FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「買われた人妻」第3話 中だし

第3話 中だし

 好恵は腰を振るに連れ、淫裂の中が濡れて快感を感じている。
「俺のチンポが、亭主よりもいいのか?」乳房を揉みながら尋ねた。
「そんな事言えません…」
「言うんだ、言わないと痛い思いだぞ!」揉んでいた手に力が入り、握りしめた。

 すかさず「うっ~!」痛みに呻き声を上げる。
「言え、言うんだ!」なおも力が入り、指先が膨らみに食い込んでいく。
「内海さんのがいいです…」
「亭主よりも俺のがいいのか?」

 「はい、そうです…」それはお世辞でもなく本心からだ。
(だって、子宮の奥まで入ってくるし…)孝夫の肉竿は文夫のように、奥までは突き刺ささず、快感が違っている。

 「そうか、それなら安心だ。もっと早くやれ!」言われるまま、腰の動きを速め「クチャ、クチャ!」音と共に淫汁が流れていく。
(恥ずかしいけど、漏れている…)顔を背けながら腰を振っていくと、文夫の両手が乳房から腰に変わった。

 (射精だわ、もうすぐ射精が始まる!)慌てて降りようとするが文夫は放さない。
「中に出すのは許して下さい…」言い終わらない内に、膣の中が暖かくなっていく。
「そんな…お腹に出すなんて…」信じられないと言った顔をしていると、白い液体が漏れだした。

 「気持ちよかったか?」また、乳房を揉みながら聞く。
「はい、よかったです。でも、お腹に出されるのはイヤです…」
「我慢しろ。その分上積みするから。それより、もう1回やるから口でやれ!」好恵は文夫から降り肉竿を掴むが、淫裂からは液体が漏れたままだ。

 (性器は撮らないで下さい…)撮られているのがわかる。
かといって、手で隠すわけにも行かず、尻を持ち上げたまま肉竿を口に入れ「ウグ、ウグ!」と唇で擦っていくと次第に堅くなってきた。
「もう平気だな、次は後ろからだ!」好恵は四つん這いにされ腰を押さえられた。

 「許して。これでするのは、イヤです!」
「お前が嫌いでも、俺は好きなんだよ!」肉竿を押し込むと、両手を掴み、好恵は突き出す姿で淫裂を突かれ出す。

四つん這い2

 「ダメ…許して…きつい…」今までになく、肉竿が入ってくる。
(このままでは、声が出ちゃう…)堪えるが、ピストンが速まると「あ、あ、あ~!」悦びの声を上げだす。
それに満足した文夫は手を更に引き、より深い結合を始めた。

 「やめて。それ以上されたら、変になっちゃいます…」
「そんなに、俺とのオ○ンコがいいのか?」
「はい、最高にいいです…」
「そうか、最高にいいか…」ニヤリと笑うと動きを速めた。

 「ダメ…行きます…行きます…」口をパクパクさせ、全身を硬直させた。
それと同時に文夫は二度目の放出をしていく。
「ハア、ハア、ハア!」手を放され、仰向けになって荒い呼吸をしていく。
淫裂からはドロドロした液体が流れていくが、拭く気にもなれなかった。

 好恵は暫く休むと起きあがり「奥様、お風呂を使いたいのですが」と頼み込む。
「風呂ねえ、文夫と一緒に入ったはずよ」
「それはそうですが、膣の中に射精されましたし…」
「それは見てたからわかるわ。だからどうなの?」

 「できちゃいます。出来たら困ります!」いらだった声に「出来てもいいぞ。俺が面倒見るから」
「そんな~。孝夫さんとはどうなるんですか?」好恵は泣き顔になってしまった。
「わかったわよ、今日だけは洗っていいわ。でも、明日からは出されてもそのままだからね」

 「奥様、そんな事したら間違いなくできます」
「だから、産んでもいいと言っているだろう!」文夫もいらだっている。
(言っても無駄だわ。出来たら、病院で…)無駄だと悟り、浴室へと向かう。

 好恵がいなくなると「母さん、これで苦労は掛けずに済むね」事もあろうか、道代の胸を広げ出す。
「そうね、これで、母さんも楽になるわ。今回が最後だからね」露わになった乳房を文夫に吸わせる。

 「いいわ、文夫。気持ちいいわ。たまにはお母さんとも、オ○ンコしてね」
「勿論だよ。好恵だけでなく、母さんともオ○ンコするよ」乳房を吸いながら股間に手を入れた。
「濡れているでしょう。あんなの見せられたから。今夜は指でやるわ」気持ちよさそうにされるがままにしていた。

 そんな事とは知らず、浴室で淫裂を洗い終え、戻ると道代はいない。
「好恵、一緒に寝るんだぞ!」
「わかっています」言われるまま、文夫と隣に寝ると乳房に顔を埋めて揉みだす。
(そんな強くしないで。オッパイは敏感なのよ)目を閉じてされるがままにしていると乳首を噛まれ「うっ!」と呻き声を上げた。

 「痛いのか?」
「はい、噛まれると痛いです」
「これくらいなら、いいか?」今度は軽く歯を立てている。
「はい、それなら平気です」返事すると揉みながら別な乳首も噛まれ「あっ!」背中が浮いた。

 「気持ちいいのか、俺とのオ○ンコが?」
「そんな事聞かないで下さい。恥ずかしくて言えません…」
「言え、どっちがいいんだ?」乳首を強く噛まれた。

 「内海さんです。内海さんとのオ○ンコがいいです…」泣きながら返事すると文夫は満足そうに揉み出した。
(あなた、許して下さい。こうしないと、痛い目に遭う事になりますから)孝夫との事を思い浮かべながら涙を流していた。

 翌朝、好恵は家事をしているが、昨日と同じく乳房と淫裂を露わにした姿でいる。
「好恵、いつ見てもいい体つきだな」起きてきた文夫は後ろから乳房を掴んだ。
すかさず「文夫、危ないですから、後にしなさい」道代から言われる。
「わかったよ、夜まで我慢する」諦めた様子で新聞を読み出す。
(助かった。朝からセックスはイヤだし…)この時ばかりは道代が神様に見えた。
スポンサーサイト
[PR]

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん