fc2ブログ

「堕ちたアイドル」第6話 陵辱の序曲

第6話 陵辱の序曲 

 その日の夜、千夏にまた電話があった。
「向井さんだね、ヌードは撮ったかい?」
「撮ったわ。だから、ビデオはなかった事にして」

 「マネージャーがいるだろう。変わってくれ!」
「待って、変わるから」千夏は不安そうな顔の宏美に電話を渡した。
「もしもし、安田ですが」
「オ○ンコは、やっただろうな?」
「はい。セックスしました…」泣き出す宏美だ。

 「泣く事はないだろう。気持ちよかったくせに!」
「よくなかったわよ。嫌々セックスしたのよ!」声が荒くなっていく。
「そうか、それならそれでいい。所でフィルムは持っているよな?」
「デジカメでしたので、メモリーを預かりました…」

 「ビデオはないのか?」
「それもあります…」
「だったら、それも一緒によこせ!」
「どこで、渡せばいいの?」

 「郵便受けだ。鍵を掛けずに入れておけ。いいな、変な考えは起こすなよ、黙って置くんだ!」
「分かったわ、明日の朝に置けばいいのね?」
「そうだ。そうすれば、裏には流さないと保証する!」
「約束は守ってよ!」
「約束するよ」電話が切れた。

 「大丈夫かしら?」千夏が心配そうに声を掛けてきた。
「大丈夫よ。やるしかないのよ」
「そうよね、やるしかないのね」2人は顔を見合わせた。

 翌日、事務所に向かう前に、郵便受けにはテープとメディアを入れてから「一体相手は誰かしら?」心配そうに車に乗り込み走っていく。
すると「行ったな。どれ確かめるか」車が出たのを確かめてから三沢が郵便受けからメモリーとテープを取りだした。

 「間違いない。早速やらないとな」笑顔で三沢は自宅に戻った。
自宅に戻ると「あなた、うまくいったのね」恵子が声を掛けてきた。
「ああ、早速確かめないとな」デジカメにメモリーを入れてテレビと繋ぐと「あら、撮れているわよ」画面には、全裸でポーズを作る宏美と千夏が映し出された。

 「いいね、うまく撮れているし…」撮ったすべてを確認していく。
「ビデオはどうかしら?」
「いいよ。スイッチを入れても」恵子スイッチを押すと、生まれたままの姿で踊っている2人が映し出される。
「あら、上手に撮れているわよ」2人は最後まで見続けた。

 「この後が、問題なんだよな…」
「そうよね。レ○プしたのがわかると、ダメだしね」2人はテープをコピーしていく。
それに、カメラの写真も印刷していく。

 「これで、計画も大詰めだね」
「そうだ、できあがったら事務所に行くぞ」
「分かっているわよ」次々とプリンターから、全裸姿の宏美と千夏が出てきた。
「終わったわ、これで全部よ」
「よし、行こう!」自宅から大西の事務所に向かった。

 事務所では、大西が待ちくたびれた様子だ。
「待っていたよ、見せてくれないか?」
「はい、社長さん。これをご覧下さい」三沢はできあがったばかりの写真を見せる。

 「ほう、いいよ。これで何とかなるよ。ビデオはどうなっている?」
「うまく撮れていますよ」事務所のテレビで再生を始めた。
「いいね。安田のちっちゃいオッパイがいいよ」笑顔の大西だ。

 「社長さんは、オッパイが小さいのが好みで?」
「奥さん、そう言う訳ではありませんよ。こいつには苦労させられましたからね。泣くのを見たいだけですよ」タバコを吹かしながら言う。

 「後は、社長さんの手に掛かっていますよ」
「分かっている。うまくやるよ。これでも俳優だったんだからな。でも、売れなかったけど…」
「わかりました。お願いします」こうして、仕上げの準備が行われた。

 数日後、そんな事とは知らずに、宏美と千夏は事務所を訪れた。
「社長、何かご用で?」
「ああ、呼んだよ。とにかく、これを見てくれ!」ビデオの再生を始めた。

 暫く経って、画面に女性が映し出されると「そ、そんな馬鹿な!」宏美の顔が真っ青だ。
『やめて、いやです』泣き叫ぶ女性の服が、脱がされて行く。
(私だわ、あれビデオがどうして社長に?)ガチガチ奥歯がなっている。

 「こ、こんのイヤです。消して下さい…」
「自分が、出演しているからかな?」
「わ、私ではありません…」声が震えている。
「そうかな。この後は、千夏の処女喪失が映っているんだよ」

 それには「う、う、う!」堪えきれず泣きだす宏美と千夏だ。
「間違いないだろう?」
「はい、レ○プされたんです…」泣きながら応えた。
「レ○プ?おかしいな。これにはレ○プ志願と書かれているぞ!」テープを取りだしタイトルを見ている。

 「間違いです。それは間違いです!」
「そんなのはどっちでもいい。これもあるぞ」別なビデオも再生していく。
「これは、昨日の素っ裸ダンスだ!」全裸で踊る2人が映っている。
「消して下さい。もう、見たくもありません!」

「あれ、素っ裸になりたかったじゃないか?」
(違います。脅されてヌードになっただけです!)黙って嗚咽を上げている。
(決まったな。これで宏美は、俺の女だぞ!)笑顔の大西は「これも送られたよ」ヌード写真をテーブルに並べていくと「う、う、う!」さすがに堪えきれず声を上げて泣きだした。

 「これは買ったんだ。売り込みがあってね」
「い、いくらですか、私がお金を払いますから…」
「大金だよ。5千万で買ったんだからな」
「5千万ですか…」千夏の言葉も途切れた。
「そうだ。事務所にとっては、かなりの借金になったよ」

 「それをどうするつもりで?」
「移籍する事務所に売るんだ。最低、1億は出して貰わないとな。何せ、本番ビデオに出演だから高く売れるし」
「やめて下さい。そんな事されたら、芸能界にはいられません!」

 「芸能界だけではない。生きてもいけないぞ。オ○ンコまでやったんだから、まともな仕事には付けないぞ」
「お願いします。どんな事でもしますから、売らないで下さい…」床に頭をつけて、頼み込んだ。

 「そこまで言われた考える。その変わり、事務所の移籍はなかった事にしてくれないか?」
「そんな…」(もしかして?)宏美と千夏に思いがよぎった。
「移籍するなら、これで損害を償って貰う事になるよ」

 「考えさせて下さい。返事は明日にします…」
「そうしてくれ。いい返事を待っているよ」宏美と千夏は、泣き顔で事務所から出るなり「社長の仕返しよ、間違いないわ」千夏が言う。
「でも証拠がないし…」2人は車でマンションに戻るが、憂鬱だった。
一方、大西は溜飲を下げたのか、笑いが途切れなかった。

 翌日、2人は大西の事務所に現れた。
「考えが、決まったかい?」
「はい、移籍しない事にしました…」
「そうか、それでいい。それだったら、こっちも2人の待遇を考えるからな」

 「待遇ですか?」
「そうだ。5千万借りたんだから節約もしないと。それに、安田君にも働いて貰わないとな…」
「働くと、おっしゃいますと?」

 「タレントだよ。君もタレントデビューして稼ぐんだ」大西の言葉に声が出ない。
「分かりました。でも、マネージャーは誰が?」
「いいのがいたんだよ、紹介するよ、入りたまえ」

 「失礼します」ドアが開いて三沢夫婦が入ってきて「あっ!」驚く宏美と千夏だ。
「三沢君は出版社が倒産してしまったんだ。そこで、私が頼んでね」
「私は売り込んだの、これを持って」あの謝罪文をちらつかせる。

 「あなた達、グルだったんでしょう?」宏美は泣きなが言うと「グルって何の事なの?」聞き返す。
「それは…」言葉が出ず(言えるわけないわよね、レ○プされたなんて!)笑顔の恵子は「悪く思わないで。二人のフルヌードの踊りで芸能界の仕事がしたくなったの。それで、社長にこれを見せてね」謝罪文をちらつかせた。

 「素っ裸の事も守って貰えるし、2人にお願いする事にしたよ」大西は詳しく話していく。
2人が夫婦であることも話し、それに4人で共同生活をするのも話していく。
「分かりました。そうさせて貰います…」
「これから新しい住まいに行こう」5人は事務所から大西が捜した新しい住まいへと向かった。

 新しい住まいは賃貸しのマンションだ。
千夏と宏美一部屋づつあてがわれ、三沢夫婦は一緒の部屋で、しかも、大西も住む事になっている。
「ここは敷地が広いし、プライバシーも守れるな」
「そうですね、ここなら平気ですよね」
「そう言う事だよ。しかも安く借りられたんだ、4部屋だからね」

 「掃除は、どうなっていますか?」
「全部自分でやるんだ。ゴミ処理もだぞ」
「そんな事、やった事ありません!」
「2人には5千万払ったんだ。イヤでもやれ。プライドは必要ないから、捨てろ!」キツい言葉だ。

 それには「う、う、う!」泣き出す千夏だが「これも修行だ。泣くな!」怒鳴る大西だ。
「社長、そんなに怒らなくてもよろしいのでは?」ニヤリと恵子が笑う。
「そうだな。大人げないか。それから誓約書が欲しいな」大西は宏美に抱き付いてスーツのボタンを外していく。

 「何を、なさるんですか!」大西の手を押さえた。
「ヌードだよ。宣言して貰いたいな。これからは、内の事務所専属で働くって!」ボタンが外され、ブラウスのボタンも外されていく。

 「やめて下さい。この前、たっぷり見たじゃないですか!」
「また見たくなったよ。それに、オ○ンコもしたくてね」
「イヤ、やめて下さい。そんな事するなら、やめます!」大西の手を振り払った。
「5千万払ったんだ。あれを売ってもいいんだね?」

 「脅すの、私を…」
「脅しはしないさ。今まで俺を悩ませたお詫びに、オ○ンコさせて貰うんだよ」宏美のスーツが脱がされた。
「やめて、お願いです!」スカートも引き下げられて、ブラウスの裾から水色のパンティが覗いている。

 「ほら、これも脱がないと!」ブラウスも脱がされお揃いの下着が露わにされる。
「やめて。お願いでから、やめて!」
「そう行くか。俺がどんなに泣いた事か、思い知って貰わないと」
「謝ります。移籍もしませんから、許して下さい!」
「ダメだ、オ○ンコさせろ!」
「いやー!」パンティが引き下げられてしまった。

 それまで黙っていた千夏が「お、お姉さんから手を退けて!」と叫んだ。
「気にしなくていいわよ。私達も、あなたとやるから」恵子が千夏に抱き付くと「いや、いや。お姉様助けて!」逃げようとする。

 「そうはいかないの。これからは、私達夫婦があなたの相手なの。晋平さんも手伝って!」
「仕方ないな。これからはマネージャーだから、まずは裸の付き合いといくか」
「いや、いやです!」千夏は2人がかりで服を剥ぎ取られ「やめて、イヤ~」叫ぶが下着姿にされた。

 「おや、あなたも水色なんだ!」パンティが引き下げられた。
「可愛いわね、ピンクの性器が」恵子は短い絨毛に覆われた淫裂を撫で回す。
「イヤ、入れないで。イヤです!」
「ごめんね。夫はあなたとセックスを夢見ていたの。やらせて上げてね」
「イヤ、イヤです!」

 「嫌うなよ。これからは一緒に仕事するんだぜ」三沢は服を脱ぎだし「あなたも私とするのよ」ブラジャーも脱がし、乳房を掴んで揉んでいく。
「イヤ、お姉様助けて!」悲鳴を上げるが無理だった。
「そんなに、大きな声は出すなよ。ほら、肌の触れ合いだ!」
「ヒー!」千夏の淫裂に肉竿が入り込み「う、う、う!」泣き出す千夏だ。

 同じように「いや、いや~!」暴れる宏美だ。
「やらせろよ、今までの利子代わりに!」大西も宏美の乳房を掴み揉んでいく。
「足を広げるんだよ。ほら!」掴んだ乳房を握りしめ「ウー!」顔を歪めて呻き声を上げる。

 「やらせろよ、罪滅ぼしに!」(痛い、オッパイが痛い!)渋々足を開いて大西を迎え入れた。
「そうだ、それでいい!」片手で乳房を握りしめたまま、ズボンを脱いでいく。

 「レ○プしないで、お願いです!」
「レ○プはしないよ。これからは俺の愛人だからね」下半身剥き出しにすると肉竿を押し込み「ヒ~!」悲鳴が上がった。
「ほら、腰を使え。やるんだよ」
「許して下さい、今までの事は謝ります…」

 「ダメだ、やるんだよ!」乳房を掴まれたまま、大西に馬乗りになった。
宏美は「う、う、う!」泣きながら腰を振っていく。
(悔しい、こんな事をさせられるなんて…)涙を流しながら腰を振って行く。
やがて「いやー!」宏美が悲鳴を上げた。

 それと同時に、千夏も「お腹はイヤー!」悲鳴を上げ、2人の淫裂からは白い液体が流れ出ている。
「これからは、毎日飲むんだぞ。出来ても知らないからな」2人に避妊薬が渡される。
(これからも、犯されるんだ…)薬を受け取ると、淫裂を拭いた。
スポンサーサイト
[PR]

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
記事数メーター