赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第27話 元同僚からの脅迫  

 それから数日が立ったある日、訪問介護を終えた奈々と良子は声を掛けられた。
「あら、新田さんじゃないのよ」元は一緒に仕事をしていた検査技師の新田だ。
「ちょっといいかな、話があって」
「夕方までならいいわよ。まだ、時間もあるし」3人は近くの喫茶店に入った。
「ねえ、今どうしているの?」
「仕事を探しているけど、なかなか見つからなくてね。ところで、君たちは?」
「訪問介護をしているのよ」
「訪問介護ね、いい仕事を見つけたな。悪いけど少し、金貸してくれない?」突然言い出す新田に2
人は顔を見合わせた。

 「キャバレーで、素っ裸になっているんだから、相当稼いでいるんだろう。少しで良いから頼むよ」
「そんな、素っ裸だなんてしていません!」顔が一瞬にして強ばった。
「嘘言ってもダメだ。ほら、これはお前達だろう?」ポケットから写真を取りだし見せた。
「そ、そんな馬鹿な…」奥歯がガチガチ鳴り、唇もブルブル震えている。
「これでも、知らないと言い切るのか?」ニヤリと笑う新田だ。
「これを、どうする気ですか?」震える声で尋ねた。
「どうもしないよ。お前達の態度次第だ。とにかく、ちょっと付き合ってくれ」置かれたコーヒーを
一気に飲み干すと、3人は喫茶店を出た。

 新田は近くにある、人気のない公園に入った。
「ここならいいな。俺もお前達とやりたいんだよ」いきなり奈美に抱き付いた。
「イヤ、イヤです!」当然、奈美は逃れようとした。
「いいのかな、あの写真がばれても!」そう言われると、奈美の動きが停まった。
「やりたいんだ、やらせろよ」芝生に寝かせ、スカートを捲り上げた。
「イヤ、セックスはイヤです!」
「ふざけるな、おとなしくやらせろ!」平手が頬を捕らえ「ピシャ!」と音が鳴り「ヒ~!」すかさ
ず、悲鳴も上がった。
「直ぐに終わるから、我慢しろ!」なおも、スカートを捲り上げて下半身を露わにした。
「こんなのは、要らないぞ」パンティが掴まれ、引き裂かれ、あっけなく奈美の淫裂が剥き出しにさ
れた。

「後藤、お前も脱げ。オ○ンコを見せるんだ。やらないと、どうなるかわかっているよな」
「脱ぎます。ですから乱暴にしないで下さい…」怯えた顔で、スカートを引き下げだす。
「そうだ、それでいい」新田はズボンも引き下げて、奈美の淫裂に肉竿を押し込んだ。
「気持ちいいや。前から、お前とオ○ンコしたくて。やっと願いが叶ったよ」満足そうに腰を振って
いるが、犯されている奈美は「う、う、う!」大粒の涙を流している。

 そんな、奈美を後目に腰を振り続け「後藤、お前もやらせろ。お前とも、オ○ンコする!」良子に
抱き付いた。
「イヤ、イヤ~!」泣きだしたが、許されるはずなどない。
露わになった淫裂に肉竿が押し込まれた。
「う、う、う!」嗚咽を上げているが、胸も捲り上げられ乳房も掴まられた。
「いいね。こんな事を前からやりたくてな」乳房を握ったままピストンをしていく。
「ピシャ、ピシャ!」股間同士のぶつかる音が響いている。

 やがて、新田が登りきり動きを停めた。
「イヤ、お腹はイヤ!」逃れようとしたが、抑えられて逃れられず、子宮の中に暖かい液体を吹き
掛けられてしまった。
「イヤ、イヤ、射精なんてイヤ!」声を上げて泣き出す良子だ。
「泣くことはないだろう。看護婦なんだから、自分で洗えるし」
「そんな、酷い。射精しておいて、無責任です」奈美は淫裂を晒したまま精液を流している良子の
淫裂を拭いていく。

 「それより、金だよ。持っているだろう?」
「今、手持ちは2万だけです」
「何だ、これっぽちか。そっちはどうなんだ?」
「同じです、これしか小遣いは貰えませんから…」
「あれだけ派手にやっているんだ。こんなはずないだろう?」
「ローンがあるんです。ですから、差し押さえられてこれしか貰えないんです」
「何だ、お前達も同類か。でも女はいいよな。裸で稼げるのに、男は金にならないし…」
愚痴を言いながら「またやらせてくれよ。オ○ンコがしたくなったら顔を出すからな」と言って、去
って行く。

 「良子、帰ったら洗おうよ」奈美は役目のしないパンティを脱いだ。
「それより、また脅されてセックスさせられてしまうわ。何とかしないと」
「そうよね、相談した方がいいわよね」2人は服の乱れを直すと中村の元へと向かった。

 中村はいきなり現れた2人に驚きながら「どうしたんだ、話があるのか?」と問いつめた。
「はい、困ったことが起こりました…」項垂れた2人に、事情を察したのか会議室へ連れ込んだ。
「ここなら、誰もいないからいいぞ。何があった?」
「レイプされました、元の同僚に…」奈美は泣きながら打ち明けた。
「そうか、良子は大丈夫だったのか?」
「私もレイプされて、射精までされました…」
「何だ、中出しまでやったのか。これは何とかしないとな。相手の住所はわかる か?」
「無理です。それに、新田もお金に困っているみたいでしたから」
「そうか、金に困っていたか。それなら捜しようがあるよ」中村は電話を掛けまくった。
そして「とにかく、今日は休め。店には俺から言っておくから。良子は念のため病院へ行け」そう言
うと1万を渡した。
「そうさせてもらいます」2人は金融会社を出ると別れて歩いていく。

 奈美はまっすぐマンションに向かい、部屋に入るなり「みんな気を付けて、私達のことを脅す人が
現れたのよ」と話して行く。
「そんな、あの人がそんな事をしたなんて信ずられない!」一緒に仕事をしていた新田が、そんな事
をするとは思えなかったから当然だ。
「でも、私と良子はレイプされたわ。良子は射精までされて、病院よ」
「そうなんだ、レイプされたんだ…」項垂れて言う奈美に顔が引き締まった。

 「とにかく、今夜は店に出ないで、休養していいそうよ」
「わかった、今夜はおとなしくしているわ。それより、奈美はシャワーで洗わないと」
「そうさせて、早く洗いたいし」奈美は浴室に入り、服を脱いでいく。
スカートを脱ぐと、淫裂が剥き出しだ。
「パンティを引き裂かれたし…」新田に、犯されたのが思い出されるが、それを振り払い、上も脱ぎ、
全裸になってシャワーを浴びた。
特に、犯された名残を消そうと丁寧に淫裂を洗った。
スポンサーサイト

▲Page top