赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行くおんな教師 第32話 新入り  

 それから数日後「今夜は店に出ろ。新人が入ったしな」八幡がニヤニヤしている。
(きっと、あの子だわ。可哀想に…)自分達と同じ事をされて哀れんでいる。
夕方になると八幡に言われ通りに秘密クラブに出向いた。
更衣室で全ての衣服と下着を脱いで生まれたままの姿になっていく。
真っ黒のストッキングを履き、首輪をつけていつもの姿で店に入ると、まだ開店間もないせいか客は
まばらだ。
「いらっしゃいませ」客の間を回り乳房と淫裂を触られていく。
時間が過ぎると客も増えて、客席が満席になっている。
そこに「皆様、新人を紹介します」支配人が全裸の女性を連れてきた。
(やっぱり、あの子だ!)乳房が以前と違い膨らんでいる。
股間は真っ黒な絨毛に包まれたままだで、顔が緊張して強張っている。
「それでは、恒例の儀式を始めます」女性の股間にひげ剃りスプレーが吹き付けられ、そして、カミ
ソリが当てられた。
カミソリも動きだし、股間の絨毛が消え、変わってピンクの割れ目が露になっていく。
同時に、女性の目からは涙が筋となって流れている。
(私もああされたんだ…)桃子達は自分のされた事を思い出している。
その間にもカミソリが動き回り、股間の絨毛が全て消え淫裂が露になってしまった。
「いいね、我慢するんだよ」支配人は泣いている女性を客が待つテーブルへと案内していく。
「うぶでいいね、新人は!」乳房を揉まれ、淫裂を触られている。
「決めた、この子を買うぞ」客は涙を流した女性を奥へ連れていかれ(売春させられるのね)哀れみ
の目で見ている桃子達だ。

 「俺はお前を買うからサービスしろよ」桃子と民子も客から指名された。
(もう、後戻りできないし)桃子と民子は奥の個室に入っていくと「許して、もう許してー!」泣き
声が聞こえてきた。
「そうはいくか。お前は買われたんだからオ○ンコをもっとさせろ!」泣き声と股間同士のぶつかる
音が聞こえている。
「ほら、やるんだ!」桃子は仰向けになった客の上にまたがり、淫裂深く肉竿を吸い込んでいく。
「いいぞ、そうだ」乳房も揉まれて腰を動かしていく。
「いや、中はイヤー!」悲鳴が聞こえ「お腹の中に出すなんて!」泣き声がまた聞こえてきた。
(膣の中に射精されたんだ)桃子の相手も悲鳴に興奮している。
「俺も中出しだ、出すぞ!」しっかり股間同士を密着させている。
「はい。お腹で受け止めます」桃子の淫裂に精液が噴射していく。
(暖かい、子宮の中が暖かい!)淫裂から白い液体が流れ出てきた。
「すっきりしたよ。やはり,オ○ンコは素人にかぎるな」
満足した客はズボンを履いて自分の席に戻っていくが桃子は淫裂を押さえてシャワー室に入った。
   
 中では先ほどの新人がストッキングを脱いで淫裂を洗っていた。
               シャワー3

「あなたも出されたの?」
「はい、子宮の中に射精されました」桃子もストッキングを脱いでいくと淫裂からは「ポタ、ポタ」
と白い液体が垂れ出ている。
新人は「やくざに輪姦されたの。そればかりじゃなくて、恥ずかしいことまでやらされたの…」泣き
ながら淫裂を洗っていく。
「私もされたわ。もっとひどいことまでされたわよ」2人はお互いにされたことを話していく。
そこに「桃子さんも中にされたの?」民子も淫裂を押さえながら入ってきた。
「そう、たっぷり出されたわ」桃子は淫裂にシャワーを浴びせていく。
「空きました。どうぞ!」新人が淫裂を洗い終えノズルを民子に渡した。
「ありがとう」ストッキングを脱いだ民子も淫裂を洗うと白い精液が一気に流れ出ていく。
「薬も飲んでるし、大丈夫よね?」「勿論、大丈夫よ」不安を慰め合っている。

 淫裂を洗い終えた桃子は濡れた体を拭いてストッキングを履くと再び店内に戻った。
「待ってたよ、こっちだ!」かっての同僚がいた。
(いや、あそこはいやです!)拒んでも逆らえないから「いらっしゃいませ」俯いたままだ。
「相田先生、オ○ンコを買いますよ。やりましょう」
「はい、ありがとうございます」桃子は再び個室に入り、同僚の肉竿を淫裂に押し込んでいく。
「相田先生は根っからオ○ンコが好きなんですね」
「ええ、オ○ンコが大好きなんです…」
「それはいいことです。趣味と実益が合って」
(勝手なこと言わないで。誰がこんな事を好きでするもんですか!)乳房を揉まれながら腰を使って
いる。
「相田先生。僕のエキスを飲んで貰えませんか?」
「ご希望ならお飲のみしますから、出そうになったら言って下さい」腰を振ったまま言う桃子に「気
持いいです。相田先生はオ○ンコが上手ですね、もうすぐ出そうです」
(そんな言い方、しないでよ!)堪えて腰を動かしていると「出ます。出ます!」慌てて桃子は腰を
あげ、肉竿を口に含んでいく。
そして、口で擦っていくと「あ、あ、あー!」桃子の口の中にドロリとした液体が漂いだした。
(射精された!)イヤだが、不愉快な液体を飲み込んでいく。
「気持ちよかった。口での処理も上手ですよ」同僚は満足して萎縮した肉竿をしまい込んでいく。

 この日は桃子と民子は3人の相手をさせられ、新人は7人と相手をさせられた。
新人の淫裂からは肉襞がはみ出し、腫れ上がっている。
「よし、今日はこれまでだ。帰っていいぞ」支配人に言われて更衣室で衣服を着込んでいく。
着替え終え、更衣室を出ると八幡が待っていた。
「車で送ってやるからな」ビルの外にはワゴン車が止まっている。
桃子達がそのワゴン車に乗り込むと八幡は車を走らせマンションに向かった。

スポンサーサイト

▲Page top