赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

仮面の女医 第9話 露出  

 「道代、今日はこれを着けるんだ」
「いや、恥ずかしくてできません!」
「写真があるぞ。それでもやらないのか」
「分かりました。やります」道代は着ている服を脱いでいく。
「そうだ、素っ裸になるんだ」黒川の前でパンティを脱いだ。
「ヘアも剃るんだ!」道代はブラジャーだけの姿で鏡台に座りヘアを剃っていく。
「これで許して下さい!」道代のヘアは恥丘周辺はツルツルになっていたが淫裂を隠していた。
「そこも丸だしだ!」黒川に言われ仕方なく剃るとピンクの淫裂が丸だしになり、割れ目から肉
襞が飛び出している。
(悔しいけどしかたない!)真っ白なガーターベルトを着けてストッキングを吊っていく。
さらにカップのないブラジャーを着けている。
「よし、行くぞ!」
「どこへ?」
「決まってるさ。病院だ。夜勤の疲れにお前の素っ裸を見せるんだ」
「いや、そんなのいや!」黒川の思わぬ言葉に泣き出した。
「写真をばらまいてもいいのか!」脅しには勝てず、薄い生地のワンピースを着て病院に向かう。
「脱げ、ここからは素っ裸を晒して行くんだ!」黒川の言葉に震えながらワンピースを脱いだ。
(は、恥ずかしいわ!)乳房と股間を両手で隠していると「隠すな、オッパイとオ○ンコは丸だ
しだ!」両手を退けさせた。
「今度、隠したら手を縛るからな」道代の太股と乳房が小刻みに振るえている。
 
 黒川が夜間用のドアを開けて中に入っていくと(見られてしまう!)恥ずかさで目が真っ赤に
しながら中に入った。
「い、院長先生!」白いブラジャーから飛び出した乳房と、太股までのストッキングをガーター
で吊っているだけの姿に驚く宿直担当だ。
(オ○ンコが丸見えだ。ヒラヒラも見えるしオッパイもいい形だ!)股間が膨らんでいる。
「妻がヌードを見て欲しいと聞かなくてね。じっくり見てやってくれ。お前も言うんだ!」
(そんなの言えない!)逆らえない道代は「私のヌードをじっくり見て下さい」
「見てますよ、オ○ンコの中も見せて下さい」
(いや、それはいやよ!)顔を背けながら両手で淫裂を広げていく。
「す、すげえ。抜きたくなった!」チャックを下げて勃起した肉竿を取り出し擦りだした。
「見てもらったお礼に、オッパイを揉んでもらえ」
「は、はい。ヌードを見ていただいたお礼にオッパイを揉んで下さい」
「いいんですか?」
「妻が『揉んでくれ』と言うんだから揉んでやれよ」
「お言葉に甘えまして!」ニヤニヤしながら肉竿をさすりながら乳房を掴み揉んでいく。
(や、やめて下さい!)淫裂を両手で広げながら真っ赤な顔で立っている。
宿直担当は激しく肉竿を擦りながら乳房を揉んでいくと「で、でる!」肉竿から白い液体が道代
めがけて噴射した。
「出ました!」
「出たか。道代、舌で綺麗にしてあげなさい」思わぬ言葉が飛び出した。
宿直は「フェラもしてくれるんですか?」笑顔なるが(イヤだけど…)萎縮した肉竿を掴み、舌
でなめだすと汚れが消えていく。
               フェラ
「気持ちいいです。また、ヌードをお願いします」当直医は満足して肉竿をしまい込んでいく。
(いやよ、もう裸を見られたくない)そう思っても許されない。
黒川と道代はさらに歩いて「コツ、コツ!」誰もいない廊下を靴音が響いている。
道代の乳房と尻肉が左右に揺れ動き、薄暗い常夜灯に裸身が浮かんでいる。
(あそこは看護婦の詰め所だ!)煌々と電気が灯っていた。
(行きたくない!)自然と道代の足が停まってしまった。
 
 「行くんだ。隠すなよ」ガラス窓からは看護婦の姿が見えている。
緊張している道代はゆっくりと詰め所に歩いていくと「あ、あー!」当直の靖子が驚きの声を上
げた。
その声に「どうしたのよ?」奥から知美の声がした。
(見られてしまった…)顔をこわばらせながら詰め所に入り、黒川も入った。
「い、院長先生!」乳房と淫裂を晒す姿に靖子と知美が慌てている。
「見て欲しいの。私のヌードを!」顔を真っ赤にしながら両手を後ろに組んで立った。
「済まないが、セックスしている所を見て欲しいんだ。妻が見られながらやりたいと言って聞か
なくて!」黒川はズボンを脱ぎだすと「セックスするから、しっかり見て欲しいの」道代は覚悟
を決めた。
「わかりました。見ます、院長先生のセックスを!」目を潤ませながら応える靖子と知美だ。
「やってくれ!」黒川は仮眠用ベッドに仰向けになっていく。
(いやよ、こんな姿見られたくない!)体を震わせながら黒川に馬乗りになり、肉竿を掴み導い
ていく。
「は、入ったわ、チンポが!」靖子が声を上げた。
「ほ、ホントだ。あんな太いのが!」
(言わないで、恥ずかしいのよ!)道代は黒川の肩に両手をつけて腰を振っていく。
肉竿は淫裂に吸い込まれながら「クシュ、クシュ!」と音を出している。
「す、すごいわ!」靖子は隣の仮眠用ベッドに腰を掛けるとスカートを捲りパンティを脱いだ。
そして、指で淫裂を撫でていく。
「オナニーか。しっかり見ながらするんだよ!」
「は、はい。しっかり見ます!」知美もスカートを捲ってオナニーを始める。
(いやよ、オナペットじゃないのよ!)喘ぎ声を出しながら腰を振っていく。
「道代、しっかり見られているよ。満足だろう」乳房を揉んでいく黒川だ。
「ええ、見られていると気持ちいいわ」それは本心で淫裂からは淫汁が流れ出ている。
「出そうだ。出すからな」黒川はしっかり道代の太股を押さえている。
「射精よ、しっかり見て!」喘ぎながら道代が言うと「うー!」うなり声と共に淫裂から白い液
体が流れ出た。
「す、すごいわ。私も行きそう…」靖子の淫裂も濡れている。
「私もよ!」知美も「グシュ、グシュ!」音を立てているが、バッタリとベッドに倒れた。
二人の看護婦は「ハア、ハア!」荒い息づかいをしている。
 
 「道代、射精された性器を見てもらえ!」
「は、はい!」道代は立ち上がって靖子と知美の前で淫裂を広げると、タラタラと精液が流れ出
てストッキングを濡らしていく。
「せ、精液よ。しっかり見て!」恥ずかしそうに顔を背けながら見せている道代だ。
「院長先生、妊娠しないですか?」パンティをはき直しながら靖子が尋ねた。
「飲んでるわ、避妊薬をね」
「先生。また、見せて下さいね、セックスを!」知美もパンティを直しながら言う。
「勿論、見てもらうさ。道代は見られたいだから」
(そんなこと言わないでよ。でも気持ちよかったわ!)顔を赤らめている道代だ。
 

スポンサーサイト

▲Page top