「逮捕しちゃう!」第36話 新家族(最終話)

 有紀と信吾は、次第に仲良くなって、性行為もしていた。
有紀がアパートに戻ると、信吾が待っていて一緒に部屋に入ると、抱き合っていく。
「いいわ、凄くいい…」本心から信吾に燃え、淫裂を突かれていく。
「出すよ、出すから!」
「ダメ、まだ産みたくない!」叫んでも、膣奥には暖かい液体が漂っていく。

 「出しちゃった…」申し訳なさそうに肉竿を抜くと精液が流れ出した。
「あれ、もうないのよ。明日飲まないと危ないわ」
「出きたって、いいじゃないか、産めばいいよ。そうしたら、一緒に住もう!」
「産んでもいいの。それなら、もう飲まない!」妊娠を覚悟した。

 そして、有紀と信吾は婚約したが、幹子と克子が元気がない。
「私も、お嫁に行きたい…」2人の幸せそうな顔を見ていて、羨ましく思っている。

それは、聖子と郁恵もわかっており「何か、いい手はないかしら?」考えていた。
そんな時、幹子と克子が、仕事で1週間程いなくなる事になって、郁恵と晴美で神田の処理を、しな
ければならなくなっている。

 精力の強い神田は、仕事前に郁恵や晴美と抱き合っているが「もう無理よ。体が持たない…」限界
になっている。
晴美も「このままでは、体が持たないわ。早く何とかしないと…」そう考えて、神田と幹子を一緒に
させようとした。

「それだと、克子が残ってしまう…」心配する聖子に「交代すればいいのよ。1年置きに克子と幹子
の籍を、入れ替えればいいのよ」名案だった。
「それ、いいわね。2人で処理して貰えれば、相手しなくてすむし」笑顔の2人だ。

 聖子は1週間後、アパートに戻ってきた2人に、そのことを話した。
「そんな、交代でやるなんて!」2人が難色を示すと「イヤならそれでもいいの。写真は入れ替え前
に撮ったのを、飾らせてもらうわ」脅しに掛かる。
それには「お願い。そんな事されたら、首になってしまいます」泣き出してしまった。
「泣いたってダメよ、交代で友和の妻になるわよね?」そう言われれば「はい、妻になります…」と
答えるしかない。

 「良かった。これで解放されるし…」聖子は笑顔になっている。
2人が承知すると「本当にいいんだな?」神田は、信じられないといった顔をしている。
「はい、2人で相手をします…」承知した。
「わかった。もう、人前では裸にはさせないからな」神田も納得している。

 2人が、神田の妻になると決めると、毎晩、神田の部屋で裸になっていく。
「今年は、どっちが先だ?」
「私が先です…」幹子が先に抱かれて淫裂を突かれて、神田が仕上げに入る頃になると「もう無理、
膣が痛くて無理です!」交代し、克子が馬乗りになって腰を振っていく。

 「克子、出すからな!」神田は腰を押さえて克子に噴射した。
「出来ちゃいます。薬は、もうないんです!」
「出来たら産め。来年は克子が妻だし…」平然と言うと「そうします…」淫裂から漏れ出た液体を拭
くだけで、洗おうとはしない。

 それが続けられたから、当然克子は妊娠して「できちゃいました…」泣き声になっている。
「泣く事ないだろう、俺の子だし。仕事は辞めた方がいいな。籍はいれるからな」すぐに克子を籍に
入れて婦警をやめさせた。
それから数ヶ月後に、神田と克子の結婚式が内輪で行われ、形式では夫婦になっている。

 だが「幹子、お前も産むんだぞ」神田は幹子を相手にしていた。
そして、夜になると克子と幹子が婦警の制服を着て「オッパイ触ったわね、逮捕しちゃう!」客の手
を押さえている。
「面白いね。だったらここも触らせて!」パンティの上から淫裂を撫でられ「オ○ンコは重罪よ、即
逮捕!」手を押さえている。
                婦警1

 だが、有紀と早苗が店にはいない。
有紀は、信吾と一緒になって清子の店で働いていたし、早苗は子供から手が離せないから、アパート
にいる。
店は1時で終わり、アパートに帰ると「克子、もうやめて早苗と変わろう、無理しちゃダメよ。子供
も、夜だけ見ればいいし」皆に言われて、克子と早苗が入れ替わって、仕事する事になった。

 そして「幹子、まだなのか。産んでもいいよ」四つん這いにして、神田がピストンしていく。
「産むわ。今日は危ない日だから、きっと出来ると思う…」
「頼んだよ!」肉竿のピッチをあげて、噴射していく。
「いいわ、凄くいい…」淫裂から、精液が垂れているが、拭こうとはしない。

 「神田さん、満足した?」
「ああ、幹子が良かったから、今日はいいよ」本来ならば、克子が手で肉竿を擦るはずだったが、せ
ずに済んだ。

 そして、1年が過ぎ、神田は克子と別れ、幹子と一緒になっていた。
それは、籍だけで3人は一緒に暮らしている。
「克子。たまには、やろうよ!」幹子が言うと「あれね。仕事前にいいわね」神田が見ている前で服
を脱ぎ、全裸になると抱き合った。

 「いいわね。新鮮でいいわ」「昔を思い出すわ」2人は本気で、乳房と淫裂を撫であったり、吸い
合ったりしている。
「俺も、いいだろ?」
「いいわよ。あれ、飲んでいるから、出してもいいわ」今度は神田も加わり、3人で抱き合った。

 それが済むと「幹子、お願いするわね」「いいわよ、任せて」幹子は3人の子供を預かり、早苗と
克子が神田と一緒に店に向かう。
開店準備を済ませ、店を開けると「今日はお客だからね」聖子が男と一緒に現れた。
「何だ、見せてくれるね。婚約者を連れてくるなんて!」
「いいじゃないのよ。今日は客だから」

 「お客なら、文句は言えないな。こちらへどうぞ!」正樹がテーブルへ案内し、酒を飲んでいると、
次々と客が入って来た。
それを見て「友和、また来るね」聖子達は店を出ていく。
「きっと、エッチする気よ」
「郁恵さん、わかるの?」
「雰囲気でわかるわ。それよりお客よ」客の隣に座って「オッパイ触ったから逮捕しちゃう!」「オ
○ンコ触ったわね。重罪だから、逮捕よ!」と声を響かせている。

 店には、婦警の制服を着た女性が、乳房と淫裂を晒している写真があったが、それは3人の顔では
なく、ヌードモデルだった。
神田と正樹は、4人の写真は全て処分し、幹子と克子の処女を、罠で奪った事も闇に葬った。
           
 ~完~
スポンサーサイト
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。ネットでは官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
14位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索