「淫らな願望」第9話 妻の交換

第9話 妻の交換

 田辺は、知美の服を脱がしに掛かった。
「う~!」抵抗しても堀越に押さえられて、下着姿になっていく。
「奥さん、真っ先にこれから行きますよ」パンティが掴まれ引き下げられていく。
(イヤ、そこはイヤです!)直子のカメラが気になっているが、無毛の淫裂が露わにされた。

 「いいですね。こんなオ○ンコも…」足首からパンティを脱がすと、撫でだしたが(イヤ、触らないでください!)腰を振って逃れていく。
「まあ、いいか。最後の仕上げと行くか」田辺は、知美の縛ってあった腕を解いて、腕に絡まった服とブラジャーを脱がして、生まれたままの姿にして行くが堀越も押さえている。

 「いいですね、この乳が…」揺れ動く乳房を揉みながら乳首を吸うと、呻き声のように「うっ!」と声をあげて動きを停めている。
それを見て「奥さん、敏感ですね。次は本気ですからね」いよいよ服を脱ぎだした。

 知美は夫の前で、田辺と行為を見られたくないから抵抗するが、当の堀越に押さえられているから手足をバタバタするだけだ。
「奥さん、そんなに怖がらなくてもいいですよ。気持ちよくしますから」その間にも服を脱ぎ終えた田辺が抱きついた。

 すると、抵抗が強まるが「知美、大人しくオ○ンコするんだ!」堀越も押さえた手に力が入っていく。
(放して、手が痛いのよ)首を振ってやめさせようとするが、淫裂には肉竿が押し当てられている。

 (入れないで、お願いだから入れないで!)逃れたいが肉竿は、狭い膣を押し広げながら入り込んでいく。
「う~!」痛みに顔を歪めるが、田辺は腰を密着させて、全てを押し込むとピストンを始める。

 (動かさないで。まだ痛いのよ!)知美は乳房を掴まれながら、されるがままにしていると見ていた堀越も、今まで味わったことのない興奮に襲われている。
(知美がレイプされているのに、興奮するなんて…)肉竿が膨らみきっている。

 その事は、知美にもわかっている。
(私がレイプされているのに、興奮しているなんて…)膨らみきった股間が見える。
「奥さん、本気でやるからね!」田辺は肉竿の動きを速めた。
(ダメ、そんなのダメ~!)首を激しく振るが、淫裂は歓迎して淫汁が溢れだした。
「気持ちいいだろう、乱暴にオ○ンコされるのも…」乳房を揉みながら腰を振り続けるが首を振るだけだ。

 田辺は淫裂が濡れたのを確認すると、駅弁での結合に切り替えた。
(放して。こんなのイヤです!)抱きかかえられた。
「手を放すと危ないよ。しっかり、掴まっているんだ!」太股を抱えたまま腰を動かし出す。
(オチンチンが、子宮の奥まで突き刺していく…)胎内深く突き刺す肉竿に「う~!」呻き声を上げたが肉竿は動きを停めない。

 そればかりか「堀越さん、一緒にしませんか?」肛門に入れるよう催促した。
「そうですね。私も仲間に入れて貰いますか…」黙ってみていた堀越も下半身を剥き出しにして知美の肛門に肉竿を押し当てた。

 (やめて、お尻なんてイヤです!)拒んでも抵抗することができず「う~!」入り込んだ肉竿に呻き声を上げるだけだ。
「気持ちいいよ。知美をレイプするなんて!」背中に密着し、乳房を揉みながら興奮しながら、なおも押し込んだ。
             09.jpg

 「堀越さん、一緒に行きますか?」
「そうですね、行きましょう」二つの肉竿が知美の体を突きだした。
(やめて。こんなのイヤです!)首を振るが、今まで味わったことにない感触に膣の中はビショビショに濡れている。

 堀越も指の間に乳首を挟み、潰していくと知美は体を反らせて、呻き声を上げていくが(気持ちいいわ、お尻にされても感じる…)淫裂からは淫汁が滴り落ちている。
やがて、二つの肉竿が動きを速めて絶頂を向かえた。
(射精だわ、お尻と膣が暖かい…)知美の腕の力が抜け、抱えられながら降ろされたが「ハア、ハア!」と淫裂と肛門からは白い液体を流したまま余韻に浸っていた。

 暫くして、知美は堀越に抱かれて浴室に連れ込まれた。
「知美、洗ってやるぞ」シャワーで淫裂と肛門が洗われていく。
「知美、凄く良かったよ、またいいだろう?」
「いやよ。もう、こんな事しないで!」口では言うが(気持ちよかったわ。一郎さんの前でレイプされると、感じるなんて変態かしら?)満足していた。

 2人が汚れた体を洗って戻ると、田辺夫婦は撮ったばかりのビデオを再生していた。
画面一杯に知美の淫裂が映し出され「やめて、見ないで!」慌てて立ちはだかった。
「いいじゃないか、俺も見たいし」堀越に退けられ、見させられるが(見たくもないわよ、こんなビデオ…)下を向いたままだ。

 やがて、ビデオの再生が終わり、静けさが戻った。
「奥さん、凄く良かったですよ。またお願いしますね」田辺は意味ありげに言うが、知美は黙ったままだ。

 「田辺さん。それなら、私にも奥さんをレイプさせて下さいよ」
「そんなのイヤよ、私は優しくされたいの」堀越の言葉に直子の顔が強ばった。
「直子、そうは行かないな。おまえもレイプされなと、これからの楽しみが減るんだよ」
「勝手なこと言わないで、私はイヤだからね」

 「イヤでもオ○ンコさせて貰うよ」今度は堀越が、田辺がしたのと同じ事を直美にしていく。
「イヤ、イヤです!」いくら抵抗しても、2人掛かりだから簡単に服が剥ぎ取られ全裸にされた。

「奥さん、おとなしくして下さい」堀越はイヤがる直美に抱きつくと、乱暴に乳房を揉みながら膨らみきった肉竿を淫裂に押し込んだ。
「い、痛い…膣が痛い…」無理矢理入り込んだ肉竿に顔を歪めて悲鳴も上げている。

 それでも堀越は、知美がされたように乱暴に直子を扱い、肉竿のピストンをしていく。
「ダメ…優しくして…レイプなんてイヤ…」首を振りながら逃れようとするが堀越は押さえたまま腰を振り続けて行く。

そして、直子を抱きかかえて駅弁での結合を始めたが「イヤ、お尻はイヤです!」知美がされたのを見ているから抵抗した。
「直子、おとなしくするんだよ」田辺の肉竿が肛門から突き刺していく。

「イヤ、お尻はイヤ。お願いだから膣にして…」泣きながら言うが肉竿は根本まで入り込み、二つの肉竿がピストンしていく。
「ダメ…抜いて…」直子は体を震わせているが、肉竿は動かし続けて噴射した。

スポンサーサイト
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。ネットでは官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索