赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第2話 裸にされた久美  

 その時「良太、純一いるの~!」女の声がした。
「有紀だ、有紀が来たぞ!」
「せっかくの、オ○ンコ・チャンスだったのに…」惜しそうな顔の森脇だ。
「あら、こんなとこにいたの。それに、婦警さんも一緒だなんて!」2人の女性が入って来た。
「さっきニュースで言ってる強盗って、もしかして、あんた達なの?」
「ニュースで言ってたのか…」杉田は置いてあるテレビのスイッチを入れた。
『渋谷で強盗した2人連れは婦警を人質にして逃走しています。なお、犯人は銃を持っているもよう
です…』テレビからいきなり音声が流れた。
さらに『2人の婦警は宮下淳子巡査、後藤久美巡査と思われます』画面にはテロップが流され、名前
が繰り返された。
「こうなったら、殺すしかないか…」つぶやき声に、淳子と久美の顔が強ばっていく。
「だめよ、殺しちゃ。それより、人質にした方がいいわよ」
「有紀に和美。お前達も仲間に入るのか?」
「当然よ。4人とも私の体を抱いたでしょう!」
「あら、有紀もなの。実は私もセックスしたのよ、4人とね」和美も言う。
「なんだ、和美もか。だったら気遣いするんじゃなかった」
「私もそうよ、有紀」こうして新たに2人が仲間に加わった。
 
 「それより、森脇さん、この婦警さんと早くオ○ンコしましょうよ」
「俺も、こいつのバージンを奪いたいな」
「ちょっと待って、後々までにビデオを撮った方がいいわよ。後で警察も脅せるし」
「そうだよな、婦警のレイプビデオがあったら、やたらに手をだせないしな」
「決まりね。それに、婦警さんだって、あんた達をチクラないわよ。言ったらレイプされたのを知ら
れてしうから」
「賢いな、お前達。よし、こいつらを素っ裸にして、何回もレイプしようぜ」
「わかりましたよ、森脇さん。現職の婦警をレイプできるなら本気になりますよ」新田と杉田はビデ
オのセットを再び始めた。
「婦警さんよ、聞いたとおりだ。どっちが先にオ○ンコする?」
(いや、レイプなんていや!)怯えて部屋の隅のままだ。
「いや、いやです。レイプなんていやです」
「レイプなんて野蛮人のする事です、お願いやめて!」もう婦警のプライドなく、女性として最大の
屈辱を味わうわけにはいかなかった。
 
 「悪いな、俺たちは野蛮人なんだ。だから、お前から素っ裸になってオ○ンコだ!」
「いや、いやー!」両手を縛られたまま、久美が隅からビデオのセットされた前に引き出され、押し
倒された。
「いや、いやー!」久美は必死だったが、足をバタバタする事しかできない。
「婦警さんよ、そんなに足を動かすとパンツが見えるよ。紫色だね」
「いや、見ないで、見ないで!」足を閉じていく。
「それよりも、オッパイから行こうぜ」
「そうだな、オッパイからいくか」森脇の手が久美の制服のボタンを外していく。
「やめて、お願い。やめて!」叫ぶしか手段がない。
(レイプされる、間違いなく強盗にレイプされてしまう…)再び足をバタバタしていく。
「いいね、その感じが。すんなりオ○ンコじゃつまらないしな」新田は久美の制服の脱がされる姿を
撮っている。
 
 森脇はボタンを外し終えるとネクタイも脱がした。
「どれ、これも脱ごうな」ワイシャツのボタンも外していく。
「ほう、婦警にしては色っぽいな」胸が開きブラジャーが露わになった。
「梅宮、いったん解くから手伝え」
「いいですよ、オッパイを見れるなら喜んで」久美の両手を縛った紐が一端解かれた。
(チャンスだわ、今しかない!)久美は逃げようとしたが「そうはいかないよ、逃がさないぜ」
「放して、放しなさいよ」
「素っ裸になったら放してやるよ。それまではだめだ」雨宮と森脇が久美の腕を掴んだ。
「やめて、いや、ヌードなんていやー!」制服が腕から脱がされ、さらにワイシャツも脱がされ上半
身は紫色のブラジャーだけにされた。
「やめて、お願いやめて!」再び両腕が後ろで縛られていく。
「縛らないで、逃げないから縛らないで」腕を縛り終えると首にも掛けて腕を動かせないようにした。
両手を縛られると久美はビデオの前に立たされた。

 「これで暴れられないな。そら、オッパイだ」背中のホックが外され、乳房が飛び出ていく。
「見ないで。イヤー。見ないで!」大きな悲鳴が響いている。
「ほう、おおきいぞ、Cカップかな」
「Dかもしれないぞ」豊満な乳房が狭いカップから飛び出し揺れている。
「紐が邪魔だな。おい、切ってしまえ!」
「やめて、お願いですからやめて!」肩の紐が切られていく。
右肩のブラジャーの紐が切られて右乳房が露わになっている。
「いいね、これが」露わになった乳房を掴んでいる。
「やめて、いや。やめて!」悲鳴を上げるだけしかできない。
「こっちもだ!」今度は左の肩紐が切られて乳房を包んでいた紫のブラジャーが足下に落ちていく。
(オッパイが、オッパイをビデオに撮られてしまった…)目を閉じ、涙を流している久美だ。
              uli9.jpg
「あら、泣いているの。泣くのはまだ早いわよ。オチンチンでオ○ンコを突かれたらヒイヒイ泣くの
よ」薄笑いを浮かべている。
「もういや。助けて、淳子さん。助けて!」
(助けたいけど、私も動けないの、ごめんね!)久美の叫びを黙って聞くしかない。
 
 「よし、仕上げと行くか」森脇がスカートのホックを外してファスナーを下げた。
「いや、やめて、いやー!」濃紺のスカートが足下に落ち、先ほど見えた紫色のパンティが露わにな
っている。
「いいね、その姿も。でも、ヘア丸出しがいいな」
「やめて、ほんとにやめて。お願いですから!」森脇はいやがる久美のパンティをつかみ下げていく。
「いや、いや!」体を屈めて下半身を隠そうとするができない。
(く、首が絞められる!)久美の首に巻かれた紐を、梅宮が掴んだから腰は下げられない。
「これが婦警のオ○ンコかよ」股間の絨毛が綺麗に手入れされていて短くカットされていた。
(私の性器を見られてしまった!)目からは筋となって頬まで流れていく。
その姿は、モニターにされた、テレビにも映っていた。
「ねえ、今度はこっちの婦警さんにもヘアヌードになってもらいましょうよ」
「何でだよ、オ○ンコしたいのに」
「オ○ンコなんか、いつでもできるわよ、それよりも2人を素っ裸にしての同時プレイなんてどうか
しら?」
「有紀。お前、悪だな。お前と和恵もして欲しいのか?」
「わかったかしら。ちょっとして欲しいのよね。楽しいと思うわよ」
「そうだよな。2人同時にレイプされてしまったなんて、警察にも言えないしな」
「決まった、今度は淳子も素っ裸にしよう」
「いや、いや。やめて、お願い、やめてー!」いやがる淳子も引きずられてビデオカメラの前に引き
出された。
「久美。ごめんね、助けられなくて!」淳子も制服のボタンが外されていく。
「淳子さん!」助けたい久美だが、動くと梅宮の持った紐が首を絞めるから動けない。
「いいね、このオッパイも何とも言えないな」淳子も胸が開き、ブラジャーから乳房の膨らみが見え
ている。
 
 「今度は真っ白だぞ」足をバタバタする淳子もパンティが見えている。
「杉田、手伝え、こいつは手強いぞ!」
「リーダーが言うならそうでしょうね。やりがいもあるってもんよ」
「やめなさい、やめなさいよ~!」開ききった胸が見え、ブラジャーから乳房が飛び出ている。
「オッパイが見えるぞ。ほら」
「いや、やめて!」モニターにブラジャーからはみ出した淳子の乳房が映っている。
(見られてしまった、私のオッパイが!)一瞬だが、隙きができた。
「ほら、今度はオ○ンコだ」
「やめて、お願いやめて!」淳子のスカートに狙いが変わり、ホックとファスナーが外され、スカー
トの裾を引き下げられていく。
「やめて、お願い、やめてー!」叫ぶがスカートが足下まで引き下げられて下半身が見えている。
「やだー、真っ白なんてガキみたいよ」
「そうね、いくら何でも二十歳を過ぎた女が履くもんじゃないわよね」有紀と和恵はわざと淳子の白
のパンティにけちを付けている。

スポンサーサイト

▲Page top