FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「夏の嵐の後で」第13話(最終話) 真相

第13話 真相
 
 それから数年後、奈々達は英二の運転で、軽井沢の別荘に避暑に出かけた。
「あなた、忘れ物があるの。町まで送ってくれない?」
「いいよ。お母さん、ちょっと行って来ますね」
「お願いするわ、英二さん」2人が町に出かけると洋子は1人で荷物を片づけていく。

 すると「奥様、植木屋さんがお見えです」メイドが声を掛け「わかった、今行くわ」洋子は玄関に出て、その植木屋の顔を見て洋子は強ばった。
「これは奥様、お久しぶりです。あの木もうまく根付きましね」
「ええ、うまく根付きました…」

 「でも、驚きましたよ。旦那さんが、あんな事をさせるなんて。名演技だったでしょう、これでも役者崩れでしてね」
「役者崩れですか?」
「あれ、旦那さんから聞いていませんでしたか。あの演技で、夫婦生活も戻ったみたいですね、こんなに可愛いお子さんも出来て」

 「そうね、お陰で助かったわ…」
「それにしても、大変でしたよ、台風が来ているのに、植え替えをしたんですから。あんな事は初めてでしたよ」
「申し訳、ありませんでした」
「でも、若奥さんのオッパイが見られたし、文句は言えませんよ」

 「もう忘れて、あの事は。対面がありますし…」
「当然です。それより、あそこにお子さんの記念樹を植えてはいかがでしょう?」
「そうね。いいの、あるかしら?」
「任せてください。今は無理ですから、来春植えておきますよ」
「お願いするわ」それを告げると植木屋が帰っていく。
「そんな、あれが芝居だなんて。奈々は英二さんを愛しているし…」困惑していた。

 やがて、奈々と英二が戻ってきた。
「お母さん、戻りました」
「大変だったわね、奈々の後始末で」
「僕の妻ですから当然です」英二は笑顔で答えていた。
 
 その夜、奈々が風呂に入っている間に、洋子は昼間の事を英二に尋ねた。
「来ちゃったんですか、植木屋が!」だが、英二は悪びれる様子もない。
「どうするの、これからは?」
「どうもありませんよ。奈々を離す気にはなりませんし…」
「でも、私腹の虫が治まらないの。あんな、恥ずかしい事をさせられたのよ」
「これからは、僕達と一緒に楽しめますよ」英二は、ネグリジェのボタンを外して乳房を掴んだ。

 「ダメ、奈々が来たらどうするのよ。だめ!」それでも、洋子のネグリジェが脱がされ、乳房が露わになると掴まれ、乳首も摘まれた。

「私が欲しいの、英二さん?」
「はい、欲しいです。奈々と洋子さんを、いつまでも欲しい…」

 「わかったわ。この事は奈々には言わない。その変わり、いつまでエッチもして。それに、洋子と呼んでね」
「わかった、洋子!」
「英二さん!」洋子は英二に乳首を吸われて「あ、ああ。後でしましょう、奈々が来てから…」息が荒い。
               titimomi-115-029.jpg

 「そうですね、その方がいいかも」
「そうよ、英二さんも一緒に風呂に入って、奈々も喜ぶわよ」
「そうさせて貰います」英二は浴室に向かった。
 
 そして、生まれたままの姿で、奈々と英二が現れた。
「お母さん、今夜もするけど一緒にどう?」顔が赤くなっている。
「あら、いいわね。今夜は、二人目を作るんでしょう?」
「はい、そのつもりなんです。ですから、頑張りますよ」

 「私も手伝うわよ、これで!」洋子もネグリジェを脱ぎ、英二の肉竿を口に入れた。
「洋子!」言われた通りに叫ぶと「あなた、お母さんよ、呼び捨てにしないで!」
「いいのよ、奈々。私もエッチの時は、洋子と呼ばれたいの」また肉竿を口に入れていく。
「いいよ、洋子」

 「あなた、私にもさせて!」
「だったら、2人でしてくれ」言われた通りに、2人で肉竿を舌でなめていく。
「気持ちいい。洋子に奈々。もう我慢出来ないよ」
「して、私からして!」洋子は四つん這いで英二の肉竿を待っている。
「行くよ」「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げていく。
 
 そして、半年後、奈々は二人目の子を宿していた。
「今日は奈々のビデオだよ」大きなスクリーンに、処女喪失のシーンが映し出されていく。
「あなた、恥ずかしいわ。もっと別なのにしてよ」自分の喪失に下を向いた。
「だったら、今度は洋子を撮ろうよ。僕とのセックスで!」
「いいわよ、その変わり痛いのは無しにして」
「勿論だよ、洋子」英二は洋子に抱き付いていく。
「いいわ、凄くいい!」肉竿がピストンを始め、もう蜜を流している。

 スクリーンでは奈々の淫裂から真っ赤な鮮血が流れている。
「あなた、産み終わったら、一緒に撮ってね」
「わかっているよ、奈々」そして、部屋の中に悶え声が響いていった。
 
                                         ~完~
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

最近の記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん