赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「性母マリア伝説」第4話 全裸の結婚式    

  「結婚式の前にシャワーを浴びた方がいいわね。汚れた体じゃあはずかしいよ」
「そうよね。私も浴びようかしら」マリアの言葉に明美も賛成した。
「僕も浴びるよ」「じゃあ、3人で浴びましょう」3人は浴室に入っていく。
3人は石鹸で体を洗っていくと「明美、あれをしてくれないか」竜一が意味ありげに言う。
「恥ずかしい。見られたら笑われるし!」
「大丈夫だよ。僕もするから」
「そこまで言うなら、あなたのためにする…」明美は石鹸を泡立てて自分の絨毛に塗っていく。
マリアは怪訝な顔で見ているが、明美は恥ずかしそうな顔でカミソリを持って絨毛を剃りだした。
「明美さん!」マリアが叫ぶが「竜一さんが望むならこれくらい平気です」カミソリを持った手
が動いていく。
それに連れて。明美の恥丘の黒みが減っていき、絨毛に隠されていた明美の淫裂が現れてきた。
まだセックスの経験のない淫裂はピンクをしている。
 
 (恥ずかしい、見ないで!)明美は震える手で自分の絨毛の全てを剃った。
「綺麗だわ。明美さん!」ピンクの淫裂から飛び出している2枚の肉襞を掴んでマリアが言う。
「恥ずかしい」顔を赤らめると「大丈夫よ。私も剃るから!」マリアも明美同様に絨毛を剃って
いく。
マリアの淫裂も明美と同じくピンク色の肉襞2枚がはみ出している。
「マリアさんも綺麗よ」明美は肉襞を掴んで言う。
「ありがとう。明美さん!」2人はお互いの淫裂をなであっていく。
「僕のも剃ってくれよ」「いいわよ」明美は大きき勃起した竜一の肉竿を掴んで絨毛に石鹸を塗
り、カミソリで剃っていく。
「あら、男のチンポってこんな色なの?」初めて見る肉竿に明美が食い入るように見ている。
「私、こわいわ。こんな太いのが私のアソコに入るなんて!」
「大丈夫よ、明美さん。私だって平気だったんだから」
「そうよね、女は皆がそうしてるもんね!」明美はマリアと話しながら竜一の絨毛を剃った。
3人の股間は子供のようにピンクの地肌になっている。
「それじゃ、戻りましょう」3人はタオルで体を拭くとミサ室に戻ってきた。
 
 そして、結婚式が始まった。
3人は緊張した顔つきで立ち、マリアと明美の乳房が小刻みに震え乳首が大きく勃起していた。
また、竜一の肉竿も大きく勃起しており「竜一さん、あなたは明美さんを妻として愛を誓います
か?」
「はい、誓います」竜一はマリアの持った聖書に手を掛けて宣言する。
そのあと明美も聖書に手を掛けて竜一との愛を誓った。
「それではマリア様の前で愛を誓って下さい」マリアの言葉に明美と竜一はキスをしながら抱
き合っていく。
「明美!」「竜一さん!」2人は名前を呼び合いながら床に腰を降ろして、竜一は明美の乳房を
揉みながら乳首を吸う。
「あ、あー!」喘ぎ声をあげる明美は両手を竜一の背中に伸ばす。
(羨ましいわ。私もして欲しい!)マリアは立って見ている。
竜一は明美の淫裂に肉竿を入れようとしたが「こわい!」明美は脅えている。
「大丈夫よ。こわくないわよ」マリアはしゃがんで明美に口付けをする。
「マリアさん」明美はマリアの垂れ下がった乳房を掴んで揉んでいく。
(いいわ、気持ちいい。マリア様、私をお許し下さい!)乳房を揉まれながら口付けしている。
 
 竜一は一気に腰を突きだして肉竿で明美の膣深くまで突いたが、明美の淫裂から処女喪失の印
が流れ出した。
「痛くない!」明美は喪失したにも関わらず痛みを感じなかった。
(明美さん、マリアさんの膣をなでてあげて…)
「何か言った?」明美はマリアに尋ねた。
「何も言わないわよ!」明美は不思議だった。
(もしかして?)竜一から聞いた話を思い出し、手を伸ばしてマリアの淫裂を撫でていく。
「明美さん!」マリアの淫裂から淫汁が流れている。
明美は指をマリアの膣の中に入れていく。
「い、いいわ。感じるわ!」
「私も気持ちいいわ。竜一さん、もっと突いて!」
「僕も気持ちいいんだ。不思議なくらいに燃えているんだ」ピストンが速まっていく。
明美は処女を失ったばかりだったが淫裂から淫汁が流れている。
マリアも明美の指で膣から淫汁を垂らしている。
 
 (竜一さん、明美さんは良い子よ。幸せになってね…)竜一には聞き覚えのある声だった。
(はい、必ず幸せにしてあげます!)心で誰かに誓った。
(安心したわ。私から結婚祝いに明美さんに予知能力を授けます。でも悪いことに使ったら不幸
になりますからね…)竜一には能力の使い方を体験していた。
マリアの淫裂で充分味わされたからだ。
(試して良いですか?)
(いいわよ…)竜一は心の中で思った。
(僕たちは不幸になる!)そのとたん、明美の淫裂が竜一の肉竿をちぎれるくらい締め付けた。
「い、痛い!」悲鳴をあげながらも(必ず幸せになれる!)すると一瞬に明美の淫裂が緩んで淫
汁がドンドン流れてくる。
(ありがとうございます。ところであなたは誰ですか?)
(それは言えません。ただあなた達の幸せを願うものです…)
(わかりました。これ以上詮索しません!)竜一はピストンを激しくしていく。
 
 「でそうだ。でる、でる!」竜一は頂点に登りつめていた。
そして、動きを止めて腰を明美に密着させると同時に明美の淫裂から白い精液が流れ出た。
「竜一さん、暖かい。これが精液なのね」膣の中に暖かい液体を感じている。
「シャワーを浴びてきたら?」
「その方が良い見たいね。あなた、マリアさんにもしてあげて。寂しそうよ」
「わかった、マリアさん、いくよ!」
「ええ、して、一杯して!」マリアは四つん這いになってお尻を差し出した。
竜一はタオルで汚れた肉竿を拭いてマリアの腰を両手で押さえながら淫裂に挿入していく。
「あん、あん!」髪の毛を振り乱しながら悶えていく。
(出してもいいのかな?)
(だめよ。中に出してはだめ。出していいのは明美さんだけよ。忘れないでね…)
(わかりました。絶対に明美以外の女性には射精はしません)竜一はピストンを早めていく。
(だめだ。このままだとでちゃう)竜一は一旦肉竿を抜いた。
それと同時に白い液をマリアの背中に噴射していく。
マリアも淫裂から淫汁を太股まで垂らしていた。
 

スポンサーサイト

「性母マリア伝説」第3話 再会  

 2人はシャワーを浴びていく。
「マリアさん!」竜一はマリアの乳房を揉んでいくと「だ、ダメよ。もうだめ!」マリアは拒む。
「でも、欲しい!」「だめ、ここでは絶対にだめ!」マリアは竜一の手を叩いた。
「わかりました。もうしません」すまなそうに言うとマリアは淫裂を丁寧に洗っていく。
マリアは「背中を洗ってあげるね」竜一の背中を石鹸で洗っていく。
「マリアさん、本当に処女を奪ってすみません…」
「いいのよ。気にしなくても」笑顔でマリアが答えた。

 2人はシャワーを浴びると再び衣服を脱いだミサ室に戻ってきた。
竜一は衣服を着込むと「僕はもう死ぬようなことしません。でも、マリアさんが妊娠していたら
僕の妻になって下さいね」念を押す。
「いいわよ。あなたの赤ちゃんができたらだけど!」笑いながらマリアが言う。
「僕、自信がでてきました」
「そうよ、そのいきよ。自信を持って!」コーヒーを入れながらマリアが言う。
2人は向かい合って話をしながらコーヒーを飲んでいく。
「それじゃ、また来ます。妊娠しているか確かめさせて下さい」
「ええ、またいらして。待ってるわ」竜一はコーヒーを飲み終えると修道院から出ていった。
元通りの静けさが戻ると「いい人だった。きっと幸せになれる人だわ」マリアはそう思った。
そして、家事をしていき、いつものように1人での生活が戻った。
 
 しかし、その夜はなかなか眠れなかった。
昼間の事が思い出され、なかなか眠れずにいる。
マリアの右手がいつしかパンティの中に入り、左手もブラジャーも持ち上げて乳房を掴んだ。
そして淫裂と乳房を弄くっている。
「お許し下さい。こんなマリアをお許し下さい…」マリアはブラジャーのホックを外し、パンテ
ィも脱いで全裸になってしまった。
そして、指で淫裂を撫でだし「い、いいわ…。気持ちいいわ…」淫汁が流れてくる。
また、もう片手が乳房を揉んでいき、淫裂の指はいつしか、膣の中に入っていく。
「あんー!」自分の指に喘ぎ声をあげ、乳首を摘んだりして快楽にひたっていく。
それは一晩続くられた。
 
 それから、半年後、竜一が再びマリアの修道院を訪れた。
しかし、1人ではなく「マリアさん、紹介するよ。舛田明美さんです」女性と一緒だ。
「初めまして、舛田明美です」
「神山マリアです。竜一さん、結婚なさったの?」
「ち、違います。まだ婚約中です」マリアの言葉に顔を赤らめる明美だった。
「そうですよ。まだ結婚もしてませんよ」
「そうなんだ。がっかりしたわ」マリはの顔が落胆した顔になっている。
「それより、マリアさんのお腹を見させて下さい。お願いします」
明美の言葉に驚くマリアだ。
「僕が全て話しました。マリアさんとセックスをしたことも…」
「そうなんだ。いいわよ」マリアは修道着を脱いで下着姿になった。
「ほら、あなたの子供はできてないわ。安心して明美さんと結婚なさったら」マリアの言葉に顔
を赤らめる明美だ。
「マリアさん。そこでお願いなんですが聞いてもらえますか」
「私ができることだったら!」
「実は、ここで結婚式を挙げたいのです」
思わぬ言葉に驚きを隠せないマリアだったが「いいけど、何もして上げれないわよ」
「ありがとうございます。それに、マリアさんに僕たちの愛の誓いを見て欲しいのです」
「明美さんはそれでいいの?」マリアが聞く。
「ええ、竜一さんが望むならかまいません。私からもお願いします。立ち合って下さい」顔を赤
らめ、俯く明美だった。
「わかったわ。喜んで立ち合う」下着姿のマリアが笑顔で答えた。
 
 「それじゃ、準備をしなくきゃ」マリアは修道着を着込んでいく。
「あのー、私も手伝います」
「僕も!」「悪いわね。じゃあ、手伝って!」マリアはミサ室に2人を連れていく。
「テーブルここに運んで、リビングにあるから」マリアは2人にいろいろと指示していく。
そしてどうにかミサ室も結婚式の準備もできあがった。
「あら、だいぶ綺麗になったわね。これなら大丈夫だわ」マリアは聖書と十字架を持ってきた。
「もう一つお願いがあるんですが聞いて下さい」
「いいわよ。何なの?」
「結婚式は隠さずにしたいのです」意味ありげに竜一が言う。
明美は真っ赤な顔で俯いて黙ったままで、マリアは意味が分からなかった。
「ここなら、隠し事はできないわよ」
「違うんです。つまり、裸で結婚式をあげたいのです。マリア様に僕たちの全てを見て欲しいの
です」
思わぬ言葉にうろたえるマリアだ。
(どうしよう。マリア様どうしらいいの?)マリアはマリア像に膝まつき十字を切った。
しばらくして立ち上がったマリアが「いいわ、ヌードの結婚式ね。私もヌードになるわ」
「ありがとうございます」竜一はマリアの手を掴んだが「あら、相手が違うでしょう。新婦は明
美さんでしょう」
「いけない、つい嬉しくて!」竜一は明美の手を掴んで嬉しそうな顔をしていた。
  

「性母マリア伝説」第2話 全裸のマリア  

 本当に死ぬつもりですね」マリアが聞き返す。
「ええ、生きていても仕方がないし。でも、一度で良いからセックスをしてみたかった…」竜一
は悔しそうに言う。
(どうしよう。一回だけでもセックスしてあげようかしら?)マリアは悩んだ。
そして決断し「どうです。私とセックスしてみませんか?」マリアが言う。
「いいんですか?」目を丸くして竜一が聞き返す。
「一度だけですよ。それに、ここでなく、マリア様の見ている前でですよ」
「はい、マリアさんとなら何の不足もありません」
「じゃ、いらして!」マリアは竜一をマリアの像があるミサ室に案内していく。
 
 ミサ室はガラス窓から明るい日差しがさしている。
(マリア様、こんな私をお許し下さい)マリアはマリア像に膝まつき、十字を切ってから修道着
を脱いでいく。
修道着を脱ぐと真っ白なスリップからパンテイとブラジャーが透けて見える。
(恥ずかしいから見ないでよ!)マリアは竜一に背中を向けて脱いでいく。
スリップを脱ぐとパンティから脱いだ。
足をあげると股間から真っ黒な絨毛が覗き、さらにブラジャーも脱いで全裸になった。
マリアは両手で乳房と淫裂を隠しながら振り向いた。
「マリアさん、綺麗だよ…」マリアの手では豊満な乳房を隠せなかった。
乳房の大半が露になり、股間の絨毛も手からはみ出している。
「恥ずかしいわ。そんなこと言わないで!」マリアは顔が真っ赤で目が充血している。
竜一も上半身の着ている衣服を脱いで全裸になり、隠す物は何もない。
(あんなに太くなっているわ。膣が裂けないかしら?)竜一の肉竿に不安になっているマリアだ。
 
 竜一はマリアを抱きしめて唇を重ね、乳房を揉んでいく。
(変な気分だわ。でも悪い気分じゃない)マリアは目を閉じている。
竜一の口が下がって乳首を吸いだすと「あ、あー!」思わず喘ぎ声をあげた。
「マリア様、お許し下さい!」マリアはお祈りをしていく。
竜一はマリアの豊満な乳房を味わうかのように揉むと(いいわ、気持ちいい。マリア様、お許し
ください…)快感がマリアを襲っていく。
竜一は口を下げて、淫裂の上部にある突起を舌でなめると「ヒ~!」と悲鳴をあげた。
「だめ、そこは汚いからダメ!」
「汚くないよ。マリアさんのなら」舌は大胆になって淫裂の中に入っていく。
「いや、そこはやめて!」マリアは竜一の頭を両手で押さえた。
そうしないと立っておれず(感じるわ。これがセックスなのかしら?)気持ちよくなっていくマ
リアだった。 
 
 「もういいでしょう?」
「いいわよ。でも痛かったらやめてね」マリアは腰を降ろして床に座って仰向けに寝る。
相手の竜一も腰を降ろしてマリアの上に覆いかぶさると、肉竿が腹部に当たっている。
竜一は自分で肉竿を掴んでマリアの淫裂に押しつけた。
(入ってくるのね、チンポが!)淫裂に暖かい物が入ってきた。
ゆっくり竜一は腰を突き上げたから「あ、あー!」マリアは思わず悲鳴をあげた。
肉竿は根本まで子宮深く入り(熱い、子宮が熱い!)膣の中が肉竿によって熱くなっている。
マリアの淫裂からは赤い液体が流れ、処女を喪失したのだが痛さを全然感じてない。
肉竿はゆっくりと、ピストンを始めていく。
(いいわ、気持ちいい…)修道女なのにマリアは「あん、あん!」と悶え声をあげていた。
竜一は肉竿のピストンのピッチを徐々にあげていく。
「マリアさん、気持ちいいの?」
「そうなの。初めてなのに…。マリア様、お許しを…」マリアの淫裂からは淫汁が溢れている。
 
 竜一はピストンしながら考え事をしている。
死のうか、生きようかまだ迷っていて(やっぱり死のう!)竜一がそう思ったとたんにマリアの
淫裂が肉竿を締め付ける。
(い、痛い…。死ぬなと言うのか!)すると一瞬に緩んでいく。
(俺に、生きろと言うのか?)ピストンを始めると前より淫汁が流れていく。
(まさか。そんな訳ないよな…。やはり死のう…)再び肉竿をちぎれるくらいマリアの淫裂が締
め付ける。
(わかったよ、もう死なないから放して下さい…)淫裂が一瞬に緩んでいく。
竜一は決心し(生きていきます。もう死ぬことはしません。マリア様!)ピストンを早めてい
くと再び淫汁が溢れて「あん、あん!」マリアは全身をエビのように反らせていく。
竜一はマリアの乳房を揉みながらピストンをしていく。
「い、いいわ。感じるわ…」2人は登りつめていく。
限界の竜一は「だめだ、でそうだ!」肉竿を抜こうとした。
(抜かなくていいのよ。安心して中にだしなさい…)
「え、何か言った?」ピストンしながらマリアに尋ねる。
「感じるって言った…」悶えながらマリアが答える。
 
 (空耳だったか!)竜一は爆発寸前の肉竿を抜こうとすると(中に出してもいいのよ…)再び
声がした。
(いいんですか、マリアさんが妊娠しますよ)竜一はそう思った。
(大丈夫よ。マリアさんは妊娠しませんよ…)再び聞こえる。
(まさか、マリアの像が…)竜一は(必ず、生きて行きます。もう二度と死ぬようなことは考え
ません!)そう思って肉竿から熱いエキスをマリアの膣内に噴射していく。
(そうよ。死ぬなんて考えちゃいけません…)また声がした。
「いいわ、暖かい…」淫裂からは白い液体が流れ出てくる。
「マリアさん、俺、精一杯生きていくよ。マリアさん僕の妻になってもらえませんか?」
「だ、だめです。私は神の僕ですから」
(そうです。マリアは私の僕ですよ…)また声がした。
「でも、大事な処女を僕が奪ったのですよ」
「そんなの気にしなくて良いわ。それより、シャワーを浴びましょう!」
マリア両手で股間を押さえながら立ち上がり、浴室に向かって歩いていく。
竜一もその後に続いた。

「性母マリア伝説」 第1話 自殺志願  

 

 北海道のある地方都市にぽつりと人里離れた場所に修道院が建っている。
その修道院は崖の上に立てられていて海を見下ろせ、たった1人の女性が切り盛りをしていた。
その女性は23才になったばかりの神山マリアである。
本来ならばもっと大きな修道院で修行をするはずだが、本人の強い希望で人里離れたこの修道院
で修行することになった。
マリアは、いつものように礼拝を終えて修道院の掃除を行い、洗濯物を干していた。
 
 「あら、人がいる!」マリアは修道院の先にある崖に立っている人影に気づいた。
その人影の動きには不自然さがあり「もしや、自殺では?」マリアは持っていた洗濯物を放り捨
ててその人影に向かって走った。
その人影もマリアに気が付いたのか「来るな!」大きな声で叫ぶ。
「だめ、自殺なんてしきゃだめ。訳を聞かせて!」マリアはゆっくり近寄る。
「あんたには関係ないよ。来るな!」あの人影は男性だった。
それでも、マリアはゆっくり近寄り男性の両手を握りしめた。
「だめ、死んじゃだめよ。訳を聞かせて」男性は泣きながら地面に崩れていく。
(人に言えないわけがあるのね…)
マリアは「ねえ。ここじゃなんだから、修道院に行きましょう」マリアは男の腕を掴んで修道院
に向かって歩き、男性も無言で歩いてく。
「ここは、私1人で運営しているのよ」誇らしげに歩きながらマリアが言う。
 
 修道院に入るとマリアは男をリビングに案内しソファーに座らせてコーヒーを入れていく。
「私は神山マリアというの」
「マリア…。まさか!」男性は修道女の言うことが信じられなかった。
「疑ってるのね。ほら、マリアよ」マリアは若いときに取った免許証を見せた。
「本当だ。疑ってゴメンなさい。僕は榊原竜一です」
「竜一さんですか…」
「ええ、竜一です」マリアは竜一の顔が少し明るくなったのに気が付いた。
「ところで、竜一さん、どうして死のうと考えたんです?」マリアは核心をついた。
そのとたんに竜一はまた泣き出した。
「言いたくないならいいわよ」
「いえ、聞いて下さい。僕は裏切られたんです。婚約者と友人に!」
「でも、何も死ぬことはないでしょう」マリアはやさしく言う。
「それはそうですが、悔しくて、悔しくて!」
「何が悔しいの?」
マリアの問いに竜一はポツリポツリと話していく。
 
 「僕は見たんです。婚約者と友人が素っ裸でセックスをしているのを!」竜一の言葉にマリア
の顔が赤らむ。
(いやだわ、セックスなんて!)それでもマリアは聞き返す。
「それで?」
「婚約者が抱かれながら言うんですよ。僕のチンポより友人のチンポが良いって。僕とセックス
をしたこともないのに!」
マリアに顔がさらに赤らんで(チンポなんて!)マリアは竜一の肉竿が自分の膣の中に入る様子
を想像していく。
(だめ、ふしだらな想像はだめ!)マリアは必死で想像を打ち消していく。
「それで死のうとしたの?」マリアは自分の空想を気づかれまいと聞き返す。
「そればかりじゃないんです。事業がうまくいかなくて借金が相当あるんです…」
「それで、婚約者が逃げようとしたわけね」
「その通りです」再び泣き出す竜一だ。
(困ったわ。どう説得しようかしら?)マリアは声が出せなかった。
「マリアさん、僕は生きていく勇気がもうありません。婚約者にも見捨てられましたから」
 
 「婚約者に見捨てられたからって何も死ぬことないわよ」
「それに僕のチンポが小さいと屈辱まで言われて生きていくのが辛いんです」
「チンポがなんですか。人間は心です!」マリアは何を言って良いのかわからなかった。
「死ぬ前に一回でも良いからセックスをしてみたかった!」竜一が呟くように言う。
(この人、童貞なのかしら?)マリアは「経験がないのですか?」恥ずかしそうに聞いた。
「ええ、生まれて一度もセックスの経験がありません…」
「男性って、風俗店で処理をなさるんじゃないですか?」顔が真っ赤になってマリアが言う。
「僕はそんなことしてません」きっぱりと言い放つ竜一だ。
一方のマリアは黙ったままだ。
「死ぬ前にぼくのチンポを見て下さい。そんなに小さいのでしょうか?」竜一はとんでもないこ
とをマリアに言った。
「わ、私そんなの見たことありませんから比較できません…」慌てて返事をする。
「それでもいいです。マリアさんの見たままでいいです」竜一はズボンを脱ぎだした。
(この人、本気だわ!)マリアは竜一の様子を黙って見ている。
次ぎ次と脱いで竜一の下半身を隠す物が何もなくなって小さく萎縮している肉竿が露になった。
 
 (ホントに小さなチンポだわ)マリアは恥ずかしそうに竜一の股間を見た。
「マリアさん、触って下さい」
「ちょっとだけですよ」マリアは右手で萎縮している肉竿を掴んだ。
(柔らかいんだ!)初めて触る肉竿にマリアの手が震えているが、竜一の肉竿はマリアが触れる
と膨張を始めた。
「きゃー!」大きく膨らむ肉竿に悲鳴をあげるマリアだ。
(お、大きいわ。こんなのが私の膣の中に入ったら裂ける!)マリアは右手を退けて、両手で顔
を覆った。
「私のチンポは小さいでしょうか?」竜一は尋ねる。
「大きいわ。それに太い!」顔を両手で覆って答えた。
「もっと、調べてから言って下さい」竜一はマリアの手を引いて勃起している肉竿を掴ませた。
(暖かい。それにカチカチに堅い!)マリアの肉竿を掴んだ手が震えている。
「どうです?」
「堅いわ。大きいし、太いのね!」初めて見る大人の勃起した肉竿に声をうわずらせて答えた。
「それを聞いて安心しました。これで安心して死ねます」
 

淫らな離島 第13話 美華の決心(最終回)  

 「美華、しっかりしろ。お前がやらないと姉さんがだめになるぞ、一生悔やむ事になるぞ」健次が美華に話しかけた。
「そうよ、お姉さんの人生が台無しになってしまう」気合いを入れた。
「そうだ、それでいい」健次の合図で音楽が流された。
「やるわ、健二さん!」美華は音楽に合わせて踊っていく。
「撮りたいな、この若いこのヌードを」
「父ちゃん、今回は我慢して。私が手伝うから」肉竿が妻に擦られている。
(いやらしいわ、私のフルヌードでオナニーしている!)美華にも見えた。
それでも美華は乳房を揺らせ足を上げていく。
(見られてしまうわ、性器の中を!)体を震わせながら足を上げると「オ○ンコだ、オ○ンコが見えるぞ!」島民は淫裂が見るたびに歓声を上げていった。
美華は踊るに連れて恥ずかしさが消えていき、それに汗を流してライトにキラキラ光っている。

 そして、10分後に音楽がやがて鳴りやんだ。
「ハア、ハア!」踊り終えた美華がステージで四つん這いになったまま休んでいる。
「美華、今度は僕と喪失だぞ」
「はい。健二さんと喪失ですね」立ち上がる美華の目の前に勃起した肉竿がある。
(痛いわ、きっと痛いはずよ。あんな太いのが膣に入るんだから)美華は立ち上がり足を開いていく。
「痛くないようにするから」健次の肉竿にはたっぷりゼリーが塗ってあった。
「行くよ」健次は肉竿を美華の淫裂に押し込んでいく。
「あ、あ、あー!」悲鳴に近い声をあげる美華に「いよいよだな、これでまた増えるぞ」島民達が期待して見ている。
健次は美華の腰を両手で押さえ一気に押し込んだ。
「ぎゃー!」悲鳴をあげた。それと同時に淫裂から鮮血が流れ出た。
(もう、バージンじゃないわ、喪失してしまった)自然に涙が流れていく。
「いくからな」肉竿が動きだすと「だめ、動かさないで。動かさないで!」美華はやっと立っていた。
しかし健次の動きが速まっていく。
(オチンチンが膣を突き刺していく!)口を開け「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげ続けていた。
「美華、今度はだっこだ!」肉竿を一旦抜いて美華に正面を向かせ、再び挿入していく。
(駅弁だわ、雑誌で読んだことがある!})美華は淫裂に肉竿を迎えたまま抱き上げられた。
「きついです、オチンチンが、オチンチンが刺さるー!」美華の悲鳴に興奮が広がった。
「出すよ、美華!」健次もたまらず噴射してしまった。
「お腹の中が、お腹の中が!」美華の淫裂からは健次の精液が流れ出て行く。
こうして、美華の喪失が終わった。
「もう、バージンじゃないんだ…」泣きながら美華は旅館の風呂で淫裂を洗いっていく。
「でも、これからどうすればいいの、姉さんを残して置いたら不安だし」自分の事を忘れて姉を心配している。
 
 そんな美華の弱みを突くかのように村長と健次が訪れた。
「美華さん。村長が話しあるそうだよ」
「始めまして田中美華です」丁寧に挨拶する美華に「早速だが、あそこで工事してるけど、あれは保育所なんだ。だが、保母がこの島にはいないんだよ」残念そうにいう村長だ。
(保母がいない?だったらここで保母をすれば姉さんを見張れる。でも、またヌードにされるけど…)思案する美華だ。
「どうじゃろう、ここで保母をやってもらえんかね。ついでに健次の嫁にもならないか?」
「保母はいいですが、嫁は少し考えさせて下さい」
「でも昨日やったろう、誓いのオ○ンコを!」村長の言葉に真っ赤な顔になる美華だ。
「セックスはしましたが、結婚の決心は今すぐには無理です、時間を下さい」
「当然だな。保母は必ずやってくれよ。宿舎は用意して置くから」村長は勝手に書類に記入していく。
(仕方ないわ、ここでの保母も…)美華は遂に決心した。
 
 村長は美華の気持を知って機嫌よく帰った。
残された健次は「美華さん、欲しいよ。やりたいんだ」抱きつく。
「だめ。許して、あれだけにして欲しいの」
「だめだ、もっとやらせてくれないなら訴えるぞ」
「わかったわ、していいわよ」美華はズボンを脱いで仰向けに寝た。
「美華、僕の美華!」健次は震える手で美華の真っ白なパンティを下げていく。
「綺麗だ、美華さん!」パンティを脱がせ終わるとシャツも脱がせた。
「今日は付けてないの、笑わないでね」いきなり、乳房が露わになった。
目を閉じる美華に健次が抱きつくと「あ、あ、あー!」乳首に吸い付き、美華は思わず喘ぎ声をあげた。
(気持いいわ、乳首を吸われるとこんなに気持いいんだ)女性の本能で喘ぎ声をあげた。
そして肉竿が美華の胎内を突き刺していく。
「い、痛いわ、痛いの!」無理に入り込む肉竿に顔を歪めているが健次は容赦なく美華の胎内を突き捲った。
「ひー!」裂ける激痛に耐えて胎内に再び健次の精液を受け止めた。
そして、数日後に美華が島から本土に向かった。
 
 それと同時に再び麗華と舞子への辱めが始まった。
「麗華、今日からは素っ裸だ。舞子は今夜から踊りだ」2人はイヤイヤし違うしかない。
麗華は宿舎で着ている服を脱いで、生まれたままの姿になって島を歩かせられた。
「お、いよいよ始まったな」「今夜はから再開だってよ、踊りが」
「早速みないとな」島民達は乳房を揺らせ、絨毛の生えてない淫裂を晒す麗華を眺めながら話し合っていた。
「先生、お髭剃ったの、私と同じね」教え子が麗華に駆け寄った。
「そうなの。お髭を剃ったのよ」恥ずかしそうに説明していく。
(恥ずかしいわ、教え子にヘアのない性器を見せるなんて)恥ずかしそうに、くまなく島を歩いて全裸姿を晒していった。
そんな麗華に孝史から声が掛かった。
「麗華、やらせろ!」
「ここは道路です、見られますから部屋でして、お願いですから部屋で!」叫ぶが孝史が背後から肉竿で突き刺していく。
「孝史、しっかりやれよ。一杯出して決めろ!」島民が集まり取り囲んでいる。
「み、見ないで、こんなの見ないで!」叫ぶが容赦なく孝史に辱められていく。
(熱いわ、子宮が熱い!)麗華の淫裂に精液が送り込まれてしまった。
 
 一方、舞子は体育館で全裸になって踊りの指導を受けていた。
「今夜から公開オナニーもしような」
「いや、オナニーはいやです!」拒むが無理だった。
「写真がどうなってもいいのか。素っ裸の踊りの写真とビデオが」
「や、やります、オナニーを!」泣きながら承知するしかない。
「練習だ、オナニーをして見ろ」舞子は健次達の前で淫裂を指で撫でていく。
「気持いいか?」
「よくないわよ、こんなの!」泣きながら指を動かしていく。
「よくないか、だったら本物でやってやるぞ!」
「いや、いやです!」叫ぶが、舞子はあっけなく押さえられると、四つん這いにされ健次達に次々と肉竿で突かれていく。
「いや、ゆるしてー!」叫ぶが容赦なく精液を送り込まれた。
そして、夏休みが終わり、新学期が始まった。
それと同時に島で作っている保育所もほぼ完成していた。
そればかりでない。住宅もできあがり陽子とルミ達も越して生活している。
2人は隣同士の家で「あなた、浮気してくるけどいいかしら?」
「また病気か、もうお腹が大きいんだ。やめとけ」
「でも疼くの、オッパイが。だったらあなたがして、オッパイに。」ルミは乳房を忠夫に晒した。
「真っ黒だ、これが乳首かよ」
「仕方ないわよ、あなたの赤ちゃんがお腹にいるから」忠夫はルミの黒い乳首を吸って欲求を満たしていた。
 
 新学期が始まってから3週間ほど立った時に麗華に手紙が届いた。
「美華が越してくる!」真っ青な顔になる麗華だ。
「相談しないと」麗華は慌てて孝史を伴い村長の家を尋ねた。
「そうか、保母として来てくれるか」笑顔の村長だが「私はどうすればいいの、裸を妹に見せて過ごすの?」麗華は泣き出してしまった。
「裸がいやか?」
「当然です、妹だけには見られたくないです」
「そうか裸がいやか。だったら裸を許してやるぞ、孝史の嫁になるなら」
「そんな!」唖然とする麗華だ。
「妹に裸を見せるのと、孝史の嫁とどっちを選ぶ?」ニヤニヤしながら言う村長に「お嫁さんを選びます、孝史さんのお嫁になります…」答えた。
「そうか、そうか!」遂に麗華が落ちた。
この事は瞬時にして島民に伝わった。
「後は舞子先生だけか。でも村長の後妻だからな」
麗華は当然と受け止めたが舞子だけは承知しないだろうと考えていたのが大半だった。
 
 保育所が完成したとほぼ同時に美華が御嵩島に越してきた。
「美華。これからは一緒ね」
「ええ、いっしょよ、姉さん」だが2人は一緒とは行かず、少し離れた場所だった。
独身なので陽子達と違い一戸建では無かった。
「これでもいいわ」美華が準備でに忙しいなか「美華さん、お話が」健次が美華を尋ねた。
「これを見て下さい」それは麗華と舞子が抱き合うビデオで、美華が本土に戻った翌日に無理にやらされたビデオだ。
淫裂を指で撫で合い、喘ぎ声をあげていた。
「お、お姉さん、こんな事までして!」
「これは秘密にしておきます。ですから僕の嫁になって下さい」
「か、考えさせて!」叫ぶ美華は健次に押し倒されて全裸にされてしまった。
(どうしよう、もう本土には戻れないかもしれない)健次の肉竿が淫裂を突き刺していく。
「だめ、だめです!」目を閉じた美華は乳房を掴まれながら健次の精液を噴射されてしまった。
「でききゃうわ、間違いなく!」
「いいよ、出来たら産むんだ。僕の子をね」
「ほんとにいいの、産んでも」
「ああ、美華は僕の妻だからね」
「健次さん!」全裸になった美華は健次の背中を抱きしめた。
健次は美華の体の中に幾度も放出を行い、淫裂からは筋となって白い液体が流れでた。
 
そして、保育所が開設すると、子供達が通ってきた。
「村長、私1人では無理です。あと2人いないと」保育所には30人もの子が通ってきた。
「そうだな、和子と典子にも手伝って貰うか」村長は和子と典子に美華を手伝うよう頼んだ。
「私でよかったらお手伝いします」2人が承知して翌日から3人で子供の世話を見ていた。
また、美華と健次、麗華と孝史の結婚式も行われ、本土から両親を招いて、合同の結婚式が行われた。
それを見て「羨ましいわ、私は後妻よ。それを我慢するしかないなんて…」舞子も渋々村長の後妻を承知した。
島が活気に満ちてくると島から出ていった若者達も戻ってきた。
「仕事を作らないと!」村長は島に農場、ダム、海産物加工工場などを次々と作り、人口が爆発的に増えていく。
当然、住宅も次々と建てられていく。
 
 こうして数年がたった。
「あなた、保育所に行って来ます」麗華は子供を連れて美華が働く保育所に向かう。
「美華、教えてね、資格を取りたいの」
「いいわよ。しっかり仕込むから」
「姉をこき使う気ね」笑顔で2人は会話している。
「大きくなったね、美華の子も。」
「ええ、もうすぐ3才よ」会話していると「おはよう、よろしくね」舞子も子供を連れて保育所を訪れた。
舞子と麗華は教員を辞めて保育所で資格を取るために働いていた。
子供が増えると、当然に小学校も生徒数が増えている。
校舎も増築されて複式から単式に代わり教員も校長を含めて7人になっている。
校長と言っても29才で皆が若い女性だ。
「今夜、ステージで踊りがあるんだって。踊るのは新任の2人だってよ」
「私、見に行くわ。健次さんと一緒に今夜は燃える約束してるし」
「あら、2人目を作る気なの。だったら負けないわ、私も孝史さんとするから」
「私は無理よ、35になったし子供はもういいわ。2人で充分よ」
「だったら、預かってくれないかしら?」
「いいわよ、美華さんの子も預かるから寄って」
「すみませんね」
「その代わり、女性だけのパーティにはしっかり踊りを見せてね」
「はい。ヘアを剃って全てを見せますから」顔を赤らめる2人だ。
 
 その夜、麗華と美華夫婦は特設ステージの会場にいた。
「混んでいるわね」
「大盛況だな、何ていったって初のヘアヌードだからな」話している内に歓声が上がった。
生まれたままの姿の女性2人ステージに上がったが、恥ずかしさで体が震えている。
うっすら涙を流しながらしっかり両手で股間を押さえている。
音楽がなると2人は合わせて踊りだした。
「剃っていたんだ。2人ともヘアを!」
「ほんとね、あなたも興奮しているわよ」孝史と健次は股間が膨らんでいた。
股間を膨らませているのは2人だけでは無い。
忠夫や武達男性の皆が股間を膨らませて妻に撫でられていた。
「今夜、いっぱいだそうな」夫に妻達は乳房を揉まれている。
 
 音楽もテンポが速くなった。教師の2人は足を上げて円を描いていく。
「オ○ンコだ、オ○ンコだ!」大歓声があがっていく。
「綺麗ね、2人の性器は」
「ほんとね、私もあんな風に踊っていたんだ」自分が全裸で踊る姿を思い出していた。
音楽が鳴りやむと「ひー!」「いやー!」恒例の夫候補による辱めが始まった。
「バージンでないんだ!」
「ほんとだわ、今の子は貞操感が無いのね」出血しない淫裂を眺めている。
夫候補達が射精をするとショーも終わりとなりステージから教師が降りて帰っていく。
「帰りましょう、あなた」島民達は一斉に自宅に戻っていく。
「あなた、剃って欲しいの、私の剃った性器を見せて踊りたいの、あなたの前で」
妻達は興奮が収まらず衣服脱いで全裸になっていく。
「いいんだね、剃るよ」夫も興奮してカミソリを動かし、妻の絨毛を消し去った。
当然、美華と麗華も剃られていた。
「あ、あなた。見て欲しいの」小さな家の中で妻達が乳房を揺らせ股間を晒しながら夫の前で踊っている。
「綺麗だ、綺麗だよ」妻の全裸で踊る姿に興奮して服を脱いでいく。
時を見計らって「あなた、頂戴、欲しいのよ!」妻は夫に抱きついた。
麗華と美華など本土から住み着いた妻が皆悶えていた。
 
 また、住み着いた女性達は定期的に文化会館で秘密の集会を行っており、夫も承知している。
「今日は美華さんの番ね」
「そうよ、私の番よ」美華が中央に進み出ると音楽が流された。
美華は音楽に合わせ踊りながら服を脱いでいく。
「あら、いいわね、そのスリップが!」美華はスケスケのスリップで乳房と股間が丸見えになっている。
さらに、焦らしながら肩紐を外して全裸になり、淫裂も惜しげもなく晒して踊っていった。
踊りは10分ほどで済んだ。
「よかったわ、今日は遊びましょう」陽子は真っ先に美華の乳房を掴み撫でていく。
「陽子さん、私も踊るから見てよ」舞子も美華と同じく音楽に合わせて踊っていく。
そして服を脱ぎ全裸になって踊っている。
「いいのよね、素っ裸で踊るスリルが」
「ええ、私もよ。一回でいいから祭の飛び入れで踊りたいけど夫が許さないのよ」
「麗香さんのとこもなの?忠夫さんもなのよ。人の妻の裸は見たがるくせに私のヌードは絶対に許さないのよ」
「羨ましいわ。私なんか見放されて毎回出場してもいいって言うのよ」
「いいわね、和子さんの所は」
「でも、踊ったら凄いのよ、燃えて何回も求められて困るの。もう、4人も産まされたわ」恥ずかしそうに和子が言った。
この本土から住み着いた女性達の会員は徐々増え、それに島の人口も倍増している。
「これでよかった、これで!」
「そうですよ、村長。卑劣な手段ですが確実に人口が増えましたから」
村長と役員達は笑顔で話し合っていた。
                                  ー完ー

「淫らな離島」 第12話 妹の訪問と罠  

 そして、翌日からは何事も無かったように振る舞っている麗華と舞子だ。
島民達も麗華の妹が訪れるのを知っていたので不思議には思わなかった。
麗華は昼近くに港に出て船を待つと「ボー!」汽笛が船の到着を知らせる。
「来たわ、気付かれないようにしないと」今までしたことを妹に知られるわけには行かなかい。
孝史からの辱めを美華に知られてはプライドが許さなかった。
やがて、船が接岸して乗客が降りてきた。
「姉さん!」美華がタラップから降りてきた。
(あれが妹の美華か!)島民達は2人を見つめ合った。
「久しぶりね、元気?」
「ええ、元気よ。お姉さんも元気のようね」2人は話しながら島の旅館に向かっていく。
美華は一旦、荷物を置いてから麗華の案内で島の中を歩き回っていく。
 
 夕方、美華が旅館でくつろいでいると「実は見て貰いたいのがありまして」武と健次がビデオテープと写真を持って現れた。
美華は写真を見ると声をあげ「まさか…。そんな、まさか…!」体を震わせている。
それは生まれたままの姿でマラソンをした時の写真だった。
(効いたぞ。これならうまく行くぞ)「これも見て下さい」ビデオを再生していく。
「フルヌードで踊っている!」声をあげてしまった美華だ。
「明日の5時に迎えに来ますから確かめて欲しいのです」
「わかりました。5時ですね」武と健次は旅館から出て行くが「どうして姉さんが。信じられない」その夜、美華はなかなか眠れなかった。
 

 朝になった。
信じられないと言った顔で美華が衣服を着込んでいく。
「約束の5時だわ」美華は旅館から出ると「待ってました。こちらへ!」武と健次が美華を案内していく。
「隠れて下さいよ」物陰に隠れた。
(姉さんだ、しかもフルヌードでなんて!)乳房と股間の淫裂を晒す麗華に信じられないと言った顔だ。
そんな事とは知らない麗華は乳房を揺らせながら歩いていく。
勿論、美佳達も後を追っっている。
麗華は神社にお参りしていく。
(ヘアを剃っているわ、どうしてなの?)股間の淫裂が歩く度に形を変えていた。
神社の神殿の前まで来ると「オ○ンコしたいです。オ○ンコできる相手をお恵み下さい。このオ○ンコを満足させるオチンチンを持った人を」麗華は指で淫裂を広げていく。
(姉さん、そんな事しないで!)武と健次は淫裂を広げた姿を隠れて撮っていく。
神社でお参りすると麗華は小学校に向かって歩いていく。
(小学校で何をする気なの、姉さん!)気付かれないように後を追うと小学校に入り石膏でできた全裸の男性像の前でオナニーを始めた。
「オチンチンが欲しい。このオチンチンが!」男性の股間を撫でながら指で淫裂を撫でている。
(狂っている、姉さんが狂っている!)美華はうっすら涙を流しながら姉の行為を見つめていた。
「気持いいわ。指でなくオチンチンで行きたい!」叫びながら指の動きを早めていく。
そんな様子を武と健次がしっかりとビデオで撮っていた。
 
 「麗香さん、またなのかい?」そこに孝史が現れた。
「ええ、見て欲しいの、踊りを見て欲しいの」
「わかったよ、見るだけだよ」2人は教室に置かれたラジカセを持って体育館に向かっていく。
その後をこっそり追うと体育館から音楽が聞こえてきた。
「ビデオの通りだわ」覗き込むと、乳房を揺らせ、足をわざと上げて淫裂を孝史に見せる麗華に愕然とする美華だ。
「いつもこうなんで、困っているんですよ。」カメラで撮りながら小さな声で言う。
「そうなんですか…」力無く答える美華だ。
音楽は10分ほどで鳴りやんだ。「孝史さん、見たお礼にオ○ンコしてあげる」
「だめだよ。いけないよ。セックスはいけないよ」
「だったらオッパイを揉んで。フェラして上げるから」
「フェラだけですよ。セックスなしですからね」孝史は麗華の乳房を揉んでいく。
「気持いいわ、男に揉まれると凄くいいの。」チャックを下げて肉竿を口にくわえた。
事実は麗華が孝史の言い付けに従っただけで、本心からでは無く、美華は麗華が自らしていたと信じてしまった。
 
 「もういいでしょう、行きましょう」美華は武達と一緒に旅館に戻った。
「あんな事までしていたのね…」
「はい、ですから困っているんですよ。訴えたら先生がいなくなってしまうし」
「訴えるのだけはやめて下さい。何とかしますから」
「でも、これが先生じゃあね。裸を見せてくれるのは嬉しいんですが」
「どうしたら姉を訴えませんか?」
「美華さんが代わりにやればいいですよ。教師じゃないから」
「私がヌードにですか?」顔を赤らめる美華だ。
「はい、美華さんが代わりに裸になれば島民は許してくれますよ」
「それに、妹さんの素っ裸を見ればやめると思いますよ」
「でも、フルヌードなんて…」
「無理もありませんね。今日の夕方まで考えて下さい。ヌードを承知するならパンティを窓に下げて下さい」
「もし、パンティを下げなかったら?」
「申しわけありませんがお姉さんのヌード写真を雑誌社や都庁に差し出すます。お姉さんはまともな人生を送れませんが」
「やめて下さい、それだけはやめて」
「でしたら、夕方までにお願いします。島民の前での素っ裸を期待してますから」武と健次は旅館から出ていき美華が残された。
 
 「これは脅迫だわ、手の込んだ脅迫よ。拒めば姉さんの人生が終わってしまうし。でもフルヌードは恥ずかしいし」悩む美華は元気が無かった。
その日、麗華の案内で島の名所を回っていったがとても楽しめる雰囲気では無かった。
美華は昼近くに一旦旅館に戻り「パンティは新しいのがいいわ」まだ買ったばかりの白いパンティを部屋の窓に吊した。
「もう、フルヌードになるしかないわ」島民に全裸を晒すのを決意した。
「見ろよ、先生の妹も素っ裸になるぞ」
「そのようだな。」島民達は窓の白いパンティを見ながら話し合っていた。
美華がヌードになるのを決心したのはすぐに武と健次の耳に入った。
「健次、踊りはお前が指導だぞ」「わかってますよ。喪失の手続きは職員の武さんが得意ですからお任せします」
「仕方ないな。俺もあの子とオ○ンコしたかったのに」
「陽子さんと交換しましょうか、ただし、陽子さんがオ○ンコできる体になってからですが」
「冗談言うなよ。陽子に張り飛ばされるよ、陽子は俺以外とは絶対にやらせないんだ、いくら言ってもな」
2人は美華の旅館に向かった。
「あら、武さんに健二さん、何か御用で?」
「ええ、踊りの指導に伺いました」
「踊るんですか?」顔を曇らせる美華だ。
「ええ、ここでは何ですから」美華は健次と武の案内で文化会館に入った。
「ここなら、平気ですから」ドアが開けられ中にはいると格好の部屋がある。
窓はなく出入り口はここしかなく、それに撮影用の器材があった。
(これで撮る気ね、私のヌードを!)怯える美華だ。
「早速ですが素っ裸になって下さい。ここで練習ですから」
「ここでは許して。必ずフルヌードになるから」焦る美華に「ここで裸に慣れないと踊れませんよ。いきなり大勢の前では素っ裸は無理ですから」確かに武の言う通りだ。
「わかりました。ヌードになりますから撮らないと約束して下さい」
「いえ、それは無理です。自分から裸になったと証明しないと。あとで訴えられたら困るし」
「訴えません、ですから撮らないと誓って下さい」泣きそうな顔の美華だ。
 
 「困ったな。撮らないなら、セックスをしましょうか、島民の前で」
「人前でバージンを喪失するなんていやです」遂に泣き出した。
「お姉さんはやりましたよ。喜んで喪失したんですよ、相手は、朝の男ですが」
「私にはできません。フルヌードが精一杯です…」
「わかりました。それは撮りますよ、覚悟して脱いで下さい」
「わかりました。バージンを喪失します。ですが、決して撮らないと約束して欲しいの」
「約束します。ですからこれにサインして下さい」麗華がサインした喪失届けに美華も記入していく。
「これで脅迫じゃないのが証明できますね。」武は書類をしまい込んでいく。
「早速、脱いで下さい、練習と行きましょう」健次は美華に裸になるように催促した。
(脱ぐしかないわ、ヌードにならないと)覚悟を決めた美華はTシャツを脱いだ。
淡いピンクのブラジャーがまぶしい。
「お姉さんと同じく大きいオッパイですね」
「普通です」顔を赤らめ背中のホックを外して両手を下げると乳房がカップから飛び出し露になっている。
(恥ずかしい、オッパイを見られるなんて!)ブラジャーを脱いでいく手が震えていた。
それに乳首も大きく勃起している。
「急いで下さい、時間が無いんですから」
「わかってます」美華はGパンとパンティを一緒に脱いで、真っ黒に覆われた股間が露になった。
「美華さんはお姉さんよりヘアが少ないんですね」股間を見た武が言うと「言わないで下さい、
これでも普通ですから」股間を見られ泣き声になっている。
(見られた、少ないヘアを!)震えが大きくなっていた。
 
 武が言ったように美華のヘアは少ない。
手入れをしたわけでは無いのにやっと淫裂を隠す程度で、それを見られるのはイヤだが遂に全裸になってしまった。
パンティの入ったGパンを脱ぐと両手で乳房と股間を隠している。
(は、恥ずかしい、ヌードを見られるのがこんなに恥ずかしいなんて!)目が真っ赤に充血していた。
「脱ぎましたね、こうして下さい」健次は体を動かして美華に振り付けを指導していく。
「こうですね!」乳房と股間を押さえた手を退けて踊っていく。
(見られている、性器とオッパイが!)太股がガクガク震えている。
「もっと元気よく!」そんな美華に健次が注文を付ける。
「だめ、やり直し!」美華は乳房を大きく揺らせながら踊っていった。
「だいぶ覚えましたね、今度は音合わせです」音楽が流された。
「これに合わせて!」美華は教わった踊りを音楽に合わせ手からだを動かしていく。
(ここで足を上げるのね)右足を上げて円を描いていく。
(見られたわ、性器の奥が!)顔どころか全身が赤く染まっていた。
(綺麗だな、やはりバージンのオ○ンコは綺麗だな)
(このオ○ンコを戴けるなんて信じられないな)武と健次は股間を膨らませながら美華の踊りを見ていた。
「もう1回。時間がないからしっかりやって。恥ずかしがったらだめだ、堂々としないと!」
「わかってます。でも性器を見られるのは恥ずかしいんです」
「仕方ないな、なれて下さい、性器を見ますから」健次は事もあろうか、美華の淫裂を指で広げていく。
「やめて、そんなことやめて!」慌てる美華に「練習です、慣れて下さい、見られるのに」健次に言われて立ったまま健次のされるがままだ。
(指が膣のヒラヒラを撫でている!)顔を背けているが太股がヒクヒクと痙攣している。
「いいですか、これくらいで恥ずかしがらないで」
淫裂を指で撫でられた美華は「はい、やってみます。」美華の答えで練習が再開された。
今度は恥ずかしがらず堂々と淫裂の中まで惜しげもなく健次と武に晒している。
「いいよ、それでいい!」健次が踊り終えた美華を抱いて乳房を掴んでいく。
「僕と喪失だ、練習しよう」
「そ、そんな!」健次はズボンを脱いで下半身を露にしている。
「これが私の膣に入るのね」大きく膨らむ肉竿に不安を抱く美華だ。
「大丈夫ですよ、魔法の薬を付けておきますから」怯える美華に武が言う。
「とにかく、こうやりますよ!」背後に回った健次は両手で乳房を掴み肉竿を淫裂に押し当てた。
「今はいや、後で、ね。後でしましょう」
「わかってますよ、ここではまねごとですから」肉竿の先端が淫裂から抜かれた。
「いいですね、オッパイも揉みますから」両手で乳房が揉まれていく。
(イヤだけど、姉さんの為にも喪失するしかないし)堪える美華だった。
 
 そして、いよいよ美華が全裸で踊る時間が迫った。
「ここからヌードね、写真の心配は無いと言っていたし」旅館でパンティ、ブラジャーも脱いで全裸になっていく美華だ。
「このままで行くなんて!」部屋から出て廊下を歩いていく。
美華は爪先で歩き玄関まで来た。
「鍵の心配は無いのね、泥棒もいないし」そっとドアを開けて素足のまま外に出た。
「先生の妹さんだ。素っ裸で踊るんだってね」島民は美華の現れるのを待っていた。
(み、見ないで下さい!)全身を震わせながら歩いていく。
「いいね、揺れるオッパイが」「オ○ンコもいいよ、毛が少なくて見えそうだし」美華の乳房と淫裂を島民が見ながら雑談している。
(恥ずかしい。こんなに恥ずかしいなんて!)乳首を大きく膨らませて俯いて歩いていくと「あそこね」明かりが煌々と灯されているステージが見えた。
「人がいっぱいいる!」膝がガクガク震えていくが「妹だ。素っ裸の妹だ」島民は生まれたままの姿で歩いてくる美華に歓声を上げている。
「美華だ、健次、エスコートしてやれ」
「わかってるよ」健次はセックス相手の美華をエスコートしていく。
「恥ずかしくてできない、健二さん!」全身が震えている。
「美華さん、お姉さんがどうなってもいいんだね、写真は撮らないから喪失しないと」
「わかってるわ、お姉さんの為よね」自分に言い聞かせるようにして健次と一緒にステージにあがった。
「こんな大勢にフルヌードとセックスを見られるなんて!」怯える美華だった。
(できないわ。こんな大勢に性器やセックスを晒すなんてできない!)真っ青な顔で全身がブルブル震えだした。

「淫らな離島」 第11話 特設ステージ  

2人が乗った御輿は島を回っていくが、両手両足を固定された2人はどうすることもできない。
「もう、どうなってもいい…」涙を流しながら体を揺らせている2人だ。
御輿は島を1時間ほど掛けて一回りしてから神社に戻ってきた。
「終わりましたね。これで今年も安全に過ごせそうですね」
「そうですよ。感謝の神事をしないと」島民の言葉に(また恥ずかしい思いをさせる気なの?)
不安顔の麗華だが「痛いから優しくよ、乱暴にしないで、お願いだから」何をされるかわかる舞
子が叫んだ。
「大丈夫です、乱暴はしませんよ」氏子代表が舞子の乳房を掴み揉んでいく。
「だめ、乳首は触らないで。お願いですから」そんなことなどお構いなしに乳首が摘まれた。
「あ、あー!」天を見上げて叫ぶ舞子だ。
「こちらにも安全の感謝をしないと」舞子の乳房を揉み終えた氏子は今度は麗華の乳房を揉んで
いく。
「いや、オッパイは触らないで下さい」
「そうは行きませんよ。無事に御輿が戻れたから感謝をしないと」乳首も指で摘まれ転がされて
いく。
「だ、だめ。そんなことしきゃだめよ」麗華も声をあげた。
 
 「どれ、今度は私だ」氏子代表が済むと島民が舞子と麗華の乳房を掴み捲っていく。
「いや、乳首はいやー!」乳首を摘まれ痛みで叫ぶ麗華と舞子だ。
「やめて下さい、ホントに痛いんです」涙が流れているが容赦なく男達は2人の乳房と乳首を掴
んで「ひー!」淫裂を晒したままから体をくねらせている。
「俺が最後だから我慢して」麗華の乳房が揉まれ「ひー!」悲鳴をあげ、乳首が摘まれた。
「終わったよ、これでみこしは終わったからステージだ」
「もう許して下さい、村長さん。許して下さい」泣きながら叫ぶ舞子に「恥ずかしかったか、オ
○ンコを丸だしするのは」
「はい、ヘアを剃られた性器をも恥ずかしいです。」泣きながら言うと「俺の後妻になるか?」
「いやです。それは絶対にいやです!」
「だったら我慢しろ」その言葉に舞子は泣いたままだ。
「麗華はどうだ。もっと裸を晒したいか?」
「いやです。でも孝史さんのお嫁には絶対になりませんから」泣きながら言う。
「村長、もう少し懲らしめないとだめですな。それより保育園を作らないといけませんよ」
「厚生省と東京都からは予算を取ってある。もうすぐ着工だ。健次、お前も働いてみろ、本土で
はオペレータやってたんだろう?」
「しょうがねえな、俺には嫁さんがいないけど働くしかないか。村長、俺も嫁さんが欲しいよ、
毎晩オ○ンコ毎晩やりたいし」
「我慢しろ。すぐにいい子が本土から来るから」村長の言葉に渋々承知する健次だ。
「それでは皆さん行きましょう。」麗華と舞子を縛った紐が解かれやっと自由の身となった。
 
 一行は神社から歩いて大通りにでた。
「先生、写真を先に見ましょうよ。傑作もあるかも」
「いやよ、ヌードなんか見たくない」麗華と舞子は自分の恥ずかしい姿を見見るのはイヤだった。
(自分のヌード写真を見てどうするのよ)顔が曇っている。
それでも全裸の2人は写真が並ぶ文化会館に連れ込まれた。
「この写真がいいよ」村長は麗華が乳房を揺らせ走る写真が気に入ったようだ。
股間の絨毛がなびいている。
「これもいいですよ」麗華が孝史にだっこされ、淫裂から精液を流している写真だ。
「見ないで下さい。こんなのは!」声をあげて泣き出した。
「まあ、まあ。夏祭りが済めば消却しますから。データも一緒にね」
「そうです、安心してください。嫁になったら島民と同じ扱いをしますから」
「と、おっしゃると嫁にならないと言ったらこの写真はずっと残されるのですか?」
「はい。島からでて行った段階でポルノ雑誌に売り込まれますが、まだ1人も島からでていきま
せんから売った事はありません」その言葉に(逃げたらこの写真が売られてしまう!)体が震え
る2人だ。
舞子と麗華は怯えながら見たくない写真を1時間も見させられ、文化会館から特設のステージに
向かった。
「いいか、この前と同じに踊るんだよ」
「忘れたわ、もうしばらくしてないのよ」麗華がステージに立つのは久しぶりだから無理もない。
「しょうがないな。孝史君、2人で何かやれ。僕は舞子とやるから。でも時間が持つかな」
「それならご安心を。踊りに参加した夫婦に賞金を出すように回覧を出しておいたら、応募が2
件ありましたから」
「2件もか、誰だ?」
「一昨年まで教師をしていた和子夫婦と看護婦をしていた典子夫婦ですよ。2人とも見られると
興奮する口でしたから」
「そうか、今回は楽しみだな」笑顔の村長は麗華達を連れて特設のステージに向かうと「す、凄
いわ、こんなに大勢いるなんて!」昼間だというのに島民のほとんどが集まっていた。
だが、子供は1人もいない。
子供達は自宅から出ることが許されず老人達が子供を預かっていたからだ。
  
 麗華達がステージに立つと大歓声があがった。
「孝史、もうすぐ決まるんだってな」
「村長、もっと激しくやらないと逃げられるぞ!」冷やかしの言葉が投げかけられた。
その冷やかしに手を振る2人だ。
「早速、恒例の踊りを始めます。案内にもありますように最初は井上和子さんにお願いします。」
司会の声に歓声が上がった。
会場に音楽が流され全裸の女性がステージに現れた。
「あの人も教師だったのよ。散々レイプされて仕方なく妻になったの」
「そうなの、教師だったの」同情の目で見る麗華を横目に和子は音楽に合わせ乳房を揺らせ踊っ
ていく。
和子は惜しげもなく淫裂を見せ、そして同じく全裸の夫が現れた。
「あなた、元気なのね」勃起した肉竿を口でしゃぶっていく。
「やりたいよ、バックからだ」
和子は四つん這いになり夫の肉竿を迎え入れていく。
「あ、あ、あ、あー!」気持ちよさそうに大きな声で喘いでいる。
「本気になってやるからな。ホントに出すぞ」
「出して、産んでもいいわよ、あなたの子を!」叫ぶ和子の乳房が前後に激しく動いていく。
「ピシ、ピシ!」肉同士のぶつかる音が響いている。
「出そうだ、出すぞ!」
「だめ。だっこして出して、お願いだからだっこでして!」「わかった。駅弁か!」

 体位が変わり、和子は夫の首を両手で抱きしめ、太股を持たれ淫裂を突かれていく。
「いいわ、いいわよ。気持いいわ!」喘ぐ和子も淫裂から淫汁を流している。
「噛んで、乳首を噛んで!」差し出す和子の乳首が噛まれた。
「ひー!」悲鳴を上げながら体を反らせ、それと同時に夫が爆発した。
「感じる、今日は危険日だから間違いないわよ、産むからね」
「ああ、産めよ、俺の子を…」和子の淫裂からポタポタと精液が垂れていく。
「村長、また人口が増えますよ。保育所を急がないと」
「そうだよな。これでこの島も発展するしな」村の役員達が話し合っている。
放出を終えた和子夫婦がステージから消えると「続きまして安藤典子さんが踊ります。」音楽が
掛けられた。
「スゲエ、スケスケだ!」典子は真っ黒のスリップだった。
音楽に合わせ踊りながら肩から紐を外していく。
「色っぽいな。あんな姿も」興奮してみていると「父ちゃん、私達も出てみない?」
「出るって、お腹の中に出すんだぞ」
「それなら心配ないわ、薬を飲んでいるから。一度でいいからヌードで踊りたかったの」
「わかった、頼んでみるか」ヌード志願の夫婦は司会と交渉していく。
「わかりました、しばらくお待ち下さい」司会は村役員と相談を始めた。
「いいじゃないか、ドンドンやって貰えよ。時間はいくらでもあるだろう」
「ですが、予算がありまして。一組5万ですから10組ですと50万ですよ」
「それくらい予算でなんとかなる。とにかく飛び入りを認めよう」
「わかりました。」司会は夫婦にその旨をお伝えた。
「準備を急いで下さいよ、次ですから」
「はい、急ぎます。」ステージの下で全裸になっていく妻に「綺麗だな、お前の体が」
「恥ずかしいわ、そんな言い方。それよりしっかりお願いよ」
「わかってるよ、必ず出すから。」夫も服を脱いでいく。
その間にも典子の全裸の踊りが終わり、仰向けに寝た夫の上にまたがり肉竿を淫裂で吸い込んで
いく。
「いいわ、いいわよ!」根本まで肉竿を吸い込むと腰を振り、揺れ動く典子の乳房が夫に揉まれ
ている。
「出すよ、出すよ!」
「出して、一杯出して!」典子の淫裂にも精液が噴射された。
 
 「皆様にご案内です。飛び入りでの参加がありました。勿論賞金もでます。我こそはと思われ
る方はお申し出下さい」飛び入りと聞いて会場がざわめいた。
「それではどうぞ!」音楽に合わせて全裸姿の女性が現れたが股間の絨毛が少ししかない。
「卓造の嫁だ。飛び入りか!」
「あれでもいいなら私もでてみたいわ、老ける前のヌードを見て欲しいの。いいでしょう?」
「でも、俺自信ないよ。でるかどうかも…」
「口でやるから、出ましょうよ!」
「わかったよ、出てみるか」こうして飛び入りが相次ぎ、ステージには出演を待つ島民が並んで
いる。
「好評ですよ、飛び入りも」
「そのようだな。今回はじっくり見るだけで明日に仕切り直しだな」孝史と村長は島民の全裸姿
で踊る女性を見つめていた。
こうして、麗華と舞子の踊りは翌日にされてしまった
 
 そして、翌日、生まれたままの姿で麗華と舞子は体育館の舞台にあがった。
2人は一緒に音楽に合わせ踊り、乳房を揺らせ、絨毛の剃られた股間を惜しげもなく島民に晒し
ていった。
音楽が終わり、恒例通り、結婚を迫る村長と孝史の肉竿を胎内に迎え入れる。
麗華は四つん這いになって孝史を迎え入れ、方舞子は仰向けの村長に馬乗りになって肉竿を胎内
に迎えていた。
「薬がまだ効いているよな」
「はい。今月一杯は効いていると思います」
「そうか、効いているなら安心して出すからな」腰を振りながら言い、孝史が腰の動きを早める
と乳房の揺れも激しくなっていく。
「舞子、限界だ出すぞ」村長は限界に達して膣の中に先に噴射した。
一方(孝史さん、きついわ。早く出して欲しい…)体をくねらせて耐えている麗華だ。
だが、若い孝史はなかなか出さない。
「舞子さん、お願い、孝史さんを行かせて。きついの!」顔を歪める麗華に「わかったわ」舞子
は村長の上から降りて、孝史の背中に自分の乳房を押しつけお尻を撫でだす。
「舞子さん、そんなことをされたら出ちゃうよ」
「出して、早く麗華さんのお腹の中に!」淫裂から精液を垂らしながら孝史のお尻を撫でていく。
「出たよ、出たー!」麗華の淫裂からも精液が流れ出した。
夏祭りは1週間で終わるが、麗華と舞子は主役を勤めなければならなかった。
生まれたままの姿で毎日神社に祭りの無事を祈り、神主に股間をカミソリで剃られていく。
「生えてませんが?」
「神事ですから。怪我無いに引っかけて毛を剃るのがしきたりなんですよ」丁寧に2人の淫裂を
触られていく。
(そこは生えてません!)神主は神事をいいことにしてクリトリスをも撫でていく。
(だめ、そこはだめ!)目を閉じて太股を震わせている2人だ。
 
 そんな祭の最中に麗華に手紙が届いた。
「妹が来るなんて。なんとかしない…」慌てる麗華だ。
「孝史さん、明日妹が来るの、お願いだから服を着させて」泣きながら言うと「僕1人では無理
だよ。村長や村役員に聞いてみないと」麗華は孝史を伴い、村の村長宅を訪れた。
村長宅には役員達も呼ばれていた。
「お願いです、服を着させて下さい。妹にこんな姿だけは見せたくありません」乳房を揺らせ泣
いている。
「麗華、妹さんはどれくらいいるんだ」
「1週間ほど過ごすそうです」
「で、職業は?」
「幼稚園の保母をしてます」
「保母ですか、結婚はしてませんよね」
「はい。私と同じく独身です」
「そうか、仕方ないな。舞子も服を着せて秘密を守らないと」
「でも、祭が!」役員が叫ぶと「わかっている。祭の間は早朝にお参りして安全祈願をする。そ
れから孝史言う通りにするんだ」
「わかりました。明日からしばらく服を着させて貰います」麗華と孝史は帰ったが役員達は目を
輝かせていた。
「カモがネギを背負って来ましたね」
「そのようだ。健次とも連絡を取って置け。健次も嫁を欲しがっているからな」悪企みを考えて
いく役員達だった。

「淫らな離島」 第10話 夏祭り  

 散歩は30分ほどで終わった。
「麗香さん!」一糸まとわぬ姿に恵子が声をあげると「これからは、この姿で過ごすことになり
ました」それだけ言うとダイニングに入った。
同じように「麗香さん!」舞子も驚きの声をあげた。
「驚かないで、これからはヌードで過ごすんだから」その言葉に声がでない舞子だが(私はイヤ
よ。絶対に戻るんだから…)唇を噛んだ。
恵子は黙ったまま朝食を準備して行くが(麗香さん、すぐね)思いながら手を動かしている。
麗華と舞子は恵子が調理した朝食を食べてから宿舎を出て行く。
「先生、オッパイと腰がいいね。お相手して欲しいよ」島民達は揺れ動く麗華の乳房に声をあげ
てく。
「恥ずかしいから、そんな言い方はしないで下さい」恥ずかしそうに顔を赤く染めながら小学校
の校門をくぐると「先生おはようございます」生徒達が声を掛けてきた。
「先生、どうして裸なの?」
「体にいいからなの。裸が自然なの」答えに困り勝手な言い訳をしていく。
「いい、田中先生はこれからずっと裸で過ごすのよ」舞子が生徒達に話していく。
生徒達には理解できてないが、これからも裸で過ごすのはわかった。
「はい、授業よ」麗華の言葉で授業が始まった。
「今日は低学年が役場の見学だけど、できるの麗香さん?」
「はい。やってみます。」麗華は焦った。(孝史さんにだけは見られたくない…)
不安に思いながら「低学年は外へでます、いいですか」麗華の言葉で低学年の生徒は小学校を出
て通りを歩いて行く。
皆が麗華の全裸姿をニヤニヤしながら見ており「いいね、あのオッパイとくびれが」「そうだよ
な、あれだったら毎晩オ○ンコできるよ」話し声は麗華の耳にも入っている。
(イヤよ、セックスばかり考えないで)無視して歩いていく。
「いいですか、ここで村での大事な事が決まります」全裸の麗華を先頭に役場に入った。
「あら、麗香さん、フルヌードなのね。若いから元気がるわね」陽子も役場にいた。
「私も若いけど。フルヌードを晒すのは恥ずかしくてできないわ」ルミもいた。
(仕方ないのよ、人前でセックスをするよりましよ)叫びたい気持を堪えて「ここが道路を直し
たりする人がいる所よ」丁寧に教えている。
 
 「麗華、見学か。だったら案内してやるぞ」孝史が買ってでた。
「お願いします」麗華は孝史と一緒に役場の中を歩いていくが(イヤ、オッパイは触らないで、
生徒が見ているわ)時折孝史の手が乳房と股間を触っていく。
「いいかい、ここが村の方針を決める議会なんだよ」閉会している議会を案内した。
「ここが議会なんだ!」麗華も初めてだ。
「麗華、議長席に座れよ、生徒は議員席だ」
「そうね、みんなはそこよ」孝史の言うとおりに麗華が議長席に座ろうとした。
「だめだ、座らず立ったままだ」孝史はチャックを下げて肉竿を突き出した。
「見られてます、ここじゃいやです」小さな声で言うが「ほら、入れるぞ」勃起した肉竿が麗華
の胎内に入っていく。
(生徒が見ている、生徒が!)顔を歪めて耐えている。
肉竿が根本まで入ると、孝史はゆっくりと肉竿を動かし始めた。
「う、うー!」呻き声を上げまいと堪えている。
「先生、せっかくだから議会の体験をしたら」
「そうね。みんなが大人になったらどうしたいかな?」
 
 その言葉で生徒達が次々と発言していき、その間も孝史は腰を動かしていた。
「でる、でちゃう!」
「やめて、お腹の中はいやよ」小さな声で言うが麗華の胎内に射精してしまった。
(そんなー!)唖然とする麗華だ。
「大人になっても考えを変えないでね」麗華は教え子の発言にコメントしていった。
「抜くぞ」肉竿が抜かれ、淫裂から精液が流れていく。
「ティッシュ、無いのよ」
「待ってろ。陽子から借りてくる」孝史が議会からでて行き、その間に麗華が生徒達に話してい
った。
しばらくして「麗香さん、見せて!」陽子が議会に入ってきた。
「見て、先生は病気なのよ。ほら」陽子は生徒にわざと精液を垂らす麗華を前に出して股間を見
せた。
「だめ、こんなの許せないわよ」性器を教え子に晒すのを嫌がったが「治療しましょうね」ティ
ッシュで淫裂を拭いていく。
「先生は病気なの?」
「そうなの。ほら、膿がでてきたでしょう」淫裂から流れ出た性器をじっと見ている。
(見ないで、こんな所を見なくて良いのよ!)顔を背け、淫裂の中を陽子に拭かれた。
「これで膿も取れたわよ」ニヤニヤしながら麗華の淫裂を見つめている。
「先生、もう大丈夫なんだね」教え子達も笑顔になっていく。
「平気よ、綺麗になったから。今度は港に行きましょうね」恥ずかしそうに麗華は教え子と一緒
に役場から出た。
 
 そして、麗華が全裸での生活を始めてから3ヶ月が過ぎて7月半ばになった。
その間にも舞子は大通りに作られた特製のステージで全裸で踊らされていた。
「いいぞ、もっと足を開け!」泣きながら足を上げて股間を晒していく。
「オ○ンコだ、オ○ンコだ!」カメラは舞子の露になった淫裂を撮っていった。
踊りが終わるといつものように村長に犯されていく。
「がんばれ村長!」島民の声援で50代にも関わらず肉竿が動いていた。
「出すからな」舞子の胎内へ射精をするが、舞子への辱めはそれで済まなかった。
「いや、いやー!」健二達不良仲間にも犯され、次々と射精されていく。
(麗華みたく、絶対にヌードでは過ごさないからね)犯されてもいいから裸になるのを拒む舞子
だった。
 
 小学校も夏休みとなり、島では夏祭りを迎えた。
「裸みこしは小学校の先生2人で決まりね」「そうですよ」島民達は祭の主役が誰か話し合って
いる。
そして、村長や村の役員達によって2人が決まった。
そんなことを知らない2人は孝史によって役場に呼び出された。
「明日から夏祭りですがみこしに乗るのはは2人にお願いします」村長が言い出すと「いや、い
や!」どんな祭りか知っている舞子は拒んだ。
「イヤでもやって貰います。こんな写真もありますよ」それは舞子と麗華が全裸で踊ったり、犯
されている写真だ。
淫裂に食い込む肉竿がハッキリ見える。
「脅迫ですか、こんな写真で!」泣きながら言う舞子に「脅しではありませんよ。これは祭の間
展示する作品です」
「やめて、お願いですから。」麗華も乳房を揺らせながら泣き出してしまった。
「展示したら消却します。お二人の態度次第ですが」
「乗ります、乗ればいいんでしょう」何も知らない麗華は承知した。
「舞子さんはどうします。何なら、これを実家に送りましょうか、兄弟にも」
「いやー!」泣き崩れる舞子だ。
「やりますよね、祭の主役を。」孝史の言葉に泣きながら頷く舞子だった。
「よかった。明日の9時からお払いをしますから神社に来て下さいね」黙ったまま頷く2人だ。
役場をでると島民が取り囲んだ。
「主役なんだってな。楽しみにしてるから」皆が笑顔で見つめていた。
「乱暴にしないで。やさしくよ、痛いんだから」顔を強張らせて舞子が言うと「当然さ、やさし
くやるよ」
「そのかわり楽しくやろうぜ」舞子と麗華は島民を振り切るように歩いた。
 
 翌朝、舞子と麗華は起きると風呂で体を綺麗に洗っている。
「ここも綺麗に洗わないと」舞子はいつもより丁寧に淫裂を洗っていて、麗華もつられて、いつ
もより丁寧に淫裂を洗っていた。
風呂から上がりタオルで拭いていると「御輿に乗るってホントなの?」心配そうに恵子が2人に
声を掛けた。
「はい、本当です」どんなことか知らない麗華があっさり返事した。
「頑張ってね、くじけないでよ」哀れむかのような目をしている。
「もうすぐ9時よ。裸で行かないといけないの」
「私は裸だから平気よ」
(何も知らないのね、御輿に乗ることがどんなことか…)体を拭き終えると2人は生まれたま
まの姿で宿舎を出た。
麗華と舞子は家並みから外れた坂道を乳房を揺らせながら登っていくと「来たぞ、2人が」神社
の境内は島の男達が大勢集まっていた。
「こっちでお払いだ、来てくれ!」舞子と麗華は神社の鳥居をくぐり神殿の前に来た。
「これより、安全祈願を行います」神主姿の島民が生まれたままの2人のにお払いをしていくが
(これからヘアを剃られるのね…)体が震える舞子だ。
「それではこれより神事を行います」神主が舞子の前に膝を落としていく。
「動かないで、危ないから」事もあろうか、真っ黒な絨毛をハサミで切っていく。
それには「そんなー!」唖然とする麗華だ。
しかし、島民は舞子の絨毛の切られ行く姿をニヤニヤしながら眺めている。
 
 舞子の絨毛は次第に消えて行き「仕上げに入りますから、動かないで下さい」切った絨毛を丁
寧に白い和紙の敷かれた三方に乗せてると、股間に石鹸水を塗りカミソリで仕上げていくが舞子
は足を開き立ったままだ。
しかし、恥ずかしそうに顔を横に向けている。
(私もああされるのかしら?)不安な顔で陽子の股間を見ている。
カミソリは数往復で絨毛の全てが消え失せてパックリ割れた淫裂が露になった。
開いた淫裂からは2枚の肉襞が飛び出ている。
「済みました。今度はそちらの神事です」絨毛が綺麗に消えた舞子は恥ずかしそうに股間を両手
で隠した。
「先生、こっちへお願いします」舞子は武によって境内に連れ込まれていく。
「危ないですから」今度は麗華の絨毛が切られていく。
(こんな事ならやるんじゃなかった…)後悔するが遅かった。
 
 麗華の絨毛も大半が消えてしまい(性器の奥が見られてしまうかも知れない…)太股がピクピ
クと動いている。
「動かないで!」神主が注意しながらハサミで絨毛を切って「仕上げです」今度は石鹸水が塗
られて短い絨毛がカミソリで剃られていく。
(だめ、そこを掴まないで!)神主は淫裂に指を入れ、肉襞を掴みだしカミソリを当てた。
そして、丁寧に一本も残すまいと剃っていく。
「終わりました」切った絨毛がやはり和紙の敷かれた三方に乗せられて運ばれていく。
(恥ずかしいわ、ヒラヒラが飛び出している!)淫裂が丸見えになり、飛び出た肉襞が露になっ
て真っ赤な顔で両手で股間を覆った。
「先生。こっちです」絨毛を剃り終えると武に呼ばれて境内に向かった。
「ま、舞子さん!」舞子は真っ白な布が敷かれた御輿の上にあるイスに座らされ開脚して縛られ
ていた。
「見ないで、恥ずかしいから見ないで!」顔を背ける舞子に(性器の中まで丸見えだ…)声を出
すことができない麗華だ。
そればかりではなく、両手も広げて磔のように固定され動けない。
「私もああされるの?」震えて言うと「はい、当然です」麗華が押さえられた。
「イヤ、イヤです。やめて下さい!」叫んでも白い布が敷かれた御輿に乗せられて開脚したま
ま縛られてしまった。
両手も縛られて、身動きがでず「見ないで、性器だけは見ないで!」悲鳴がむなしく響いていく。
 
 「準備ができましたね。それでは氏子の皆さん、祭の安全祈願です」舞子と舞子が乗った御輿
が神殿前に運ばれた。
そこに「いい眺めね、お二人さん」お腹が膨らんだ陽子が現れた。
「見ないで、お願いですから」泣きそうな顔で言う舞子と麗華に「見ないといけないのよ。ここ
に手入れをするのが私の役目なの」陽子はチューブを絞り麗華の淫裂に指で塗っていく。
「冷たいけど我慢して!」指が淫裂の肉壁をくまなくなでていく。
「やめて、恥ずかしいから。」 
「こうしないと痛いのよ」陽子はたっぷり麗華の膣に塗ると舞子の膣の中にも塗った。
「終わりました」陽子の言葉に「氏子からどうぞ!」神主の言葉を待っていた男達は下半身を露
にしていく。
(レイプされる、集団にレイプされてしまう…)体を震わせていく麗華だ。
氏子は神主が切った絨毛を2、3本摘んでロウソクで燃やした。
臭い臭いを嗅いでから麗華の正面に立った。
(冗談よね、冗談でしょう?)顔が震えているが「行くぞ!」氏子は太股を押さえて肉竿を挿入
した。
「いや、こんなのいや~!」肉竿で突かれる麗華は悲鳴をあげた。
(犯された、また犯された…)落胆するが「これで怪我(毛が)無いぞ」腰を2回振っていく。
麗華を犯した男は今度は同じように舞子の絨毛を燃やして肉竿で淫裂を2回突き刺した。
「い、いや、いやー!」やはり、悲鳴をあげた。
こうして、麗華と舞子は神社に集まった男達全員の肉竿で淫裂を突き刺されてしまった。
「安全祈願も済みましたから出発です」2人を乗せた御輿が島の繁華街に向かっていく。
「イヤ、やめて。戻って!」2人の前に居並ぶ島民の姿が見えた。
「わっしょい、わっしょい!」みこしに合わせて2人の乳房も円を描いている。
「見ないで、お願いです!」
両脇に並んだ島民は麗華と舞子のパックリと口を開く淫裂と揺れ動く乳房を食い入るように見つ
めていた。
「綺麗だわ、あんなに綺麗なんて羨ましい」
「そうよ、私なんかヒラヒラが真っ黒なんだから」女性達も2人の恥ずかしい姿をしっかり見て
いた。
(見られていく、島の皆に性器の中までを!)泣きながらも、御輿に合わせて体を揺らせている
舞子と麗華だ。

「淫らな離島」 第9話 全裸の踊り  

 麗華と舞子は辱めを受けた後、衣服を着込んでいく。
「 また犯されたわ。後妻になるしかないのかしら」項垂れる舞子だ。
「私も妻になるまで恥ずかしい思いをさせられるのね」
「そうなのよ、ここではそうなの」麗華と舞子は服を着込むと宿舎に戻った。
そして夜の10時になった。
麗華はストッキングとガーターベルト姿で部屋からそっと出ていく。
(誰にも見られませんように!)忍び足で歩いていくと「麗香さん!」全裸姿が恵子に見られ
てしまった。
「今夜、遅くなるかも知れません」乳房と股間を晒したままうっすら涙をにじませた。
「お風呂、わかせておくから汚れを落として寝た方がいいわ」恵子は何も言えなかった。
「ありがとう、恵子さん」礼を言って玄関でバレエシューズを履き外に出た。
玄関を出ると島民が麗華の現れるのを待っていた。
「撮らないで、お願いですから!」泣きそうな顔で言う麗華だ。
(オッパイとヘアを隠したいけど隠したら、バツのセックスをしなければならないし…)唇を噛
んで大通りに向かって歩いていく。
「先生、動かないで!」島民達は麗華の乳房と股間を晒す姿をカメラに収めていく。
「撮らないで、撮っても仕方ないわよ」泣き声で叫ぶと「祭の時の作品だよ。写真展が開かれ賞
金が出るんだよ」
「ヌード写真に賞金が出るの?」
「そうだよ、10万もらえるから先生の素っ裸を撮らせて!」閃光が瞬いていく。
「いや、撮らないで、もう十分撮ったでしょう!」泣きながら歩いていく。
 
 大通りに出るとライトが煌々と灯されていた。
「あそこね」そこは舞子がこの前に踊った場所と同じ場所だった。
「待ってました!」島民達は麗華が現れると声をあげて迎えた。
「いいね、黒い靴下と腹巻きが」
「父ちゃん。ストッキングとガーターベルトと言うの、腹巻きじゃないくてガーターベルト」
「そうか、ガーターベルトか。母ちゃんも持ってるか?」
「あるわよ。この前の婦人会で東京に行ったとき買ったわよ」
「今夜、着てくれよ、いいだろう?」
「わかったわ。父ちゃん、今夜楽しもうね、陽子先生から避妊薬をもらって飲んでいるから」
「中に出してもいいんだな、母ちゃん」麗華のストッキングとガーターベルトに島民も興奮して
いた。
「麗華、始めるぞ」ステージの中央に上がるとほぼ同時に音楽が流れた。
それにカクテルライトが麗華を照らしていく。
(同じだわ、舞子さんの時と!)麗華は健次に教わった通りに踊っていく。
(ここで足を上げるのね)恥ずかしさを堪えて大きく足を上げると「オ○ンコだ、オ○ンコが見
えた!」
「父ちゃん、まだ出しちゃだめよ、先生と同じ姿になるから我慢するのよ」
「わかっているよ」股間を押さえ噴射を堪えている。
(いやらしいわ、私のヌードで興奮しているなんて)乳房が円を描いて揺れていた。
踊りが進むに連れ、麗華も踊りで汗が流れてライトでテカテカ光っている。
乳房、股間がまぶしいくらいだ。
「新任の先生とオ○ンコしたいな」
「だめ、そんな事したら離婚だからね」
「冗談だよ」麗華の揺れ動く全裸にボルテージが上がっていった。
 
 そして、踊りもファイナルに入った。
「す、すげえ、オッパイがあんなに揺れていく!」
「オッパイだけじゃないよ、オ○ンコがパクパク動いている!」麗華の開脚に島民達は食い入る
ように股間を見ている。
(見ないで、性器だけは見ないで。お願いだから…)顔を背けるが、容赦なくカメラの閃光が瞬
いていく。
(撮られた、性器を撮られた…)音楽が終わると同時にうずくまる麗華だ。
「麗華、よくやった。ご褒美のオ○ンコだ」生まれたままの姿の孝史が近寄ってきた。
「許して、お願いですから」
「だめだ。やらないといけないんだ!」麗華はステージに押し倒された。
「お願いですから、せめて優しく入れて下さい」目を閉じて言うと「わかっているよ。塗ってお
いたから安心しろ」孝史の肉竿がゆっくり麗華の胎内を突き刺していく。
「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげるが(痛くないわ。それに気持いい!)ゼリーは肉竿と淫裂の
滑りをよくしている。
(噛んで欲しい、乳首を!)麗華は乳房を揺すり孝史を誘っていく。
「麗華、オッパイにして欲しいのか?」
「欲しく何かないわ。孝史なんか嫌いよ」しかし言葉とは裏腹に股間を密着させていく。
(頂戴、もっと入れて!)そんな麗華をからかうように麗華と孝史の姿勢が入れ替わった。
「いや、こんなのいやー!」叫ぶが孝史の上に馬乗りにされた。
そして腰を振らされていく。
「恥ずかしい、こんなのいや。何でもするから許して、孝史さん」
「本当に何でもするんだね」
「こんな恥ずかしい思いをぜずにすむなら何でもするわ」それが後でとんでもない事とは知らず
承知してしまった。
「だっこでやろう、だっこで!」
「あれは奥までオチンチンが突き刺さるんでしょう。きっと痛い…」怯えるが抱き上げられた。
「ヒー!」悲鳴をあげながら必死に落ちまいと抱きついている。
「ち、膣の奥にオチンチンが、オチンチンが!」叫ぶ麗華だ。
 
 「麗華、俺の嫁になれよ。もっと楽しもうよ」
「いや、卑怯な手段を使ったから許せないわ。セックスは許すけど、絶対に妻にはならないから
ね、絶対に」拒む麗華だ。
「しかたないな、オ○ンコだけはやらせて貰うからな」太股を揺すっていくと「あ、あ、あー!」
麗華と孝史の結合した股間がカクテルライトに照らされている。
「もうすぐ出すよ、孝史は」
「そうだよな、もう限界のはずだよな」島民が見守る中「イヤー。お腹の中はイヤー!」麗華は
体を反らせて悲鳴をあげた。
それと同時に淫裂から白い液体が流れていく。
「見ろよ、膣内射精だぜ」
「やはり、限界だったな」ポタポタ垂れる精液を眺めていた。
「麗華、この次はバックからだぞ」(あんなの獣のする事よ)無視している。
麗華が孝史から降ろされると同時にルミと陽子が白衣姿で上がってきた。
(ルミさんと陽子さんだ)恥ずかしそうに麗華が顔を背けると「安心して、私もヌードのお披露
目だから」
(お披露目?じゃあ2人もフルヌードになるのね)体を震わせながらルミと陽子を見つめている。
音楽がなり、カクテルライトが真っ白な白衣を染めていく。
「行くわよ、ルミ」「はい、先生!」ルミと陽子は中央に進み出て抱き合った。
(レズをやるのね。変態だからね)麗華の思った通りだで、陽子がルミの白衣のボタンを外して
いく。
「先生、恥ずかしい!」ルミの胸が開いて乳房の膨らみが見えてきた。
「行くからね!」「は、はい。」震える声で返事するルミだ。
陽子は白衣の襟を掴んで広げると「見ろよ、看護婦さんのオッパイが丸見えだぞ」「ホントだ、
先生だけでなく看護婦さんも素っ裸になるぞ」乳房を晒すルミのヌードに閃光が瞬いた。
「撮らないで、ヌードは撮らないで!」小さく叫ぶが容赦はなかった。
「我慢してルミ!」白衣が腕から脱がされ足元に下げられて真っ黒の絨毛に包まれた股間が露に
なった。
「見ろよ、素っ裸だぞ。ヘア丸出しの素っ裸だ!」会場の島民がざわめいていく。
「恥ずかしい、先生!」今にも泣きそうな顔だ。
「やるしかないのルミ、今度はあなたがする番よ」
「はい。先生!」今度は乳房を揺らせながらルミが陽子の服を脱がせていく。
陽子の肩のボタンを外して上着を捲り上げた。
「女医さんも素っ裸になるのか!」歓声が上がり、乳房を晒す陽子の上半身が撮られていく。
「撮られていくわ。ヌードが!」覚悟はしているが体が震えている。
「先生、行きます」ルミは陽子のズボンを下げた。
陽子もパンティは履いてなかったから、股間の黒い絨毛が露になっている。
「撮らないと、女医さんの素っ裸を!」閃光が瞬いていった。
(恥ずかしい。わかっていたけどフルヌードはやっぱり恥ずかしい!)
ルミと陽子の目が真っ赤になって体が小刻みに震えていた。
そんな2人をカクテルライトが照らしている。
 
 そこに忠夫と武が現れた。
「見て、父ちゃん!」
「4人プレイって言うんだよな、これって」ルミと陽子は立ったまま背後から肉竿で淫裂を突か
れだした。
それでもルミと陽子は唇を重ねお互いの首を押さえて離れまいとしている。
「父ちゃん、あれはレズだよね」
「母ちゃん、わかんないよ。レズは男が嫌いだよな、オ○ンコさせないはずだよな」
「そうなんだどよね。だからわかんないのよ」島民達がざわめいていた。
そんな雑音を無視して忠夫と武は腰の動きを一気に早めていく。
ルミと陽子は乳房も掴んで揉み合い、淫裂からはネバネバした透明の液体が流れてきた。
「気持ちよさそうね、診療所の2人も」
「当然さ。オ○ンコで感じないのは異常だよ」夫は妻の股間を撫でていた。
島民達はルミと陽子のセックスされている姿を見ていたが、突然、「出たわ、膣の中が暖かい!」
「私も感じる、膣の中が暖かい!」立ったままの陽子とルミの淫裂からは白い液体が流れ出た。
 
 「皆さん、遅ればせながらご報告します。診療所の陽子先生と小山武が、看護婦のルミさんと
池田忠夫が結婚することになりました」孝史が説明した。
「そうか、これでまた人口が増えるな」島民達は結合したまま並んでいる2人に拍手を送った。
忠夫はルミの乳房を掴み、武も陽子の乳房を掴んでいく。
「恥ずかしい、こんな姿を晒すなんて!」淫裂から精液を流しながら震えている。
「興奮するだろう、素っ裸を見られると」
「それも少しあるわ、武さん!」
「私もよ、なんだか変な感じなの」
「でも、これで終わりだよ、人前に裸を晒すのは今回限りだからね」
「ええ、わかってます」やがて4人がステージから降り、麗華1人残された。
不安を感じた麗華が再び中央に引き出された。
「今度は踊りを教わった謝礼のオ○ンコだ!」孝史の言葉に健二達4人が上がってきた。
「いいんですね、やっても」
「当然だ、踊りのお礼だ。だが、オ○ンコの中での噴射はだめだぞ、外か口に出せよ」
「心得ました。」健二達は服を脱いでいく。
「いや、イヤよ。もうイヤです。」泣きながら逃げようとするが「ほら、オ○ンコをしないと。」
麗華は掴まり、中央に引き出された。
「僕はバックからが好きなんです」
「そうか、バックか。麗華を四つん這いにしろ!」
「い、いやー!」叫ぶが力負けして、四つん這いにされ淫裂を島民に晒している。
「母ちゃん、綺麗だよ。ヒラヒラがピンクだ!」
「まだ、あまり楽しんでいないのよ。私のは父ちゃんのエキスで黒ずんだのよ」麗華の淫裂も写
真に撮られてく。
 
 「まずは、僕だ」健次の肉竿が淫裂に突き刺さっていく。
「抜いて、お願いです!」麗華の悲鳴が響いている。
「きついの、お願い抜いて!」体をくねらせて叫んでいると「その姿がいいんだよ」健次は一気
に動いていく。
「あ、あ、あー!」悲鳴とも喘ぎ声とも取れる声をあげて続けた。
「母ちゃん、オッパイが揺れていいね」妻の胸に手を忍ばせると「私のは小さいしね」目を閉じ
夫のされるがままの妻達だ。
「でも母ちゃんのが一番だよ、コリコリして」乳首が指で転がされていく。
「だめ、そんな事されたら我慢できないわよ」
「だったら、楽しもうよ」
「ええ、いいわよ」我慢できなくなった一組の夫婦が会場から消えて、物陰で抱き合っていく。
物陰に隠れても「あん、あん、あん!」悶え声が聞こえている。
「俺もフィニッシュだ!」健次が一気に動いた。
「ひー!」肉竿で子宮の奥深く突き刺されて麗華の体が反っていく。
「でる、でる!」肉竿が抜かれたその瞬間に背中に白い液体が飛んだ。
「父ちゃん、欲しいよ。してよ!」
「わかった、行こう」夫婦達は次々と消えて物陰から悶え声を上げ続けている。
「だいぶ燃えたな。俺も燃えるか」健次が済むと手下達が麗華に挑んでいく。
「許して、もう無理よ、痛いの」叫ぶ麗華だが代わる代わる麗華の肉体を求めて肉竿で突き刺し
ていった。
「いやー!」叫ぶが容赦しない。
「飲むんだ」爆発寸前の肉竿を口の中に押し込まれていく。
「オ○ンコの中よりいいだろう、飲むんだ。」麗華はやむなく精液を口の中で受け止めていった。 
 4人の相手がやっと終わった。
「麗華、オ○ンコは楽しいか?」
「よくないわ、もうセックスはしたくない!」泣きながら言うと「そうか、オ○ンコしない方法
が一つだけある。素っ裸で生活するんだ。でも俺とのオ○ンコは続けるが」
「いやよ、フルヌードを見られるなんて」
「もう見られてしまっただろう。素っ裸は」
(そうだわ、フルヌードを見られたし、写真にも撮られたんだわ)考え込んでしまった。
「すぐにとは行かないだろう。今夜一晩考えろ。その気になったら明日から素っ裸だ」
「でも、もうすぐ来るの。生理が!」
「生理か、その時はパンツだけ履け。でも嘘かどうかのチェックはするからな」
「いいのね、生理の時のパンティは」
「ああ、いいぞ。今晩考えろ」麗華はステージから降りて宿舎に向かって歩いて行った。
麗華は孝史の言った言葉が脳裏から離れず宿舎で汚された体を洗いながらも考えていた。
「裸を承知すれば、ここを辱められる心配は無いのね」丁寧に淫裂を洗っていく。
「でも、素っ裸は恥ずかしいわ、いくら島民の皆に見られたからって」迷う麗華だ。
 

翌朝、麗華はまだ5時だというのに起きていた。
「フルヌードに慣れないと」麗華は生まれたままの姿で宿舎を出て散歩に出かけた。
「先生、元気がいいね。オッパイがツンとして」
「ええ、恥ずかしいから堅いのよ。それにあそこも堅いの」顔を真っ赤にして島民と話していく。
(先生もすぐに落ちるな。オッパイとオ○ンコが良さそうで孝史か羨ましいな)すれ違う島民達
は麗華の乳房と股間を眺めていく。
(見られているわ。でもすぐに飽きて見向きもしなくなるわ)体を震わせながら歩いていく。
「先生、どうしたの。裸なんて!」生徒の母親が声を掛けた。
「ヌードで凄そうと思って、ならしているんです。」俯いて答える麗華に「そうですか、ヌード
でですか。早く孝史さんの嫁になった方がいいですよ」
(イヤよ、卑怯な手を使ったから許せないのよ)黙ったまま歩いていく麗華だ。 
 

▲Page top