赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第8話 レイプゲーム  

 

 「あら、婦警のお二人さんが行きそうよ」
「ほんとね。婦警と言っても、オ○ンコ好きな、ただの女なんだ!」有紀と和美は腰の動きを早めて
いく。
それには「行く、行く~!」遂に淳子も声を出してしまった。
「行きなさいよ。行ってもいいのよ、淫乱婦警さん!」その言葉に動きを止め、ぐったりする淳子だ。
同じように「だめ、行く、行く~!」久美も動きを止めてしまった。
「凄いわ、こんなに乱れるなんて…」
怨めしそうに見ていると「和美、試してみようか?」有紀が声をかけた。
「痛かったらやめてよ、有紀!」
「わかっているわよ、ほら、外して!」和美が腰のペニスを外すと股間が露わになった。
淫裂は絨毛を剃ったばかりだから、ピンクの割れ目が丸見えだ。
「上に乗ってさせて」「いいわよ。こうね?」有紀が仰向けになっていく。
馬乗りになった和美はペニスを掴んで淫裂に入れていく。
「あ、あ、あー!」あえぎ声を上げながら腰を落としていくと「和美、オッパイをやらせて!」有紀
がリズミカルに乳房を揉みだした。
「いいわ、いいわよ。凄くいいのよ!」和美の腰が動き出した。
「和美、おつゆが流れているわよ」
「だって、気持ちいいのよ、オチンチンより気持ちいい!」無毛の淫裂から淫汁が流れている。
 
 和美は一気に腰の動きを早めた。
「行くわ、有紀。行くー!」和美は有紀に覆い被さり「ハア、ハア!」荒い呼吸で抱き合っている。
「凄いわ、変な感じになっちゃった。レズって楽しいのね」和美は有紀の唇を吸う。
「うっ!」(私はいやよ、レズなんて!)しかし、和美の舌が押し込まれて、有紀も舌を絡めていく。
和美はペニスが膣に入ったまま、有紀の乳房を揉みだした。
「だめ、和美。まだ速いわよ」
「速くないわよ、今度は私がしてあげるから」和美は有紀の腰からペニスを外して、自分の股間に取
り付けた。
「行くわよ、有紀!」ネバネバしたペニスが、ゆっくりと有紀の淫裂を突き刺していく。
すかさず「あ、あ、あ~!」体を反らす有紀だ。
「気持ちいいでしょう。オッパイを揉みながらやるからね」和美は右手で乳房を揉みながら腰を動か
すと「クシュ、クシュ!」淫裂からは、音を立てながら淫汁が流れていく。
(凄いわ、あんなに濡らして…)有紀と和美が楽しんでいるのを淳子と久美は眺めるだけだ。
 
 2人が楽しんでいる間に、森脇達4人は有紀の店の中に鉄格子の檻を作っていた。
溶接の経験がある森脇や梅宮達は慣れた手つきで作っていく。
「リーダー。おもしろいね、婦警が素っ裸を晒すなんて」
「それに、オッパイとあそこを触られるんだぞ」淳子と久美が檻の中で素っ裸になっている姿を想像
し、肉竿を膨らませながら仕事をしていた。
そのせいか、以外に早く仕上がり、3時にはペンキも塗り終え、後は明日の2人の泣き顔を期待して
片付けていく。
「できたな。そうだ、鎖と、ほら、口に入れる丸い奴も買って来いよ」
「ボールですか。恥ずかしいな、ポルノショップなんて!」
「いやでも買えよ。喋られたら困るし。それに化粧品も」
「俺がですか?化粧品は有紀に買わせてくださいよ、あいつがよく知っているだろうし…」
「そうだな。明日、有紀に買わせた方がいいかもな」散らばった店の後片付けを終えると、二手に分
かれて店から出た。

 そして、夕方に皆がそろった。
テレビでは、もう、淳子と久美の拉致された事など放送してない。
「かわいそうにな、淳子と久美はもう忘れられたな」
(そうよ、もう誰も助けてくれないんだわ…)自然に涙がこぼれていく2人だ。
「あら、泣いているわ、婦警さん!」
「泣くなよ。今夜は俺が慰めてやるからな」淳子は森脇に抱かれた。
「いや、もうレイプなんていやです。許してください!」
「そうはいかないよ、オ○ンコが楽しみなんだからな」両手を手錠で縛られているので抵抗などでき
ず、森脇のされるがままだ。
                aika27_2016092111592444d.jpg
「リーダー、たまには有紀としたら。ほら、あれを買ってきたし」
「そうだな、有紀に和美。今晩は我慢しろよ」
「何を我慢するの?」
「なあに、ちょっと試したいだけだよ」森脇と梅宮は有紀の体を押さえた。
「いや、やめて。いやよー!」急な事に悲鳴を上げた。
「おとなしくしろ、ほら!」口の中にボール型の口枷が押し込まれて「ウグ、フグ!」声にならない。

 「今度は素っ裸だ。お前をレイプしてやる!」有紀は腕を押さえられて服が剥ぎ取れていく。
「フグ、フグ!」(いや、レイプなんていや、乱暴は嫌いよ!)首を左右に振って何か叫んでいる。
しかし、服が剥ぎ取られ、下着も剥ぎ取られて全裸にされた。
「いい眺めだ。でも、これでオ○ンコじゃ芸がないからな…」買い込んだ革製のベルトを体に巻き付
けていく。
ベルトは乳房を絞るように締め付け、それに、太股に巻き付いたベルトが淫裂を引き立たせている。
「ウ、ウー、ウー!」首を左右に振って拒むが、両腕が膝のベルトと繋がれて手の自由が効かない。
それに、乳房を締められて、痛みさえ感じていた。
「いくぞ、レイプしてやる!」森脇も服を脱いで全裸になっていく。

 「やめさせて。お願い、有紀さんを助けてあげて!」
「そうはいかないんだ。和美も犯してやるからな」
「いやー!」叫ぶが直ぐに「フグ、フグ!」有紀と同じボール型の口枷が付けられ声にならない。
その上に、衣服の全てが剥ぎ取られて、有紀と同じように革製のベルトが巻き付けられてしまった。
和美も両手が膝のベルトと繋がれて手が動かせない。
「和美、たまにはこういうのもいいぞ」梅宮も全裸になって覆い被さった。
「いいな、こんなやり方も!」和美は梅宮のするがままだ。
「う、う、-!」顔を歪め淫裂深く肉竿を迎えている。
「有紀にもしてやらないとな」有紀の淫裂にも森脇の肉竿が突き刺されていく。
 
 有紀と和美は首を左右に振るだけだが、肉竿が容赦なくピストンしていく。
首を左右に振っていた有紀と和美だが、やがて目を閉じておとなしくなってしまった。
(気持ちいい、レイプされるってこんな感じかしら?)淫裂の中は、グジュグジュになって淫汁が流
れている。
「有紀、気持ちいいだろう。中に出すからな」(いいわよ。一杯ちょうだい、エキスが欲しいの…)
森脇は腰の動きのピッチをあげていく。
梅宮も動きを早め、2人は子宮の奥に噴射してしまった。
「有紀、感想はどうだ?」噴射を終えた森脇は口枷を外した。
「凄いわ、凄くいいの。お願い、もっとして!」胸が大きく弾んでいる。
「有紀、俺としないか。バックでさせてくれよ」
「いいわよ、その代わり、一杯出してね」自由が効かない有紀は新田にうつぶせにされたが、膝と両
手が繋がれているので、自然と開脚した格好になっている。
「行くぞ」「あん、あん、あん!」あえぎ声をあげる有紀だ。
和美も口枷が外され、俯せにされて杉田の肉竿で淫裂を突かれている。
「いいわ、もっと、もっとして!」2人の淫裂からは淫汁と精液がしたたり落ちていく。
やがて、新田と杉田も絶頂に達して子宮の中に放出してしまった。
「よかったわ、凄くよかったわ…」淫裂から精液を垂らしながら言う有紀だ。
「私もよ、こんなの初めてだわ」和美も淫裂から淫汁を垂らしながら荒い息使いで余韻に浸っている。

 「有紀、俺がお前を洗ってやるよ」杉田は有紀を縛ってあるベルトを解いていく。
そして、抱かれたまま浴室に連れ込まれた。
「甘えていいの?」
「今夜はいいよ、一緒に寝ようか?」
「あら、今夜だけなの?」
「お前が望むなら、ずっとでもいいよ。でもリーダー達もいるからな…」石鹸で淫裂を丁寧に洗って
いく。
「そうよね。私だけが、いい思いをするわけ行かないしね…」ため息を付きながら体の隅々まで洗わ
れていく。
勿論、乳房も丁寧に洗われて、この夜、有紀は杉田とベッドの中で生まれたままの姿で抱き合って眠
りについた。

スポンサーサイト

▲Page top