赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

十字架のある学園 第7話 取引  

 近藤は、ボタンを外すとスーツを脱がすが、ブラジャーを着けていないから、うっすらと乳房がわ
かる。
「いいですね。自然体が最高ですよ」ブラウス越しに、乳房を握りしめると「い、痛い~!」悲鳴を
上げた。
「おや、痛いですか。それなら丁寧にしないと」乳房を握っていた手が、シャツのボタンを外しだす。
「校長先生、許して下さい。仕方なくやったんです…」泣き声で言うが「確かめないと何とも言えま
せん。まずは、素っ裸になってからですよ」ボタンが次々と外され乳房が現れた。
「いいですね。これが、岡崎先生のオッパイですか…」ブラウスを脱がすと、乳房を撫でながら乳首
を吸う。

 「ダメ。そんなのダメ…」直美は近藤の頭を押さえて逃れようとした。
「イヤですか。それなら、こっちですよ」スカートに手が掛かった。
「許して、お願いです…」脱がされまいとするが「公にされたいのですか?」脅されては、力が抜け
ていく。
「ここでなら、素っ裸だけで済みますからね」ホックを外して引き下げると(性器を見られてしまう
…)両手ですかさず股間を覆った。

 「ほう、ガーターベルトですか。どうせなら、黒がいいですね」足下に落とすと直美を見つめる。
「もう、いいでしょう。全部脱ぎましたから…」
「まだですよ。大事な所を、見てませんし」
「ここは許して。写真で見たはずですから…」
「言ったでしょう、生で見たいって。早く手を退けるんだ!」最後は命令調になっている。
(ヘアがないから、笑われてしまう…)泣き顔のまま手を退けた。

 直美は、ストッキングとガーターベルトだけをまとい、乳房と無毛の淫裂を近藤に晒した。
               ストッキング2
「いいですね。ヘアはこれくらいのほうが…」恥丘に少し残された絨毛を撫でると、淫裂を触り出
し、堪えきれずに「う、う、う!」嗚咽を上げした。
「これくらいで、泣くなんてだらしないですよ。オ○ンコはやったんですか?」指が膣に入った。
「そ、そんな事は、してません…」
その一言に、近藤の指が一瞬、動きが停まり「そうですか、岡崎先生は処女なんですか…」と言う。
「はい。まだ、一度もしてません…」

 「よく、あいつらが、我慢してましたね?」
「口と手で。やっていました。それに、お尻でも」
「フェラですか。いいですね。私はケツは嫌いだから、フェラをお願いしますよ」
「校長先生、まさか、私にやれとでも?」
「その通りです。イヤとは言いませんよね」
(これは脅迫だわ。やりたくないけど、写真があるし…)「わかりました。やりますから、秘密にお
願いします」
「それは勿論です」近藤が約束すると、向き合うようにして腰を下ろし、ズボンのベルトを外した。
その後、パンツも引き下げ、萎縮している肉竿を手で掴み、ゆっくりと擦りだす。

 それには、50過ぎの肉竿も元気良く膨らんで「気持ちいい、早く頼むよ」催促され、口に入れる
と「フグ、フグ!」唇で擦りだす。
(こんな事したくなのに…)それでも動かしていくと「夢心地だよ。家内はやってくれないし」手を
伸ばし、乳房を揉みながら、満足そうに登り詰めていく。
やがて、乳房を揉んでいた手が頭を押さえ(イヤ、射精はイヤです!)首を振るが喉奥には異様な液
体が噴射された。
「出したぞ。わかっているよな?」
(そんな、飲めだなんて…)手を放されると「ゴクン!」と不快な液体を飲み込んだ。

 「そうだそれでいい。これからも頼むよ」近藤は満足そうに服を着ていくが(もう、イヤ。私は教
師です…)黙ったままの直美だ。
「岡崎君、服を着てもいいよ」その言葉で、脱がされた服を着込んでいくが、近藤は「よく撮れてい
るな。今度は俺にも撮らせてくれよ」写真を見ながら言う。
「そんな、ヌードを撮るなんて…」
「教え子には撮らせたじゃないか。オ○ンコまで広げて。それとも、俺では相手不足か?」

 「そんな、相手不足だなんて、とんでもないです」
「だったら撮らせろ。下着は俺が用意するから」
「わかりました…」渋々承知すると「この事は秘密にしておく。だから、教頭とは程々だぞ」
「前からそうしてます…」
「それならいい。今日はここまでだ」
「失礼しました」服の乱れを直してから、校長室を出たが「パイパンもいいな。俺が必ず処女を頂く
からな」直美と結合した妄想を描いている。

 一方、高田と佐藤は体育教師の水谷に、問いただされていた。
「これは、どうやって撮った?」
「アパートに忍び込んで、無理矢理素っ裸を撮りました。その後は、こっちの言うがままで…」
「それで、オ○ンコやったのか?」
「そんな事はしてません。口とお尻はやりましたが…」
「何だ、やってないのか。ヘアも剃ったんだろう?」
「はい、2人で剃りました」
「だらしないな。そこまで行ったら、オ○ンコまでやらないと」
「そんな事したら、犯罪です」

 「これだって、立派な犯罪だぞ!」写真を振って言うと、2人とも黙ってしまった。
「この写真が表沙汰になったら、岡崎は首だな。それどころか、まともな仕事には就けないぞ」
「それだけは、許して下さい。先生を脅して無理矢理撮りましたから…」
「そんな事、言い訳にはならないな。もし、俺の言う事を聞いてくれるなら別だがな…」
「先生の言う事をですか?」
「そうだ。言う事を聞いたら、この写真は無かった事にしてやるぞ」
「やります。何でもします」2人が承知するとニヤリと笑う。

 「そうか、何でもやるか。それだったら、同じ事を教頭にやってくれ!」
「教頭先生をですか?」
「そうだ。素っ裸の写真を撮れ。それに、パイパンにしてオ○ンコもやれ」
「そんな事したら、警察送りです!」
「この写真を撮っただけでも警察だ。岡崎を助けたかったら、言う通りにしろ!」水谷の言葉に2人
は暫く沈黙し「わかりました。オ○ンコします」承知した。

 「写真も撮れよ。オ○ンコしている写真もな」
「はい。でも、どうやって、撮ったらいいかわかりません…」
「水曜日だ。研修があるから部活もないし、残っているのは教頭と校長だけだ」
「本当に、オ○ンコしてもいいんですか?」
「構わない。あの年だから、子供は出来ないしな」
「わかりました。何とかします…」2人は出ていくが、顔色がさえない。
しかし「これで、うまく行けば、万々歳だな」水谷は笑顔になっている。

スポンサーサイト

▲Page top