赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「引き裂かれた白衣」第31話 全裸での売り込み  

 「気持ちよかったぞ」中村と新田は満足そうに肉竿を抜いたが、射精された2人はグッタリしたま
ま動こうともしない。
「奈美、洗ってきなさいよ」久恵が心配そうに声を掛けた。
「わかった、そうする」フラフラしながら起きあがり「私も一緒に洗わせて」洋子も起きた。
2人は千鳥足で、浴室に入って淫裂を洗っていく。
「あなたは、どうしてここに?」奈美が尋ねると「借金よ。病院経営に失敗して…」泣き出しそうに、
洋子が言う。

 「そうなんだ、女医さんだったんだ。私も看護婦なのよ。久恵や百合も前は同じ病院で看護婦だっ
たのよ」
「だった、と言うことは、解雇されたの?」
「ええ、経営者が不正請求して、危なくなってね」2人は淫裂を洗いながら身の上を話し合った。
そして、淫裂を洗い終えると皆の元へと戻った。
「これで全員だな。明日から売り込みだから、そのつもりでいてくれ」中村は張り切っている。

 翌日、言葉通りに中村は、奈美と洋子を売り込みに連れて行くことにした。
「下着は着るな。着るのはこれだけだ」白いストッキングとガーターベルトだけを着させる。
「わかっていると思うが、客の前では素っ裸になるんだぞ」
「お願いです、これ以上辱めないで下さい。私はもう年で、綺麗じゃないですから」洋子は全裸を晒
すと聞いて泣きだした。
「そう悲観することないよ。こんなに、立派なオ○ンコとオッパイを持っているじゃないか」乳房を
揉んでから、淫裂を撫でるが、それには黙ったままの洋子だ。

「中村さん、それくらいにして、売り込みに行かないと」新田が言った。
「わかっている。新田は久恵と百合を連れて売り込みに行くんだぞ」
「わかりました。心当たりを当たってみます。2人も素っ裸になって貰うからな」新田の言葉に泣き
顔の久恵と百合だ。
「泣いてどうする、とにかく急げ!」言われた通り、4人は白いストッキングを履き、ガーターベル
トを腰に巻いていく。
「いいね、こんな姿でオ○ンコやりたいよ」洋子の絨毛は、白いストッキングを引き立たせていた。
その後、4人は、揃いの前ボタンのワンピースを着せられ、マンションから出て行った。

 奈美と洋子は、中村と一緒にオフィス街を歩いていく。
そして、ビルに入ると受付で「中村ですが、社長との会見をお願いしたいのですが」中村は事前に面
会の許可を取っていたので、すんなりと社長室に案内された。
「この度、私どもでは、新しい病院を始めることになりまして」低頭で名刺交換をする。
「早速ですが、今日はスタッフを連れてきました。こちらは女医の折橋で、こちらが看護婦の岡田で
す」
「名前なんて、どうでもいい。それより、個人会員の病院の特徴を説明してくれ」
「わかりました。内では、スタッフがこのような姿になって、会員をお待ちしています」中村は2人
に服を脱ぐように言う。
(イヤ、こんな所でヌードにはなりたくない…)2人は足を震わせながらボタンを外しだす。
「まさか、裸に…」相手は、声が止まって、それ以上は言わない。

 「その通りです。しかも、オ○ンコ丸出しの素っ裸です」それに、合わせるかのように、2人はワ
ンピースを脱いで、全裸を晒した。
「いいよ、最高だよ!」相手は、興奮気味に2人の乳房と淫裂を覗いていく。
「気に入って、もらえるでしょうか?」
「勿論だよ。でも、見るだけじゃあダメだな。もっと工夫がないと」
「心得ております。折橋君、社長さんのオチンチンを診察してあげなさい」
「こ、ここでですか?」洋子の顔が強ばった。
「そうだよ。ここ以外で、どこでやるんだ」その言葉に洋子は「失礼します」そう言って、ズボンの
ベルトを外しだす。

 「ちょっと待て。誰も来ないようにするから」相手は急いで、電話を掛けて、誰も来させないよう
にした。
「これでいいぞ、思い切りやってくれ。どうせなら、看護婦さんにも手当てして欲しいな」
「わかりました。私もお手伝いします」全裸の2人は、相手のズボンを脱がして、下半身を剥き出し
にした。
「中村君、この際だから楽しませて貰えないかな?」
「入会ご希望でしたら、構いませんが…」

 「勿論入会するよ。まずは、女医さんの診察を受けてからだな」
「折橋君、診察を始めてくれ」その言葉に、洋子は震える手で勃起した肉竿を軽く握りしめ、擦りだ
した。
「気持ちいいや。本当に女医なのか?」手を伸ばし洋子の乳房を揉みだす。
「正真正銘の女医さんです。それにこちらも本物の看護婦ですよ」
「そうか、本物か…」空いた手が奈美の乳房を揉みだす。
(イヤ、触らないで下さい)作り笑顔で堪えている。

 洋子が肉竿を擦っていると「特別会員はないのかな?」と言い出す。
「特別会員ですか、今は考えておりませんが…」
「ぜひ、作ってくれよ。特典として、こんな事がやれるように」洋子の背中に回り、後ろから抱き付
いた。
「イヤ、セックスはイヤです!」淫裂に押し当てられた肉竿を掴み侵入を拒む。
「これはセックスじゃないぞ、診察だ」
「そんな、診察だなんて…」洋子の力が抜けていく。
「その通りだよ。これは診察だ」肉竿が淫裂に入り込んだ。

 「ヒ~。乱暴にしないで下さい。痛いから、ゆっくり…」顔を歪め、膣の痛みに耐えている。
「なあに、痛いのは最初だけだ。次期に気持ち良くなるよ」なおも、肉竿を押し込み、乳房を揉んで
いく。
それには「あ。あ~!」呻き声を上げながら、両手で机を押さえている。
それを見ている奈美は(治療じゃないわ、これは売春よ、手の混んだ売春だわ)唇がブルブル震えて
いた。

 そんな奈美に、お構いなしのお客はピストンを始めていく。
「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響いている。
「気持ちいいよ、本物の女医とのやれるとは夢みたいだな」満足そうに腰の動きを早めた。
そして、動きが止まった。
「奈美、お前の口で治療だ!」
「そうか、オ○ンコではだめか。仕方ないな、仕上げは看護婦の口だな」膝を付けた奈美の口に爆発
寸前の肉竿を押し込んで、腰を振りだす。
「ウ~!」咽奥を突き刺す肉竿に、呻き声しか上げられない。
(イヤ、口に射精なんてされたくないのに…)イヤでも、中村が言うからにはやるしかなく、ゆっく
りと、奈美は頭を振っていく。
「いいよ、上手だよ」上擦った声で乳房を握りしめた。
(オッパイはイヤ。そんなに乱暴にされると、痛いのよ)痛みに耐えて、頭を動かし ていく。
スポンサーサイト

▲Page top