FC2ブログ

「全裸の銀盤女王」第2話 契約書

 別荘には管理人が居るだけだった。
「旦那様、急なお越しなので食事は出来ませんが…」
「気にしなくていいよ。風呂は沸いているかい?」
「はい、言われた通りに、準備だけはしておきました」
「そうか、それなら帰ってもいいよ。明日は10時からでいいからね」高橋は管理人を帰して、由美
と2人きりになった。

 「これからは、由美と呼ぶよ。とりあえず契約書だな」由美を抱きかかえるようにして部屋に入る
と、機材が用意されてある。
「由美、わかっているだろうな。まずは、おまえの素っ裸を撮るぞ」
「そんな。ヌードを撮られるなんて、イヤです!」
「勘違いするな。これは契約書だ。おまえの素っ裸が契約書なんだ!」
「イヤよ、ヌードにはならないわよ」
「由美、これが欲しくないのか?」高橋は、小切手とスケートリンクの予想写真を見せた。

 それを見れば、由美の心も揺れていく。
(誰にも見られなければ、平気だし…)決心したのか「脱ぎます。ですから誰にも見せないと、誓っ
て貰えますか?」
「当然だよ。これは、契約書だ。誰にも見せないから、安心しろ」撮影用のライトを灯した。
高橋の言葉に由美は安心したのか、強ばった顔をしたまま服に手を掛けた。

 それを見て、高橋はカメラを構えて、スイッチを押していく。
「約束ですよ、ヌードは秘密だって!」
「わかっている。急いでくれ!」催促に手の動きを速め、スーツを脱ぎ、下着姿になった。
 
 由美が下着姿になると「パンツを膝まで下げろ!」注文が付けられる。
由美は言われた通りに、白いパンティを膝まで下げて、女性のシンボルを露わにした。
「いいね、顔も上げて!」由美は、股間の絨毛を晒してカメラを見つめた。
(ヌードを撮られるなんて、恥ずかしい…)顔を強ばらせ、太股を震わせている。

 そんな由美を、高橋が遠慮なく撮っていく。
「ブラをずらして、オッパイも出すんだ!」言われるまま、ブラジャーを持ち上げて、両乳房を露わ
にしていく。
「恥ずかしい。どうせなら全部脱がせて…」声まで震えている。
「もう少し、撮ってからだ!」聞き入れずに、スイッチを押しまくる。

 「よし、全部脱ぐんだ!」その言葉に、脱ぎかけたパンティ、ブラジャーと脱いで、全裸になると、
またカメラの前に立たされた。
高橋はいろいろとポーズを取らせて「座るんだ」椅子に座らせる。
 
 「由美、今度の選挙で懲りたか?」
「はい、もうこりごりです…」
「それなら、反省の坊主になれ!」
「許して、坊主なんてイヤです!」それには泣き出した。

 「坊主は頭だけじゃないぞ。オ○ンコを坊主にするんだ!」
「ヘアを剃れというのですか?」
「そうだ、パイパンオ○ンコを撮らせろ!」
「そんな、性器を撮るだなんて…」
「やらないなら、契約しないとみなすぞ!」
「イヤよ、ヌードになったのよ。今更、引き下がれないわ」
「だったらやれ、そこに置いてある」

 (やるしかないわ。ヌードが無駄になってしまうし…)仕方なく、由美は準備を始めた。
「やれ!」合図が送られた。
由美は椅子に座わったまま足を広げ、絨毛にハサミを入れて切り出し、その様子を高橋が撮っていく。
(こんな事になるなんて。立候補しなければ良かった…)後悔しながら、絨毛もカットしている。

 (恥ずかしいわ、性器が剥き出しになるなんて…)短く切ると、スプレーを吹きかけ、カミソリで
剃っていく。
「ジョリ、ジョリ!」カミソリが動き出すと、絨毛が根本から消え、赤黒い地肌が現れた。
更に、ピンクの淫裂も覗き、それを逃すまいと、高橋がスイッチを押し続けた。
やがて、股間の絨毛が全て消えて、ピンクに割れた淫裂が露わにされた。

 「足を開け!」
「お願い。性器だけは撮らないで下さい…」両手で股間を押さえている。
「だめだ、手を退けろ!」聞き入れない。
「わかりました。撮って下さい…」項垂れ、股間から手を退けると、少女のよう
になった淫裂が晒わになっている。

 「由美。こっちを向け、オ○ンコと一緒に撮るから」言われればやるしかない。
仕方なしに、顔を上げてカメラを見つめると、スイッチが押された。
(撮られた、性器まで撮られた…)両目からは、涙が流れていく。
それでも、高橋はカメラのスイッチを押し続け、ポーズも取らせる。
              4-37.jpg

 「さてと、撮るのはこれくらいにして…」やっとカメラを置いて脱ぎだし、全裸になると由美に抱
きつく。
「優しくして。乱暴はイヤです!」
「俺には変わった趣味があってな。好きなようにやらせろ!」由美をレイプ同然に扱って、淫裂に肉
竿を押し込んだ。
「い、痛い…」顔を歪めた。

 「違うだろう。『気持ちいいから、もっとやって』だろう?」乳房が鷲掴みされる。
「き、気持ちいいです…もっとして下さい…」
「それじゃ、わかんないな。正確に言え!」乳首が指と指の間に挟まれ、潰されていく。

 「き、気持ちいいです。ですから、もっと、セックスして下さい…」
「セックスじゃない、オ○ンコと言い直せ。由美の好きなオ○ンコとも言え!」
「気持ちいいです…由美の好きなオ○ンコを…もっとして下さい」言い終わると涙の量が多くなって
いく。
 
 「由美は、オ○ンコされるのが好きか?」
「はい、オ○ンコが大好きです…」
「今まで、何人とやった?」
「3人です。3人とオ○ンコしました…」
「相手を言え!」
「許して下さい、それだけは許して下さい…」声を上げて、泣き出した。
「仕方にないな。勘弁するから、四つん這いになれ!」由美は四つん這いにされた。

 (イヤ、こんなセックスはイヤ!)嫌って、拒んでいた体位だ。
プライドの高い由美にとっては、屈辱以外、何物でもなく、高橋は由美を辱めている。
「体の奥まで入ってくる…」肉竿が、淫裂深く入り混み、呻き声を上げた。
「由美、気持ちいいか?」
「はい、凄くいいです…」心にないことを言いながら(終わって、早く終わってよ…)終わりを待っ
た。

 その願いが通じたのか、子宮の中に暖かい液体が漂いだす。
「出したぞ、わかっているよな」肉竿を抜くと、淫裂からは白い液体が、流れていく。
それをカメラで撮り出した。

 「ダメ、性器はイヤです!」射精された性器を撮られるのは、女性なら誰でもイヤだ。
「ダメだ、撮らせろ!」手を退け去られ、液体が流れ出る淫裂をカメラに収められた。
(こんな事になるなんて…)おだれられて、立候補したことが悔やまれる。
 
 射精された由美は、高橋と一緒に浴室に向かった。
「いいか、これからは俺の言う通りにするんだ。そうすれば、リンクをお前にくれてやるぞ」
「約束ですよ。私の体を奪ったんですから…」
「違うだろう、奪ったんじゃなくて由美が望んだ事だろう?」いきなり、乳房を鷲掴みした。

 「そ、そうでした。私がセックスを頼みました…」
「好きなんだろう、オ○ンコが?」
「はい、オ○ンコが大好きです…」屈辱な事を言わされる。
「それでいい。これからも、そうやるんだぞ!」やっと手を退けた。

 (どうしてこんな恥ずかしい事を言わせるのよ。私を虐めたいの?)泣きながら歩いて浴室に入っ
ていく。
「由美、オ○ンコを洗えよ」
「わかっています…」丁寧に淫裂を洗い、精液を流し出してから浴槽に入り、浴室で体を洗った2人
は、また抱き合った。
 
スポンサーサイト
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索