赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第2話 脅し  

 その翌日「中村さん、診察室へお入り下さい!」奈美な名前を呼ぶと、見覚えのある顔の男性が立
ち上がった。
(確か、サラ金の社長では?)ジッと顔を見ていると、相手も気づいて「この前はありがとう。 ま
た買いますよ」肩を叩く。
「な、中へどうぞ…」勤務中だから当然で、中村もそれを知ってか、素直に診察室 に入る。
奈美も(黙っていてくれればいいけど…)不安を抱きながら診察室に入った。

 中村は医師から診察を受け、軽い肝炎と診断され注意を受けて診察室を出てきた。
「お大事に」見送る奈美に「帰りに寄ってくれ、話がある」そっと耳打ちする。
(そんな、帰りに寄れだなんて…)聞こえない振りをして「石田さん、診察室へ お入り下さい」と
名前を読み上げた。
中村は笑いながら廊下を歩き、その後ろ姿を奈美は不安を抱きながら見ていた。

 そして、勤務が終わると、中村から言われた通りにサラ金会社へと向かう。
「お待ちしていました。こちらへどうぞ」今までと違って、丁寧な言葉で案内していく。
それに今までと違い、豪華な役員室に連れ込まれた。
「あの~、お話って何でしょうか?」
「その前に、これを見て下さい」中村はテーブルに写真を置いた。
それを見るなり「そんな~!」奈美は声を上げ、唇をブルブル震わせている。
 
 写真は奈美の全裸が写っており、乳房や絨毛もハッキリ写っている。
「お気に召しましたか。それにしても綺麗なスタイルですね、オッパイもヘアの 生え方もいいです
よ」笑顔になっている。
「これを、どうするのですか?」声が震えている。
「コレクションですよ。今のところは、何もする気はありませんが、あなた次第では…」中村は奈美
の隣に座り直して肩を抱いた。

「触らないで下さい!」
「ですから、あなた次第では、この写真が、雑誌や病院にまかれるんですよ」そう言われれば黙るし
かない。
「そうです、それでいいんですよ。ちょっとの間だけでも、楽しみましょう」中村の手が奈美の胸
を撫でていく。
(イヤよ、触らないで下さい)奈美は黙ったまま、首を振った。

 「なにも、タダとは言いませんよ。お金も払いますから楽しませて下さい」なおも手が動き ボタ
ンを外しだすが、奈美は体を震わせされるがままだ。
ボタンを外し終えると前を広げ「こんな色気の無いのではダメです。もっと色気にあるのを差し上げ
ますから着て下さい」ブ ラジャーのホックを外し乳房を掴んだ。
「やめて、お願いです。こんなに小さいから、つまんないです…」すかさず中村の手を押さえる。

 「大きい、小さいは問題ないです。オッパイはオッパイですよ」掴んだ乳房を揉みだした。
(やめて。もうやめて下さい!)中村の手を押さえるだけだ。
「言ったでしょう、あなた次第だって。おとなしく手を退けて下さい」
「そんな、おとなしくしろだなんて…」手を退けるしかない。
「そうです、それでいいんです」言い終わると、揉んでいた乳房を吸いだした。
乳首を吸われた奈美は「あっ!」声を上げ、背中が伸びた。
(気持ちいい、乳首を吸われると気持ちいい。本に書いてあった通りだ…)目を閉じて、中村の頭を
抱え込む。
それに答え、乳首を軽く噛まれ「うっ!」呻き声と共に小刻みに体が震えた。
             乳首吸い
(いいわ、凄くいい。乳首を噛まれるのも、いいわ…)目を閉じて乳房を愛撫され続けた。

 中村は乳房を揉んでいた手をスカートの中に入れる。
「ダメ、そこはイヤです!」足を閉じて進入を防いだ。
「触るだけです、しかもパンツの上からですよ」その言葉に、閉じた足が開き、ス カートの中に入
った手が、縦に伸びた割れ目に沿って触っていく。
(性器を触っている…)薄い布越しに淫裂を触られ、太股が震えている。
「ここも、いいですね。今度は素っ裸を見たいですよ」
「イヤです、これっきりにして下さい」
「そう、おっしゃってもね。あなただって、お金が欲しいでしょう。秘密は守りますよ」指が淫裂の
中に入った。

 「やめて下さい。これでもバージンですから…」その言葉に指の動きが止まった。
暫くして「そうですか、バージンですか。良く守っていましたね」
(バカにしないで、好きで守っていた訳じゃないわ。相手がいなかっただけよ!)唇を噛む奈美だ。
「楽しみはこれくらいにしましょう。今度は全部見せて下さいね」中村は満足し たのか、触るのを
やめて、財布から3万を取りだし奈美に渡す。
(ホステスじゃないわよ)そう思いながらも、受け取り、服を直しサラ金会社を後にした。

 それから数日がすぎた。
奈美の勤務が、今週は夜勤に変わり、夕方から勤務となっている。
引継を済ませ、ナースセンターで待機していると中村が現れた。
「やはり本職は違うね、ソープとは大違いだ」
「バカにしないで下さい。真面目に仕事をしているんですから」
「その怒った顔もいいな。それより、勤務明けは何時だ?」
「9時ですが…」

 「それだったら、明日の9時に迎えに来る。俺とデーとしよう」
「そんなデートだなんて…」
「断るのか。それなら、俺にも考えがあるが」
「お付き合いします。ですから、あの写真はなかったことにして下さい」
「わかっているよ。明日迎えに来るからな」中村は帰っていくが「あの人、奈美の彼氏なの?」同僚
の久恵が冷やかしてきた。

「まあ、そんなとこかな」
「へー。奈美にも彼氏がいたんだ!」同僚達が声を上げた。
「いるわよ。私に彼氏の1人ぐらいは…」やはり、同僚には負けたくないから強がりを言う。
「で、エッチはやったの?」
「そんな事してないわ。清い交際何だから」
「早くやったほうがいいわよ、あっという間に通り過ぎちゃうから、体を張って引き止めるのよ」自
分をさておいて、忠告された。
(本当のことは言えないしな。彼氏と言うことにしておいた方がいいわ)誰にも言わないことにした。

そして翌朝、奈美が引継を済ませ病院から出ると中村が待っていた。
「奈美、彼氏よ。早くエッチするのよ」そう言って、同僚が通り過ぎて行き、残された奈美は中村の
元へと歩み寄っていく。
「行こう、そこに停めてあるんだ」指さす先に車があり、2人はそれに乗ると走りだした。 
スポンサーサイト

▲Page top