赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第6話 露呈  

  暫く撮ると「先生、廊下でも撮ろうよ」高田が言い出す。
「イヤよ。見られたらどうするのよ」直美は泣き声だ。
「大丈夫だよ、誰もいないし」「言う事を聞かないなら、ここでオ○ンコしちゃうよ」佐藤はチャッ
クを引き下げ、膨らみきった肉竿を取りだす。
「やるわ、廊下でやるから、セックスは許して…」涙を流す直美は教師の威厳が消え失せ、ただの女
だった。

 「それなら、早速撮ろうよ」3人は引き戸を開け、廊下に誰もいないのを確認してから外に出た。
「先生、オ○ンコを広げてよ」
(イヤよ、そんな卑猥なことできないわ)言いたいのを堪え、指を淫裂に入れて広げると、ピンクの
膣が露わになり、それを2人で撮っていく。
(撮らないで。これが知れたら、大変な事になるのよ…)指先が震え、肉襞も震えている。
そんな事などお構いなしに、次々とポーズを取らせてカメラに収めていく。
                 教師

 「もういいよ。今度は教室だ」
(良かった、誰にも見られずに済んだし)一安心の直美だが(なんて奴らだ。校舎で素っ裸を撮るな
んて)そっと、覗いていた影があった。
影は、3人が教室に入ると、そっと近寄り覗き込んで(そんな、教師が素っ裸になっているなんて!)
声こそ出さないが、驚きの顔なっている。
そんな事など知るよしもない高田は、直美同様に全裸になって乳房を握り、肉竿を掴ませ、一緒にカ
メラに収まっていく。
「交代だ、今度は俺がやる」佐藤も全裸になり、乳房を握り、肉竿を掴まれて撮らせる。

 「先生、撮影はこれまでだよ。次はお楽しみだからね」
「やめて、セックスはしない約束よ」
「オ○ンコに入れなければ、セックスじゃないよね。ここなら平気でしょう?」高田は直美を机に押しつけ、肛門に肉竿を押し込んだ。
「やめて、お尻はイヤよ。入れたら、大きな声を上げるからね!」
「出してもいいけど、先生も素っ裸だよ」
(そうだわ、声を出したら表沙汰になってしまう…)直美の抵抗が小さくなると、それをいい事に、
肉竿が直腸から入り込む。

 「う~!」呻き声を上げ、痛みに堪えていると、カメラのスイッチが押された。
「撮らない約束よ、これは撮らないで…」
「それなら、我慢するよね?」
「してもいいけど…出さないで…」
「それは無理だよ。出すからね」直美を立たせ、乳房を揉みながら肉竿をピストン始め「ピシャ、ピ
シャ!」と教室に音が響いていく。
「動かさないで…お尻が裂ける…」顔を歪めて耐えていると、登り切ったのか「先生、出すよ…」肉
竿の放出が始まった。

 「イヤ、お腹はイヤ!」逃れたいが暖かいのを感じ(射精だわ、お尻から射精された…)屈辱に床
に崩れていく。
「先生、まだだよ。僕はケツは嫌いだから…」今度は、佐藤が髪の毛を掴んで引き上げると、肉竿を
口に押しつけた。
(イヤだけど、セックスよりはましだし…)肉竿を口に入れ「ウグ、ウグ!」と唇で擦り出す。
影は(なんて、奴らだ。俺だってやりたいのを我慢してるのに…)股間を膨らませながら覗き見して
いるが(待てよ、こいつらを利用したら、面白い事ができるぞ)笑顔になって見ていた。

 その影の前で「出すよ、出すからね」佐藤が喉奥に放出し「ゴクン!」と飲み込む直美だ。
「今日はこれまでだ。先生、次ぎも頼むからね」高田はそう言うと肉竿を綺麗に拭き、服を着だした。
「まだ、撮る気なの?」直美も肛門をティッシュで拭き、服を着ていく。
「勿論だよ。それにこれもね」乳房を掴み、乳首を吸う。
「ダメ、もうダメ!」手で払い除けようとするが、なかなか離れない。
「やめて、そんな事されたら…」力強く吸われて息も乱れている。
「わかったわ、わかったからもうやめて」やっと乳首から離れ、急いでシャツを着ていく。
(乳首を吸われると、変な感じがする…)黙ったまま、元の姿にると、覗き見していた影も、そっと
去った。
そして、元通りになった3人は何もなかったような顔をして教室から出た。

 それから数日が過ぎ、いつものように職員室で授業の準備をしていると「岡崎先生、お聞きしたい
事がありまして…」校長の近藤から呼ばれた。
滅多な事では声など掛けられないから、不安な顔をして校長室に入ると、高田と佐藤がおり、体育教
師の水谷もいる。
(もしかして…)緊張していると「実は、見てしまいましてね」近藤が切り出した。
「な、何を御覧に?」恐る恐る口を開くと「教室で素っ裸になった岡崎先生ですよ」睨みつけるよう
に言う。

 「そんな、私が裸になるなんて。何かの、間違いでしょう?」真っ青な顔になっている。
「間違いというなら構いません。でも、これはどうなんですか?」写真を見せつけられ「そ、それは
…」顔がブルブル震え、やっと立っている。
そんな、直美に「先生、済みません。ばれてしまいました」佐藤と高田が謝った。
「これでも、しらを切りますか?」近藤の言葉に、直美は黙ったままだ。
暫く沈黙が続き「お前達は、俺が調べてやるぞ!」水谷が佐藤と高田を校長室から連れだした。

 「さてと、2人きりになった所で、私と契約しませんか?」
「どのような契約ですか?」
「簡単です。私にもあの2人がやった事をやらせて下さい」そう言うと直美の服に手を掛けた。
「やめて下さい、声を出しますよ」
「出しても構わないが、この写真が学園の中にばらまかれますよ」
それには「そんな…」悲鳴に近い声を上げた。
「オ○ンコ丸出しの写真が表沙汰になったら生きては行けないよ。ここはおとなしく、素っ裸を見せ
るないと」
(イヤです、裸なんてイヤです!)叫びたいが、ブルブル震えて黙ったままだ。

スポンサーサイト

▲Page top