赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「新型ウィルス」第1話 ウィルス発見  

 「高杉君、真面目に仕事やっているの?」美人の女性が男性を怒鳴った。

「所長、真面目にやっていますよ。新型肺炎のウィルスの遺伝子を分析しています」怒鳴られた

男性は女性の方を向いた。

(こんな美人を素っ裸にして写真を撮りたいな)ジッと胸や腰を見つめた。

「高杉君、イヤらしいこと考えているでしょう。私のヌードを想像したりして」

「そんな事考えていませんよ」

「嘘言わないで。オチンチンが膨らんでいるわよ」確かに女性のいう通りで高杉の股間が盛り

上がっている。

「仕方ないでしょう、生理現象だから」

「そんな暇が合ったら、真面目に研究しなさい。私のヌードを想像するなんて10年早いわよ」

そう言い残して女性は去っていくがその後ろ姿を高杉は見ている。

「いいよな、あの揺れるケツもいいよな…」ジッと揺れる尻を見ていた。

 

 怒鳴った女性は防疫研究所の所長をしている田中美沙だ。

まだ28歳と若く、顔立ちやスタイルがモデル並みで才能を見込まれ所長に就任している。

一方、怒鳴られたのは高杉伸吾といい、32歳になるがまだ独身で顔立ちがあまり良くない。

それに、研究にもあまり熱が入っていなかった。

「ヌードを想像するのは10年早いか…」先程言われた言葉を思い出し、また美沙の全裸を想像

している。

「オッパイとヘアはどうなっているのかな?」また股間を膨らませてしまった。

「抜くしかないや。誰もいないし」チャックを引き下げ、隠してある美沙の写真を見ながら肉竿

を擦りだした。

「美沙、お前のオ○ンコを見せろ…」高杉は項垂れ恥ずかしそうに両足を広げる美沙を想像して

手を動かしていく。

「そうだ、オ○ンコをもっと見せるんだ…」美沙の淫裂を想像して手を動かし続けた。
   
                新型ウィルス01

「気持ちいい、オッパイも触らせろ」美沙の乳房を想像しながら肉竿から白い液体を噴射した。

「スッキリしたな。どれ始めるか」肉竿をティッシュで拭き取ってから高杉は研究を始めた。

暫くして「おや、このウィルスは今までとは形が少し違うぞ」電子顕微鏡を覗きながらウィルス

を調べていく。

「そうだ、これを別なウィルスと組み合わせてみたら面白いかも…」思い立ったら直ぐに行動す

る悪い癖が出た。

高杉はその癖のおかげで、同僚達は次々と出世していくのに、いまだに研究員のままだ。

「いいぞ、うまく結合していく」細胞内に新型肺炎の遺伝子を押し込んだ。

「うまく行ったな。後は培養して実験だ」満足そうにウィルスを培養器に仕舞い込んでいく。

それから数日後、高杉はマウスで実験始めた。オスとメスのそれぞれに培養したウイルスを注射

器で送り込む。

すると、直ぐにメスの方が反応して「早いや、もう効いたのかよ」メスの方が震えている。

 

 一方、オスの方は何ともない様子で「これじゃぁ、わからないな。一緒にしたらどうなるの

かな」2匹を同じ容器に入れた。

すると、メスがオスに襲いかかった。

「何だよ、メスがオスを襲っているぞ」メスがオスを押し倒して上に重なっていく。

「オ○ンコだ、メスがやりたがっているぞ!」確かにメスがオスを襲い逆レイプしているがオス

はメスにされるがままだ。

「こんな事ってあるのかな。もし、人間にも使えたら面白いな」すると美沙の全裸が脳裏に浮か

んでくる。

「面白いや。所長の素っ裸を見られる上に、オ○ンコやり放題だな」笑顔でマウスの結合部を見

ていた。

メスのマウスは射精を受けると次第におとなしくなり、何もなかったように振る舞っている。

「もしかして、射精されると抗体ができるのでは?」直ぐにメスの血液を採って分析していく。

「間違いない、抗体ができている。これが人に使えたらな…」高杉はウィルスの詳細を直ぐに分

析し始めた。

 

 それから数日がすぎて「高杉君、今日は真面目にやっているわね」美沙が高杉の研究室に現

れた。

「僕はいつも真面目ですよ」美沙の方をチラリと見てまたマウスの方を見ている。

「そのようね、私のヌードも想像してないみたいだし。これからもその意気込みでやってね」何

も知らない美沙は部屋から出た。

「ヌードは想像してないよ。オ○ンコしているのを想像しているだけさ」

呟くようにいいながらまた美沙の写真を取りだし、チャックを引き下げ肉竿を擦っていく。

「所長、必ず俺がオ○ンコを頂きますからね」気が狂ったように淫裂に肉竿をピストンするシー

ンを想像して手を動かし続けた。

高杉は今までになく熱心に取り組んでいた。

「副作用もないや。ただ、一回射精されると後は効かないな」目先だけしか考えない高杉だが今回

はいつもと違って慎重だ。

「そんな事、知らないと言われたら困るしな…」美沙が言い訳できないようにと思案していく。

「いつやるかだな、それに場所も問題だ…」高杉はカレンダーを見ながら考えた。



 そして、そのチャンスの日が来た。

他の研究者達は学会の用事で出かけ美沙と高杉だけが残されている。

「この日がくるのをどれほど待っていたか」高杉は笑顔でビデオカメラと培養したあのウィルス

を持って美沙のいる所長室を訪ねた。

「あら、どういう風の吹き回しかしら。高杉君から来るなんて。もしかして、私をレイプする為

に?」笑いながら言う美沙だ。

「まさか、所長をレイプだなんて。やりたいけど無理ですよ」

「そうよね、私だって高杉君とはイヤだしね。どうせなら美男子にバージンを奪われたいしね」

美沙には冗談を言う余裕がまだあった。

(そんな事を言えるのも今の内だ。もうすぐお前の素っ裸を見せて貰うからな)

持ち込んだ培養器の蓋を開けてウィルスを部屋にばらまいた。



 「それは何なの?」

「これですか、所長が男を欲しがるおまじないです」悪びれた様子はない。

「バカ言わないで、仕事に戻りなさい!」美沙は高杉の言葉に語気を荒立てた。

「所長、本当に男が欲しくなるんですよ。もうすぐにわかりますから」

「冗談はいいから、早く部屋から出て行きなさい!」怒鳴ったが体が震えだした。

(効いたぞ。こんなに早く効くなんて以外だな)ニヤリと笑い高杉はチャックを引き下げた。

「欲しいでしょう、これが」自慢するかのように美沙の前で肉竿を露わにした。

「しまって、そんなの見たくもないわ…」拒む美沙だが唇もブルブル震え目が肉竿を潤んだ目で

見ている。

スポンサーサイト

「新型ウィルス」第2話 美沙の喪失  

 「所長、正直に言った方が体の為にもいいですよ」勝ち誇ったように美沙を見下して言う。

「欲しくない、そんな物…」体を震わせながら股間を両手で押さえていく。

(もうすぐだ、もうすぐ言うぞ)その様子に高杉はビデオを構えた。

それと同時に美沙の理性がウィルスに負け「せ、セックスして…」呟くように言った。

「聞こえませんね、もっと大きな声で言わないと」

「高杉君、お願いだから私とセックスして…」今にも泣き出しそうな顔で叫んだ。

「セックスね。だったら所長が素っ裸にならないと」

「脱ぐわ、だからビデオは仕舞って」

「そうは行きませんよ、後でレイプしたと言われたら困りますから証拠を残さないと」

「そんな事言わないと誓うから、ビデオを仕舞って」

「ダメです、ビデオがダメならセックスはしてあげませんよ」

「そんな、ヌードを撮られるなんて…」落胆の顔になったが、白衣のボタンを外しだした。

(そうだ、お前の素っ裸を撮って置かないと、これっきりになってしまうしな)笑顔でビデオの

ファインダーを覗いている。



 ウィルスに侵され理性を失った美沙は白衣を脱ぐとブルーのスーツを着ていた。

美沙は呼吸を荒立てながらボタンを外し上着を脱いでいく。

「高杉君、ヌードは誰にも見せなと約束してね」

「勿論です。レイプされたと訴えない限りはね」

「約束だからね」守られる保証のない約束をして美沙はスカートも脱いだ。

(いいね、ピンクのパンツだ)パンティが高杉の目に入ったのか、肉竿が更に膨らんでいる。

「欲しいの、早くセックスして欲しい…」呟くようにいいながら美沙はブラウスも脱いで下着姿

になった。

(思った通りだ。オッパイも大きいぞ)カップから白い乳房がこぼれそうに溢れている。

「高杉君、やっぱり、ビデオはイヤ。お願いだからヌードになるからそれを仕舞って」

「ダメです、イヤなら、これでオ○ンコしてあげませんからね」

「意地悪言わないでセックスして」

「ダメです、イヤならセックスは無しですよ」

「わかった、脱ぐわよ」美沙のパンティに手を掛けたが淫裂を押さえる部分が濡れている。

(かなり効いているぞ。オ○ンコが濡れているなんて…)高杉はパンティを引き下げていく美沙

を撮っている。

 

 美沙は体を震わせながらパンティを膝まで引き下げると黒い絨毛に覆われた股間が露わになっ

ていく。

(結構大目だぞ。いずれ、あのヘアを俺が剃ってやる)ジッとファインダー越しに見ている。

そんな事など知るよしもなく、美沙は体を丸め、パンティから足を抜いて下半身を覆う布を全て

脱いで、両手には温もりのあるパンティが残されている。

「綺麗ですよ、所長のオ○ンコが…」

「イヤ、オ○ンコなんていわないで。差別用語よ」首を振りながらパンティを仕舞い込み両手を

背中に回して、ホックを外し両手を下げると白い乳房がブラジャーから飛び出し揺れていく。

「大きいですね、それに形もいいですよ。ヌードになったんだから撮らないと」
  
「撮らないで。それより早くセックスして…」美沙の目が光っている。

「ダメです、両手を退けて素っ裸を撮ってからでないとして上げませんよ」

              新型ウィルス02


 高杉がそう言えば逆らえない。美沙は乳房と股間を隠した手を退け全裸を晒していく。

「これでいいでしょう、もう我慢ができないのよ」震える美沙だ。

確かに絨毛に覆われた淫裂から筋となって透明な液体が流れている。

「そうですね、ヌードはこれくらいにしてオ○ンコ始めましょうか」ビデオをやっと停め、美沙

の乳房を撫でていく。

「オッパイよりもここよ。早く入れてよ」勃起した肉竿を撫で、乳房を揉む高杉の手を淫裂へと

導いていく。

「グジュ、グジュですね。早くやりたいですか?」淫裂を触ると淫汁で濡れている。

「入れて、早く!」美沙は高杉のベルトを外して下半身を剥き出しにしていく。

(そうだ、それでいい。後はタップリとオ○ンコしてやるからな)美沙の乳房を揉みながら脱が

されていく。

 

 そして、全裸にされた高杉は美沙に仰向けに寝かされた。

「いいですね、所長とのオ○ンコは」

「言わないで、オ○ンコなんて嫌いよ」

「嫌いでも、これからはオ○ンコと言ってください。言わないとして上げませんよ」

意地悪く淫裂の入口に入ろうとする肉竿を手でふさいだ。

「やらせて、オ○ンコって言うからやらせて!」

「約束でしょ、これからもオ○ンコしてくれるって」

「約束する、オ○ンコして上げるから手を退けて」

「わかりました、やって下さい」手を退け乳房を揉みだした。

肉竿から手を退けられると美沙はゆっくり腰を振りだし淫裂に迎え入れた。

「気持ちいいわ。これがセックスなのね…」

「セックスじゃないでしょう、オ○ンコです」

「そうよね、オ○ンコがこんなに気持ちいいなんて…」肉竿が入っているが、処女膜に肉竿が当

たり躊躇している。

「所長、痛くないように一気にやった方がいいですよ」

「そうよね、これじゃあ何時までたってもオ○ンコできないしね」覚悟を決めて腰を激しく振り

だした。

「そうです、それでいいんです、私の手の動きに腰も合わせてくださいね」

 

 高杉は両手で腰を持ち動かしだした。

「いいわ、凄くいい。早く膣の中に出されたい…」上擦った声になった。

「その前に、やることがありますからね」美沙の腰を一気に引き下げた。

「あ、あ~!」肉竿が根本まで淫裂を突き刺し処女膜を破った。

真っ赤な鮮血が淫裂から流れ出て高杉の股間を赤く染めていく。

「これで関門をクリヤーしましたよ。後は所長のお気に召すままに」

「わかったわ。やるから出してね」喪失した美沙は満足げに腰を振っていく。

「クチャ、クチャ!」淫裂から濡れた音がしている。

(うまく行ったな。ビデオも撮ったし、この次はオ○ンコしているシーンを撮らないとな)乳房

を揉みながら考え廻らしていく。

やがて、美沙のピストンに高杉も登り詰めていく。

「出る、出ますよ!」「出して、私の子宮に出して!」美沙は動きを停めて高杉に体液を膣深く

噴射された。

「新型ウィルス」第3話 逆転した立場  

 高杉は射精が済むと美沙を抱きしめ乳房を吸っていく。

「だめ、もうだめよ!」次第に美沙に冷静さが戻ってきた。

(何だ、射精したらもう戻るのかよ。以外に早いな)マウスの実験では確認したが物足りない。

それに、乳房を吸っていたらまた肉竿が膨らんできた。

「やめて、お願いです!」

「所長、今度は私が後ろからですよ」

「イヤ、もうやめて!」嫌がる美沙を四つん這いにして後ろから挿入した。

「ヒ~!」先程とは打って変わったように顔を歪め悲鳴を上げている。

それでも高杉は両手を離さず肉竿をピストンしていく。

「あ、ああ~!」美沙は乳房を前後に揺らせながら喘ぎ声を上げていく。

(いいね、所長をレイプしているみたいで…)笑顔で腰を振り続けて、昇りきるとまた淫裂の中

に噴射した。


 「所長、気持ちよかったでしょう?」

「良くない、私をレイプしておきながらな酷いわ」泣きながら美沙は股間を両手で押さえた。

指と指の隙間から鮮血に染まった精液が流れていく。

「レイプだなんてとんでもない。所長がオ○ンコして下さいと言ったじゃないですか」悪びれる

様子もなく鮮血で汚れた肉竿を拭いていく。

「嘘よ、そんな事言った覚えないわ」

「そんな事言うならこれを見て下さいよ」撮ったばかりのビデオの再生を始めた。

「ほら、所長がオ○ンコして下さいと言っているでしょう」

確かにテレビからは美沙の「高杉君、セックスして…」と聞こえている。

「嘘よ、そんな事言うわけない!」首を振って拒んでも画面に映し出される姿を認めるしかない。

美沙は全裸を晒す画面に声を上げて泣きだした。

「そんなに泣かなくていいじゃないですか。そんなに僕とのオ○ンコが気持ちよかったですか?」

美沙の唇を吸った。

 

 「やめて、早く出ていって!」語気を荒めて言う。

「わかりました。出ていきますよ」ビデオを停めてテープを取りだした。

「それは返して!」美沙が奪おうとした。

「そうは行きませんよ。これがなかったらレイプされたって訴えられますからね」高杉は大事に

テープを抱え部屋から出た。

「参ったな。こんな早く効き目がなくなるなんてな」廊下で服を着ていると「う、う、う!」美

沙の泣き声が聞こえてきた。

「泣いたって遅いよ。もう俺とオ○ンコしたんだから。これからもやらせて貰うからな」

悪びれる様子もなく服を着込むと自分の研究室に戻り「所長で効果はわかったが、もっと使い道

はないかな?」またウィルスの増殖を始めた。

 

 翌日、高杉は何もなかったように普段通りに仕事をしていると美沙が訪ねてきた。

「高杉君、お話ししたいことがあるの」

「話ね。それよりも年上に向かって君付けはないでしょう?」

「ごめんないね。高杉さんにお話がありまして」慌てて言い直す美沙だが、今までとは立場が逆

転している。

「そうですよ、それでいいんです。ところで話って何ですか?」

「昨日の事よ。お願いだから誰にもあのビデオを見せないで欲しいの。それに、セックスの事も

…」恥ずかしいのか項垂れたままだ。

「勿論、誰にも見せませんよ。その変わりいいでしょう」スカートの裾を持ち上げた。

「な、何をする気なの。声を出すわよ」

「そんな態度だったら約束できませんね。皆に見て貰いますよ」

「やめて、好きなようにしていいから誰にも見せないで。それに…」

「オ○ンコの事も言って欲しくないですよね」高杉はなおも持ち上げると白いパンティが股間を

包んでいる。

 

 「今日は白ですか。明日は何も無しでお願いできませんか?」そのパンティを引き下げ絨毛を

撫でていく。

「やめて、見るだけにして貰えませんか?」泣き声で言う。

「そんなの無理ですよ。所長のオ○ンコを見るだけだなんて」絨毛を掻き分け淫裂を触っていく。

「許して、お願いだから性器は触らないで下さい…」下を向いた美沙の目から涙が落ちた。

「仕方ないですね、オ○ンコがイヤならオッパイにしますか」今度は白衣のボタンを外して乳房

を露わにしていく。

ブラウスの裾を引き上げブラジャーをずらし両乳房を露わにして握りしめた。

             ana4.jpg

「やめて、お願いです…」泣き声になっている。

「所長泣いているんですか。これくらいで泣いてどうします。これからも僕と付き合うんですよ」

その言葉に顔が震えだした。

 

 「そんなに怯えなくていいでしょう。取りあえず今回はフェラして下さい」

「イヤ、そんな事できない!」

「何だ、フェラ知っているんだ。やらないなら約束はできませんからね」

「やるわ、だから誰にも言わないで」高杉の正面に膝を付けチャックを引き下げ、手をチャックから

入れて肉竿を取りだした。

「この事も言わないで、約束よ」そう言ってから肉竿を口に入れる。


「言いませんよ、約束します…」上擦った声で返事すると同時に肉竿が膨らんでいく。

「ウグ、ウグ!」美沙は週刊誌で読んだ通りに舌で肉竿をなめながら首を振りだした。

「気持ちいいですよ、所長にフェラして貰えるなんて夢みたいで」満足そうに美沙の頭を撫でて

いく。

(さてと、素っ裸の写真とオ○ンコビデオだがどうしたらいいか…)考えながら頭を撫でている

とクライマックスを迎えた。

「出る、出る!」その声に美沙は首を振るが頭を押さえられ肉竿を吐き出せない。

(イヤよ、口に射精されるなんて)不快な液体が咽の奥に漂いだした。

「所長、気持ちよかったです」絞るように出し終えると肉竿を抜いた。

と、同時に美沙は「オェ~!」白い糸を垂らしながら吐きだす。

「そんな吐き出すなんて失礼な。これからは飲んで下さい」

「そんな、飲むだなんて…」顔が曇った。

「イヤですか、僕のザーメンを飲むのが?」

「飲みます、ですから誰にも言わないと…」美沙はそれを言うのがやっとだ。

 

 「わかっていますよ。それより、今度の休みは付き合って貰えますからね」

「セックスもですか?」小さな声だ。

「当然です、所長のヌードを撮りますから」

「イヤ、ヌードはイヤ。絶対に脱がないからね」

「仕方ないですね。ビデオで我慢しますよ。それに、コピーして裏に売ってもいいんですよ」

「やめて、そんな事されたら生きていけない…」美沙の涙が止まらない。

「だから僕の言う事を聞いて下さいよ。誰にも見せませんよ、所長のヌードは」そう言いながら

唇を吸った。

「約束よ、ヌードを誰にも見せないって」

「ええ、約束します。それから明日は下着無しで来て下さいよ。ブラもパンツも無しで」

「わかったわ、下着無しで来るわ」美沙は手で涙を拭き研究室から出ていく。

それを見て高杉は「これで、俺の思うがままになるぞ!」笑顔で培養器を見つめている。

 

「新型ウィルス」第4話 剃毛  

 翌日、美沙はまた高杉の研究室を訪ねた。

「お待ちしていました。早速ですがオ○ンコを見せて貰えませんか?」

「わかりました」顔を強ばらせスカートの裾を持ち上げると真っ黒い絨毛が現れた。

「足を広げて!」言われるまま足を横に開く。

「いいですね、早くやりたいです」両手で淫裂を撫でだすと「う、う、う!」美沙は嗚咽を上げ

だした。

「そんなに泣かなくてもいいじゃないですか」指が膣の中を動いていく。

「う、動かさないで。指はイヤ!」

「チンポならいいんでしょう、ここでやりましょうか?」

「ダメ、指でいいです」そう言うしかない。まさか、こんな所でセックスする訳には行かない。

「だったら、我慢して下さいよ」指の動きに合わせ腰も動いている。

(いいね、以外に敏感だな。もう濡れているぞ)処女を喪失したばかりだが高杉の指に膣が反応

している。

「所長、オ○ンコはわかりました。オッパイの方は?」

「わかりました…」返事をするとボタンを外していく。勿論、ブラジャーを着けてはいないから

直ぐに乳房が現れた。

「いいですね、所長のオッパイが」その乳房を揉みだす。

「もういいでしょう?」

「そうですね、これくらいにしますか。これからもある事だし」素直に引き下がり乳房から手を

退けた。

すると美沙は急いでボタンを掛け、服の乱れを直して研究室から出た。

 

 そして休日が来た。美沙は嫌々ながら訪ねてきた高杉を部屋の中に迎え入れた。

「いいですね、さすがに所長ともなるとワンルームマンションですか。羨ましいですね」そう言

いながら撮影の準備を始めた。

美沙は覚悟はしていたが、ヌードを撮られるとあって強ばった顔をしている。

「所長、そんな怖い顔しないでくださいよ、笑顔になって脱いで下さい」

その言葉に強ばった顔がさらに強ばり、体が震えている。

(いいね、所長の恥ずかしがった姿も最高だな)ビデオカメラを構える。

「脱ぐけど、誰にも言わないで。それに見せないで下さい…」上擦った声で言い終えると震える

指でシャツを脱ぎだす。

(そうだ、それでいい。これからは俺の言うがままにして貰うからな)美沙を撮っている。

シャツを脱ぐとスカートも脱いで揃いの青い下着姿になって、美沙はその下着も脱いで全裸を高

杉に晒していく。

「所長、恥ずかしいですか。この前は堂々とヌードを撮らせてくれたのに」

「この前はどうかしていたのよ。ヌードを撮られるなんて我慢できない」泣き声で答えた。

「でも、撮らせる約束ですからね」全裸になった美沙の体をなめ回すように撮っていく。

 

 暫く全裸を撮ると「ヘアが邪魔ですね、それも剃りましょうよ」とヘアを剃るように言う。

「そんな、ヘアを剃ったら性器が丸見えになってしまうわ」

「外人のモデルはヘアを剃っていますよ。このように剃って下さい」インターネットで仕入れた

写真を手渡した。

その写真にはヘアを短くして、恥丘にわずかに絨毛を残し淫裂を剥き出しにしている姿が映って

いる。

「私にも、こうしろというの?」唇がブルブル震えている。

「そうです。私の前で剃って下さい」

「イヤ、こんな性器を丸出しにするなんてできない!」

「やらないなら今までの約束はなかった事にしますがいいんですよね」低い声で言うが、それは

脅迫と同じだ。

「剃ります、ですから誰にも言わないで」小さな声で答えた。

「最初からそうおっしゃるなら、私も言いませんでしたよ。それより、準備して下さい」

「わかりました、準備します」流れる涙を手で拭き、絨毛を剃る準備を始めた。

 

 そして、準備が出来ると高杉の前に戻ってきた。

「所長、始めて下さい。それに、剃ったヘアはこれに入れて下さい」ビニール袋を差し出す。

「ヘアをどうするの?」

「仕舞っておくだけですよ。それより始めないと」高杉の言葉に美沙は絨毛の先端を掴みハサミ

で切っていく。

その様子を高杉はビデオに撮っている。

そして、短くし終えると石鹸液を塗り、カミソリで剃りだした。

美沙の手が動くと絨毛が根本から剃られ地肌が見えてくる。淫裂の肉襞もハッキリ見えてくる。

            singata.jpg

「いいよ、最高だよ。所長のオ○ンコは!」興奮気味にビデオを撮っている高杉は股間が大きく

盛り上がっている。

「そんな、オ○ンコなんて言い方はしないで下さい」泣きながらカミソリを動かし絨毛の全てを

取り払った。

剃り終えると「これでいいでしょうか?」足を開いて淫裂を晒した。

「いいですよ。最高です」少女のように無防備になった淫裂を高杉がビデオに収めていく。

その間、美沙は恥ずかしいのか、悔しいのか嗚咽を上げている。

 

 やがて、ビデオを撮り終えると高杉はビデオを置いて服を脱ぎだした。

「お願い、セックスしてもお腹の中には出さないで下さい」膣の中で射精されるのはイヤだった。

「そうは行きませんよ。この前のように出させて貰いますよ」拒んでなおも服を脱いでいく。

「妊娠はしたくないの。お願いだから出さないで」

「それなら薬を飲んで下さいよ。後から飲む薬もありますから…」

そう言われれば美沙も返す言葉がなく、黙り込んで露わになった肉竿を見つめていた。

そんな美沙を後目に服を脱いで全裸になると、高杉は抱き付いてベッドに寝かせた。

「所長、行きますよ」

「待って、まだ準備が…」拒むが淫裂に肉竿が入っていく。

「ヒ~!」前戯無しの挿入に淫裂から裂かれる痛みが走る。

「まだ、早い…」痛みを堪えると淫裂深く高杉の肉竿がピストンを始めた。

「あ、あ、あ!」乳房も握られながら声を上げていく。

 

 「所長、俺とのオ○ンコはいかがですか?」肉竿の動きを早めた。

「そんな、オ○ンコだなんて…」目を閉じ黙ったままだ。

「言って下さいよ、オ○ンコの感想を」乳首も握りつぶした。

「き、気持ちいいです…」顔を歪めて言う。

「何が気持ちいいんですか?」高杉は手を緩めない。

「お、オ○ンコよ。高杉さんとのオ○ンコが気持ちいいです…」悔しさに泣き声だ。

「そうですか、僕とのオ○ンコがそんなに気持ちいいならまたしてあげますよ」一気に仕上げに

掛かった。

「あ、あ、あ!」激しく動く肉竿に背中も反っていく。

(射精されるわ、もうすぐ射精される!)美沙は逃れたいがどうする事もできない。

その予想通り「う~!」呻き声を上げて動きが止まり、それと同時に子宮の奥で暖かい感触がし

ている。

「そんな、射精だなんて…」涙がまた流れた。

 

 高杉は絞るようにして噴射すると肉竿を抜いた。

勢いよく淫裂から白い液体が流れ出ていき、それを塞ごうと美沙が手で押さえた。

「ダメです、手を退けて!」高杉は射精された淫裂をビデオで撮ろうとしている。

「やめて、これだけは撮らないで!」

射精される前ならともかく、精液で汚された淫裂をビデオに撮られるのは女性とし最大の屈辱だ。

「手を退けないなら約束を守りませんよ」

「そんな、酷い…」泣きながら淫裂から手を退けた。

「そうです、それでいいです。それにもっと笑顔になって」言われた通り作り笑顔をしている。

高杉は悔し涙を流す美沙の隅々までビデオに収めた。

「新型ウィルス」第5話 スタジオ   

 「もういいです、オ○ンコを洗っても」やっと許可がおりて美沙は浴室に入り、淫裂を丁寧に

洗っていく。

丁寧に幾度も洗ってから戻ってきた。

「所長、これを着て貰えませんか?」高杉は黒い下着を手渡す。

それを広げるなり「イヤ、こんなの着ない!」と拒んだ。

「イヤでも着て下さい。ビデオがどうなってもいいんですか?」そう脅されれば着るしかない。

渋々渡された下着を着込んだが、黒いブラジャーはカップがなく乳房が飛び出している。

下半身は黒いストッキングとガーターベルトだけでピンクの淫裂が剥き出しになっている。

「お願い、パンティを履かせて」

「これからは履く必要がありませんよ。丸出しですから」露わになった淫裂を指でなぞる。

「そんな、これから性器を丸出しにしろだなんて…」相変わらず泣き顔だ。

そんな美沙の事などお構いなしに「それにしても、このオッパイもいいですよね」飛び出した乳

房を揉みながら乳首を吸う。



 「やめて、セックスしたでしょう?」

「イヤ、まだ終わっていませんよ、今度はスタジオでオ○ンコしますから」

「まさか、人前でセックスを?」

「そうです、それにヌードも撮りますよ」

「イヤよ、人前でセックスはしないからね」

「イヤでもやって貰います。やらないなら、あのビデオがどうなっても知りませんよ。淫乱な所

長と思われますからね」

「やります、セックスします。ですからビデオだけは返して下さい」泣きながらひれ伏した。

「それはスタジオでの結果です。ヌード写真も撮りますからね」

「もし、公になったらどうするの?」

「大丈夫です、僕のカメラで撮って貰いますから。とにかく、スーツを着込んで下さい」

「わかりました」素直に返事をしてスーツを着込んで高杉と電車に乗ってスタジオへと向かった。

 

 スタジオは駅からそんなに離れていない所にある。

美沙は他人にヌードを晒すとあって強ばった顔をしている。

「いいですか、僕達は夫婦と言う事にして撮って貰いますからね」高杉は説明していくが終始項

垂れたまま聞く美沙だ。

「美沙、とにかく行こう」今度は美沙と呼び捨てにし、腰を押さえてスタジオに入った。

入ると「予約して置いた高杉ですが…」

「お待ちしておりました。こちらがカメラマンです」女性を紹介する。

「よろしくお願いします。妻の若い姿を記念に残したくて」

「心得ております。不正は一切しませんからご安心を。こちらで撮りますから」女性のカメラマ

ンと一緒に2人はスタジオに入った。

3人が入るとスタジオに照明が灯されドアに鍵が掛けられた。

「これで、3人だけの世界です。早速始めましょう」

「これでお願いします」高杉はバックからデジカメを撮りだし手渡す。

それを受け取ると「奥さん、ボタンを外してください」と注文が付いて撮影が始まった。

 

 美沙は言われた通りに服を脱いで下着姿を撮られた。

「奥さん、そんなに恥ずかしがらなくていいですよ」

「だって、ヌードよ、ヘアも剃って性器が丸見えなの」声まで震えていた。

「美沙、だったら僕もヌードになるよ、一緒にヌードだ」高杉も脱ぎだす。

「旦那さんも脱ぐんですから、もっとリラックスして」

カメラマンは注文を付けながら、ブラジャーも脱がさせてストッキングとガーターベルトだけの

姿にしていく。

         05.jpg

「綺麗ですよ、奥さん!」おだてながら美沙の全裸をカメラに収めていくが美沙は相変わらず強

ばった顔をしている。

「美沙、笑顔だよ、恥ずかしくはないから」時折高杉が声を掛けるが強ばった顔が収まる事がな

かった。

 
 美沙の撮影は45分程で終わった。

「今度はエッチを撮って貰えませんか?」

「構いませんよ、どのご夫婦も撮っていますよ」高杉からビデオが渡され、それを調べている。

「美沙、今度はエッチを撮るからね」わかっていたとはいえ人前でのセックスには抵抗がある。

高杉は項垂れたままの美沙の乳房を揉みながら乳首を吸いだした。

「あ、あ、あ~!」それにはたまらず声を上げていく。

それに答えるかのように美沙を寝かせ淫裂に肉竿が押し込まれた。

肉竿はゆっくりピストンしながら根本まで入り込むとその様子もビデオが撮っていく。

(撮らないで、セックスは撮らないで!)そう願うが結合部や喘ぐ美沙の顔も撮られている。

高杉は美沙との結合を変えた。太股を抱え駅弁での結合もしていく。

「あ、あ、あ!」子宮深く突き刺す肉竿に背中も反っている。

その後、立ったまま後ろからや、四つん這いになっての結合もし、仕上げは横臥位で終えた。

カメラマンは美沙の射精された淫裂を撮っているが、美沙は手で隠そうとすると高杉が手を押さえ

隠せない。

 

 そして、ビデオを撮り終えた2人はスタジオから出た。

「美沙、これからはそう呼ぶからな」それには黙ったままだ。

高杉は美沙と公園に入った。

「ここで素っ裸を撮りたいな」

「許して、こんな大勢の前でヌードにはなりたくない…」怯えた顔になった。

「だったら、研究所で撮るぞ」

「仕事場でヌードにはなりたくありません」大粒の涙がこぼれ落ちていく。

「どっちかを選べ。イヤなら両方撮るぞ」

「研究室で撮って下さい」小さな声だ。

高杉は「それがいいよ、あそこなら人も限られているしね。でも、ここでも撮りたいな」そう言

いながら笑顔になっている。

それには黙ったままの美沙だ。

 

 「そうだ、あそこで撮ろうよ」突然、高杉が指さしたのは観覧車だ。

「行こう、あそこなら2人きりだしね」言われるままに観覧車に乗り込む。

「スカートを脱いでよ」言われるままスカートを引き下げた。

下半身はストッキングとガーターベルト姿になっている。

それを高杉がデジカメで撮っていく。

「早くして、見られたら困るから」慌てる美沙を後目に「最上階に来たら素っ裸だからね。準備

して」

逆らえないからボタンを外して準備をすると程なく、2人が乗ったゴンドラが最高点に来た。

「脱いで、今撮るよ」美沙は急いでブラウスと上着を脱ぎ全裸になったが、乳首が恥ずかしさで

膨らんでいる。

「いいよ、凄くいいよ!」そんな事など知るよしもなく美沙を撮っていく。

「もういいでしょう、下がりだしたし…」ゴンドラが下がりだした。

「着てもいいよ」その言葉にブラウスと上着を着込み、スカートも履いていく。

そして、ボタンを掛け直し、乱れを直し終えると乗り場に戻った。

「間に合った!」深呼吸する美沙だ。

 

▲Page top