赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

落ちゆく女教師 第1話 喪失  

 「はい、息を吸って。はい、吐いて!」白衣を着た医師が手術台に上がった女性に言っている。
「フー。スー!」言われた通り女性が呼吸をしている。
手術台に乗っているのは高校で英語教師をしている相田桃子だ。
桃子は「二重が欲しい!」と前から希望していて、整形手術を受けることにした。
手術を行うのは岸田三郎である。
普通は看護婦が助手に付くが今回の手術には看護婦が一人もおらず、 かわって男性が白
衣を着て器具の準備をしている。
(麻酔が効いてきたみたい、眠くなってきた…)桃子は意識が遠のいていく。
「院長、麻酔が効きましたよ。そろそろ、始めますか」
「そうだな、始めよう。それにしても上玉だぞ、これは」
「そうですね。顔は申し分なく、スタイルも抜群ですし、やりがいがありますよ」白衣を着た
2人は事もあろうか桃子のシーツを捲った。

 桃子は学校で着ているいつものスーツ姿だった。
「院長は上をお願いします。私は下をやりますから」
「わかった、俺は上だな」2人は桃子のスーツを脱がしに掛かった。
スカートのファスナーが下げられ、足から脱がされていく。
「ほう、白か。まだバージンかも知れないな」真っ白のパンティに思いを巡らしている。
同時に上着も脱がされ、ブラウスのボタンも外され脱がされた。
「ブラも白だぞ」桃子はパンティとブラジャーだけの姿にされ、手術台に仰向けになり寝て
いる。
「岸田君、カメラを頼むよ、最初は僕にやらせてくれ」
「わかりました。この次は僕が最初にやりますからね」岸田はビデオカメラを持ち桃子に向
けた。
「まずは、オ○ンコからだ」真っ白なパンティが引き下げられていく。
「ほう。毛が少ないな、この子は」股間を覆っている絨毛が現れた。
桃子の絨毛は多い方ではなく、淫裂をやっと隠す程度だった。
「オ○ンコが見えそうだぞ」膝まで下げられたパンティが足首から抜かれて、桃子の下半身
が露わになっている。

 「次はオッパイだ」黒川は背中に両手を回してホックを外した。
カップが緩んで乳房の膨らみが見えてくる。
「かなり大きいな、でかパイかな?」白いブラジャーが掴まれ剥がされた。
すると、押さえが緩んで桃子の乳房が飛び出し揺れていく。
「でかいな、これは楽しみだ」黒川は桃子の腕から絡まった最後の布を脱がして全裸にさ
れた。
  
          01.jpg
          
だが、桃子は生まれたままの姿にされたのも知らずに眠っている。
「これは楽しみだ、処女かもな」黒川は着ている白衣を脱ぎだした。
一方、岸田は桃子の全裸をカメラに撮っていて「オ○ンコが覗いていますよ、ヘアが少ない
ですね」
「でも、バージンだぞ。やりがいがあるってもんだ」
黒川は全裸になると桃子の乳房に顔を埋めた、乳房を掴んで揉みだした。
「柔らかいくて、形のいいオッパイだ。オ○ンコも楽しみだな。」
黒川は勃起した肉竿を桃子の淫裂に押し込んでいくと岸田は逃すまいと、ビデオでしっか
りと撮っている。
肉竿が封印に突き当たったのか「バージンだ。しっかり撮れよ」腰に力を入れ、一気に肉竿
を突き刺した。

 一瞬だが、意識がないのに桃子の顔が歪んだ。
それと同時に桃子の淫裂から鮮血が流れ「やっぱりバージンだったのか…」恨めしそうに
岸田は犯されている桃子をカメラに撮っていく。
桃子を犯した黒川は肉竿の動きを早め「気持ちいい。今度は意識のある時にやりたい」腰
を振りながら乳房を掴んで握り締めた。
「もうすぐだ…」黒川の肉竿の動きが速まり「うー!」黒川が肉竿を押し込んだまま動きを停
めた。
暫くしてから、淫裂からは血の混じった白い液体が流れ出してきた。
肉竿からの放出をおえると「スッキリしたよ」黒川が肉竿を抜くと、淫裂からは栓を抜かれ
たようにどっと、精液と鮮血が流れていく。
「院長、出しましたね、しかもたっぷりと」
「ああ、久しぶりだからたっぷり出たよ」黒川は汚れた自分の肉竿をガーゼで綺麗に拭い
ていく。

 「今度は私がやりますよ」岸田はカメラを黒川に渡し、桃子の淫裂を綺麗にしていく。
淫裂に付いている鮮血と精液が取り除かれ、それが終わると岸田も生まれたままの姿に
なっていく。
「君は太いね、若いっていいもんだな」岸田の肉竿はそそり立っていた。
岸田は乳房を掴みながら肉竿で淫裂を犯していくが、相変わらず桃子は無表情だ。
意識のないまま、乳房を掴まれ犯されている。
やがて、肉竿を激しくピストンしていた岸田は「うー!」腰を密着させた。
すると、再び淫裂から白い液体が流れてきた。
「すっきりしました」放出を終えると岸田も起きあがり肉竿を拭いている。

 やがて、桃子の麻酔が切れてきた。
「う、うー!」桃子は淫裂に痛みを感じて「痛い、痛い!」桃子は両手で股間を押さえた。
(ヘアだ…。と、いうことは?)「いやー!」麻酔が覚めた桃子は自分の置かれた立場を理
解できた。
「酷い、レイプだなんて…」泣きながら両手で胸と股間を押さえた。
そんな桃子の両手を押さえて黒川が再び犯しに掛かった。
「もう一回やらせてくれ!」
「い、いや、いやー!」桃子は再び犯されていく。拒む桃子の淫裂に肉竿が食い込んでい
った。
顔を歪めながら耐えている桃子だ。
桃子は泣きながらもどうすることができない。
「いい、オ○ンコだ。締まりがいいしな」乳房を掴み、乳首を摘みながら腰を動かしている。
「いやー。抜いて!」叫ぶが、再び桃子の体内に黒川が噴射を行った。
(膣の中に出されたわ、精液を!)グッタリする桃子だが辱めはそれで終わりでなかった。
「俺も楽しませてもらうか。」今度は岸田が犯しにかかった。
岸田は嫌がる桃子を四つん這いにした。
「いや、いやー!」叫ぶ桃子の淫裂に肉竿が入っていく。
「ひー!」悲鳴をあげながら頭を左右に振っている。
「ぬ、抜いて下さい、お願いですから抜いて下さい」
「嫌がるなよ、これがいいんだよ。」岸田は桃子の腰を両手で押さえ、肉竿の出し入れを早め
ていく。
垂れ下がった桃子の乳房が前後に揺れ動いている。
(ふたり犯された…、2人に。しかもビデオに撮られている!)桃子の目にビデオカメラが目に
入ったのだ。
「と、撮らないでよー!」むなしく桃子の叫び声が響いていった。       
     

スポンサーサイト

落ちゆく女教師 第2話 スタジオ  

 桃子はその後も黒川と岸田に犯され、やっと解放されたのは夕方で「う、う、ぅぅ!」
嗚咽をあげながら脱がされた衣服を着込んでいく。
「いいか、警察に訴えてもいいけど、こっちにはビデオがあるんだ。それに、『私、オ○
ンコされました!』なんて言えないだろう」その言葉に泣き出す桃子だ。
「このビデオを裏に流したくなかったら、明日、朝の9時に来るんだ。日曜だから来れる
だろう」
「来なかったら裏に流すからな」黒川と岸田は桃子を脅した。
(絶対に訴えてやる、バージンを奪ったくせに脅すなんて!)桃子はスーツを着込むと走
るようにして病院から出て行った。

 病院を出た桃子は迷いながら町中を歩いていた。
「警察署だ!」ふと見上げるといつの間にか警察署の前に来ていた。
(どうしよう、訴えたらマスコミの餌食になって、教師も首になるし…)立ち止まって見
上げている。
そんな桃子に「どうなさいました?」入り口にいる警官が不審に思って声を掛けてきた。
「いいえ、なんでも!」桃子は早足で警察署の前から去った。
(結局、訴えて困るのは私だし)考え直したのかアパートに戻った。
戻るなり「あら、相田さん!」向かいの桂子から挨拶されたが「こんにちわ」桃子は目を
伏せながら自分の部屋に入りしっかり鍵を掛けた。
(汚されたのを落とさないと…)桃子は衣服を脱ぎ、生まれたままの姿になり、浴室に入
った。
「ここを犯され何て…」淫裂を洗っていくと犯された事が思い出される。
「う、う、う!」嗚咽を上げながら淫裂の中を丁寧に洗うが、丁寧に洗っても悪夢が消え
ることはなかった。

 翌朝、桃子は寝不足気味で目を覚ました。
「どうしよう。行かないとビデオが裏に流されるし…」不安を抱きながら桃子は着替えて
いく。
そして、黒川に言われた時間に間に合うように部屋から出ると「あら、相田さん早いのね」
桂子と顔が合ってしまった。
「ええ、ちょっと用事がありまして」(昨日のレイプは知らないはずだし)俯いてアパー
トから犯された黒川の病院に向かう。
病院に着くと黒川と岸田の他に人相の悪い男がいる。
「待っていたぞ」黒川が声を掛けると「この子か、いい顔だな。客に受ける顔をしている
な」その男は桃子の顔を撫でていく。
(きっと、やくざだ)直感が働き「いや。触らないでよ!」その手を押さえた。
「八幡さん、それよりも、例のビデオを見てからにしないと」
「そうだったな」八幡と呼ばれた男は桃子から手を引いた。
(この人、八幡と言うんだ)桃子は黒川と岸田に連れられ、車に乗せられた。
「どこに行くのですか?」怯える桃子に「安心しな、殺すようなまねはしないから」車を
運転する八幡は寂れた道路を走ってビルの地下駐車場に入った。

 車が停まり「着いたぞ」八幡は車を降りビルの中に入り、その後を追うようにして「降
りるんだ」
黒川にせかされて桃子も車から降りて歩いて行く。
ビルの中に入るとそこはスタジオのように思えた。
          02.jpg
「何をさせる気なの?」桃子は不安になって聞くと「ちょっと、出演してもらうだけだよ」
それを聞くなり「帰る!」桃子は逃げようとしたが「そうはいかないぜ。こんな上玉を逃
がしてなる
ものか。押さえろ!」
八幡の声で、新たに手下が現れ桃子は簡単に取り押さえられてしまった。
「準備はできています。早速始めましょう」桃子は引きずられるようにスタジオに連れ込
まれていく。

 スタジオは照明が灯され煌々と桃子を照らしている。
「よし、掛かれ!」その声で3人が一斉に桃子に襲い掛かった。
「いや、いやー!」桃子は床に押し倒されて、着ていたスーツが脱がされていく。
「やめてー!」叫んで抵抗しても、男3人に掛かってはどうすることもできず、スーツは
あっけなく脱がされ、下着姿にされてしまった。
「いや、やめて~」叫ぶ桃子の真っ白なパンティを掴まれ引き下げられていく。
股間を覆う布地が無くなり、真っ黒な絨毛が現れた。
「やめて、いや、いやー!」パンティは裏返しになり、膝まで下げられた。
「ほう、オ○ンコはあまり使ってないな。まだ、経験不足だから締まりがいいかも」
真っ黒な絨毛に包まれたピンクの淫裂が男達の前で露になっている。
(性器を見られている…)体が震える桃子だ。
「どれ、オ○ンコをじっくり見せてもらうか」膝まで下げられたパンティが更に下げられ、
足から抜かれた。

 桃子が身につけているのはブラジャーだけになっている。
「いや、いやー!」嫌がる桃子だが、力に任せて両足が開かれ、絨毛に包まれた淫裂が見
えている。
(性器の中まで見られている…)頭の中が真っ白になっている。
「これも、いらないな」桃子の乳房を隠している真っ白なブラジャーも剥ぎ取られてしま
った。
「見ないで、イヤ~!」全裸にされた桃子抵抗したが、押さえられ乳房が揺れている。
(素っ裸にされてしまった…)恥ずかしい部分を隠す事ができず、声を上げる事しかでき
ない。
そんな桃子に「ほう、いいオッパイしてるな」男達は乳房を掴んで揉みだす。
「イヤ、触らないで~!」淫裂の中まで晒し、乳房を揉まれる恥ずかしい姿がビデオに撮
られている。

落ちゆく女教師 第3話 2人からの陵辱  

 「そろそろ本番と行こうぜ」桃子の足を開いていた男が立ち上がり、服を脱ぎだした。
シャツを脱ぐと入れ墨が彫ってあり、ズボン、パンツと脱ぎ全裸になると全身に彫られて
いた。
その入れ墨が桃子の目に入り(犯されてしまう…。こんなやくざに…)奥歯がガチガチと
鳴っている。
「まず、最初はバックから行くぞ!」全裸になった男は怯える桃子を四つん這いにさせ腰
を両手で押さえた。
「ほら、オ○ンコだ。これがオ○ンコだ!」桃子の尻を開いてカメラに撮らせると「いや
~。やめて!」泣き叫ぶ桃子の声がスタジオに響きわたっていく。
(撮られている、性器の中まで…!)頭の中が真っ白になっている。
男はカメラに撮らせると「入れるぞ」膨らみきった肉竿が桃子の淫裂を突き刺しだす。
「いやー!入れないで!」首を振るしか抵抗の手段がなく(入ってくる、オチンチンが膣
の中に入った!)無理に入る肉竿に淫裂は痛みを感じた。
肉竿はゆっくりと淫裂に入り込み、根本まで膣の中に収まった。
「抜いて。痛いから抜いて!」涙を流しながら淫裂の裂かれる激痛に耐えている桃子だ。
「なに、直ぐにいい気持ちになるから」男は腰をゆっくりと動かし始めた。
「いやー。動かさないで!」裂かれる痛みで悲鳴をあげ続けている桃子の声がスタジオの
中に響き渡った。

 「どれ、俺も仲間に入れてもらうか」桃子が四つん這いで動けない状態をいいことに、
新たに2人が服を脱ぎだした。
シャツ、ズボンと次々と脱いで全裸になると全身に入れ墨が彫ってある。
「まずは、これからだな」新たに加わった2人は垂れ下がった桃子の乳房を掴んで揉みだ
した。
「いや、触らないでー!」3人の辱めに声を上げる桃子だが、肉竿の動きが速まっていく。
乱暴に膣を突き刺す肉竿に「ヒー!」桃子は苦痛で顔を歪めている。
それでも肉竿は淫裂深く突き刺さしていく。
(また、犯されてしまった…)涙が床に落ちていくが「ピシャ、ピシャ!」股間と股間の
ぶつかる音が部屋中に響き、その様子もビデオに撮られている。
「気持ちいい。出したくなった」
(出すって、まさか膣の中に?)その瞬間に淫裂が熱くなるのが感じた。
「いや、中はいやー!」悲鳴を上げても、淫裂から白い液体がポタポタと床に落ちていく。
桃子の頭の中は混乱状態で(射精された…)呆然とする桃子だ。
そんな事などお構いなしに「いいか、うまく撮れよ」淫裂から肉竿が抜かれた。
すると、淫裂から白い精液が流れ出し太股を濡らしていく。
「すげえ、だいぶ溜まっていたんだな」撮っている男も感心しながら桃子の淫裂を撮って
いる。

 「今度は俺が相手だ」桃子は立たされて、両手を縛られて吊り下げられて空中に浮いて
いる。
          03.jpg
「ここも縛ろうな」両膝も縛られ吊り上がり、宙に浮いて開脚した格好だ。

「いいね、オ○ンコが丸見えで」
「いや、いやー!」桃子は顔を背けるが正面を向かされ、カメラに撮られている。
それに、精液で汚れた淫裂も撮られていく。
「撮るのはこれくらいにして、楽しまないと」正面に立った男が太股を押さえ肉竿を淫裂
に押し当てた。
「入れないで、お願いよー!」桃子の叫び声がむなしく響いていく。
肉竿を押し当てると、ゆっくり桃子の腰を引き寄せた。
「いや、いやー!」拒んでも肉竿は淫裂に入り込んできた。
肉竿は膣穴が広がっているからすんなり根本まで入り込んだ。
「オッパイも吸おう」淫裂に肉竿の根本まで押し込んだまま乳首を口に入れて吸い込んだ。
「だ、だめー!」自然と宙に浮いた桃子の体が反り返って行く。
男は桃子の太股を前後に動かしながら乳首を軽く噛んだ。
「ヒー!」桃子は悲鳴を上げたが、淫裂には肉竿がピストンしていく。
(だめよ、こんなのいや!)乳首を噛まれた乳房も動きに合わせてゴムのように伸びきり、
それに「クシュ、クシュ!」淫裂から音が出始めた。
 
 「俺も楽しむか」別な男が桃子の背後に回り、腰を浮かせて肛門に肉竿を押し当てた。
(まさか、お尻を?)予感が的中し「うー!」息のつまる思いの桃子だ。
「お願い、せめて、お尻は許して!」苦痛を堪えてやっと言えた。
だが、桃子の直腸に肉竿が入り込んでしまい「オ○ンコと、ケツの協奏曲だ」二つの肉竿
が同時に動きだす。
「だめー!」両手を吊された桃子は唇を噛んで痛みに耐えているが、桃子の全身が小刻み
に震え、乳房も振るえている。
「一緒にいこうぜ!」淫裂と肛門に入り込んだ肉竿が激しくピストンを始めた。
「抜いて、せめてお尻だけは許して!」叫ぶなり桃子の意識が遠のいてしまった。

 どれくらい時間がたったろうか、ようやく桃子の意識が戻った。
「膣の中が綺麗に洗われている!」手で撫でると淫裂や肛門の汚れが綺麗に落とされてい
た。
しかし、乳房は丸出しで全裸のままだ。
「やっとお目覚めだな。ガキは欲しくないだろうから綺麗にオ○ンコを洗っておいた」
「犯しておいて何を言うのよ!」怯えながら両手で乳房を隠して言う。
「何だ、その言い方は。オ○ンコを洗ってやったのに感謝の気持ちがないのか!」
桃子の手を払いのけ、両乳房を鷲掴みにすると指の爪を乳房に食い込ませる。
「ギャ~!」痛みに悲鳴を上げると「礼はどうした。オ○ンコ洗ってやったお礼だよ!」
爪がさらに食い込む。
「ヒー!ありが、とう、ございました…」途切れ途切れにやっと言えた。
「オ○ンコを洗っていただき、ありがとうだろう!」更に力が入り乳房に指が食い込んで
いく。
「お、オ○ンコを洗っていただきありがとうございました…」泣きながら言う桃子だ。
「そうだ、それでいい。これから試写会だ。こい!」
「その前に服を着させて下さい」
「服なんかいらない。お前はこれから素っ裸だ」嫌がる桃子は引きずられるようにして連
れて行かれた。

落ちゆく女教師 第4話 露出  

 桃子が連れ込まれた部屋には大きなモニター用のテレビがあった。
「来たか、待っていたぞ」黒川は桃子のお尻を触りながら言う。
「それにいいオッパイだな」岸田も乳房を撫でていく。
「いや、もう許して!」叫ぶがどうすることもできない。
「黒川さん、試写が先ですよ」八幡がビデオを再生すると、桃子は「いや、いやー!」叫
んでモニターを塞ぐが、全裸だから乳房と真っ黒な絨毛の股間が皆にも見えている。
「オ○ンコが丸出しだぞ、それに、オッパイも!」
「いやー!」慌てて乳房と股間を押さえ、蹲った。
桃子が蹲るとモニターが見え、そこには桃子の犯されていくシーンが映し出されていた。
「見ないで、こんなの見ないで!」泣きながら蹲る桃子だった。

 「もし、これが売られたらどうする?」黒川が桃子に尋ねた。
「何でもしますから売らないで下さい」泣きながらそう答えるしか道はない。
「そうだ、それでいい。八幡、あれをやらせようよ」
「そうですね、やらせますか」黒川と八幡がニヤニヤしながら話し合っている。
(何をさせる気なんだろう…)怯える桃子は胸と股間をしっかり手で隠していた。
そんな桃子に向かい「これを着るんだ!」岸田が服を投げつけた。
それを拾うと着ていくが「いや、こんなのいや!」スカートを履いたがテニス用のスカー
トだ。
しかも、パンティがなく、丈の短いスカートが揺れれば、尻、黒い絨毛に包まれた股間が
丸見えになってしまう。
上半身は薄い生地の半袖シャツで、うっすらと乳房が透けて見える。
「ボタンは1個だけだ。それ以外は付いてないからな!」
「イヤよ、これじゃ、オッパイと、アソコが見えちゃう…」恥ずかしさに乳房を押さえて
叫んだ。
              04.jpg

 「イヤならビデオを売るが、それでもいいんだな?」八幡も脅しを掛けてきた。
「いや、それは許して下さい…」
「だったら、手を退けろ!」
(やるしかない…)桃子が両手をどけると、シャツは胸元が開き、乳房の膨らみがはみ出
している。
さらに、薄い生地なので乳輪と乳首も透けて見えている。
「いいね、そんな姿も」
「ほんとだ。素っ裸よりもいいよ」黒川は開いた胸元から手を入れ乳房を掴み、揉んでい
く。
岸田はスカートを捲って絨毛の生い茂った股間を撫で、八幡は尻を撫でていく。
(やめて下さい!)泣きながらも桃子は体を震わせ耐えていた。

 「よし、行こう」黒川と岸田がでていくと「いや、いやー!」叫ぶ桃子も八幡に引きず
られるようにスタジオから連れ出された。
「何をさせる気ですか?」体を震わせ、両腕を合わせながらスカートを押さえて歩く桃子
だ。
「電車に乗るだけだ」
「いやです、こんな姿じゃいや!」桃子がそう叫んだ瞬間「ピシャ!」と音がして「痛い!」
悲鳴が上がった。
「服を着るのがイヤなら、素っ裸になるか?」八幡が桃子の頬をぶって言う。
(逃げれない、もう、逃げれない!)頬の痛みを堪え、桃子は無人の改札機を通って地下
鉄のホームに向かってく。
すると「す、すげえ!」「オッパイが透けてる!」すれ違ったアベックが桃子の胸に驚い
ている。
「ほら、もっと見せろよ!」八幡は真っ白なスカートの裾を持ち上げた。
「いやー!」慌ててスカートを押さえようとしたが岸田と黒川が桃子の腕を押さえて隠せ
ない。
「変態よ、ノーパンでヘアを丸だしだなんて!」
「でも、いいよな、腰のくびれが」
「ダメ、見ちゃダメ!」絨毛を晒している桃子を避けて、走るようにアベックが去ってい
く。
(仕方ないのよ、変態じゃないわ…)桃子は叫びたかったが、それはできない。

 4人は地下への階段を降りていくと下の方から若い声がする。
「これも外せ!」「いや、許して下さい!」両手を押さえられた桃子はシャツのボタンが
外され乳房が飛び出している。
「これもいいな」飛び出した乳房が撫でられた。
「許して、もう許して下さい!」頼んでも聞き入れられず、シャツからはみ出た乳房を揺
らせながら階段を降りていく。
降りて行くに連れて、客の話し声が大きくなり「あー。オッパイだ!」歓声が上がった。
歓声をあげたのはまだ若い高校生だ。
(見られてしまった…)顔を下げ、乳房を晒している桃子だ。
高校生の歓声に気をよくしたのか「よし、これもだ!」スカートも巻き上げられた。
「イヤ~!」「お、オ○ンコだ!」悲鳴と歓声が同時に上がった
「すげえ、これがオ○ンコか!」初めて見る女性の股間を食い入るように見ている。
(性器は見ないで。オッパイだけにして…)両腕を押さえられた桃子はどうすることもで
きない。
すすり泣きながら乳房と絨毛を晒して階段を降り、ホームへと向かった。

落ちゆく女教師 第5話 オナニー  

  階段を降りてホームに立つと見知らぬ乗客達が乳房を晒す桃子の姿に「オッパイが!」
と驚きの声を上げていく。
「いやね、いくらオッパイが綺麗だからといって見せたいなんて!」
「ほんとよ、ヘアまで公然と見せるなんて恥知らずよ!」若い女性達は軽蔑の目で見つめ
ていた。
「いいじゃないか、オッパイ丸出しなんてよ」
「ヘアも剃った方がいいよ」男達は食い入るように桃子の真い絨毛に包まれた股間を見つ
めている。
(ヘアは見られたくない…)「お願い、せめて、スカートだけでも戻して下さい…」小さ
な声で言う。
「戻してやってもいいが、電車の中でも言うことを聞くんだぞ」
「はい、聞きます」桃子が承知するとスカートが下げられ絨毛が隠されていく。
それに、手も放されて自由になると、シャツの真ん中のボタンだけ掛けた。
(恥ずかしい、オッパイが見えている…)項垂れてホームに立つ桃子だ。

 しばらくして、電車がホームに入ってきた。
4人は人混みをかき分け電車に乗り込むと、車内は空席があり、4人は座ることができた。
桃子は岸田と八幡に挟まれ座り、黒川が桃子の正面に座っている。
「プルプルプル!」出発の合図がなり,ドアが締まり電車が走りだした。
電車が走り出すなり「いや、なにをするの!」桃子の足が開かされていく。
更に、スカートが捲られ股間が露になってしまった。
「毎晩やっているオナニーをここでやるんだ!」
「見られてしまいます…。恥ずかしくて、とてもできません…」拒む桃子だが、絨毛の中
からピンクの淫裂が見えていた。
「やらないとビデオがどうなってもいいのか?」そう言われればやるしかない。
恥ずかしそうに目を閉じて指で淫裂を触りだした。
「そうだ、それでいい」シャツのボタンも外され、後ろに脱がされてに絡まっている。
そのため、上半身を隠す障害物がなくなり、乳房が露になっている。
「いいね、その姿が!」黒川がビデオでオナニーをしている桃子を撮りだす。

 暫く撮ると「これはいらないな!」桃子のスカートが剥ぎ取られた。
「これもいらないよ」腕に絡まったシャツも剥ぎ取られ、生まれたままの姿にされた。
(来ないで、誰も来ないで!)両腕で胸と股間を隠すが、乳房がはみ出ている。
「ほら、やるんだよ!」黒川の言葉で目を閉じて指を淫裂に入れて撫でだし、再びオナニ
ーを始めた。
          社内でのオナニー

「オッパイを揉まないと」黒川は乳房を揉みだした。
(悔しい…。なんでこんな事しなければならないのよ)全裸になって、指を淫裂に入れ、
乳房も揉んでいく桃子だ。
やがて、電車のスピードが落ちた。
「もうすぐ駅よ、お願いですから服を着させて!」慌てる桃子だ。
「服はいらない、そのまま続けろ!」
「いや、ヌードを見られてしまいます!」悲鳴に近い声だ。
「慣れれば平気だ。いいな、そのまま続けるんだ」
(見られるわ。電車の中でヌードになってオナニーしている姿を!)小刻みに振るえなが
らオナニーをしていく桃子だ。
 
 ブレーキ音と共に電車が止まり、ドアが開いていく。
(見られてしまう!)桃子はしっかり目を閉じた。
「あっ!」「す、すげえ!」声が上がり、それと同時に桃子の目から涙が流れていく。
(見られてしまった、恥ずかしい姿を…)項垂れながら指で淫裂を掻き回している。
「スゲエな、オ○ンコを丸出しにするなんて!」
「信じられないや、可愛い顔して素っ裸でオナニーをしているなんて!」乗客は桃子の淫
裂を食い入るように見ている。
その目の前で「オッパイを揉んで欲しいそうですよ」脇の岸田が乳房を掴んで揉み出した。
「オナニーを見てもらったお礼に、オッパイを揉ませてくれるんですよ」八幡も付け加え
て言う。
「そうですよね?」岸田が無理に言わせようとしている。
(言いたくない、そんなこと言わない!)
しかし、「オナニーを見ていただいたお礼に私のオッパイをお触っても構いません…」小
さな声で言うしかない。

 その言葉に「そうですか、それなら私も触らせてもらいます」
「はい。オッパイをどうぞ…」今度は岸田、八幡と入れ替わり、乗客が桃子を挟んで座り、
乳房を揉みだした。
(いやよ、勝手に触らないで!)顔をしかめながら、見知らぬ男に乳房を揉まれ、オナニ
ーを続けた。
それには「ここもしてあげますよ」乗客も乳房だけで満足できず、指で淫裂を触りだした。
「そこはいや、だめです!」しかし、指が淫裂深く入り込み掻き回していく。
「だ、だめ、だめー!」喘ぐ桃子だ。
そして、また電車が止まりドアが開いていく。
「す、すげえ、オ○ンコ丸出しだ!」新たに乗った乗客も驚いている
「変態よ、あっちに行きましょう、あなた!」
「見てみようよ、ちょっとの間だけでも…」乗客は全裸の桃子を取り囲んでいる。
桃子はその乗客の前で淫裂に指を入れてオナニを続けた。

 「オナニーを見ていただいたお礼にオッパイを触ってもいいそうですよ」
「本当に、いいんですか?」
「は、はい。触って構いません…」その言葉に両乳房が乗客に触られていく。
「私も見てあげたわ、いいわよね、オッパイ!」
「は、はいどうぞ…」女性の乗客が乳房を掴んで揉んでいく。
(恥ずかしい、女に辱められる何て!)顔を逸らしながら乳房を揉まれている桃子だった。

 桃子は数え切れないほど乗客に触られていた。
「そろそろ降りるぞ。ほら、着るんだ!」八幡が奪ったスカートとシャツを桃子に投げつ
けた。
「終わりです、もう終わりです…」恥ずかしそうに、急いでスカートを履き股間を隠して
いく。
さらにシャツを着て乳房を隠すがボタン一つなので膨らみが見えている。
「あら、乳首と乳輪が…」女性客がシャツの上から乳首を指で触った。
(乳首が堅くなっていく)触られた刺激で乳首が膨らみシャツを下から持ち上げていく。
「ほら、こんなに堅くなって!」乳首が指で摘まれた。
(感じる、気持ちいい)桃子の全身を衝撃が走っていく。
しかし、「降りるぞ!」スピードが落ち、黒川達が立ち上がってドアの前に立った。
桃子も立ち上がりドアの前に立ると、電車は止まり、ドアが開いて4人が降りて乗客は名
残惜しそうに桃子の後ろ姿を見ている。
(恥ずかしかった。フルヌードにされた上に、オナニーさせられる何て…)つかの間の安
らぎを味わう桃子だ。

▲Page top