赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第1話 銃による脅し  

 「淳子、昼間だというのに人が多いわよね」
「そうね、こんなに人混みがあるなんて思ってもいなかった」
「それより、早くチラシ配りを済まそうよ」
「そうしよう、早く帰りたいしね」淳子と久美は渋谷署の婦警で、生活課に属して青少年の非行防止
や薬物防止を目的に駅の出入り口でチラシを配っていた。
(これで終わりだ)チラシを配り終え、パトカーに乗り込もうとドアを開けた。
その時に「待て~。逃げるな!」2人の男が警官に追いかけられて改札口から走って来た。
「事件よ。急いで!」乗り込みドアを閉めるとエンジンを掛け、走らせようと顔を上げたら運転席に
座った淳子の顔を銃が狙っている。
「銃よ、銃を持っている!」銃口に淳子も気がつき動けない。
(殺される、このままだと…)淳子は緊張し久美も声が出せない。
銃を持った覆面をした2人は後部座席を開けてパトカーに乗り込んできた。
「走れ、走るんだ!」銃が淳子と久美に押し当てられている。
「撃たないで、走るから撃たないで!」アクセルを淳子が踏んだ。
「ブーン!」エンジンが大きくなって走り出し「と、止まれ、止まるんだ!」警官が叫ぶが車は一気
にスピードを上げて走りだし、停めようとする警官を後目に走り去った。
(覆面をしている!)バックミラー越しに淳子は2人を見ている。
「兄貴、もう平気だよな?」
「ああ、もう平気だぞ。それより、金は大丈夫だろうな」
「ほら、大丈夫さ」2人の男は覆面を脱いで持っているバックの中を確かめている。
中を確かめ終えると「飛ばせ、飛ばすんだ!」叫ぶ2人だ。
「無理よ、これ以上飛ばしたらスピード違反よ」言い訳をする淳子に「飛ばさないならこいつが死ぬ
事になるぞ」銃口が久美にも押し当てられた。
「撃たないで、死ぬのはいやー!」悲鳴を上げる久美に「わかったわよ」淳子はさらにアクセルを踏
んだ。
「よーし、それでいい。次は右だ。右に曲がれ!」道路事情に詳しい男だ。
パトカーは行き交う車の少ない道路を走っていき(ライトを点けて走ろう!)淳子はスイッチを入れ
ようとした。
 
 「昼間からライトはおかしいぜ。そんなに死にたいのかい、お姉さんよ!」銃がぴたりと淳子の頭
に押し当てられた。
「そうよね、ライトはおかしいわよね」(気づかれた、こいつら車に詳しいわ)諦める淳子だ。
「それより、その下の無線スイッチを入れておけ」
「これはパトライトよ。かえって怪しまれるわよ」
「そうかな、どれ!」男は銃を押し当て手を伸ばしスイッチを入れた。
『渋谷にて強盗事件発生、犯人はパトカーを乗っ取った模様。パトカーに注意せよ。繰り返す…』ス
ピーカーから声が流れた。
(こいつら、ただもんじゃないわ)銃口を押し当てられた淳子と久美は思った。
「警察無線だよ、これは。覚えておきな。姉さん」男の手が淳子の胸を触っていく。
「やめて、触らないで」ハンドルを握りながら拒んだ。
「礼くらいしろよ、警察無線を教えてやったじゃないか」
(このままだと、殺されるかもしれない!)汗で額が濡れていた。
 
 パトカーは人目にも付かずにすんなり江東区に入った。
「急げ、あそこだ」男が示す先には工場があり、黙々と煙突から白煙がでている。
パトカーはその工場に入ると作業をしていた2人が驚きいて寄ってきた。
「兄貴、どういうつもりだ?」
「手違いがあった。このパトカーをすぐにスクラップにしろ」
「わかった、とにかくやってみる」
「ここは産廃処理場ね。どういうつもりなのよ」
「見ればわかるさ」銃を押しつけられた淳子と久美の両手が後ろ手に縛られていく。
         婦警2

「ぱ、パトカーを壊している!」
「そうさ、ここは産廃処理場だ、こんなの分けないよ」あっという間にエンジンが外され、溶断機が
容赦なく車体を切っていく。
「ガソリンが残っているから気をつけろよ」
「大丈夫です。タンクも外しましたから」慣れた手つきで、パトカーはあっという間に鉄くずと化し
てしまった。
 
 「見ていな。これを溶鉱炉に入れるんだ。跡は残らない」強盗犯は着ていた服を脱いでいく。
「兄貴、着替えを用意しました」下着姿になった2人は今まで来ていた服を放った。
それを配下が鉄くずと化したパトカーと一緒に溶鉱炉に入れた。
「ぱ、パトカーが消えていく!」
「そうさ、これでパトカーはこの世から消えるんだ」車体がすべて放り込まれた。
その後、バラバラにしたエンジンも溶鉱炉に入れられてパトカーの跡形も残っていない。
(証拠がない、これで強盗犯の証拠が消えてしまった!)信じられないと言った顔の淳子と久美だ。
「これで一安心だがこいつは素直じゃなかったから、懲らしめないと気持ちが収まらないよ」
「わかってるよ兄貴。とりあえず、中に入って懲らしめよう」」
(何をする気なのかしら、まさか、集団レイプでは?)銃を向けられて逃げる事ができず言われるま
ま歩いていくと粗末な建物が見えてきた。

「入るんだ!」ドアが開けられた。
(ここに閉じこめる気かしら?)不安を抱いて中に足を入れる淳子と久美だ。
 
 (以外に綺麗だわ)2人が連れ込まれたの工場の従業員用の寮だ。
仕切られて部屋もあり、大きなリビングもある。
「こいつらが逃げないようにしろよ」
「わかってます、兄貴」リビングには作業を終えた男も集まり4人で淳子と久美を取り囲んだ。
「オッパイは触らないで!」
「勘違いするな、お前の名前をお知りたいだけだ」兄貴と呼ばれた男は2人から警察手帳を取り上げ
た。
「ほう、宮下淳子に後藤久美か。こっちが宮下淳子だ、大きいぞ、オッパイが!」リーダーらしい男
に胸を触られる淳子だ。
「触らないで。それより、あんな達は何者よ」制服の上から乳房を触られた淳子が言う。
「そうだな、こっちも名乗らないとな。俺は森脇伸介だ。リーダーをしている」森脇は久美の胸も触
った。
「ほう、ままだな。きっと、美乳の部類だ」
「触らないで、不潔よ。男なんて!」
「嫌うなよ、俺は新田三郎だ」新田も久美の胸を触っていく。
「俺は梅宮宮良太だ。よろしくな」やはり、胸を触った。
「杉田純一だ。オ○ンコも触りたいな」
「不潔、オ○ンコなんて不潔よ!」おびえる淳子と久美だ。
 
 「お前、わざとやったよな」森脇は両手を縛った淳子を見つめた。
「仕方ないわよ、あれは婦警として当然の事よ、あなたが警官だったら同じ事をしたはずよ」そう言
いきる淳子の体が震えていた。
「そうだよな、俺もそうするな。でも逃げられたら困るしな」新田が言う。
「だったら逃げれないようにしようぜ」森脇にはいい策があるらしい。
淳子の顔をしっかり見ながら「可愛い顔をしてるがどんな顔になるかな。杉田、お前の出番だ。準備
しろ」
「任せてくれ、兄貴」杉田は自分の部屋の戻って機材を運んできた。
「梅宮、手伝ってくれ」
「喜んで手伝うよ。こんないい事は滅多にみれないからな」2人ビデオの準備をしていく。
(ビデオだわ。まさかレイプビデオでは?)顔が真っ青に変わる淳子と久美は「いや、やめて、ビデ
オはいやです!」震える声でやっと言えた。
「嘘を付いた罰を受けないとな。この子を頂いていいだろう?」
「兄貴、その代わり俺もオ○ンコしていいだろう?」
「当然さ、仲間じゃないか」
「いや、いや、レイプなんていや!」両手を縛られた淳子と久美は後ずさりしていく。

スポンサーサイト

▲Page top