FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「青春の思い出」第3話 再会

第3話 再会

 沙羅は「秀樹、だめよ。法子に見られてしまう!」入ってきた秀樹に慌てている。
「ぐっすり寝ていたよ。母さん!」秀樹は後ろから乳房を掴むが「だ、だめ。赤ちゃんの方が先よ」沙羅は手を振りきって、淫裂にシャワーを当てた。

 ぬるま湯が勢いよく淫裂の中に飛び込んで、ドロドロの白い液体が流れ出ている。
「へえ、そうやって洗うんだ」
「だめよ、秀樹。こんなの見ちゃだめよ」
「わかったよ。母さん」秀樹は石鹸を泡立てて、沙羅の背中に塗りだす。

 「母さん、綺麗だよ!」
「秀樹、ありがとう」秀樹の手が、背中を撫で終えてお尻も撫でだす。
「そこはいいわ。自分でするから」慌てる沙羅だが「やらせて、母さん!」秀樹の手がお尻から、太股に伸びていく。

 (あっ、そ、そこはだめよ!)時折、淫裂に指が当たり、沙羅の太股が小刻みに震ええている。
(あなた。久しぶりに気持ちがいいの。許して下さい!)目を閉じて、秀樹に身を任せた沙羅だ。

 「お母さん、今度は前だよ」
「恥ずかしいわよ、秀樹」
「二人きりなんだ。恥ずかしがることはないよ」秀樹は恥ずかしがる沙羅の前に回った。
(もう、堅くなってるわ。秀樹のおチンチンが!)秀樹は石鹸の付いた手で胸を撫で、乳房も優しく撫でて、乳首も摘むと(蜜が出ている…)「あっ、あー!」堪えきれず沙羅は喘ぎ声を上げてしまった。

 「ここも、洗おうね!」股間を撫でていく。
「そこはいいの。洗ったから!」
「だめだよ。僕にも洗わせてよ」指がゆっくり淫裂を撫でだす。

 「これが、クリトリスというとこなの?」
「そうよ。どこで知ったの?」
「エロ雑誌さ」
「だめ。そんなの、もう見ちゃだめよ」

 「もう見ないよ。そのかわり、母さんのを見せてよ」
「わかったわ。でも、誰にも言わないと約束してね。知られたらもう、終わりなのよ」
「分かってるよ母さん!」秀樹は沙羅の全身を洗った。

 「今度は母さんが僕を洗ってよ」
「いいわよ」沙羅は背中に石鹸を付けて、手で撫でていく。
「前も洗ってよ」
「恥ずかしいわ。お父さんにも、したことないのよ」
「だったらしてよ。お父さんと思って!」

 (仕方ない。やるしかない!)決意した沙羅は、前に回って秀樹の胸を洗い、股間が残された。
(すごいわ、こんなに堅くなってる。もう、大人なんだ…)沙羅は勃起した秀樹の肉竿を掴んで、洗いだす。

nyuuyoku.jpg

 「気持ちいい。お母さん!」
「だめよ。もう、おしまいよ」
「分かってるよ」秀樹は我慢したが(もっとやりたい。そうだ。優香さんともオ○ンコしたいな…)考えめぐらす秀樹だ。

 それから、数日がたった。
「母さん、熱があるんだ」
「体温計が、あったはずだけど…」沙羅は部屋の中を捜して「あったわ、計ってみて!」秀樹はそれを受け取って、脇に挟んだ。

 「お兄ちゃん、具合が悪いの?」
「そうなのよ。期末試験だというのにね」
「夏休みが無くなるの?」
「点数が悪いと、学校で勉強させられるんだ!」秀樹は体温計を見た。

 「母さん、38度あるよ。病院に寄ってから行くね」
「その方がいいわ。学校には電話をしておくから」秀樹は心配そうに見守る沙羅を後目に、病院に向かった。

 秀樹は相川医院と書かれたドアを開けた。
「すみません、熱があるんですが!」
「まだ、診察時間じゃないのよ」受付の看護婦が冷たく言う。
「今日、期末試験なんです。大学の推薦が掛かってるんです!」

 その大きな声に「あら、この前の子ね。何て言ったかな?」白衣を着た優香が現れた。
「中村秀樹です」
「そうそう、秀樹君ね。いいわ、見てあげるから来なさい」優香は秀樹の手を掴み診察室に連れ込んだ。

 「脱いで。服を脱ぐのよ!」秀樹はズボンを恥ずかしそうに、下げだした。
「ち、違うの。上だけでいいのよ!」赤い顔の優香に(なんだ、上を脱ぐのか。てっきり…)思い違いをした秀樹だ。

 秀樹は上半身が裸になった。
「はい、息を吸って!」優香が聴診器を胸に当てる。
「吐いて!」「吸って!」数回繰り返され「風邪ね。肺も少しやられているわ。安静にしないとだめよ」

 「でも、期末試験なんです。学校に行かないと、だめなんです…」
「そうね。受験生だしね。痛いけど我慢できる?」
「はい、我慢します」優香は看護婦になにやら言った。

 看護婦に「来て、こっちよ!」処置室に連れ込まれ、腕がゴムで固定された。
「ひー!」注射が刺さっていく。
「男のくせにだらしないわね!」看護婦は素っ気なく注射していく。

 注射を終えると、秀樹は再び診察室に戻ってきた。
「抗生物質を出しておくわ。食後に飲むのよ」
「ありがとうございました」優香に礼を言って、秀樹は学校に向かい、幸いにも試験には間に合った。

 そして、期末試験が終わって、長い夏休みが始まった。
妹の法子は初日から林間学校で、家には二人しかいない。
「お母さん。今夜は二人きりだし、今すぐヌードになってよ!」

 「まだ、明るいわ。もう、少し待って!」食事を作りながら沙羅が言う。
「我慢できないよ。母さん!」秀樹は甘えるように沙羅のスカートを脱がせていく。
「わかったわ。ヌードになる!」沙羅は振り向いてエプロンを脱いだ。

 その後、沙羅が次々と脱いでいくと、下着だけの姿になっている。
「これも脱ぐの?」恥ずかしそうに秀樹に尋ねる。
「母さんのオッパイとアソコが見たいんだ。見せてよ」
「わかったわ。フルヌードね」沙羅はブラジャーとパンティを脱いだ。

 「秀樹、これが母さんのヌードよ!」
「綺麗だよ母さん!」秀樹は沙羅の乳房を掴み吸いだす。
「だめよ。ね、後でね」必死に秀樹の頭を押さえる沙羅だ。
「もう、我慢できないよ。今したい!」秀樹はズボンを下げ、肉竿を取り出している。

 そして、沙羅の背後に回り、後ろから淫裂に押し込み「あん、あん、あん!」あえぎ声を出しながら、頭を左右に振っている。
(膣の奥まで、突かいている…。凄いわ…)初めて、立ったまま、後からのセックスに興奮し、髪の毛も振り乱れている。

 (あなた、いいわ。こんなの、初めてなの…)秀樹は沙羅の腰を両手で押さえながら、肉竿をピストンしていくと、淫裂からは、淫汁が流れ出てくる。
「クシュ、クシュ!」卑猥な音も淫裂から出ていき「いいわ、秀樹。もっと、激しくして!」沙羅は、秀樹の愛撫で、悶え声をあげていた。

 秀樹は、言われるまま、肉竿の動きを速めるが「母さんん。でる、でそうだ…」絶頂がせまっている。
「いいわよ、中に出しても。避妊薬を飲んでるから、出してもいいのよ」途切れ、途切れに言えた。

 やがて「うー!」秀樹の動きが止まった。
「熱いわ。子宮の中が熱い…」それと同時に、ポタポタと淫裂から白い液が床に垂れていく。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん