FC2ブログ

「逮捕しちゃう!」第34 話 剃毛の入札

 早苗が辞表を出すと、正樹が早苗の部屋に越してきた。
「これから一緒だね?」「ええ、一緒よ」笑顔の2人だ。
正樹は、昼間は写真を撮ったりし、夜は神田の店を手伝う事になっていた。
それに、早苗は神田の当番も免除され、正樹専用になっている。

 越して、荷物の整理が終わらない内から「早苗、欲しいよ!」早苗の服を脱がしていく。
「今はダメ。夜になったら、一杯していいから…」
「待てないよ。今やりたい!」早苗を全裸にすると、自分も脱いで、抱きつき「あ、あ、あ~!」昼
間から喘ぎ声を出させていた。

 早苗は、正樹と抱き合うと家事を済ませ、夕方から一緒に店を手伝っている。
店に入ると、婦警の制服を着るが、早苗のは裾が長く、胸のボタンも多く、手が入らないように、な
っている。
それに、ブラジャーにはパットを入れて、ガードしていた。

 「早苗、似合うよ!」「ありがとう!」笑顔で話す、正樹と早苗に、神田もイライラしている。
それを見抜いたのか「神田さん、行こう!」郁恵が2階に誘い、ズボンを引き下げ「オ○ンコしたい
んでしょう。私もしたいの…」肉竿を口で擦っていく。
「そうなんだ。溜まっているから、やりたくて…」郁恵の制服を脱がし、下着も脱がして全裸にした。

 「今日は、溜まっているから、何回もやるよ!」
「期待してるわ」その言葉通りに、神田は郁恵の膣奥で、2回も噴射した。
神田は、郁恵のお陰で晴美や聖子に手を出さなくなったが、反対に、聖子や晴美は寂しさを感じてい
る。

「友和が相手しないと、寂しいわ」聖子は寂しさを紛らわすため、清子の店を訪ねた。
清子も、久しぶりに会う聖子と話が進んで「新しい事ないかしら?」相談した。
「ショーね。あまり過激なのは警察がうるさいから、お客が自分でやれるのなら、いいかもよ」
「そうね。本番はまずいけど、オ○ンコ見せるのはどうなんだろう?」

 「それも、まずいと思う。ヘアくらいなら、いいかも知れないけど…」
「だったら、ヘアを客に剃らせるのは、どうかしら?」
「いいかもね。意外と受けるかも。でも、剃らせる子っているかしら」
「それが問題ね。パイパンにされたくないし…」そんな事を話していると「そうよ、あの4人よ。あ
の子を貸してくれないかしら。それに、聖子もやってよ!」
「イヤよ。男の前で、オ○ンコ見せたくないし…」
「やろうよ、私もやるから。顔は隠せばいいし!」乗り気の清子に、聖子は従うしかなかった。

 聖子は神田にも告げると「まずいな。早苗は無理だよ」難色を示したが「正樹になんとかさせるか
ら…」と言って承知させた。
聖子から言われた正樹は、当然嫌がったが、生活費で世話になっているから、断り切れず、自分が立
ち合い、顔を隠す事で承知した。

 剃毛は、土日の2回、清子の店でやる事になった。
始めは、早苗と幹子がやり、土曜日には、清子の店の制服を着ている。
それに、マスクも被って、誰だかはわからない。
              婦警2

 2人は、慣れた手つきで、店の中を回り、9時近くになって、ショーが始まった。
司会の言葉で、2人の他に聖子も並んでいるが、マスクを被っているから、誰が誰だかは、わからな
い。

 「それでは、準備して下さい!」司会者の言葉で、3人は服を脱ぎだした。
(恥ずかしいわ。大勢の前で脱ぐなんて…)初めて、ヌードを晒す聖子は足が震え、夫の見守る前で
脱ぐ早苗も、緊張して震えている。

 3人が服を脱ぎ、パンティ、ブラジャーと脱いで、乳房と絨毛を露わにすると「まずはこちらです、
1万から!」聖子が呼ばれ、中央に立たされると、両手を後ろで組み、全裸を客に晒した。
「ヘアは多めです。1万以上はいますか?」司会の声に「1万5千!」「2万!」と値が吊り上がり
3万で停まった。

 「はい、3万です。早速、剃って貰いましょう!」司会の声に、男は聖子の絨毛をハサミで切り、
それからムースを吹き付けてから、剃りだした。
それを、客は「俺もやってみたい…」面白そうに眺めているが、絨毛が取り払われ、聖子の淫裂が露
わになった。
(性器を、男に晒すとは…)割れ目から、はみでた2枚の肉襞も揺れている。

 「はい、綺麗なパイパンになりました。次はこの子です」早苗が聖子と入れ替わり、立たされ、正
樹も真剣に見ている。
「はい、1万からです!」司会の声で、値段が吊り上がり「4万!」で停まった。

 「はい、4万です、こちらへ!」男が立ち上がると(正樹さんがやるんだ!)立っている早苗は驚
いた。
「まずは、短くして下さい」司会者に従い、絨毛を短くすると、カミソリで剃った。
剃り終えると、正樹は淫裂を撫でるが「今はダメ。帰ってからしましょう…」小さな声で言う。
それに頷き、席に戻ると、幹子の入札が始まり、4万で絨毛が剃られた。

 絨毛を剃られた3人は、服を着込むと、神田の店へと向かう。
「姉貴、どうだった?」真っ先に、神田が尋ねると「恥ずかしかった。オ○ンコを見られたのよ、今
夜は飲むからね」興奮している。
「私も恥ずかしかった。だって、正樹さんが剃るんだもん」
「俺はよかった。早苗のオ○ンコを、じっくり見られたし…」

 「だったら、家でやれば。何も、お金を払う事ないわよ」
「そうよ、剃りたかったら言って。剃らせてあげるから」早苗の顔が、赤らんでいる。
「明日は、有紀と、克子か。俺も剃ってみたいな…」
「やめて、剃るなら2人だけの時にして。人前ではやられたくないの」拒む2人だ。

 「仕方ないな。清子さんならいいよね?」
「それなら、構わないけど…」
「決まりだ、俺も明日やるぞ!」乗り気の神田だ。

 その夜、聖子は酒を飲んだから、神田の部屋に泊まった。
「姉貴、パイパンオ○ンコ見せて!」酔った聖子の服を脱がし出す。
「見るだけよ。チンポ入れちゃ、ダメだからね」拒まず、パンティを自ら下げた。
「これが、姉貴のオ○ンコか…」綺麗な肉襞が、膣穴を囲んでいた。

 「これが、オ○ンコだね?」指を膣穴に入れて、掻き出した。
「ダメ…。そんな事したら、やりたくなっちゃう…」指に合わせて腰が動く。
神田は膣を掻きながら、乳房も露わにした。
「オッパイはダメ。オ○ンコだけよ…」喘ぎながら言うが、乳房を吸われると「あ、あ、あ~!」神
田を抱きしめた。

 「姉貴、いいだろう。やろうよ!」
「いいけど、お腹には出さないで…」聖子が承知すると、肉竿を露わにして、淫裂に押し込んだ。
「いいわ、凄くいい!」
「俺もいい。パイパンでやるのは、初めてだし…」2人の欲情が盛り上がり「クチャ、クチャ!」淫
裂から音が出ていた。

 同じように、早苗も「もっとして。恥ずかしかったから、もっとして…」喘ぎながら淫裂を突かれ
ている。

 翌日の夜、神田は言葉通りに、清子の店にいて、入札に加わっていた。
「2万!」「3万!」と値が付き、神田が3万で清子の絨毛を剃っていく。
「これは、面白いや。内でも、やりたいな」満足そうに清子を剃り上げ、淫裂を撫でた。
「剃るだけよ。恥ずかしいから、触らないで…」清子も、無毛の淫裂は恥ずかしいのか、震えていた。

 清子が終わると、有紀が入札に掛けられ、一番若いせいか、値が上がり、5万で落札され剃られた。
最後の克子は、4万で落札され、無毛の淫裂にされると、神田と一緒に店に戻ったが、興奮は収まっ
てない。

 「克子、どうだった?」
「恥ずかしかったけど、なんか変な感じだった…」
「そうなのね。恥ずかしいけど、気持ちよかったし」
「剃ってる俺も、興奮してよかったよ。内でもやってみようか?」
「無理よ。生えるまで、3ヶ月は掛かるのよ。それに、知らない人に剃られるのは、イヤだし…」

 「そうよね、人がいないから無理よ。それに、警察が、なんて言うか!」
「それよ。それが一番怖いわ」皆が、そう言うので、店ではやらない事にしたが「でも、剃りたい。
毎月交代で、俺にやらせてくれよ!」
「神田さんが剃るなら、仕方ないわね…」
「そうね。人に見られる訳でもないし」
「ありがとう、楽しみが増えたよ」3人が承知した。

 「そう言えば、郁恵さんは、剃ってないわよね?」
「そうなの。だったら、今から、ここでやろうか?」
「いいね。店は閉めたから、やろう!」神田が言うと、郁恵はスカートを脱ぎ、パンティも脱いだ。

 「郁恵さんのは、びっしり生えているね」ハサミを持って神田はカットし出す。
「そうかもね。手入れしないとダメなのは、わかっているけど…」
「だったら、俺が手入れしてやる。お礼に、オ○ンコして!」
「それなら、お願いするわ」ハサミをカミソリに変えて、神田が剃り、無毛にした。

 「はい、終わったよ。オ○ンコしよう!」
「いいわよ。見られながらも、面白そうだし…」テーブルに腰を降ろし、仰向けになってから、足を
開いた。
「オ○ンコ、丸見えだ。興奮してきた…」ズボンを引き下げ、肉竿で郁恵を突き出すと「いいわ、久
しぶりにいい…」淫汁が流れていく。

 「郁恵さん、暫くやってなかったしね」
「そう、気持ちいい…。オ○ンコに出してもいいわ…」
「それだったら、出すよ」肉竿のピッチをあげて、登り切ると噴射した。
「射精したんだ…」皆が見守る中で、淫裂から精液が流れていく。
「郁恵さん、大丈夫?」
「大丈夫よ。安心して」何故かは言わないが安心だという。
「それならいいけど…」早苗達は心配だった。
スポンサーサイト
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索