FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「妖しげな義姉と義母」第3話 射精

第3話 射精

 「母さん、出したよ」ピンクの淫裂に白い液体が着いている。
「大丈夫よ。お腹じゃないから洗えば平気よ」
「それなら、お風呂一緒に入ろうよ」
「いいわよ。でも、今回限りだかね」

 「わかっている。急ごうよ」2人は浴室に入り、浴槽にお湯を入れていく。
「母さん、背中洗うよ」
「悪いわね」庄一は石鹸を泡立てて淳子の背中に塗った。
更に手を伸ばして脇から乳房にも塗り、その後、お湯をかけて石鹸を洗い流す。

 「今度は前だよ」正面に周り、向き合うと淫裂が丸見えになっている。
(母さんのオ○ンコが見える…)放出したばかりの肉竿が膨らんでいく。
それは淳子にも見え(出したばかりなのに、もうカチカチだなんて…。拓也さんとは違う…)目を逸らしている。

 そんな淳子を後目に、庄一の手が首から乳房へ伸び、足へ移ると太股と伸びていく。
(もしかしたら、性器も…)淳子が予想した通り、太股を触っていた手が淫裂を触っていく。
「そこはいいわ。自分でするから!」

 「ダメだよ。僕がするんだ!」淫裂からはみ出した肉襞を掴み、指先で丁寧に擦っていくと「あっ、あっ!」気持ちよさそうな声を上げていく。
(母さんが、やりたがってる。でも、怒られるかも知れないし…)迷いながら膣の中にも塗っていくと「あ、あ、あ~!」背中を反らせ、声も上げた。

 「母さん。欲しいよ、オ○ンコしたいよ」抑えが効かなくなったのか、抱きついた。
「ダメ…いけない…ダメ…」口では拒んでも、庄一を抱きしめている。
「母さん、入れるよ。ここでいいんだよね?」肉竿を掴んで淫裂に当てると「待って、私がするから」淳子は腰を動かし、庄一の膝に乗った。

 「入った。オ○ンコに入った!」
「そうよ。これがセックスよ」2人は座位で結合し、ゆっくり淳子が腰を動かしていく。
「気持ちいい、母さんとするなんて…」
「私もよ。こんなに気持ちいいなんて久しぶりだわ」唇を押し付けると、口の中に舌を入れ、庄一も舌を絡ませてくる。

 「母さん。後からしたい…」
「いいわよ。でも約束して、今回限りって!」淳子が四つん這いになると、腰を押さえて肉竿のピストンを始めた。
「いいわ。凄くいい…」淫裂は淫汁で溢れ、太股を伝わっている。

 やがて、庄一も絶頂を迎えたのか「でる~!」叫ぶなり、膣の中で噴射した。
「だめ、そんなのだめ!」首を振っても淫裂からは、庄一が出した液体が漏れ出ている。
「庄一君、出そうになったら抜くのよ。できたら大変でしょう?」起きあがると淫裂にシャワーを浴びせて洗い出す。

シャワー

 「ごめんなさい。気持ちよくて、抜きたくなかったんだ!」
「それはわかるけど、ガールフレンドとやる時は、あれ、着けないとダメよ」
「勿論、そうする」庄一も萎縮した肉竿を洗い、2人で、狭い浴槽に入って体を暖めた。

 浴室で体を洗うと、リビングに戻り服を着た。
「コーヒー、冷めたけどいいよね?」
「うん、いいよ」淳子は、コーヒーを運び、それを飲んでいく。

 「母さん。さっきの奴に脅されているの?」それには黙ったまま頷いた。
「どうして、脅されているの?」
「昔、あいつに犯されたの。それに写真も撮られた…その後、男に抱かれろと言うのよ…」それだけ言うと泣き出した。

 「断ったんだね?」
「勿論よ。そんな事できるわけないでしょう。そしたら、ヌードを撮らせろと言いだして…」「撮らせたの?」
「1回だけ。恥ずかしかったけど、やるしかなかった。セックス写真を持ってるから」

 「警察には行かなかったの?」
「行けるはずないわ。犯されたなんて、知られたくないし…」
「そうか。今日が2回目のヌードだったんだ!」
「そう、セックスもしてないわ。おれ以来してないの、信じてくれるわよね?」

 「勿論、信じるよ。でも、このままだと、また来るよ」
「庄一君、どうしたらいいの?」
「僕に任せて。いい考えがあるんだ。相手の住んでる所はわかるの?」
「ここに、メモがあるわ」庄一はメモを見て「行こう、これから2人で」立ち上がった。

 2人は電車に乗って、男のところへと向かい「ここだな」チャイムを推すと先程の男が現れた。
「な、何のようだよ!」
「これから、警察に行こうと思って、挨拶に来たんだ!」

 「待て、その前に話し合おう。とにかく上がれ…」かなり動揺している。
中に入ると3人いて1人は女だ。
「この人なの?」
「そう、この人達よ」庄一は相手を確かめると「これを持って、警察に行く所だ」ビニール袋に入れたカメラを見せて「指紋も付いているから、証拠になるよ。暴行罪だと最高15年で。脅迫だと10年だったかな」言い出す。

 それには相手も「話し合おうよ。謝るからさ」相手も下手に出てきた。
「それならいいよ。どうするかが問題だが…」庄一のペースで話がまとまり、今後二度と、淳子には近づかないと約束し、前に撮ったセックス写真とヌード写真を引き渡した。
「これは預かるよ。約束を破ったら、警察に持っていくから。指紋と画像があるから立派な証拠になるし」そう言って家に戻った。

 「庄一君、逞しいわ。驚いちゃった」
「それにしても、こんな写真があったんだ!」ジッと見ている。
「もう見ないで。思い出したくないし…」
「それなら、僕が処分するよ。いいでしょう?」
「信用する。それから、今日の事は、拓也さんには秘密よ」

 「勿論だよ。それに、僕と愛し合っているのも秘密にする」淳子を抱きしめて唇を重ねた。
「愛し合ってなんかいない。セックスしただけよ。愛してるのは拓也さんだけ」泣きながら言う。

 「片思いでもいい。僕は母さんを愛しているんだ」抱きつき、胸を撫でていく。
「わかったわ。愛していいけど、セックスは無しよ」
「それでもいいよ。その変わり、毎月1回はヌードは見せて貰うよ」

 「ヌードにもなるの?」
「そうだよ。父さんに知られないようにやるから」
「そんな~。それじゃ前と変わりないわよ!」
「違うよ。体を汚さなくていいから!」淳子は目の輝きが消えていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

最近の記事

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん