fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第2話 強盗

第2話 強盗

 「何も驚く事はないよ。あいつらには酷い目に遭っているからね」
「週刊誌を見ました。移籍するそうですね?」
「そうなんだ。育ててやったのに、恩を忘れて、給料がいいから移籍だなんて、許せるか!」

 「それで、私に依頼をですか…」
「そうだ。ところで、君の名前は?」
「三沢晋平と申しまして、警備員をやっています」
「だから、あれが手に入ったのか。どうだ、警備員なんか辞めて、内の社員にならないか。歩合給だから、かなりになるぞ」

 「私が芸能人ですか?」
「勘違いするな、千夏のマネージャーだよ。警備員をやっていたなら、警備は出来るだろう?」
「今のマネージャーは、どうなされます?」
「裸で稼いで貰うよ。それに、俺の性奴隷にしてやる!」

 「怖い方ですな、社長さんは…」
「ここまで言ったんだ。やらないとは言わせないよ」
「やらせて下さい。社長。私も千夏を抱きたいんです…」
「そうか、だった千夏は君だ。安田は俺でいいよね?」
「はい、やります。ところで、2人の住まいはどちらで?」大西と三沢は話し込んでいく。

 三沢は大西から詳しく聞くと、事務所から出て自宅へと向かう。
「お帰りなさい。あなた」
「恵子。俺は警備員を辞める事にしたぞ」
「えっ、どうしてそんな事を?」
「実は…」大西から言われた事を話していく。

 「いいだろう。芸能界の仕事がやりたかったし…」
「そうね、警備員だからガードは得意だしね。いいわ、やっても」
「ありがとう、今夜は嬉しいよ」
「でも、私にも手伝わせて。私も芸能界の仕事をしたいし…」
「何だ、恵子もやりたいのか。だったら、一緒に辞めてビデオを撮ろう」
「いいわよ。手伝うわ」三沢夫婦は早速、千夏と宏美を襲う計画を練っていく。

 勿論、大西から、スケジュールを聞いての計画している。
「ビデオの準備が必要ね」
「それに、明るくないと、うまく撮れないな…」
「明日、借りてきましょうよ。それに、会社に退職届も出さないといけないしね」
「そうだね、そうしよう。それより、恵子、いいだろう?」
「欲しいの、私が?」
「そうだよ、欲しいよ」三沢は恵子に抱き付いた。

 そして、翌日から三沢夫婦は行動を起こした。
会社に退職届を出すと早速、撮影機材の準備を始めていく。
「これなら、いいかもよ」
「そうだな。簡単そうだし」ビデオを見ている。
「よし、これにしよう」器財を借りると自宅に戻り、テストを始める。

 「恵子、脱いでくれ。お前のヌードを撮ってやるから」ビデオを構えた。
「ヌードなんて、恥ずかしいわ」
「試さないと。どれくらいヌードが綺麗に撮れるかを…」
「仕方ないわね。脱ぐわよ」恵子は夫の前で服を脱ぎだした。

 「やっぱり、恥ずかしい。ヌードを撮られるなんて、恥ずかしい!」顔を赤く染めながらパンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。
「恵子、綺麗だよ。勿体ないから、手を退けないと」
「分かった、退けるわ」股間を覆った両手を退けた。
「ヌードは、どうなの?」
「綺麗さ、ヘアが綺麗だよ。それにオッパイも!」自分の妻のヌードをビデオに撮っていく。

 「恵子、お願いだから足を広げてくれないか?」
「あそこも、撮りたいの?」
「そうだ。お願いだから、オ○ンコも撮らせてくれ!」
「仕方ないわね。終わったら必ず消してよ」言われた通りに、足を開くとピンクの割れ目が覗き、三沢はそれをビデオに収めていく。

 「もういいでしょう。撮ったから…」恵子は手で股間と乳房を覆った。
「いいよ。撮ったのを見て見ようよ」撮った画像の再生を始めた。

 「恥ずかしい、こんなに綺麗に撮れているんだ!」
「そうさ。それにしても綺麗だな。オッパイとヘアが…」画面を見ながら乳房と淫裂を撫でだす。
「これ消して。性器が丸見えよ」
「いいじゃないか。取っておこうよ、恵子のオ○ンコだから…」

 「だって、恥ずかしいわよ」
「気にしなくていいよ。それより欲しい…」
「ダメ。まだ日の中よ。夜にしましょう」だが、三沢の体が恵子の上に覆い被さった。
「ダメ、ダメよ!」
「欲しいよ、恵子!」ズボンを引き下げ、淫裂目がけて、肉竿を突き刺すと「あ、あ、あ!」声を上げる恵子だ。

 「いいだろう。欲しいし…」
「分かったわ。してもいいわ」言い終わらない内に、三沢は腰を振りだした。
「いいわ。あなた、凄くいい…」声を上げる恵子の目には、静止した自分の淫裂を晒す画像が目に入っている。
(濡れていく。膣が濡れていく!)淫裂からは淫汁が流れている。

 2人は抱き合った後、行動を起こした。
「ここのマンションに住んでいるんだ!」
「そうだ、6階だそうだ」大西から教えられたから、2人は難無く入り込めた。
「この部屋だよ」偽名の表札がある。
「芸能人は大変なのね」
「そうみたいだよ」入り口は、大西から渡された合い鍵で、ドアから入っていく。

 「今夜は、早く終わるそうだ」
「何時までなの?」
「9時には、全部終わるみたいだ…」
「だったら、もうすぐよ。準備をしないと」部屋の中で準備を始め、ロープも念入りに確かめている。

 「これでいいな。恵子、これを使うんだ。あくまでも、脅す為で刃は切れないからな」サバイバルナイフを渡す。
「分かっているわよ。これもするのね?」頭から覆面を被っていく。
「そうだ。俺はマネージャーをレ○プするけど、怒るなよ」
「仕事だもの許す。その変わり、みっともないオチンチンは嫌いよ」
「分かった。勢いよくやるぞ」三沢も覆面を被って、2人の帰りを待った。

 そんな計画がある共知らずに、2人はマンションに帰ってきた。
「疲れたわ…」
「もう、仕事はないから、ゆっくり休んでいいわよ」
「そうしたいわ…」ドアを開け、中に入ったが「うっ!」千夏は口を押さえられた。

 「動くな!」ナイフが顔に押し当てられていく。
「あんたもよ!」宏美も口を押さえられナイフが頬を押していく。
「な、何のようなの。強盗なの?」
「そうだ、金はどこだ?」
「引き出しよ、そこにあるわ」

 「確かめる。手を後ろにしろ。暴れたら相棒の顔が台無しだからな」三沢は千夏の両手を後ろ手に縛り、引き出しを開けた。
「もっと、あるだろう?」
「ないわ、これだけよ」

 「お前はどうだ?」宏美に尋ねる。
「ここにあるだけよ」バックを渡した。
「なんだ、これだけかよ!」
「仕方ないわ。給料が安いんだから」

「これは頂くぜ。それから警察には、行けないようにしないと…」宏美の胸を撫でた。
「何する気よ。立派な持ち物じゃないから、触らないで!」
「そんな事言うな。とにかく逃げられないようにするぞ」宏美も両手を後ろ手に縛られた。

 「これで、もう逃げられないな。さっそく始めるぞ!」その言葉を聞いた恵子は照明を灯し、ビデオを構えた。
宏美は「イヤ、イヤよ、やめて!」何がされるか、察したのか後ずさりしていく。
「やめる訳には行かないんだな。後で困るから」宏美を押し倒した。
「いや、いや!」仰向けに押し倒して、スーツのボタンを外していく。

 「やめて、やめて!」足をバタバタするが無駄だった。
スーツの上着が肩から肘まで提げられ、シャツのボタンも外されていく。
ボタンが外されると、シャツは上から順に胸が開いていく。
「いいね、ピンクのブラか!」ボタンを外すと胸を広げた。
「やめて、お願いですからやめて!」宏美は相変わらず叫んでいる。

 「どれ、オッパイの、お出ましと行くぞ!」背中のホックを外すと「イヤ、撮らないで、イヤ~!」首を振っていく。
「いいじゃないか、こんな綺麗なオッパイじゃないか」Bカップの乳房が揺れている。
「いいね。これだから、やめられないんだよな…」乳房を掴み揉んでいくと「う、う、う!」気の強い宏美も泣き出した。


 「泣くなよ。これからもっといい事してあげるから」スカートに手を掛けた。
「イヤ、それはイヤ!」足をまたバタバタしていく。
「暴れたって無駄だ。ほら」あっけなくスカートが剥ぎ取られてパンストとパンティが見える。

 「これは嫌いなんだよね」パンストを破り、パンティを掴んで引き下げた。
「許して、それは許して!」真っ黒な絨毛が見えている。
「ヘアだよ、お前のヘアヌードだよ!」なおも引き下げ足首から抜いた。
宏美の下半身を覆う物は何もなく「う、う、う!」ただ泣くだけだ。

「どうせなら、素っ裸になろうぜ」腕を縛ってあったロープが解かれ、腕に絡まったスーツやシャツなどが脱がされ、文字通りの全裸にされると、再びロープで縛られていく。

 「いいね。ここも!」股間を撫でていく。
「イヤ、レ○プはしないで!」首を振って抵抗している。
「レ○プはイヤか。それだったら、お前も素っ裸になるんだ!」千夏を見つめた。
「イヤ、ヌード何て、イヤ!」不自由な千夏は拒んだ。
「脱がないなら、こいつをレ○プするだけだ!」宏美を見つめながら服を脱いでいく。

 「やめて、お願いレ○プしないで!」宏美は泣きながら首を左右に振っていく。
「俺だってイヤだけど、あの子が脱がないと言うからな」ズボンとパンツも脱いで全裸になった。
「イヤ、やめて、お願いですからやめて!」泣き叫ぶ宏美に、三沢が抱き付いて乳房を掴んだ。
「ヒー!」肉竿が淫裂に当たり、悲鳴を上げている。

 それには「脱ぎます。脱ぎますから宏美さんをレ○プしないで!」千夏も覚悟した。
「約束するか?」
「はい、約束します…」
「それなら、解いてやる。それに、脱がなかったら、お前もレ○プだぞ」腕を解きながら言うと千夏は黙って頷いた。

 「よし、解いたら脱ぐんだ!」三沢はサバイバルナイフで宏美の頬を叩いた。
「ヒー!」恐怖で震える宏美だ。
「やめて、脱ぎますからやめて!」千夏は解かれたが、躊躇っている。
「解いたんだ。早く脱げよ」躊躇している千夏を牽制した。

 千夏は深呼吸をしてから、シャツを捲り上げると水色のブラジャーが露わになっていく。
「脱ぐけど、ビデオは撮らないで、お願いですから」シャツを脱ぐと両手で胸を覆う。
「そうはいかないさ、せっかくの記念だから。イヤなら約束違反だから、2人ともレ○プだ!」

 「わかったわよ」項垂れて背中のホックを外した。
(でかい。これが、向井千夏のオッパイか!)三沢の肉竿が反応して、更に堅くなっていく。
(あなたったら、あんなにカチカチになって…)ビデオを撮っている恵子にも、肉竿が目に入っている。

 千夏にも、それは見えている。
(オチンチンが、あんなに膨らんでる。オッパイが見えているんだ…)恥ずかしさが増したのか腕で乳房を隠しながら、ブラジャーを脱いで行く。
「次だ、素っ裸だからな」
「分かっています」ブラジャーを放るとズボンに手を掛ける。
(そうだ、早く脱げよ。オ○ンコもタップリ撮ってやるからな!)目を輝かす三沢だ。

 (ヌードはイヤだけど、宏美さんがレ○プされてしまうし…)ズボンを引き下げていく。
「パンツも水色か。それも早く脱ぐんだ!」
「待って、順番があるのよ」ズボンを足首から脱いでパンティだけの姿になった。
「ダメだ、背中を向けるな!」背中を向けた千秋が怒鳴られる。
「そんな、ビデオの前で脱ぐなんて…」泣きそうな顔をして振り向き、パンティを引き下げていく。

 「いいね、綺麗なヘアじゃないか!」
(イヤ、見ないで。お願いですから、見ないで!)涙が流れている。
「ほら、景気よく一気に脱ぐんだよ!」
「は、はい!」足を上げて、パンティを脱いでいく。
(見られた、性器を…)自分でも分かった。
もう片足も上げて、千夏は生まれままの姿になった。

 「いいね、綺麗な体だ。手を退けてオ○ンコもタップリ見せてくれよ」
(イヤ、性器はイヤです!)体を震わせながら、両手を股間から退けていく。
(撮られた、ヘアヌードを撮られた…)恥ずかしさに顔は上げられない。
「ダメだ、顔を上げろ。やらないとレ○プしてやる」
「イヤ、レ○プはイヤです!」渋々、顔を上げると、腫れ上がった目から、涙が流れている。

 「いいね。こんな綺麗なオッパイは珍しいよ」我慢できなくなった三沢は、千夏の乳房を掴んで撫でだした。
(あなた、それよりもやる事があるでしょう?)ビデオを構えた恵子は嫉妬からか叫びたかった。
「この次は、オ○ンコしてやるぞ!」恵子の目が気になったのか、淫裂を触ると、今度は宏美の股間を撫でだした。

 「ここのヘアが邪魔で、ビデオが撮れないそうだ。そうだ、あの子に手入れさせるからな」
「手入れって、ヘアを切るの?」
「剃るんだ。ツルツルのオ○ンコにするんだよ」
「イヤ、剃らないで、イヤです!」拒む宏美だ。

 「おい、準備しろ。お前が剃るんだ!」
「イヤよ。そんな事出来ません!」
「やらないなら、お前をレ○プするぞ。いいんだな?」淫裂に肉竿を押し当てた。
「許して、宏美さん。レ○プされたくないの…」
「わかっているわ。千夏、剃って。私のヘアを剃って!」不安げな顔で、千夏を見つめている。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
記事数メーター