FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「恥辱の農村人妻」第10話 猶予の条件 

第10話 猶予の条件 

 それから数ヶ月がった。
育子への辱めは、あれ以来無くなったが、稲の生育が心配だった。
畑のほうは順調に生育していたが、夏場の天候は思わしくなく、稲の育ちが思ったよりも悪かった。
「今年の米はダメだな。諦めないと…」稲作に慣れた石川や佐藤も、言っていた。

 不幸にも、その予想が的中して、この年の収穫は思わしくなくなかった。
そのために、収入も思わしくなく、石川や佐藤に立て替えて貰った返済計画も、無理だった。
そこで、道夫は返済の猶予を頼んでみた。

 「石川さん。立て替えて貰ったお金なんですが、この通りの有様でして…」
「そうですよね。今年は不作でしたから、返済は無理でしょうね。食べていくのが、やっとでしょう…」
「申し訳ありません。来年には、必ずお返ししますから…」

 「私は構いませんが、妻がうるさくてね。何とか説得はしてみますが…」いつもの明快な答えが返ってこなかった。
道夫は諦めて、今度は佐藤の家に出向いて「今年はこの通りでして!」頭を下げた。
「それは、うちも同じですよ。ローンの返済もあるし、大変なんですよ…」佐藤からの返事も明快ではなかった。

 道夫は途方に暮れて家に戻り「ただいま!」玄関から入ると育子が待っていた。
「あなた。ダメだったみたいね」顔を見るなり言う育子に「そうなんだ、うまく行かなかった…」そう言うなり、玄関で倒れてしまった。

 「あなた、あなた!」育子は抱き起こし「しっかりして。あなた!」「大丈夫だよ、疲れただけだ…」道夫は玄関から上がると、ぐったりした。
育子は隣の佐藤の家を訪ねて「お願いです、夫が倒れてしまいした!」
「それは大変だ。で病院へ行きましょう!」佐藤の車で、村に一つしかない病院へ連れて行かれた。

 病院に着くと診察を受け「心労が重なっていますな。1ヶ月間ここで静養させて下さい。そうすれば、元通りの元気になりますから」
「入院ですか?」

 「はい。ここは完全看護ですから、付添はいりません。こんな田舎ですが、国からの補助でやっていけるんですよ」
「わかりました。お願いします」こうして、道夫は入院し、育子は残された畑仕事を1人でするしかなかった。

 だが「奥さん、申し訳ありませんが、お貸ししたお金ですが…」佐藤が催促に来た。
「お返ししたいのは山々ですが…」育子も明快には言えない。
「私達は、奥さんの誠意が欲しいのです。体を張って返すと言うくらいの誠意が!」

 「私ができる事なら、何でもします。でも、この通りですから…」
「奥さんだから、できるんですよ。どうでしょう。奥さんが、体で返すというのは?」
「そんな。売春しろとおっしゃるのですか?」顔色が蒼白になって、唇がブルブルと震えている。

 「だったら、返す宛がおありでも。無いでしょう。ですから、私達と遊んで貰えませんか、千秋も一緒ですよ」
「えっ、千秋さんも御一緒にですか?」
「そうですよ。もし、一緒に遊んで貰えるなら、石川さんの分も、立て替えて差し上げます」
「暫く考えさせて下さい…」
「いい返事を待っていますよ」佐藤が帰った。

 「体を売るなんて、いくら何でも、そんな事できない。でも、返す宛はないし…」動揺している。
育子は一晩考えて「あなた許してください。佐藤さんに抱かれれば、借金が減りますから許してください…」育子は、佐藤兄弟に抱かれる決意をした。

 育子は真っ赤な目をしながら「佐藤さん、あの話しをお受けします」力無く返事をしていく。
「それでいいんですよ。さっそくですが午後からやりましょう。ですから、午後にはフルヌードでお出迎えをお願いしますよ」
「わかりました。フルヌードですね」力無く、自分の家に戻ってきた。

 「後、2時間しかないわ。急いで体を洗わないと…」育子は急いで風呂を沸かした。
「汚れた体を見られる訳にはいかないし。女の身だしなみだから…!」風呂が沸くと服を脱いでいく。
パンティを脱ぐと、股間の絨毛も元通りに戻っおり、短いが股間を覆っている。

 「道夫さんが、剃りたいって言っていたわ」絨毛を撫でてから、ブラジャーも脱いで全裸になった。

アイドル3

全裸になると、お湯を被ってから浴槽に浸かる。
「汚れた体は見られたくないし…」体を温めると、淫裂や乳房と綺麗に洗っていく。
体を洗い終えると、バスタオルを巻き付けて、佐藤の現れるのを待った。

 「奥さんいますか?」玄関から佐藤の声がする。
「来たわ!」バスタオルを解いて全裸になった。
「佐藤さんですか?」
「はい、そうですよ」
「今、開けます」小走りで玄関に、行き戸を開けた。

 「綺麗だ。都会育ちの女は綺麗だ!」
「ホントだ。こんな綺麗な人と過ごせるなんて!」
「羨ましいわ。こんな肌だなんて!」佐藤達3人は、じっと育子の生まれたままの姿を食い入るように見つめている。

 「ここでは何ですから…」玄関に鍵を掛けると、奥の居間に案内していく。
「いいでしょう。奥さん!」宏一は背後から抱きついて、乳房を掴んで揉んでいる。
「待って。その前に、お茶を入れないと」乳房を掴んだ手を解こうとした。

 「お茶は私がするわ。あなた、公認だから、していいわよ」
「ありがとう、千秋!」和宏はズボンとパンツを脱いで、下半身を丸出しにしていく。
「待って。まだ早いわ。あ、あ!」肉竿が淫裂に押し当てられて、育子は流し台の縁を掴んで、やっと立っている。

 「奥さんは、旦那といつも、こうやっていたんでしょう?」肉竿が淫裂にゆっくり押し込まれた。
「や、やってなんかいません。こんな事は…」目を閉じて言う。
(あなたとやりたい…。あの時のように、オ○ンコしたいって言わされたい…)道夫との営みが思い出さる。

 「ほら、言うんだよ。旦那といつもやっているように、言うんだよ!」和宏は乳房を揉みながら肉竿を動かしていくと「オ○ンコして…。育子のオ○ンコをオチンチンで、グジュ、グジュにして下さい…」小さな声で言った。

 「聞こえないよ。もっと大きな声で言わないと!」両乳首を摘んで指で潰した。
「ヒー。オ○ンコして下さい。育子のオ○ンコを、オチンチンでグジュグジュにして下さい!」目を閉じて言った。

 「奥さんったら、凄い事言うわね。都会育ちはオ○ンコだなんて言うんだ!」
(違います。これは演技で言っているんです!)悔しさを堪えている。
「あなたは、オ○ンコってわかるかしら?」和明を見た。
「女性の性器ですよ。ほら、ここですよ」和明は千秋のスカートの中に手を入れた。

 「ここが、オ○ンコですよ」
「イヤ、恥ずかしいわ。私は言えない、オ○ンコだなんて!」顔を背けるが、和明は股間を撫で回している。
(知ってるくせに。言っているじゃ何のよ、オ○ンコって!)叫びたい育子だ。

 「ほら、オ○ンコが濡れてきたぞ。気持ちよくなっただろう?」
「は、はい。育子はオ○ンコが大好きですから、気持ちいいです…」目を閉じて屈辱的な事を言わされていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

最近の記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん