赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第28話 レイプの罰  

 それから数日が過ぎた日、マンションに数人の男が訪ねてきた。
「来たか、入れ!」中村は中に入れたが、その中に、見慣れた顔がある。
「新田ださん!」久恵や百合は声を上げたが、レイプされた2人は、顔を引きつらせたままだ。
「後はこっちでやる。ごくろうだったな」中村は礼を言って、新田だけを残して帰した。

 「俺をどうする気だ?」手を縛られた新田も顔が青ざめている。
「安心しな。殺すようなことはしないよ。ただ、償って貰わないと」
「ど、どういう償いだ?」
「お前さんには、タップリ恥を掻いて貰わないとな」中村はビデオを構えて「脱がせろ、こいつを裸
にしろ!」と命令する。
4人は言われた通り、新田のズボンを脱がしに掛かった。
「やめろ、何をする気だ!」怒鳴るが、手が効かないから、されるがままだ。
そして、パンツも脱がされ、下半身が剥き出しにされると、股間にはだらしなく、萎縮した肉竿がぶ
ら下がっている。

 「さてと、これからが問題なんだな。こいつの服を、ハサミでズタズタにしてやれ」奈美と良子は、
恨みを込めてシャツを切って、新田は生まれたままの姿にされた。
「今度は、お前達が脱ぐんだ」
「イヤです、この人の前でヌードはイヤです!」犯された奈美と良子が拒んだ。
「仕返し、したくないのか。こいつに、恥を掻かせるんだよ。顔はこれで隠せばいいし」4人に覆面
を手渡す。
「そうか、もしかして、射精させる気だ…」
「そうだ、お前達の裸で出させるんだよ」
「わかった、脱ぐわ。仕返ししたいし」拒んでいた2人が服を脱ぎだすと、それに倣うかのように、
久恵や百合も脱ぎだした。

 パンティ、ブラジャーと脱いで、4人は全裸を新田に晒している。
「それくらいでは、出さないからな。俺を甘く見るなよ!」その言葉通りで、肉竿は相変わらず萎縮
したままだ。
「どこまで通用するかな。まずは、こいつをパイパンにしろ!」中村の言葉に、新田の顔が強ばった。
「やめろ。ヘアは、剃らなくていいだろう?」
「そうは、行かないわ。あなたのオチンチンが、坊主になりたいと言っているわよ」覆面を被った奈
美は慣れた手つきで、絨毛に石鹸液を塗っていく。

 「私にも剃らせて。仕返ししたいし」
「わかった、半分残しておくわ」石鹸液を塗り込むと、奈美の手が肉竿に触れ、新田の肉竿が膨らみ
だした。
「あら、元気いいわね。もっと、大きくならないの?」からかうかのように、良子の指が肉竿の先端
を撫でると「やめろ、やめるんだ!」肉竿が更に膨らみ、怒鳴っている。
「そう怒鳴るなよ、ただで、良い思いをさせてやるんだから」中村はニヤニヤしながら、ビデオを撮
っている。
奈美は絨毛に石鹸液を塗るとカミソリで剃りだした。
「やめてくれ。謝るから、やめてくれ!」泣き声に変わった。
(謝ったって、レイプは消せないのよ)カミソリの動きは停まる事なく、地肌が見えてきた。
「交代よ、私にもやらせて」良子も、犯された恨みを晴らすべく、カミソリを動かし 続けた。

 そして、新田の股間は子供のような肉竿にされて「う、う、う!」悔しさに泣いている。
「泣くことはないぞ。これからいい事してあげるから」中村は百合と奈美にレズを命じ、良子には肉
竿を撫でさせ、さらに久恵にはオナニーを命じた。
「あ、あ、あ!」乳房を撫で合い、声を上げる2人に、肉竿は次第に堅くなっていく。
更に、その肉竿が擦られているから尚更だ。
「やめろ、やめてくれ!」必死に、噴射はしまいと堪えている。
「見て、これがオナニーよ。私のオ○ンコも見て!」久恵も、からかうかのように、指で淫裂を広げ
て弄っていく。

 それには、いくら新田が堪えても堪えきれず、先端から白い液体が噴射を始めた。
「あら、射精よ、元気いいわね」冷やかすように噴き出しを繰り返すのを4人は見ている。
放出を済ますと、肉竿はだらしなくなり、それに、新田自身の元気も消えていた。
「あら、さっきの元気はどうしたの。こんなに、だらしなくなって」萎縮した肉竿を良子は触ってい
く。
「許してくれ、謝るからもう許してくれ!」泣きながら言うが(これくらいじゃ許せないわ、レイプ
された身にもなってよ)2人の怒りは収まらない。

 「今度は、テーブルに俯せにしろ!」新田はテーブルに俯せにされ、足を垂らしている。
「これでやれ。可愛そうだから、これも塗ってな」ディルドーとワセリンだ。
「やめろ、そんなのやめろ!」見るなり首を振った。
「面白いわね。レイプした償いには、もってこいだわ」良子は肛門にワセリンを塗っていく。
「うっ!」指が入ると呻き声を上げた。
「まだまだよ。私だって、痛かったんだからね」指はまんべんなく腸壁に塗っていくが「ヒー!」と
悲鳴を上げた。

 「まずは、私の罰よ」肛門に、ディルドーが入っていくと「ギャー!」太股を震わせ悲鳴を上げた。
「何よ、これくらいで。ガン検査ではもっと奥まではいるのよ、こういう風にね!」一気に、根本ま
で押し込むと「ヒー!」体を震わせ、悲鳴を上げている。
「私にもやらせて。私も仕返ししたいし…」今度は奈美がディルドーをピストンしていく。
「あ、あ、あ~!」痛みに声を上げ、首を振っていく。
「いい気味よ、これで思い知ったわね」なおもピストンを続けるが「許してくれ、謝るよ~!」泣き
じゃくっていた。

 だが、それだけでは済まなかった。
今度は、仰向けに寝かされ、肉竿に輪ゴムがまかれた。
そして、4人が淫裂を指で広げたり、乳房を揺すったりと誘惑していく。
当然、肉竿が膨らむと、輪ゴムが食い込んでいく。
「やめてくれ、お願いだ!」肉竿が切られるような痛みに悲鳴を上げている。
(そうは、行かないわ。もっと痛い思いをして貰わないと…)奈美は乳房を口に押し当て吸わせよう
とする。

 「ギャ~!」肉竿が、更に堅くなるが、輪ゴムの部分はそのままで、変色しだした。
「見て、オ○ンコよ。これに、チンポも入れたいでしょう?」良子も淫裂を広げて誘惑した。
「ヒ~!」それを最後に、泡を吹いて失神してしまった。
「あら、気絶よ。それにお漏らしみたい」
「それも撮って。今外すから」輪ゴムが外されると、先端から小水が噴き出していく。
「これで、やっと収まったわ」
「そうか、それならいい。これでお前達には悪さはしないな。こいつにも、稼いで貰わないとな」中
村は、肉竿から噴き出す様子を撮っていた。
スポンサーサイト

▲Page top