fc2ブログ

「復讐の病院」序章

登場人物

木川紀子:新人の看護婦    黒川哲治:内科医
宮園真弓:婦長        氷室京太:内科医
野村百合:紀子の先輩看護婦  藤田健太:外科医
飯山みどり:内科看護婦    南条清孝:外科医
飯島由佳:内科看護婦     内藤康夫:技師
小川清美:外科看護婦

序章
 
 ○○県の県庁所在地、横川市は日本でも有数の巨大都市だ。
明治初期には外人が居住し、貿易港として栄えた世界でも有名な都市でもある。
その、横川市の公立病院で事件が起こった。

 「お願い、許して!」ズタズタに切り裂かれた白衣から、乳房を覗かせた看護婦が叫んで逃げ回っている。
足元には切り裂かれ、ただのボロきれとなったピンクのブラジャーが落ちている。
その傍らには、人工呼吸器をつけている中年の女性が、安らかに眠ったような顔をしていた。

 男達は手に持ったメスで白衣を切り刻んでいく。
「いやー!」逃げ回る看護婦は、男によって押さえられ、パンティも切り裂かれて生まれたままにされた。
「やめてー!」いくら叫んでも容赦はない。
必死に抵抗していくが、乳房と淫裂を触られている。
「俺からいくぞ」「だったら、俺が2番目だ」「ちぇ、俺が最後かよ」

 3人の男性は逃げ回る看護婦を押さえつけた。
「やめて~!」抵抗する看護婦は、股間の黒い絨毛を晒したまま足をバタバタしている。
それに大きなきな乳房も揺れていた。
「いや、いや、やめて~!」犯される怖さに看護婦は泣き叫ぶが、容赦なく最初の肉竿が淫裂に入り込んで行く。
「ヒ~!」膣が、肉竿によって引き裂かれ、悲鳴を上げた。

 それと同時に、破瓜した印の鮮血が淫裂から流れていく。
犯された看護婦は全身から力が抜けてグッタリとなった。
それを契機に残った2人が乳房を揉み出す。
「処女だったんだ!」犯した男は呟きながらピストンを続け、絶頂を向かえると、暖かい液体を看護婦の子宮深く送り込んでいく。
看護婦も、それが分かっているが、もう抵抗する気も失せていた。

 「次だよ、交代!」男達はこうして、次々と看護婦は犯していく。
犯された淫裂からは、3人が噴射した精液が尻の穴まで流れ出していた。
看護婦を犯した3人は満足したのか、すっきりした顔で部屋から出て、部屋に残されたのは看護婦と人工呼吸器を付けている女性だけだ。

 しかし、その女性の顔は赤みが消えて蒼白になっている。
看護婦を追いかけていた男が、過って人工呼吸器のボタンを押して停止してたのに、誰も気づかなかった。
床には犯された看護婦が全裸のまま嗚咽をあげていた。
 

 翌日の各新聞紙は、『横川市の公立病院で、人工呼吸器が止まって入院していた女性が死亡』と大きな見出しで報じている。
「なんてことだ。事務長を呼べ!」その新聞を床に投げ捨てて、公立横川病院の院長が怒鳴った。
「お、お待ち下さい。すぐにお呼びします」暫くしてから「何か御用で?」新聞を読んでないのか、何も知らない事務長が現れた。

 「お前は何を監督してるんだ。新聞社ぐらい押さえつけられないのか!」確かに、公立横川病院となると、大手の新聞社でも事件をもみ消し、小さく扱ってもおかしくはなかった。
「申し分けありません!」それと同時に電話が鳴った。
「もしもし、院長だが…。そ、その件につきましては後日会見を行います…」それはテレビ局からの電話だ。
電話を置くとまた鳴る。
 やはり、テレビ局から会見の申しである。「せ、責任を取れ!」「待って下さい。当直の看護婦から事情を聞いてからにして下さい」
 
 こうして、院長室にあの犯された看護婦が呼ばれた。
「君は気づかなかったのかね?」
「申し訳ありません。全て私の責任です。私に責任を取らせて下さい…」泣きながら謝った。
「君は自分に過失があったと認めるのかい?」
「はい、認めます…」言い終わらないうちにドアを叩く音がした。

 事務長がドアを開けると、顔は引き吊っている。
「お母さんを返して!」セーラー服の女性が、泣きながら院長に詰め寄った。
「そ、それはこの看護婦の責任だよ!」
「そんなの嘘よ。私、知ってるわ。お母さんは脳死にならなかったはずよ。それに、この病院にはMRIやCTもあるじゃないのよ。脳死は防げたはずよ、これは診療ミスよ。それに、なんで人工呼吸器が止まっていたのに気が付かなかったのよ。気づいていれば、死ななくて済んだのよ。裁判所に訴えてやる!」

 セーラー服の女性の話に「許して下さい。私が悪いんです!」看護婦は泣きながら膝を付いて土下座した。
「そんなことしても、お母さんは戻らないわよ!」
看護婦は泣きながら「こうなったのは全てが私の責任です。ですから…」あとは泣くだけだ。
「診療ミスではないんだ。君のお母さんは運が悪かったんだ。MRIもCTも緊急患者で使えなかったんだよ」
院長はさらに「看護婦のミスで、君にはすまない事をした…」診療ミスの責任も、看護婦に全て押しつけた。
 
  その夜 、看護婦は詰め所に1人残って、夜遅くまで手紙を書いていた。
この看護婦には、警察から事情聴取のために、出頭命令が出されている。
手紙を書き終えると、看護婦は病院の中にある、郵便ポストに自分の書いた手紙を投函した。
「許して下さい!」看護婦は泣きながらポストに抱きついている。

 「あれさえなかったら…」溜息をつきながら、看護婦は階段を昇ってく。
屋上まで昇った看護婦は『危険。立ち入り禁止!』と書かれた看板が付いた柵を乗り越えて、真っ暗な空に向かい、鳥のように飛んだが、直ぐに失速した。

 翌日、『過失の看護婦が飛び降り自殺』全ての新聞が報じている。
「これで、よかった!」院長は安堵していた。
「そうですよ、全ては看護婦の責任で終わりですから」事務長も笑っている。

 しかし、数日後、看護婦の死後に届けられた手紙に「そうだったのか。許さない、お母さんと亡くなったあの看護婦さんの仇を伐ってやる!」
泣きながら、手紙を握りしめて、セーラー服の女性が唇を噛みしめていた。
それとは別な場所で「姉さんの仇は、必ずとるからね」2人の男女が手紙を握りしめ、泣きながら復讐を誓った。


スポンサーサイト
[PR]

「復讐の病院」第1話 新任看護婦

第1話 新任看護婦
 
 それから6年後、公立横川病院に新任の看護婦が看護学校から配属された。
病院関係者の間でも事件は風化して、もう、だれも忘れかけている。

 そんな中で、新任の看護婦は「木川紀子です。始めての実習なのでよろしくお願いします」と院長室で挨拶した。
「ほう、いいオッパイだね」院長の前川は紀子の白衣の上から乳房を掴んだ。
「やめて下さい!」
それでも前川は「お、乳首だ。堅くなってる」やめようとはしない。
「いやー。セクハラです!」紀子は両手で振り払う。

「まあ、いいか。俺に逆らうと生きて生けないからな!」
「わかってます。でも、エッチはいやです!」
「あ、はは。まだガキだな。相原、婦長に紹介しなさい」新任の紀子は、事務長の相原に案内されて、婦長のいる部屋に向かって歩くが、その間も相原は紀子のお尻を撫でている。

「いやよ!」患者が行き交う病院なので、声を上げられず呟くように叫び、お尻を撫でる手を振り払う。
(可愛い子だ。俺の女にしてやる。院長にはやらないぞ)相原は婦長のドアを叩いた。
「相原です!」「どうぞ!」ドアが開いて婦長の前園真弓が現れた。
 
 「実習生です、よろしくお願いしますよ。看護婦不足ですから最初は丁寧にして下さい。辞められたら婦長も困るでしょうから」
「分かってますよ」相原を追い出すようにドアを閉め、しっかりと鍵を掛けた。

 「さてと、木川紀子さん。検査しますから、ヌードになって下さい」
「いやよ。ヌード何て、恥ずかしいわよ」
「ヌードがなんです。無菌室に入るためには、全裸になってシャワーを浴びるんです。それがいやなら、看護婦は失格です!」

 そう言われれば「わかりました。脱ぎます」紀子は白衣のボタンを外すが、指が震えて、なかなかボタンが外れない。
(うふふ、うぶな子ね。たっぷり可愛がってあげるわよ)薄笑いを浮かべながら、真弓は紀子のストリップを楽しんでいる。
紀子は白衣を脱ぎ、スリップ姿になって背中を真弓に向けた。
「だめ、私を見ながら脱ぎなさい。逆らうと、どうなるかわかるでしょう?」意味ありげに真弓が言った。
 
 紀子はスリップの紐を肩から外した。
「シュル、シュル!」と音を立て、白い下着姿になっている。パンティ、ブラジャー、ストッキングと皆が白い。
「もう、いいでしょうか?」恥ずかしさで顔が赤くなっている。
そんな紀子をジッと真弓が見つめた。

 紀子のブラジャーからは乳房の上半分が飛び出している。
「あなた、毛深いのね。ヘアを手入れしないと、男性に嫌われるわよ」
「そんな事、言わないで下さい!」両手で股間を覆う。
「隠さないで。私がしてあげるから、パンティを脱ぎなさい」実習生の弱みで、紀子はパンティを下げ、膝まで引き下げ背中を丸めて足を上げた。

 更に別な足を上げて股間を露わにし、下半身を覆うのはストッキングだけだ。
紀子は恥ずかしいのか、絨毛の生い茂る股間を両手で隠している。
「手を退けて、オ○ンコを見せなさい!」渋々、震える両手を股間から退けていく。
恥丘には絨毛がビッシリと生い茂っていた。

 「思った通りだわ。手入れしないとだめね。これでは見えないし…」淫裂を見られ、紀子の太股がブルブル太股が震えている。
そんな紀子に「オッパイはどうしたのよ!」と声が飛んだ。
 
 紀子は両手を背中に回してホックを外したが、緩んだカップから乳房が飛び出て行く。
その後、両手も下げてブラジャーも足元に落ち、白いストッキングだけの姿になった。
紀子は恥ずかしいのか、乳首が膨らみ、太股の震えに合わせて絨毛も揺れている。

 「まだ、でしょうか?」両手で胸と股間を覆った。
「だめ、両手を退けて、ここに寝るの!」真弓は紀子を机の上に、仰向けに寝るように命令する。
紀子は言われるままに背中を机に寝かせ両足をぶら下げていた。
「足を大きく広げて!」過酷な命令である。
 
 それでも、震わせながらも両足を開いていくと、黒々と生い繁った絨毛の中に、パックリと割れた淫裂が見えた。
真弓はじっくりと、淫裂を覗き込んでいる。
紀子にも、鼻息が敏感な肌に触れてそれが分かる。
「見ないで下さい。恥ずかしいです、婦長さん!」真弓は笑いながら、淫裂の上部にあるクリトリスの包皮を捲った。

 「だ、だめ~」紀子は、全身にショックを受けたように反り返る。
「ほら、両手を頭にやるのよ」
「恥ずかしいです。婦長さん、誰も来ませんよね?」
「大丈夫、鍵も掛けてあるし」笑いながら紀子を見つめている。

 紀子は、言われるままに両手を頭に乗せた。
ピンと尖った乳首と、Cサイズのお椀型の乳房が揺れている。
真弓はジッと見つめ(いい体をしてるわ。私の物にしてやる。あんな男に取られて、なるものか!)紀子の乳房を撫でながら、淫裂の割れ目に沿って、指で愛撫を繰り返していた。

「復讐の病院」第2話 初めてのレズ

第2話 初めてのレズ
 
 紀子は真弓の愛撫に快感を覚え始めている。
「誰も来ないから安心して!」真弓も白衣を脱ぎだした。
「婦長、いけないわ。これって、いけないことでしょう?」
「ふ、ふ、ふふ。レズはいけないことじゃないの。ここでは許されるのよ」手際よく衣服を脱いで、真弓も身に着けているのは、ストッキングだけだ。
乳房は垂れ下がり気味で、短く手入れされた絨毛からは、淫裂が覗いている。
その淫裂からは、2枚の肉襞が飛び出し、歳のせいか、ピンクから黒へと変化している。
 
 「どう、私のヌード、奇麗かしら?」
「奇麗です。婦長のヌード奇麗です…」
「ありがとう、紀子さん。オッパイを揉んでくれない?」真弓は仰向けになっている紀子を起こして、抱きしめてた。

 紀子は言われるまま、真弓の乳房を揉んでいく。
「あ、あん!」それには、喘ぎ声をあげて悶えて、紀子は乳首を摘んだりもしていく。
「あそこにもして…」言われるまま、淫裂に手を当てると、淫汁がこぼれ出てきた。
「濡れている…」
「そうなの、気持ちいいからよ。恥ずかしいことじゃないわよ」当然のように言う。
こうして2人は1時間ほど抱き合い、乳房と淫裂を触り合った。
 
 「そろそろ、いいかしら。病院を案内しないとね」レズを楽しんだ真弓は下着を着けていく。
「紀子さん、パンティは履かないで。手入れするから」
「そんな。ヘアの手入れだなんて、恥ずかしいです…」
「大丈夫よ、全部じゃないから」全てを着終えた真弓は、机の引き出しからハサミと、女性用のカミソリを取り出す。
紀子はパンティを履かず、ブラジャーとスリップ、白衣と着込んでいる。

 「裾を巻くって!」再び紀子は机に仰向けに寝かされて両足を広げた。
真弓はハサミで、長く伸びた絨毛を5ミリ程度に切りそろえて、カミソリでハートの形に仕上げた。
「どう、奇麗でしょう?」紀子は自分の股間を見た。
「いやー。恥ずかしい!」両手で覆い隠した。
短い絨毛からはパックリと割れた淫裂が覗いている。
「恥ずかしがらないで。奇麗よ、紀子」再び眺める紀子は、絨毛の手入れされた淫裂を撫でていく。
真弓は、暫く撫でてから「パンティ、履いていいわよ」紀子は脱いだ全てを着込み、着込み終えると一緒に部屋から出て、病院内を案内していく。

 「野村さん、新任の木川紀子さんです。これからは、紀子さんと一緒に仕事をしてもらいますから、面倒をみてあげてね」
「初めまして。野村百合です」
「木川紀子です。よろしくお願いします」
「後はお任せするから、野村さんに教わるのよ」
婦長の真弓は、センターから出て行き、紀子は外科の看護婦として勤務することが決まった。

 指導を任された百合は、紀子を連れ添って、担当医の部屋に入り紹介した。
「今度、配属された、紀子さんです」
「あ、よろしくね」担当医の藤田はあっけなく言う。
紀子と百合は歳がそんなに離れてはなく、まだ22歳と若い方である。

 勿論、独身だが、同じ外科病棟では、まだ若僧で、30歳を過ぎたオールドミスも大勢いる。
2人は同じ寮に住んでいるが、寮といっても病院の直ぐ隣棟だ。
緊急の患者が運ばれると非常召集が掛かり、深夜まで勤務し、その翌朝からも普通通りに働かなければならない。
健康保険組合には、その人件費が請求されても、看護婦達には一切の報酬がなく、病院はそれを搾取していた。
その資金は政界、マスコミ等への工作資金となっている。
 
 2人は、今週が普通勤務で、翌週からは深夜勤務が命じられた。
そして、勤務を終えた百合と紀子は、まっすぐに寮に向かっていく。
「ねえ、今夜私の部屋に来ない?」
「いいの?」
「勿論歓迎よ」寮の玄関から、百合は紀子を自分の部屋に連れ込んでいく。
「汚いけど入って」2人は中に入り百合は鍵をしっかりかけた。

 部屋に入ると、百合は着ていた衣服を脱いで、下着だけの姿になっていく。
「あなたも、脱いだら?」
「でも…」恥ずかしそうに照れる紀子に「だったら、脱がしてあげる!」百合は紀子の衣服を脱がせて、下着だけの姿にした。

 下着姿の2人は、抱き合ってベッドに倒れ込む。
「だ、だめよ!」悲鳴をあげて嫌がる紀子に、百合の唇が重なり口が塞がれた。
「…」思わず紀子は黙り込んでいる。
「下着も取るね」百合はまず、自分のブラジャーを脱いでから紀子のブラジャーを剥ぎ取った。

 「可愛い、乳首ね」百合は紀子の乳房を揉みながら、乳首を吸う。
「あ、あん!」思わず、紀子は悶え声をあげた。
女性しかいない職場、しかも、女性だけの住まいとなると、レズが横行していくのも当然で、この寮でも、レズ行為を楽しむ看護婦が大勢いる。
その夜は、百合の部屋に泊まって遅くまで百合の愛撫を受けた。

「復讐の病院」第3話 覗き見

第3話 覗き見
 
 数ヶ月が過ぎ、紀子は仕事にも慣れており、深夜勤務にも慣れてきた。
紀子と百合は、外科のナースステーションで待機しているが「ねえ、ちょっと散歩に行ってみない。面白いのが見れるから」百合が誘った。
「でも、職場を離れることはできないわ。規則違反よ」
「大丈夫よ。これを持っていれば…」百合は携帯用のポケットベルをかざした。

 それは、患者が看護婦を呼びたい時にスイッチを押せば、自動的にナースステーションから、転送されるようになっている。
「ちょっと、だけよ」紀子は百合の後を追うように、暗い廊下に出て、内科病棟に向かって歩く。
「ここからは、音を立てないで…」忍び足で2人は廊下を歩いていく。

 すると、ステーションから「あん、あん!」喘ぎ声が聞こえてくる。
「あん。もっとそこ!」女性の甘える声が聞こえた。
さらに、近づいていくと「ピッシ、ピッシ!」と肉のぶつかる音がしている。
紀子は、ナースステーションを覗いて驚いた。
全裸の看護婦が、ベッドの上で四つん這いになり、後ろから肉竿を挿入されていた。
「あん、あん!」喘ぎ声をあげる看護婦の淫裂からは淫汁が流れている。
 
 「気持ちいいか?」
「とっても、感じる。奥まで突いて…」男は下半身丸だしでピストンの動きを早めていく。
「でる、でる!」
「いいわ、中にしてもいいわ!」男は呻き声をあげて動きを停める。
「でた!」
「わかるわ。子宮が暖かい…」看護婦も膣の中に液体が噴射されたのがわかった。

 暫くして「ねえ、大丈夫かい?」
「安心日なの。でも、できたら結婚してよ」
「そうはいかないよ。遊びの約束だろう?」
「でも、あの約束は、本当に守ってくれるの?」
「大丈夫だよ。病院を持ったら、愛人にしてあげる約束だろう?」

 「約束は守ってね。裏切ったら、6年前のことをばらしちゃうからね」
「しっ。他人に聞かれたら、俺だけでなく、数人が刑務所行きだ!」
(6年前って、何があったのかしら?)紀子はじっと考えていたが、百合が肩を叩いて合図を送っている。
2人は、爪先で廊下を歩きナースステーションに戻った。
 
 「百合さん、あの人誰なの?」
「ふふふ。、気になるのね、人のエッチを見て興奮したんでしょう?」
「ち、違うわ!」顔を赤らめる紀子をからかうように「冗談よ。看護婦が飯山みどりさんで、男は内科の黒川哲治さんよ」
「毎晩してるの?」
「黒川さんが当番医の時は必ずよ」

 「それから、飯山さんが言ってた、6年前って何かしら?」
「しっ。大きな声じゃあ言えないことなのよ。この病院で6年前に、看護婦のミスで、女性が死亡事故があったの。それで、その看護婦が屋上から身投げをしたのよ。でも、看護婦さんは、その時に集団レイプを受けていたから、異常に気づかなかったという噂よ」
「じゃ、看護婦さんの責任じゃあないわよね?」
「分からないわ。噂だから…」紀子はそこで話を変えた。
 
 「百合さんに恋人いるの?」
「いないわよ。だから、今夜もいいでしょう?」百合は甘えるように紀子の乳房を揉んでいく。
「私、レズかしら?」
「その気があるのは、間違いないわね」紀子も百合の乳房を揉みながら言う。
2人は、唇を重ねて抱き合い、仮眠用のベッドに倒れ込んだ。
白衣のボタンを外し、露になった乳房を揉み続けた。

 そして、次の夜勤では紀子が「ねえ、見に行こうよ」自分から百合を誘っている。
「紀子、エッチが見たいのね。いいわよ」こうして、この夜も2人は覗き見をした。
「あん、あん!」乳房を揉まれながら肉竿が挿入されて、ピストンが激しくなっていく。
「い、いいわ。だして!」みどりは黒川にねだってる。
「そんなに、俺とのオ○ンコがいいのか?」
「哲治さんのチンポがいいの。お願い、愛人でもいいから捨てないで…」喘ぎながらみどりは叫び、紀子と百合は、それを見ながらオナニーを始めた。
この夜、幾度も哲治は射精し、それを見終えた2人は仮眠用のベッドで抱き合った。
 
 抱き合ってから、暫くして電話が鳴った。
「緊急よ、急いで!」百合は衣服の乱れを直してから、医局に連絡している。
紀子には、始めての緊急患者である。
遠から、サイレンの音が聞こえ、次第に近づいてくる。
「紀子、行くわよ!」百合と紀子は緊急用の出入り口に走った。

 すると、赤色灯を点滅させた救急車が横付けされ、素早く救急隊員はストレッチャーを降ろして「交通事故です。脳を打ってます。出血はありません!」と告げた。
「分かりました。CT室に運んで下さい!」隊員は慣れたもので、若い女性の患者を乗せたストレッチャーを押していく。

 CT室では技師が待っていた。
「脳です。頭を打ってます!」
「わかった!」技師は患者を寝台にのせて、患者を動かないようにベルトで固定し、頭部をセットする。
回転音と共に技師室では「ピコ、ピコ、ピコ」とX線が爆射され電子音がする。
廊下で待機している紀子と百合は心配顔をしている。

 「大丈夫です。少量の出血で止まってます。とりあえず、先生に診断してもらないと」と言いながら技師はドアを開けた。
「後はお任せ下さい!」紀子と百合は寝台から患者を丁寧に降ろして、ストレッチャーに乗せ変え、病室へと意識のない女性患者を運んでいく。
救急隊員も、後かたづけをしてから救急車と一緒に去った。
お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター