FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「奴隷の女教師」第6話 歓迎会

第6話 歓迎会

 紗香達教師は恥ずかしい検査を終えると職員室に戻り、校長からの訓辞を受けて校舎から寮へと向かっていく。
「相原さん。今夜歓迎会をするからね」
「あら、ありがとうございます」
「準備が出来たら、迎えにいくから待ってて!」

 「はい。待ってます」紗香は答え、寮に戻るとくつろいでから風呂を浴びた。
その様子を「いい体付きだ。オ○ンコしたくなったよ」「もうすぐできるから我慢しろ」監視モニターを見ている男達が話しあうが、何も知らない紗香は体を洗っていく。

 石鹸を乳房に塗って撫でまわし、淫裂も洗うと無毛の恥丘が鏡に写って、ピンクの割れ目からは肉襞が飛び出していた。
「恥ずかしい姿だわ。これがクリトリスね」突起を摘むと、包皮をまくって指で撫た。
「感じる…。凄くいい気持ち…」紗香の顔が上気していく。

 その時「ピンポーン」とチャイムがなった。
「迎えだ!」紗香は慌ててバスタオルを巻き付けドアの前に立ち「どちら様ですか?」
「由佳よ、開けて!」ドアを開けると、一糸纏わぬ全裸で由佳が入って来る。

 「どうしたの。フルヌードだなんて!」驚く紗香に「驚かなくてもいいわよ」紗香のタオルの結ぶ目を引いた。
その瞬間、タオルが足元に落ちて紗香も生まれたままの姿になり「いや~。恥ずかしいわ!」乳房と股間を両手で隠す。

 「恥ずかしがらなくて平気よ。教師以外は誰もいないから」そう言って、紗香を外に連れ出した。
紗香は由佳の後を歩き、階段を上がって4階に上がって行く。
「ここが、歓迎会の会場よ」中に入ると20畳位の広さで、皆が生まれたままの姿になっていた。

 「ようこそ!」男子の教師もいて「いやー!」紗香は恥ずかしさで股間を隠すが「だめ。隠すとここではバツを受けるわ。お尻にチンポを入れられるのよ」
「分かったわ…」紗香は恥ずかしさを我慢し、両手を退けて乳房と淫裂を晒したが、全裸は女性だけではなく、男性も生まれたままになり、大きく股間が膨らんでいる。

 「やっと揃ったね。これから相原さんの歓迎会を始めます」淳子の音頭で乾杯が始まった。
新入りの紗香は、生まれたままの姿で同僚にビールを注いで回っていく。

 「よろしくね」アルコールが入ったせいか、同僚は大胆にも紗香の乳房を揉みながら乳首を吸っていく。
(これなら、気持ちいし…)紗香も許している。

 「よろしくお願いします」紗香が男性にビールを注いでいくと「よろしくな!」乳房を掴まれたまま畳の上に押し倒された。
「そ、そんな!」慌てる紗香だが、淫裂には勃起した肉竿が入り込んでいく。

 「だめよ!」酔いが回った紗香は抵抗が出来ない。
「いや、やめてよ。見られているわよ」紗香は同僚の見ている前で犯された。
「助けて。由佳さん、淳子さん!」紗香は助けを求めたが、誰も助けようとなどせずに黙って見ているだけだ。

セックス

 肉竿は根本まで入ると、ピストンを始め「い、いやー!」紗香は膣の奥まで肉竿で突かれだす。
(痛い。膣が痛い…)顔を歪めていると「穴沢先生。ただやるだけではだめです。これをチンポに塗って入れないと」チューブを渡した。

 「黒沢先生、ありがとうございます」穴沢は肉竿に軽く塗ると、また肉竿のピストンを始めた。
「ほんとだ。スムーズにチンポが入っていく!」穴沢は紗香の乳首も吸いだすと「あ、あ、あ~!」犯された紗香の口から溜息が漏れだした。

 (悔しいけど気持ちいい…)紗香の溜息で、穴沢のピッチが上がっていく。
「もうすぐだ。もうすぐ出るぞ!」部屋の中には股間と股間がぶつかる「ピシャ、ピシャ!」と音が響いていく中「出る!」淫裂の中に暖かい液体が噴射された。

 「イヤよ。お腹はイヤ~!」紗香の声がむなしく響くが「すっきりしたよ」放出を終えた穴沢は起きあがると淫裂からは白い精液が流れていく。
「次は僕だよ!」黒沢は紗香を四つん這いにして腰を押さえた。

 「これがいいんですよ」紗香の腰を押さえながら肉竿を挿入し「イヤよ、やめて~!」紗香の悲鳴が響いていく。
(きつい…。膣の奥までまで突かれていく…)首を振りながらピストンに耐えていると、放出を終えた穴沢は、由佳の口で肉竿に付いた精液を拭かれている。

 「いいぞ。そうするんだ!」穴沢の肉竿が再び勃起して「やるんだ!」「は、はい。オ○ンコさせてもらいます」由佳は穴沢の上にまたがって、馬乗りになると淫裂に穴沢の肉竿を迎え入れ、腰を振り出したが「助けて!」紗香は黒沢に後ろから犯され悲鳴をあげ続けていた。

 やがて「出す、出すぞ!」黒沢も紗香の膣の中に射精した。
「イヤ、お腹はイヤ~!」肉竿が抜かれて真っ白な精液が淫裂から流れ出ている。
「今度は僕だね」別な男性が紗香を犯しにかかり「助けて~!」紗香は同僚に見られながら男子教師に犯され続け、5人目が淫裂に精液を噴射するとやっと解放された。

 紗香は意識が遠のき、グッタリしたままだ。
そんな紗香を「ゴメンなさいね」泣きながら抱いて、由佳と淳子は部屋から出ていくが、2人の淫裂からも白い精液が流れていた。

 淳子と由佳は紗香を部屋まで運ぶと「洗わないと妊娠よ」浴室に連れ込み、淫裂にシャワーを浴びせていく。
勢い良く、お湯が淫裂に飛び込み、その反動で白く濁った液体が流れ出てきた。

 ドロドロの液体は暫く流れて「5人に犯されたもんね」泣きながら紗香の淫裂を洗っていく。
「もう、だいじょうぶね。私も洗わないと…」淳子が淫裂を洗いだすと「私も洗うわ」由佳も洗う。

 そして、淫裂から男性の排出物を出し切ると、戻って濡れた身体を拭いて紗香を、ベッドに寝かせた。
「ゴメンね。助けてやれなくて…」泣きながら淳子と由佳は紗香の部屋から出ていく。
 
スポンサーサイト
[PR]

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん