赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

拉致された婦警 第20話 取り調べ  

  そして、店が終わり、アジトに戻ってから話し合いが行われた。
「ここにいるのはお前達の意志だ。俺たちには関係ないからな」森脇が言う。
「それに、パトカーは無理に処分させられたんだ。いいな!」新田も言う。
「わかっています。私達が勝手に処理して貰いました…」力無く言う淳子だ。
「それでいいの?あなた達が困るわよ」有紀が心配そうに言う。
「仕方ありません…。ですが、あのビデオだけは、日の目を見ないように隠しておいて下さい。レイ
プされたのだけは、マスコミや警察には知られたくないんです」淳子と久美は不安を抱きながら応え
ていく。

 「それに、お前達と強盗は、全く関係ないからな!」
「私達を拉致した強盗は、羽田から用意して置いた車で逃げました。そこで、前からの計画を実行し
ました…」そう言うしかなかった。
「わかった。それならいい。暫くオ○ンコできなくなるから、今からいいだろう?」森脇は淳子に抱
き付いた。
「お願いです、首になったら、ここに置いてください」森脇に、乳房を揉まれながら言う。
(表沙汰になったら、行くとこがないわ。ここに、戻るしかないし!)それは久美も同じだった。
「私も置いてください!」久美も新田の肉竿を淫裂に迎えながら言っていた。

 「うまく行ったら置いてやるよ。しばらく、刑務所には入りかも知れないけど…」
「そうだよな。それまでは、うまくやるんだぞ!」二つの肉竿がピストンしていく。
「有紀、俺もやりたいよ。やれせてくれ!」
「俺もだよ、あんなの見たらたまらないよ!」梅宮と杉田は、有紀と和美を連れ、それぞれの部屋に
入って「あん、あん、あん!」とあえぎ声をあげていく。
こうして、4組のカップルは明け方まで、悶え声をあげ続けていた。
 
夜が明けて、不安な日が始まった。
「いよいよ、来るわよ、警察が!」
「わかっている。大事な物はワゴン車の二重底に隠して置いたからな」
「わかったわ。後は任せて…」有紀と和美は覚悟した。
「でも、寂しくなるわね。どれくらいかしら?」
「さあ、1年は覚悟しないとダメかな…」普段通りに準備をしていく。

 男の4人だけでなく、淳子と久美も覚悟を決めて準備をしていた。
「有紀に和美。店は頼んだよ。何としてでも、ここも守ってくれよ」
「わかったわ、守ってみせる!」そして、いつものように新宿の店にワゴン車で向かった。
今回は、いつもと違って、淳子と久美はマスクもカツラも被っておらず、素顔のままだった。
店に着き、開店の準備をしていると、早速、警察が来た。
「話があります。警察でお聞かせ下さい」
「わかりました、行きましょう」おとなしく、警察官に従う6人で、有紀と和美は、事情聴取から外
された。
 
 警察で、淳子と久美は別々の部屋で取り調べを受けていく。
「まったく、やってくれたよね。強盗の仲間だなんて!」
「違うわ。強盗は羽田から別な車で逃げたわよ」
「どうして、報告しなかったんだ!」
「警官がいやになっていたの。チャンスだったからパトカーを処理して貰ったのよ。嘘ついて!」
「犯人の顔は、覚えているだろう?」
「無理よ、覆面をしていたのよ。わかるわけないわよ」

 「おまえ、それでも警官か、オッパイとオ○ンコ丸出しにして!」
「その、オッパイとオ○ンコを触っていたのは一体だれよ。それに、レイプまでしたじゃないのよ!」
「そんなの知らないよ!」
「こっちにだって、言いたい事もあるんだからね」新宿署の幹部達は困ってしまった。

 「証拠が全くないしな。それに強盗したって意味が無いんだよな。工場も売って金もあるし…」
「そうなんですよ、動機がまったくないんですよね」
「ただ、パトカーを勝手に処理した罪は問えますがね」
「白かも知れないな。それより、問題は婦警だよ。何とかしないと」
「開き直ってますしね、確かに酔った同僚が、レイプしたのは事実ですから」

 「何とか、ならないかな?」
「職務放棄と公務員法違反ぐらいしか問えませんね」
「仕方ないか、とにかく新聞各社の会見はうまくやってくれよ」
「心得てますよ」こうして、淳子と久美は新宿にいた事が、警察から発表された。
それに、淳子と久美は20日間の拘留で保釈された。
だが、森脇達は釈放はされなかった。
 
 釈放された、淳子と久美は無理矢理に、退職届を書かされて、もう婦警ではない。
それに、マスコミが2人を取り囲んでいる。
             記者会見2
「素っ裸で、アルバイトしていたそうですが?」
「どうして、あんな事をしていました?」質問が相次いだ。
強盗に拉致された事よりも、自ら素っ裸になって、ホステスをした事が興味があった。

 そんな質問を無視して、記者を振り切って寮に向かったが、荷物が玄関に置かれている。
「出て行けって、こと何だ!」泣きながら、それを見て、世田谷のアジトに向うしかない。
「有紀さんに和美さん、行く所がないんです。置いてくださ…い」泣きながら言う2人に「いいわよ、
その代わりに、やって貰いたい事があるのよ」
「実は、あれ以来、客が遠のいているのよ。だから、人肌脱いで欲しいのよ」有紀と和美が言う。
「置いて貰えるならお手伝いします。それに、荷物を運ぶのも、手伝って貰いたいし…」小さな声の
淳子だ。
「いいわよ、ワゴン車で行こう!」早速、荷物をアジトに運び込み、落ち着く事ができた。

 荷物を整理し終えると「で、何をすればいいのですか?」思い出したように淳子が尋ねた。
「人肌脱いで欲しいのよ」
「ですから、何を?」
「鈍いわね、裸になって欲しいと言っているのよ!」
「ヌードですか。それなら、前からやっていましたから、平気ですが…」
「違うのよ。あなた達は、いまわ有名人よ。ヌードで稼いで欲しいの」
「イヤ、ポルノはイヤです。店でのヌードなら我慢しますが、ポルノはいやです!」キッパリ断る淳子だ。
「私もイヤです。ポルノ出演は!」泣き出す2人だ。

 「違うわよ、あなた達は今や有名人よ。ヌードで記者会見をするの。勿論、有料で!」
「いいアイデアでしょう。店の宣伝になるし、4人の裁判費用にもなるしね」2人に言われれば、拒めない。
「どこまで脱ぐんのですか?オッパイだけですか、それとも、ヘアとあそこも…」
「勿論、全部よ。性器も、ちらっと見せるのよ」
「そんなの、恥ずかしくてイヤです。カメラの前で脱ぐなんてできません!」泣き声が大きくなった。
「心配しないで。私も脱ぐのよ、梅宮さんの裁判費用にもなるしね」

 「あら、有紀さんが脱いでもだめよ、何もならないわよ」
「接待をするのよ、2人だけがヌードなんて申し訳ないから」有紀は淳子と久美の肩を叩いて言う。
「だったら、私も脱ぐわ。杉田さんのためになるし」
「わかったわ、4人ともフルヌードになりましょう。それから、ビデオカメラは禁止するから」
「デジカメもだめよ、悪用されやすいし」
「そうね。アナログなら、現像もやたらにできないから安心よね」
こうして、元婦警の、フルヌードの有料記者会見が催される事になった。
 
 会見は、有紀の店ですることとして、時間もマスコミ各社に流した。
それに、カメラ以外しか持ち込み禁止で、1人3万円の有料である事も伝えた。
「来るかしら、心配だわ」
「来るわよ、大勢が来るわよ。知りたいはずよ、婦警が何をしていたかを。それに、婦警のフルヌー
ドが撮れるのよ」
4人は話し合いながら店に向かうと、有紀の予想通りに記者が店の前に集まっていた。
「ほら、来ているわよ」記者も淳子と久美に気づいて「後藤さんですね、お尋ねしたい事がありまし
て!」
「それは会見の時にして。ここでは何も答えません」4人は店を開けて中に入っていく。

 それを、追うようにして、記者達も入って来た。
「お一人3万円です。飲み物もご用意いたしますから」
「はい、これでいいんだね」
「結構です。ビデオやデジカメは持ち込んでませんね?」
「ないよ。普通のカメラだよ」
「わかりました、どうぞお待ち下さい」有紀と和美は記者から代金を取っている。

 その間、淳子と久美は従業員用の部屋で着替えていた。
「恥ずかしいけど、行く所がないし…」
「そうよね、生活費も稼がないといけないし」2人はパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。
「ヘアはどうしよう?」
「このままでいいわよ。性器は見られたくないし…」
「そうね、そのほうがいいわよね」全裸になった2人は厚手のガウンを着込んだ。

 そこに、有紀が迎えに来た。
「準備ができたようね。お願いするわ。後は私達の番だから」
「わかりました。有紀さんもヌードになって下さいよ。2人だけでは、恥ずかしいですから…」言い
残して、淳子と久美は記者の待つ店内に向かった。

スポンサーサイト

▲Page top