赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第3話 処女喪失  

 

「だったら、これから先に行くか」今度は杉田が淳子のパンティを掴んで下げだした。
「いや、いや、いやよー!」もう、淳子も婦警の威厳が消えて、ただの女だ。
(性器を見られてしまう…。ヘアを剃った性器を…)パンティのゴムが太股まで下げられた。
「ない、こいつ、ヘアがないぞ!」
「馬鹿ね、剃っているのよ。この人達、きっとレズよ」
「そうね。女役はヘアを剃っている、あんたでしょう」
「いや、触らないでお願いです」泣き叫ぶ淳子だ。
「そうか。オ○ンコがなめやすいように剃っているのか。有紀も剃ってるのか?」
「ばか、剃ってないわよね。ねえ、和美!」
「そうよ、レズじゃないもんね。オ○ンコもさせたでしょう。それよりも素っ裸が先でしょう」
「わかってるよ」
「やめてー!」淳子もパンティが脱がされ、下半身が丸出しになった。
「今度はオッパイだぞ!」「いやー!」虚しく淳子の叫び声が響いている。
「ほら、オッパイだぞ!」一端、紐が解かれ、制服とワイシャツが脱がされてから再び両腕が後ろで
縛られた。
その上、首にも巻き付けられて、動きが制限されている。
「ほら、立てよ。お前のツルツルオ○ンコを皆に見せてやれよ!」
「いや、絶対にいやです!」体を丸めて立とうとしない。
「仕方ないな、力ずくだ」紐が引かれ「苦しい!」紐が首を絞めていく。
それに堪えかねて、丸まった淳子の体が伸びていく。
(性器を見られてしまう…。それに、久美とのレズがばれてしまう…)苦しそうに目を閉じている。
そんな淳子の全裸がモニターに映った。
「いいね、並んだ婦警のオ○ンコ丸出しの素っ裸が!」新田はカメラを2人に向けての性器と乳房を
晒す姿を撮ってく。
 
 「ほんとにいいよ。現職婦警のオ○ンコ丸出しヌードなんて絶対に見れないからな」
「でも、見るだけじゃ、つまんないわよ」
「そうだよな。俺は淳子とオ○ンコするはずだったんだよな」
「そうだよ、俺だって、久美とのオ○ンコができたはずだったんだぜ」
「やりなさいよ。森脇さんに新田さん。婦警さんとのオ○ンコを!」
「でも、普通じゃつまんないわ。4人プレイよ」有紀は淳子を仰向けにして、その淫裂を膝立ちの久美が
舌でなめさせるように言う。
「それに、バックから久美のオ○ンコを新田さんがレイプよ。森脇さんのオチンチンを淳子が口です
るの」
「俺はフェラでおしまいかよ?」
「交代よ。その後に、淳子が久美のオ○ンコをなめるの。久美は自分をレイプしたオチンチンをしゃぶ
るのよ」思わぬ提案が有紀からでた。
「いや、そんな事したらオチンチンを噛み切るわよ」
「私もよ。誰がレイプしたオチンチンをなめるもんですか!」
「仕方ないわね。淳子さんに久美さん。やらないならここで死んでもらうだけよ。名残にヘアヌード
ビデオを、マスコミに流してあげるわ」有紀と和恵の持った銃が淳子と久美の頭に押し当てられた。
 
 「やるわ。やるから殺さないで、お願いよ!」命乞いする久美の姿は、もう婦警ではなかった。
立ったままの淳子の淫裂を、自由が効かない体のまま、舌でなめていく。
「やめなさい、久美。やめなさい、ビデオに撮られているのよ、久美!」淳子が叫んでも舌でヘアの
剃られた淫裂をなめていく。
「淳子、諦めろ。俺のをなめるんだ」
「いやよ、そんなのできないわよ」淳子は森脇によって、寝かされ仰向けにされた。
「ほら、口を開くんだ」「む、む、む!」淳子はしっかり口を閉じている。
「淳子さん、やって、お願い、フェアらをして!」有紀の持った銃が久美の頭に押し当てられた。
「久美!」久美の淫裂から筋となって黄金色の小水が流れていく。
(ごめんなさい、久美。こんな目に遭わせて!)久美の小水を見て、淳子は森脇の肉竿を舌でなめ始め
た。
「そうだ、素直にやれば久美も恥ずかしい思いをせずに済んだのに」森脇は仰向けになった淳子に馬
乗りになり、口に爆発しそうな肉竿を押し込んでいく。
 
 それと同時に久美も撮影を交代した新田に両手で腰を押さえられた。
(レイプされている。膣にオチンチンが入ってくる!)新田の肉竿が久美の淫裂を押し広げていく。
            緊縛3
「いいわね、私もああされたいわ、腕を縛られて!」
「有紀、あんたもなの。私もあれを見ているとなんだか、あそこが疼くのよ」
「なんだ、和恵もか。私も疼くの、ちょっと漏れているかもよ」
「私もパンティを濡らしているわ、きっと」
その時「ヒー!」突然久美が悲鳴を上げて体を震わせた。
「許して、それ以上許して!」
「ほう、バージンか。こいつは楽しみだ、現職に婦警の処女をいただけるんだからな」新田は肉竿を
久美の股間に沈めた。
瞬間に「ギャー!」悲鳴をあげて太股が痙攣を始めていく。
「あら、バージン喪失ね。おめでとう婦警さん!」
「これで、女の仲間入りよ!」久美の淫裂から流れでる鮮血が床に落ちていく。
 
 「どれ、喪失記念の中だしするか!」腰が前後に動いて「ピシャ、ピシャ!」肉と肉がぶつかって
いる。
「う、う、うー!」処女を奪われた久美は嗚咽を上げて淳子の淫裂に顔を埋めたままだ。
「ほら、やりなさいよ。クリちゃんをなめるのよ!」泣きながら久美は淳子のクリトリスをなめてい
く。
「俺もやりたいよ。有紀と和美とのオ○ンコを!」ビデオカメラで撮っている杉田が言うと「あら、
やりたいんだ。だったら婦警さんと楽しんでから相手してあげるわよ」
「そうか、安心したよ」新田は腰の動きを早め、上り詰めようとしている。
(裂ける、膣が裂かれる!)久美は顔を歪めて痛みに耐えていると「うー!」新田が爆発した。
(お腹の中に射精された、強盗犯に!)力が抜けていく久美だ。
「終わったよ、リーダー交代しましょう」
「そうだな、俺もオ○ンコするか!」
淳子と久美の姿勢が入れ替わった。
「いや、こんなのいやよ!」膝を付けて座った淳子の目の前には、レイプされ射精された久美の淫裂が
ある。
「やるのよ、やらないと死ぬわよ」銃口が頭に押し当てられた。
(やるしかないわ。久美の性器をなめるしかない!)淳子は血と精液で汚れた淫裂を舌でなめていく。
それよりも、久美のほうが惨めだった。
「ほら、やるのよ!」自分の処女を奪い、鮮血で汚れた肉竿を口に押し込まれている。
「噛んだら殺すからな。ゆっくりやるんだぞ」新田も馬乗りになって、腰をゆっくり動かしていく。
(レイプされた上に、こんな事をさせられるなんて!)仰向けにされた久美は肉竿で咽の奥まで突き刺
さされていく。
処女を奪った肉竿は、久美の唇を汚しながら綺麗になっていく。
「どれ、俺もオ○ンコだ!」
(いや、入れないで、レイプしないで!)淳子も腰を両手で押さえられて、淫裂に肉竿が押し込まれて
いく。
「賭けようか。バージンか、体験済みかを!」森脇が言いだした。
「私、体験済みに掛けるわ」
「和美が体験済みなら、私はバージンに掛けるわ」
だが「いや、入れないで、もう入れないで!」顔を上げて拒むが両腕を縛られて抵抗できない。
「い、痛いー!」顔を歪めて悲鳴を上げている。
「バージンよ、ほら!」「ほんとだ、有紀の勝ちね」淳子の淫裂からも鮮血が流れている。
 
 「バージンだったか。やはりな。ついでにオ○ンコの中に出すか!」森脇は腰の動きを一気に早め
て上り詰め「いく、いくー!」肉竿が淳子の淫裂の奥まで入ったまま動きが止まった。
「あら、リーダーも出したわよ」
「そのようね」淳子も淫裂から血の混じった精液が落ちていく。
「今度は口でやれよ、お前のバージンを奪ったチンポコだ!」
「いや、許して。できない!」淳子の口の中に処女を奪った肉竿が押し込まれていく。
「う、う、うー!」肉竿はゆっくり動いて淳子の唇を汚している。
(いやよ、レイプされたオチンチンまでなめされるなんて!)抵抗の全てを奪われた淳子も目から涙
が流れていた。

スポンサーサイト

▲Page top