赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第26話 新入りの和子  

 同じように久恵達も「そんな所触っていないで一緒に踊りましょうよ」と酔った客に抱き付いてい
く。
当然、男性だったら悪い気はしないから「いいよ、一緒に踊ろう」乳房やお尻も触りながら一緒に踊
っていく。
それに「今夜ホテルに行こうよ。お小遣い上げるよ」と誘ってきた。
「セックスはダメなの。踊るだけよ」とやんわりと断っていた。
「そうか、残念だな。こんなにいいオ○ンコを持っているのにな」指が膣の中を掻き回していく。
「ダメ、それ以上はダメです…」
「少しぐらいいいだろう。お小遣いも上げるから」強引に指を動かしていた。
(イヤよ。これじゃ、売春と変わりないし…)太股を震わせ、堪えていた。

 客は交代しながら、4人の乳房や淫裂を触りまくっていく。
4人は客と踊り、11時に店を出ようとするが、ママが声を掛けてきた。
「明日からは、これを着けて欲しいの」4人にストッキングとガーターベルトを渡す。
(これを着たら、風俗と同じよ。私は看護婦なのに)唇を噛み、黙って受け取り、まっすぐマンショ
ンに戻って、体を休めた。

 翌朝、中村は見慣れない女性を連れてきた。
「紹介しよう、河合和子だ。これからは皆の仲間だ。和子、皆に見せてやれ」
「わかりました」項垂れて返事をすると服を脱いでいく。
(写真を撮られたのね、それにレイプも…)黙って服を脱いでいく和子を見ている。
その前で、和子がシャツを脱ぐと「そんな!」4人は声を上げた。
シャツを脱ぐと、細い紐で乳房が縛られ、紐が根本から食い込むようにしてある。

 「驚くな、まだあるぞ」中村はスカートを引き下げた。
「イヤ、見ないで!」声を上げ両手で顔を覆った。
和子の股間には、細い紐が巻かれ淫裂にしっかり食い込んでいる。
それに絨毛が生えていない。
「信じられない…」呆然と見ていると「驚くことはない。和子は借金で体まで売っていたんだからな。
それを俺が助けたんだ」
「それは、感謝しています。ですからこのように…」4人が見ている前で、中村の前に膝を付け、ズ
ボンを脱がしていく。

 そして、パンツも脱がせ、剥き出しにすると肉竿をなめだした。
「よく見ろ、上手だから」中村が言うが(見たくもない。オチンチンなんか、もうなめたくないわよ)
冷めた目だ。
その目の前で和子は「フグ、フグ!」と口を動かし続けている。
「フェラはそれでいい。後は本番だ」和子はフェラをやめて、四つん這いになった。
「して下さい、私とセックスをして下さい…」項垂れて言う。
「そうか、そんなにオ○ンコしたいのか。だったら、やってやるぞ」淫裂に食い込む紐を解いた。
紐が解かれると、尻から淫裂にかけて跡が残っている。
「いくぞ!」いきなり、肉竿を入れた。

 それには「あ、あ~!」呻き声を上げ、首を振っている。
「これくらいで、声を出すな。もっと、酷い事されていただろう?」なおも押し込み、腰を前後に振
りだした。
和子は「う、う~!」裂かれる痛みに、顔を歪め、呻き声を上げ続けている。
(レイプよ。これじゃ、レイプと同じよ)叫びたいが、黙って見ているしかなかった。

 やがて、中村は絶頂を迎え放出し、淫裂からはポタポタと液体が垂れている。
「和子さん、洗わないと」
「その必要はないの。私は産めない体にされたの」泣きそうな声だ。
「そうだ、和子は売春する為、避妊手術を受けたんだ。だから、妊娠は絶対にしない」
(そんなの酷い。女性の生き甲斐まで奪うなんて許せないわ)皆、黙って唇を噛んでいる。

 「お前達はイヤだろう。俺の言う通りにすれば、そんな事はさせないぞ」
「約束ですよ。売春と、そんな事はさせないって!」
「売春はさせないよ。その代わり、まずはオッパイを吸わせろ!」
「わかりました。お吸い下さい」4人は自ら裾を持ち上げ、乳房を露わにしていく。
「いいね、これがたまらなくて…」代わる代わる、揉みながら乳首を吸うと「あ~!」「あん!」み
なが呻くような声を上げていく。
それが済むと、和子は奈美と良子に連れられて訪問介護に出かけた。

 介護先に着くと奈美と良子は服を脱ぎだした。
「和子さん、あなたも脱ぐのよ」
「そんな、ヌードになるなんて聞いていません」
「聞いていなくても脱ぐの。売春はイヤでしょう?」そう言われれば仕方がない。
「わかりました、ヌードになります」諦めたのか、服を脱ぎだす。
そして、全裸になった3人は、ベッドに寝ている男性の服を脱がして、浴室に運んで入浴させた。
「洗うのよ、和子さんが!」奈美は和子に肉竿を洗うように命じた。
「わかりました」素直に従い、石鹸の付いた手で撫でていく。
「そんな…」手が触れると、膨らんで堅くなっていく。
「出さない程度にして。ベッドで出させるから」奈美の言葉に「射精まで、させるんですか?」驚き
の顔だ。
「そうよ。うちは患者さんの性処理もやっているの」
「そんな、信じられない…」和子は口を開けたままだ。

「あら、患者だけじゃないでしょう。今日は新人も来たから楽しみね」母親が現れた。
母親は和子の乳房を掴んで揉み出す。
「やめて、そんな事したくありません!」手を振り払おうとした。
「だめ、家族のケアもやるの。あなたが望まれたから、お相手しないと」
「れ、レズをですか…」
「そうとも言うわ。とにかく、私はなくなった夫以外とはセックスはしたくないの。だから、相手を
してね」和子は母親に連れて行かれた。

 「良子、これくらいにして始めようか?」
「そうね、洗ったしね」男性を寝室に運び添い寝を始めた。
すると「行く、行く~!」歓喜の声が聞こえてくる。
「こっちもやらないと」肉竿を擦りながら乳房を吸わせて射精させた。

 そして、夕方からはキャバレーでのアルバイトだ。
いくらただ酒とは言っても、大勢の前で全裸を晒さなければならないから、ウィス キーで勢いを付
けて脱いでいく。
シャツ、スカートと次々と脱いで、ママから渡された黒いストッキングとガーター ベルトだけを身
に着け、乳房と短い絨毛を酔った客に晒している。
「和子、あなたもよ」
「できな、こんな大勢の前でヌードだなんて…」
「やらないと、男に抱かれるわよ。ヌードの方がましでしょう?」
「そうです、あんなのはイヤですから」渋々脱いで行く。

 そして、全裸になり客の一緒に踊っていく。
(ダメ、指はイヤ!)淫裂に指を入れられても笑顔で踊り続けた。
(売春はイヤだし…)乳房も触られているが、拒まない。
「いいね、こんな姿で相手だなんて!」客達は上機嫌だ。
こうして、奈美達のハプニングショーで、キャバレーは連日客で溢れていたが「もしかして、あいつ
らは?」元勤務先の関係者が客の中にいた。
そんな事とは知らず4人は客に触られても笑顔だった。
スポンサーサイト

▲Page top