fc2ブログ

落ち行く女教師 第28話 全裸の辱め

 第28話 全裸の辱め

 シャワー室に入ると、ガーターベルトを外し、ストッキングを脱いでいく。
「生徒達に犯された!」泣きながら、全裸になった民子はシャワーを淫裂に当てた。
勢いよく、シャワーが淫裂の中に入り、白いドロドロした精液を流していく。
「私も、散々に、犯されてしまった…」嗚咽をあげながら、桃子も淫裂を洗った。

 淫裂を洗い終えた2人は、濡れた体でシャワー室から出てきた。
「先生、僕が拭いてあげる」「僕も!」生徒達はタオルを体に当てたが、拭くとは口実で、触っている。
「いや、そこはいや!」手のひらが股間を撫で、さらに淫裂に指が入っていく。
「入れないで。指を膣の中に入れないで!」拒むが、容赦なく、次々と生徒達が触っていく。

 「遠慮しないで、いいよ」淫裂ばかりか、乳房も掴まれている。
「だめ。乳首を掴まないで!」敏感な乳首も摘まれ、生徒達は飽きることなく2人の体を触っている。
2人は、取り囲む生徒を押し切り、体育館に戻ると「いないわ、それに服がない!」顔が一瞬にして青ざめた。

 「黒川さんは、どこに行ったか知らない?」桃子と民子は、胸と股間を隠しながら尋ねた。
「知ってるよ。どこにいるかも」
「お願いだから、教えてくれない?」
「だったら、言う事を聞かないと」
「聞くわよ、だから教えて!」

 「それだったら、黒川さんに言われたことをするからね」体操部員は恩師の2人の腕を取り、後ろ手に縛っていく。
「やめなさい。解きなさい!」「いやー!」2人は腕を縛られて動けない。
それに、首にもベルトが巻き付けられた。
「これも、付けるんだって!」小さな看板を首から下げた。

 看板には、なにやら書かれており、それを見た民子は「いや、これを外して。お願いよー!」声を上げて泣き出した。
看板には『私とオ○ンコしてみませんか?1回2万円でご奉仕します』と書かれてある。

 「看板だけは取って。何でもするから!」泣きながら言う桃子だが「無理です。黒川さんから言われてます。ただでオ○ンコしたから、言われた通りにしないと…」
「お願い。取ってよ!」乳房を揺らせて泣きながら言うなも言う桃子に「ダメなのはだめです。それより黒川さんの所に行きましょう!」首輪を引かれた。

 「いや、許して。見られたくない!」叫ぶが無理だで、息苦しさに自然と足が動いていく。
(ここを出たら廊下よ。それに、生徒が大勢いるはず。必ずヌードを見られてしまう…)怯えながらも体育館からでて廊下を歩いていく。

 当然「相田先生、それに酒井先生!」教え子達は2人の全裸姿を食い入るように見ている。
「オ○ンコしたかったら、黒川さんに話せばいいよ」
「へえー。2万円で先生とオ○ンコできるんだ…」
「そうだよ。僕はもう、2人とオ○ンコしたんだ!」
「僕もやりたいよ。相田先生と」

 「オッパイとオ○ンコは、触ってもいいそうだよ」
今まで黙って聞いていた民子だが「いや、お願いだから触らないで!」と叫ぶが「ぼくにも、オッパイとオ○ンコを触らせて」かつての教え子が、民子の乳房を掴んでいく。
両手を後ろ手に縛られた民子は、どうすることもできず、乳房を揉まれ、淫裂に指を入れらると、広げられて「いや、許してよ!」涙を流している。

 そこに、練習を終えた野球部員が現れた。
「へえ、オ○ンコの相手をしてくれるのか…」
「2万でいいんだってよ」一斉に桃子と民子の乳房と淫裂を触っていく。
「やめて、お願いよ~」「やめなさいよ!」両手の自由が効かない2人は乳房と淫裂触わられていく。

 「オ○ンコの中はどうなっているんだろう?」淫裂を指で広げられ(恥ずかしい。これなら死んだ方がましだわ)涙を流している2人だ。
辱めを受け手いると、新たに写真部が加わった。
「いや、撮らないで!」「写真はイヤー!」叫ぶ2人だが、無情にも乳房と淫裂を晒す姿をカメラに収められていく。
(終わったわ、もう死ぬしかない!)民子と桃子は、生きていく生き甲斐を無くし『絶望』という二文字が脳裏を襲っている。

 民子と桃子は校舎の中を歩かされた。
「酒井先生と相田先生が素っ裸だ。オ○ンコが見れるぞ!」こんな情報が一瞬にして校内に流れて、人垣ができている。
(見ないで、お願いだから!)
しかし、「2万でオ○ンコできるんだって」首から提げた看板に興味があるようだ。

 「明日、授業をさぼって、酒井先生とオ○ンコするぞ」生徒達は2人の乳房と淫裂を食い入るように見つめ、人垣は自然に大きくなった。
「先生が、オッパイとオ○ンコを丸出しにしてるぞ」噂が校舎に広がり、生徒達が取り囲んでいく。
「へえ、2万でオ○ンコできるんだ!」生徒達は、2人の無毛の淫裂を食い入るように見つめている。

 「お願いよ。こんな姿を見ないで!」両手を後ろ手に縛られた民子と桃子は教え子に性器を眺められて泣き出した。
「泣かないで。オ○ンコしてあげるから」屈辱的な言葉が投げかけられても、どうすることもできない。
2人は無毛の淫裂と乳房を教え子に晒したままだった。

 シャワー室に入ると、ガーターベルトを外し、ストッキングを脱いでいく。
「生徒達に犯された!」泣きながら、全裸になった民子はシャワーを淫裂に当てた。
勢いよく、シャワーが淫裂の中に入り、白いドロドロした精液を流していく。
「私も、散々に、犯されてしまった…」嗚咽をあげながら、桃子も淫裂を洗った。

 淫裂を洗い終えた2人は、濡れた体でシャワー室から出てきた。
「先生、僕が拭いてあげる」「僕も!」生徒達はタオルを体に当てたが、拭くとは口実で、触っている。
「いや、そこはいや!」手のひらが股間を撫で、さらに淫裂に指が入っていく。
「入れないで。指を膣の中に入れないで!」拒むが、容赦なく、次々と生徒達が触っていく。

 「遠慮しないで、いいよ」淫裂ばかりか、乳房も掴まれている。
「だめ。乳首を掴まないで!」敏感な乳首も摘まれ、生徒達は飽きることなく2人の体を触っている。
2人は、取り囲む生徒を押し切り、体育館に戻ると「いないわ、それに服がない!」顔が一瞬にして青ざめた。

 「黒川さんは、どこに行ったか知らない?」桃子と民子は、胸と股間を隠しながら尋ねた。
「知ってるよ。どこにいるかも」
「お願いだから、教えてくれない?」
「だったら、言う事を聞かないと」
「聞くわよ、だから教えて!」

 「それだったら、黒川さんに言われたことをするからね」体操部員は恩師の2人の腕を取り、後ろ手に縛っていく。
「やめなさい。解きなさい!」「いやー!」2人は腕を縛られて動けない。
それに、首にもベルトが巻き付けられた。
「これも、付けるんだって!」小さな看板を首から下げた。

 看板には、なにやら書かれており、それを見た民子は「いや、これを外して。お願いよー!」声を上げて泣き出した。
看板には『私とオ○ンコしてみませんか?1回2万円でご奉仕します』と書かれてある。

 「看板だけは取って。何でもするから!」泣きながら言う桃子だが「無理です。黒川さんから言われてます。ただでオ○ンコしたから、言われた通りにしないと…」
「お願い。取ってよ!」乳房を揺らせて泣きながら言うなも言う桃子に「ダメなのはだめです。それより黒川さんの所に行きましょう!」首輪を引かれた。

 「いや、許して。見られたくない!」叫ぶが無理だで、息苦しさに自然と足が動いていく。
(ここを出たら廊下よ。それに、生徒が大勢いるはず。必ずヌードを見られてしまう…)怯えながらも体育館からでて廊下を歩いていく。

 当然「相田先生、それに酒井先生!」教え子達は2人の全裸姿を食い入るように見ている。
「オ○ンコしたかったら、黒川さんに話せばいいよ」
「へえー。2万円で先生とオ○ンコできるんだ…」
「そうだよ。僕はもう、2人とオ○ンコしたんだ!」
「僕もやりたいよ。相田先生と」

 「オッパイとオ○ンコは、触ってもいいそうだよ」
今まで黙って聞いていた民子だが「いや、お願いだから触らないで!」と叫ぶが「ぼくにも、オッパイとオ○ンコを触らせて」かつての教え子が、民子の乳房を掴んでいく。
両手を後ろ手に縛られた民子は、どうすることもできず、乳房を揉まれ、淫裂に指を入れらると、広げられて「いや、許してよ!」涙を流している。

 そこに、練習を終えた野球部員が現れた。
「へえ、オ○ンコの相手をしてくれるのか…」
「2万でいいんだってよ」一斉に桃子と民子の乳房と淫裂を触っていく。
「やめて、お願いよ~」「やめなさいよ!」両手の自由が効かない2人は乳房と淫裂触わられていく。

 「オ○ンコの中はどうなっているんだろう?」淫裂を指で広げられ(恥ずかしい。これなら死んだ方がましだわ)涙を流している2人だ。
辱めを受け手いると、新たに写真部が加わった。
「いや、撮らないで!」「写真はイヤー!」叫ぶ2人だが、無情にも乳房と淫裂を晒す姿をカメラに収められていく。
(終わったわ、もう死ぬしかない!)民子と桃子は、生きていく生き甲斐を無くし『絶望』という二文字が脳裏を襲っている。

 民子と桃子は校舎の中を歩かされた。
「酒井先生と相田先生が素っ裸だ。オ○ンコが見れるぞ!」こんな情報が一瞬にして校内に流れて、人垣ができている。
(見ないで、お願いだから!)
しかし、「2万でオ○ンコできるんだって」首から提げた看板に興味があるようだ。

 「明日、授業をさぼって、酒井先生とオ○ンコするぞ」生徒達は2人の乳房と淫裂を食い入るように見つめ、人垣は自然に大きくなった。
「先生が、オッパイとオ○ンコを丸出しにしてるぞ」噂が校舎に広がり、生徒達が取り囲んでいく。
「へえ、2万でオ○ンコできるんだ!」生徒達は、2人の無毛の淫裂を食い入るように見つめている。

 「お願いよ。こんな姿を見ないで!」両手を後ろ手に縛られた民子と桃子は教え子に性器を眺められて泣き出した。
「泣かないで。オ○ンコしてあげるから」屈辱的な言葉が投げかけられても、どうすることもできない。
2人は無毛の淫裂と乳房を教え子に晒したままだった。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事数メーター