FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「淫欲の街」第22話 ダンスの練習

第22話 ダンスの練習

 「やめて。妙子にそんな事しないで!」それを、見ていた美香が叫んだ。
「あら、あなたもいたんだったね。脱ぐのよ、あなたもオ○ンコ丸出しになるの。1分以内に脱がないと責任持たないからね」
「わかったわよ」急いでレオタードから腕を抜き、乳房が左右に揺れている。

 そんな様子を眺めながら、妙子の淫裂に入れた指を動かしていく。
「あ、あ、あ!」妙子は眼を閉じて声を上げていく。
「美香、ごめんね。仕方ないの…」呟きながらわびている。
「わかっている。妙子…」美香も足首からレオタードを脱いで、全裸になると、生えかけた絨毛が点々としている。

 「あなた。わかっているでしょう、私を行かせるのよ。私はこの人とするから」
「わかりました…」美香は深雪の乳房を掴み揉んでいく。
「そうよ、そうなの。オ○ンコにもするのよ…」虚ろな顔をしながら、妙子の乳首を吸って「あ、あ、あ!」妙子が声を上げた。

 (イヤだけど、私もやらないと…)美香の指が、深雪の淫裂の中に入って動いて行くと「あ、あ、あ!」深雪も声を上げだした。
「もっと、奥に入れるのよ!」美香の指が、根本まで入り膣の中を動いていく。
yubiman.jpg


 「いいわ、凄くいい。お巡りさんと一緒に行こうね」妙子の膣に入った指が、2本になった。
「ダメ、指は1本よ。それ以上はイヤ!」深雪に乳首を吸われ、拒みながらも淫裂からは淫汁が流れていく。

 「妙子、我慢して。私も頑張るから…」美香の指も2本になって、深雪の淫裂を動いていき「ん、ん、ん!」深雪も淫汁を流している。
「ダメ、行くわ、一緒に行こう…」深雪は絶頂に昇りつめた。
そして「だめ、もうだめ!」ヘナヘナと座り込む。

 「妙子、大丈夫だった?」
「美香。美香と行きたい!」
「わかっているわ、妙子」勤務時間にも関わらず、2人はお互いの乳房と淫裂を触り合い、そして「行く、行く~!」「私も行く!」2人もグッタリして動かなかった。

 楽しんだ2人は、シャワーを浴びると城東署に戻り「課長、戻りました」と報告していく。
それを済ますと職場に戻るが「ねえ、どうだった?」同僚達が興味深げに尋ねてきた。
「どうも、こうもないわよ…」うんざりした顔で答えていた。

 翌日も2人は、深雪が待つカルチャーセンターへと向かった。
「待っていたわよ。今日からはヌードよ、フルヌードでの練習するわよ」
「そんな事出来ません。見られたら困ります…」妙子と美香は顔が震えている。
「イヤでも、やって貰わないと困るのよ。お二人さん!」声を上げると、輝男が現れ、輝明もいた。

 「お願いですから、ヌードは許して下さい…」頼み込んだが「そうは行かないよ。こっちだって、準備してきたんだからな」バックからビデオを取りだした。
「これ以上、ヌードは撮らないで下さい…」

「今更、何言っているんだ。脱がないなら、オ○ンコビデオが、どうなっても知らないからな!」決まり文句が出た以上、逆らえない。
「わかりました。ヌードになりますから、誰も入れないようにして下さい…」
「わかっているわよ。早く脱いで!」深雪はドアに鍵を掛けた。

 それを確かめた妙子と美香は制服のボタンを外していく。
(撮っている。制服を脱ぐのを…)顔が横を向くと「ダメだ。笑顔になって脱げ!」仕方なくカメラを見つめながらボタンを外して制服を脱いだ。

 「そうよ。次は帽子よ!」深雪が2人に注文を付けた。
(何で、あなたに指示されないといけないのよ!)怒りを抑えて、帽子を脱ぐと、妙子と美香の顔がハッキリ見える。
「まずは、ネクタイよ。次がオッパイ、最後が恥ずかしい部分よ」ニヤニヤしながら指示していく。

 それに従い、ネクタイを外し、ワイシャツのボタンを外すと、白いブラジャーが見えてきた。
「いいね。清純そうなお巡りさんも…」相変わらず、輝男親子がビデオで撮っている。

 ボタンを外し終わると、胸を広げて上半身は白い小さな布しかない。
その布の支えを外し、肩から下げると、白い膨らみが見えてきた。
「お願い。ビデオだけは撮らないで下さい…」

 「ダメだ。脱がないなら、オ○ンコビデオがどうなっても、知らないからな!」決まり文句に、両手を下げて乳房を3人に晒していく。
「う、う、う!」嗚咽を上げながら、手を退けると、恥ずかしいのか、乳首が大きく膨らんでいる。

 「いいね。次はわかっているよな?」2人は黙ったまま、スカートに手を掛けた。
ホックを外し、ファスナーを引き下げると、スカートが足下に落ちて股間を包む布が現れた。
(これを脱いだら、フルヌードになってしまう…)顔を強ばらせながら、パンティのゴムを掴み引き下げていく。

 「顔を上げろ、カメラを見るんだ!」渋々顔を上げたままパンティを引き下げていくと、股間の黒い斑点が見えてきた。
「大部生えてきたわね。この次に手入れしてあげるから、そのままにしておくのよ」妙子の股間を触りながら言う。

 「そんな。また、ヘアを剃るなんて…」落胆の顔だ。
「ヘアのない方が、アレが出来るでしょう。好きなレズが!」深雪の目が輝いている。
(あなたとは、したくないわよ。美香とならしてもいいけども…)黙ったままパンティから足を抜いて全裸になった。

 淫裂には相変わらず金色のピアスが付いている。 
「脱ぎ終わったわね。始めるわよ!」深雪は体を動かし、模範を示す。
それに倣い、妙子と美香が体を動かしていくと、乳房が振り子のように、左右に揺れていく。

 さらに、足を動かす度に、ピンク色の膣が覗いて「いいね。俺もやりたくなったよ」ビデオを撮りながらズボンを脱いでいく。
(犯される…。間違いなく犯されてしまう…)横目で見ながら踊っていく。

 そして、1時間程が経ち、練習が終わった。
「いいだろう。やりたいんだ!」輝男が妙子に襲いかかった。
「イヤ。もうセックスはイヤです!」抵抗するが、輝男の肉竿が淫裂に入り込み「どれ、俺もオ○ンコだ!」輝明も美香に襲いかかった。

 「やめて。いやー!」叫ぶが美香も淫裂深く肉竿で突き刺されてしまった。
「う、う、う!」嗚咽を上げながら、2人は乳房を掴まれたまま、犯されていく。
そして、膣の中に放出されてしまい、妙子と美香は、その後シャワーで淫裂を丁寧に洗ってから、城東署に戻った。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト

アクセスランキング

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

ブロとも一覧


~ 艶 月 ~   

Japanese-wifeblog

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん