赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

拉致された婦警 第19話 見られた素顔  

 やがて、閉店となった。
「はい、ご苦労様、ヘアと鉄格子代よ」有紀は2人に7万ずつ渡した。
「こ、こんなに貰えるんですか?」
「嘘じゃありませんよね」信じられないと言った顔の2人だ。
「ヘア代があるからよ。それにご祝儀よ」

 「明日も働きたいのですがいいでしょうか?」
「構わないわよ、開店前まで来てね。もし、間に合わなかったら首だから覚悟してね」
「必ず来ます。また来ます」笑顔になって、ベルトを外してパンティ、ブラジャーと下着を着ていく。
そして、シャツとスカートを着て店から出ていった。
「私たちも帰りましょうよ」
「そうだな、片付けも終わったしな」8人はアジトに戻った。

 アジトに戻ると淳子達女性は風呂に入っていく。
「私、森脇さんに剃って貰うわ。ヘアを」
「淳子もなの?私も新田さんに剃って貰うつもりなの」
「あなた達、どういうつもりなの。やっと生えかけているのよ、ヘアが!」不思議な事なので有紀が
尋ねた。
「だって、ヘアを剃るときの男の人、凄く興奮していたわ。だから森脇さんもきっと。…」顔を赤ら
め次の言葉が出ない。
(マジだわ、この2人は!)有紀と和美は2人を仲間として見るようになり、変わっていた。

 風呂から上がると淳子と久美は生まれたままの姿で現れた。
「剃って、森脇さん、ヘアを剃って欲しいの」恥ずかしそうに淳子はカミソリを手渡していく。
「私のヘアも剃って新田さん!」久美もカミソリを手渡した。
「わかった、剃るよ」淳子と久美は足を開いていく。
転々とした絨毛にスプレーが吹き付けられてカミソリが当てられた。
(膨らんでいる、森脇さんのオチンチンが!)(新田さんのオチンチンも膨らんでいく!)淳子と久
美は2人の股間をしっかり見ている。

 そんな事とは知らずにカミソリを動かしていく。
「終わったよ」2人の絨毛が綺麗に剃られてピンクの淫裂が丸出しになっている。
「剃った、お礼をさせて下さい!」淳子と久美は、森脇と新田の前で膝を着けチャックを下げていく。
そして、勃起した肉竿を掴んで、口に含んだ。
「そ、そんなー!」「信じられないわ!」それを見ていた有紀と和美は信じられないと言った顔をし
ている。
「和美、どう思う?」「わかんないの、私、わかんないの!」混乱している2人だ。

 そんな有気と和美にお構いなしの淳子と久美だ。
肉竿を口でさすりながらベルトも外して下半身を露わにしていく。
「させて、今夜は私にさせて下さい!」マットに仰向けに寝かせて馬乗りになっていく。
「一杯出して、お腹の中に出して!」勃起した肉竿を掴み淫裂に導いていく。
「あ、あ、あー!」あえぎ声をあげながら腰を沈め根本まで吸い込んだ。
「いいよ、気持ちいいよ!」森脇と新田は乳房を掴み揉んでいる。

 「変わったな、あの2人は変わったよ」杉田と梅宮も興奮して有紀と和美に抱きついていく。
「私も欲しくなったわ、させて私にさせて!」「私もしてあげるわ」有紀と和美も馬乗りになって腰
を振っていく。
「あん、あん、あん!」4人の悶え声が明け方まで響いていた。
 
 時は流れて、あの事件から1年たった。
警察は必死に探し回っていたが手がかりすら掴めてない。
だが、拉致された淳子と久美は相変わらず変装して、マスクを被って有紀の店で働いていた。
店の方も相変わらず繁盛して客があふれている。
だが、鉄格子は取り壊されて跡形も無くなっていた。

 「いらっしゃいませ!」美雪と和美もマスクをして顔を隠しベルトスタイルでいる。
「いいね、これが!」胸のベルトをずらされ、乳房を掴まれていく。
「いやだわ、お客さん。こんなオッパイなんか、何ともないでしょう?」有紀も和美も乳房を触られ
ている。
マスクとベルトの制服だけは評判がよく、続いていた。
                 マスク2
 だが、安心はできなかった。
時折、警察が店に訪れて来るからだ。
それは、淳子と久美の体が目当てであって、捜査のためではない。
「来いよ。オッパイぐらいいいだろう?」酔った同僚達は、いやがる淳子と久美を押さえつけ、乳房
を掴んでいく。
「いや、いやー!」その都度、逃げ回る2人だった。

 そして、いつものように、酔った同僚達4人がまた来た。
「いやだわ、また警察官よ」有紀と和美もいやがっているが、商売上は断れない。
「こちらへ!」有紀は案内して椅子に座らせた。
「いいだろう、オ○ンコをやらせてくれよ」座るなり、4人は有紀のベルトをずらし、淫裂と乳房を
触りだした。
「だめ、だめでよ。ここは風俗店ではありませんから」やっとの思いで振り切って戻ってきた。
「ママ、オッパイと性器が!」
「いやだ、丸出しで来たんだ。お客に見られたわね、恥ずかしい!」有紀は顔を赤らめながら、ずれ
たベルトを直していく。

 「それより、お願いするわ、あそこは充分注意してね」
「はい、ママ!」淳子と久美はおしぼりを持って「いらっしゃいませ、何を用意いたしましょうか」
と尋ねた。
「ビールだ、ビールを持ってこい!」酔っているのか声が大きい。
「ボーイさん、ビールをお願いします」有紀は新田を呼ぶ。
「かしこまりました」新田は注文を聞いてカウンターに出向いていく。
「また、あいつらだ。いやな、奴だな!」
「仕方がないさ。ああいうのがいるから、やっていけるんだから」リーダーの森脇は冷静だ。

 しかし、4人はしつこく淳子と久美に絡んでいる。
「いいだろう、オッパイぐらいケチるなよ」ベルトがずらされ乳房を掴まれていく。
「酔ってますよ。冗談はやめて下さい」
「酔ってなんかいないよ、ほらこんなに元気だよ」チャックを下げて、肉竿を取り出すと、興奮して
いて、大きく膨らんでいる。
「俺も元気だよ、触ってよ」4人の酔った警官はチャックを下げて肉竿を出している。

 「しまって下さい、そんなの見たくもありませんから!」
「しまうよ、その前にやらないと」
「いや、いやー!」淳子と久美は2人掛かりで押さえられて、ベルトが外されていく。
「いや、やめて、犯罪ですよ。これは犯罪です」叫ぶが、淳子と久美はベルトが外されて、全裸にさ
れてしまった。
 
 「オ○ンコしたいんでしょう、お姉さん!」いきなり2人の乳房を鷲掴みにして動けないようにし
ていく。
(息ができない!)乳房に爪が食い込み息が苦しい。
「ほら、オ○ンコが欲しがっているよ」
「いやー!」テーブルに仰向けに寝かされた2人は淫裂に肉竿が押し込まれていく。
(れ、レイプよ、これはレイプよ)肉竿はピストンしていく。
「抜いて、お願い抜いて!」
「好きなんでしょう、オ○ンコが」
「嫌いよ、だから抜いて!」その瞬間、口におしぼりが押し込まれて口をふさがれた。
(いや、いや!)ピストンは一気にスピードを上げていく。

 その間乳房も揉まれていった。
酔った警官達は犯しているのが同僚とは知らずに腰を振っていく。
「出そうだ、出そうだ」
(いや、出さないで、いやです!)だが淳子は子宮の中が暖かくなるのを感じた。
久美も子宮の中が熱くなるのがわかった。
(射精された、同僚にレイプされて射精された!)抵抗する力が消えていく2人だった。

「俺にもやらせろ!」酔った同僚は、交代して精液の流れ出る2人の淫裂に肉竿を入れていく。
(いや、もうやめてよ!)叫びたいが、声が出せない淳子と久美だ。
そこに「お、お客様、それは禁止されています。おやめ下さい!」ビールを運んできた新田が慌てて
止めようとした。
「やらせてやれよ。もうすぐ終わるから!」新田も酔った警官に押さえられて手が出せない。
「でる、でるぞー!」「俺もだ。気持ちいい!」股間同士が密着したままだ。
そして、新たに白い液体が淫裂から流れ出てきた。

 「お、お客さん。犯罪ですよ、これは犯罪です」新田も声が震えている。
「犯罪?だったら、被害者から事情を聞かないとな!」事もあろうか、酔った警官達はマスクを剥が
しだした。
「いや、いやー!」犯されながら、マスクが剥がされて素顔が見えてきた。
(だめ、やめて、お願いだからだから、それだけはやめて!)遂にマスクが外されて、淳子の素顔が
露わになってしまった。

 「いや、見ないで!」急いで両手で顔を覆い隠していく。
「お前、どっかであったことあるぞ。どこだっけ?」
「知りません、どいてよ!」やっとの思いで、淳子は同僚を退け、急いでマスクを被っていく。
(見られたわ、顔を見られた!)淳子は動揺していた。
同様に、久美のマスクも剥がされて素顔が見えてしまった。
「いやー!」必死に逃れて、慌ててマスクを被っていく。

 やはり動揺が隠せず「訴えてやるから、強姦罪で訴えてやるから!」覆面をかぶると、淫裂を両手
で押さえ、乳房を揺らせながら従業員用の部屋に走っていく。
その後を淳子も股間を両手で押さえながら走った。
「お客さん、困りますよ」
「わかったよ、うるさいな。それにしても、どっかで、合った顔だったぞ!」酔った警官は運ばれた
ビールを飲んでいくが、淳子達は気が気では無かった。
(ばれてしまう、ここにいたのが!)これから起こる不安に体が震えている。

スポンサーサイト

▲Page top