて泰子も下着を脱ぎ、股間の絨毛も5ミリ程度に生えている。
下着を脱ぎ終えると、タオルで前を隠して浴室に入っていく。
「広いわ、ここも広い。信じられない!」広々とした浴槽だ。

 泰子は洗い湯で体を洗い、浴槽に入っていく。
「ダメ。タオルを入れちゃダメ!」泰子はタオルで前を隠していた。
「すみません。注意します」タオルを放って、両手で股間を隠し浴槽に入る。

 その時「ガヤ、ガヤ!」と脱衣室の方から男の声がしている。
「典子さん。男が入ってくるわ、どうしたらいいの?」慌てる泰子だ。
「あれね、心配しなくていいわよ。生徒達だから!」

 「生徒と言っても男よ。ヌードを見られてしまいます!」悲鳴に近い声になり(イヤよ。ヌードを見られるなんて!)両手で乳房と股間を隠していく。
「あれ、田中先生、そちらはどなたですか?」4人の男子生徒が入ってきたが、勿論、浴室だから全裸で(お、オチンチンを丸出しだなんて!)泰子は恥ずかしさに顔を背けた。

 「新しい先生よ。川口泰子さんで英語を教えるの」
「そうですか、川口先生ですね…」じっと泰子の胸を見ている。
「あら、オチンチンが立って来たわよ」
「だって、川口先生のオッパイが丸見えなんだもの」泰子がふと見ると、腕から乳房が飛び出していた。

 「いやー!」悲鳴を上げて両手で覆うと「今度はヘアが見えます」「イヤ、見ないで。先生のヌードなんて見ないで!」慌てる泰子だ。
「仕方ありませんよ。ヌードを見るなと言っても、お風呂は一緒なんだから」
(そうなんだ、ここは教え子と混浴なんだ…)改めて知った。

 典子は膨らんだ肉竿を見て「仕方ないわね、行きたいの?」平然と言う。
「はい。行かせてください…」「僕も行きたいです」
「2人一緒は無理よ。そうだ、泰子さん、教えてあげるからやって!」典子は立ち上がった。
乳房や股間など隠そうとはせず、むしろ『見てください』と言わんばかりだ。

 (恥ずかしくないのかしら?)泰子は乳房と股間を隠したままいると「早く、泰子さんも立って!」怒鳴られる。
「わ、わかったわよ…」恥ずかしさで顔が赤らんでいる。
「泰子さん。ここではこんな事もしなければいけないのよ」典子は生徒の前に膝を落として、肉竿を握り擦り出す。
それには「そ、そんなー!」信じられないと言った顔だ。

 「泰子さんもやるのよ。急いで!」
「わ、わかりました…」泰子も生徒の前に膝を落とし、肉竿を掴み擦り出す。
「川口先生は下手だね。リズムよくやってよ!」
「初めてなのよ、こんな事は…」顔を赤らめながら、肉竿を擦って行く。

 泰子が必死になって擦っている側では「いく、いくー!」先端から噴射が始まった。
「あら、一杯出たわよ。だいぶ溜まっていたのね」典子は放出を終えた肉竿をお湯で洗う。
「先生、今度は僕ですよ」
「わかっているわよ」典子は別な生徒に肉竿を掴んで擦り出す。

 (私も、やらなければいけないのね)泰子は手の動きを早めて「あ、あ、あ-!」やっと噴射が始まった。
「洗うからね」泰子もお湯で肉竿を洗っていく。
「川口先生、僕も行きたいです」
「わかったわよ」相手を変えて肉竿を擦り出す。

 そこに「あら、もうやっているのね」同僚達が入ってきたが、乳房や股間など隠そうとしない。
また、生徒達も入って来て「先生、僕もいきたいです!」言う。

 「困った子ね。先生が行かせてあげるわ」同僚達も生徒達の肉竿を擦って行く。
(こんな事が許されるなんて…)横目で見ながら肉竿を擦っている手の動きを早め「あ、あー!」二人目も噴射し、泰子はお湯で肉竿を洗ってあげた。

 「川口先生、今度は僕たちが先生にお礼をします」
「お礼ってどんな事を。まさか、エッチでは?」
「あははは。体を洗うのよ、お礼に洗ってくれるの」笑う典子や同僚達だ。

 (イヤよ。そんな事しなくていいのに…)黙ったままの泰子だが、典子は椅子に座って生徒達に体を洗われていく。
「はい、座って!」(仕方ないわ。ここはおとなしく従った方がいいかも…)典子の隣に座った。

 「先生、前は僕が洗います」
(お、オッパイと性器まで洗うというの?)驚いて隣を見ると、典子は2人の生徒に乳房に石鹸が塗られている。
「気持ちいいわ。上手になったわね」目を閉じて生徒のされるがままにしていて(私もオッパイを触られるのかしら?)不安になっていく。

 その不安が的中し、泰子も乳房を撫でられ、石鹸が塗られていく。
「ん、ん!」声を出すまいと堪えているが(ダメ。乳首はだめー!)刺激を受けた乳首は、大きく膨らんでいる。
「先生、乳首が膨らんでいくよ」
「そんな事言わないで、黙って洗うのよ!」恥ずかしさで顔を上げられない。

 「川口先生。もしかして、乳首がウイークポイントなんだ!」同僚達が見抜いてい言う。
「は、はい。乳首を触られるとダメなんです…」
「川口先生は乳首ですか。私はクリトリスなの、ここをやられるとたまんないのよ」
「私はお尻の穴なの」同僚達は肉竿を擦りながら言う。

 その間にも、乳房を洗い終えた手が股間に伸び(だめ、そこはだめよ!)触る手を押さえた。
「ここはいいわ。自分でするから!」
「ダメよ、生徒に洗ってもらうのよ。こういう風にね」典子は立ち上がり足を開いたが、絨毛の中から淫裂が見えており「そ、そんなー!」驚く泰子だ。

 「わかったでしょう、泰子さん。ほら立って!」渋々泰子も立ち上がり、足を開くと「あ!」生徒の手が、淫裂を触っていく。
「ここは汚れやすいから、丁寧に洗いますよ」淫裂からはみ出ている肉襞を掴み、石鹸を塗りだすと(だめ。恥ずかしいからやめて!)泰子の太股がブルブル震えている。

 しかし、典子は「あ、あ、あ!」淫裂を生徒に触られ、喘ぎ声を上げている。
「田中先生、お汁が流れてきましたよ」
「仕方ないわよ。凄く気持ちいいの。そこをもっと丁寧に洗って…」悶えるような声を上げている。

 「わかりました。ここですね?」淫裂を広げられ、指で触られている典子を(へ、変態だわ。ここは変態の集団よ…)そう思うが、泰子も淫裂から淫汁を流している。
(気持ちいい。久しぶりに感じてしまった…)女性の本能に火がついてしまった。

 だが「はい、終わりました!」あっけなく本能が消された。
シャワーが浴びせられて、石鹸が洗い流されて、燃えていた炎も消された。
体を洗われた泰子は、仕方なく浴槽に浸かり体を暖めていく。

 (私にも、もっとやって欲しかったのに)泰子が体を暖めている間に、同僚達が生徒に体を洗われていく。
「いいわよ。そこをもっとよ!」
「オッパイよ。オッパイを丁寧に洗って!」悶えるように生徒達にねだり、それをじっと見ている泰子の本能に、また火が灯った。

 (私も行きたいわ。暫くやっていないし…)学年主任と英会話部長に、最後に抱かれたのが2月だから、1ヶ月近く遠ざかっていたから、自然に手が淫裂を触っている。
(誰もわからないわ。お湯の中だから…)だが、典子はしっかり見ていて(オナニーだわ。泰子さんお風呂の中でオナニーをしているわ)じっと泰子の手を見ていた。
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
326位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻 連載中
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
ブログ内検索
記事数メーター