赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

仮面の女医 第10話 哲也の死  

 

看護婦の詰め所を出ると道代は病院の廊下を歩いていく。
入院患者のいる病室へ歩いていると「ゴホン、ゴホン!」時折、病室から咳がしている。
(見ないで、こんな姿は!)自然と早足で歩き、1時間ほどで病院を回り終えてから自宅に戻っ
ていった。
「もう、こんなの許して下さい」土下座しながら黒川にお願いするが「そうはいかないよ。みん
なが喜んでいたろう!」そう言われればどうすることもできない。
「それに、感じたろう。ほら、ここがびっしょりだぞ」淫裂を撫でられた。
「だ、だめ。そこはだめ!」叫ぶが、再び欲情が燃えてしまった。
(入れて、チンポを入れて!)自然と黒川のズボンを下げて肉竿を掴んだ。
「入れて下さい。後ろからして下さい…」そして、口に含んでいく。
「好きなんだな。道代はオ○ンコが」
「はい、大好きなんです。オ○ンコが!」自然と卑猥な言葉が出て、四つん這いになっている。
「道代の大好きなオ○ンコだ!」黒川は勃起した肉竿を淫裂深く押し込んでピストンしていく。
「あん、あん!」乳房を揺らせながら悶えている道代だった。
そして、翌朝は、何もなかったように病院に向かう二人だ。
「院長先生、おはようございます」昨日のことなど忘れたかのように振る舞っている。
道代と黒川はその後も夜になると病院に出かけていった。
「お願い、私のヌードを見て欲しいの!」当直者の前で乳房と淫裂を見せ、看護婦の前ではセッ
クスをしていた。
 
 そんな中、元気だった鉄也が突然倒れた。
「院長先生、理事長が倒れました!」婦長のトメが慌てて診察室に飛び込んできた。
「わかったわ!」道代は急いで鉄也の所に向うと「脳内出血です。急がないと!」ストレッチャ
ーに乗せられた鉄也がCT室から手術室に運ばれていくところだ。
「お父さん!」道代も一緒に手術室に入った。
「院長、覚悟をして下さい。やっては見ますがあまりにもひどいです!」CTで撮ったフィルム
を道代に見せた。
「助からない、これじゃ、無理だ!」道代も悟った。
脳の形が内出血で変形し、白い部分がほとんどだった。
「メス!」オペが開始され、無影灯の下で鉄也の頭が切られてた。
脳からは勢いよく血が吹き出している。
(無理だわ。ふさげない!)手術を見ながら祈る道代だ。
「脈が30に落ちました。呼吸も8に落ちてます!」計器を見ていた靖子が叫ぶ。
「人工呼吸をするんだ!」「は、はい!」看護婦が鉄也の口に人工呼吸器を押し当てていく。
「だめです。上がりません。下がる一方です!」悲壮な声で叫ぶ靖子だ。
「脳の反応が消えました!」
「そ、そんな!」うずくまる道代だ。
「脈が消えました」靖子が沈痛な声で叫んだ。
「お嬢さん、しっかりしないと!」婦長のトメがしっかり道代を抱きかかえた。
手術室は沈黙が続き「ご臨終です。くも膜下出血による臨終です」
「お父さん!」道代は泣き崩れながらも鉄也の頭を撫でていた。
翌日の夜、通夜がは自宅で行われ、喪主は妻の道子になっている。
勿論、黒川も遺族として並んでいた。
(これで、俺が理事長になれるかも知れない!)そんな考えだった。
 
 告別式も無事に終え、喪も開けた道代は院長として再び勤務していた。
道代は理事長代理として働いていた。
(俺が理事長だ!)黒川は自分ではそう思ってが、実際はそうではなかった。
臨時の理事会が開催され理事長には道代が選ばれたのだ。
「僕は夫ですよ。親族ですよ!」黒川が思わず叫んでしまった。
「わかってるよ。院長は君に頼むよ」理事達が黒川を説得している。
「それに、君の子供が大きくなったら子供を理事長にさせるから院長で我慢してくれ」理事会で
そう言われれば断れない。
「わかりました。院長を喜んでお受けします」不満だが仕方がない。
黒川の不満は自宅に帰ると爆発した。
「いや、今夜はいや!」道代は着ている服を剥ぎ取られていく。
勿論パンティとブラジャーも剥ぎ取られて、生まれたままの姿になった道代は両手を鴨居に縛ら
れている。
                kinbaku4.jpg
「俺が何で院長なんだよ!」両手を縛った道代の乳首を摘んでいく。
「ひー!許して。あなたの子供が理事長になれるから許して」顔を歪めながら夫の暴力に耐えて
いた。
しかし、それは外面だけで内心では(もっとして、あそこもして!)次の行為を待っている。
「それとこれは別だ!」黒川は股間の淫裂を開くと「いや、そこはいや!」クリトリスが指で潰
されてしまった。
(そうよ。もっと、乱暴にして。もっとして!)淫裂からは淫汁が流れていた。
「こんなに蜜を流して淫乱理事長め!」
「許して下さい。私は淫乱ですから。それにオ○ンコが大好きなんです」
「好きなのか、オ○ンコが?」
「は、はい、見られながらするのが大好きです」
「そうか、見られたいか。よし、見てもらうんだ!」
「は、はい。見てもらいます」道代の縛ってあった両手が解かれ(このヌードを久しぶりだに見
てもらえる…)道代は快感でタラリ淫裂から淫汁が流れていた。
 

スポンサーサイト

▲Page top