赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第12話 久恵のヌード  

「俺にもオ○ンコやらせろよ」久恵の自由が効かなくなると、手を押さえていた男も服を脱いで襲
いかかるが、久恵はショックで抵抗はしない。
男のされるがままで、肉竿をピストンしながら変色した乳房を揉んでいく。
「いいね、こんな事なら毎日やりたいよ」満足そうに腰を振っている。
勿論、もう1人がビデオで撮っていた。
こうして、久恵は中村達3人に深夜まで犯された。

 翌日、久恵は両手を吊されムチで打たれていく。
「ギャ~!」悲鳴を上げながらも背中に赤い筋を作っている。
「痛いか、これが?」尻も打たれて「打たないで、お願いです!」泣き叫ぶしかない。
「痛いのがイヤなら、犬になるか?」
「なります、犬に…」
「それなら解いてやるぞ」やっと自由が戻った。
「犬にはこれを付けないとな」首輪と鎖が付けられる。
「犬は立たないぞ」その言葉で四つん這いになり、その姿もビデオで撮っている。
「ほら、チンチンしろ」言われるまま、ビデオの前で犬のようにチンチンするが、久恵の目からは屈
辱に涙が流れていた。

だが、辱めはすまない。
「出せ、ここに出せ!」ポリの洗面器が足下に置かれた。
首を振って嫌がると背中をムチで叩かれ、仕方なく片足を上げて洗面器に放尿をした。
それを奈美は(良くやるわね、ビデオの前でオシッコだなんて)軽蔑の目で見ている。
その後は、四つん這いのまま3人に犯され、昼過ぎに連れて行かれた。

「奈美、お前も変なことをしたらこうなるぞ」
「しません、言われた通りのこと以外はしません」首を振って言う。
「それでいい、それが奈美の為だ。それより戻らないとな。夜勤だろう?」
「はい、そうです」
「だったら、急がないとな」2人は車に乗って町に戻り、服を着替えてから奈美のアパートまで送ら
れた。

 アパートに戻ると、シャワーを浴び体を綺麗に洗い流してから病院に向かう。
「あれ、今夜は私1人なの?」夜勤の相手がまだ来ていない。
「相手は私よ、久恵なんだけど具合が悪いから休むんだって」
「連ちゃんなんだ、良子さんは…」
「そうなのよ。具合が悪いと言われたら、無理して来いとは言えないしね」
(よく言うわね、具合が悪いなんて)「そう、具合が悪いんじゃ仕方ないわね」奈美も良子に会わせ
ている。

 それから暫く立ったある日、奈美はビデオを見せられた。
「久恵さんだわ」この前撮ったビデオで、本物らしく、タイトルや名前まで入っている。
「これをどうするの?」
「裏に流そうかと思ってな。やつを懲らしめたいし」
「私のも流したの?」
「イヤ、まだ流していない。これから考える」
「それだけはやめて。何でもするから」
「わかっている。また素っ裸を撮るからそのつもりでいてくれ」スカートを捲り上げていく。

 「ダメ、来ちゃったの。暫くダメなの」
「生理かよ、仕方ないな。ビデオを見ながら手でやってくれ」奈美は久恵が犯されているビデオ見な
がら肉竿を擦っていく。
「良く撮れているな。本職にしたいよ」感心しながら見ていると、画面には出血した淫裂や顔が映し
出された。
「これでやつも暫くおとなしくなるぞ」その瞬間先端から噴き出した。
「飲め、飲むんだ!」握った肉竿を口に入れて舌でなめていく。
(イヤよ。こんなのなめるなんて…)不満に思いながらも言えわれた通りにしていた。
「ところ、やつの夜勤はいつだ?」
「明後日よ。私と一緒なの」
「そうか、急がないとな」画面を見ながら考え廻らせている。

 そして、久恵と奈美が一緒の夜勤の日が来た。
それに、一緒の予定だった良子も急用で休みだから2人での夜勤だ。
日勤と引継を済ませ待機しているが久恵の落ち着きがない。
「久恵、具合でも悪いの?」
「何でもないわよ」返事する声も震えている。

 やがて、消灯時間になり薄暗くなってきた。
「奈美、私、暑いから脱ぐわね」
「暑いって、そんなに暑くはないわよ」
「私は暑いのよ、自由にさせて」泣きそうな顔をしながら白衣を脱いで下着姿になった。
「やめなさい、ここは病院よ」
「いいじゃないの、奈美だって彼氏にヌードを撮って貰ったでしょう。私だってヌードになりたいの
よ」制止するが振り切ってパンティを脱いだ。

「ヘアがない!」股間にあるべき絨毛がないので奈美は声を上げた。
「剃ったのよ。奈美と違って間違えて全部剃っちゃったの…」恥ずかしいのか、太股が震えている。
それに、淫裂からはみ出た肉襞も揺れている。
「全部剃っただなんて…」呆然とする奈美に「驚かなくてもいいわよ、これくらい平気よ」背中のホ
ックを外してブラジャーを脱ぐと狭いカ ップから勢いよく乳房が飛び出した。
その乳房には光る金属が付いている。

  「ピアスだ!」乳首にピアスがある。
「どう、綺麗でしょう」両手を後ろにして全裸を見せている。
「そんな、乳首にピアスだなんて…」
「かっこいいでしょう、思い切って付けたのよ」作り笑顔だが、目が涙で光っている。
「出来ないわ、私にはピアスなんて出来ない…」ジッと見ている。
「今夜はこれでいるけど、いいでしょう?」
「でも、巡回はどうするの?」
「これで行くわ。ヌードも面白そうだし」
「ダメよ、そんな事。見つかったら首よ、私が行くからここにいて」
「わかったそうするわ」久恵は脱いだ下着と白衣を片付け全裸で仕事を始めた。

 そして、奈美は1人で患者を見回り、薄暗い廊下を歩いていくと中村がいた。
「どうだ、面白いだろう?」
「でも、可愛そうよ、ヌードで朝までいるなんて」
「何言っているんだ。お仕置きはまだまだだ。この業界では倍返しが相場だから、それなりのことをして貰わな
いとな」奈美の胸を触った。
「痛いの、生理でオッパイが張っているの」
「そうだったな、撮ろうと思って持ってきたけど、生理なのを忘れていたよ。イヤ、待てよ、面白い
ぞ」中村は笑顔になった。

「奈美、巡回は終わったのか?」
「ええ、今戻るところなの」
「そうか、先に行っていろ」奈美は戻って「異常はなかったけど、久恵は大丈夫だった?」聞いた。
「何ともなかった」2人が話していると中村が現れた。
「こりゃぁ、おったまげた。奈美のヌードを撮ろうと思ってきたら久恵さんがヌードになっている!」
わざと驚きの顔をした。

 それには、久恵は全裸を見られて震えている。
「中村さん、ごめんね、あれが来ちゃってヌードはダメなの」
「せっかく来たのにな。そうだ、この際だから久恵さんのヌードを撮ろうよ」その言葉に久恵の顔が
引き吊っている。
(イヤよ、ヌードを撮られるのはイヤよ)そう叫びたかった。
スポンサーサイト

引き裂かれた白衣 第11話 久恵への陵辱  

 2人が町中をブラブラしていると、ポルノショップが目に留まる。
「来い。いいのがあるかも知れないぞ」
「イヤよ、私は女です!」拒んでも腕を掴まれ連れ込まれ、恥ずかしさに顔を上 げられない。
「拘束具か。これは痛いだろうな」中村が言うと「いいえ、それほどでもありません。今は痛くない
ようにしてあります」店員が答える。
「それだったらつまんないぞ。痛くないと面白くないし」
「そういうお方には、特別なのがございまして」カタログを広げた。

 「いいね、これは痛そうだな」乳房を根本から絞るバンドの写真を見ている。
「はい。それに、こういうのもございます」乳首を潰すクリップだ。
「これはオ○ンコにも使えるな…」ジッと見つめた。
「このベルトもいいね」くまなく見てから「これと、これをくれ」数点指さす。
「ありがとうございます」店員は礼を言って袋に詰めていく。
「おや、こんなのもあるのか?」ゴムマスクだ。
「はい、刺激が欲しい夫婦用でして」中村は暫く考え「これもくれ」とマスクを2つ買い込んだ。

ポルノショップを出ると2人は安物の男服を買い中村のアパート向かった。
アパートに入ると、買い込んだ男物の服に着替えていく。
(もしかして、久恵さんをレイプするんでは?)不安も合ったが、脅されている以上、反撃に出るし
かなく、着替えを済ますと買い込んだ物を車に積んで町を出た。

 町を出ると夕闇が迫っている。
「急がないとな」スピードを上げて、小さな建物に向かった。
「着いた、降りるんだ」回りには何もなく、うっそうとした木立があるだけだ。
「今夜はここに泊まるぞ」中に入ると、ガランとした空間があり、床は板張りになっているが、仕切
りがない。
「いいか、これからあいつが来るけど、絶対に喋るなよ」買い込んだゴムマスクを渡す。
(久恵さんが来るんだわ。それに、間違いなくレイプする気だわ)気配で悟り、頷く。

 そして、袋を開けていると、クラクションが鳴った。
「来たぞ、顔を隠せ!」急いでマスクを被り顔を隠すと、それと同時に久恵が両脇を押さえられて入
って来た。
「何する気よ、これは誘拐だからね」声が震えている。
「それは覚悟の上だ。お前は、俺たちと会ったのを恨めばいい」
「そういうことだ。お前で一儲けさせて貰うぞ」部屋の電気を付けてカメラをセットしていく。
久恵は怯えて「何するのよ、お願い帰して!」逃れようとするが、抑えられて逃れない。

 「諦めろ。ここでビデオの主役になれるんだから」
「イヤ、レイプビデオはイヤ!」久恵はうずくまり、後ずさりしていく。
「往生際が悪いぞ!」1人が襲いかかった。
「いや、いや~!」悲鳴を上げ抵抗すると、中村は久恵の頬を数発叩いて髪の毛を振り回す。
すかさず「ギャ~!」悲鳴が響き渡った。

 それでも久恵は抵抗し、 中村は頬を叩き、床に押しつけ、両手を男が掴んで久恵の自由を奪う。
「これで、お前も諦めるんだな」
「いや、やめていや~!」足をバタバタするが、中村はスカートのホックを外し、引き下げると紫色
のパンティが股間を包んでいる。
スカートを脱がし終えると、パンティが掴まれ引き下げられた。

 「いや、いや!」足をバタバタするが、引き下げられ下半身が剥き出しにされていく。
恥丘も露わになり、縦長に手入れされた絨毛も露わにされた。
「ほう、手入れしているのか。感心だな」
「見ないで、見ないで!」泣き叫ぶが、腕を床に押しつけられどうすることも出来ず、パンティはあ
っけなく足首から脱がされた。

 「今度は上だぞ」腕を抑えた男はニヤニヤしながら言う。
その言葉通りに、中村はシャツを捲り上げ脱がせに掛かった。
「いや、やめて~!」体をバタバタするが、首から抜かれていく。
「いいね、以外に大きいじゃないか」ブラジャーからは乳房の膨らみが、はみ出ている。
そのブラジャーも脱がされ文字通りの全裸にされると、その全裸をビデオがなめるように撮っていく。

 「待て、ヘアが邪魔だ。オ○ンコが映らないぞ」
「剃るしかないな、準備はいいのか?」その言葉に中村が頷いた。
「そうか、やってくれ」
「イヤ、ヘアはイヤ、剃らないで~!」また暴れ出した。
しかし、それで諦めるはずが無く、暴れる久恵に買い込んだバンドを乳房に取り付けた。
「ギャ~!」乳房が根本から締め上げられ変色していき「解いて。お願い、解いて!」悲鳴を上げて
いる。

  「そうは行くか。終わるまではこのままだ」容赦なかった。
久恵は乳房を縛られると、抵抗も少なくなり、絨毛も剃り上げられれて淫裂が剥き出しにされた。
「どれ、オ○ンコも撮るぞ」足を開かされ、淫裂も撮られ「う、う、う!」悔しさに声を上げて泣い
ている。
「泣くなよ。今度は気持ちいい事してやるから」それを合図に、中村はズボンを脱ぎだした。
「いや、いや。こないで、いや~!」また気が狂ったように声を上げた。

 それを無視して、脱いでいき、下半身を脱ぐと、上も脱いで全裸になり、久恵の間に体を入れた。
「入れないで~。お願いです!」
その声を無視し、足を広げて腰を押しつけると「ヒ~!」膣を肉竿が押し広げている。
「入ったぞ、オ○ンコにチンポが!」久恵は呆然とした顔になった。
肉竿は小刻みにピストンしながら奥へ、奥へと入って「ギャ~!」悲鳴と共に鮮血を流した。
「何だ、始めてかよ。オ○ンコやったことないのか…」手を押さえる男が呟くように言う。
(やっぱりバージンだったんだ。やったことなくてよく言うわね)奈美は久恵に脅されているから、
同情はなく、冷めた目で見ている。

 その奈美が見ている前で肉竿は大きくピストンを始めた。
久恵は「う、う、う!」痛みだけでなく、屈辱に泣いている。
(いい気味よ。私を脅迫するからこうなったのよ、今度は私の番だからね)奈美はジッと淫裂を見つ
めた。
「ピチャ、ピチャ!」肉竿が動く度に、血が飛び散り太股まで赤く染まっている。
やがて肉竿の動きが止まった。

 (始まるわ、射精が始まる…)その思惑通りに「いや~、お腹に出さないで~!」悲鳴を上げたが、
すでに放出が終わっていた。
肉竿が抜かれると、血が混じった精液が流れ出て、それをビデオが撮った。
犯された久恵は拘束具で手首と足首を固定され、足を閉じたくても閉じられなく、開脚したままでい
るしかない。

引き裂かれた白衣 第10話 久恵の脅迫  

 そして数日後、奈美と久恵が夜勤をしていた。
「奈美、実は困ったことになったのよ…」久恵の父親が入院しお金が必要になった事を話した。
「そうなんだ、助けてあげたいけど、私だって蓄えがないし」
「そこを、お願いするの。彼氏は金持ちなんだから借りてくれない?」
「そんな、中村さんから借りるなんて…」
「私の頼みが聞けないんだ。だったらいいわ、これで何とかするから」写真を見せた。

 奈美は「そんな~!」見るなり悲鳴を上げた。
「あなた達のセックス写真よ。奈美の膣にチンポが入っているわ、それにオッパ イも揉まれている
わよ」ニヤニヤしながら奈美の乳房を掴んだ。
「これをどうする気なの?」声が震えている。
「売るのよ。これなら高く売れるわ」掴んだ乳房を揉みだす。
「お金なら何とかするから、売るのはやめて」
「最初からそう言えばいいのよ。それより、今夜も手伝うのよ」奈美は言われた通りに仮眠する久恵
の淫裂を指で掻き回していく。
「伸吾、出してもいいわよ、伸吾にされたいから…」うわごとを言いながら眠りについた。
「中村さんに、何て言ったらいいのよ。お金を貸して下さいなんて言えないし…」仮眠する久恵を恨
めしく思った。

 夜勤が開けると、奈美は直ぐに中村の元へと向かった。
「珍しいな、奈美から来るなんて」
「実はお願いがありまして…」久恵から聞いたことを話した。
「わかった。でも、貸せないな。本人でないと貸せないよ」
「そこを何とか、お願いします。そうしないと、セックスした写真が…」
「奈美、あれで脅されたのか?」中村の問いに黙って頷いた。

 「そうか、あいつがな。50万なら貸すぞ。その変わり、久しぶりだからいいだろう?」
「ここじゃイヤ。私のアパートでしましょう」
「そうは行かないよ、時間が勿体ないから」奈美をテーブルに寝かせスカートを脱がせた。
「いいね、スケスケもいいよ」中村がプレゼントした白いスケスケのセットを着けている。
「恥ずかしいです。こんな所でセックスだなんて」
「誰も来ないようにしてあるから安心だよ」パンティも脱がせて淫裂を露わにした。

 「いいね、これが好きなんだ」無毛の淫裂を撫でていく。
「ダメ、そんな事したら…」指先がクリトリスを撫でると「うっ!」時々、体が硬直している。
(膣の中が濡れていくぞ)それは中村にもわかって「行くぞ!」勃起した肉竿を押し込んだ。
「あ、あ、あ~!」声を上げまいと堪えているが、漏れ出ていく。
肉竿は淫裂に入ると動き出す。
(出さないで、お腹はイヤです)しかし、中村は意志に反して膣奥に放出した。

 「奈美、病院に行って来い。ガキは欲しくないぞ。それに、避妊薬も貰っておけ」中村はズボンを
履くと、財布から2万を手渡した。
それを受け取り、奈美も淫裂を拭いてパンティを履いていくが、中村は考え事をしている。
「奈美、久恵の住まいはわからないか?」
「わかります、ここですが」メモに書いた。
「そうか、とにかく、金を貸すから安心しろ」スカートを履き終えると中村は事務所に戻り、事務員
に50万を振り込ませる。

「ありがとうございます、でも、いつお返しできるか…」
「気にするな。それより病院だろう」肩を叩かれ、金融会社をでた。

 だが、中村は思案にふけっていた。
「このまま、のさばらせたらいい気になるな。お仕置きを一発喰らわせないと」久恵への仕置きを考
えている。

そんな事とは知らない奈美は病院で診察を受けている。
「避妊に失敗しまして…」顔を赤く染めながら淫裂を洗浄された。
(恥ずかしい、こんな性器を見られるなんて)看護婦の視線が気になっている。
洗浄が終わると、避妊薬を処方して貰いアパートに向かった。

 それから数日後に、また久恵が奈美に借金を申し出た。
「あれでは足りないんだって。後20万貸してくれないかしら」
「そんなの無理です。やっと借りたのよ」
「あら、私に頼みが聞けないんだ。だったらいいわよ、あの写真を売って儲けるから」
「やめて、何とかするから」そう言うしかない。
(このままでは、もっと脅される…)奈美も不安になった。

 そして、仕事が終わると中村に相談した。
「やっぱりな。あいつの親はピンピンしているそうだよ」
「調べたんですか?」
「勿論だ。こういうのは得意でね。それよりも、これからエスカレートするぞ」
「あそこで、セックスなんかするからいけなかったのよ」奈美は泣き声になっている。
「そんな事より、脅しているやつが悪いんだ。そうだろう?」確かに中村の言う通りだ。
「それはそうだけど、やった方も悪いわよ」
「我慢できなかったんだから、仕方ないだろう。今だってやりたいんだよ」奈美を押し倒した。
「ダメ、ここじゃイヤ!」
「イヤでもやるぞ」強引に下半身を剥き出しにして、肉竿を押し込み、ピストンを始めると「だめ、
だめ…」うわごとのように言いながら淫裂から蜜を流していく。
(出してもいいわよ、あれ飲んでいるから)胸に顔を埋める中村の頭を抱きしめている。

 中村は奈美の胎内で放出すると電話を掛けた。
「そうだ、明日が休みだから、今夜実行だ。場所はわかっているよな…」受話器を置くと「今夜付
き合え、明日はどうせ暇だろう?」
「いいわよ、休みですから」淫裂から流れ出た精液を拭き取りながら答える。
「しかし、お前のオッパイはいいよな、これくらいが最高だよ」開いた胸から手を入れて乳房を揉み
出す。
「もういいでしょ、終わったし」その手を振り払い、ブラジャーの乱れを直し、シャツのボタンを止
め前を隠し、パンティも履いていく。

 「とにかく、20万は振り込むよ。奈美が約束したしな」
「大丈夫ですか、騙されているのよ」
「なに、倍返しがこの世界の相場だから損はしなさ」ニヤニヤしている。

 服を着込んだ2人は、時間つぶしに街に出ると「奈美、ここで素っ裸になれ」突然言い出す。
「出来ない。こんな大勢の前でヌードには慣れない!」顔がブルブル震えていた。
「当然だよな。こんなに人がいるのに裸にはなれないよな」呟くように言った。
「もしかして、久恵さんを?」
「その手もあるよ。素っ裸にして恥を晒す手もな。それよりも別なのがあるぞ」中村は笑いながら話
した。

引き裂かれた白衣 第9話 人前でのセックス  

 奈美は休みを終えると、夜勤勤務となり、5時に引継を終えてナースセンターで待機していた。
「奈美、今度の休みもエッチしたんでしょう?」例によって久恵が話し掛けてきた。
「してないわよ、エッチなんて…」
「嘘付いてもダメよ、奈美は嘘が付けない顔しているの。それで、痛かった?」
「入るときは痛かった。でも後は…」さすがに、レイプ同然に扱われて喪失したとは言えない。
「後は、気持ちいいのね?」
「そんな事ないわ。ただ、膣の中に暖かいのが入ったって感じだけだった」奈美の話を興味深く聞い
ていた。

 「それより、久恵はどうなのよ」
「私の場合は…」それだけ言って話を止めた。
「どうしたのよ、話しなさいよ」
「この次に話すわ。今日は話したくないから」久恵は話題を変えた。
(もしかして、彼氏の話は嘘でバージンでは?)奈美にはそう思え「約束よ、私は喋ったんだから久
恵も喋るのよ」と約束を取り付けた。

 やがて、消灯時間となり病院の中も薄暗くなってきた。
「そろそろ見回りだわ、私が行くから奈美は残ってて」久恵はナースセンターから病室へ行き、奈美
1人が残された。
「奈美、寂しくないか?」そこに中村が現れた。
驚く奈美だが、中村は勝手にナースセンターに入ると「ここで、撮るよ。脱いでくれ」言い出す。
「許して、仕事中はイヤなの」
「ダメだ、今撮るから脱ぐんだ」カメラを構えた。

 「わかりました。こっちで撮って下さい…」壁で、隠れたくぼみに入り、ボタンを外しだすと中村
が撮っていく。
(見られたら、何て言えばいいのよ…)不安に思いながら、白衣を脱ぎ、下着姿になると、乳房と股
間をピンクの布が覆っている。
「パンツから、先に脱げ!」言われるまま、カメラを見つめながらパンティを引き下げていく。
すると、ピンクの布で覆われていた恥丘が露わになった。

 中村は「いいぞ、ヘアの生え具合がいいよ」満足そうにスイッチを押していく。
(撮らないで。もう、ヌードは撮らないでよ)そう思いながらも、足を上げて下半身を丸出しにした。
「そこで、立って!」奈美は直立させられた。
ブラジャーで乳房を覆い、太股まで白いストッキングで淫裂が剥き出しだが、その姿も撮られた。

 それが終わると、ブラジャーも外して全裸になった。
「もう、いいでしょ。恥ずかしいのよ」スイッチを押す中村に頼み込む。
「そうだな、写真はこれくらいにして本番と行くか」カメラを置いて中村も下半身を脱いでいく。
「やめて、久恵がいます。セックスを見られたら、ここにはいられなくなります!」奈美は手で胸
と股間を押さえた。
しかし、「その時考えればいいさ」脱ぎ終わると、奈美の背中から抱き付いた。

 「ダメ、こんな事ダメです!」言っても淫裂に肉竿が入ってくる。
「お、オチンチンが、入った…」壁を手で押さえ、やっと立っている。
「気持ちいいだろう、俺とのオ○ンコが」肉竿を根本まで押し込むとピストンを始めた。
「ピシャ、ピシャ!」肉のぶつかる音が響いている。
(やめて、久恵が来たらどうするのよ)奈美は乳房を揺らせながら立っていた。

 「奈美!」突然声がした。
久恵が巡回を終えて戻ってきたのだ。
(見ないで、お願いだから見ないで!)顔を背けて黙ったままだ。
「待っていました。奈美とオ○ンコしている所を撮って貰らおうと思いまして…」
「セックスを撮るのですか?」
「ええ、これを見ながらオナニーしようと思いましてね」
「わかりました。撮ればいいんですよね」久恵は驚いた顔をしながらカメラを構える。

 「奈美、正面を向こう。入っている所も撮って下さいね」カメラの方を向いた。
奈美は乳房を掴まれ、淫裂には肉竿が押し込まれている。
(撮らないで。こんなのイヤよ)しかし久恵はスイッチを押していく。
「どうせなら、奈美が上でやろうよ」中村は調子に乗って仮眠用のベッドに寝た。
奈美は渋々馬乗りになりって腰を振り、それを驚きの顔をしたまま久恵が撮っている。

 やがて、中村が登りつめた。
「ダメ、出しちゃダメ!」
「撮るんだ。それも…」淫裂から精液が流れだした。
(奈美が射精されたわ)久恵はそれも撮った。
写真を撮り終えると、奈美は中村から降りて淫裂を拭いていく。
「奈美、洗わないとダメよ。シャワーを使いなさい」
「そうさせて貰います」脱いだ服を持ってシャワー室へ入った。

 ノズルをひねり、お湯で丁寧に淫裂を洗っていると、その間は中村と久恵が2人で話している。
「この事は、誰にも言わないで欲しいのですが…」
「だったら、さっき撮ったセックス写真を下さい」
「写真ですか、それをどうするので?」
「お、オナニーです」久恵は顔を赤らめた。

 「そんな事をするなんて勿体ないですよ」何を思ったのか、中村は久恵を抱きしめ乳房を掴んだ。
「な、何をなさります!」驚く久恵だが唇を押しつけ、なおも揉んでいく。
「やめて、あなたには奈美が…」久恵は、どうにか中村から逃れた。
「でも、あなたも魅力的ですよ。オッパイも大きいし」
「やめて。そんな話はもうやめましょう」
「わかりました、そうします。写真は奈美にわからないように届けます」
「そうして下さい」話がまとまると中村は帰った。

 それと、入れ替わるかのように、奈美が白衣姿で戻ってきた。
「凄かったわね。初めてセックスを生で見たわ」興奮気味に話している。
「言わないで、誰にも言わないでね」
「言わないわよ。その変わり、私のオナニー手伝うのよ。これから仮眠時間だし」久恵はそう言って
ベッドに仰向けになった。

 奈美は久恵の白衣を捲り上げ、パンティを引き下げると真っ黒い絨毛が縦長に伸びている。
パンティを脱がし、足を広げ淫裂を触っていくと「そうよ、それでいいの…」指の動きに反応して声
を上げだす。
(変態だわ、久恵も淫乱よ)そう思いながら指先を膣に入れて動かしていく。
「気持ちいいわ。もっとして、伸吾…」売れているアイドルの名前を呼んだ。
「セックスしているつもりなのね、こんなに濡らしているし)指がベトベトになっている。

 「オッパイにもして…」仕方なく淫裂を掻き回しながら白衣の上から乳房を揉んでいく。
(大きいわ、久恵のは大きい)改めて思い知った。
暫く淫裂を触っていると気持ちいいのか久恵が眠りについた。
「まだ、セックスもしてないのに、見栄っ張りなんだから…」パンティを履かせて裾を戻し待機した。

引き裂かれた白衣 第8話 早朝露出  

 奈美はできあがった写真をアルバムに貼っていく。
「ほら、オ○ンコから血を流しているぞ」写真を見せられ、また泣いた。
「奈美は泣き虫なんだな。それが可愛いよ」そう言いながらまた印刷を始める。
(イヤよ、どうしてこんな事しないといけないのよ)自分の喪失した写真や公園で撮ったヌード写真
をアルバムに貼っていく。
嗚咽を上げながらも、言われた通りにしていた。

 写真を貼り終わると「見ろよ、病院で撮ったやつだ」別なアルバムを見せた。
暗い背景に、白い肌の奈美が浮かび、乳房やヘアのない淫裂が綺麗に映っている。
「どうだ、うまいだろう?」抱き付き、乳房を揉みだした。
「見せないで。誰にも見せないで…」頬まで涙で濡らしている。
「勿論、誰にも見せないよ。ただ、奈美が俺の言うことを、聞く間だけは」
「何でも聞きます。ですから、この写真は絶対に誰にも見せないで下さい」
「そこまで言うなら見せないよ」中村も約束した。

 写真の整理が済むと、2人は一緒に風呂に向かった。
「奈美、ここを剃りたいな」生えかけた絨毛を撫でた。
「普通でいたいです、ヘアのない性器はイヤです」
「ダメだ、剃る!」ガンとして引こうとはしない。
「わかりました、お願いします」足を広げて両手を後ろで組むと、中村は石鹸を泡立て股間に塗って
いく。
(やっと生えたのに…)それをジッと見ている。
 
 石鹸を塗り終えると、カミソリを持ち、生えかけた絨毛を剃りだした。
「ジョリ、ジョリ!」カミソリは淫裂の肉襞も剃っていく。
そして、絨毛は恥丘にわずかな線となって残された。
「いいよな、これが…」無毛のに淫裂を撫で、突起の包皮を捲ると、数ミリのクリトリスが現れ、中
村は舌でなめだした。
「だめ、そこは…」太股を震わせやっと立っている。
(なめられると、変な感じがする…)奈美は中村の頭を押さえ、やっと立っていた。

 「奈美、気持ちいいのか?」中村もそれは感じた。
「良くありません。そんな汚い所をなめられると…」声が上擦っている。
「そう言うなら、それでもいい。とにかく、背中を洗え」
「わかりました」ホッとして今度は、奈美が石鹸を泡立てて中村の体を洗いだした。

 2人は体を洗い終えると、浴室から出てベッドに倒れた。
「優しくして下さい…」蚊のなるような声で言う。
しかし、中村はそんな事を聞こうとはせず乳房を鷲掴みし、揉んでいく。
「い、痛い~!」声を上げても容赦はなく、自分の欲望だけを考えている。

 そして、淫裂に肉竿を押し込まれ「ヒ~!」また、痛みに悲鳴を上げた。
「我慢しろ、直ぐに気持ちよくなるから」根本まで押し込むとピストンを始める。
(良くない、こんなセックスは気持ちよくない…)雑誌で読んだようには行かず、痛みだけを感じて
いる。
中村は、肉竿の動きを早め「う~!」唸り音と共に動きを停めた。

 「イヤ、お腹の中はイヤです~!」悲鳴が上がった。
「腹には、出さなかったぞ。出したのはオ○ンコだ」肉竿を抜くと半透明の液体が流れ出た。
「洗わせてください、お願いですから」奈美は浴室へ向かう。
「当然だ、俺だってガキは要らないよ」後ろから声が投げられた。
(酷いわ。だったら、出さなければいいのよ)黙って淫裂を洗う奈美だ。

 翌朝、まだ日が昇っていないと言うのに、奈美は起こされた。
「散歩に行こう。ただし、素っ裸で!」奈美は、それを聞いて、口を開けたままだ。
「何と、おっしゃいました?」
「素っ裸で散歩と言ったぞ」
「イヤです、服を着させて下さい」
「ダメだ、やらないなら約束違反で、あの写真を病院に送るぞ」そう言われれば全裸のままアパー
トから出るしかない。

ドアを開けると、外を確かめて出て行く。
「泥棒の真似後はやめろ。見られたら、それでいい!」奈美を叱りつけた。
(自分は服を着ているからいいのよ、私はフルヌードよ…)黙ったまま、中村の後を付いていくと遠
くから車の音がした。
「見られてしまう!」奈美は急いで、近くの家の軒下に隠れ、その脇を気づかずに走っていく。
「よかった!」ほっと一息だ。
中村は、そんな奈美の行為を楽しむかのように、カメラに撮っていた。

 2人が、なおも歩いていくと、近くから子供達の声がする。
それに「カーン!」とボールを打った音もする。
「行こう、早朝練習だ」
「ヌードです、いくら子供でもヌードを見られたくありません!」
「だめだ。来るんだ」腕を掴んで歩かさせられた。
(イヤです、行きたくない!)嫌がるが、練習するのが見えてきた。

 2人が、なおも歩いていくと、当然、子供も気づいた。
「お姉ちゃんが裸だ!」1人が声を上げ、その声に皆が振り向く。
「ホントだ、オッパイも丸出しにしている、それに…」ジッと乳房と淫裂を見つめている。
「この際だ、記念写真と行こう」奈美を子供達の所へ歩かせ、カメラを構えた。
(撮らないで、こんなのイヤ!)強ばった顔をしたまま撮られた。

 「お姉ちゃんどうして裸なの?」子供が尋ねた。
「あ、熱いからよ。お姉ちゃんは熱いの」泣きそうな声を、不思議な顔で聞いている。
写真を撮った後、奈美はグラウンドを走らされた。
乳房を揺らせ、淫裂をパクパクさせながら一回りさせられ、それを中村が撮って いく。
「もういいでしょう、走ったから…」息が弾んでいる。
「そうだな、そろそろ戻るか」回りも大部明るくなっており、2人がアパートに戻ったのは、丁度6
時だった。

 アパートに戻ると、撮った画像の印刷が始まった。
「いいね、お前の素っ裸が」少年に囲まれた奈美が印刷されていく。
「お願い、もう人前ではヌードを許して下さい」それを見て堪えきれずに泣いている。
「そう泣くな、いいこともあるから」できあがった写真を置くと奈美を四つん這いにした。
「こんなのはイヤです。どうせなら普通でやって下さい」
「これが俺にとっては普通だぞ。文句言うな」下半身を剥き出しにすると、腰を押しつける。
「あっ!」淫裂に肉竿が押し込まれた。
(もう、逃げられない。これからは、ずっとこのままで行くしかないんだわ…)乳房を揺らせながら
淫裂を突かれていく。

 「出さないで下さい。お腹には…」
「仕方ないな、口でやるならいいけど」
「口でやります!」膣奥に射精されるよりは、マシと考え口で肉竿を擦りだす。
「いいぞ、凄くいい…」上擦った声を上げ頭を撫でている。
(出された、射精が始まった…)咽の奥にドロドロした液体が漂いだし、それを飲み込んだ。


引き裂かれた白衣 第7話 屋外ヌード  

 中村は機嫌良く運転しているが奈美は終始黙ったままだ。
「今度は俺が撮りたいな。お前の素っ裸を屋外で…」とんでもないことを言う中村に恐怖さえ感じて
(イヤよ、どうしてヌードなのよ)黙ったままだ。
「奈美、警察だ。訴えるか?」警察署の前を車が通りすぎた。
(言えない、レイプされたなんて言えない。言ったら性器を調べられるし…)レ イプされた女性の
膣を洗浄したことがあるから、訴える気にはなれなかった。
それに、警察から被害者が調べられる様子も見ていたから尚更だ。

「何だ、訴える気はないんだ。それも、身の為かな」他人事のように言いながらハンドルを握って
いる。
中村は何を思ったか本線から脇道へ入った。
普段の日とあって、脇道を行き交う車はなく、中村の車が走っているだけだ。
それに、周りは何もなく、うっそうとした木々が生い茂っている。
「ここんら、いいだろう」車を広い場所に停めた。
「こい、お前の素っ裸を撮ってやるから」
「イヤ、もうヌードはイヤです!」拒んでも、手を引かれ外に連れ出された。

  (逆らっても無駄だわ。おとなしくした方がいい…)抵抗をやめ「ここじゃな く、別な所で撮っ
て下さい」小さな声で言う。
「ここじゃ、イヤか?」
「車が通りますから…」
「来やしないさ。早く脱ぐんだ」中村が言いだしたら、従うしかない。
奈美は木陰に隠れて服を脱ぎ、下着も脱いで全裸になると木陰からでてきた。

「いいね、素っ裸がいいよ」明るい陽射しに照らされた奈美の裸体が眩しかった。
中村は撮り続けて「座れ。足を広げて座れ!」指示を出す。
(そんな事をしたら、性器の中まで見られてしまう…)言われた通りに草の上に腰を降ろして足を広
げた。
それは、俗に言うMの字開脚で、奈美はカメラをまともに見られない。
「こっちを見ろ、顔も撮る!」仕方なくカメラを見つめた。
(撮らないで。こんな恥ずかしい格好は撮らないでよ)しかし、スイッチが押しまくられる。

 中村が奈美を撮っていると、車が停まった。
「見ろよ、素っ裸を撮っているぞ!」男の声がした。
「もういいでしょ、見られたくないですから…」奈美は手で胸と股間を押さえる。
「わかった。その変わり、これからオ○ンコいいよな?」
「はい。ですから、服を着させて下さい」
「わかった、着てもいいぞ」奈美は手で押さえたまま木陰に入り服を着だした。
(下着はいいわ。とにかく、隠さないと…)直に服を着ていく。

 急いで服を着て戻ると停まっていた車はいない。
「わかっているよな。今夜はタップリ付き合うんだぞ」奈美を押し倒して乳房を掴んだ。
ブラジャーをしていないから、膨らみの感触が伝わっている。
「後で、いいでしょ。今じゃなく、後で…」
「わかった、後でだ」中村は立ち上がり車に向かう。
(良かった、こんな所でセックスはしたくないし)ホッとした奈美も車に向かった。

 再び走り出した車は遊園地に入った。
2人は観覧車に乗り込み、2人だけの空間になっている。
「そうだ、ここで脱げ、素っ裸を撮らせろ!」
「許して、後で脱ぎますから」
「今脱げ、ここで撮る」ガンとして言うことを聞かない。
(ここで、脱ぐしかない…)奈美は急いで脱ぎだした。

 その間にも、覧車は最高点に近づいて、奈美はもう全裸になっている。
「早くして下さい、見られますから!」泣き顔になって乳房と淫裂を晒していた。
「いいね。それが…」中村は2人きりの空間で奈美の全裸を撮った。
「着てもいいぞ」その言葉を聞いて、急いで服を着だした。
それと同時に、観覧車は最高点を超えて下り始めた。
(良かった、誰にも見られずに済んで)安心してスカートを履いていくが、辱めは、これだけでは済
まなかった。

 遊園地の建物に入ると「スカートを捲れ!」人がいるのに淫裂を晒すように命じた。
「そんな…」顔を引きつらせる奈美に「やれ、やるんだ!」睨む中村だ。
(やるしかない…。誰にも見られないように…)背中を観客に向けて、スカートを捲り上げると太股
が見えてきた。
(これ以上やったら性器が…)顔を背けて、なおも裾を持ち上げた。

 中村は「ピン!」その瞬間を撮った。
(良かった、誰にも気が付かれずに済んで…)裾を戻して、ホッとしていると、撮り終えた中村は満
足そうに確認している。
「今度は別な所でだ!」2人は建物から離れた所にある植物園に来た。
「ここは、誰もいないな。ここで撮るぞ!」その言葉に仕方なく脱いで全裸になり、言われた通りに
ポーズを作って、カメラに収まった。

遊園地で撮った2人はその後、中村のアパートに向かう。
「今夜は俺の所に泊まれ」
「はい、そうします」2人は部屋に入った。
「まずは写真の整理だ。それからオ○ンコだぞ」入るなり、中村は撮った写真を吸い上げていく。
「見ろよ、奈美が女になったシーンだ!」画面には淫裂に肉竿を入れられた奈美が映っている。
それには「う、う、う!」思い出して泣きだした。
「これくらいで泣くな。もっとやるんだから」気にする様子もなく吸い上げた画像をプリンターで
印刷を始めた。

 「うまく撮れているだろう?」できあがった写真を奈美に見せた。
「捨ててください、そんな写真は見たくもありません!」泣き声で言う。
「そう言うな。お前の記念の写真だ。それよりも整理を手伝え」奈美の服を捲り上げ、上半身剥き出
しにした。
「いいね、このくらいが丁度いいよ」Bカップの乳房を揉みだす。
奈美はそれを拒もうとはせず、されるがままにしている。

 「どうせなら、オ○ンコも出せ。素っ裸になって手伝え」スカートを脱がせようとした。
「許して、これだけは…」
「ダメだ、オ○ンコ丸出しになるんだ」渋々スカート脱いで全裸になった。
「このパイパンがいいよな。後で手入れしてやるぞ。その前に写真を印刷しないと」再び、パソコン
で吸い上げた画像の印刷を始めた。

引き裂かれた白衣 第6話 奈美の破瓜  

「やめて、この写真はイヤ!」それは、スタジオで撮った写真で、奈々の淫裂に中村の肉竿が入
っている。
「これが公になったらお前は死ぬしかないぞ。それに、家族だって笑い者だ」奈々の胸を触った。
それには「う、う、う!」泣きながら、写真を見つめる奈美だ。
「これでわかったろう。お前は俺の言うがまま動くしかないんだ。その変わり、借金は払わなくてい
いぞ」
「そんな、言うがまま動くだなんて…」唇が震えている。
「それから、今日は女になる日だ。わかったな!」それは処女を喪失することを意味している。

 「いや、そんなのいや…」首を振った。
「だったら、この写真がどうなってもいいのか。俺の言うことを聞けば、黙っているぞ」奈美はまた
泣きだした。
暫く泣いたが、中村に従うしかないと悟り、服を脱ぎだした。
服を脱ぐと、下着も脱いで全裸になると、やっと生えた絨毛が淫裂を囲んでいた。
「手入れしないとな。このままではダメだ」絨毛にハサミを入れ、やっと生えた部分をカミソリで剃
っていく。
(剃らないで、ヘアは剃らないで!)泣き顔のまま足を開き、中村の持ったカミソリが動きやいよう
にしてる。

「良し、これでいい。後は服を着ればいい。それにしても綺麗なオ○ンコだな」ピンクの肉襞が性
欲を湧き立てている。
「もういいでしょ、そんなに見なくても」淫裂を手を払いのけ、白いストッキングを履いてガーター
ベルトで吊っていく。
その後で白衣を着込むが、普段から着ているから、違和感がない。
「ほう、本職と同じスタイルだな、ただ丸見えが違うが」執拗に乳房を掴む。
「やめて下さい、痛いんです」その手を振り払い、ナース帽を被り、呼ばれるのを待った。

 それから直ぐに「皆様がお待ちです」メイドが迎えに来た。
「奈美、出番だ。俺も後から行くからな」奈美はメイドの後を追って歩いていく。
広い廊下を歩いていくと声が聞こえ(ヌードを見られてしまう…)顔が強ばり膝も震えている。

 そんな奈美だが「こちらへ、お入り下さい」メイドがドアを開けると(大勢いる!)男性が話して
いる。
「どうぞ、中へ!」躊躇する奈美にメイドが催促した。
(行くしかないわ。ヌードを見られても…)黙ったまま入った。
「来たぞ、ホステスが…」
「いいね、看護婦姿も」スケスケの白衣だから、乳房や剃り上げられた淫裂が丸見えだ。

 「早速だけど、お客さんの相手を頼むよ」屋敷の主と思われる男性が乳房を掴んだ。
すかさず「うっ!」顔を歪めて呻き声を上げた。
「なんだその顔は。本番以外は何でも有りの約束だぞ」掴んだ乳房を揉みだした。
「や、優しくお願いします。私のは小さい分、敏感ですから…」笑顔を作って話す。
「そうだな、小さいオッパイは敏感と聞いているし。これくらいなら、いいのか?」今度は撫でるよ
うに揉みだした。
「はい、それくらいで結構です」作り笑顔で答えて男性の中に入った。
「いいね、こんな看護婦に見て貰いたいよ」スケスケの白衣だから客も遠慮無く触っている。
(イヤよ、触らないで…)そう思いながらも触られ続けた。

 奈美が部屋に入ってから1時間ほど経って、中村も入って来たが手に数本のロープを持っている。
(もしかして、私を縛るのでは?)スタジオでされたことを思い出した。
「待っていたよ、皆さんがお待ちかねだ」
「わかりました。今すぐ始めます」中村はジッと奈美を見つめる。
「イヤよ、来ないで、イヤ~!」異常に輝く中村の目に怯え後ずさりした。

「何も、逃げなくていいぞ。気持ちいいことやるだけだからな」奈美に襲いかかった。
「やめて、イヤです!」いくら叫んでも、誰も止めようとはせずニヤニヤして見ている。
奈美に襲いかかった中村は両手を後ろ手に縛り上げた。
その後に「こんなのは、必要ない!」スケスケの白衣を引き裂いていく。
「シュル、シュル!」あっけなく白衣は引き裂かれ、奈美はストッキングとガーターベルトだけにさ
れた。
「これも要らないな」ガーターベルトも外され、白いストッキングも引き裂かれて、生まれたまま
の姿にされた。

 剥き出しにされた奈美は淫裂を触られていく。
「やめて、お願いですからレイプしないで!」泣き声で言うと「レイプね、いい考えだ。それも悪く
はないな」ニヤリと笑い、服を脱ぎ始める。
「助けて。レイプされます、お願いですから助けて~!」いくら叫んでも客はニヤニヤして見ているだけで、反対にカメラで奈美を撮りだす。
「奈美、諦めろ、素直に俺と楽しむんだ!」中村も全裸になったが、股間の肉竿が膨らみきっている。

「来ないで、イヤ、来ないで!」逃れようとしても無駄で、中村に抑えられ寝かされる。
「いいね、このオ○ンコに入れるなんて」淫裂を撫でてから、自分の肉竿を掴んで押し当てた。
「イヤ、入れないで。イヤ~!」奈々の叫び声が空しく響いていくが、中村はゆっくり腰を押しつけ
ていくと「ヒ~!」膣に肉竿の先端が入った。
(人前でレイプされた…)膣の痛みに涙が流れ、その様子をカメラを構えた客が撮っていく。

 中村は更に、肉竿を奥へと押し込んで「来ました、バージンですよ。行きますから撮って下さい」
「やめて、お願いです!」封印に肉竿が当たり、気が狂ったように暴れたが、肉竿が外れることはなく、むしろ、奥へと入っていく。
突然「ギャ~!」奈美は悲鳴を上げ、体を震わせだし、それと同時に淫裂から鮮血が流れ出た。
「やったぞ、処女をレイプした!」客は興奮気味に写真を撮っていく。
だが、奈美は(バージンが破られた…)グッタリして嗚咽を上げている。
「いいですか、もっとやりますよ」なおも、肉竿を押し込んでピストンを始めた。
奈美は「う、う、う!」肉竿が胎内を突くたびに呻き声を上げている。

 やがて、中村は中腰になり、乳房を揉みながらピストンを早めた。
(痛い、膣が痛い…)顔を歪めながら我慢していたが、子宮の中が暖かくなった。
「イヤ、射精はイヤ~!」すでに遅く、ドロドロした液体が鮮血と混じって流れ出てくる。
「凄いや、レイプした上に、中出しだぞ!」肉竿が抜かれ、淫裂を撮りまくっているが、奈美は足を
閉じようともせず呆然としている。
(もう、処女じゃないんだ…傷物になったんだ…)天井を見上げる目から、また涙が流れだした。
そんな奈美のことなど、無視するかのように客はグッタリした姿を撮っていく。

 写真を撮り終えると、固まっていた客も散っていき 「奈美、来るんだ!」奈美は縛られたまま、立たされ部屋から出た。
部屋を出ると「シャワーをご使用下さい」メイドがいる。
「わかった、頼むよ」2人は、メイドの歩いてシャワー室に来た。
「俺が綺麗にしてやるからな」縛られたままの奈美の股間にシャワーを当てるが「う、う、う!」犯された空しさに、また泣きだした。
「泣くことはないぞ。これからは、俺がお前の面倒を見てやるんだからな」丁寧に淫裂の中まで洗 っていく。
淫裂からは、血と精液が流れていくが(人をレイプしておきながら何言っているのよ)黙ったままだ。
やがて、お湯も透明になって「これくらいでいいな。俺も洗わないと」汚れた肉竿を洗いだす。
血が落とされて、赤黒い肉竿に戻り、洗い終えると2人は屋敷から出た。

引き裂かれた白衣 第5話 ヌード撮影  

 そして、周りが次第に暗くなり、入院患者も消灯時間で寝静まっている。
病院全体も薄暗くなって11時になった。
「奈美、彼氏が来たわよ」久恵が声を上げた。
「そんな、彼氏だなんて…」久恵には負けたくないから本当のことは言えない。
「少しだけならいいわよ、エッチしてきなさいよ、空き病室もあるし」
「勤務時間よ、そんな事できないわよ」
「遠慮は要らないわ、久恵と私でやるから」良子も言いだした。

「でも…」そう言っている間にも中村が「奈美さん、お話が…」声を掛けてきた。
「行きなさいよ、私が意地悪していると思われるじゃないのよ」2人に無理に追い出された。
ナースセンターを出た奈美は「ここでは何ですから」中村を空き病室へと案内する。
病室に入るなり中村は「確認するぞ、白衣を脱ぐんだ!」そう言ってカメラを構える。
「見るだけで、撮らないで下さい…」奈美は泣き声になっている。
「そうは行かないな。やらないと言うなら、後は知らないぞ」
「わかりました、脱ぎます」奈美は薄暗い病室で白衣を脱ぎだすと、窓明かりで 白みを帯びた下着
が浮き上がっていた。
「いいね、これは絵になるよ」中村は喜んでスイッチを押していく。

 一方、久恵と良子は奈美が気になっていた。
「今頃、始まったはずよ」
「私、見てくるわね」久恵は、そっと抜け出し2人の入った病室へと向かう。
(確か、こっちのはずだけど)話し声がするほうへと歩いていく。
そんな事とは知らない2人は、相変わらず写真を撮っている。
「脱いで、ストッキングだけになって」
「約束よ、誰にも見せないと誓ってね」そう言いながら、役目をしないブラジャーを脱いだ。
それにパンティも脱ぎ、ストッキングだけになって窓のそばに立たされた。
外からの明かりに、奈美の白い裸体が浮かんでいる。
「いいよ、凄くいい!」興奮気味に奈美のヌードを撮りまくった。

 そこに久恵が現れ、そっとドアを開けて覗き込む。
(ヌードを撮っている!)白い裸体が閃光に浮かんでいく。
「綺麗だよ、今度はオ○ンコも撮ろうな」
(いやよ、性器はイヤ!)イヤでも言われた通りにするしかなく、足をベッドに乗せて淫裂を広げた。
(せ、性器まで撮った!)閃光に奈美の淫裂が浮かんだ。
「もういいでしょう、ヌードは?」
「そうだな、これくらいでいいよ。次はこうだぞ」カメラを置いて乳房を吸いだした。
奈美は「あ、あ~!」呻き声を上げ、頭を抱きしめた。
(やっと始まったわ。良子さんに教えないと…)久恵は、そっとナースセンターに戻った。

「凄いわよ、ヌードを撮っていたの」
「ヘア丸出しのヌードなの?」
「勿論よ、性器まで撮っていたわ。それより始まったわよ、見てきたら」
「わかった、見てくるね」良子も、2人に気づかれないように忍び足で歩いていく。
(ここね、ここのはずよ…)そっとドアを開けて覗き込んだ。
「ウグ、ウグ!」奈美は、肉竿を口で擦り、中村も乳房を掴み揉んでいる。
良子は(フェラだわ、オチンチンをフェラしている!)食い入るように見ていた。

中村は次第に登りつめ「う~!」うなり声と共に、奈美の頭を押さえる。
「う~!」首を横に振る奈美だが、咽深く射精された。
「気持ちよかったぞ」奈美の口から肉竿を抜き「動くな、そのままだ」涎のように精液を垂らした姿
も撮られた。
(射精だわ、口に射精した…)口から流れ出た液体をジッと見ている。

 「もういいぞ、服を着ろ」その言葉で下着を着込んでいく。
(戻った方がいいわね)良子が戻ると「ねえ、凄いでしょう?」久恵が聞いた。
「フェラしていたわよ、オチンチンをなめていたの。それに射精もしたのよ」
「イヤだ、汚いことしたてたんだ…」久恵は顔をしかめて言う。
「汚くはないわよ、あれが普通よ。久恵はやったこと無いの?」
「そ、そんなフェラなんてしないわよ。普通にセックスするわよ」
「今度やってみたら。彼氏も喜ぶわよ」
「男は好きなんだ…」
「当然よ。射精されても我慢するのよ」2人が話していると奈美が戻ってきた。
「エッチしたんでしょう?」
「してないわよ、ただお話ししただけです」素っ気なく言って仕事を始め、それ には顔を見合わせ
頷く良子と久恵だ。

 中村は、それから暫く来なくなった。
しかし、奈美のほうは支払が迫っていたから焦っている。
「とにかく、会って話をしないと」返済の猶予を頼もうと中村の元へと向かった。
しかし「困りましたね、奈美さんには300万お貸ししていますからね。利息だけでも 年50万は
超しますよ」いい返事はしない。
「そこを何とかお願いできませんか?」
「無理ですね、どうしてもと言うならアルバイトしてみませんか、あなたの休日でいいですから」

 「アルバイトですか…」
「そうです、秘密は守ります」
「わかりましたお願いします」奈美は何も知らされないまま承知した。
「今度の休みはいつですか?」
「水、木が連休になります」
「そうですか、それでしたら水曜日にお願いします、お迎えに伺いますからね」
「わかりました。お待ちしています」奈美は事務所を出た。

 そして、休暇の日が来て、約束通りに中村が迎えに来た。
奈美がその車に乗り込み入むと走り出す。
「ところで、どこでアルバイトですか?」
「ある、お屋敷のホステスですよ」その言葉通りに高級住宅街が見えてくる。
「いいですか、どんなことがあってもイヤな顔はダメですからね」
「わかっています。気持ちよくやります」
「それなら安心です」車は大きな屋敷に入った。

 車を降り、屋敷に入るとメイドが案内していく。
「ここで着替えよう。服は用意しておいた」中村は箱を渡し、奈美はそれを開けた。
「白衣だわ、でも、スケスケだ…」
「素っ裸になって、それを着るんだ」
「イヤ、そんな事できない。私帰る!」
「帰ってもいいよ。でも、これがどうなるかわかるだろうな?」ポケットから写真を取りだした。

引き裂かれた白衣 第4話 過激な下着  


「それならいいわ。今度はヘアの手入れをするからね」
「お願いですから、ヘアはそのままにして下さい」
「そうは行かないの。オ○ンコが見えないでしょう」勝手に奈美の絨毛にハサミを入れた。
「いや、いや~!」抵抗するにも、足を開かされ何も出来ず、ただ叫ぶだけだ。
「安心して。全部はしないから。回りだけを手入れするの」淫裂を取り囲む絨毛がカットされた。

 それが済むと、カミソリが当てられ、短くなった絨毛は根こそぎ消されて、淫裂が剥き出しになっ
ていく。
「これだと変ね。ここも手入れしようね」恥丘に残された絨毛がカットされていく。
団扇のように丸かった絨毛が、細い線になり、縦に短い帯が残された。
「いや、こんなのイヤです!」恥丘に縦に伸びた絨毛を見て声を上げて泣いた。
「ふざけないで。だったら、全部剃るわよ」その言葉に泣きやんだ。
「そこまででいいよ。今度は僕がやるから」
「わかりました、準備します」今度は奈美を俯せにして尻を持ち上げた。

「やめて、何をするのよ」
「アナルよ、アナルでやるのよ」奈美の肛門にワセリンが塗られていく。
「イヤ、お尻はイヤ、そんな変態みたいなのはイヤです!」
「イヤでもやるんだよ。痛くないように俺のチンポにも塗ってくれ」勃起した肉竿にもワセリンが塗
られた。

 「いいか、うまく撮れよ。一度しか撮れないからな」中村は肉竿を掴み、肛門に押し当てる。
「ヒ~。イヤ~!」顔を歪め、悲鳴を上げても肉竿は直腸へと入ってくる。
「い、いれ、ないで…」息が詰まる思いに、声も出せない。
そんな、奈美のことなどお構いなしに、肉竿は根本まで入った。
「行くぞ、これがアナルセックスだ!」ゆっくりピストンを始めた。
奈美は「いや、うっ、うっ…」呻き声しか上げられず(裂ける、お尻が裂ける…)痛みを堪えている。

中村は肉竿の動きを早めて「ピシャ、ピシャ!」股間が尻を叩いていく。
やがて、クライマックスを迎え「でる、でる~!」押し込んだまま動きを停めた。
「いや、出さないで~!」腸の中に、暖かいのを感じた。
中村は「気持ちよかったぞ」放出を終え、肉竿が抜くと異物が着いて汚れている。
その肉竿を、女性が濡れたタオルで綺麗にしていく。
一方、奈美の肛門からは中村が放出した液体が流れ出ている。
だが、奈美は「う、う、う!」お尻を突きだしたまま泣いている。

「もういいわ、これで終わりよ」ビデオ撮りが終了した。
奈美は手を解かれ、尻も綺麗に拭かれたが、股間の絨毛は戻ることなく淫裂剥き出しのままだ。
腕が自由になると、脱がされた服を着込み、同じように中村も着ていく。
2人が服を着ている間にも、女性達は後かたづけをしている。
奈美が(お尻が痛い。オチンチンでされたし…)痛みを堪えて服を着終えと、2人はビルを出て繁華
街に出た。

 「そうだ、お前にプレゼントしないとな」中村は奈美を恋人のように抱きながらランジェリーショ
ップに入った。
店内には所狭しと下着が飾られている。
「過激なやつをくれ!」中村はいきなり店員に言う。
店員は「過激ですか…」いきなり言われ、唖然とした顔になったが「こちらでは、いかがでしょうか?」
ピンクのセットを指さす。

「ピンクか、白はないか、しかも、スケスケのやつ…」
「それでしたら、こちらはいかがで?」うっすら白みを帯びたブラジャーとパンティだ。
しかも、ガーターベルトとストッキングがセットになっている。
「いいね、これをくれ。それから、黒いのも欲しいな」
「かしこまりました、こちらですね?」やはり、黒みを帯びたスケスケのセットだ。
そんな下着に(私は着ないわ。そんな、変態じゃないわよ)奈美は黙って見ている。

 下着を買い込むと、奈美は昼食をご馳走になりアパートまで送られた。
「いいか、今夜の夜勤はどっちかのセットを着るんだ」
「いやよ、そんなの着ないわ」
「だったら、さっきのビデオと、隠し撮りの写真を病院に送っていいのか?」
「それだけは、やめて。着ますから、それだけはやめて下さい」
「誤魔化すなよ。それに、確認するからな」
「確認と、おっしゃると?」
「11時頃行く。そのころなら、お前も暇だろうし」
「お願いですから、来ないでください。服は着ます」泣き声に変わった。
「そうは行くか。お前の下着を撮らないとな」
「そんな、撮るだなんて…」言葉が出ない。
中村は、それだけ言うと車を走らせた。

「イヤだけど、どっちかを着るしかないのね…」袋を抱えて部屋に入った。
部屋にはいると、奈美はシャワーで体を洗い、汚された尻を丁寧に洗っていく。
「あんなのは着たくないのに…」そう思いながらも、白い下着を着ることにした。
奈美は丁寧に体を洗うと、バスタオルを体に巻き付け横になった。
「あの写真どうする気かしら。もしかして私の体を奪う気だわ」天井を見ながら 思い詰めていた。

 そうしている間にも、出勤する時間が迫り、奈美はバスタオルを解き、買ったばかりの下着を取り
だし、真っ先にブラジャーを乳房に押し当てホックを止める。
サイズはピッタリだが透けていて乳首や乳輪が丸見えになっている。
「着ないのと同じだわ」姿見に映る姿に溜息が出ている。
それに、股間の淫裂が剥き出しで、肉襞がはみ出しているのも映っていた。
「ヘアのことを聞かれたら、何と言えばいいのかしら?」不安に思いながらパンティを履いていく。

 パンティもスケスケで、わずかに残された絨毛が見え、それに、無毛の淫裂も見える。
「仕方ない。彼氏の好みにしたとでも、言うしかないわ」中村を彼氏と言うことで逃れるつもりだ。
パンティを履き終えると、ストッキングも履いて、ガーターベルトで留めるが、その姿は風俗で働く
姿そっくりだ。
下着を着込むといつもの通勤服を着て、アパートを出た。

 病院の更衣室に入ると久恵がいた。
「彼氏とエッチしたの?」早速話し掛けてきた。
「してないわよ、エッチだなんて…」奈美は服を脱いでいく。
「奈美、凄いわね。かなりエッチよ…」スケスケの下着に久恵が声を上げた。
その声に、同僚が振り向き「ホントだわ、オッパイが見えている。それにヘアも 手入れしてある!」
「剃ったのよ、彼氏がヘアのない性器が好きだと言ったから…」
「何だ。エッチしたじゃないのよ」
「してないわよ、触っただけよ」
「奈美はいいな。私も早くエッチする人が欲しいわ。そうしたら毎晩やるんだ」同僚は勝手な事を言
って白衣に着替え、奈美も白衣を着込んでいく。
「私もガーターベルトを着けてみるわ。彼氏も驚くだろうな」久恵は奈美の下着を見て言う。
(好きで着たんじゃないのよ、脅されて着ているのよ)黙ったまま白衣姿になった。
白衣を着込むと、奈美は引継を済ませナースセンターで待機した。

引き裂かれた白衣 第3話 スタジオ  

 中村は繁華街を走り、ビルの前で停まった。
ビルには△△スタジオと書かれた看板がある。
「ここだ、降りてくれ」奈美は車を降りて、中村と一緒にビルの中に入った。
中に入ると直ぐに「お待ちしていました」女性が話し掛けてくる。
「準備はいいかな?」
「はい、準備は出来ております。スタッフも言われた通りに女性だけです」
「そうか、それなら安心だ」中村と奈美は女性の後を歩いていくとドアがある。

  そのドアを開けて中に入ると不良の格好をした女性がいた。
それに、カメラマンらしい女性もおり、奈美は不安に思い「中村さん、もしかして 写真を?」と尋
ねた。
「そうだ、その通りだ。約束通りにヌードを撮るんだ。しかも、乱暴されてな」
「いやよ、そんのイヤ。ヌードなんてイヤ!」
「イヤでもやるんだよ。写真がどうなってもいいのか?」その言葉に顔が震えていく。
「わかったようだな。始めてくれ!」

 中村の合図で、待機していた不良そうな女性が奈美に近寄ってくる。
「来ないで。お願いだから来ないで!」奈美は後ずさりを始めた。
「そうは行かなくてね。ちょっと、軽く付き合って貰うか」奈美を囲み、押さえつけた。
「やめて、いや~!」悲鳴を上げても無駄で、女性達は奈美の着ている服を脱がしていく。
それを、ビデオが撮っており、奈美はあっけなく下着だけにされた。
「やめて、それ以上はやめて!」泣き叫んでも下着が脱がされていく。
「やめて、それはいや~!」パンティが掴まれ下げられ、真っ黒な絨 毛が露わになった。
「あんた、オッパイが小さい割に、下はボウボウだね」絨毛が撫でられる。
奈美は「う、う、う!」屈辱に泣くだけだ。

 「泣かなくていいでしょう。これから気持ちよく、してやるから」露わになった乳房を吸いだした。
それには「あ、あ、あ~!」声を上げ背中を反らす。
「ここにも、やるよ」淫裂が触られていく。
「やめて、レズはイヤです…」叫んでも、指が敏感なクリトリスを捕らえて、撫でていく。
(気持ちいい…。乱暴にされているのに…)目を閉じ太股を震わせている。

 「今度は、これでしようね」バイブを目の前に差しだした。
「イヤ、そんなのイヤ。お願いだからやめて下さい!」
「そうは行かないのよ。あなたを、気持ちよくするのが役目だから」
「バージンです。ですから、バイブではイヤです…」
「そう、バージンなの。だったら、出来ないわね。本物をなめるのならいいわよね?」
「オチンチンをフェラですか?」
「あら、フェラを知っているんだ。それなら話が早いわね」
「いやよ。そんのいやです!」拒んだ瞬間に、奈美の頬が叩かれた。

 それに背中や腰を叩き出し「やめて、いや~!」痛みにうずくまった。
「痛いのがイヤならやるのよ。わかった?」奈美は黙って頷いた。
「やるのよ、あそこに本物があるでしょう」目の前に中村がいる。
(やりたくないけど…)奈美は立ち上がり中村の前に膝を付ける。
「言うのよ。オチンチンをなめさせて下さいと!」
(言えない、そんな恥ずかしいことは)黙り込んだままだ。
「まだわからないのね」3人がかりで叩かれ、それに、乳房を潰された。
「ギャ~。言います、手を、手を退けて…」途切れ、途切れにやっと言った。

 「これからは、素直にやるのよ」髪の毛を掴まれ振り回される。
「やります、言われた通りに…」髪の毛を掴む手を押さえて言う。
「わかったら、始めなさいよ」
「中村さん、お願いですからオチンチンをなめさせて下さい…」言い終わると涙が流れていく。
「奈美は、チンポをそんなになめたいのか?」
「はい、オチンチンが好きですから…」
「それだったいいよ。そのかわり、終わったらオッパイとオ○ンコを触らせてく れ」それには奈美
の顔が引き吊っている。

 暫く沈黙して「わかりました。オッパイと性器をさわってもいいです」蚊のなるような声だ。
「性器じゃわからないわよ。ここはオ○ンコよ」女性が奈美の股間を触った。
「オッパイと、オ○ンコを触ってもいいですから、オチンチンをなめさせて下さい」
「いいよ、奈美が全部やるんだよ」言われた通りに、奈美は中村のズボンを引き下げいく。
ズボンを脱がせ、パンツも脱がして下半身を丸出しにした。
「どうせなら、上も脱がすのよ」
「わかりました」上着、シャツと脱がせて、奈美と同じ全裸にした。

 (これを、なめるなんて…)服を脱がし終えると、また正座して肉竿を掴む。
(暖かい、オチンチンがこんなに暖かいなんて…)肉竿は奈美の全裸に興奮して堅くなっていた。
その肉竿を口に入れ「ウグ、ウグ!」ゆっくり、頭を動かしだし、それをビデオが撮っている。
(撮らないで。こんな、フェラなんての撮らないでよ)そう、思いながら口を動かし続けた。

 「フェラはそれくらいでいいわ。今度は、あなたがオッパイを触られる番よ」
「わかってます…」
「だったら、今すぐやろう」中村は、奈美を置かれていたマットの上に寝かせて、乳房を撫でだした。
中村は奈美の上に被さっているから、淫裂に肉竿が当たっている。
(オチンチンは入れないで下さい…)そう願うが、肉竿は割れ目に入って膣穴に当たっている。
「イヤ。セックスはイヤです!」
「まだ、触っているだけだ。入った訳じゃないぞ」
「でも、膣に当たっています」
「我慢しろ、これくらい」乳房を揉み、ゆっくりと腰を動かしだした。

「それ以上はイヤ、入れないで!」バージンに肉竿が当たった。
「ホントだ、奈美はバージンなんだな。破りたいが、今日は破らないから安心しな」封印を破らない
ように、腰を振り、それをビデオやデジカメも撮っている。
(撮られている、セックスしている所を…)顔を背け中村に抱き付いていく。

 「抱き合うのはそれくらいで、今度はあなた1人のヌードよ」
「一杯撮ったからもういいでしょう?」
「そうは行かないのよ、これで縛って撮るのよ」
「いや、そんのいや!」奈美の手が縛られ、それに乳房も縛られた。
「やめて、痛いからイヤよ!」
「痛いというのはこういう事よ!」縛られた乳房を踏みつけ「ギャ~!」悲鳴が響いた。
「わかったわね、これが痛いというの」奈美は泣いたまま頷いた。

▲Page top