赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「OL哀歌~美由紀編」第16話 呼び出し  


 ホステス見習い期間の2週間が過ぎ、美由紀はスケスケのワンピースを着なくてもよい。

皆と同じ胸に穴が空いたドレスの着用を許され、一人前として扱われている。

「いらしゃいませ!」丁寧に客の接待をしているが、それは真弓の躾のおかげだ。

その為に美由紀はお客に可愛がられ、胸に手を入れられ乳房を掴まれて揉まれてもイヤな顔一つ

しない。

「美由紀さん、少ないけど」

「ありがとうございます」美由紀はチップと称する性器の丸だしもやった。

「だいぶ、生えてきたね。今度、僕に剃らせてくれないかな?」そんなお客にも「ええ、今度の

時はお願いするかもね」と笑顔で答えている。

 

 それから3ヶ月後、突然に美由紀は事務所に呼び出された。

訳が分からないまま事務所に行くと絵里が若い男性が待っていた。

「美由紀君、残念だけど今日限りで清水クラブはやめてもらうよ」突然社長の清水が言い出した。

「私、何か不始末をしたでしょうか?」不安な顔で美由紀が尋ねると「いや、不始末なんかして

ないよ。むしろ、もっと働いて欲しいくらいだ」

「だったら、なぜクビなんですか、説明して下さい!」美由紀の問いに絵里が笑い出している。

 

 「美由紀さん、修行は終わったのよ」絵里は笑顔でさらに「美由紀さん、だいぶ恥を掻いて成

長したみたいね。それに社長さんから聞いたけどお客の評判もかなり、いいみたいね」

「それで修行は終わりですか?」

「そう、人間としてかなり成長したから今度は本間金融の社員として働くのよ」

「いつからですか?」

「明日からよ。今日はゆっくり休みなさい」

「わかりました。清水さん、お店に客としてなら伺ってもよろしいでしょうか?」

「かまわないけど、どうしてだ?」

「お世話になった人達ですから、最後の挨拶をしたいのです」

 

 清水は暫く考えた。この業界では最後の挨拶などはないからだ。

「清水さん、僕が美由紀さんのお供をしますからいいでしょう」絵里と一緒の男が言いだす。

「仕方ないな。絵里さんの弟さんに頼まれたんじゃイヤとはいえないよ。でも手短にだよ」

「ありがとうございます」美由紀は深々と頭をさげた。

「美由紀さん、お供をしますよ」二人は歩いて正面から店内に入っていくと「美由紀さんだめだ

よ。ここからは!」店員が慌てて制止をした。

「違いますよ。今日からはお客として入るんです」絵里の弟が言う。

「いらっしゃいませ。どうぞ奧へ!」店員は意味が分かったようで美由紀を1番奧の席に案内し

た。

そして、ホステス達に耳打ちすると代わる代わる美由紀の席に現れ、美由紀は店をやめなければ

いけない事情を説明していく。

ホステス達は別れが辛いようで、中には泣き出すホステスもいた。

「泣かないで、これからも会えるんだから!」美由紀が反対に励ましている。

その様子を絵里の弟がじっと見守って(姉さんの言ってた通りの子だな。いや、それ以上かも知

れない…)感心して見ていた。

 

 皆に挨拶を終えた美由紀は寮に戻って荷物の整理を始めた。

「僕も手伝います」

「知らない人に手伝ってもらうわけにはいかないわ」

「失礼しました。私、本間絵里の弟で繁之と言います。今後ともよろしくお願いします」

「私は大原美由紀です。今後ともよろしくお願いします」二人は一緒に荷物をまとめていく。

「いけない。私、ここをでたら行く所が無いんだ!」

「だったら、僕のアパートに泊まって下さいよ」

「いやよ、私を犯すつもりでしょ?」美由紀は荷物をまとめながら言う。

「冗談にきまってますよ。姉さんがちゃんと用意しておきましたから」頭を掻きながら繁之は言

い訳をした。

「あ、ははは。私も冗談よ!」その夜から美由紀は絵里が住む屋敷に居候する事になった。

 

 絵里の住む屋敷には通いのメードが二人いるが、その日は10時近かったので絵里は美由紀の

ために寝室の準備を自分からしていた。

準備が終わると同時に美由紀と繁之が部屋に現れ「美由紀さん、歓迎するわよ」「絵里さん、あ

りがとう」美由紀は嬉しくて泣き出した。

「泣かないの、良い子だから!」美由紀に唇を重ねながら胸を撫でていく。

「見てるわ、繁之さんが!」

「繁之は私の家族だから平気よ」

「でも、恥ずかしいわ!」美由紀は繁之の目が気になっている。

絵里は「大丈夫よ、ほら!」大胆にも衣服を脱い全裸になっている。

            1456336634a5327e3ebfbb679912d7e86b8178e56e.jpg

「美由紀さんも脱ぐのよ」絵里は美由紀の衣服のボタンを外し「自分で脱ぎます」美由紀も服を

脱いで生まれたままの姿になった。

「相変わらず奇麗なからだね」絵里は感心しながら乳房を両手で揉んでいく。

「だめよ。繁之さんが見ている。恥ずかしいわ」その言葉に「繁之、あなたも脱ぎなさいよ」突

然の言葉に美由紀は慌てた。

姉弟が裸を見せあうのだから無理もない。

繁之は絵里に言われたとおりに全てを脱いで全裸になった。

 

 「繁之、元気がいいわね。したいの?」

「勿論ですよ。お姉さんと美由紀さんのヌードを見たらこんなに勃起してしまいましたよ」股間

の肉竿は急角度で勃起している。

美由紀は顔をそむけて股間と乳房を両手で隠しているが「だめよ、美由紀さん。繁之も隠してな

いんだから、あなたも繁之に見せないと!」美由紀は恥ずかしさを我慢して両手を退けた。

股間は黒々とした絨毛が戻り、乳房は恥ずかしさに乳首が堅く尖っていく。

「姉さん、美由紀さんとしたい!」突然、繁之が言うが「イヤよ。そんなのいや!」美由紀は拒

んでいる。

「いいわよ、繁之。美由紀さんとセックスしたいならやってもいいわ」絵里は弟のために美由紀

とのセックスを許した。

「そんなの変よ。私はいやよ。まだお互いが分かってないのよ!」

「だめよ。セックスするのよ!」絵里は美由紀に抱きついて乳房に吸い付く。

「でも、恐いわ。恐いのよ!」

「大丈夫よ。私が守って上げる!」美由紀を抱きかかえながら絵里はベッドに仰向けに寝た。

その絵里に美由紀がかぶさって乳房を揉み出す。

「いいわ、いいわよ!」美由紀は4つん這いになって淫裂を繁之に向けた。

繁之は美由紀の腰を押さえて背後から淫裂に肉竿をゆっくりと挿入していく。

「あ、だ、だめよ…」嫌がる美由紀の淫裂に繁之の肉竿が根本まで入り込んでいる。

美由紀は絵里の乳房を吸ったままお尻を繁之に差し出す格好をしていると、肉竿のピストンが始

まった。

「ピシャ、ピシャ!」美由紀のお尻と繁之の股間の肉同士がぶつかる音が部屋に響いている。

絵里は美由紀を抱きしめて唇を重ね(美由紀さん、弟のために我慢して)(わかったわ。でも今

回だけよ)二人は目だけで会話をしている。

 
スポンサーサイト

「OL哀歌~美由紀編」第15話 買い物  


 美由紀は客から貰ったチップのおかげで身の回りの備品を整えられていく。

しかし、大型の用度品は真弓に言われて買わなかった。

「真弓さん、いる?」

「何かあったの?」

「暇なの。ねえ、真弓さん。買い物に付き合ってくれない?」

「いいわよ、私も暇だから」美由紀と真弓の二人は連れ添って寮から都心へと向かった。

二人は有名なデパートに入るが、まだ午前なのでお客はまばらだ。

そのお客の中に野村真人と相原由佳がいて「あっ!」美由紀は慌てて真弓の陰に隠れた。

「美由紀さん!」真弓は理由がわからなかったが美由紀が隠れやすいように姿勢を変えた。

野村と由佳の二人は手を繋いで笑顔で二人の前を通り過ぎていく。

「美由紀さん、もう大丈夫よ」真弓は美由紀に声を掛け「それにしても、一体どうしたの?」真

弓は美由紀の問いに泣き出した。

「泣かないで。美由紀!」真弓は美由紀を抱きかかえるようにして歩き、目に喫茶コーナーの看

板が目に付いた。

「ここで休もう」二人は喫茶コーナーに入ってコーヒーを注文した。

「さっきは驚いたわよ」

「ご免なさい、つい悲しくなって!」美由紀は真弓に野村と由佳の事を話しだした。

お金を差し出して二度と顔を見せるなといわれたことも、会社でヌードにされたことも洗いざら

い話した。

「そうだったの。酷いわ!」真弓は憤慨して「絶対に訴えるべきよ!」

「でもどうやって。それに犯されましたって言うの?」

「そりゃ、そうだけど…」二人はそこで話題を変え、別な話をした。

 

 二人は喫茶コーナーから衣服の置かれている3階に向かい「あら、素敵ね。美由紀さんらお似

合いよ」

「そう、だったら試着してみるね」美由紀はワンピースを試着する。

「どう?」「あら、お似合いよ」「じゃあ、決めた」ワンピースをもってレジで精算し、真弓も

似たようなワンピースを買った。

デパートで買い物を終えた美由紀達は裏通りで食事を済ませ再び歩いていく。

そこで真弓はポルノショップの看板を見つけた。

「ねえ、入ってみない?」

「恥ずかしいわよ!」

「いいから、いこうよ!」「いやよー!」拒む美由紀を真弓は無理矢理ポルノショップに連れ込

んだ。

「いらっしゃいませ!」ドアを開けて入ると女性のお客に驚いたようだ。

「何か、お探しで?」

「別にないけど、お勧めがあるかしら?」真弓は堂々と言うが美由紀は恥ずかしくて俯いたまま

だ。

「このようなものはいかがでしょうか?」店員はバイブを差し出す。

それはくの字をしていてベルトが中央部に付いて「これはレズ用のバイブでベルトを着けた方が

固定されます」

「おもしろそうね。他にはないの?」

「これなどいかがでしょうか」

店員は次々と差し出し、真弓はレズ用と1人用のバイブを買い込む。

「わ、私はこれでいいわ!」真弓にせかされて何気なく選んだのはやや太めのバイブだった。

(しまった!)と美由紀は思ったが恥ずかしくて言えず、店員はそれぞれ包んでいく。

「ありがとうございました」二人はそれぞれお金を払うと「これサービスです!」店員はビデオ

テープを2本渡した。

「勿論、Hビデオでしょうね?」

「もちろんです。レイプ物とレズ物ですから参考にして下さい」店員はそう説明していく。

買い込んだ物を紙袋に詰め込んでポルノショップから出た二人は寮に向かう。

 

 寮に戻った二人はさっそくビデオを見た。

『や、やめて!』音声と共にテレビにロープで縛られて犯されていく女性が映し出される。

「これ、つまんないね!」真弓はテープを掛け直すと「す、すごいわ!」美由紀は驚いた。

パックリ割れた淫裂を女性が舌でなめている。

「汚いわね!」美由紀の声に「汚く何かないわ。女性のアソコは奇麗なのよ。ヌルヌルが消毒し

ているのよ」テレビではバイブが淫裂に入り込んでいる。

「すごいわ。あんな太いのが入って行く!」驚いている美由紀に「女性のアソコは伸びるのよ」

真弓は美由紀の肩に手を掛けた。

「美由紀、試しにやってみようか?」

「え、まだ明るいわよ」

「いいじゃない。明るくたって!」

「そうよね。いいわ、やってみようか」美由紀も試しにバイブを使ってみたかった。

二人は服を脱ぎ全裸になるとテレビではバイブが激しく淫裂を掻き回している。

                aika.jpg

「す、すごいわ。ああするの?」目が潤んでいる美由紀だ。

真弓はレズ用バイブを自分の淫裂に挿入して「美由紀、私が男役を先にするからね」

真弓はベルトを腰に巻き付け、バイブは真弓の淫裂に入り込んだまま固定された。

 

 「いくわね!」真弓は美由紀を抱きしめるると「ここよ!」美由紀は両足をMの字に開いてバ

イブを掴んで自分の淫裂に導き、真弓はゆっくり腰を押しつけている。

「あ、あー!」美由紀は喘ぎ声を上げながら真弓を抱きしめ(男のチンチンと同じ感覚だわ!)

淫裂に刺激が走った。

真弓は男性と同じように腰を上下に動かすと「いいわ。真弓さん!」バイブは美由紀の膣深く入

り込んでいく。

美由紀も真弓の乳房を両手で揉んでいき「いいわ。私も感じて行くわ!」真弓の淫裂からは淫汁

がこぼれている。

「あん、あん!」「いいわ!」二人の悶え声は寮の中に響いていく。

腰を動かしている真弓は疲れが増して「もうだめ。交代して!」バイブを挿入したまま抱きつく。

「交代しよう!」二人は抱き合ったまま上下を入れ替え、今度は真弓が下で足をMの字に開いて

いる。

美由紀は解かれたベルトをしっかり固定すると今度は美由紀の淫裂にバイブが固定された。

そしてゆっくり腰を上下に動かし始めるると「いいわ。男のチンポと同じだわ。いいわー!」淫

汁が流れ出してマットを濡らしていく。

 

 二人が楽しんでいると部屋のドアが静かに開いて同僚がじっと眺めている。

美由紀と真弓は気づいたが快楽を求めてやめなかった。

「すごい。あれならいいわね」「私も欲しい!」そんな会話が二人にも聞こえる。

「美由紀、いく、いく!」真弓の体がエビの用に反り返り「行って、真弓さん!」美由紀は腰の

動きを早めた。

「いくー!」そう叫ぶと真弓は動きを止め美由紀も動きを止めた。

二人は暫く抱き合ってから起きあがり、バイブが抜かれて美由紀がチンポを付けてる格好になっ

ている。

美由紀もベルトを外して淫裂からバイブを抜くと淫汁が流れ出た。

「恥ずかしい、こんなに出しんだ…」回りの同僚に言い訳をしている。

「ねえ、どこで買ったの?教えてよ!」「私にも教えてよ!」美由紀は戸惑いながらもポルノシ

ョップの場所を教えた。

すると、皆が外に買いに出かけて寮には真弓と美由紀だけ残された。

二人は全裸のまま抱き合って、いつしか寝込んでしまった。

 

 美由紀と真弓は「あん、あん」「あっ、あー!」悶え声で目が覚めた。

真弓と美由紀は脱いだ服を着込んで音のする部屋を覗くと、真弓が買い込んだレズ用のバイブを

使い、全裸になって抱き合っている。

淫裂にはしっかりバイブが入り込んでいた。

「こっちもよ!」二人は音の出ている部屋を全て覗くと、皆が真弓が買い込んだのと同じバイブ

で楽しんでいた。

「皆が買い込んだのね」苦笑いする真弓だ。

出勤まではまだ時間がり、真弓と美由紀は部屋に戻って貰ったビデオを眺めて時間を潰した。

 

「OL哀歌~美由紀編」第14話 オナニーショー  


 美由紀は真弓に連れられて休憩室に入った。

「真弓さん、アソコが痛いから取っていい?」

「いいわよ」真弓は裾を捲って膣に入れられた札束を引き抜いていく。

美由紀も真弓を見習って股間を広げて札を引き抜いて、その札を伸ばして数えた。

「あら、10万もあるわ!」

「そう、良かったね、美由紀さん」

「真弓さん、これ受け取って!」美由紀は2万円を真弓に差し出した。

「なによ、水臭いわね。美由紀、お金なんかいらないわ。私が欲しいのは…」真弓は美由紀の背

後から乳房を掴んだ。

「ご免なさい。私、嬉しくてつい!」泣き顔になると「いいの、泣かないの。わかってるわよ。」

真弓は美由紀の首に手を絡ませて唇を重ね、それを拒まなかった。

「美由紀、お願い、オッパイを吸わせて!」突然の事だが「いいわ。真弓さんならいいわ」美由

紀はスケスケのワンピースのボタンを外して乳房を掴んで取り出した。

それを真弓の口に押しつけるとその乳房を揉みながら乳首を吸いだす。

「あん、あん!」甘い溜息をだす美由紀だが真弓は味わうように乳首を吸っていく。

「真弓さん、よかった?」美由紀が声を掛けると「ええ、良かったわ」美由紀はワンピースの

乱れを直していく。

 

 「美由紀。あなたは新米だからこれから恥を掻かなければいけないの。できる?」

「どんな恥ですか?」笑いながら言うと「人前でオナニーできる?」美由紀の顔色が一瞬にかわ

り「いや。絶対にイヤよ!」拒んだ。

「そうよね、イヤに決まっているわよね。でも新米はしなければいけないのよ」真弓は美由紀の

手を握るが、美由紀は泣いている。

しばらく、沈黙が続いて「ねえ、美由紀。オナニーがイヤなら二人でレズをしようか?」

「それじゃあ、真弓さんもヌードになるの?」

「そうよ。美由紀の為ならヌードになってもいいわよ」

「だ、だめよ。真弓さんはこのお店の顔だからヌードを見せちゃ絶対にダメよ」美由紀に言われ

た真弓はジンと胸が熱くなっている。

(この子はきっと大物になるわ。普通の子じゃない!)真弓は涙を流している。

「泣かないの。真弓さん!」美由紀は舌をだして真弓の涙をなめだした。

「くすぐったい!」真弓はわざと元気を装い「それだったら、オナニーの練習するか!」美由紀

も真弓に迷惑を掛けたくなかった。

 

 お金を店のフロントに預けた二人は再び店内に戻った。

店内はお客で溢れ全裸同然の美由紀に当然お客の視線が集中している。

(いやだわ。皆、オッパイとアソコばかり見ている…)恥ずかしい思いをしながら美由紀は真弓

に連れられてお客の間を回っていく。

そして、乳房を揉まれてチップと称する「オ○ンコ丸だし」をして淫裂は再び札で一杯になって

いる。

「美由紀さん、そろそろです。お願いします」

「わかりました…」店員が美由紀に準備をするように催促してきた。

「ちょっと、失礼します」「がんばってね!」真弓は美由紀の背中を軽く叩く。

美由紀は店員に連れられて更衣室で衣服を着替える。

勿論スケスケで、いろいろな小道具を受け取った。

「準備はいいねですね?」

「はい!」返事すると店員は美由紀を連れて再び店内に戻り「長らくお待たせしました。当清水

クラブ名物、新人によるオナニーショーの開演です」

スピーカーから声が流れると拍手が上がる。

「それでは美由紀さん、張り切ってどうぞ!」再び拍手が上がった。

 

 美由紀にスポットライトが当たり、乳房が見える。

美由紀は店内の中央まで進み、臨時に作られたマットに仰向けに寝た。

(イヤだけど仕方ないし…)美由紀は震える指でスケスケのネグリジェのボタンを外していく。

ネグリジェは左右に分かれて乳房が露になり、股間の淫裂も露になった。

右手で淫裂のクリトリスを撫で、もう片手で乳房を揉みながら「あっー!」喘ぎ声をあげ続ける。

店内はホステスとお客が食い入るように美由紀の動きを見ていた。

暫くクリトリスを撫でていた指が淫裂の中に入り込んだ。

指は淫裂に入ったり出たりのピストンを始め、乳房を揉んでいた指も乳首を摘んでいく。


           aika2.jpg


「あん、あん!」自然と美由紀は声を上げているが(そう、そこでもう一本指をいれるのよ)真

弓は心配そうに美由紀を見守っていた。

(ここで、指を二本にするのね)美由紀は指を増やし2本で淫裂を掻き回していく。

「あん、あん、あん!」腰を動かしながら悶え声を上げ、淫裂から淫汁も流れている。

(いいわ、気持ちいい。本気で感じていく…)見られながらのオナニーでゆっくり登りつめていく。

「あん、あん。」腰を回すように動かし、指を抜いて小道具のバイブを挿入していく。

「いいわ。いいわ!」体を弓のように反らせ。バイブを持った手は激しく動いている。

淫裂から流れ出た淫汁は尻の穴を濡らし、マットも濡らしている。

美由紀はそれでも続けなければならず「いく、いく!」両手でバイブを持って動かし「いくー!」

そう叫ぶとぴたりと動きが停まった。

「ハー、ハー!」と荒い息づかいで両足を広げたままで淫裂にはバイブが根本まで刺さっている。

 

 これでショーは終わったが、お客は興奮していて脇に座ったホステスの淫裂に指を入れていく。

さらに、胸に手を入れて乳房を取り出し乳首を軽く噛む。

「あんー!」ホステスは皆お客によって乳房と淫裂を愛撫されている。

美由紀は興奮が収まっていなかったが、店員にせかされて更衣室に戻りスケスケワンピースに着

替えた。

着替えを済ますと店内に戻って真弓の側に座るが真弓はお客に乳首を吸われている。

真弓は美由紀に気づいて「美由紀さん、ご苦労様!」

「お、新入り上手だったよ。毎晩あのようにやってるのかい?」お客の意地悪い質問に「そ、そ

んな!」顔が真っ赤になっていく。

「新入りをあまり、からかわないでくださいよ」真弓がたしなめると「そうだよな。可愛がらな

いと嫌われるよな」今度は美由紀のワンピースを胸まで捲り上げた。

「そ、そんな!」慌てる美由紀だが、お客は気にも掛けず美由紀の乳房を揉みながら乳首を吸う。

「あっ、あー!」喘ぎ声をあげる美由紀だが、この夜、真弓のおかげで20万円ほどのチップを

手に入れた。


 

「OL哀歌~美由紀編」第13話 見習いホステス  


 レズを楽しんだ美由紀は先輩に連れられて浴室に入った。

洗い湯で体と股間を奇麗に流してから湯船に入り込み、先輩は金井真弓と名乗った。

「あなた、どうしてこんな商売する気になったの?」真弓が尋ねたが黙ったで答えない美由紀だ。

「そう。言えない事情がありそうね。でも、これからは安心して。私がいろいろと教えて上げる

から」

「ありがとうございます。お礼に背中を流させて下さい」

「あら、悪いわね」美由紀は石鹸をタオルに擦り付けて泡を立て背中を洗い出す。

その間も真弓は美由紀にいろいろな事を聞いたが美由紀は野村の事は一言も言わなかった。

湯船から上がって脱衣場で体を拭いているとガヤガヤと大勢が入ってくる。

「急がないと遅刻するわよ!」皆がレズを楽しんだために時間が無くなってしまった。

真弓と美由紀は皆より先に食堂で夕食を軽く取ってから寮を出てクラブの裏口に入った。

「いい、入るときは裏口からなの。正面からは絶対にだめよ。わかった?」

「はい」美由紀が返事すると真弓は女子更衣室へ入り「あなたは新入りだから恥ずかしい格好を

しなければいけないの。悪いけど我慢して!」

「恥ずかしい格好って、もしかしたら全裸ですか?」心配そうに尋ねると「まさか。でも、それ

に近い格好なのよ」真弓はロッカーから衣装を取りだした。

それは青みを帯びたナイロン製でスケスケの生地だ。

「これを着るんですか?」

「そう、しかも下着は着けちゃだめなのよ。」

「それじゃあ、全裸と同じだ!」

「そうなの。新米は仕方ないのよ」真弓はそれを美由紀に渡す。

「私、アソコ生えてないから恥ずかしい。せめてパンティを履かせて貰えないでしょうか?」

悲しそうな顔で真弓は「規則なのよ。できないの。私も剃っているから気にしないで着てね」

「そうよね、真弓さんも剃っているし、堂々と着てみる!」強がりを言う。

 

 「そうよ、そのいきよ。それにここがあなたのロッカーよ。鍵はしっかり掛けなさい」

「大丈夫、取られる物は何もないから」

「今はいいけど、お金を持つようになるとダメよ」

「ありがとうございます」美由紀と真弓は着替えていく。

真弓はシックな超ミニのワンピースで、胸元に穴が空き、両乳房の半分ずつ見える。

乳首と乳輪こそ見えないがかなり大胆だ。

「真弓さん、ブラジャーとパンティは?」

「これでブラジャーしたらお客は帰ってしまうわよ」真弓は笑いながら言う。

「そうよね」美由紀も吊られて笑うと「それに、ノーパンの方が便利なのよ」

「どうしてですか?」

「後でわかる。でも、恥ずかしがっちゃ絶対にダメよ。お金がもらえるんだから」

「恥ずかしいことって?」(何かしら、恥ずかしいけどお金になるって?)

「後でわかるわ」真弓の顔が赤くなっていく。

「ところで名前は美由紀でいいの。本名だけどいいの?」

「はい、美由紀でいいです。真弓さんもそうでしょう?」

「そうよ、この名前が好きなの。だから本名なの。それより着替えなさいよ、時間が無いわよ」

 

 美由紀は真弓にせかされて服を脱いで全裸になると突然、更衣室のドアが開いた。

「きゃー!」美由紀は胸と股間を隠して叫び声をあげると「あら、新入りが恥ずかしがってるわ」

後から来た寮の仲間だった。

「ちょっと、からかうのはそれくらいにして着替えなさいよ。もうすぐ開店よ!」

「そうよ、早く着替えないと!」狭い更衣室で体をぶつけ合いながら先輩達は着替えを終えた。

美由紀も着替え終えたが、先輩達は真弓と同様な衣服で胸の部分が空き、両乳房の半分が見え、

超ミニだ。

美由紀はスケスケのワンピースを着ているが、乳房が透けて見え、淫裂もはっきり見えている。

「恥ずかしい。これじゃあ、全裸の方がましよ」

「だめよ。全裸は御法度なの。スケスケでも服を着ている事になるのよ」真弓は美由紀に説明を

していく。

「わかりました。恥ずかしいけどお金の為ですよね…」

「そう、お金のためよ」真弓の言葉で美由紀は恥ずかしさが消えた。

「ドンドン」ドアがノックされ「行くわよ!」「はーい!」真弓を先頭に同僚が店内に向かう。

美由紀も最後を歩くと、ドアをノックした店員は当然に乳房を晒している美由紀に焦点が合う。

(いやらしい、私のアソコを見ている!)美由紀は恥ずかしくなっているが、真弓が気づいて

「どこ見てんのよ!」真弓に圧倒されて店員は慌てている。

(真弓さんありがとう)美由紀は心の中から感謝した。

 

 店内はまだお客がまばらだった。

「いらっしゃいませ」真弓は美由紀を連れて店内の客を回って「今度、お店に入った美由紀です」

美由紀を紹介していく。

「美由紀です、よろしくお願いします」両手を後ろにやり乳房と淫裂をお客に見せた。

「ほう、美由紀さんか。可愛い子だね」美由紀と真弓はお客を挟んで座ると、客はまず真弓の胸

の穴に手を入れて乳房を掴んで、もう片手が股間の中に入り込んで淫裂を弄くっている。

(真弓さん、オッパイとアソコを触られている!)美由紀は二人の行為をじっと見ていた。

「さてと、新米はどんな味かな?」お客は美由紀の方に姿勢を変え、ケスケのワンピースの上か

ら乳房を撫でだした。

「あら、お客様、冗談がお上手だこと」美由紀は笑っている。

(そこまでにして、オッパイだけよ…)しかし、お客は乳首を摘み「ダメよ。興奮していくわ!」

「じゃあ、証拠を見せてもらうよ」もう片手が美由紀の淫裂に入り込んだ。

(ダメよ。そこはダメよ!)しかし、美由紀は笑顔を崩さない。

お客は美由紀の恥ずかしい部分を触りまくって、楽しんだお客は「真弓さんチップを上げようね」

「ありがとうございます」真弓は裾をドレスの裾を捲って両足を開いた。

(真弓さんの膣が見える!)美由紀は声こそ出さなかったが驚いて見ている。

お客は5千札を丸めてそれを膣の中に入れると入り込んでいく。

美由紀は真弓が言った(恥ずかしいけどお金になる)との意味が分かった。

 

 「今度は新米さんにもあげようね」

「ありがとうございます」美由紀も裾を捲り、股間を丸出しにして両足を開いた。

(きっと、膣の奧まで見られてしまう…)美由紀は恥ずかしくて、太股がヒクヒクしている。

お客は5千札を丸めてると、ゆっくり美由紀の膣に入れていく。

「あ、ありがとうございます…」礼を言うと「これはご祝儀だ。真弓さん悪く思わないでくれよ」

「あら、気を使ってるの。そんな心配しなくていいわよ。それにお礼!」真弓はドレスをズラし

て自分から乳房を取りだし右手で掴みお客の口に押しつけた。

お客は乳首を吸い「あん、あん!」真弓は悶え声を上げていく。

乳首を吸い終えたお客は新たに1万円札を丸めて美由紀の膣に挿入していく。

「ありがとうございます!」

「よかったわね。美由紀!」

「はい、ありがとうございます」真弓と美由紀は膣にお札を入れたまま別なお客の所に向かう。

こうして、美由紀の膣にはこれ以上入らないと思われるほどのお札が入れられた。
 

「OL哀歌~美由紀編」第12話 先輩のいじめ  


 美由紀は着ている服のボタンを外し、上着。ブラウスと脱いでいく。

真っ白なブラジャーが覗いて「あら、大きそうなオッパイね。カップは何サイズ?」

「Cカップです!」衣服を脱ぎながら答え、上着とブラウスを脱いだ美由紀は上半身は真っ白な

ブラジャー1枚になっている。

「次は下から脱ぐのよ!」先輩に言われ、腰のホックを外してファスナーを降ろした。

スカートが足元に落ち「あら、お揃いの白なの、上品ぶってるわね」

「これしかないんです。欲しくても買えないんです」美由紀は言い返した。

「新入りだからお金がないのは当然ね、でも白はいただけないわ」

「でも、本当にないんです!」

「わかったわ。会社のを前借りしなさいよ。給料天引きだからね」下着もあるとは清水は言って

なかった。

「本当に前借りできるんですか、社長そんなこと言っていませんでした」

「本当よ、今夜の勤めで教えてあげるから。それよりもパンティから脱ぎなさい!」

「オッパイからじゃいけませんか?」

「だめ、あなたの1番恥ずかしい部分から見せなさい」

(どうしよう、剃ったのがわかってしまう…)美由紀は困っが(お風呂も共同だから、いずれ生

えてないのがわかってしまうから同じ事だわ)

 

 美由紀はこれから同じ職場の仲間となる同性の前でパンティを脱いでいく。

(恥ずかしいわ、生えてないのを知られたら何か言われる)美由紀は股間を両手で隠している。

(この子、生えてないのかしら?)同僚達は股間を必要に隠す美由紀に疑問を感じている。

それでもどうにか、股間を隠しながらパンティを脱ぐことができた。

「次はブラね!」美由紀は右手で股間をしっかり隠しながら左手で背中のホックを外していく。

ブラジャーは緩んでいきカップから白い乳房が飛び出し、左手で器用にブラジャーを脱いで美由

紀は全裸になった。

「これでいいかしら?」真っ赤な顔で美由紀が言うと「まだ恥ずかしい所を見せてないわよ。手

をどけなさいよ!」先輩格がいう。

(恥ずかしいけど、しかたないわ)美由紀は股間を隠している左手を退けた。

それと同時に「パイパン!」「あらー!」淫裂が丸出しの股間に驚きと嘲笑が渦巻く。

淫裂からは襞が飛び出して、美由紀は耳まで真っ赤になっている。

「あなた剃ってるの、変態じゃないの?」

「ち、違います。ローンの返済のために剃られたんです!」美由紀は変態と言われて言い返した。

「借金の返済でオ○ンコを剃らせたの?」「はい!」美由紀は頷いた。

「剃ったのはいいとしても、両手で広げなさいよ。それに足もひろげて!」美由紀は俯いたまま

足を広げ、両手で淫裂を広げた。

「オ○ンコを見て欲しいんでしょう、ちゃんと言わないと」

(誰も見てくれ何ていってないわ)と言い返したいが「美由紀のオ○ンコを皆様でご覧になって

下さい!」屈辱で声が詰まり、なぜか涙が流れてくる。

「う、う、うー!」声を上げて泣き出す美由紀だ。

「泣いてないで、そこに座ってオナニーしなさい!」

「そんなのできません!」遂に美由紀は反抗してしまった。

 

 「先輩に口答えするなんていい度胸ね」美由紀は周りを取り囲まれしまった。

「オナニーをしなさいよ!」

「いや。絶対、いや!」

「仕方ないわね」先輩達は一斉に美由紀に襲いかかった。

「いや、やめて!」美由紀は両手、両足を抑えられて床に大の字に押さえつけられた。

「仕方ないから、私がやるわ!」1番の先輩が美由紀の開いた足元に膝を立てて座り、股間を撫

でていく。

「いや、やめて下さい!」しかし、美由紀の膣の中に指が入り込み「いやー!」指はゆっくり膣

の中を掻き回していく。

「だったら、私はオッパイにする!」新たに二人が加わって右左の乳房を揉みだした。

「痛い。やめて下さい!」美由紀は抵抗ができない。

さらに、クリトリスの包皮も捲られて撫でられて「あ、あんー!」喘ぎ声を上げた。

「そーら、感じ始めたみたいよ!」先輩達は美由紀を辱めながら顔を見ている。

「いや、やめて下さい。お願いです!」

「だったたら、自分でする?」

「いやです。絶対にいや!」クビを左右に振って美由紀は拒んだ。

「仕方ないわ。だれか、あれ取って!」膣に指を入れている女性が指図すると何かが渡された。

「いくわよ!」指に変わって一気に入り込み「だめ。抜いて下さい!」背中を反らせながら言う。

「ふ、ふ、ふ。気持ちいいでしょう」それはバイブだった。

ゆっくり膣から抜いたり入れたりとピストンをしていくと「あん、あん!」美由紀はいつしか喘

ぎ声を上げている。

 

 また、乳房を揉んでいた二人は一斉に乳首を吸い始め「あっ、あー!」全身を弓のように反ら

せながら喘ぎ声を上げている。

「ほら、お汁も出てきたわよ」

「いや。もうやめて下さい!」美由紀の淫裂からは淫汁が流れ始めている。

(だめよ、感じちゃだめよ!)気持ちいいのを知られまいと堪えているが、体は正直で今の気分

を現している。

「行きたいでしょう、でも、行かせないわ」淫裂からバイブを抜いて入膣の入口に押しつけた。

(入れて、お願い!)美由紀は体をずらしながらバイブを迎えようとしている。

そして、少し入った所でまたバイブが抜かれた。

「ふ、ふふ。行きたいでしょう?」

「はい。行かせて下さい!」

「じゃあ、オナニーする?」

「します。だから入れて下さい!」

「それじゃあ、入れるわ!」再びバイブが入り込んで「あん、あん!」美由紀は腰を持ち上げた。

「後は自分でしなさい!」先輩はバイブから手を離し、美由紀の両手の自由も戻った。

その自由になった手で淫裂に刺さったバイブを掴んで「あん、あん、あん!」ピストンをさせて

いく。

先輩達はその様子を眺めているが、邪魔な絨毛がないので淫裂の様子がよく見える。

 

 「私も感じてきた!」1人がスカートを捲り座り込み、オナニーを始めた。

「私もよ」先輩達は美由紀のオナニーを見ながらオナニーをしていく。

見られている美由紀はもう、他人の事などどうでもよく「いく、いく!」淫汁が尻の穴を濡らし

ている。

「あんなに濡らして気分良さそうね」

「私達もしない?」

「お相手してくれるの?」

「あなたさえよければ」

「勿論いいわ。しましょう!」先輩達はカップルを作り、次々と抱き合って部屋からでていく。

残ったのは美由紀とこの部屋の住人だけだ。

美由紀はバイブの動きを早めて「行くー!」そう叫ぶと動きがとまった。

バイブは根本まで淫裂に入り、美由紀は天井を見つめて「ハア、ハア!」と荒い息をしている。

「私もいきたい!」1番先輩の住人も衣服を脱ぎだした。

先輩は上から脱ぎ、スカートも脱いで真っ黒なスリップだけの姿になり、肩紐をずらすと少し垂

れ気味の乳房が現れた。

もう片方の紐もずらすと足元まで落ちて美由紀と同じ全裸になった。

まだ30才代と思われるが腰のくびれ、恥丘の張り具合は美由紀に負けてない。

さらに、股間にはあるべきヘアが生えておらず、淫裂からは2枚の肉襞がはみ出ている。

だが、肉襞は先端が美由紀と違って黒ずんている。

 

 「ねえ、私にしてくれない?」美由紀に唇を重ねた。

「いいわよ」荒い息をしながら答えると「ありがとう」先輩は向きを変えてお尻を美由紀に向け

て四つん這いになった。

「私、後ろからされるのが好きなの。だから後ろからして!」

美由紀は目の前にある淫裂に指を入れて掻き回していと「あん、あん!」悶え声を上げていく。

(あら、もう濡れている!)淫裂からは淫汁が流れ、指を二本にして淫裂への出し入れをする。

すると「これでして!」先輩は美由紀の淫裂に刺さっているバイブを引き抜き渡した。

美由紀は指に変わってバイブを挿入すると「いいわ、いいわよ!」叫びなが美由紀の淫裂をなめ

回す。

「だめ、汚いわ!」

「汚く何かないわよ!」舌が膣の中に入り込み「あっ、あー!」バイブを動かしながら美由紀は

悶え声を上げた。

二人は夕方遅くまでレズを楽しみ、他の部屋の住人も楽しんでいて、喘ぎ声があちこちの部屋か

ら聞こえている。

   


「OL哀歌~美由紀編」第11話 寮生活  


  美由紀と絵里はビルの中に入り「清水クラブ事務所」と書かれた部屋に入った。

「どう、お元気そうね」絵里が挨拶すると「おかげさまで。絵里さんも元気そうですね」社長の

清水も答えてくる。

「貧乏暇無しだから、元気でいないとね」

「ところで修行の件は本当なんですか?」

「勿論よ。紹介しておくわ。こちら清水拓也さんよ。バーの社長さんなの」

「清水クラブの社長です。今後ともよろしく!」

「社長さん。こちらが先ほど言った美由紀さんなの」

「大原美由紀です。よろしくお願いします」美由紀も挨拶をしていく。

「絵里さん、こりゃあ、上玉ですよ。受けますよ、この子なら!」清水は美由紀の全身を食い入

るようにを眺めている。

「そりゃそうよ。私のお気に入りだもの」

「でも、そのお気に入りにどうしてこんな仕事をさせるのですか?」疑問に思うのは清水だけで

はない。

普通の人だったら気に入った人の裸を他人に見せる気にはなれないからだ。

「修行よ、甘い考えを捨てて執着心を持つ為よ。でもセックスはだめよ。よく監視してね」

「わかりました。大事にお預かりします。貞操もね!」

「清水さん、あなただけは、美由紀のオッパイを触るだけを許すわよ」

「いいんですか。早速オッパイをだしてもらおうかな?」

 

 ある程度、ヌードを覚悟をしていた美由紀だが、いきなり言われて「イヤです。他人にオッパ

イなんか触られたくない!」嫌がった。

「ふざけるな。自分の置かれている立場を考えろ!」清水は早速、渇をいれた。

震える手で仕方なく美由紀はブラウスを捲り上げてブラジャー姿を見せていく。

「早くオッパイを出しなさい!」美由紀は顔を横に向けてブラジャーを捲り上げるとカップから

飛び出た乳房が揺れている。

「いい形ですね!」清水は両手で乳房を掴み揉んでいく。

「だ、だめ。揉まないで!」美由紀は全身が硬直し乳首も勃起している。

「絵里さん。この子、敏感ですね」乳首をも摘みながら言う。

「そうよ。だから私のお気に入りなのよ」

「絵里さんが気に入る訳だ」乳房を揉んでる清水が言う。

「もういいでしょう?」

「ああ、いいよ!」絵里は清水の手を払いのけるようにブラジャーを下げて乳房をカップの中に

しまいこんでいく。

 

 「それじゃあ、美由紀君には寮に入ってもらうよ。修行をしている間だけだけどもね」清水は

さらに「アパートはそのままだ。手荷物無しで入ってもらう。給料は絵里さんに預けるから手渡

しはなしだ」

「それじゃあ、食べていけません!」

「食事は三食付きだ、心配するな。衣装は貸し出しで給料から引き去りする」

「アパートの家賃を払っておかないと大家さんとの契約が…」美由紀はアパートが心配だった。

「大丈夫よ。私が話をつけておくから」絵里が美由紀に言う。

「それではあんないしよう、行こうか!」清水は美由紀を連れて部屋からでていくと「清水さん。

美由紀の貞操は守ってやってね!」絵里が声を掛けた。

「当然です。本間社長さんのお気に入りですから」美由紀は清水に連れられて寮に向かう。

寮は事務所から歩いて近くの所にあり、そこから事務所に通うことになった。

寮の入口から入ると個室が数室あり、食堂、浴室、トイレは共同となっている。

その管理人は55才の老婆がしており「あら、社長さん!」「新入りなんだ。面倒を頼むよ」

「大原です、よろしくお願いします」

「ついてらっしゃい!」老婆に連れられて美由紀は2階に上がって一番突き当たりの部屋に案内

された。

「ここがあなたの部屋よ」ドアを開けると汚れたベッドに布団が置かれている。

その部屋にはベッド以外には何の設備もない。「これからは、欲しいものは、あなたの体で稼ぐ

のよ」老婆はそう言い残してドアを締め美由紀が部屋に1人残された。

 

 美由紀は部屋の掃除を始めた。

部屋の隅にある掃除用具からバケツと雑巾を取りだして掃除を始めていく。

「凄く、汚れているわね」雑巾を水の入ったバケツに入れると真っ黒になり、汚れたバケツの水

を交換しながら掃除している。

「あら、新入りなの?」背後から声がかかり「はい、今度住むことになった大原です。よろしく

お願いします」

「それは良いんだけど、ここにはルールがあるの。新入りは1番古い先輩の部屋に挨拶に行かな

ければいけないの。知ってる?」

「知りませんでした。どの部屋でしょうか?」美由紀は真剣な顔で聞いている。

「知らなかったからいいかな。まあ、付いて来なさい!」先輩に連れられて後ろから行く。

「あら、新入りなの?」

「そうみたいね!」どの部屋からも女性が現れてきて美由紀の後を付いてくる。

美由紀達寮の住人は全員が一つの部屋に集まった。

「先輩、新入りです」

「あら、新入りなんて久しぶりね」寮で1番古い女性はまだ28才くらいだった。

「今度の新入りはかわい子チャンね。中身はどうなのかしらね」

「中身って?」美由紀は聞き返した。

 

 「中身よ。あなたのヌードよ!」

(この人達私のヌードを見たがってのかしら?)美由紀は聞き返した。

「ヌードですか?」

「ええ、ここでスッポンポンになるのよ」先輩がいうと「もし、イヤといたら?」

「それでもヌードになるの。いやならこの寮には住めないかもよ」美由紀は覚悟を決めた。

(これはいじめだわ。でもこの寮からでる訳にはいかないし…)

「わかりました。ここでヌードになれば仲間として扱ってくれますよね?」

「勿論よ。でも、あなたの一番恥ずかしい所も見せるのよ!」

  

「OL哀歌~美由紀編」第10話 意外な答え  


 喫茶店を出ると美由紀は絵里が社長をしている本間金融の事務所に向かった。

本間金融の事務所には、いつもの若い女性の受付がおらず、代わりに中年の女性が受付にいた。

「あのー、本間絵里さんにお会いしたいのですが?」

「ご予約なさってますか?」受付の女性はキッパリ言う。

「いいえ」美由紀は応えると「それじゃ、無理です。残念ですがお会いになれません!」美由紀

と絵里の関係を知らない受付は素っ気なく言う。

「わかりました」これ以上言っても無駄と考えた美由紀は(仕方ないわね。直接合うわ!)一旦、

事務所を出ていく振りをして隠れるようにして、絵里のいる部屋に向かって歩いていく。

幸い、絵里の部屋へ通じる廊下には誰もいない。

「そこが絵里さんの部屋だったわね」ドアの前に立ってノックをしようとすると「あぅ、あん、

あー!」中からは喘ぐような女性の声が聞こえる。

「何かしら?」美由紀は悪い事とは知りながらそっとドアを押した。

(鍵がかかってない!)美由紀は音を立てないようにしながら中に入りドアを戻していく。

「あん、あん!」前と違って大きな声が聞こえ、忍び足で音のする方に向かって歩いた。

そして「!」驚きで美由紀は声が出なくなった。

 

 美由紀の前では一糸まとわぬ女性二人が絡み合っている。

それは絵里とこの前までは受付をしていたの女性だった。

女性は絵里の机に仰向けに寝ており、絵里はその女性にかぶさって乳房を揉みながらもう片手で

淫裂に指を入れている。

女性も両手で絵里の乳房を揉みながら「お願いです、このまま雇って下さい!」甘えながら言う。

「私もあなたを側に置きたいけど、あなたは好きな男ができてセックスまでしたでしょう?」

「はい。でも別れます。も、もうしませんからここに置いて下さい!」

「悪いけど、それはできないわ。あなたは、男性に抱かれる方が幸せよ。嫌って言ってるじゃな

いのよ」

さらに「証拠に指じゃ感じないでしょ。男のチンポが指より良いでしょう。あなたの幸せを考え

ての事よ」と言う。

女性に好きな男ができてセックスまでしたのだから結婚しろと絵里は言っている。

絵里の説得で受付をしていた女性も決心し「私、結婚します。でもたまには相手をして下さい」

絵里の乳房に吸い付いた。

「いいわよ。いつでもいらっしゃい!」絵里は嫌がらず乳房を差し出した。

それを見ている美由紀は股間が熱くなっていく。

座り込んだ美由紀はスカートの中に自然に右手が入り、パンティの股間部分を覆っている布地を

ずらして割れ目の中に指を入れていく。

左手も自然に上着の裾を捲って、ブラジャーをずらして乳房を揉んでいる。

「あん、あん!」3人は悶え声と喘ぎ声をあげていた。

 

 それを破るように「あ、あんた誰なの!」絵里に淫裂を愛撫されていた女性が気づいて両手で

淫裂を隠しながら叫んだ。

「美由紀さん!」絵里はオナニーしている美由紀に声をかけた。

絵里の声に美由紀は正気に戻り、淫裂、乳房を触っていた手を退けて「失礼だとは覚悟の上で絵

里さんにお会いしたくて伺いました」

「何か、訳がありそうね?」

「はい。助けていただきく伺いました」絵里は全裸のまま隠そうともせず対応したが受付の女性

は罰が悪そうに慌てて脱いだ衣服を着込んみ、部屋から出ていった。

「美由紀さん、私はヌードよ。あなたもヌードじゃないと対等じゃないわよね」

「そうですね」美由紀は絵里の意味が理解でき衣服を脱ぎだした。

絵里は美由紀の衣服を脱いでいく様子を黙って見ていたが(ストリップがバレタみたいね)冷静

だった。

美由紀は下着だけの姿になるとパンティとブラジャーも脱いで絵里と同じ全裸になった。

「ひょっとして、会社をクビになったの?」

「ええ、そのようなものです」素直に答えた。

(さて、どうしたらいいものかしら?)絵里は迷っていた。

美由紀を側に置いて自分のレズ相手としたいし、後継者としても育てたいと前から思っていた。

絵里は黙って考え(とりあえず、楽しんでからにするか!)絵里は全裸で立っている美由紀の淫

裂を右手で撫でながら乳首に吸い付く。

「あっ、あん、あん!」美由紀は甘い呻き声をだし、立ったまま絵里の乳房を掴んで揉んでいく。

(いいわ、もっと強くよ!)絵里も美由紀の淫裂に指を入れて掻き回していく。

「ダメよ。変になっていく!」絵里は美由紀を机に座らせて仰向けに寝かせ、キスをしていく。

そして、別荘でした事を二人は社長室で行い、淫裂からは淫汁を出したまま抱き合っている。

 

 30分ほで楽しむと二人は全裸のままソファーに座った。

「ねえ、美由紀さん、私の会社に勤めない?」

「えっ、本間さんの会社ですか?」

「いやかしら?」

「いいえ、喜んで勤めさせてもらいます」

「でも、美由紀さんはまだ苦労が足りないわ。お金に対する執着心が足りないと思う」

「そうでしょうか?」

「そうよ。だから修行をしてきなさい。それから私の秘書をしてもらうわ」

「修行ってどんなことをするのですか?」あどけない美由紀に絵里は冷酷なことを言う。

「あなた、風俗の修行をしなさい。それでお金への執着心を身に付けないと!」

「ふ、風俗ですか?」まさか美由紀は風俗の修行などするとは思っていなかった。

 

 「そう、裸の修行よ。他人に自分の裸を見せてお金を稼いで見なさい」

「ヌードを見せるのはいやです!」泣きそうに美由紀はいうと「甘えるんじゃないよ。女が生き

ていくためには裸も覚悟しないと生きていけない時代なんだから!」絵里は突き放すように言う。

意外な答えに美由紀は泣き出したが、絵里の言うことにも一理ある。

「わかりました。やってみます!」美由紀は生きていくために修行を承知した。

「早速だけど、明日からはじめるわ」全裸のまま立ち上がった絵里は電話を掛けた。

そして、電話が終わると「服を着なさい。行くわよ!」

美由紀には意味が分からなかったが絵里に言われて衣服を着込んでいく。

絵里も床に脱ぎ捨ててある衣服を着込んでから二人は社長室を出た。

「あ、社長。どちらに?」絵里の相手をしていた女性が声を掛けた。

「清水クラブよ。後はよろしくね」

「わかりました」絵里とのレズで全裸はおろか淫裂に指を入れられた姿を見られたその女性は恥

ずかしくて俯いて美由紀の顔を見ようとはしない。

本間金融の入ったビルから出た二人は10分程歩いて「清水クラブ」と看板があるビルに入った。 

「OL哀歌~美由紀編」第9話 退職  

  美由紀泣きながら衣服を着ていくがパンティは福原が出した精液でビッショリ濡れているので

履かずにスカートを履いた。

全て元通りになった美由紀に「まったく、スケベな女だな。俺も騙されるとこだったぜ」

「そうか、野村を騙すつもりだったのね」

由佳の言葉に「違います。野村さんが迫ったんです!」

「嘘つくなよ。自分から僕の性器をしゃぶったじゃないか」

「……」美由紀は応えられない。

「それで、美由紀とセックスしたの?」由佳の問いに「騙されたんだ。仕方なくしたんだ」野村

の言い訳で再び美由紀は泣き出した。

「野村とセックスしたんじゃ仕方ないわね。ハイ、手切れ金よ。100万払っておくわ」

「お金なんか入りません。本当に野村さんから迫ったんです」

「だから、手切れ金よ。二度と私達の前に現れないでね」悔しさで再び泣き出す美由紀にかまわ

ずに上着のポケットに由佳は札束を詰め込んだ。

そこに福原が再び現れて「大原君、会社を辞めてもらうよ」と告げる。

さらに「本来なら懲戒免職になるところだがここは温情で自己都合で退社したことにしておくよ」

美由紀はもう会社には居れない事を思い知った。

 

 美由紀は職場に戻ると自分の荷物をまとめて紙袋にしまい込んでいく。

しかし、同僚達は美由紀に決して手を貸そうとはせず、黙って冷ややかな目で見ている。

かっての同僚の前で荷物をまとめ、誰も見送りがないまま会社から出た。

「もう、私の人生は終わったんだ」美由紀は今まで通い詰めた会社を振り返って呟き、自分のア

パートに向かって歩いた。

11時には自分のアパートに戻ってドアを開け、美由紀は荷物を放り投げてベッドに飛び込んだ。

ベッドで横になっていると次々と思い出が浮かぶ。

「ひどいわ。あんまりよ、野村さん!」会社のことが浮かんで美由紀は再び泣き出した。

堪えても自然に涙が流れ出し、涙はいくら拭いてもとまることが無く流れ続ける。

泣き続ける美由紀はいつしか泣き疲れて意識が薄れ深い眠りに入り込んでいった。

 

 ~眠り込んだ美由紀は夢を見ている。

小さな部屋でなぜか衣服を脱いで全裸になって鏡に自分の全身を映している。

すると突然に風景が変わり、いきなり現れた大勢が美由紀の全裸をニヤニヤしながら眺めている。

美由紀は両手をクロスさせて股間と乳房を隠すと、野村が現れて美由紀は両手を万歳する格好で

押さえつけた。

美由紀は乳房と股間を大勢に晒し、周囲の人間は美由紀の股間に注目し絨毛の批評をしていく。

そこに由佳が現れた。

由佳はカミソリで美由紀の絨毛を剃っていくが、金縛りにあったように動けない。

由佳は美由紀の股間にある絨毛を全て剃り上げ、子供のようにツルツルな割れ目が現れ、襞が割

れ目から飛び出ている。

大勢が美由紀の股間の割れ目をを見て笑っている。~

 

 「いやー!」美由紀は叫び、そこで夢が覚めた。

美由紀は全身が汗でビッショリになり「夢か!」美由紀は汗を手で拭きながら時計を見た。

「もう3時だわ。こんな時間なの?」美由紀は時計を見ながら額の汗を手で拭いた。

「汗でビッショリだわ!」美由紀の下着は汗でビッショリだ。

不快感で美由紀は着ていた衣服を脱ぎブラジャー1枚の姿になった。

パンティは会社で脱いでいたのでピンクの淫裂が覗いている。

「着替えないと」誰もいない自分の部屋でブラジャーを外していく。

乳房には、先ほど福原に揉まれた時にできた痣がある。

生まれたままになった美由紀はバスルームに向かい、シャワーを浴びた。

シャワーを浴びながら美由紀はこれからの事を考え「これからどうしようかな?」当てのないか

ら職を捜さなければならない。

「ハローワークに入ってみようかな?」バスタオルで全身を拭きながらふと思いついた。

バスルームから戻った美由紀は急いで服を着込みハローワークへと向かった。

 

 ハローワークでは親切に担当者が美由紀と面接をして尋ねてくる。

「どうして、前の会社をお辞めになったの?」美由紀は答えられない。

まさか、ストリップ出演がばれたとは言えないから「いろいろ事情がありまして!」

「そう、もったいないわね。実は不景気で女性の求職は無いんですよ」早い話が職は無いとのこ

とだった。

担当者はとりあえず失業保険で生活をするように勧め、説明をしていく。

しかし、美由紀は保険なんかどうでもよく、職がないならそれで良いのだ。

美由紀は仕方なく最後まで話を聞いてハローワークを後にした。

美由紀は歩きながらいろいろ考えたが考えが浮かばない。

無造作に歩くと喫茶店の看板が目に付き「コーヒーでも飲もうかな?」看板が飾ってある喫茶店

に飛び込んだ。

「いらっしゃいませ!」美由紀はとりあえずイスに座ると「何をお召し上がりますか?」「ホッ

ト頂戴!」「かしこまりました」美由紀はウェトレスが置いていった水を飲み込む。

「そうだ。困ったら絵里さんが来いと入っていたわ!」コップを置いて立ち上がろうとした時に、

「お待たせしました!」ウェイトレスがコーヒーを運んできた。

「ありがとう!」美由紀は直ぐに絵里の所に行きたかったが失業した今は、出されたコーヒーを

最後まで味わうように飲み込んでいく。

[OL哀歌~美由紀編]第8話 裏切り  


 翌朝、美由紀と絵里は一緒にシャワーを浴び、絵里は美由紀の体を丁寧に洗っている。

(この子が側にいてくれたならいいのにな…)そう思いながら美由紀の乳房や背中、股間と洗っ

ていく。

「絵里さん、今度は私がしてあげる!」体を綺麗に洗われた美由紀が今度は絵里の乳房を撫でる

ように洗う。

(絵里さんのオッパイはまだ柔らかいわ。私と同じ柔らかさだ)そう思った。

「美由紀さん、私のオッパイの事、考えてるでしょう?」美由紀はドキッとした。

「ち、違います。肌の色です!」と答えた。

(ふ、ふ、ふ。図星だった見たいだわ。可愛いわね。この子がどうしても欲しいわ)絵里は美由

紀をどうしても側に置きたくなった。

シャワーを浴びた二人は衣服を整えて遅い朝食を食べていると支配人が「皆様、お帰りになら

れましたがどうしてもそちらの女性にと!」

「あら、何かしら?」絵里は大きく膨らんだ紙袋を開けた。

すると中からは小切手や現金が出てきて「だめじゃないの。こんなのもらっちゃ!」絵里が支配

人を叱った。

「私も絶対にできませんと言ったのですが、効かないんですよ」支配人が申し訳なさそうに言う。

「無理もないわね。この子が本気でやったのが感動を呼んだ訳ね。仕方ないわ、今回だけよ」絵

里が言うと「はい、今回だけは私にもどうしようもなかったんです」支配人はそう言い残して戻

った。

「美由紀さん、これご祝儀よ。300万くらいあるわ」

「いただけません。私は絵里さんとの約束しかいただけません!」

「あら、可愛い子だこと。じゃあ、私が預かって置くわ。困ったことがあったら必ず来てね」

「ハイ!」素直に返事をする美由紀だ。

 

 絵里と美由紀は電車に乗って再び東京に戻り、本間金融の事務所に入っていく。

絵里は事務所に入ると机から机から契約書と書類を取りだして美由紀に渡した。

「それが契約書よ。そして、これが約束のお金よ」そこには3つの札束がある。

「お客に喜んでもらえたから、約束のボーナスもあるわ」

「あのー。現金は困ります。あまり持った事がないので振り込んでもらえませんか?」

「いいわよ。ここの口座でいいかしら?」

「ええ、お願いします。これで明日から思い切り食べれます」

「あなた、今まで何を食べてたの?」

「くずパンと野菜です」

「どうして、好きなのを食べないの?」

「約束したでしょう?月10万返すと。それで節約してたんです。約束は絶対に守らないといけ

ないでしょう!」

 絵里は何も言えなくなっていた。

(若いのにしっかりしてるわ。約束なんて守らない時代なのに。この子が後を次いでくれたら…)

目頭が熱くなる絵里は「じゃあ、困ったことがあったら必ず来るのよ。忘れないでね」と借用書

と契約書を美由紀に渡した。

「じゃあ、ご苦労様でした!」

「はい、助かりました」美由紀は丁寧に挨拶をしてから本間金融の事務所を後にした。

 

 翌日、普通通りに会社に出勤した美由紀だが同僚の目が違っていた。

「おはよう!」と声をかけても返事がなく無視されている。

「変ね?」美由紀は軽い気持ちでいたが、会社の中では重大な事が起こっていた。

「大原君、ちょっと来てくれ!」

「はい、福原さん」美由紀は福原に呼ばれて会議室に入ると、そこには野村とフィアンセの由佳

がいた。

「あら、野村さんに相原さん、一体どうしたの?」

「それはこっちが聞きたい。とにかく見てくれ!」福原は用意されたパソコンのマウスを操作し

ていく。

それを見た美由紀は声が出せなくなってしまった。

それは美由紀のヌードが映っていたからで、乳房と股間の絨毛がはっきり映っている。

画像はさらに進み剃毛する美由紀が映し出され、見ている美由紀は体がガクガク震えていく。

モニターには美由紀の恥ずかしい部分を次々と映していく。

パックリ割れた淫裂に指を入れてオナニーする姿が映し出された。

「いやらしい。指で膣を弄るなんて変態よ!」美由紀の顔は蒼白になっている。

 

 「美由紀君、何か言い返すことがあるかね?」

「これは、私じゃありません!」美由紀は生まれて初めて嘘をついた。

「じゃあ、ヌードになってよ。オールヌードにね。それなら分かるわよね、野村さん!」

「ああ、ヌードになれば分かるはずだ」

「い、いやよ。ヌード何かいやよ!」

「俺に抱かれたくて、ヌードを見せたよね。ヌードは君の特技じゃないのかい?」

「ひどいわ!」美由紀は好きだった野村からの屈辱的言葉に泣き出した。

「とにかく、ヌードになってもらわないと」福原は美由紀の上着のボタンを外しに掛かった。

「い、いやー。やめて!」嫌がる美由紀だが「この、泥棒猫!」由佳が平手打ちを美由紀に飛ん

だ。

「人の婚約者と寝たいからいって、ヌードになるなんて変態のすることよ!」再び平手が飛んだ。

福原は嫌がる美由紀の両手を抑えて万歳の格好をさせた。

野村と由佳が嫌がる美由紀のスカート、ブラウスと着ている物を脱がしていく。

「いや、やめて!」美由紀はブラジャーも剥ぎ取られ残ったのはパンティ1枚だけだ。

「これを取れば分かるわ。ヘアがあれば別人だけど、ヘアが無かったらあなたよね」由佳は万歳

する美由紀の真っ白なパンティに両手を掛けて降ろしていく。

「やめて!」由佳の手が下がっていくと恥丘に普通生えていなければならない絨毛が生えてない。

「ほら、生えてないわ!」由佳はパンティを膝まで下げ降ろした。

美由紀は涙を出して泣いているが「ほら、こんなに淫乱よ!」由佳は両手で淫裂を広げと襞を引

っぱり出す。

美由紀は観念してもう抵抗を諦めた。

 

 「福原さん、試したら。この子が淫乱かどうか入れてみたら?」由佳は美由紀を辱めるために

福原のズボンのファスナーを降ろして肉竿を引く出す。

最初、萎縮していた肉竿は由佳がしごいて堅くなっている。

「じゃあ、淫乱か確かめるか!」福原は美由紀の手首を抑えていた両手を乳房にやり、由佳が肉

竿を膣腔に導いた。

「あ、あー!」前戯無しに入り込んだ肉竿に美由紀は顔をしかめる。

福原は乳房の柔らかさを味わいながらピストンをしていく。

「美由紀さん、いい格好よ。記念に撮らせてね」由佳は背後から淫裂に挿入されている姿をデジ

カメに納めた。

「福原さん、思った通り淫乱でしょう?」

「ホントだ。ドンドン締め付けてくる。こりゃ本物の淫乱娘だな!」福原は美由紀を犯しながら

屈辱を浴びせている。

やがて、福原は絶頂を迎え「いく、いく!」福原は美由紀の膣内で爆発してしまった。

淫裂からはポタポタと精液が垂れて、膝に絡みついたパンティを濡らしていく。

「じゃあ、報告してくるか!」福原は全裸でうずくまっている美由紀にかまわずズボンを直して

会議室から出ていった。

「淫乱娘さん。服を着なさいよ」由佳は冷酷にも脱がされた服を美由紀に投げかけた。

美由紀は泣きながら剥ぎ取られた衣服を着込んでいくが、好きだった野村にも裏切られてただ泣

くしかなかった。

  

[OL哀歌~美由紀編」第7話 指による絶頂  


 
 美由紀はステージで体を起こして両足をMの字にすると絵里が現れた。

「絵里さん!」美由紀は絵里がステージに上がってくるとは夢にも思ってなかった。

絵里は真っ黒な美由紀の絨毛にムースを吹き付けて塗込んでいく。

絨毛が肌にへばりつくと「剃るわよ!」絵里は美由紀の股間にカミソリをあてて下から上に向か

って剃りだした。

真っ黒な絨毛が剃り上げられて淫裂の左側が丸見えになると右側を剃っていく。

カミソリの動きに合わせて淫裂の周辺の絨毛が全て剃られて上部に生えているだけだ。

「美由紀さん、恥ずかしくないのかしら?」由佳は剃られた淫裂を黙ったまま眺めている。

「明日、美由紀さんに聞いてみよう」由佳はデジカメで隠し撮りをするが絵里はカミソリを残さ

れた上部に当てて全ての絨毛が剃った。

股間はパックリ割れた淫裂が露になり、その淫裂からは襞が左右二枚はみ出している。

美由紀の絨毛を剃り終えた絵里はカミソリなどの道具を片付けて戻っていく。

(恥ずかしい。これが私の性器なんだ)剃り上げられた股間を眺めながら美由紀は溜息をついた。

「綺麗なピンクだ!」観客は剃り上げられた美由紀のピンクの淫裂に興奮していると再び音楽が

流れた。

 

 (オナニーするんだ!)美由紀は仰向けになり、左手で乳房を揉み、右手の指で淫裂を撫でて

いくと、観客は当然に美由紀の淫裂に注目している。

左手は乳房から乳首を摘み、右手の中指が膣腔に入り込んでいる。

「あ、あー!」美由紀は喘ぎ声を上げ(見られながらするオナニーって感じるのね)中指が膣の

中を掻き回していくと、淫裂からは淫汁が流れてテカテカに光っている。

観客は「シーン!」と静まりかえり、美由紀のオナニーする様子を眺めている。

膣に入り込む指はいつしか、人差し指も加わり2本となって膣を掻き回していく。

「あ、あん!」体を反らせ、腰を突きだして、見られている恥ずかしさは消え自分の快楽を楽し

んでいて、淫裂からは淫汁が垂れてステージを濡らしている。

美由紀は自分の指にあわせて「あん、あん!」声を出し腰を動かしていく。

「いやらしい。美由紀さん、こんな趣味があったんだ!」由佳はこっそりとストリップから剃毛、

オナニーとデジカメで隠し撮りをしているが、美由紀は会場に由佳がいることさえ知らずにオナ

ニーをやり続けた。

音楽が終わり、美由紀の時間は終わった。

「いいぞ!」「すごいぞ!」喚声があがるが、演技でなく本当に行く寸前で観客にもそれが分か

っていた。

美由紀は胸と股間を両手で隠しながら控え室に戻ると、入れ替わりに女性がステージに向かって

控え室から出ていく。

「よかったわよ。お客が喜んでいるわ。約束通りにボーナスを出すわよ」絵里は自分の目に狂い

が無かった事を喜んだ。

 

 その日、美由紀は絵里に誘われて別荘に泊まっが同じ部屋だ。

「美由紀さん、全部脱いで。もう一度、ヌードを見せてくれない?」

「絵里さんには、お世話になったからいくらでもヌードになります」美由紀は衣服を脱いで下着

姿になったがストリップの時のスケスケ下着だ。

「綺麗だわ!」絵里は美由紀の乳房を撫で、背中のホックを外し、乳房に吸い付いた。

「だ、だめです!」美由紀は生まれて初めて女性に乳房を吸われた。

「絵里さん。いけないわ。女性同士よ!」

「あら、女性同士で楽しむ方法もあるのよ」笑いながら絵里も衣服を脱ぎだした。

絵里は40歳代だが、普通の女性は腹部に脂肪が溜まって膨らむが絵里は奇麗にくびれている。

パンティを脱ぐと股間の絨毛が剃ってありピンクの淫裂が覗いていた。

それは美由紀の淫裂と比べても見劣りしないが、割れ目からはみ出す襞の先端が黒ずんでいる。

絵里はブラジャーも外して全裸になったが、乳房はまだ張りがあって垂れ下がってない。

乳首はさすがに黒ずんでいて「どう、私のヌードは?」絵里は美由紀に見せる。

「奇麗よ。とても奇麗よ!」

「ありがとう、お世辞でも誉められるとうれしいわ!」

「お世辞でなく、本当にきれいよ!」言い訳する美由紀に近寄って絵里は役目をしないパンティ

を下げていく。

「絵里さん!」慌てる美由紀に「大丈夫、取って喰おうなんて思ってないから」そう言いながら

太股にパンティが絡みついたままの美由紀の淫裂を舌で舐めていく。

「だ、だめよ。そこは汚いわ!」絵里の舌は美由紀の淫裂の上部にあるクリトリスをしっかり捕

らえている。

「あん!」美由紀は背中に電気が走るような衝撃を受け倒れそうになるのを絵里の頭を両手で押

さえてどうにか立っている。

(ふ、ふふ。この子は私の物ね)

 

 絵里はさらに両手でクリトリスの包皮を捲り、ピンクの突起を舌でまね回す。

「だめよ。そこはだめー!」美由紀は太股を震わせて叫ぶが絵里はそれでも止めようとはしない。

それどころか淫裂に指を入れて動かして「だ、だめ!」美由紀は倒れる寸前だ。

「あら、お休みはまだ早いわよ」抱きかかえるようにして絵里は美由紀をベッドに仰向けに寝か

せ、シックスナインで自分の淫裂を美由紀の太股に擦り付けながら腰を上下に動かしていく。

美由紀はネバネバした物が太股に当たっているがそれが絵里の淫裂とは知らなかった。

「あん、あん、あん!」絵里は腰を上下に動かしながら悶え声を上げて「美由紀さん。指でして

くれない?」絵里は目を充血させながら言う。

「良いわ、指でします」絵里は4つん這いになりお尻を美由紀に差し出した。

(グシュグシュになってる!)美由紀は右手の中指をくの字に曲げて後ろから膣腔に入れた。

「あ、あ、あー!」絵里が大きく叫び「痛かった?」あまりの大きな声に心配そうに尋ねた。

「ううん、気持ちがいいの。久しぶりにいいの。お願い、もっとして!」絵里の淫裂からは淫汁

が垂れて美由紀の乳房を濡らしている。

「それじゃあ、指を二本にするね」美由紀は新たに人差し指も加えて動かしていく。

「あん、あん、あん!」腰を振りながら悶える絵里だ。

その夜は美由紀と絵里は幾度も指による愛撫で絶頂を楽しんでいた。- 

▲Page top