FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「恥辱の農村人妻」第9話 プレゼント

第9話 プレゼント

 「今度は俺の番だ。俺にもやらせろ!」今度はビデオを撮っていた男が、育子を犯していく。
「出さないで。お願いですから、出さないで下さい!」
「わかったよ。その変わりに、口でやるんだ。いいな!」

 「はい。口でします…」育子は仰向けに寝た男の肉竿を、四つん這いになって口にくわえた。
「ほら。見えないだろう?」垂れ下がった髪の毛も捲り上げられ、ビデオに撮られていく。

 さらに、乳房も揉まれて(イヤ、こんなの撮らないで!)涙を流しながらも、口を振っていた。
「気持ちいいや。奥さんのオッパイも最高にいいしね」時折、乳首も摘み潰していくと「う!」呻き声を上げながらも、口を動かしてる。

 やがて「うー!」放出が始まり(また出された。膣じゃないから、よかったわ…)頭を上げると、糸を引いた液体が流れていく。
「いいよ。そんな顔が!」ビデオの正面を向かされ「やめて。いやです!」目を背けて口を手で拭いた。

 放出を終えると、2人は去って「どうしてこんなん事に…」泣きながらも自分で脱いだパンティを履き、ブラジャー、野良着と着込んで、元通りになった。
「急がないと!」やり残した種まきを終わらせてから自宅に帰った。

 自宅に戻ったのは11時を過ぎていて「もう、こんな時間なんだ!」野良着を脱いでから家に上がり、食事を作っていく。
できあがった頃に「遅くなったよ。ごめんな」詫びながら道夫が帰ってくると「気にしないで、仕事だもん」育子は笑顔で答えている。

 昼食を摂ると、2人は暫く体を休め「育子、この前、素っ裸で出迎えたよな。またやってくれないかな?」気に入ったようだ。
「その内にね。その内に、やって上げる!」「そうか、その内か…」呟くように言う道夫だ。

 「そうだ。忘れていた!」道夫は何を思ったのか、一旦奥に入ってから袋を持ってきて「育子、これを着てくれ」道夫が手渡した。
「あなた、何が入っているの?」袋を開け逆さにして、振ると「いやよ、こんなのなんか!」それは、この前のポルノ雑誌に載っていたモデルが着ていた服だ。

 「お願いだから、これを着てくれよ」
「イヤ、こんなの着たくない!」
「お願いだ、着てくれ。せっかく買ったんだから…」
「仕方ないわね、こんなの買って!」不満を言いながらも、服を持って奥に入った。

 育子は襖を閉めてから、着ていた服を全て脱いでいく。
勿論、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になって「イヤだわ。いくら夫婦と言ってもこんなのを着るなんて!」育子は黒いレザー製のベルトに腕を通し、胸元でベルトを止めた。

 「恥ずかしいわ。オッパイが、持ち上げられていく!」ベルトに付いていた部分が、乳房の膨らみを下から持ち上げていた。
さらに、太股にもベルトを巻き付けていくと「いやらしい。性器がよけいに卑猥に見えてしまう!」無毛の淫裂が丸出しとなって、ベルトが卑猥さを引き立たせている。
tumblr_myblo0ZJeS1suehago6_1280.jpg


 最後に黒いストッキングを履き、履き終えると襖を開けて道夫の前に進み出た。
「あなた、恥ずかしい。こんな姿になるなんて…」両手を後ろにして、顔を背けて乳房と淫裂を、道夫の目の前で晒している。

 「育子。綺麗だ。綺麗だよ」道夫はいきなり、露わになった乳房を両手で掴み、揉みだした。
「あなた、私の体が欲しいの?」乳房に顔を埋めた道夫の頭を撫でていく。
「欲しい。育子とオ○ンコがしたくなった!」

 「しても、いいわよ。私を犯したいんでしょう?」
「そうだよ。あの雑誌のように、お前を犯したいんだ!」
「やってもいいわ。でも、痛かったらやめてね」
「ありがとう。やるよ!」育子は畳の上に押し倒され、手首と足首をリングの付いたベルトで止めていくと、足首と手首が固定されて、育子は開脚したままになった。

 「あなた、きついわ。苦しいわよ」
「我慢しろ。終わったら解いてやるから」育子が動けなくなると、道夫は服を脱いで全裸になった。
「育子。これからやる事に、我慢してくれ!」道夫は育子の腰を持ち上げた。

 「やめて。いやー!」育子は頭を下にして、開脚したまま腰を持ち上げられている。
俗に言う。マングリ返しだ。
「育子。オ○ンコが見えるだろう。ここに、これを入れるからな!」

 「イヤ。こんなのイヤよ。やめて!」
「見るんだ。オ○ンコにチンポが入る様子を、見るんだ!」腰を押さえて、淫裂に肉竿が入っていく。
(膣に入っていく…。膣が、あんな風に開いていくんだ…)初めてみる光景で、自分の淫裂を見ながら、肉竿を押し込まれていくのが育子にも見えている。

 「どうだ。オ○ンコがよく動いているだよう?」
「イヤ、見たくない。こんなのは、見たくないわよ!」
「ダメだ、最後まで見るんだ。オ○ンコから、お汁が流れるのも見るんだ!」道夫は肉竿をピストンしていくと「あ、あ、あー!」快感が育子を襲っていく。

 「やめて、普通でして。恥ずかしくてイヤ。もう、見たくないわよ!」
「ダメだ、最後まで見るんだ。お前のオ○ンコだから、最後まで見るんだ!」
道夫は肉竿のピストンを早め「あん、あん、あん!」育子も悶え声を上げている。
(気持ちいい。もうすぐ、漏れてしまうかも知れない…)快感で膣の中が潤っていた。

 「クシュ、クシュ!」淫裂から音が出て(恥ずかしいわ。膣から音がしていたんだ!)それと同時に、乳白色の液体が流れ出てきた。
「気持ちいいだろう。育子!」
「凄くいいの。気持ちがいいの…」

 「わかるかな、オ○ンコから出る淫汁が?」
「見えるわ。白いのが、膣から出た淫汁でしょう?」
「そうだよ、オ○ンコ汁だ。育子のオ○ンコ汁だ!」道夫も興奮している。

 「恥ずかしいわ、もう見たくない。自分のオ○ンコなんか、見たくない!」
「ダメだ。見るんだ!」育子は自分の淫裂を見ながらの性行為に、興奮がさらに高まっていく。
(凄いわ、あんなに淫汁がドンドン流れていくなんて。恥ずかしい!)それでも肉竿がピストンしていき「出すよ、出すのも見るんだ!」放出が始まった。

 「はい、しっかり見ます!」肉竿が淫裂に食い込んだまま、動きが止まった。
「射精ね、これが射精なんだ!」肉竿が抜かれると、淫裂から精液が流れ出てくる。
「イヤ、見たくない。こんなの見たくない。お願いタオルで隠して!」叫ぶ育子に、股間にはタオルを押し当てて、両足首と両手首のベルトが外された。

 「恥ずかしい。あんなに性器からお汁を流していたんだなんて!」淫裂を拭きながら言う。
「これが普通だよ。育子ありがとう。興奮してよかったよ」
「喜んで貰えるなら、またしてもいいわよ」2人はそのまま、夜まで抱き合った。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん