赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

落ち行く女教師  第33話 摘発  

  数日後、あの新入りが桃子達の部屋に越してきたが、部屋に入るなり、生まれたままの姿に唖然と
している。
「いいか、ここでは素っ裸で暮らすんだ。お前も早く早く脱げ!」八幡に言われた。
「裸でですか?」
「そうだ。脱がないなら俺が脱がせてやるぞ」
「自分で脱ぎます」イヤイヤながらも着ている服を脱ぎだし、その傍らでは桃子や民子達は生まれた
ままの姿でくつろいでいる。
新人も恥ずかしそうに全裸になった。
「いいか、仲良く暮らせよ」八幡は隣の監視用部屋に向かう。
「ここから逃げれないの?」新入りが尋ねると「逃げて警察に訴えてもいいけど、ヌードの写真がマ
スコミに流されるわ。それに売春していたことも…」その言葉に皆がすすり泣いていく。
「そうよ、売春していたのが知られたらもう親に顔向けできないし…」沈黙が続いている。
「だから、ここからは逃げれないの」皆が頷いている。
新入りも諦めたのか「私は斉藤美佳といいます…」自己紹介した。
「これからは一緒に暮らしましょう」「はい」生まれたままの姿で5人は話しあった。

 夕方になって八幡が再び現れ5人の男を連れてきた。
「いらっしゃいませ!」新入りの美佳は桃子にならって挨拶していく。
「どの子にするかな?」男達は相手を選んでいるが(いや、性器は見ないで!)淫裂を見れて俯く5
人だ。
淫裂を見た後は乳房を撫でて選んでいく。
「俺はこの子だ」「俺はこの子がいいな」桃子達は指名した客を部屋に案内し、美佳にも客が付いた。
美佳は(売春をするんだ!)体を震わせながら自分の部屋に案内していく。
「乱暴はいやです。優しくして下さい」そんな願いなど聞き入れず、乱暴に淫裂深く肉竿を突き刺し、
乳房も掴まれ肉竿が前後に動いていく。
それは美佳ばかりでなく、桃子達も肉竿で淫裂を突かれていた。

 しかし、そんなことがいつまでも許されるわけがない。
「あそこのビルに秘密の売春クラブがあるらしい!」警察も目を付け、動き始めている。
そんな事とは知らない5人は「今日は店に出てくれ!」八幡に言われ、いつものようにストッキング
と首輪をつけただけの全裸姿で店内を回っている。
「俺はこの子を買うから」それぞれ個室に連れられて淫裂を突かれている。
「あ、あ、あー!」桃子は四つん這いになり、体をくねらせている。
腰を両手で押さえられて「ピシャ、ピシャ!」肉のぶつかる音が響いている。
同様に民子も四つん這いで淫裂深く肉竿を突き刺されている。桂子や美子も。

 その時、秘密クラブに警察が捜査で入ってきた。
「動かないで、そのまま、そのまま!」不意を付かれて、客席では悲鳴が上がっていく。
捜査は個室にも及んだ。桃子は髪の毛を振り乱し、喘ぎ声をあげていた。
その時いきなりドアが開いてフラッシュがたかれた。
「いや、いやー!」桃子は淫裂を突かれている姿を撮られてしまった。
「警察だ、動かないで、そのままま。」一斉に警官が入り込んできた。
「いや、いやー!」「だめ、そのまま動かないで!」桃子は四つん這いで結合したままだ。
(け、警察に捕まった!)淫裂に肉竿を押し込んだまま涙が流れてく。
警官は桃子の乳房と淫裂と肉竿の結合部をしっかり確認している。(見ないで、お願いです…)嗚咽
をあげながら四つん這いのままだ。
それは桃子ばかりでない。民子、桂子、真理、それに美佳も警察に売春している現場を写真に撮られ
てしまった。
そして、検証されている。淫裂、乳房などを晒したままだ。

 「はい、もういいですよ」検証を終えて警官が言うと、その言葉でやっと客の肉竿が淫裂から抜か
れた。
「服を着て。話は警察で聞きますから」生まれたままの姿が警官に見られている。
桃子は乳房と淫裂を押さえながら更衣室で脱いだ衣服を着込み、民子や桂子も更衣室に入ってきた。
「早き着なさい。素っ裸を晒して恥ずかしくないの?」婦人警官が全裸の民子達を明らかに軽蔑して
いる。
(仕方ないのよ。無理にさせられていたんだから。それに、どうやって食べればいいのよ)泣きなが
らも服を着込んでいく。
服を着終えると皆が婦人警官に腕を掴まれパトカーに分譲して警察署に連れて行かれて早速取り調べ
が行われた。
            取り調べ2

 「本籍地は?」「住所は?」「名前は?」警官は身元確認から始まり「職業は?」その問いに「高
校の教師でした…」
その言葉に「元教師か?」取り調べの警官が驚きの声をあげた。
そして「どうして売春なんかしてたの?」
「教師を首になったんです…。それで仕方なく体を売ってたんです…」泣きながら答える桃子だ。
同様に民子も「教師を首になって仕方なかったんです」泣きながら答えている。
「何人としましたか?」
「わかりません。数え切れません…」
「あなたね、教え子に申し訳ないと思わないの?」
「教え子も私を買って楽しんでいました…」
「そ、そんなー!」絶句する婦人警官だった。
その後も取り調べが行われたが(言えないわ、レイプされて恥ずかしい姿をしたなんて…)
黒川や八幡達にされたことは、5人の誰もが口を閉ざして言わなかった。
そして、5人とも警察署に拘留された。


 しかし、5人の売春事件はマスコミも報道した。
特に元教師が売春していた事が興味を呼び、警察署にも週刊誌の記者が詰めかけている。
「名前と顔を伏せて下さい。初犯ですから人権侵害になります。それに、書類送検ですから」署長は
並んだ記者に言っている。
「初犯ですか、動機はなんですか?」
「教師を解雇され仕事がなかったから仕方なく体を売っていたそうです」
「検証しましたか?」
「はい。確かに教師を解雇され、生活が大変だったようです」
「同情の余地ありですね?」
「はい、その通りです」会見が終わると記者達は一斉に警察署から出ていき、再び取り調べが行われ
ていく。
数日後「もう、体なんか売って生活なんかしないのよ」出された書類にサインしていく桃子達だ。
サインが済むと身元引受人が現れたが、それは八幡の配下だ。

スポンサーサイト

▲Page top