fc2ブログ

「哀れみの女刑事」第1話 エステ店

登場人物
 
  糸川良子:警視庁刑事        若林一雄:捜査本部長
  岡江久美:  〃           白石健太:エステ経営
  陣内貴子:  〃          堀川悦子:エステ支配人、白石の愛人
  椿 小華:密入国者
  岡林太郎:産業廃棄物処理会社社長  鈴木章吾:元暴力団幹部、白石の手下
  〃 奈美:太郎の妻         杉下泰三:元暴力団、  白石の手下
  森下昌子:奈美のメイド       劉 賢民:中国マフィア「蛇島」ボス
                     〃 麗華:賢民の妻
                    後藤沙羅:島の顔効き
第1話 エステ店

 夜遅くにも関わらず、警視庁の会議室では女性失踪事件の捜査方針を巡って熱心な意見交換が行われていた。
「虎穴に入らずして、どうして虎を捕まえられるのでしょうか!」まだ若い女性が声を張り上げていた。

 「糸川君、言いたいことはわかっている。しかし、若い女性が囮になると言うことは危険が伴うんだよ」白髪交じりの男性がいさめた。
「それはわかっています。ですが、このままでは連続失踪事件の手がかりすら掴めません。ですから、私にあのエステへの潜入をやらせて下さい」

 「ダメだ、絶対に許さない。囮捜査するには裁判所の許可が必要だ。今の状態では許可は絶対に下りない!」
「どうしても、囮捜査はやらないのですね?」
「そうは言ってない。今は、その段階ではないと言ってるだけだ!」

 「わかりました。そこまで言うなら勝手にやります!」若い刑事は会議室から出て行った。
「やれやれ、怖さを知らない糸川刑事にはには困ったもんだ」頭を掻く若林だ。

 「本部長、それより本題に戻らないと…」
「そうだな。あのエステが失踪事件の決め手だしな」女性が抜けた後も、会議が続けられた。

 その翌日、捜査本部が目を付けたエステに、会議を途中で抜け出た女性刑事が入って行く。
女性の名前は糸川良子と言って、25歳の独身だ。
仕事熱心だが、我が強く独断で行動する事もあり、今回も勝手に行動している。

 「客として入るなら問題ないはずよ」良子は自分に言い聞かせながらドアを押し中に入った。
「いらっしゃいませ!」白衣を着た女性従業員が良子に頭を下げる。
「あの~。初めてなのでわからないのですが…」
「それでしたら、こちらでご説明します」従業員は丁寧に説明を始めた。

 それを聞いていた良子は(どうしよう。人前で裸になるなんて。でも、ここまで来たら引き下がれないし)考えて「わかりました。コースでお願いします」と頼み「それでしたら、この契約書にサインをお願いします」と契約書を差しす。

 「エステで契約書ですか?」
「はい、トラブルがあった場合に困りますから」
「わかりました。住所と名前を書けばいいのね」契約書に書き込んでいく。
それを笑顔で見ている従業員だが、怪しく輝く目をしているのに良子は気が付かなかった。

 「これでいいのね」
「結構です。早速、今日から始めますので着替えをお願いします」良子は従業員に案内されて、小さな部屋に入ると「これに着替えて下さい。下着はなしですよ」そう言って出ていく。

 「こんな薄いのを着るなんて…」愚痴を言いながらも脱ぎだしたが「待てよ。もしかして、監視されているかも…」不安になって見渡せばそれらしき物はなく、鏡が置かれてあるだけだ。

 (これだわ、この裏で監視しているんだ。でも、脱がないと返って不審に思われてしまうし…)自分と葛藤しながら上着、スカートと次々と脱いでパンティとブラジャー姿になった。

 良子のブラジャーからはDカップの乳房は半分ほど飛び出し、パンティも股間部分がうっすら黒ずみ、程良く盛り上がっている。

 (恥ずかしいけど、捜査のためにはやるしかない…)覚悟を決め背中のホックを外すと乳房が勢いよく飛び出し揺れている。
(見られているはずよ、私のオッパイを…)怪しまれないように平然と振る舞いながらも、肩から紐を外して上半身裸露わにしている。
鏡にも乳房を露わにした姿が映っているが、乳首が限界まで膨らみ乳房も心なしか震えている。

 (問題はこれからだわ。ヘアはおろか、性器まで見られてしまう…)下を向いたままパンティを掴んで引き下げていく。
良子の手が太股まで下がると、真っ黒な逆三角形の絨毛が現れた。
(お願いだから、しばらくの間は見ないでいてよ)震えを抑えながらパンティから足を抜くため足をあげた。

 すると、鏡には黒い絨毛に包まれたピンクの淫裂が映し出された。
(見られたわ、私の性器が)緊張しながら別な足も上げて淫裂を晒した。
そして、良子の手には温もりのある小さな布が残され、生まれたままの姿になっている。
(恥ずかしい。これ以上見られたくない)パンティを仕舞い込むと、急いで渡され服を着込むが、うっすらと乳房が透けている。

 (とにかく、これで安心だわ)丸見えから逃れた良子は一安心しているが、やはり、監視していた者がいた。
「見ろよ、いい獲物だ。これは逃すなよ」
「わかっています。必ず、落とします」
「それならいいが。それにしても、オッパイと言い、オ○ンコと言いチンポが立っちゃうよ」隠しカメラを見ながらチャックを引き下げて肉竿を擦りだした。

 「そんな事しないで。私がしてあげますから」側にいた女性が慌てて肉竿を掴むと擦りだした。
「それだけか?」
「そんな事ありません。いつものようにしてかまいません。ですから、あの女だけはイヤです」そう言うと白衣を脱いだ。
女性は白衣の下は何も身につけて無く、白い乳房と無毛の淫裂が露わになっている。

 「相変わらず、ピンクでいいよな。これでやってくれ」
「お任せ下さい」女性は男に跨り肉竿を掴んだまま腰を沈めていく。
「悦子、相変わらず締まりがいいな。チンポが絞められるよ」
「これも、訓練のおかげよ。遊びは自由だけど、私を忘れないでね」悦子と呼ばれた女性は腰を上下に動かして行く。

 暫く腰を動かしていると、男性は揺れ動く乳房を握りしめ揉み出す。
「悦子、これは何だ?」乳房を揉みながら指の間で乳首を潰した。
「ち、乳首です、悦子の敏感な乳首です…」
「そうか、敏感な乳首か。オ○ンコも敏感じゃなかったかな?」
「オ○ンコなんて言い方イヤ。セックスと言って」顔を振りながら腰を振り続けている。

 一方、ガウンに着替えた良子はエステ室に入った。
「始めますから、ガウンを脱いで仰向けに寝て下さい」
「わかりました」言われるまま背中を向けてガウンの紐を解かれていく。
(全部見られてしまうわ。相手が女でも恥ずかしい)顔を赤らめ肩からガウンを脱ぐと背中が露わになった。

 (もしかして、ここにも監視カメラがあるのかも知れないわ。またヌードを見られてしまう)急に恥ずかしさが込み上げガウンを脱ぐと股間を押さえながら仰向けになった。
「そんな恥ずかしがること無いですよ。ここには誰もいませんから」股間を押さえた手を退けさせる。
(見られたわ、見知らぬ人に…)顔を赤らめて横を向いた。

 そんな良子を気に留めず「羨ましいわ。こんなにお綺麗で」露わになった乳房や股間を見ている。
「そんな、綺麗だなんてとんでもないです。普通です…」
「普通だなんてとんでもないですよ。私なんか貧弱ですから」そう言うとゼリー状の液体を塗りだす。

 「冷たいかも知れませんが、始めだけですから」ゼリーを伸ばしながら肌を撫でだし、暫くすると手が乳房に伸びた。
エステ嬢は乳房を揉みながら乳首を摘み(やめて、そんな事されたら変になっちゃう!)快感を覚え声を出すまいと堪えている。

 そんな良子と知ってか、知らずかエステ嬢は乳房を揉みながらゼリーを擦りつけた。
「お客様、気持ちいいでしょう。セックスと同じ感じでしょう?」
「そんな事言われても、まだセックスした事がないからわからないわよ」
「そうでしたか、それは失礼しました」エステ嬢は目を輝かせ、手を乳房から太股に伸ばして擦りだした。

 手が内股を擦っていくと時折指が淫裂に当たって(やめて、性器は触らないで!)触れるたびに腰が引きつった。
それを楽しむかのように、幾度も淫裂を触りながら「ここもします」遂に淫裂を指が撫で出す。
「そ、そこはいいです。恥ずかしいから、いいです」
「そんな遠慮なさらないで。ここは汚れが貯まる場所ですよ」断っても足を開いて淫裂を触りだした。

 エステ嬢は、良子の反応を楽しむかのように割れ目の上にある突起を撫でだし「やめて。そこはしなくてもいいです…」唇を震わせ声もかすれている。
「そうおっしゃらずに任せてください」薄笑いを浮かべて突起の包皮を捲ると半透明の粒を指先で撫でた。

 「あ、あ、あ~!」さすがに腰が動いて声もあげて「ここをされると、オナニーより気持ちいいでしょう?」なおも撫でてから淫裂の中まで撫でていく。

 「そんな、オナニーだなんて…」良子は久しぶりに味わう快感で(性器を触られると気持ちいいわ。セックスもこんな感じたらいいのに…)経験は少ないが淫裂の中は潤っている。

 「感じるでしょう。もっと欲しいでしょう?」指が大胆に動きだし、それに合わせて腰も動いていく。
(気持ちいい、オナニーなんて目じゃない…)声を上げながら淫汁を流していく。

 エステ嬢はその後、俯せにして背中や尻にもゼリーを塗っていく。
「ここは丁寧にしますよ」肛門を撫でている。
(丁寧ってどんな風にやるのかしら?)不安に思っていると指が押し込まれ「ヒ~。抜いて、お尻はイヤです!」体を震わせながら叫んだ。

 「汚れていますから、綺麗にしないといけませんよ」入り込んだ指が動き出し「あ、あ、あ~!」悲鳴に近い声だ。
「お客さん、直ぐになれますよ」笑いながらも指を動かし続け、その後に全身のマッサージが行われた。

 「お客さん、ついでですから、ヘアの手入れもしましょうよ」
「ヘアの手入れですか?」
「そうです。こんなにぼうぼうではみっともないですよ」
「手入れしたら、どうなるの?」

 「そうですよね。現物を見た方がいいですわよね」エステ嬢は良子の前で白衣の裾を持ち上げ、パンティを引き下げた。
「そんな、ヘアを剃るなんて!」現れた股間は数ミリ程度の絨毛が生えており、しかも大部分が剃り落とされ、淫裂が剥き出しになっている。

 「全部は剃らないのよ。ほらね」確かに盛り上がった恥丘には2センチ程度の幅で無毛症ではない証拠がある。
「でも、ヘアを剃ったら性器が剥き出しになってしまうし…」
「お客さん、そこがいいんですよ。もし、その気があるならお小遣い稼ぎもできますよ」その言葉に(来たわ、きっとそれが手がかりだわ。でも、ヘアを剃るなんて)考えている。

 そんな良子に「イヤですか、残念だわ。あなただったら良いお客が付くのに…」落胆の顔になった。
「お小遣い稼ぎって、売春じゃないでしょうね?」
「そんな仕事は紹介しませんよ。相手は女性ですから」

 (相手が女性と言うことは、もしかしてレズの相手かも。この際、飛び込むしかないわ。どうせ、ヘアは生えるし…)迷いが吹っ切れたか「お願いします。でも全部はイヤですからね」承知した。

 「わかっています。私と同じにします」良子が承知すると、絨毛をハサミで切り出す。
(恥ずかしいけど、手がかりになるかも…)目を閉じ、されるがままにしていく。
エステ嬢は恥丘の絨毛を切り終えると、残された絨毛に泡を塗り込んでいく。

 そして「危ないですから、動かないで下さい」カミソリを持ち、良子の絨毛に当てて「ジョリ、ジョリ!」と剃りだした。
(ヘアを剃られていくわ。恥ずかしいから見られないようにしないと…)エステの淫裂を思い浮かべて考え巡らしている。

 やがて、絨毛の大半が消え失せ、恥丘にわずかに残されている。
「はい、できました」濡れタオルで拭き、クリームを塗り終えると、鏡を股間に押し当てた。

 鏡には少女のように、ピンクの割れ目が露わになっており「恥ずかしい、こんな性器になるなんて!」顔を赤らめ両手で股間を押さえた。

 「そんな顔しなくてもいいですよ。それから、お小遣い稼ぎですが誰にも言わないでくださいね」
「わかっています。でも、どうしたらいいの?」
「私から連絡します。その時はお願いしますね」ガウンを良子の肩に掛けた。

 それを着込むと、再び服を置いた部屋に入ってまた全裸になった。
(恥ずかしいわ、膣まで見えそうだし。でも、何とか手がかりが掴めたみたいだから我慢しないと)鏡に映った自分の全裸を見ながらパンティを履き、次々と服を着込んでエステから出た。

 エステから出た良子は警視庁へと向かった。
「糸川君、今何時だと思っているんだ?」
「本部長、申し訳ありませんでした。実はあのエステに客として入り込みまして…」

 「何、エステに入っただと。それでどうだった?」若林の大きな声に、他の刑事も振り返る。
「まだ詳しくはわかりませんが、アルバイトらしいのを紹介しているようでした」
「そうか。それはお手柄だが、もう勝手な行動はダメだぞ!」

 「それはわかっています。でも、もう少し探りを入れさせて下さい」
「ダメだ。君には荷が重すぎるよ」
「でも、やっと掴んだ手がかりですよ」食い下がる良子に若林も思案顔になった。

 「そうだよな、わかった。君では危険だから別な者に探りを入れさせるよ」
「そんな、私が掴んだ手がかりなのよ」
「捜査は君だけでやっているんじゃない。チームでやるんだ!」若林の大きな声に唇を噛む良子

 だが、叱責されたくらいで諦めることはしなかった。
「本部長、暫く休暇をいただきます!」皆の前で言い放つと「糸川、勝手な行動は辞めろ!」先輩達が制止するのを聴かず捜査本部から出ていく。
しかし、この事が悔やまれる事になると、良子は夢にも思わなかった。
スポンサーサイト
[PR]

「哀れみの女刑事」第2話 レズの特訓

第2話 レズの特訓

 休暇を取った良子は、翌日もあのエステに向かった。
エステ店では「あら、どうしたの。会社はいいの?」突然現れた良子に、昨日のエステ嬢も驚いたようだ。
「辞めました。課長と言い争いになってやめました…」
「そう、辞めたんだ。それならお小遣いが欲しいわよね?」
「そうなの。だから紹介して下さい」

 「待ってね、支配人と相談するから」エステ嬢が去ってから暫くして「糸川良子さんでしたよね?」女性が現れた。
「はい、糸川良子です。あなたは支配人ですか?」
「そうよ、堀川悦子というの。お小遣いが欲しいなら、あなたを確かめないとね」
「身元でしたら、契約書に書いた通りですが…」

 「そんな事じゃないの。あなたの体を確かめるのよ。こっちに来て!」悦子は良子を支配人室に連れ込んだ。
「ここなら誰も来ないから安心して。まずは全身調査から始めるわね」ドアに鍵を掛けると良子の服を脱がそうとする。

 「イヤよ。裸にしてどうする気なの?」
「確認よ。大事なお得意さんに紹介するんだから確認しないと」そう言われれば、おとなしく従うしかく「悦子さん、私自分で脱ぎますから」と承知すると「それならいいわ。全部脱いで見せるのよ」悦子は笑顔に代わっている。

 良子は悦子が見守る前でスーツを脱いだ。
「いい体しているわね。あなたなら、いいお小遣いが入るわよ」下着姿になった良子を食い入るように見ている。
(恥ずかしいわ。いくら女同士と言っても裸になるなんて…)顔を強ばらせながら背中に手をやり、悦子に尻を向けた。

 「ダメ、こっちを向くの。お客に尻を見せるなんて失礼よ!」
「でも、脱ぐのを見せるなんて恥ずかしい…」
「恥ずかしがったら、お金にはならないわ。相手は女だから安心して脱ぐのよ」
「わかりました。そうします」悦子と向き合い、ホックを外して肩からブラジャーの紐を引き下げた。

 すると、今まで狭いカップに収まっていたDサイズの乳房が露わになって揺れている。
「大きいわね。それに乳首もいい色しているわよ」
「そんな事言われると、恥ずかしい…」ブラジャーを脱ぐと両手で乳房を押さえた。

 「そんな事したら、いつまで経っても調べられないわよ。手を退けて全部見せないと」
「このままではダメですか?」
「勿論よ。女性のシンボルを確認しないと、紹介はできないわ」
「わかりました。全部脱ぎます…」乳房から手を退け、パンティのゴムを掴むと(恥ずかしいけど、これも捜査のためだし…)引くに引けず、ゆっくりと両手を引き下げた。

 手が引き下げられると、股間を覆っていたパンティも引き下げられ、手入れされた絨毛が露わになっていく。
(性器まで見られてしまうけど、我慢しないと…)膝をガクガクさせながら、なおも引き下げ、背中を丸めて足を上げると、その瞬間、剃り上げられた淫裂が開いてピンクの膣腔が覗いた。

 (綺麗だわ。まだセックスしたこと無いかも。これは特上だから絶対に物にしないと…)食い入るように見ており、それは良子にもわかっている。
(膣の中まで見られてしまったわ。もう、どうなってもいい!)開き直ってパンティを放り、股間を露わにした。

 「そうよ、それでいいの。こんないい体なんだから下着は着けない方がいいわよ」それまで黙ってみていた悦子だが、全裸に興奮したのか、乳房を触り淫裂も触っていく。
それには(触らないで、そこは玩具じゃないわよ)体が震えていく。

 「あら、震えているのね。1人だけヌードではイヤなんだ。それなら私も脱がないとね」勝手なことを言い、悦子も脱ぎだした。
(脱がなくていいわよ。触られるのがイヤなだけなのよ)胸と股間を押さえて、脱ぐのを見守っている。
それには動じることなく、服を脱いで下着姿になると「そんな、丸見えよ!」良子は声を上げた。

 悦子は役目のしない下着を付けており、乳房と無毛の淫裂が透けた布から覗いている。
「そうよ、これは見せるための下着なの。あなたに私の全てをね」背中に手をやりホックを外すと乳房が揺れていく。
(レズだわ、私にレズの相手をしろというんだ。ここはイヤだけど、やるしかない!)それを真剣なまなざしで見ているが(そうよそれでいいの。白石さんに楽しんで貰えるし)隠し撮りされている。

 「良子さん、私もあなたと同じく手入れしてるのよ。ほらね」パンティを脱ぐと良子に淫裂を触らせる。
(イヤよ。やりたかったら他の人として!)叫びたいのを堪えて触っていくと「もっと、愛情を込めてやらないとお金にはならないの。意味わかるでしょう?」注意される。

 (レズなんて、やったことないからわからないわ。どうすればいいの?)戸惑いながらも乳房を揉み、乳首を吸うと「そうよ、それでいいの。オ○ンコにも指を入れて掻き回すのよ…」気持ちよさそうな顔をして良子の頭を撫でていく。

 (オ○ンコだなんて卑猥だわ。性器と言いなさいよ。女のくせに恥ずかしくないのかしら?)オ○ンコと言われ嫌悪を感じながらも指を膣の中に入れていくと「いいわ、もっと奥までして。チンポもいいけど、レズもいい…」声を上げだした。
(私はイヤよ。私の膣の入れないで。まだ処女なんだからね)指を動かしていくと濡れてきた。

 「良子、私にもさせて。あなたとオ○ンコにしたいのよ」良子を抱きかかえるようにしてテーブルの上に寝かせた。
(恥ずかしいわ。こんなの見られたらどうしよう…)目を閉じていると足を開かされ、舌が膣の中に押し込まれ「ダメ…。そこはダメ…」言葉とは裏腹に腰が動いていく。

 「あ、あ、あ~!」リズミカルに舌が動き、敏感なクリトリスも指先で撫でられ(気持ちいいわ。オナニーなんて目じゃない。これがセックスなのかしら?)処女の良子だが、淫裂からは白く濁った淫汁が流れている。
(思った通りだわ。この子はここが敏感なんだ。それに処女だから高く売れるし)時折、手を伸ばして乳房を揉みながら淫裂を舌で愛撫してく。

 暫くしてから、良子もテーブルの上に乗り、尻を良子に向ける。
「わかっているでしょう。オ○ンコを弄くり合うのよ。うまくやらないとお小遣いも貰えないからね」注意すると良子の果敢にまた顔を埋めて淫裂を触っていく。
「ダメ、そこはダメ!」声を上げながらも腰を動かしていく。

 (こんなのイヤ。レズされるならレイプされた方がましだわ)そう思いながらも、良子にされたように、目の前にある淫裂を舌と指で愛撫していく。
(そうよ、それでいいの。白石さん、後で見たいからうまく撮ってね)隠しカメラの方をちらりと見ると良子の淫裂を触り出し「あ、あ、あ~!」2人は声を上げ続けた。

 2人は1時間ほど抱き合ってから、やっと服を着ていく。
「どう、女同士の楽しみ方って面白いでしょう?」
「そんな事言われても、した事ありませんから…」
「そうよね、まだ初てだしね。これからは私にされた通りにやればいいのよ」
「わかりました。そうします」

 「素直でいいわよ。早速だけど、今度の日曜日にお小遣い稼ぎをしてみない?」服の乱れを直しながら言う。
「どんな事をすればいいのですか。風俗は絶対イヤです!」
「そんな事させないわよ。ちょっとモデルをして欲しいだけなの」
「モデルとおっしゃいますと?」
「下着のモデルよ。ちょっと、エッチな下着だけど。相手は女性だけだから安心していいわよ」

 「秘密は守れますか?」
「勿論よ。もしうまくいったら、もっといい仕事も紹介するわよ。風俗じゃないから安心して」悦子の話に「丁度良かったわ、会社も辞めてお金が必要な時だったし」と承知した。
「良かった、承知してくれて。早速だけど…」悦子は詳しく説明し、それを聞き漏らすまいと聞いている。

 話が済むと、エステを出て若林に電話を掛けようとした。
「もし、連絡したらやめろと言われるわ。そうしたら、せっかく掴んだが手がかりが…。それに、今は休暇中だし…」勝手な解釈をして、単独行動することに決めた。

 一方、エステ店では「うまく撮れているだろう。良子のオ○ンコもばっちり撮れているし」白石と悦子がビデオを再生している。
「恥ずかしそうで可愛かったわ。それに、間違いなく処女よ」
「そうか、処女か。それだったら、うかつにオ○ンコやれないな…」

 「そうよ。だから私が相手してあげる!」悦子は白石のズボンを引き下げ、肉竿を取りだすと「口か、オ○ンコにやらせろよ。ビデオを見ていると、収まり着かないし…」
「わかっています。後ろからでいいでしょう?」ズボンを引き下げると、四つん這いになった。

 「これなら、ビデオを見ながらオ○ンコやれるな」裾を捲ってパンティを引き下げ「おまえのオ○ンコと、良子のオ○ンコは大部違うな。おまえのは黒ずんでいるし…」
「言わないで。これも、あなたの性でこうなったのよ」首を振りながら言う。

 「そうだよな。毎日のようにやっているんだから当然だよな。入れるぞ!」白石の肉竿が悦子の淫裂を押し広げていくと「あ、あ、あ~!」と声を上げだした。

 「どうだ、気持ちいいか?」
「はい、気持ちいいです。ですから、オ○ンコの中に一杯のエキスを下さい…」
「わかっている。一杯くれてやるからな」白石は得意げに肉竿のピストンを始め「いいわ、凄くいい…」悦子も悶え声を上げている。

 それから数日が過ぎて日曜日が来た。
良子は悦子から教わった場所へ向かうと「待っていたわ。乗って!」悦子が車で向かえに来た。
それに乗り込むと走り出し、都内でも有名な住宅街へと向かう。

 「悦子さん。ここは有名人が住む町ですよね?」
「そうよ。しかも、お金持ちだけが住める所なの」平然とハンドルを握っているが(間違いなく、悦子も事件に関係しているわ。必ず黒幕を突き止めてやる…)自分に言い聞かせながら笑顔をしている。

 悦子はそんな良子を後目に車を走らせ「着いたわ、ここよ」車を停めると、そこでは警備員が出入りをチェックしている。
「凄く厳重な警備ね。誰が住んでいるのかしら?」
「そんな詮索はしないの。とにかく行くからね」悦子が注意して車を降り、その後ろを歩いて屋敷に入った。

 屋敷に入るとメイドが出迎え、部屋へと案内した。
「お呼びするまで、ここでお待ち下さい」メイドが出て行くと「全部脱いで、素っ裸になるの」悦子は平然と言う。
「そんな、裸だなんて話が違います。下着のモデルのはずですが…」
「違わないわ。下着は着るけど、ここからでなく、お客さんが用意したのを着るの」

 「それじゃ、ここからはヌードで行くしかない…」
「そう言う事なの。相手はお金持ちだからチップもあるわ。絶好の小遣い稼ぎなんだからね」声を張り上げて言うが(裸になんかなりたくないわ。でも、捜査のためならやるしかない…)口を尖らせながらもボタンを外してシャツ、スカートと脱いで下着姿になった。

 「あら、言ったはずよ、下着は着なくていいって。着ていると、ほら、痕ができてしまうでしょう?」腰と太股の部分にはパンティのゴムの痕がある。
「下着を着るなと言われても、恥ずかしいです」
「誰もわからないわよ。これからは着ないでね」
「わかりました」渋々承知してパンティから脱いでいく。

 「あら、手入れしてないのね。こんなに伸びているわよ。そうだわ、ここで手入れして貰おうね」淫裂の周りに生えかけた絨毛を撫でながら言う。
「そんな、恥ずかしいです。見知らぬ人にヘアを剃られるなんて…」
「我慢しなさい、これもお金になるのよ。それより、早くブラジャーも脱がないと」「わかっています…」恥ずかしさを堪えてブラジャーも脱いで全裸になった。

 「見て、ここにも痕があるでしょう」乳房の膨らみにもカップの痕ができていた。
(勝手なこと言わないで。あなたもやってみなさいよ)言い返したいが、黙ったまま全裸で立ってると、悦子は乳房や股間を確かめるかのように怪しい目で見続けた。
(イヤらしい目だわ。まるで変態みたい)黙ったまま、両手を後ろに組み、乳房と淫裂を晒している。

 そこに「奥様が…お呼びです…」メイドが入ってきた。
メイドは良子の全に驚いた顔をし(見られたわ、性器やオッパイを…)良子は恥ずかしいのか、太股が震え、顔を背けている。

 「ダメよ、そんな事では。堂々としないとお金は払わないわよ」
「そんな事言っても無理です。裸を見せるんですから…」
「言われたことをやらないと、違約金を払って貰うわよ。大事な仕事に穴を空けるんだから」悦子は脅し口調になった。

 (仕方ないわ。ここは言われた通りにしないと…)恥ずかしさを堪えてメイドの顔を見つめた。
「それでいいのよ。ほら行くわよ」急かされ2人はメイドの後ろを歩いくが、全裸の良子は乳房を左右に揺らし、淫裂も歩くたびに形を変えていた。
(恥ずかしい。こんな事を知られたら刑事は首になってしまう…)歩いている良子の目は真っ赤に充血している。

「哀れみの女刑事」第3話 女同士の楽しみ

第3話 女同士の楽しみ

 2人がメイドの案内で部屋に入ると「あら、凄いわね。今回は格が上だわ」「ほんとだわ、胸といい、割れ目と言い申し分ないわね」乳房と淫裂を露わにしている良子に歓声が上がった。
歓声を上げたのは、着飾った中年の女性で6人おり(恥ずかし。こんな姿を見られるなんて…)人前での全裸姿に良子は震えだした。

 「見て。この子ったら震えているわよ。オッパイがこんなになっているし…」震えで揺れる乳房が掴まれ「触るのはやめて下さいい…」すかさず、その手を押さえた。
「そんな事したら、お小遣いが減るわよ。こっちの言うことを聞いたら反対に増えるのよ」そう言われれば怪しまれないためにも手を納めるしかない。

 「そうよ、それでいいの。ここも震えているわよ」乳房から淫裂に手が伸び、割れ目からはみ出た肉襞が撫でられる。
「は、恥ずかしいです。そんな性器を触られるなんて…」声も上擦っている。

 その行為に「あら、抜け駆けなんてずるいわよ、まずはじっくり見てからよ」その言葉に女性は手を退け「聞いたでしょう、じっくりお見せしないとね」良子は言われた通り、手を後ろで組み立った。
(恥ずかしいわ。いくら女同士でもでも、裸を見られるなんて…)恥ずかして、下を向いたままの良子を、品定めのように見ていく。

 「いいわね、この初さが」「この子ならいいわ」女性達は品定めが終わると触りだす。
「イヤです。そんな触るなんて聞いていません!」
「聞いてなくてもやるのが決まりなの。お小遣いは多い方がいいでしょう?」
「それはそうですが…」
「だったら、おとなしくした方がいいわよ」弱みにつけ込み、乳房や淫裂、尻と確かめるかのように触った。

 暫く触ると「決まったわ。こっちに来て!」良子は別な部屋に連れ込まれた。
「まずはこれを着て貰うわ」用意した衣装を着させるが「これじゃ、着なくても同じですが?」着させられたのは隠す役目など全くしない下着だ。
(こんな、オッパイと性器を丸出しだなんて、下着じゃないわよ)良子は全裸姿に、金色の鎖を巻き付けただけだ。

 しかも、乳首と淫裂の突起にはピアスを付けられ「ヌードは我慢します。ですからこれは外してください…」泣き顔でピアスを外すように頼んだ。
「終わったらいいけど、それまではダメ。お小遣いも上げるから我慢して!」そう言われれば怪しまれないためにも従うしかない。

 「こんな姿もいいけど、娼婦スタイルも似合うかもね」次の準備をしていく。
「奈美さん。次の準備より早く始めましょうよ。皆さん待っているわよ」
「そうよね、楽しみに待っているしね」良子は悦子達がいる部屋に戻った。
部屋に3人が戻ると「凄いわね、こんな姿もいいわ」良子の鎖姿に声が上がっていく。

 「これは記念に残さないとダメだわ。最高の傑作だしね」良子にカメラが向けられる。
「イヤ。カメラはイヤです。ヌードは撮らないで下さい!」慌てて胸と股間を押さえた。
「何も、悪いことに使わないわよ、記念に残すだけなの」
「信用できないわ。何か証拠を見せてくれないと…」
「仕方ないわね。これが今までの傑作写真よ。他で見たことあるの?」屋敷の主はアルバムを広げた。

 「そんな、オッパイと性器まで晒すなんて!」驚きの声を上げたが(この子だわ、失踪したこの子が写真に乗っている!)写真のモデルにも驚いた。
「これは趣味でやっているの。だからいいでしょう?」甘えるように頼み込む。
「お小遣いも、ずっと弾むわ。それに、いい仕事も紹介するわよ。今までよりもお金になる仕事も」

 それを聞いて「私を撮って下さい。お金が必要なんです!」と全裸同然で写真に撮られるのを承知すると「そうこなくちゃ。その前に、ここを手入れさせてね」生えかけた絨毛が撫でられる。
「そ、剃るんだったら、割り増ししてください。そこは恥ずかしい部分ですから…」恥ずかしさに声が震えている。

 「わかっているわよ。オ○ンコしたことがないみたいだしね」
「そんな、オ○ンコだなんて…」顔を赤らめ俯くと「オ○ンコを知らない分けないわよね。男はここをオ○ンコって言うの。それにセックスも意味しているのよ」良子をからかうかのように言うが(卑猥だわ、オ○ンコの意味は知っているけど人前で話す言葉じゃないわよ)項垂れたままだ。

 そんな良子に「もういいでしょう、早く手入れしないと時間が勿体ないわよ」
「そうよね、手入れは私がするわ」奈美と呼ばれた女性が用意されたスプレーを股間に吹きかけ、手で伸ばしていく。
(やっと生えたのに、また剃られてしまうなんて。でも、失踪した女が写真に写っているなんてどういう事かしら?)カミソリが当てられても思案している。

 「良子さん、見て。これがあなたのオ○ンコよ」股間に鏡を押して見させた。
「は、恥ずかしいです、こんな性器にされて…」鏡に映った淫裂は割れ目からは、ピンクの肉襞が飛び出している。
「恥ずかしがることないわよ。女はみんな同じオ○ンコを持っているんだから。それより始めるからね」良子にポーズを取らせていく。

 (ヌードを撮られてしまう…。後で取り返さないと…)カメラを見つめながら思案していると、閃光が瞬いていく。
(撮られた、ヘアのない性器も…)顔が自然に強ばっていく。
「ダメよ。そんな怖い顔しないで笑顔にならないと。撮り直すからね」作り笑顔をしてカメラに収まった。

 「良子さん。次は私のを着て貰うわね」別な女性に連れられて部屋に向かう。
「私はこれが似合うと思うな。これを付けて貰うわよ」今度は黒いストッキングとガーターベルト姿にされていく。
(こんな娼婦みたいな姿にされるなんて。同僚が見たら何て言うかしら…)乳房も丸出しのブラジャーを着けさせれて戻ると「娼婦姿もいいわね」またカメラに納められた。
こうして、良子は次々と全裸同然にされて写真に納められた。

 下着のモデルが済むと「面白いこと教えてあげるから行こうよ!」良子に目を付けた女性2人に連れられ、別な部屋に連れ込まれた。
そこにはベッドが置かれてある。
「せっかくだから、全部脱いで楽しもうね」連れ込んだ女性は自分から服を脱ぎだす。

 (レズだわ。楽しむってレズの相手なんだ。ここはイヤだけど、何かの手がかりになるかも知れないし…)良子は逃げ出したいがそれを見守っている。
そんな事など知らない女性は下着も脱ぎ、生まれたままになると「あなたも脱ぎましょうね」抱きついてきた。

 (レズなんてイヤよ。でも我慢しないと…)堪える良子に「女同士が一番いいのよ。男はただチンポで突くだけだし」耳たぶをなめ、乳房を触り出す。
「くすぐったい。そんな事されたら変になる…」目を閉じされるがままにしていくと「ここもいいでしょう?」指が淫裂の中に入れられた。
「ダメ、そこはダメです!」叫んでも指が入れられ、舌でクリトリスがなめられて「あ、あ、あ~!」大きな声を上げてしまった。

 それは別な部屋で待っている悦子や女性達にも聞こえている。
「凄いわね。気持ちよさそうな声まで上げて」
「そうよね、私達も楽しみましょうよ」その言葉に悦子は抱かれ、服が脱がされていく。
「悦子さん、もっと見つけてちょうだい。お金ならいくらでも上げるわよ」
「わかっていますが、なかなか上玉は見つからなくて。その代わり、私がタップリとお相手を…」悦子は全裸にされると、反対に女性の服を脱がしていく。

 「そうして。男はチンポを膣に入れることしか考えてないから、女が一番いいの」満足そうに上擦った声で言う。
「そうですよ。こんな事もしてくれないし…」パンティを引き下げ露わになった淫裂を撫でていく。
「そうよね。そこにされると感じるし…。もう大丈夫だから、あれでして…」指さす先にはV型のレズ用バイブがある。

 悦子はそれを自分の淫裂に押し込み、ベルトで腰に留めると女性に覆い被さった。
「悦子さん、入れて、深く入れて…」女性は腰を動かし、バイブの先端に膣腔を押しつけた。
「入れます…」乳房を優しく撫でながら腰を密着させていくと「あ、あ、あ~!」と声を上げだす。
悦子はなおも押し込み、密着させるとゆっくりと腰を動かし「いいわ。チンポより凄くいいわ…」満足そうに声を上げていく。

 同じように、良子のレズを見ていた女性もペニスバンドを腰に付け、それを見て「イヤです。バージンが破けてしまう!」逃げようとした。
「大丈夫よ、オ○ンコに入れないわ。別な所に入れるから」ニヤリと笑うと樹脂にゼリーを塗っていく。
「そうよ、ここに入れないわ。だから安心して楽しみましょう」体を入れ替え良子を上にした。

 「約束ですよ。絶対に破らないって!」
「任せて。それよりもっと…」2人は乳房を潰し合うほど抱き合っているが、上に乗った良子の尻と淫裂が丸見えになっている。
「私も楽しみたいわ、3人でしましょうよ」ペニスバンドの準備を終えた女性が良子の尻を撫で出すと「いいわよ。早く奈美さんも来て!」その言葉に、良子の腰が両手で抑えられた。

 (もしかして、お尻に入れるのでは?)そう思った瞬間、肛門に押し込まれた。
「イヤ、お尻はイヤ。お願いですから入れないで~!」狂ったように声を上げ、抵抗したが、二人に抑えられ肛門から突き刺されて(お尻に入れられた…)体を反らせ、呻き声を上げた。
「痛いのは最初だけよ。直に気持ちよくなるから」なおも腰を密着させて根本まで押し込まれた。

 「抜いて。お尻はイヤです!」
「そうでもないわよ。直ぐにわかるから」ペニスバンドがゆっくりと動かし出すと「あ、あ、あ~!」今まで以上に声を上げた。
「気持ちいいでしょう。お尻もいいのよ」
「そうなのよね。これも病みつきになるわよ」下側の女が良子の頭を抑えて唇を重ねていく。

 (良くない。こんなの良くない…)首を振って拒むが、肛門への刺激が続けられ、次第に動きを速めて良子も次第に絶頂へと向かって「もうダメ…限界…」叫ぶなり、動こうとしない。
「行ったみたいね。敏感でこれからも楽しめそうね」
「前の子は下品だったけど、ここの子ならいいわね」
「そうよね。この子なら秘密を守れそうだし…」

 「もし、ダメだったら島送りにすればいいし。それにしてもバージンだとは驚きだわ」
「ほんとよ。この年で男に抱かれたことがないなんて珍しいわよ」
「この子となら、うまくやれそうだわ」なにやら話しているが良子は(島送り…。失そうと関係があるのかしら。間違いなく、何かあるわ。確かめないと…)仰向けになり、乳房と淫裂を晒したまま聞いていた。

 良子はその後も交代で女性に夕方まで抱かれ抱かれ「いい、この事は秘密よ」金の入った封筒が渡され屋敷から出た。
「いくら入っているのかしら?」車に乗り込むと覗いた。
「10万だわ。ヌードを撮ったのに、たったのこれしか出さないなんて…」わざと大きな声を上げると「だったら、もっといい小遣い稼ぎしてみる?」悦子が口を開く。
「風俗じゃ、ないですよね?」

 「勿論よ。何一つ不自由なく過ごせるわ。しかも、豪邸で!」
「もしかして、愛人ですか?」
「そうよ。ただし、男じゃなくて女の愛人よ」
「今すぐ返事は出せません。暫く考えさせてください」
「それもそうよね。じっくり考えた方がいいわ」ハンドルを握る悦子だが、目が怪しく輝いていた。

 良子は途中で降りてアパートに向かうが、そっと付け歩く陰に気づいている。
(付けられている。相手は誰かしら?)気が付かない振りしてアパートに入った。

 アパートに入ると浴室に入り服を脱いでいく。
「痛かった。お尻にあんなのを入れられたんだから」鏡を見ながら脱いでいくと「イヤだ、オッパイを吸った痕がある!」乳房に赤い痕があった。

 「どうしよう、こんな姿でエステにはいけないし…」恨めしそうに眺めながらパンティも脱いで全裸になった。
「ヘアも綺麗にやられたわ。こんな性器にされるなんて。でも、捜査だし…」鏡に映った淫裂を恨めしく思いながらシャワーを浴びた。

「哀れみの女刑事」第4話 特別会員室

第4話 特別会員室

 翌日、エステ店に行くと悦子が待っていた。
「あら、今日は早いのね」
「会社を辞めましたから、暇でして…」
「そうなんだ。それなら手伝ってみない。どうせ暇でしょうから」
「私にできますか?」
「できるわよ。丁度、練習にもなるし」

 「それって、レズの相手ですよね?」
「そうよ、お金になるのよ」悦子の話に(ここは確かめた方がいいわ。きっと黒幕もいるはずだし…)思案して「やらせて下さい、お金が欲しいし」と承知した。
「そう来ると思った。11時に来るからこれに着替えて」悦子からそれを受け取って着替えだした。

 良子は言われた通りに、下着は着けていないから、服を脱ぐと生まれたままになっている。
「言いつけは守ったのね。いい心がけよ。素直でいい子ね」露わになった乳房を掴み吸い出し「ダメ、そんなのダメ…」嫌がるが拒もうとはしない。
悦子は良子の反応を確かめるかのように淫裂にも指を入れ「許して。そこは許して下さい…」太股を震わせ上擦った声を上げる。

 それには満足したのか「そうよ、それでいいの。初々しく振る舞ってね」笑顔で手を退ける。
(何が初々しくよ。嫌々相手する身にもなってよ)不満を堪えて、渡されたストッキングに足を通していく。
「いいわよ。それを見せたら、お小遣いも貰えるわよ」声を上げてガーターベルトを巻き付けていくが、悦子の顔が淫裂の所にあり、呼吸が淫裂に拭き掛かって(性器で遊ばないでよ!)震えながら悦子のされるがままにしていく。

 「悦子さん、パンティはないですか?」
「それは要らないの。後はこれだけ着ればいいのよ」短い白衣を肩に掛けた。
それの腕を通してボタンを留めるが、うっすら乳房が透けている。
「これで人前に出るんですか?」
「そうよ。個室だから他の人は来ないわ」その言葉に(そうよね、ここは我慢だし)一安心した。

 良子が着終えると同時に「支配人、お見えになりました!」従業員が入ってきた。
「わかったわ。この子にも手伝わせてね」
「一緒にですか?」
「そうよ、あの方は特別な方なの。だから…」
「わかりました。あなたも来なさい」エステ嬢に連れられて個室に入ると、昨夜の奈美と呼ばれた女性がいた。

 (失踪した女の写真を撮った人だわ、どうして、ここに?)不安げに挨拶すると「あら、昨日の子ね。よろしく頼むわよ」挨拶してくる。
「わかりました。できる限りやらせていただきます」
「素直でいいわね。まずは脱ぐのを手伝って」奈美に言われ、白衣を脱がせて全裸にするとベッドに仰向けに寝かせた。

 「奥様、始めます」エステ嬢が液体を体に塗りだし「あなたもやるのよ。足の付け根を丁寧にね」それは淫裂を意味している。
(やりたくないけど、仕方ないわ)言われた通りに。手のひらで撫でていくと「気持ちいいわ。今日は特別コースでお願いするわ。相手はこの子よ」「わかりました。マッサージを済ませたらお楽しみ下さい」意味ありげなことを言っている。

 良子はエステ嬢の指示された通りのことをして行くと1時間が過ぎた。
「奥様、今日はここまでです。後はあちらで…」
「そうね。ここでは仕事の邪魔だしね。行きましょう」奈美は白衣を着ると、良子の腕を掴んで出ていく。
「私は何をすればいいんですか?」
「昨日と同じ事よ」素っ気なく返事して、特別会員の部屋に入ると見覚えのある男がいた。

 男は岡林太郎と言って、産廃処理会社を経営している。
岡林は失踪事件の走査線に一端浮かんだが、消えた経過があり、良子とは面識がないが忘れられない男だ。
2人が入ると、岡林は「奈美、またやるのか?」と声を掛ける。

 「そうよ、だから邪魔しないで!」
「それはないだろう。たまには俺の相手もしろよ」不満そうに抱きつくが「男は嫌いなの。子供を産む時まで相手しないの。今日は特別に見せてあげるから我慢して!」

 奈美の言葉に「男の前でやるなんて、約束が違います!」悲鳴に近い声を上げると「見せるだけよ。指一本触らせないから安心して。それに、支配人も立ち会わせるから」置かれてある電話で悦子を呼んだ。
(いくら捜査のためとはいえ、男に裸を見せるなんていやよ…)顔が真っ青になり、声も上擦っている。

 それから暫くして「お待たせしました」悦子が現れた。
「支配人、今日は俺にも見させてくれ。謝礼も弾むからさ」
「今回限りですよ。もうダメですからね」悦子は謝礼と聞いて承知したが「イヤよ、男の前では絶対にイヤです!」良子は聞き入れない。

 「良子さん、私も裸になるわ。それならいいでしょう?」悦子は岡林が見ている前で脱ぎだした。
「そうよね、その方が私も楽だし。やってくれるわよね?」奈美が言っても首を横に振る。
「仕方ないわね。昨日の写真を週刊誌に売ろうかしら」遂に脅しに出て「やめて、それだけはやめて下さい…」堪えきれず泣き出した。

 「ほら、泣かないの。一生恥ずかしい思いをするなら、我慢しないと…」悦子はもう下着姿になっている。
「わかりました、我慢します。でも、絶対に言わないで下さいね。それに、見るだけですから…」
「勿論よ。この際だから、あなたも脱いで、良子さんに男のいやらしさを見せなさいよ!」

 「そうだよな。俺だけ服を着ていると、返って恥ずかしいよ」岡林は笑顔で脱ぎだすと「良子さんだったわね、あなたも脱がないとね」奈美も脱ぎだした。
(脱ぐしかない、これも捜査のためだわ…)泣きながらも震える手で白衣のボタンを外していく。

 そして、外し終えると背中を向けて脱いだ。
「いいね、ガーターベルトなんて最高だよ!」ストッキングとガーターベルトだけを身につけた姿に岡林は興奮している。
「イヤねえ、チンポを膨らませて。だから男は嫌いなのよ。愛情って無いのかしら」ぶつぶつ言いながらも、奈美も白衣を脱いで全裸になった。

 良子も白衣を脱いで全裸になったが、手で乳房と股間を押さえている。
「恥ずかしがらなくていいわ。ペットと思っていれば何ともないわよ」奈美は平然と胸から手を退かせて吸い付いた。
「ダメ。そんな事されたら声が出ます…」頭を退けたいが、股間から手を退けると、岡林に淫裂を見られるから、されるがままにしている。

 「良子。手を退けなさい、見られたって平気よ。私だってこの通りなんだから」悦子は乳房と無毛の淫裂を隠そうとはしない。
(そんな事言われたって、ここだけは見られたくないわよ)体を震わせ出した。
「あら、初ね。震えているわ。恥ずかしくても、やらないとダメなのよ」奈美は股間から手を退けさせた。

 すると「ほう、綺麗なオ○ンコじゃないか。まだやったことなさそうだな」岡林は声を上げた。
「そうよ、処女なの。だから手を出さないで!」
「そう聞いたら、こんなに元気になった。奈美、手でいいからやってくれ」
「イヤよ、今日はこの子と楽しむんだから邪魔しないで!」夫の事など無視して良子を寝かせると上に被さっていく。
そして、2人はお互いの乳房を撫で合い、シックスナインの体位で淫裂をなめ合う。

 それには、岡林も我慢しきれず「お願いだから、オ○ンコやらせてくれ!」見ている悦子に抱きつく。
「ダメ。セックスはイヤです!」
「やらせないなら、手を引くぞ。それでもいいのか?」その脅しに悦子は「お、お口でなら我慢します。それがダメならお尻で…」

 「ケツは嫌いだ。オ○ンコでやらせろ、仕上げは口だ!」
「そんな、私とセックスだなんて…」
「悦子さん、してもいいわよ。私が見ている前では許してあげる」
「奥様が、そうおっしゃるなら、お相手します」

 「そうこなくちゃな。まずは普通で一発だ!」岡林は悦子を寝かせると足を開かせ、股間を押しつけていく。
「早いです…。まだ準備が…。う~!」前戯なしの挿入に顔を歪め、痛みに耐えている。
(そんな、人前でセックスするなんて変態よ)良子は横目で身ながら淫裂を舌と指で愛撫していく。

 2人が淫裂を触り合う間にも、岡林と悦子は結合を繰り返している。
「後ろからだ。四つん這いになれ!」悦子は言われるままに従い、四つん這いになると後ろから肉竿が突き刺して「あ、あ、あ…体の奥まで…オチンチンが…入って来る…」髪の毛を振り乱しながら声を上げた。
良子は(動物と同じ格好でするなんて…)初めて見る光景に驚き顔になっているが、岡林の肉竿はピストンを繰り返している。

 「ダメ。後ろからは、もうダメです。私がしますから、別なやり方で…」
「仕方ないな。おまえが上だぞ」今度は騎上位になっての結合だ。
岡林は悦子の乳房を揉み、悦子が自分のペースで腰を動かしていくが、良子には丸見えになっている。
(膣にあんな太いのが入るなんて、痛くないのかしら?)狭い膣を押し広げながら入り込む肉竿に自然と興奮している。

 それは奈美にもわかっている。
(膣の中が濡れてきたわ。処女でも、オ○ンコを見せられると興奮するのね。そろそろ仕上げないと)今度は敏感なクリトリスの包皮を捲り、半透明の粒を舌でなめだした。

 「ダメ、そこは…。あ、あ、あ~!」急所を愛撫されては一溜まりもなく、声を上げ腰が浮いて動き出した。
(それでいいの。これからは私の玩具になるんだからね)奈美はなおもクリトリスを愛撫していくと、良子の淫裂からはネバネバした液体が流れてくる。

 それと同じように、岡林も登り詰めようとしている。
「仕上げだ。駅弁部やるからな!」悦子を抱き上げ、太股を抱えながら腰を動かしていく。
「ダメ、奥まで入ってくる~!」両手で首を押さえながら体を反らせていると、岡林は肉竿のピストンを続けて絶頂へと向かっていく。

 それは悦子にもわかって「出さない約束よ、お願いだから、お腹には出さないで!」淫裂から淫汁を流しながら言うが岡林は聞こうとはせず、反対に腰の動きを速めて「う~!」うなり声と共に、肉竿の全てを淫裂に押し込んだまま動きを停めた。
「出さないで、イヤ~!」悲鳴に近い声を上げたが、2人の結合部からは白い液体が「ポタ、ポタ!」と落ちていく。

 「そんな…。射精だんて酷いです…」悦子は泣き声になりながらも、落ちまいと岡林の首にすがりついている。
「仕方ないよ。間に合わなかったんだから」全てを出し切ると、肉竿を抜いて悦子を降ろした。
悦子は降ろされるなり淫裂を押さえたが、指と指の隙間からは白い液体が漏れ出ている。

 「良子、見て。男はあの通りよ。ただオ○ンコに出すだけで満足なの。だから、男としちゃダメだからね」言い聞かせるように奈美は良子の淫裂を撫でていく。
(そうよ、セックスしか考えないなんて嫌いだわ。愛情込めてしない男はイヤよ…)良子も岡林を見下すように見ている。
しかし、当人は満足顔で奈美と良子の絡み合う姿を見ている。

 奈美と良子はその後も抱き合い、2時前にエステを出たが、悦子は白石と話している。
「好きでやったわけではないの。これもあなたを思ってのことなのよ」セックスしたのを詫びるかのように話している。
「モニターで見ていたからわかっている。それにしても岡林は凄くタフな奴だな」
「そんな感心しないで。やられた私の身にもなってよ!」

 「そう怒るな。いずれはあの嫁さんに謝らせてやるよ」
「約束よ。この仕返しを忘れないでね」
「勿論だ。それより、中だしされたオ○ンコを見せてくれ」
「そんな、見せるもんじゃありません!」
「俺が見せろと言っているんだ。聞けないのか?」

 「も、申し訳ありません。直ぐにお見せします」慌てて服を脱ぎだした。
「それにしても、あの良子とか言う女はいい女だな。俺もやりたくなった…」
「私を捨てないでください。あなたのためにこんな事までしていますから」
「わかっている、あいつとは遊びだ。本命はおまえだから安心しろ!」
「そう言われると嬉しいです。白石さん、これが射精されたオ○ンコです」パンティを脱ぎ、淫裂を露わにすると指で広げた。

 「ほう、まだ残っているな。妊娠は心配ないのか?」
「あれを飲んでいますから…」
「そうか、それなら俺にもオ○ンコに出させろ!」
「心得ました」悦子は白石のズボンを引き下げ下半身を剥き出しにしていく。

 「悦子、どんなやり方でされたい?」
「抱っこして下さい。あれですと、子宮の奥までオチンチンが入ってきます…」
「そうか、駅弁か。よし、抱っこしてやるぞ!」悦子を抱きかかえると腰を動かし出した。
「凄くいいです。奥まで感じます…」

 「そうか。俺のチンポがそんなにいいなら、もっとくれてやる!」肉竿の動きを速めると「あ、あ、あ~!」喜びの声を上げて子宮深く噴射された。
「良かったです、凄く良かったです…」満足そうな悦子だが、白石は何かを考えている。
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター