赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

仮面の女医 第6話 剃毛とレズ  

 「院長先生、足を開いて下さい!」靖子はベッドの上で仰向けの道代に言うと「笑わないでね、
靖子さん」恥ずかしそうな顔で足を開いていく。
(綺麗だわ。先生の性器が!)真っ黒な絨毛の中にピンクの淫裂が覗いていた。
靖子は道代の真っ黒な絨毛にムースを掛けて擦り込んでいく。
(恥ずかしいわ。あそこを触られている!)絨毛が肌に密着している。
「先生、動かないで!」カミソリが股間を動きだした。
すると、絨毛が消えて褐色の肌が見えて(これが先生のクリトリスね!)靖子の手が触れた。
「あ、あん!」ピクリと腰が浮く。
(敏感だわ、先生!)靖子はなおもカミソリを動かしていくと絨毛の大部分が消えていた。
(これが先生の性器ね。試してみたいわ)虚ろな目で淫裂に指を入れて肉襞を掴んだ。
「あ、あん!」喘ぎ声を上げる道代だ。
(いいわ。気持ちいいわ!)快感が全身を走り抜けていく。
カミソリはさらに動いて股間の絨毛が消え、ピンクの淫裂が丸だしになってしまった。
「先生、消毒します!」靖子はアルコールの付いたガーゼで剃り跡を撫でていく。
「あ、あ、ああ!」靖子の指が淫裂の中をなで回していく。
(だめ、声が出てしまうわ!)(欲しい!先生のオッパイと膣が!)押さえの効かなくなった靖
子はクリトリスを舌で撫でだした。
「だめ、靖子さんだめ!」腰を浮かしながら呼吸が荒くなっていくと「先生が欲しい!」もう片
手が伸びて乳房を揉み出した。
「だめ、だめよ!」靖子はやめなようとはせず(私もヌードにならないと)指で膣を掻き回しな
がらもう片手で白衣を脱ぎだした。
「靖子さん。わかったわ!」(靖子さん、欲しがってる)道代も手伝って脱がせていく。
「先生!」靖子もブラジャーとパンティを脱ぐと、ストッキングを着けたままの姿で乳房と淫裂
を晒している。

「欲しい、先生が欲しい!」「いいわよ、靖子さん!」靖子は道代の上に覆い被さって乳房を揉
んでいる。
「靖子さん!」「先生!」二人は呼び合いながら体を入れ替え乳房と淫裂を撫であい、淫裂から
             レズ
は淫汁が流れ出てベッドを濡らしている。
処置室には二人の喘ぎ声が響いていたが、静かになった後に「靖子さん、仕事よ!」
「そうだわ。仕事だわ」靖子は脱ぎ捨てたパンティ、ブラジャーと着込んでいく。
道代も白衣を着込んいくと「先生、また欲しいの」甘えるように道代にねだる靖子だ。
「いいわよ、またしようね」「ええ、先生!」二人は処置室からでてそれぞれの仕事場に向かっ
た。
 
 「来たか。白衣を脱ぐんだ」
「これで最後にして下さい」恥ずかしそうにボタンを外して胸元を開いていく。
「ほー、ピンクのオ○ンコかやりたいな」原田が言うと「だめです。道代は僕の物ですよ」釘を
刺す黒川だ。
「冗談だよ。女に用はないからな」原田は病院から出て行き「俺も帰るからな」黒川も病院から
出て、道代が残されていた。
「恥ずかしいけど、わからないはずだわ」道代も夜間診療用の宿直室に向かった。
誰もいない部屋で道代は本を読んでいた。
すると「先生!」声がして「あら、靖子さんに知美さん!」看護婦の二人が入ってきた。
「先生、ヌードを見せて下さい」赤い目をして知美が言う。
「は、恥ずかしいわ。ここじゃ!」
「靖子には見せて私にはだめなの?」そう言われれば拒めない。
「わかったわ。しっかり見て!」白衣のボタンを外していくと「ゴクン!」生唾を飲みながら知
美が見ている。
(オッパイが見たいわ)道代の胸元が開いて白衣を脱いだ。
「せ、先生!」道代の乳房と淫裂が丸だしの姿が露になっている。
「あそこがまるだしだわ。先生、私のも見て欲しいの!」知美は看護婦の白衣を脱いでいく。
「知美、楽しんでから来てね」靖子は知美を残して戻った。
(困ったわ。また相手をしなければならないのね)知美はもう、生まれたままの姿になって、乳
房と股間を露わにしているが、道代同様に絨毛がなかった。
 
 「先生、して欲しいの」甘えるように道代に抱きついてきた。
「わかったわ、してあげる」知美を仮眠用ベッドに寝かせて乳房を揉んだ。
「あ、あん、あん!」喘ぎ声を上げる知美に(これを吸えばいいのかしら?)乳房を揉みながら
乳首を吸っていくと「いいわ、いいわ!」体が浮いてきた。
(膣もするのね)先ほど、靖子にされたように空いた片手で淫裂も撫でていく。
「入れて、中に入れて、先生!」言われるまま指が淫裂の中に入っていくと「あ、あ、あー!」
腰が浮いていく。
道代がゆっくりと指の出し入れを行うと「感じるわ、いいわ!」淫裂からは淫汁が溢れて「クシ
ュ、クシュ!」音も出ていく。
その後、太股で知美の淫裂を擦っていくと「私もよ」知美も道代の淫裂を太股で擦っていく。
「いいわ、いいわ!」道代も快感で淫裂から淫汁が流れている。
「先生!」「知美!」二人は抱き合った。
たっぷりと楽しんだ知美は脱いだ衣服を着込んで出て行き、道代は一人部屋に残された。
「これからも辱められるわ。それに病院も乗っ取られてしまう。どうしたらいいだろう?」白衣
を着込み終えると考えていた。
(黒川が鍵ね。あいつを婿にして原田を追い出せば辱めは受けなくて済むかも)
(問題は原田をどうやって追い出すかだわ)宿直室で考えをめぐらす道代だった。

 

スポンサーサイト

▲Page top