赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

拉致された婦警 第22話 再出発(最終話))  

 こうして、3ヶ月が経った。
だが、森脇達は依然、拘留されたままで、警察ではどうしても証拠が取れない。
その為に、裁判所も拘置を認めず、保釈の身となり、4人は拘置所から出された。
「待っていたわ。4人で、やっていたのよ」4人が出迎えた。
「よく守ってくれた。ありがとう」森脇達は淳子達の労をねぎらった。
「それに、素っ裸の会見もやったんだってな」
「言わないで。恥ずかしいから」顔を赤らめる4人だ。
「お陰で釈放だよ。それに、証拠が何1つないしな」
「これからも一緒に暮らしたいの、行く所がないし。いいでしょう?」
「当然さ。体まで張って尽くしたんだから」
「俺、4人のヌードが見たいよ。久しぶりだし…」
「いいわよ。帰ったら、ヌードショーをしましょうよ」8人はワゴン車に乗って、アジトに戻った。

 アジトに戻ると、森脇達男性は風呂に入り、体を洗っていく。
「今よ。着替えましょう!」「そうよ、急いでよ!」その間に、女性達は着替えをしていく。
「私はこれよ、これに決めていたの」淳子は前から用意して置いたスリップを選び、服を脱いで行く。
それに倣って、久美や有紀、和恵と次々と服を脱ぎ、生まれたままの姿になった。
「淳子さん、いいわね」「有紀も似合うわよ」女性達は用意して置いた下着を着込んでいく。
4人が着込んでいく下着は、うっすらと色を帯びているが、透明と同じ布地で、乳房と股間が露わに
なっていた。
それに、股間は数ミリに伸びた絨毛が淫裂を覆っている。

 「終わったわね、急いで戻りましょう」着終えるとリビングに戻っていく。
「いないわ。まだ、お風呂よ」
「こんな姿を見たら、今晩は眠れないかもよ」
「いけない、忘れていたわ。今夜、お腹に出されたら、きっと妊娠するわよ!」
「そうよ。避妊薬を飲んでなかった!」慌てる女性達だ。
「今からでは間に合わないしね。明日、病院で薬を貰いましょう」
「そうね、そうしましょう」話がまとまり、一息ついている。

 そこに、腰にタオルを巻き付けた男性達が現れた。
「す、凄いよ、今夜は!」「ほんとだ。たまんない!」バスタオルの下から肉竿が持ち上げている。
「今夜は、私達が踊るから最後まで見て欲しいの」淳子が言う。
「わかった、最後まで見るよ」
「ありがとう」淳子達は音楽を流して、それに合わせて踊っていく。
(わざと、オッパイを揺らすのよ!)前もって決めて置いたように、体を揺すりながら踊っていく。
そのため、スケスケの下着から、揺れ動く乳房がわかっている。

 その、乳房を男達が食い入るように見ている。
(思った通りよ。オチンチンがあんなに膨らんでいるわ)踊る女性達は股間の勃起を確かめてから、
音楽に合わせて下着を脱ぎだした。
「我慢出来ないよ。3ヶ月もやってないんだから!」若い梅宮と杉田は肉竿を擦りだす。
「だめ、最後まで見てよ!」それを、和美よ有紀が止めさせた。
「わかったよ」仕方なく、手を退けていく。

 女性は下着を脱ぎ終え、生まれたままの姿になった。
それでも、音楽は鳴りやまなず「あ、あー!」突然、女性達はペアを組み、抱き合いだした。
「欲しいよ、俺も仲間に入りたいよ」堪えきれず、男性達が女性に掛けより抱いていく。
「まだ、終わっていないのに!」
「欲しいよ、淳子が欲しい!」森脇は淳子をマットに押し倒して覆い被さった。
同じように、久美や有紀、和美もマットに押し倒され、乳房を揉まれながら淫裂を肉竿で突き刺され
ていく。
「いいだろう、欲しいんだ!」
「いいわよ、その代わり、何回もしてよ」その言葉に男達は一斉に腰を動かしだした。
「いいわ、気持ちいいわよ!」久しぶりの肉竿に、女性達は声を上げて迎え入れている。
            holdsex_55.jpg
 それに答えて、肉竿はピッチをあげた。
「あ、あ、あー!」淳子達は堪えきれず、喘ぎ声をあげ、背中が弓のように反っている。
淫裂からは、白い淫汁が溢れて、マットを濡らしている。
「限界だ、出すよ!」男達は、次々と淫裂深くで噴射をしていった。
「よかったわ、もっと欲しいの!」萎縮した肉竿を口に含んで、膨らませていく。
「俺もやりたいよ。今夜は何回も出すからな」
「いいわよ、何回でも。でも、今度はベットの上でね」
「わかっているよ」森脇達男性は女性を抱き上げ、それぞれの部屋に入って、悶え声をあげていく。
その、悶え声は明け方まで鳴りやまなかった。

 翌日「これから出かけるけど、いいかしら?」淳子は森脇に言う。
「どこに、行くんだ?」
「病院よ。実は避妊薬を飲んでいなかったの」
「そうか、飲んでいなかったのか…」
「だって、今までは必要なかったし」
「わかった。病院には行かなくてもいいよ!」
「えっ!生まれるのよ、赤ちゃんが!」
「産めよ、俺の子を!」
「いいの、産んでも?」
「ああ、産めよ。久美達も飲んでないのか?」
「ええ、全員飲んでないわ!」
「そうか。皆をリビングに集めてくれ。今すぐだ。裸だったら、そのままでもいいから!」
「わかったわ、直ぐに集める」淳子は乳房を揺らせ、部屋を回った。

 淳子の呼び出しに、皆が素っ裸のままリビングに集まった。
「聞いて欲しい。女達は避妊薬を飲んでいなかったんだ!」
「ホントかよ」
「ええ。そうなの」項垂れる女性達だ。
「そこでだ、この際だから産んで貰う事にした!」
「いいの、産んでも?」久美達は喜びの顔に変わった。
「ああ、俺は淳子に産ませる事に決めた」
「俺も久美に産ませるよ」「俺もだ、有紀、産んでくれるよな」「和美も産むよな」男性の言葉に淳
子達は目を潤ませながら「産みます、赤ちゃんを」一斉に答えた。
「やったー!」再び、それぞれの部屋に戻り、昼間から喘ぎ声をあげた。

 それから数年たった。
「有紀さん、今日は当番よ。お店は任せて」
「わかった。店はお願いするけど、子供は任せて」
「じゃあ、行って来るわ」大きな屋敷に、有紀と幼い4人だけを残して、ワゴン車は繁華街に向かっ
ていく。
森脇達は店替えをして、料理店を経営していた。

 勿論、8人だけでの店だった。
料理店も固定客が付き始めて、順調な経営になっている。
今日も無事に店を終えると、有紀が待つ屋敷に戻ってくる。
「いいな。恨みっこなしだ。今日が二人目を作る日だぞ」森脇の言葉に頷く7人だ。
「よし、始めよう」森脇の合図で一斉に服を脱ぎ、全裸になって抱き合う。
「欲しいの、赤ちゃんが!」
「だったら、産むんだ!」一斉に肉竿が、淫裂を突き始めた。
そして、数ヶ月後、淳子達4人の皆が大きなお腹をして、屋敷の中で話し合っている。
それは、幸せに満ちた顔だった。
                                    ー完ー 

スポンサーサイト

▲Page top