fc2ブログ

「捨てられたOL」第1話 痴漢との遭遇

              「捨てられたOL」
登場人物 

     池内礼子:OL         阿部光之:礼子の婚約者
     竹内絵里: 〃          鈴木章吾:会社員
                     高橋正樹: ?


第1話 痴漢との遭遇

 「あんた、何するのよ!」通勤客で混雑していた電車で女性の声が響いた。
「俺は、何もしてないよ!」

 「嘘言わないで。私の胸とお尻を触っていたじゃないのよ!」金切り声に「痴漢だったら、警察に突き出せ!」乗客から声があがった。
「俺は何もしてないよ。本当だってば!」スーツを着た男性が言っても、誰も信用せず、乗客に押さえられた。

 「無実だ。濡れ衣だ!」叫んでも、停まった電車から降ろされ、駅員に引き渡されると、駅の公安室に連れて行かれ、取り調べを受けた。
「信じてください。何も、していませんから!」
「痴漢は、皆そう言うよ。名前と住所は?」取調官は信用せず、決めてかかっている。

 同じように、女性からも聞き取りをしていた。
「池内礼子です。東京商事のOLです…」女性はそう名乗った。
「あの男に、面識はありますか?」
「話した事はありませんが、よく同じ電車に乗っていました…」

 「そうですか。顔を合わせていたんですね?」取調官が確認した。
「はい、間違い有りません。よく、同じ電車に乗っています…」礼子は言った。
やがて、礼子は聞き取りを終え、自由となったが、男は警察署に連行された。

 礼子は事情を聞かれた後、会社に向かったが「礼子。今日は遅いじゃないか!」婚約者の阿部が声を掛けてきた。
「仕方ないわよ。痴漢にあって…」礼子は事の次第を打ち明けた。

 「へえ。礼子が痴漢にね」以外と言った顔で、阿部が言う。
「そんな顔しないで。胸とお尻を触られた身にもなってよ!」
「わかったよ。今夜は久しぶりに、一緒に過ごすから…」
「それならいいわ。約束だからね」礼子がそう言って、更衣室に入ると同僚の絵里がいた。

 「あら、珍しいわね。こんな時間に着替えるなんて!」
「痴漢にあったのよ。それで、遅くなって…」
「痴漢か。あそこも触られたの?」
「あそこって、どこよ?」

 「決まっているでしょう。ここよ!」絵里は礼子の股間を撫でた。
「そこまでは、されていないわ。服の上から胸とお尻だけよ」
「つまんないな。ここを触られてこそ、女と認められるのよ!」絵里はまた股間を触った。
「やめて。時間がないのよ!」(性器を触られないと、女と認められないなんて…)絵里の言葉に機嫌が悪くなった。

 そして、仕事を終えるとアパートに帰り、阿部を待っていると遅くに現れた。
「礼子。今夜は楽しませて貰うからな!」抱きつくなり、裾を捲り上げていく。
「待って。自分で脱ぐから…」
「それなら、俺が見ている前で脱ぐんだぞ!」

 「そんなのイヤよ。恥ずかしいし…」
「イヤなら、俺が脱がす!」
「わかった。脱ぐわよ」礼子は渋々承知し、服を脱ぎだし、シャツ、スカートと脱ぐと白い下着姿になっている。

 「礼子、相変わらず白かよ。もっと、色っぽいのにしないと…」
「そんな事、言わないで。あれは趣味じゃないの」
「たまには、俺の言う通りに着てくれよ」下着姿の礼子を食い入るように見ている。

 「恥ずかしいわよ。そんなに、じろじろ見られると…」
「たまには、いいじゃないか。それより、俺を見ながら、パンツを脱ぐんだ!」礼子は言われた通りに、阿部を見つめながらパンティを引き下げていく。
(恥ずかしいわ。ヌードは何でもないのに、脱ぐのを見られると、こんなに恥ずかしいなんて…)顔を赤らめ震えながら股間を露わにした。 

 「礼子、オ○ンコのヘアが丸見えだぞ。ついでに、指で広げろ!」
「イヤ。そんな恥ずかしい事、できない!」
「やらないなら、俺は帰る!」
「意地悪言わないで。直ぐにやるから!」礼子はブラジャーだけを身につけ、指で淫裂を広げた。

 「顔を上げろ。俺を見るんだ!」礼子の顔が真っ赤になっている。
「もっと広げろ!」更に広げると膣腔も見える。
「もういいでしょう。恥ずかしくて、仕方ないのよ…」

 「わかった。もういい。それより、素っ裸になれ!」礼子は淫裂から手を退け、背中に回して、ホックを外すと白い乳房が揺れている。
「これで、全部よ」ブラジャーも脱ぎ、生まれたままの姿を阿部に晒した。

 「もう、いいよ。今度は俺の番だ!」阿部も脱ぎだした。
「礼子、見て見ろ。こんなに元気だぞ」パンツを脱ぐと、肉竿がそそり立っていた。
「イヤよ。そんなの、見せないで!」顔を背けた。

 「これが、好きなんだろう?」肉竿を揺らせた。
「そんな言い方イヤ。それより、早くしてよ」
「わかった。すぐ終わるから」言葉通り、全裸になって、抱きついていく。

 「来て。早く来て…」ベッドに横になり、阿部を待った。
「礼子。痴漢には、どんな事された。こんな事か?」乳房を優しく撫で出す。
「そう、そんな感じ。それに、お尻も触られたの…」

 「お尻か…。ここじゃないのか?」阿部の空いた手が、淫裂を撫で出す。
「そこには、されてないわ。そこを触られたのは、光之だけよ」
「そうかな。こんな事もされただろう?」指が膣に入り込み、動いていくと「あ、あ、あ~!」礼子の口から、喘ぐ声が出ていく。

 「ここにも、されたよな?」阿部は乳首を吸い出す。
「そう。そうされた。もっと強く吸われて…」目を閉じ、背中を浮かせていく。
「礼子、おまえもしたんだろう。この手で、これを擦ったんじゃないのか?」礼子に肉竿を握らせる。

 「してない、こんな事…」
「うそ言うなら、俺は帰るぞ」
「帰らないで。正直に言います、オチンチンを触っていました…」目を閉じ、肉竿を擦っていく。

 「そうか、やはりな。口でも、やったよな?」
「はい、お口でもやりました」体を入れ替え、阿部の股間に顔を埋めた。
(こんな事より、早くして欲しいのに…)はやる気持ちを抑え、肉竿をなめていく。
それには「気持ちいい。礼子は上手だな。オ○ンコしたくなったよ」阿部の声も上擦っている。

 それでも、礼子が口を動かしていくと「もういい。オ○ンコの番だ!」阿部は礼子を押し倒して、淫裂に肉竿を押し込んできた。
「いいわ…。もっと、奥まで入れて…」

 「痴漢にも、やらせたのか?」
「そんな事、させていません!」
「正直に言うんだ。痴漢にも、オ○ンコさせたって!」腰の動きを速めていく。

 「電車の中で、○ンコをやられました。しかも、大勢の見ている前で…」話す礼子の膣が濡れていく。
(どうして、こんな事言わせるのよ。でも、凄く興奮していく…)阿部による言葉の辱めで膣からネバネバした淫汁が流れている。

 「気持ちいいか。オ○ンコされて?」
「はい、凄くいいです。こんな感じ方は、初めてです…」
「そうか。気持ちいいか…」してやったりの顔をしながら、阿部は肉竿のピストンを続けていく。

 「礼子。おまえも、やってくれ!」体を抱き上げ騎上位になった。
「恥ずかしいわ。見られるなんて…」
「いいから、やるんだ。オ○ンコを見せながら!」腰を掴まれ揺すられていく。

 「そうだ、それでいい。礼子のオ○ンコは、グッショリ濡れているな!」
「言わないで。そんな、恥ずかしい事は…」首を振りながらも、腰を動かしていくと、膣奥で暖かいのを感じた。

 「今日は、安心日だから、安心して」
「そうか。それなら四つん這いで、後ろからもう一回だ!」阿部はこの夜だけで、3回礼子の膣奥に放出した。
 
スポンサーサイト
[PR]

「捨てられたOL」第2話 襲われた礼子

第2話 襲われた礼子 

 それから数日後、勤務を終えて帰宅する礼子の後を、見知らぬ男が付けていた。
「あそこか。入るのは簡単だな…」部屋の電気が灯ると呟いたが、礼子は男が後を付けていたとは、夢にも思っていない。

 男はそれからも、度々後を付け機会をうかがうが、礼子はそんな事とは知らずいつものようにしていた。
「寝たか。やるなら今日だな…」電気が消えると、潜んでいた男が動き出し、雨樋伝いに2階のベランダに登り、礼子の部屋を伺った。

 「やはり、掛かってないな」窓の鍵は、掛かっていなかった。
男は、窓から侵入して礼子へと近寄り、真っ先に口を押さえた。
「うっ!」人の気配を感じ、声を出そうとしたが、声にはならない。

 「静かにしろ。声を出したら、殺すからな!」ナイフが喉に押し当てられた。
それには、体を震わせるだけしかない。
「いい子だ。それでいいんだよ」口枷を噛ませると、両手を後ろ手に縛り、礼子の自由が奪われた。

 「さてと、これからは、俺の相手をして貰わないと」男は礼子のあごを掴んだ。
(誰よ。あんたは、誰なのよ。それに、何をする気なの?)ジッと男を見つめたが、見覚えのない顔だ。

 「しかし、いつ見てもいい女だな。触るだけじゃ、もったいないな。今夜はやらせて貰うぞ!」そう言うと、礼子のナイロン製のネグリジェを切り裂きだした。
(イヤ、やめて。お願いです!)叫んでも「う、う~!」声にはならない。

 「やはり着けてないか。夜は窮屈だしな」裂かれた布地の隙間から、白い乳房が覗いている。
「生もいいよな。電車の中では、生ではさわれないし…」ナイフを置き、両乳房を触っていく。

 (あなたが、痴漢だったんだ。私の勘違いだったんだ…)乳房を揉まれながら目を閉じていく。
男は、なおも乳房を揉むと、再びナイフを持って、ネグリジェを切り裂き、パンティだけの姿にした。
「いいね。こんな姿も…」礼子は白いパンティを履いていた。

 「これは、いらないよな?」ナイフが、パンティのゴムを切ろうとしている。
(イヤ。それはイヤ~!)首を振ったが、ナイフが動き出し「プツン!」一瞬にして股間が露わになった。

 「いいよな。こんな裸も…」太股に絡まったパンティも切り、礼子は生まれたままの姿にされ(イヤよ。お願いだから、解いて下さい…)体をくねらせ、股間を隠そうとするが、戻された。

 「おとなしくしろ。一晩だけで、いいんだから!」男はカメラで礼子を撮り出す。
(写真はイヤ。撮らないで!)顔を背けるが「こっちを向け、顔も入れる。向かないなら、ここを突き刺すぞ!」ナイフの先端が、乳房に押し当てられた。
(本気だわ、このままでは殺される。撮られるのはイヤだけど、死にたくないし)男の言う通り、男を見つめると「そうだ、それでいい」満足そうに、撮りだした。

 男は暫く撮ると、何を思ったか、ハサミで絨毛を切りだした。
(イヤ、ヘアは切らないで!)礼子は突然の行為に驚き、首を振った。
「我慢しろ。オ○ンコが見えなくてな…」その言葉に(性器だわ。私の性器を撮る気だわ!)「う、う~!」首をふり続けた。

 しかし、絨毛は短くされ、カミソリが当てられた。
(イヤよ。ヘアがないなんて、イヤ!)閉じた瞼から涙が落ち出す。
しかし、男は礼子の事などお構いなしに、カミソリを動かして、股間の絨毛全てを取り払った。

 「いいね。こんなオ○ンコも…」少女のように、ピンクの割れ目が剥き出しとなり、肉襞がはみだしている。
男は、その淫裂を触りだす。
(イヤ、触らないで~!)逃れたいが、手が使えずされるがままにしている。

 「そう言えば、俺と間違えた男はどうするんだ。俺を訴えるか?」その問いに(当然よ、あんたを訴えてやるわよ)頷いた。
「そんな事されたら、困るんだよね。俺は刑務所が嫌いだし…」再び、カメラを構えて礼子を撮り出した。
(イヤ。性器はイヤ!)足を閉じたくても閉じられず、礼子は体の隅々まで撮られてしまった。

 やがて、飽きたのか、カメラを置きズボンを引き下げ出す。
(レイプする気だわ。このままではレイプされてしまう…)何とかしたいが、考えなど思いつかない。

 その間にも、男はズボンを引き下げ下半身を露わにしていく。
(イヤよ。あんな太いのでされたら、膣が裂けてしまう…)そそり立った肉竿に、怯えていると男が抱きついた。

 「う~!」首を振り、拒んでも、乳房を掴んで、膣穴に肉竿を押しつけてくる。
(入れないで。それ以上は、イヤです!)狭い膣腔に、肉竿が入り込んできた。
「きついな。あまり使ってないな…」なおも、肉竿を押し込んできた。
(イヤ。痛いから、入れないで~!)無理に広げられた膣から、痛みが出ている。

 男は肉竿の先端が入ると、ゆっくり前後運動を始めた。
(これはレイプよ…。見ず知らずに、レイプされてしまった…)礼子からは、抵抗する気持ちが消えた。

 それをいい事に、男の腰の動きが早まり、肉竿が奥まで入ってきた。
「経験済みか。バージンだと思ったのにな…」期待が外れ、残念そうに肉竿をピストンを続けていく。

 やがて、男は肉竿のピストンを速めた。
(膣が痛い…。このままにしていたら、お腹に出されちゃう…)何とか、逃れようとするが両手が使えないから何も出来ない。

 やがて、男は動きを止めた。
(イヤよ。出さないで~!)首を振るが、膣の中が暖かくなってきた。
放出が済むと「オ○ンコに出したぞ!」余韻を味わう事無く、肉竿を抜いた。
すると、ピンクの淫裂から、白い液体が流れ出てくる。

 男は、それを待っていたのか、カメラで撮りだした。
(イヤ。射精された性器は撮らないで~!)足を閉じたくても押さえられ、開脚したまま撮られていくが(一番、恥ずかしい姿を撮られた…)「う、う、う!」嗚咽をあげている。

 男は、暫く撮ってから礼子の手を解き「声を出してもいいが、おまえの素っ裸を見られるぞ!」脅してから口枷を外した。
礼子は口が利けると「浴室に、行かせてください!」淫裂を押さえながら言う。
「それもそうだな。洗いたければ、洗っていいぞ」その言葉に、急いで浴室に飛び込み、淫裂を洗いだす。

 「見ず知らずに、レイプされるなんて…」丁寧に洗い、精液を膣から流し出していくと、水も透明になってきた。
「念を入れないと」更に洗い、浴室から出ると、男はいなかった。
「どうしよう。警察と光之さんに言った方がいいのかしら。それに、痴漢も人違いだって…」悩む礼子は、なかなか寝付かれなかった。
 

「捨てられたOL」第3話 ホテル

第3話 ホテル

 礼子にとっては、長い夜がやっと、明けた。
「とにかく、急がないと…」何事もなかったようにアパート出て、勤務先へと向かったが「礼子、顔が青いぞ。具合が悪いのか?」阿部が心配そうに、声を掛けてくる。

 「ちょっと、寝不足なのよ…」
「それなら、いいがな」
「心配してくれて、ありがとう」礼子は着替えをして、仕事を始めていく。

 そして、10時近くになって、礼子は会議室に呼ばれた。
「一体、何の会議かしら?」不安を抱いて入ると、痴漢の時の刑事がいて「池内さんの、プライバシーを守るために、こういう風にしました」と言う

 「そうでしたか…。それで、どんな用事で?」
「容疑者の事です。どうも、犯人は別人みたいでしてね」
「まさか、私が間違えたとでも?」
「その可能性があるんです。と、言うのも証人が現れましてね。それを信じると容疑者の隣の男が真犯人になります」

 「間違いないんですか。真犯人がいるって?」
「はい。どう考えても、容疑者は手を出せない状況でした…」刑事の話に礼子は黙り込んでしまった。

 「とにかく、容疑者は無実と言う事で、保釈されます」
「待って。そんな事したら、仕返しが…」
「大丈夫ですよ。そんな事させませんから」笑顔の刑事だが(良かった、これで無実の人を罪人にせずに済んだし。でも、あいつが何て言うか…)礼子を犯した男を思い浮かべると、気が重かった。

 それから数日が過ぎて、礼子の前に見覚えのある男が現れた。
「あなたは、確か…」
「そうです。あなたから犯人呼ばわりされた男ですよ」
「何の用なの。私への、お礼参りなの?」
「そんな事しません。ただ挨拶に来ただけですから」男は名刺を渡す。

 「鈴木章吾さんですか?」
「はい、そうです。これからは、よろしくお付き合い下さいね」鈴木は丁寧に挨拶して去っていくが「仕返しされなければ、いいけど…」心配そうに、後ろ姿を見ていると「おい。どうして、奴を犯人にしなかったんだ!」後ろから声がした。

 振り返ると、礼子が散々辱められた、相手ではないか。
「何の用よ。もう、私の前には現れないで!」
「そうは行かなくてね。今夜は付き合って貰うぞ」男は強引に腕を掴んで歩き出す。

 「やめて、声を出すわよ!」
「出したかったら出せ。その代わり、おまえの、素っ裸写真がばらまかれるぞ!」
(そうよ、写真を撮られたんだった。それに、射精までされた性器も…)弱みを突かれて、黙り込んでしまった。
「やっとわかったようだな。それでいいんだ!」肩に手を掛け、2人は歩き出した。

 礼子が一緒に歩いていくと、ホテルのネオンが目に留まる。
「イヤ。ここは、イヤ!」
「ここまで来て、それはないぞ。なんなら、阿部とか言う男に、オ○ンコされた写真を送ってもいいんだがな…」

 「やめて。お願いだから、それだけは、やめて…」礼子は、涙声になっている。
「それなら、付き合って貰うぞ!」肩を組んで2人はホテルに入り、キーを受け取ると部屋に入った。

 「礼子と言ったよな。脱げ、素っ裸になるんだ!」
「お願い。セックスだけは許して。ヌードには、なるから…」
「ふざけるな。女の素っ裸を見るだけで抜けるかよ。脱がないなら、責任は持たないぞ!」そう言われれば脱ぐしかない。

 (光之さん、ご免なさい。こうするしかないのよ…)泣きながら服を脱ぎだした。
礼子は、次々と脱いで下着だけになっている。
「これで許して下さい…」泣きながら詫びるが、男は聞き入れない。

 「脱げ。パンツから脱ぐんだ!」礼子はパンティを両手で掴み、引き下げていく。
(性器を見られてしまう…)目を閉じ、なおもパンティを下げると、ごま塩のように生えた絨毛が現れた。

 「いいね。このパイパンオ○ンコは、最高だよ」ニヤニヤしながら見ているが、礼子は泣きながら、足首からパンティを脱いで下半身を剥き出しにした。
「隠すな、見せるんだ!」手で隠すと怒鳴られ、退けると淫裂からピンクの肉襞がはみ出している。

 「それでいい。早く脱いで、素っ裸になるんだ!」男から言われるまま、背中のホックを外し、ブラジャーを脱いで全裸になった。
「いいね、この乳は最高だ!」両手で揉みながら、満足そうな顔をしている。

 だが、これで終わりではなかった。
「礼子、オ○ンコしたいだろう。『私とオ○ンコして下さい』と言うんだ!」
「イヤよ。そんな事、言えない!」
「俺に逆らったら、どうなるか、わかっているはずだよな?」

 脅されれば「お願いですから、私とオ○ンコして下さい…」と言うしかなく、屈辱に涙が停まらない。
「そんなに、俺とオ○ンコやりたいのか?」
「はい。凄くオ○ンコをやりたいです…」

 「そうか。そんなにオ○ンコしたいなら、やってやる!」男は勝ち誇ったような態度で脱ぎ出すが(悔しい。どうして、こんな事をさせるのよ!)礼子は泣きながら立っている。
男は次々と服を脱いで、そそり立った肉竿を露わにしていく。

 「欲しいだろう。まずは、なめてからだな!」
(イヤよ。そんな、汚いのをなめるなんて…)イヤだが、正面に膝を付けて、肉竿を掴んだ。

 「触る時は、ちゃんと許可を取らないと!」乳房が強く握られた。
「う~。お、オチンチンをなめさせて下さい…」顔を歪めて、やっと言えた。
「そうか。チンポをなめたいのか…。それならいい、早くやれ!」

 (悔しい。こんな事まで、するなんて…)膨らみきった肉竿を口に入れて「ウグ、ウグ!」と口を動かし出す。
「気持ちいい。阿部にもそうやっているのか?」それには黙ったままいると、乳首が潰された。

 (い、痛い。手を放して…)声が出せないから、肉竿を咥えたまま、頭を上下に振った。
「そうか、阿部ともやっているのか。道理でソープ並みに上手なはずだ!」軽蔑した態度で言う。

 (馬鹿にしないで。そんな事、してないわよ!)それでも口を動かし続けると「もういい。オ○ンコしたいだろう?」
「はい、早くしたいです…」
「それなら、やるんだ!」男はベッドに仰向けに寝て、礼子を腹の上に乗せた。

 「わかっているよな、騎上位だぞ!」乳房を握りしめる。
(光之さん、ごめんなさい。好きでやるんじゃないからね…)阿部に詫びながら、肉竿めがけて淫裂を押しつけた。

 「う~!」やはり、準備が出来ていないので、淫裂は痛みがある。
それでも、根本まで迎え入れて、ゆっくりと腰を動かし出す。
「気持ちいい。礼子も気持ちいいだろう?」
「はい、気持ちいいです…」
「そうか。それなら、もっと早くしろ!」乳房を握りしめた。

 (イヤよ。こんなやりかたは、イヤよ!)礼子は嫌々ながら、腰の振りを速めて行くと「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響いていく。
「礼子、今度は俺がやってやるぞ!」礼子を抱えたまま体を起こし、立ち上がった。
「イヤ。深く入るから、イヤ!」駅弁での結合に、首を振っている。

 しかし、肉竿は淫裂を突き刺し続けた。
(気持ちいい。レイプされているのに、こんなに感じるなんて…)膣深く入る肉竿に淫裂も濡れていく。

 「オ○ンコに、たっぷりくれてやるぞ…」登り切ったのか、動きを停めた。
「イヤ、お腹はイヤ。せめて外に出して…」言い終わらない内に膣の中が暖かくなっていく。
「そんな、射精だなんて…」落胆の声と同時に、結合部から白い液体がこぼれ落ちていく。

「捨てられたOL」第4話 ワンピース

第4話 ワンピース

 射精が済むと、礼子は降ろされた。
「オ○ンコの、御礼はどうした?」
「私とオ○ンコしていただき、ありがとうございました…」手で淫裂を押さえながら言う。

 「なあに、礼には及ばないよ。それよりも洗いたいだろう?」
「はい。今すぐ、洗わせてください…」
「わかった。その代わり、オ○ンコを撮らせろ!」

 「それは許して。そんな恥ずかしいことできません。それに、光之さんに知られたら、困ります…」
「撮らせないなら、洗わせないぞ。ガキが出来ても、いいんだろう?」
「撮って下さい。撮ってもいいですから、膣を洗わせてください」

 「わかった。両手を退けろ!」言われるまま、手を退けると白い液体が淫裂からこぼれて、太股まで流れていく。
(恥ずかしい。こんな姿を撮られるなんて…)恥ずかしさに下を向いていると「顔を上げろ、こっちを見るんだ!」と怒鳴られ、カメラを見つめて、撮られていく。

 男は数回スイッチを押すと「洗ってもいいぞ」と言い、礼子は急いで浴室に飛び込んで淫裂にシャワーを浴びせていく。
「こんなに出されるなんて…」白い液体が水と一緒に流れ出てきた。

 それでも洗い続けると、水は透明になっている。
「もう安心ね」シャワーを止め、タオルで濡れた体を拭いてから浴室から出た。
「戻ったか。これを着るんだ!」黒い服を放り、礼子が拾い上げ、広げると「イヤよ、こんなの着たくない!」声を上げた。

 礼子が拾い上げたのは、黒いワンピースだが、透けて向こう側が見えている。
「イヤか。それなら、今から素っ裸で帰って貰うからな!」男は礼子の服や下着を段ボール箱に詰め込んでいく。

 「やめて、私の服よ。返して!」礼子が叫ぶが、手を休めようとはせず「着たくないなら、素っ裸でいいんだな?」平然と言う。
「裸はイヤです。ですから着ます…」
「そうか。それなら、これも着けろ」やはり、黒いストッキングとガーターベルトを放った。

 「下着はないの?」
「ない。着るのはそれだけだ!」
「そんな~。これだけだったら、透けて見えます…」
「イヤなら、素っ裸でいいんだな。この服は、もう着られないんだぞ!」
「そんなひどい事しないで。散々レイプまでして、酷いわ」涙がまた落ちていく。

 「素っ裸よりは、こっちの方がいいと思うがな」段ボール箱にガムテープを張りながら言う。
「わかりました。これを着ます…」諦めて、ストッキングに足を通し、腰にガーターベルトを巻き付ける。

 「いいね。もう一回やりたくなった!」男は乳房を揉みながら、もう片手で淫裂を触り出す。
「お願い、これ以上辱めないで下さい…」男の手を押さえて言うと「そうだな、楽しみは、まだあるしな」素直に手を引き、箱を持って部屋から出た。

 「良かった。早く服を着ないと…」ストッキングに留め具を付けると鏡を見た。
「イヤらしいわ。それに、ヘアがないから性器が丸見えだし…」自分の姿を見て情けなく思いながらも、ワンピースに手を通した。

 「これじゃ、裸と同じよ。全部見えている!」予想はしていたが、実際に乳房が透けているのを見ると「光之さんに見られたら、何と言い訳したらいいのかしら?」また涙が落ちていく。

 そんな、礼子の気持ちなど知るよしもなく、男が戻ってきた。
「いいね。この方が素っ裸よりもいいよ」服の上から乳首を摘んだ。
「ヒ~。痛いから触らないで!」顔を歪めながら言う。
「そう言うな。いずれ、俺とオ○ンコ友達になるんだから」
(馬鹿言わないで。あんたとセックスなんか、しないわよ)唇を噛み耐えた。 

 「さてと、遊びはこれくらいにして、そろそろ行かないと…」
「行くって、どこへ?」
「いい所だよ。とにかく急がないとな」礼子の腕を掴み、部屋を出てフロントに行くと「そんな、ヌードで…」乳房と淫裂が透けているので、従業員が声を上げた。

 「驚かなくてもいいよ。この子はこうされると、もっと喜ぶんだから」胸のボタンを外し、乳房を揉み出す。
(イヤ。人前よ。お願いだからやめて!)弱みがあるから逆らえず、顔を背けるだけしかできない。

 それをいいことに「ほら、いつものように言えよ。『オ○ンコも触ってっ下さい』と」乳首を掴んだ。
(そんな事言えないわよ。でも言わないと…)
「お、オ○ンコも触って下さい」恥ずかしさを堪えて言う。
「ほらね。ここも喜ぶんだ!」ワンピースのボタンを全部外して、礼子の体を従業員に見せながら淫裂を触り出す。

 従業員は「そんなの、変態よ。人前でこんな事とするなんて!」眉間に皺を寄せて見ている。
「そう言う人もいるよ。でも、本人は喜んでいるんだよ!」指が膣の中にも入れられ(入れないで、もう入れないで…)太股を震わせている。

 「もう結構です。それより、お帰りですか?」従業員も、見たくないと言った顔をしていた。
「そうだ。精算してくれ!」男は金を払い、礼子もホテルから出た。

 ホテルを出ると、夜とはいえ、人も行き交っている。
そんな中で、薄いワンピースだけを着た礼子が、目立たないわけがない。
「見ろよ、素っ裸じゃないか?」指さし声を上げた。
「ほんとだ。ガーターベルトまでして、オ○ンコも剃っているぞ!」その声に、あっという間に、人垣が出来てしまった。

 「退いて。お願いですから退いて下さい」手で股間を覆いながら歩くと、人垣も一緒になって歩き出す。
「見せてくれよ。オ○ンコ、見せたいんだろう?」

 「そうだよ、素っ裸で歩くんだから、手を退けて全部見せてくれないとな!」勝手なことを言っていると「そうだよ、手を退けて、全部見せないと」男も言い出す始末だ。
(イヤよ、性器だけは見られたくないわよ!)叫びたいが、恐る恐る股間から手を退けると「見えた。オ○ンコが見えた!」歓声が上がった。

 (見られている…。ヘアのない性器を…)礼子は下を向いたまま、男の後ろを歩いて行くが、酔った通行人が尻を撫でていく。
(触らないでよ!)振り払うと、乳房も触られた。

 「やめて、触らないでよ!」遂に礼子が切れると「触るぐらい、いいじゃないか。オ○ンコやる訳じゃないぞ!」切り返される。
「そうだよ。素っ裸を晒すんだから、それくらいは覚悟しているはずだ!」別な酔っぱらいも絡んで、触りだす。

 「やめて。お願いイヤです!」
「売春婦のくせに、これくらいは我慢しろよ!」通行人も加わり、礼子の乳房と淫裂を触っていく。
(違うわ。売春婦じゃありません、OLです!)首を振り、触られながら男の後を歩いて行くと、ビルが見えてくる。


 「あそこだ。もうすぐだぞ!」その言葉に礼子は早足で歩き、ビルに入って行く。
「ちぇ、ここまでか…」2人がビルに入ると、人垣も消え(良かった、これで済んで)一安心の礼子だが、「お待ちしていました、高橋さん!」数人の男が現れた。
(あいつは、高橋って言うんだ…)礼子は高橋と呼ばれた男を見つめている。
 
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
326位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻 連載中
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
ブログ内検索
記事数メーター